□ 新作紹介 □





雨  音



 二十三夜待ち


月が好きなのは
まっすぐに見つめることができるから

 夜がくる
 深ければ深いほどいい
 その底に静かに横たわって
 黒紅色に溶けていく

満ち欠けていく形は
ゆったりとなにかを探すように

 秒針の音も聞こえなくなって
 溶けては 満ちて 
 どこでもないどこかで
 ただ 沈んでいく
 夜のしじまに

真夜中を待っているのか
あなたを待っているのか
どうしようもない孤独を
そっと隠そうとしているからなのか
ひそやかな願いごとを
伝えようとしているからなのか
 
 誰のものでもなくなって
 引いては 寄せる
 そう 誰のものでもなくなって
 ただ 漂っていく
 月の海に





















青 島 江 里



 流行歌だけにハマりたくない


楽しいことは楽しいと言える
子犬のように生きてみたい

嫌なことは嫌だといえる
子猫のように生きてみたい

尖ったプリズムなご時世は
カラフル且つ
切なきアニマルランド

光のあたる場所に人は流れてゆく

耳ざわりのよい流行歌のような
鮮やかな鳥の羽音が響く
インスタ映えな日々に群れる

騒がれるだけで行列ができる
みんなに乗り遅れたくない
シロクロパンダな孤独

好きでもないスウィーツに
手を伸ばしてあざとく笑う
甘い偽物カメレオンなマヤカシ

揺れ動く日々の孤独
今一番の太陽は何処にいる
置き去りにされたくないだけの追走

生きてゆく命のプレイス
内にも外にも鼓動はリズムを刻む

尻尾をふりながら
髭を揺らしながら踊る人の群れ
てっぺんの風に手を伸ばす空の下

流行歌だけにハマりたくない
ありふれた歌にも耳を開く人生
僕はとびきり平凡な生き物になりたい






















井 嶋 り ゅ う



 聞き分けのいい子供


炎天下の東京を歩く
聞き分けのいい子供が
私のスカートの裾をつまんで
揺らしたり持ち上げたりしている
かくれんぼがしたいのだ
私は今日、生理だったことを思い出す
聞き分けのいい子供は
きかん坊のような振る舞いで
嫌がる私のスカートの中に入りこみ
手形をつけるみたいに太ももに絡みつくと
やがて柔らかな内側に噛みついた
私はうめき声をあげながら
小さな体を乱暴に突き放す
聞き分けのいい子供は
血に濡れた犬歯を見せながら
これはあなただけの屈辱ではなく
あなただけの痛みでもない、と私に告げた
獣の咬みあとのような負傷を受けて
なおも歩き続けようとすると
あなたには手当が必要なのだから
私たちは立ち止まらなければならない、と
血糊の滲んだ犬歯を剥き出しにして睨んだ
私は暑さと出血で目眩を覚え
ガードレールに腰掛ける
傷口を舐めたい衝動に駆られると
切れた電球の侘しさや
饐えた林檎の匂いが
私の奥からよみがえった
スカートを捲り上げ
膿み始めていく足の傷口を眺める
砂埃舞い上がる
炎天下の東京
傷口の周辺をさすりながら
私は初めて
聞き分けのいい子供の名前を呼んだ























Kazu.



 (あやま)たず


切られた糸を結び直す蜘蛛のように 
あるいは
春を忘れず飛来する渡り鳥のように
過たず
己の本能を貫くものたち

弦に引き絞られた一本の矢のように
あるいは 
転倒された砂時計の三分間のように
過たず
ひたすら役割に徹しきるものたち

つねに
定められた世界に
己の在りかを見出すものたち

「なぜ」と問うことのないものたちよ
過たず繰り返す
何度でも

何度でも…
















 (あやま)


切られた糸を結ばぬ蜘蛛のように
冬を忘れた夏鳥のように
己の本能に背
(そむ)くものたち

正鵠を外した矢のように
(くび)れに詰まる砂時計のように
役割を演じきれぬものたち

つねに
過つ世界に在るものたちに
日常は容赦ない

「なぜ」と問うことを許されぬものたちよ
過つことは
それが全て

それで全て…
























齋 藤 純 二



 詩んでいく


ねえ
わたし
とことん
詩んでもいい

ああ
いいんじゃねえ

えっ
ほんとうにいいの

だって俺も
お前の知らないところで
実は詩んでるし
めちゃ作品あるぜ

うそっ
それっ
やばいじゃん
ジャンル的に
おねがい
そんなこと
やめて
詩んでるなんて

えっ
お前は俺に
とことん
詩んでもいい
って訊いたよな
自分だけ
詩まみれに
なろうなんて
ゆるせねえ

でも
あなたには
全うな道を
歩んで欲しいの

そんなこといって
もう詩なないと
俺もお前も
生きていけねえじゃん
一度の人生
詩んでいこうぜ

そうね
たしかに
もう詩なないと
駄目かもね
私たち

おう
詩んで
詩んで
詩んでいけば
いいんじゃねえ
楽しいし
活力にもなるし

なっとくなっとく
一度の人生だもんね
いつまでも
一緒に詩にましょう

詩んで~詩んで~
詩まれて~詩んで~

へんな歌っ
でもなんか幸せ























澤  一 織



 秋の音


秋の音と
重なった産声
東京の片隅で
世界が彩った

2054グラム
のからだ 
て あし を
せいいっぱい
ばたばたさせる

秋の、日付の変わりそうな金曜、夜
第二子が無事に産まれた
と 三週間前から入院をしていた妹から
連絡があった

夜が明けたら
賑やかな一日が始まるだろう
昼まで寝ていたい休日なのに
起きて 起きてよ と 
じいじ ばあば を引き連れた
おねえちゃんになったばかりのちいさな訪問者に
体を揺すり起こされて
早く ママ パパのところに連れてってよ
と急かされる

お留守番 よくがんばったね。

近頃 想いを真っ直ぐ言葉にするようになった親父と母が
チャイルドシートに孫を座らせる

病院までの道
後部座席から聞こえる
ぐずる声

それをあやす声
秋の音と
重なって
東京の片隅で
世界が彩る















 シェルター


逃げよう
もうすぐこの川も氾濫する
濁流に飲み込まれる前に
君の手をとって 
今のうちに 逃げよう

朝から晩まで喚く赤子をしっかりと抱いて
道の駅で車中生活をする中年夫婦にも声をかけて
国籍不明の旅人にも知らせるんだ
尻尾を膨らませて怯える猫も一緒だよ

大丈夫
足元には気をつけて
焦らなくても 
大丈夫
シェルターに行こう



 路上生活者はシェルターをご利用できません

その一声で 
亡くなりました

ホームレスが 
亡くなりました

嵐の中だったのか
嵐が過ぎた後だったのか
誰も知らず 
誰にも知られずに

それは明日の君だったかもしれない
いつかの僕だったかもしれない



 一緒のシェルターで過ごすのは
 臭そうだし、怖いし、何か感染りそう  

誰かの本音が
ソーシャル・ネットワーキング・サービスに流れる
水際で 誰かの息を止めてもいい理由が
言葉になって 流れていく

嵐の去った後の
澄みきった空の下で

それは昨日の君の本音だったかもしれない
明日の僕の本音なのかもしれない



逃げよう
こんな世界から。

君の手をとって 

赤子をしっかりと抱きしめて
中年夫婦の運転する車に乗せてもらって
国籍不明の旅人に道を教えてもらいながら

一足先に
路上生活者も避難しているシェルターに逃げよう
大丈夫だよ
連れてきた猫のキャットフードも数日分持ってきたから























葉 月  祐



 あの頃 この頃



1. 粗末に生きてきた

 自分を粗末にしていた頃は
 何も無くても苦しかった

食べても食べても
どこか満たされないから
コーヒーで満たされたフリをした
(もうこれでいいや)

河川敷でボンヤリ眺めた
青い空とか赤い夕焼けとか
いつも ただ青くてただ赤いだけだった
(だからなんなの)

真冬の星空は煌々としているはずなのに
わたしにはのっぺりと墨を塗った空で
ひかりなんて見えやしなかった
(どこへ行けばいい)

父親という生物の吐く
理不尽な言葉で殴られ泣くのは
痛いからでも、憎いからでもなかった
(同じ血が流れている)

一日が長くて退屈で
働いていても遊んでも
笑うもしなければ怒りもしないで
(やっと今日が終わった)


何の為に生きているのか
わからないままに
流れ落ちた、 じ か  ん






2. 丁寧に生きてゆく

 自分を大切にすることは
 とても 難しいけれど

ある日のこと
ひと口のご飯を
おいしい と感じた
(なつかしい)

またある日は
カーテンからこぼれる
朝陽が やさしい色に見えた
(おはよう。)

冬の星たちの
かすかなひかりは
それぞれ違う大きさで
(虹みたいだ)

「ちゃんと食べれ」
ぶっきらぼうに向けられた
父親、の 今日のひとことに頷いた
(はいはい。)


流れ落ちる時の砂は
落ち込む暇など与えてくれない
笑う時間だけが 穏やかに流れてゆく

足早に訪れた一日の終わりに
「おかえり、おつかれさま。」と
あなたへ手紙を送って 眠りに就く日々

 明日歩く道に転がっている
 石ころは何色に見えるのだろう

自分を大切にしながら
毎日を丁寧に生きている
わたしの為ではなく あなたの為に
















 わたしは行かない


今朝は寝ていたうろこ雲の群れ
夕方帰り道を歩く頃には
その姿は無かった
昨日見かけた丸いモミジも
どうやら 風と共に
どこかへ出かけたらしい

わたしは
いつものように
クタクタになって仕事から帰り
台所で淹れたコーヒー片手に
誰もいない部屋へ入り
テーブルにコーヒーを置いて
着替えないまま ベッドに寝ころがった

マグカップから
溢れる湯気と
カーテンを揺らす
深い溜め息と
室内に溜まりゆく
重さを増した憂鬱が
冷たい夕暮れの向こうへ
行きたがっている

そのうち帰ってくるから と
閉め切った窓の
目には見えない細いすき間をすり抜けて
散歩に出かける彼らを見送った

赤みの失せてゆく
薄暗さを増す部屋にとり残された
冷めたコーヒーを飲む
わたしは
とても疲れているので散歩には行かない
どこにも 行けない
















 雨が上がるその時に


見えない雨に打たれている
あなたが見つめるのは
かわいた地面

いつもより小さく見える影は
濡れているかのように
くっきりと浮かぶ

その雨を拭う術を わたしは 持っていないが

あなたに降る
雨が上がる時が来たら
今は小さい背中をたたいて
雲を数えながら歩こう ふたりで

なかなか止まないかもしれないし
共に濡れることもできないが
雨が上がるその時には
きっと傍に居よう

晴れるまでは 少し
濡れるかもしれないが
傘も タオルも 要らない

この手のひらは 涙なら すべて拭えるだろう
























ひ  な  の



 秋 雨


雨の粒が
ぽつり、ぽつり、と
アスファルトに染みを作る

カバンの中の折り畳み傘を
使おうか使おまいか 迷って
小さなため息とともに
傘を広げた

雨が降るのは
神様が泣いてるからだと
小さい頃は思っていた

……うそ
ほんとうは今も
そう思っていて

あの頃と違うのは
泣きたいのは私の方だよ、
なんて呟いてしまう
卑屈さだけなのかもしれない

まっすぐに伸びた白線の上を
少し重い足取りで歩く

初夏に色とりどりの
紫陽花を咲かせていた
道沿いの花壇も今は
色あせた枝だけが佇んで

なんでもない雨の日に
感傷を添えて
十月の風に吹かれている

ねぇ 神様
そろそろ泣き止んでよ

最近よけいに
涙もろくなった
私まで
泣いてしまいそうだよ















 あなたのいない休日


買ったばかりのワンピース
姿見の前で
小さく裾を持ち上げてみる

小花柄は幼すぎるから
シンプルな無地
いつもと違う
テイストにしたの

「どう?」と聞くと
いつも「かわいい」と
褒めてくれたあなたは

ワンピースの柄の違いなんて
きっと分かってなかった

(かわいい)

聞こえるはずのない
あなたの声が頭の中に響いて
思わず振り返りそうになる

そこに居ないと
分かっているのに

ぎゅっ、と目を閉じる
込み上げてくる寂しさに
呑みこまれないように

 さぁ、出かけなきゃ

当たり前のように
選んだイヤリングが
あなたからの贈り物で
胸の辺りがちくり、とした

時が往けば
この痛みも消えるから
いつか消えてしまうから

 あぁ、そうだ
 新しい口紅を買おう

翳りのある赤がいい
今日の憂鬱を混ぜたような

 だって あなたは、
 薄桃色の口紅が好きだったから























沢 口 リ リ キ



 支 え


そんな日がある

仕事への情熱や誠意が
小枝のように
容易くへし折られ
まったく相手に認められないような日

世界が悪意と裏切りの
かまいたちに斬られ

街の雑踏は
陰口に満ちている気がして
すれ違う人々がみんな
私を蔑んでいると思えるような日

路上のマンホールから
生き馬の目を抜く
敵意の汚水が吹き出し
街なかに
溢れ返っていたり

ビルや
街路樹や
歩道橋が
黒い雨に打たれ
荒んでいるような日

失意という
暗い地平から現れた
凍えた太陽を浴びて
我を忘れそうになる日

それでも
倒れず 心を折らず
自信を失わず
グッと踏ん張れるのは

毎朝 
玄関先で見送ってくれる妻の
花のような笑顔

「早く帰ってきてね」
「お仕事頑張ってね」

と靴を履いているときに
抱きついてくる幼い娘の
無垢な言葉

へたり込むわけにはいかない
投げ出すわけにもいかない

家族のためなら
どんなことがあろうとも

けっして
何ものにも
潰されたりはしない

自滅など尚更しない

我が家のぬくもりが
勇気をくれ
私をしっかり支えてくれるから

普段と変わらぬ
「お帰りなさい」
という明るい声が

胸の深い部分に
じんわりと沁みて
目頭が急に熱くなるような

そんな日がある























耀  子



 初めてのライブ


私はライブハウス「STARNAIT」の
ステージの上
ブルーのライトが点滅し
スピーカーが前にも横にも備えられ
薄暗い観客席には
三色のペンライトが 波打っていた

ライブはマイクが響きにくいよ
しっかり歌わないと聞こえないよ と
たびたびのアドバイス
するだけのことをしたら
あとは気分良く歌うだけ と
覚悟を決めてのステージの上

淡谷のり子の『別れのブルース』
伊藤久男の『あざみの歌』
古い古い歌 でも大好きな歌
私の声は よく響いていた
心配は杞憂に終わった

私の招待客は
娘二人に姉、友人
歌い終わった私に
「すごく気持ちよさそうに歌っていたよ」と
はい 
気持ちよく歌えましたよ

ボーカル教室の発表会ライブ
十代の少女たちは初々しい
二十代三十代はライブのベテランだ
いかにも「ライブってこんな感じ」
四十代 五十代 ・・・あり あり
歌う歌で世代が判る

参加者が決まった時に 
「古い歌うたう人いますか」と聞いた
二十代の可愛いインストラクターが言いました
「はい、氷川きよしの歌うたう人いますよ」
え! 氷川きよしが古い?
そのジェネレーションギャップに 思わず にやり

きよしあり 永吉あり 聖子あり 綾香あり
ほかに 私の知らない若者の歌の数々
インストラクター達の歌もあり
出演者観客一体になって盛り上がった
これこそ ライブだ!

私の初めてのライブは 終わった
ふふふ 楽しかったな
















 青い空と白い雲と私


ガーデンテーブルに
頬杖をついて 
見上たそこには
澄んだ青空と柔らかな白い雲
そして 風も優しいなあ
その優しさに包まれて
私の心も優しくなる

  リビングから聞こえてくるのは
  ショーで歌う 岸 洋子の『希望』
  難病と闘っているけれど
  歌が生きがい
  病になったからこそ
  自分を見つめる時間を得た との
  話しもしながら

苦しみの中から
生みだされたのであろう 
『希望』は
心に滲みていった
私もそんな風に希望を探していたから

悲しみや苦しみの中にいた時
「悲しみだけが 私の道連れ」とおもう
「希望」というあなたがいたらとおもう
闇に閉じ込められて 
ただ 蹲っていた私
そんなときもあった

色々な経験は
私の心を優しさに敏感にしてくれたのだろう
澄んだ青い空や ふんわりした白い雲を
素直に受け止めている  
ガーデンテーブルに頬杖をついて
空を見上げている私は
優しい秋に包まれている























く   れ



 疑 問


隠された疑問があれば
国や県や東電
そこに答えはある筈だ

八年が過ぎると
立ちどまって考えることが
希薄になって来る

あの日の
できごとの伝達を
途切れさせてはならないと
思いながらも

フレコンバッグの山があっても
避けては通るが
みなれた一光景になった

一Fに問題が起きると
寝起きしたばかりのような記事を
新聞が選択して載せる

 *

そんな中で
賠償金の問題が一段落した
すると、働く場所として
東電を残すべきだ
と ある被災者の言葉

唖然とした
家屋が荒廃し、牛が殺処分され
猪が住民のように
居座っている現実

心に変化が起きたとしても
今は、その言葉は
禁句だろう

立地町は
細る交付金に
国や県や東電に頭を下げる
十年もしない中での
大逆転

隠された疑問を
問いただせないままに
要望だけが増えていく
それも、小さな声で

大きな何かが
崩れ始めている
疑問が疑問で無くなる
そんな日は
来てはならない


 
*一Fとは東京電力福島第一原子力発電所のこと















 月命日


豊穣の海は
人の魂を掴んで離さない

八年間の長い留守人を
読経の声は
捜しきれないでいる

海を枕にしても
寒いだけだろう
眠れないでいるのではないか

心配することばかりだが
諦めようと背を向けることは
存在に対する背徳だ

家は新築した
目印は立ててある
帰って来るのを待つだけだ

ここでゆっくりと眠れれば
そう思って
仏壇は買い替えた

あの日から
八年が過ぎようとしている

砂浜の砂が
サラサラと読経の声となる
長い留守人を捜しているのだ

月命日には
魚たちは一度天上に帰るらしい

この日は
近海漁の舟は
鎮魂の姿勢で浜辺に並び
頭を垂れる























藍 音 な な を



 雲遊萍寄


この間まで
日中三十度はあったというのに
数回台風が通り過ぎるのを
駆け足で追いかけるように
涼風が街の建物を縫いながら
金木犀の香りを引き連れて
短い秋を告げる

秋が短くなったのは
いつからだっただろう

子供の頃は
盆の支度の香りが
一筋の涼風を連れて
季節の移ろいを告げていて
九月には
少し動くと汗ばむ日中の日差しと
日が落ちて引いてゆく熱気を
静かに繰り返しながら
秋がゆっくりと深まって行ったのに

近年は
いつまでも夏が終わらず
やっと秋の気配が訪れたかと思えば
瞬く間に冬の足音が聞こえる

気候が
昔とは違うのだ

 私たちは絶滅の淵にいる
 よくもそんなことを言えるものだ

裕福な国の
十六歳の少女はそう言うが
この世界が
絶滅に向かっているのか
温暖化に向かっているのか
氷河期に向かっているのか
私にはわからない

ただ
プラスチックを消費しなければ
とか
二酸化炭素を排出しなければ
そんなことで
気候が全てコントロールできるなんて
たかだか数十年しか生きていない私には
思えない話で

 いやー
 何億年も続いてる地球ですから
 寿命を迎えるまでには
 風邪ひいて熱出すこともありますわな
 人間がどうのこうのあがいても
 仕方がないことなので
 数十年スパンで様子を見ましょう
 そのうち人口も減りますし
 気温も下がるのと違いますかね

そんなことを言っていたら
知人から
 あんたは環境のことを何も考えていない
 グーパンチをお見舞いする
なんて言われたけれど

何十年くらい
人間が頑張って二酸化炭素を減らしたって
気温は上昇し続けているんですもん
頑張りが空回りしてるだけにしか
思えてこなかったり

これから発展する国の頭を押さえて
生産の伸びを抑えて
富を得にくくしてしまうのも
富裕国のエゴなんじゃないのかな
と思ったりもする

日本の気候がだいぶ変わって
季節感が変化していくのは
あまり いや かなり
嬉しくはないけれど
何百年か経てば
そのうち昔の冷涼な気候に
自然に戻るのではないかと
淡い期待を持っていたりする

楽天主義と言えばそれまで
でも
人間の力では
どうにもならないこともある

何十年でどうにかしなければと
せっかちにいきり立たずに
地球の寿命を
長い目で眺められればいいなと思う
ようやく
温度計の針が
二十度を下回った
秋の明け方

























瀬   未



 静電気


さっきまで
ずっと気になっていた筈なのに

頬にまとわりつく髪の毛を
指で払いのけるのも
忘れてしまう位

「夢想」
彼の絵を前に
その曲線の妖しさに絡めとられ
じっと動けなくなる

タロットカードのような
謎めいた縁取り
繊細なタッチは
透ける葉脈を思わせ

しなやかな布の風合いやドレープ
可憐な花々に囲まれ
どこまでも伸びやかな乙女は
こちらへと囁きかけてくるようで

何ひとつ
ゆるがせにしない
ミュシャ
*の魂というものに

ぱちん
小さな火花を散らして
心のなか
しずかな電気が走る

かすかな痛み
ていねいに生きているか
そう問い掛けられている気がして

このところ
帯電していた気溜まりは
一瞬にして弾けた

失って
補って
整えて

プラスとマイナス
摩擦係数ゼロでは
いられないからこそ
日々は美しい

気がつけば
さっきより
まばたきが多くなっていて

あいかわらず
絵のなかの
乙女は微笑んだまま

私は無意識に
まだ見ぬこの世界の彩りを
探ろうとしているのかもしれない

受け取る潤いや
手放した時の渇き
それらは一体の渦となり
暮らしはこれからも続いてゆく

カレンダーも残すところ
あと一枚
そろそろ木枯らしも吹く頃

真珠ひとつぶ分の
クリームを
両手にしっかり馴染ませ

遅くなった君への返信を届けるために

冷えた指先
おそるおそる
冬のドアに触れた


 
*アルフォンス・ミュシャ Alfonse Mucha
  
アール・ヌーヴォー様式を代表するチェコの画家。
  
「夢想」は彼の作品のひとつ。