■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

甲 田  四 郎 
 詩集『 大森南五丁目行 』 から 10篇

         





生存証明


息子一家との夏休みの旅行が終わって
女房と二人定職の日常が戻った
暑いなあとため息する日常
半年前痛かった左肩が今日痛くない
と思ったら右肩が痛い
一日が過ぎていく夜中トシ取ったと思う日常
五十肩の痛さは一日一日過ぎていくが
死が近づいてきている日常
四十三歳の息子と同い年のその女房も暑いなあと
その日定職を働いている
その日お姉ちゃんは高校で勉強とダンス
弟は中学でバスケの練習と試合
生に満ちている日常
よく寝た朝は身が軽い
窓を開ければ救急車が止まっていたのが
黙って発車していった
なかったことにする といったって
消防署に救急車出動の記録が残っている
私が死ねば私が確かに死んだと区役所が
残った者の申請に応じて
私の名にバッテンをつけた抹消謄本を発行する
生まれてからバッテンがつくまで私が生きていた証明
区役所が保管している八十年の間は
私がいなかったことには誰もできない
恵まれているこの日
しかし生存証明には死因は書いていない
私への理不尽さ 私の無念さがあっても
残った者の目にそれをくみ取る能力がないと
なかったことになってしまう
願わくば死は平穏のうちにあれ
水の流れの後の空白に
紙切れ一枚平穏に残れ









かきわける


左肩が痛くて腕が上がらない
整形外科に行ったら医者が五十肩だと言う
そこは私より年上の人でいっぱいで
しかしばあさんはばあさんで
じいさんはじいさんだ
のど飴なめなめ帰る道々
震災から三年目のこの暮れにつく餅も
宮城産特選米使用と大書したビラ出したら
放射能コワイと二人注文をキャンセルした
政権の基準値なんか信用しない
放射能ヤダと日本を逃げだした人もいるから
責める気はないが
ビラはがせと女房が言うがはがすな!
宮城米はコシがありツヤがあり風味極上である
ウチは意地でも宮城でいく
しかし東電も政権も隠している
特定秘密保護法で余計隠す
何を隠すかも隠す
そんなやつらを信用することになるのか私は
震災の年の暮れ小学五年の孫が
大阪から餅つきの手伝いに来るというのを
あぶないからと止めた
だがもう大きいからいいだろうおいでと言った
しかし
ばあさんはばあさんでじいさんはじいさんだ
もう判らなくなったらラクだろうが
危険は危険安全は安全だ
日差し暗くまぶしく
私怒りの舟を漕ぐかきわける冷たい風









広 場


心弱った女房は言った
なに一つ後ろ指さされることはしなかった
五十年立ったりしゃがんだり営々と働いた
子供を産み育てあんたの面倒を見た
神様が私をいい老後にしてくれると思ったよ
だけどそれがモトでこの痛さだ
いい老後って虹みたい
着いてみればどこにもない
老後はまだ続くんだと私は言った
よくなるもならないも
本人の努力しだいだとクスノキ先生も言ったろ
その整形外科へ行く
女房が杖をつく私がつき添ってゆっくり広場を
ゆっくりゆっくり
すると日差しの立模様の中から
自転車や着ぶくれた男や女が現れて
ペダルのきしみや革靴やスニーカーの音をさせていく
私はふと胸をつかれる
出勤
生活のいちばん基本的な行動が
いちばん孤立無援に見える
皮膚に浮かぶ疲労に深浅の違いはあるが
だれもが一様に無表情だ
この時期この縁台に座っていたイタヤさんを思い出す
定年だと言った、淋しそうに笑った
広場でかれ一人笑った
イタヤさんは何日か座っていたが
ふと見えなくなった
かれが座っていた縁石は黒く
樹木は梢を空へ広げて硬直している
かなたへ暖かみへ伸び上がって
間違いに気がついたようだ
そうやって過ごす一日
そうやって待つ明日
とつぜんほっほっと奇声を上げて
真っ白い女が物の怪のごとく駆け抜けていった
振り向くとそこにイタヤさんがいた
無表情に歩いて行く
思わず声をかけようとして
間に合わなかった









のど飴


ある日新聞で見た
電車で咳きこんでいる男がいて
皆避けている自分も避けたら
隣に座っている女性がのど飴出して
どうぞと男に差し出した
男はお礼を言って口に入れたら
咳がおさまった
避けるばかりだった自分を恥じたと
それで私のど飴買った
別にのどなんともないが
誰か咳したらあげよう
あたりを見回して
誰もいないから自分がなめた
なかなか溶けないのでガリガリ噛んで
またなめてまた噛んで
一日一袋食べちゃった
四日続けたらのどがヒリヒリ咳が出る
糖尿になりはしないか?
店先に置いておいたら
おじいさんが自転車から降りてきて
おれ糖尿なんだ
あんまり甘くない菓子くれと言う
女房がこないだ死んだ
息子は一人っ子だから
おれが死んだら肉親がいなくなる
いま四十だから死に別れは不思議ではないが
きょうだいがいないというのは
ひとりになることが多いんだと思ったよ
ひとり暮らしの人は多弁だ
晴天に
この国の行方についてはしゃべらない
のど飴あげたら口にほうり込んで
糖尿によくないんじゃないか?
心優しいおじいさん
柏餅一つじゃ悪いから二つくれ
袋いらないと籠にほうり込んで自転車こいで行った










アカイリンゴ


一九四六年夏私は小学校四年生
疎開はイヤだ早く大森に帰りたい
父親がバラックを建てた一人で行く
東武日光線に乗って浅草、新橋、大森まで四時間
頭を振りふりやってくる四両連結は
運転室の横に屋根に窓に連結器に
大袋を背負った人がはりついていた
窓から乗ろうとすると窓の背中がずれてくれた
だれか尻を押し上げてくれた
乗ったら四方人の腰に挟まれて何も見えない
身体が迫り上がり足が床から離れて宙に浮いた
息ができないと思うと
ここに子供がいるぞと怒鳴る人がいて
足が床について息ができた
車輪がゴツンゴツン床から突き上げる
終点浅草は焼け野原
地下鉄を探して外へ出ると
焼けて煤けた壁を背に
汚い服汚れた顔の同じ年頃の子供が
靴みがきの台に乗った大人の靴をみがいていた
時折あたりへ目を走らせながら
ふと顔を上げて私と目が合った
鋭い目つき
戦災孤児
突然大声で早口で歌いだした
♪アカイリンゴニクチビルヨセテ
それがりんごの歌というのだとは後で知った
子供が自分で自分が生きる金を稼いでいる
どんな場所でどんな格好して眠るのか
新橋から桜木町行きに乗っても満員で暑い
とつぜんガラスが割れる音がした
げんこつで窓ガラスを割ったのだ復員兵らしい男

大森に降りて昔の記憶をたよりに
歩きだしても私は緊張していた
戦災孤児の目
ガラスを割ったげんこつ
この焼け野原にもいるのだろうと思った
そして実際にいたのだ










私の家一九四四年八月


私は国民学校三年で学童集団疎開に行った
横浜駅までついてきてくれた父と
一緒に角のウナギ屋を曲がるとき
これが見納めかと振り向いて家を見た
門構えの木の塀の向こう
茶色い二階建二軒長屋のこっち側
幅二間半長さ六間
下が餅菓子屋兼甘味喫茶の店
二階が住まいで短い板の間と六畳と四畳半と物干台
店先に赤いのれんがかかっていたはずだ
中に母と叔母と従姉妹
一年生、三歳、前年生まれた弟たちがいたはずだ

食事は店の裏の仕事場にイスを運んで食べた
学校の近くの路地の中の平屋の一軒家のしもた屋の
ツルタくんを呼んだときも
そこで家のお菓子を食べた
けれどそれからツルタくんは私から遠ざかった
ツルタくんの家に比べて
私の家が貧乏だったとは今でも思わないが
商人の暮らしの家が
その匂いがイヤだったのだろう

その家が四五年五月の空襲で焼けて
一家は田舎へ疎開した
私も父に連れられて田舎へ行った
途中通った家があるはずの所は一面茶色い焼け野原で
ガードから伸びる一本の道路だけ見分けられた
田舎では家に帰りたいと思っていた
茶色い焼け跡だけれど
あの家 私の暮らしの家
帰りたい 帰りたい 思っていた










焼け跡のトマト


一九四六年私は小学五年生
父が実家に五万円借りて
東京大森一面の焼け跡
爆弾の直撃で一家全滅した花屋の跡地借りて
十五坪のバラック建てて
家族六人疎開から帰って住んだしょうばい再開
周りは死んだ人だらけ
痩せて生きている人だらけだが
なんて明るい裸電球の夜
家の裏に父が植えた低い茎に緑の小さい実がついて
しだいに大きく赤くなってトマトになった
もぎってかじるとなま暖かい汁がとんだ
明るかったどうしてあんなに明るかったか
と思う位明るかった
私は知らなかったが
一九四六年十一月日本国憲法が公布され
翌年五月私が六年のとき施行された
誰のものでもない自分たちのものである
その明るさだったのだ
組んだ竹に這う蔦の間にはキュウリがなって
地べたにはカボチャがなった
家の周りの焼け跡に花も植えた
ホウセンカ、コキク、ダリヤ、コスモス、マツバボタン
ある日私は学校へ弁当にさつまイモを
新聞紙に包んで持って行った
母親はごはん持っていけると言ったが
イモでいいよ
田舎では誰かしらイモでも餅でも持ってきたから
だけど東京ではイモは私一人
弁当箱の蓋で中を隠して弁当食うのもいて
私はやっぱりごはんにしてと言ったり
ある晩遅く帰ってきた父の額が血だらけで
転んだのだと言ったりした
それでも明るかった










ハ ト


八十歳過ぎて
キダ屋菓子店が閉めたら店閉めようと
それまではガンバルとガンバッテいたら
キダ屋が閉めた
他に四軒閉めた
それでは八十二歳までガンバロウ
と思っていた八十一歳四ヵ月
エチゼン屋敷物店が張紙出した
ビルに建替えて店は廃業だと
だれもみんなトシ取るのだ
しかしハトが店に歩いて入って来る
放っておくとショーケースの上に飛び上がる
客が来ないのにハトだけ来てどうする
手を振り足を上げて追い払うと
ヨチヨチ歩いて逃げていく
しばらくするとまた来る
何回か繰り返すとアタマに来る
シャッター下ろす長い棒を振り回す
それでもまた来る
そっと近づいて頭めがけて振り下ろしたら
飛び上がって逃げた
小雨降る夕がた
長い棒持って店の前左右をにらみ回している
それっきりハト来ない
誰も来ない










階 段


整形外科は階段を上った二階にあるので
階段上れない人は行かれない
手すりにつかまって杖ついて一段上って休み
また一段上って休みして行ける人は
下るときは身体横にして
一段片足下りて また一段片足下りて
また一段片足下りて
老いの下り坂も楽しめるものだとテレビが言う
楽しいですか
揺れる
つかまる
大口開けているフシアワセの穴へ
ころがり落ちたら

フシアワセは
前から後から上から下からくる
フシアワセの中で小さなシアワセを
探して見つけて積み重ねてきたところへ
一度にどっとフシアワセが来る
もうこれ以上フシアワセなことなど
見たくないフシアワセの兆しなど見ても見ない
だからフシアワセは一度にどっと来る
積み重ねた小さなシアワセを全部吹き飛ばしてくる
せっせと働いてためたお金を
たった一回詐欺に引っかかって全部失くしたように
また働けばいいさ、またためれば
そう思うには少し年を取り過ぎた人が
階段上る
上りきって吐息する、安堵の
それから整形外科でリハビリ受ける
効いたのか効かないのか判らないリハビリ
そしてまた片足ずつ
階段下る










大森南五丁目行


男が五百円持ってだんご買いにきて
帰ったと思ったらすぐまた来て
だんご五百円買っていく
と思ったらまた来てまた買っていく
弟だという男がきて
あれは認知症なんだ食わないんだ
家にだんごがいっぱいたまっているんだ
歩いてここに来るのがたのしみなんだ
好きにさせておいてくれ

バスが額に目玉のように
行先表示を点けて発車していく
大森南五丁目行
男が通りを渡ってくるのが見える
額に点けているものはないが
目を上げている
矜持である
バスは大森五丁目へ行くが
男の行先はだんご屋で
なぜそう決めたのか
私はいつまでだんご屋なのか
見上げる空は青く どこまでも青く
私の行先を問うているかのようだ











 甲田 四郎 さんの詩集 『 大森南五丁目行 』 (土曜美術社出版販売)
  2019年 5月刊より抜粋   ISBN978-4-8120-2501-7 C0092
  定価 (本体2,000円+税)


 一番の御高齢世代というわけではなく、すぐその下の年代において、上の世代や同世代の現実問題や、戦争の記憶などを語って下さっている。けれど語り口は実にモダンで、内容がそのような話題であっても、若い世代の読者の心にも、スルリと入ってくる器量と技量は見事である。また原発行政や政治にも鋭く切り込んでいく視点や思考は、優れた現役世代のそれである。
 首都圏にお住まいの読者には言うまでもないが、詩集タイトルにある「大森」の地名は、京浜東北線の駅で言うなら、品川から南へ向かって、⇒大井町⇒大森⇒蒲田⇒川崎(神奈川県)の順で、もう神奈川県との境界にほど近い大田区になる。昔、東京勤務をしていた時に、常宿にしていた浜松町界隈の宿が取れない週というのが時々あって、そんな時は川崎まで出るハメになっていたから、京浜東北線のこの区間は、ちょうどよく乗っていた。車窓からの風景に過ぎないが、街の風情にはおぼろげな記憶がある。
 そういえば甲田さんは、以前、日本現代詩人会の理事をされていたから、関西にも何度か来られている。たくさんの人から挨拶を受けていたから、その中の一人に私がいたことは覚えていまい。どっこい私の方は、甲田さんのお顔をしっかりと覚えているのだが。こんなステキな詩を書かれる人なら、もっとしゃべっておけば良かったと悔やむ。とかく私のやることは、後悔だらけである。
 本詩集は三部構成になっていて、戦中や戦後の焼け跡の話のところが第二部、詩風を変えて現代の話に戻るところが第三部である。全26篇を所収。

 作品『生存証明』。
 私にはまるで、実存主義をあざ笑っているかのように思える。自らの存在は?と問われれば、ちゃんと区役所の謄本に保管されている、と答える。なるほど、回答になっている。
 親が亡くなった時、葬儀後の親の供養の仕方を考えるにおいても、相続のことを考えるにおいても、金融機関から、親に代わって親名義の預金を解約し、引き出さねばならない。その折に、早速「バッテンをつけた抹消謄本」の提出が、金融機関に対して、必要になってくる。これを知っているのは、親を亡くしたあとのあと処理を経験している人間に他ならない。自分もそのうちに、そうなるだろうと想像する。残った者が申請し、自分の名のところに「バッテンがついた抹消謄本」が発行される。それが、何よりも、自分がこの世にいた証明となる。だがしかし、待て、

 生存証明には死因は書いていない
 私への理不尽さ 私の無念さがあっても
 残った者の目にそれをくみ取る能力がないと
 なかったことになってしまう


ゆえに、「願わくば死は平穏のうちにあれ」と願う作者だが、世の中は一向に平和にならないし、あるべき姿からは遠いままだ。「私への理不尽さ 私の無念さ」は絶対に残るのだ。実のところは、私の「バッテンをつけた抹消謄本」を取る時に、質的な記載が何もなくとも、私の歴史を感じてほしいと願う、作者なのである。

 作品『かきわける』。
 後ろの『私の家一九四四年八月』の詩の中に「餅菓子屋」という言葉が見受けられるが、和菓子屋というよりは、その「餅菓子屋」という言い方が正確なのだと思う。父の代から続いている「餅菓子屋」で、住居兼店舗という店構えなんだろうと想像する。詩中にある「暮れにつく餅」というのも、だから個人宅用ではなく、それを業として販売するところの、正月用の餅の話なのである。おそらく、この店に正月用の餅を頼む、昔からの常連客が多くいるのだろう。ところが東日本大震災から三年目の暮れ、気に入っているところの「宮城産特選米使用」を銘打ったら、放射能コワイとキャンセルする客が二人出た。そもそも公表されている放射能飛散エリアには、宮城県は入っていないので、これも風評被害かと思う。福島県産にしたって、検査通過が必要なのは一部のエリアのことである。「餅」を業とするところであれば、お米へのこだわりはひとしおであるだろう。また、盛大に餅をつくので、孫も手伝いに来たいのだろう。
 キャンセルが出たことから、奥さんが隠そうと言うが、「宮城産特選米使用」を堂々と謳ってやめない作者が、カッコイイ詩である。

 作品『広場』。
 吉野弘さんの『虹の足』という詩を知っているだろうか。私の大好きな詩であるが、その詩が頭の中にある人間が、これを読むと、

 いい老後って虹みたい
 着いてみればどこにもない


ああ、なんて両極なんだと思ってしまう。ここには「虹」に寄せる、希望のカケラもないので、絶句してしまう。しかしながら、現実に老後をむかえた人間の、これも一つの見解なのだろう。私にも使い痛みで骨が変形している箇所があるが、周辺の筋肉を鍛えてカバーしている。この奥さんも、一所懸命働いたあげくが、杖をつきながら一歩ずつ歩くしかない結果であるなら、「虹」に、文句の一つも言いたいのだろう。
 思いがけない名言に驚いてしまう。作者のみならず、奥さんも優れた詩人だったんだと気づいてしまう。

 作品『アカイリンゴ』。
 今年は朝の連ドラ『なつぞら』で、戦災孤児のことが取り上げられたのは、嬉しかった。知らない世代にも、わかりやすく伝わるものだった。第二部の詩群は、この『なつぞら』のように、今の世代にわかりやすく伝えてくれるものがあって、そこがとてもいいと思う。上皇様が退位前、半生の記憶の中で最も印象に残っているのは、小学6年(初等科6年)の時、疎開先から帰ってきて見た、東京の焼け野原の姿だったと語った。そのお気持ちのとおりに、国の内外にずいぶんと慰霊の旅をされた方だった。作者は上皇様より三学年年下、ということになるのだろうか。上皇様が帰京したのは、1945年の11月、作者が帰京したのは1946年の夏で、若干のタイムラグがありバラックの数も増えていただろうが、よく似た年齢の時に少年の眼で見た、東京の同じ風景を描いてくれていると思う。
 この時期、実直な公務員が配給だけで生活しようとして餓死した話があるくらいで、皆生きるために、買い出しに出かけた(貨幣価値が暴落していたので、だいたいが物々交換)。満員の電車には、電車の外側にもへばりつくように人が乗っている。そんな具合だから、人は窓から乗るしかない。作者だけではない。作者の荷物を持ち上げた人も、作者のあとから窓から乗ってきているのである。誰もが生きることに必死だった、戦後の混乱期。大人と大人に挟まれて息ができなくなっていると、こんな時でも、「ここに子供がいるぞ」と助けてくれる人がいる。だから、人は、捨てたものではないと思うのだ。

 『焼け跡のトマト』
 疎開といっても、家族がばらばらになることも多かった。戦地から、父が無事に還り、父の元に、家族が揃う。まずもって、その喜びがあったことだろう。サンフランシスコ講和条約で、日本が独立を取り戻すまでは、まだ五年ほどの歳月を要するのだが、戦時統制下において、命を捧げる命令と抑圧の中で、がまんがまんと暮らしてきた身には、国民主権が高らかに謳われた日本国憲法は、もう戦地に行くこともなく、これからは自分が努力した分が自分のものとなることが表明されたものとして、自由と平和を実感できるものではなかったかと思う。日本国憲法の公布・施行に立ち会った世代は、きっと自国の憲法に強い誇りを持っていて、私たちもそれを見習わなければならないと思う。
 沖縄の本土復帰は、そこからまだ25年のちの1972年のことで、長くアメリカ占領下にあった当時の沖縄の人たちも、日本国憲法下に入ることに、強いあこがれを持っていたと聞いている(日本国憲法下に入れば、アメリカ軍基地も減ると思われていたから、その点は今も申し訳ない気持ちになる)。たとえば、今もアメリカ軍基地の多い沖縄の環境下を考えると、日本国憲法の大切さがもっと強く実感できるのではないかと思う。
 後ろから2~3行目、父の額が血だらけだったのは、当時は物盗りが多い治安の悪い時代だったので、自分の金品を守るために格闘したのではないかと思う。「転んだんだ」と嘘をつく父の、家族への想いがやさしい。

 作品『階段』。
 先に『広場』という詩があったが、ここに登場する、階段を一歩、また一歩と昇り降りする人は、『広場』の詩と同じく、奥さんのことなのだと思う。「老いの下り坂も楽しめるものだ」というテレビの言は、健康な人の場合に限ってのことだろう。整形外科には、レントゲンしかないところがままあるのだが、レントゲンでわかることは限られているから、そういう時にはセカンドオピニオンを勧めたいのだが、別の詩によると、75歳で免許を返納をしているとのことなので、歩いて行けるところでないと、通いにくい部分があるのだろう。

 詩中にあるが、こつこつ貯めたお金を一気にもっていく、オレオレ詐欺には怒りを禁じえないが、

 フシアワセは
 前から後から上から下からくる
 フシアワセの中で小さなシアワセを
 探して見つけて積み重ねてきたところへ
 一度にどっとフシアワセが来る


の実感ある詩行は、何にでも当てはまってしまいそうだ。
 ちょうど今、令和元年台風19号の洪水被害にあった人を思わないではいられない。まさにフシアワセは下から一気に来た。とりわけ床上浸水であらゆるものが水に浸かると、どう復旧してよいか、気が遠くなってしまうだろう。平屋建てであれば、なおさらである。補助金をもらっても、補助金だけで復元できるわけではないから、保険に入っていない、蓄えもないという人はお手上げになってしまう。年金暮らしだと保険に入ってない人も多いのではないか。農業被害等、仕事が再開できなくなった人も、途方に暮れているだろう。一度、水に浸かったところであれば、売買するにも地価が下がってしまう。生活再建のための、充分な支援を、願ってやまない。

 小さく、こつこつ積み上げるしかないシアワセに対して、フシアワセはどうして一気に来てしまうのだろう。


                                        (島)