今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







草  香  





 森の城へ


私一人を乗せた古いバスは
ル・マンを出て鬱蒼とした森へ
魔法のように吸い込まれ
闇夜を黙々と走っていく
疲れも空腹も忘れて
フロントガラスを弛みなく見守る

だれも乗ってこない
無事に城に着くだろうか
汗ばむ腕時計は十時近くに
ヘッドライトは人影を捕えた
運転手が鞄を運び出してくれ
「ボアラ」と差し出す相手と
笑いながら握手している

さっきまでの思い込みを
鈍い頭は急いで修正する
切符売り場の女性が
迎えに来るように 城へ
電話をしてくれたのだ…

そこには
小さなバス停が
終車をひっそり待っていた
初めて立つ
精霊の住む 深い森
夜の冷気が流れるなか
歩み寄る三人を
バスの明かりがつつむ

視界の先に
深い緑に囲まれた
古城が煌々と浮かび上がり
水面にくっきり映っている
今夜からあそこに泊まる
二十代の旅人は息をのむ

夏のずっと奥にある
ひとり旅の初日は
私を弾ませる
ネットにも現れない
あの森の城を
ワインに浮かべて


      *ル・マン→パリより南西に200キロ、
              電車で1時間の地。





                       〔三浦志郎:選〕





 水琴窟


地から伸びた
青竹に耳を傾け
目を閉じて 待つ
間をおいて
滴の音をきく

疲れた身をつつみ
静かさをたたえた調べ
忘れかけていた音色を
はっきりと拾い
遠い昔の記憶に
つながる

 ひんやりした
 軒下のポンプの辺り
 どこからともなく
 こそばゆい音がする
 首を傾げるわたしに
 祖母は笑いながら
 「水のひとり言だよ」と

滴がつらなって
水面におちる
闇のなかのピアニッシモは
水滴だけが奏でる妙音
波紋のように広がって
きき入るほどに
心の底まで染みわたる





                       〔島 秀生:選〕





 脱 皮


季を急かす
蝉時雨
髪に肩に降りそそぐ

足元の小さな穴から
這い上がり 木の葉陰に
しがみつく夕べの姿
ひと夏を生き抜くために
二つに割れた背
どこかを見ている目
たった一度だけの
軽くても重い
透けた抜け殻を
そっと手にのせる

わたしにも
幾度かあった脱皮
重なる梢に来し方を浮かべる
一人暮らしを始めた時
信じていた人に裏切られた時
余命を知った時
沈んでいくのを見たくない
晒されてもっと強くなろうと
自分で作っていた
硬い殻を破った

この先も
力尽きるまで
生きていくために
消えていくために
せねばならない

命の群れが
生き延びろと
追いかけてくる
形のない明日へ
真直ぐに歩き出す





                       〔Kazu.:選〕





 笑い皺


亡き母は
朝 目が覚めたことに
手を合わした

重いものを背負い
嫌なものも見てきた
小さくなっても
いつも笑顔
和裁の好きだった手は
ジグソーパズルに夢中
冷たい指先が
ピースを探しては
残りの日々を埋めていく

ささくれた指を折り
得意の俳句を作る
 秋の暮れ不器用になお生きんとす
白髪が輝く
しわいっぱいの顔に
満足そうな笑みがこぼれる

若い頃からの口ぐせは
「女はいつも笑っていなくちゃぁ
 男と一緒に怒っては駄目」
そう言いながら
93歳で旅立った

年を重ねて
その言い分に傾きながら
鏡に映るわたしの
笑い皺が気になる
余生わずかでも
みんなに微笑んでいた
母のようになれるだろうか





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ



 半 月


うっすらと雲に隠れて
半分ほどの月が
ぼんやりと
夜空を照らしていた

明る過ぎず
暗くもなく
今日はなんだか
懐かしい感じがする

ふと立ち止まり
思ったのだ
どうでもいい事に
誰も相手にはしてくれないだろう

この月の半分は
今どこで
輝いているのだろうと

その輝きは見る事が出来ない

どんな空に
浮かんで
光っているのか

月として
半分の明かりで
夜を支配しているのだろうか




                       〔く  れ:選〕











あ さ ぎ


自 然


自然、又は自然が生み出した現象に
心が揺さぶられる
涙が出てくる

美しくて勇敢で
憧れる
独占欲もあるかもしれない

だから私の描く対象は自然だ

黒い空で白く発光する月を描きたい
太陽の光を受けて形容しがたい色を宿す川を描きたい
何十年、何百年、何千年と積み重さなってできた壁を描きたい

私の手でカンバスに再現したい
私の手でカンバスにおさめたい

しかし、できない
納得がいかない

何度描いても再現できない
おさめることができない

何度も何度も

やがて、途方に暮れた

目の前には海
立っているのは大地
見上げれば空
風が追い越していく

そして、ふと気づく
自然に比べたら
私という人間は本当に小さい
いなくなっても気づかれない
何の影響も及ぼさない

再現する、おさめる
一人で渡り合えていると思っていた
私の身勝手な意思で描いていた

これでは何もつくれない


自然よ
お借りします





                       〔島 秀生:選〕











レ ノ ン



 戯れの道


迷い込むつもりはない
ハンドルはしっかりと握り
折り返す場所を決めて走り出した

始まりはすこしの好奇心
いつでも引き返せると
言い聞かせながら進む道は
行くほどに
甘くて危険な熱を帯びる
二人だけの
閉ざされた空間は密度を増し
何気ない景色さえ
鮮やかに色を変えていく

まるで当たり前のように
「もっと先まで行こう」と
となりで優しく笑うから
自分で決めた目印を
横目で見ながら通り過ぎた
戻るべき場所がぼんやりと遠ざかっていく

カンカンカン カンカンカン…
もう一人の私が警鐘を鳴らす
愚かな私は耳を塞いで進んで行く
すでに知らない所まで来ている
この先に何があるのかもわからないのに
繋がれた手が温かくて
アクセルをグッと踏み込んだ

その時は突然に訪れる
ここで降りると
自分の居場所に戻るからと
残り香のような温もりだけを置いて
振り向きもせず行ってしまう
ここがあなたの折り返し点

ずっと一緒に行くんだと
どこかで思い違いをした
そんなことはあり得ないと
最初からわかっていたはずなのに

一人になって思い出す
目的地などないことを
戻り方ももうわからない
真っ暗な夜道に残されて
温もりは幻のように消えていく
カンカンカン カンカンカン…
置き去りにしてきたのあの音が
耳鳴りのように響くだけ




                       〔三浦志郎:選〕





 知らないおばさん


やっと首の座った息子を抱っこ紐に
二歳の娘をベビーカーに
スーパーへ行くだけで大仕事だった私に
知らないおばさんは言った
「大変だけどね 今が一番いい時よ」

娘のうどんをフーフーしながら
ぐずる息子を抱いて背中をトントン
自分が食べる頃には
麺はすっかり伸びていたけれど
やっぱり 知らないおばさんは言った
「この頃が一番良かったわ 頑張ってね」

あの頃そういうおばさん達がたくさんいて
私は曖昧な笑顔を返すだけだった
顔も声も覚えていない
知らないおばさん達
だけどみんな目を細めて
ニコニコしていたのは覚えてる

子供達から少しずつ手が離れ
いつのまにかすっかり自由になった
買い物は一人で手早く済ませ
静かなカフェで本だって読める
けれど今日は
久しぶりに友人とファミレスへ

賑やかな世界の一角
向こうのテーブルに
私達の目は釘付けになる

若いママと小さな男の子
手を拭いて
エプロンをつけて
小さく切り分けて
忙しそうに世話をするママ
あちこちよごしながら
マカロニをちゅるりと飲み込むと
嬉しそうにママを見上げる男の子

友人と私の頬はみるみる緩む
「あの頃が一番かわいかったよね
ママ、ママー!ってさ
もう一回やれって言われても無理だけどね」
そう言って笑う友人に頷き
しばらくそのテーブルを眺めていた

そこにあるのは
二度と戻れないけれど
確かに今に繋がっている
大切な大切な時間
時々取り出しては眺めたい宝物

「私たち だれかの“知らないおばさん”になる日も近いね」
「なあに それ?」
友人は不思議そうに私を見た
ふふふと笑う今の私は
きっとあの頃のおばさん達と同じ目をしている





                       〔く  れ:選〕











と も り ん



 永久なる青春


私には、ありふれた青春がない

勉強に励んだり、
部活に打ち込んだり、
きらきらした友情や、
初々しい恋物語、
それらを持ち合わせていない

いじめ、
病気、
ひきこもり、
そして、ニート
私の通ってきた道は決して
大声で語れるものではない
しかし、今の私は青春の只中にいる

支えてくれる人々に出会えた
その事が何よりの喜びだ
出会い、それはチャンスである
差し伸べてくれた手を
振り払わない―――
それこそが人生を拓く

誰にでも青春は用意されているのだ

"年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき初めて老いる。"
私の遺伝子がこの詩に呼応する
刻まれているような、この感覚

詩人たちは導いてくれた
神々しさの中へと
言の葉の魔法へと
輝ける日々へと

だから、私は到達する
遥かな未知の世界に
そして、越えるのだ

「夢は夢ではない」
幾つになっても、
このありふれた言葉は
私たちの道標なのだから


 
※"年を重ねただけで…"
  
サムエル・ウルマンの詩集
  
「青春とは、心の若さである。」
  
(角川文庫ソフィア)の「青春」から。





                       〔島 秀生:選〕











galapa(滝本政博)



 とうに夜半を過ぎて


街中を鈍くひかり川は流れ
晩夏の腕や胴も流れてゆく
電車は行く 鉄橋を渡り
埃にまみれた街を引き裂いて進む
際限なく繰り返される日々
昨日も 一昨日もこうして過ぎて行った
ああ なんということ
人生の半ば以上を通り過ぎてしまった

風を飲み込み血管の鉄道を進め
喉を通りすぎる破綻した予定調和
荒唐無稽な形式的完成
夾雑物 病根 拳

とうに夜半を過ぎても電車は走りつづける
微かに瞬く星空の下を

引き込まれた路線を変更するのだ
ぐるぐる回る環状運転から
遠く外れてゆくんだ
夜を突き抜け 擦りむいてゆく皮膚

眠りから覚めれば天候の話をするばかり
苦痛について語る共通言語はない





                       〔Kazu.:選〕











ゆ  き



 夏の終わりに


永遠だと思っていた愛も薄れて
今はぼんやりとその足跡を見つめている

暑過ぎた夏には蝉の鳴き声が響いて
頭から離れない

短い一生を惜しんで鳴いていたのか
それとも謳歌していたのか

懐かしさを感じ始めた頃に
全てが過去に向かってゆっくりと歩き出す

西陽のあたる部屋のカーテンを開けると
柔らかくなった日差しが
寂しさを誘ってくるようで

椅子に置かれたままの帽子を
忘れていったのか 置いていったのか
また考えてしまう

いつもとは違う特別な夏だった
今までに感じた事のない安らぎと
一人きりの長い夜の両方を
君は教えてくれた





                       〔齋藤純二:選〕











小林 大鬼



 みんなマネキン


綺麗で可愛いモデルではない
みんなマネキンになりたいのだ

すらっとした腕に脚
眩し過ぎる白い歯に肌
彫刻のように整った顔立ち
夢見るような艶やかな髪
澄んで弾んだ声に唇

でもどこか歪だ

微笑んでいるはずなのに
氷のように冷たい表情をして
いつも哀しい目をしている

まるで何もかも空っぽな
マネキンのようだ





                       〔島 秀生:選〕





 占 う


疲れた夜に店に入り注文して
隣り合わせた人の話に耳を傾ける

何か悩みが見えたなら
事情を話し相手と家族を占うのだ

当たり外れはどうでもいい
名前を書いて字を見つめ
人生と宿命の重さを見極め
幸せを思い描きながら
相手の目を見て語りかける

相手と家族の関係を尋ねて探り
定められた運命と生き方を
予言のように心に説く

相手の顔が明るくなる
後は忘れてしまえばいい

自分と相手の性が分かれば
後はそのまま歩けばいい

悩みがあるなら名前を見ろ
名前の通り生きればいい

勘定を払い店を出る
夜空を仰ぎ家路を急ぐ





                       〔三浦志郎:選〕











エストリン 


感 情


もう無理だ
かなり無理だ
やめた方がいい

だけども止まれないときはある

冷静になることを社会は求める

心の病気になってから教わったことは
とにもかくにも冷静になれ
その一点張りで
感情的になると
ほとんどが良い結果にならず
保護室行き

主張したいことはあるのに
聞き入れられず
保護室で一人ぼっち

あぁそういうこと
病気ととられてる訳で
学習する
感情的になると
保護室行き

保護室ってのは
内側から開けられない
鍵つきの部屋で
トイレとベッドしかない

入った人にしか、わからんだろう

いつも思ってる
感情なんていらない
冷静になることを求める社会なら
人間でなくて
コンピューターでよいと
いつも思ってる

人を好きになったり
嫌いになったり
余計なトラブルがあるだけじゃん

どうして感情があるの

こんなのいらない

もう無理だ
かなり無理だ

私は感情的になりたい

自分に正直になりたい
感情を出すと
保護室行きが常々

トラウマになってる

自分に正直になるのに
ストレスがかかるなんて

もう無理だ
かなり無理だ

誰か私の感情を殺して





                       〔島 秀生:選〕





 私は泣く


笑えない
本当に笑えない
どうして、するかなぁ
どうして、しないかなぁ

また一人、入院した
引きこもってたんだって
デイケア、通うようにしなさいと
主治医は言うらしい
入院中からデイケア体験がある

あっ、デイケアってのは
心の病気の人が
通うリハビリ

私は退院して七年
入院はそれからしてないし
デイケアは一年前に卒業した

私は一人暮らしで
主治医が心配して
月二回
訪問看護が入ってる

訪問看護の人が言うんだけど
デイケアは、ずっと
通うものではない
三年で卒業しなきゃ


その訪問看護の人は
元々、デイケアの職員で
今は異動して訪問看護の職員で

デイケア時代の私を知ってる

私には言う

あなたはデイケア、要らないわ

現在の私に対してだ

過去の私に対しては
こう言う

デイケアは体調管理の面からも
必要だったでしょう

私は、かなり、デイケアは
過去も現在も
要らないわと思っていた

卒業出来て、清々している

デイケアに染まりたくなかった

デイケアを卒業出来ず、何年も通っている方々
だんだん、社会から取り残される

社会性がなくなる

デイケアは独特な雰囲気で
一種の閉鎖空間だ
デイケアでの常識を
デイケアで通用するからと
社会常識だと勘違いする

私は精神障害者のグループホームも
追い出された身で

威張る訳ではないが
社会で生きて生けると
太鼓判を押されてしまった

友達が、知り合いが
グループホームにいるが
病気の重さで
それ以上は
羽ばたけない

私にはそれが見える

本人達はそれが見えない

それをいくら説明したところで
無理だった

通じなかった

伝わらなかった
私の想いは

一緒にグループホームで
暮らしてた友達
語り明かした夜もある

説明した
変わらなきゃと説明した

通じなかった

私はグループホームを出た

絶望的な想いで

笑えない
本当に笑えない

私の卒業を祝ってくれた友達
親友

私は笑えない
本当に笑えない

私の常識の説明が通じない
親友

病気の重さが

私は笑えない
本当に笑えない
どうして、するかなぁ
どうして、しないかなぁ

私は泣く





                       〔島 秀生:選〕











ロンタロー 


キンモクセイ


ひとり夜の部屋で
瞼を閉じて
虫の音を聴いていた
良かったのは
あの頃ばかり
もう会えない命たち
何処を探しても姿かたちはなく
いまはこうして記憶を辿るだけ
現実はいつだって
目を覆いたくなるし
耳も塞ぎたくなる
頭上は重たい雲に覆われていて
一筋の光も見出せなくて
こころが締め付けられるけど
ほんの一刹那だけでも
いまこうして
瞼を閉じて
虫の音を聴いていると
どこからともなく
懐かしい匂いとともに
想い出が広がっていく





                       〔く  れ:選〕











松本 タカヒロ 


一粒で二度おいしい


ぎゅうぎゅうに詰められた満員電車
立っているのは大変
だからといって
座り込むわけにもいかない
体を踊らせて、
息継ぎをして、
脚も内臓も疲れてくる

時間に追われている都会人
ゆっくり休むことも無く、
ゆっくりと呼吸をすることも無い


酸素が少なくなってきて意識が遠くなったころ
死んだ目をした魚たちは放流されていった、
生け簀の中で泳いでいる魚は少なくなった


 ようやく、
 ゆっくりと息が吸える

 ようやく、
 席に座って落ち着くことができる


それでも、
ここは都会だ
どんどんと、
人が乗ってくる


ようやく吸える酸素
どんどん吸おうと上を向いていたから
腰をかがめた老人が乗ってきたことに気がつかなかった


急いで席を立ち、

 お席、譲りますよ


 どうも、ありがとう


どんなに疲れていても
どんなに酸素が吸いたくても
だれかを思いやることは当たり前

だれかがそれに応えなくても
思いやることが良いことなのだと思う

 それに、きっと喜んでいると思う



 『一粒で二度おいしい』


どこかで聞いた製菓メーカーのコマーシャルが
頭の中に流れてくる

わたしの行動と気持ち、老人の気持ちを表しているようだ
そんな思いを乗せて風景と時間は流れている



酸素がまだ足りなくて頭がぼんやりとした感覚

鞄からチョコレートを取り出して、
ちょこっと食べる

出来損ないの駄洒落だな、と
苦いため息が零れる

目の前の老人が笑っていたから
思わず笑ってしまう


都会なのに
流れていく風景も時間も
どこか心地よい





                       〔齋藤純二:選〕





 この世界は砂漠化


この世界は
有機物で溢れているはずなのに
無機質な世界である

乾いた大地にだれかの雫が落ちても
だれもが見て見ぬふりをする
これが、この世界のルールなのだろうか
みな、心が乾燥しきっているのだろうか
この世界は砂漠のようだ


人は水分だ
水と水は手を結びあって混ざり合う存在

でも
まるで水と油のように
溶け合うことがないようで
世界が寂しく映る

無機質の集合体は
雫を持つ、か弱い生命を攻撃する
そればかりか
まだ潤いを持っている生命、求めている生命さえ
叩いて、のけ者にして
どんどんと大きな塊になっていく


良いことをしているのに、なぜ?
誰かの幸せを願うのは、だめ?
自らの潤いを与えるのは、だめ?

そんな簡単なことを問いかけても
だれもが見て見ぬふりをする

この世界は砂漠なのだ
オアシスはどこにも見つからなかった


このままでは
いつか
攻撃されるのを恐れて
潤いを失くし
塊の一部になってしまうかもしれない

わたしは飲みこまれる前に
砂漠から抜け出して
故郷(オアシス)に戻ることを決断した

無事に砂漠から抜け出すことができればよいのだが





                       〔島 秀生:選〕





 大切な誰かを思うこと


きみに触れるとね
ぼくらの鼓動はスパークするんだよ

ぼくらはさ
いつも近くにいるのに
一緒になれなかったりするよね

近くにいても
なにかに縛られていたり
だれかと束ねられていたり
そんなことしなくてもいいのにね

ぼくらは
きっと必要な存在
なくてはならないもの

それを知っている人間が
助けてくれたらいいのにね

こんなに近くにいるんだから
つないでよ つながっていたいよ
この思い 願い 叶い
離さないでよ 離れたくないよ

人間のように
自由にきみを愛したい



あなたは怒っているかもしれない
こんな時間まで連絡を返さなかったから

ぱちんと光った稲妻に
ひやりとしながら
コードを携帯電話に繋いで充電をする

ひやりとしたのは
あなたに怒られたくないからだろうか
悲しむ顔を見たくないからだろうか

面倒に感じても
あなたと一緒に居たい
呆れられたくない
飽きられたくない

いつからか
あなたが中心の生活
嫌な気持ちはしない
わたしのために怒ってくれて、悲しんでくれる
だから
あなたを愛することができる
幸せな顔を見たいと思うことができる


 今日は優しい顔で帰ってきて
 あなたの好きな煮込みハンバーグを作って待ってるから


充電が終わった
束縛されるのも悪くないかもよ
とコードを束ねながら
コンセントくんに話しかける





                       〔雨  音:選〕





 砂時計


サウナの入り口に置いてある
砂時計をひっくり返して
イスにもたれる

だらっと流れていく時間
そんなときに限って
おもしろい閃きは生まれる
でも
サウナに入ったばかりだし
まだ出れないよな
とか悩んでいる内に
砂のように零れ落ちていく


サウナに流れているテレビからは
遊園地で遊んでいる
子供たちの笑い声
が聞こえている

楽しい記憶はずうっと残る
煌びやかな景色に
流れ行く幸せな時間
共に過ごした大切な人の顔は
忘れることなどできない

悲しい記憶もそうだ
モノクロに映る
裏切った人たちの
哀しい表情や
曇った景色
もう二度と繰り返すまい、起こるまいと強く願う


二度と繰り返してはいけないもの
また楽しみたいもの
いろいろな砂時計を抱えて生きている
「いま」落ちていく砂を
作品として、友情として、愛情として、
はたまた別の形で
どれだけ人生に落とし込めるだろうか
そんなことを考えていた十二分間





                       〔く  れ:選〕











かすみ じゅん 


夕暉より、暮夜の月と


まるで
溶け出した虹の様な
淡い構造色を
扇状に高い空へと延ばし
緩やかに連なる山の
アウトラインの
裏側の明日へ
夕陽は
そっと
沈んで行く

景色の色が
ぼんやり霞み始めると
涼しく冷えた
乾いた風が
さはり吹き抜け
日中、身体に籠った熱を
心地よく浚って
中空へ解かす

視界は黒の粒に
段々と薄く重ね塗られ
静寂を擽るように
叢から、秋の虫の鳴き声が
きらちらと瞬くように
細やかに飛び交い
現に魅する

辺りは
深く濃く
黝く染まり
しんと
暗い
夜が訪れる――

周囲を取り巻く
闇に浸る、木々の枝葉に
光る
青白さに
ふと気付き
すっと
頭上を見上げれば
綺麗な円を描く
輝く一点の月
小刻みに震える星屑
すっきりと
艶やかに、伸び広がる
青褐の夜空

遠い西の上空に
小さく
明滅しながら南へ下る
エアプレイン
つつと
じわりと
航行するのを
見付け

一体
何処まで
飛んで行くのだろうかと
暫く
その様子を
目で追いながら
夢中で見詰めていた

きっと
解放感、溢れる
常夏の島へ
数多の
美しく彩られた
憧憬を乗せて
向かって居たのだろう

羨ましく
彼の地への
想像を膨らませて

愉しさ
堪えきれず
きゅっと
頬を丸く作りながら
月明かりに
柔らかく照らし出される
うねる、峠の坂道

家路を辿った





                       〔島 秀生:選〕