□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 278号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十四年

 戦後七十四年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。


  木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>

  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税










 編集雑記


令和元年台風19号災害

 令和元年台風19号により、亡くなられた方々に、心から哀悼の意を表します。
 また、被災された地域の皆さまに、心よりお見舞いを申し上げます。

 ボランティアや義援金、被災された方々へ、心を尽くしましょう。
 義援金はいろいろな窓口から行われていますが、日本赤十字への直接は下記です。

  ゆうちょ銀行・郵便局
  口座記号番号 00190-8-515005

  口座加入者名 日赤令和元年台風第19号災害義援金

※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料は免除されます(ATMによる通常払込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります)。また、郵便局自体にも募金箱があります。(募金箱はコンビニ各社にもあります)



 ■台風19号、知っておくべきこと。考えておくべきこと。

  ──── NHK クローズアップ現代
     「 同時多発 河川氾濫の衝撃」2019年10月15日(火)放送より


 ●水位上昇“タイムラグ”で起きた決壊

 千曲川の決壊は、どのように起きたのか。信州大学の吉谷純一教授が注目したのは、その流域圏の広さでした。

 信州大学工学部 吉谷純一教授
 「ここに降った雨が全部、この河川に集まってくる。」
千曲川の流域圏です。面積は栃木県とほぼ同じ大きさ。このエリアに降った雨は支流をたどり、千曲川へと流れ込みます。



千曲川を取り囲む毛細血管のような支流が、上流から次々と危険水位に達し、本流の千曲川へと流れ込んでいく様子が分かります。
そして、13日午前1時ごろ、ついに千曲川から水があふれ出し、決壊へとつながったのです。
さらに、見過ごしてはならないのは、雨のピークと水位の上昇の“タイムラグ”だと指摘します。

 信州大学工学部 吉谷純一教授
「千曲川の上流で、強い雨が降っている。強い雨域が停滞している。」
千曲川と降水量の推移です。12日から、上流部では激しい雨が降り続いていたことが分かります。



上流の雨水が長野市に到達するのは、およそ9時間後だといいます。

 信州大学工学部 吉谷純一教授
「自分の近くを流れている川の水位が、ずっと遠くに降った雨だという実感がない。もう雨がやんだので、これで洪水が終わったと勘違いする人がいる。」

 翌日、台風は通り過ぎ、長野市でも晴れ間が広がりました。このとき、千曲川では水があふれ出していましたが、避難所から自宅に戻った人が複数いたことが分かりました。その1人、堀米信一さんです。

 堀米信一さん
「朝は、今日よりも晴れていた。終わったと思った、完全に。(台風が)過ぎて、これで、うちは被害なくてよかったなと思った。」
 自宅は、千曲川からおよそ1.5km。前日のうちに避難をしていましたが、朝6時半ごろ、家へ戻りました。すでに千曲川で決壊が起きていたことは知らず、天候もよかったため、大丈夫だと考えたのです。
 しかし、自宅に着いてまもなく、堀米さんは突然、滝が流れるような異様な水の音を聞きました。慌てて外へ出ると…。すぐ近くを流れる支流が、千曲川から押し寄せた水であふれ出していたのです。

 堀米信一さん
「一面に滝のように(水が)流れ落ちていた。コンクリートの上からこぼれていた。見ているうちに、この辺、水が流れ始めて、あふれてきた。」
同じ時刻。やはり、避難所から自宅へ戻った岡野春男さん。逃げるまもなく、家の中に濁流が流れ込んできたといいます。かろうじて2階に逃げましたが、浸水で取り残されてしまいました。

 岡野春男さん
「自分の判断が、結果的には間違った。完全に100%安全まで、絶対帰ってはだめ。1%でも心配事、危険度があったら、絶対帰ってはだめ。」

武田:取材にあたっている藤島記者に聞きます。藤島さん、これだけ広い範囲に深刻な被害が広がる台風、まさに経験がないという思いを禁じえないんですが、担当して何に一番衝撃を受けていますか。

藤島記者:まず、1級河川と呼ばれる規模の大きな川で、同時多発的に氾濫や決壊が起きたということです。取材をしていましても、長年、河川行政に携わる国土交通省の幹部などは、今回はいつもと違うというようなことを口をそろえて言っていました。こうした、相次ぐ決壊や氾濫によって被害が非常に広い範囲で起きた、広域災害であるということも、今回の特徴だと思います。

武田:千曲川で起きたようなことが、各地の川でも起きていました。こちらをご覧ください。これは利根川の水位の変化です。縦軸が水位。横軸は左から右へ、上流から下流を表しています。台風が接近してきた12日の昼ごろから、まず上流の水位が上がり始めます。しかし、日付が変わり、台風が通過したあと、中流から下流の水位が高くなり、その状態が14日まで続きました。



この分析を行った、河川工学が専門の二瓶さん。避難行動にも影響を与えた、このタイムラグの恐ろしさを改めて思い知ったのですが。

ゲスト 二瓶泰雄さん(東京理科大学教授)

二瓶さん:山で降った雨が、その川の中に入り込んで、起こった洪水が、上流から中流、中流から下流へと時間差をもって伝わっていきます。その時間差というのは、大きい河川ほど長くて、利根川とか信濃川のような大きい河川では、半日から1日ほどの時間差が起きます。そのため、たとえ雨がやんでも、大きい河川のそばにお住まいの方は、洪水に対する警戒を緩めることがないようにしてもらいたいと思います。
武田:しかも、その下流域では高い水位が長時間続くという現象もありました。それが越水、決壊につながっていくわけですね。
二瓶さん:多くの河川で洪水氾濫が起こったわけですが、基本的に川の水位が高い状態が長い間続いたということが、あれだけの広域の氾濫を引き起こしたのではないかと思いますね。



 ●各地で“バックウォーター”か…何が起きたのか

 東京や神奈川など、大都市圏を流れる多摩川。世田谷区で氾濫し、浸水被害が広がりました。
一方、対岸の川崎市では…。マンションの1階部分にいた男性が犠牲になりました。当時の様子を、同じマンションの4階にいた男性が記録していました。12日の午後10時40分ごろ、マンションの非常ベルが鳴り、外の様子を見ると景色が一変していました。トラックが水没し、向かいのマンションの1階部分が浸水。気付かぬうちに、辺り一帯に水が迫り、住民は逃げられなくなっていたのです。

 同じマンションの男性
「全然気づいてなくて、まさか1階まで水没して、亡くなられる方が出るとはね。そこまで思っていなかった。」
マンションの近くを流れているのは多摩川の支流、平瀬川。通常、平瀬川は多摩川に合流し、流れ込みます。しかし当時、多摩川は大量に降り続いた雨で、水位が上昇していました。そのため、平瀬川は流れ込むことができなくなり、あふれてしまったとみられます。これは「バックウォーター」と呼ばれる現象です。




 ●内水氾濫

さらに、川崎市では都市ならではの思わぬ被害も発生していました。
中原区のマンション1階で暮らす榎本稔さんです。12日午後7時3分、ベランダから水があふれた瞬間の映像です。このときは、それほど深刻に受け止めず、キッチンペーパーで水を抑えていました。ところがその後、水の勢いは増し、腰の辺りまで達しました。

 榎本稔さん
「水が入らないように、一生懸命やっていたけど、結局、間に合わなくなってきて、一気に入ってきた。」
榎本さんの自宅があるのは、川から500mの場所。自治体の調査で、この付近では川の氾濫は確認されませんでした。
なぜ、浸水は発生したのか。通常、雨水などは下水を通り、川に排水されます。しかし、川が増水し、排水機能が追いつかないと、マンホールなどから水があふれ出します。都市特有の「内水氾濫」という現象が発生していたとみられています。



川の氾濫がなくても、至る所で浸水する危険があるのです。



 ●あわや荒川も…あらわになったリスク

 流域に980万人が暮らす、大河川・荒川でも、氾濫寸前の危機が迫っていたことが分かってきました。
 今日、荒川の現地調査に訪れた二瓶泰雄さん。想像を超えて、水位が高まっていた痕跡を見つけました。



 東京理科大学 二瓶泰雄教授
「橋脚に草が乗っていますが、あの辺りまで洪水が来た。かなりの水害を起こす可能性があった。」

荒川の水位の変化を示したグラフです。上昇を続け、13日の午前2時に氾濫危険水位の12.6mを超えました。



127の支流がある荒川水系。下流に向かって、支流が次々と流れ込むため、危険な状況が長時間にわたって続いていました。

 東京理科大学 二瓶泰雄教授
「(大雨で)危険にさらされている状態が、1日2日続いていた。非常に、どうなることかと思っていました。どこで氾濫が起こっても不思議ではない。」
強い危機感を募らせていた、荒川周辺の住民たち。避難の難しさに直面していたことが分かってきました。
江戸川区で地域防災を担っている関口孟利さん。避難勧告が出されると、すぐ小学校に避難。避難所開設の準備にあたりました。

 江戸川区 東松一丁目町会 会長 関口孟利さん
「避難所に集まったのは、およそ1500人。想定していた人数は1000人ほどだったため、ほぼ満員状態。これ以上、人が来たら、受け入れは難しかった。」といいます。

 江戸川区 東松一丁目町会 会長 関口孟利さん
「(住民が使用した)毛布ですね。数はもう、最後は足りないです。ひとりで1枚というわけにはいかないので、1人分を3人で使ってくださいという形で渡した。」

藤島記者:この東京を流れる荒川でも、氾濫の危険性が迫っていたことに驚きました。なぜかといいますと、荒川が氾濫をしますと、大規模な避難が必要になるからです。荒川の沿岸では、東京の5つの区だけで、およそ250万人の住民の方がいます。ところが、国の想定では、避難所はおよそ20万人分しかないんです。圧倒的に足りないんです。残る200万人以上の方は、離れた自治体に避難をするか、マンションなどであれば、上の階にとどまるという厳しい選択を迫られることになっています。地域として、どのように住民の命を守っていくのかというのは、速やかに解決しなければならない課題だと思います。

武田:二瓶さんも一緒に現地を歩いたそうですが、今回の事態はどうご覧になりましたか。
二瓶さん:荒川などでは、これまでダムや調整池などさまざまな河川改修がなされておりまして、そのおかげで、今ギリギリのところで氾濫を食い止めることができたのかなと思っています。ただ、台風の雨の降り方が、もう少し長かったり強かったりすると、それが最後の一押しになって、氾濫を起こす危険性はあったのかなと思います。

武田:そうすると、どういうふうに命を守っていけばいいのか。どう考えればいいんでしょうか。

二瓶さん:これまでも河川整備は続けているわけですが、それを加速させて、より治水レベルの水準を上げていくというのはもちろんなんですけど、それでも限界があります。そのため、水害に対する備えを、みずからしっかり準備していただくことが必要なのかなと思います。



 ●“ピンホールアイ”で強力になった台風

 今回、広い範囲に大雨を降らせた台風19号。暴風域の直径は最大650km。なぜ、これほど巨大で強力になったのでしょうか。慶應義塾大学の宮本佳明さんは、その原因が台風の発生直後にあったと考えています。注目したのは、台風の目の大きさです。

 慶応義塾大学 宮本佳明博士
「今回(発生初期)は、非常に小さい目の大きさだったので、まれにみるスピードで、急激に発達したという特徴があります。」

発生して3日後の台風を見ると、小さな目があります。「ピンホールアイ」と呼ばれています。これほど、はっきり見えることは極めて珍しいと、世界の研究者が驚いたほどです。ピンホールアイでは、エネルギーが限られた面積に集中するため、強い上昇気流の渦が発生。それが、周囲の水蒸気を取り込み、短期間で急激に発達するのです。

その後、台風19号はほとんど衰えずに日本に接近。その勢力を支えたのが、高い海水温でした。日本沿岸の海水温は、平年より2度高い、27度。この高い海水温は、深さ50mにまで達していました。このため、台風に水蒸気が盛んに供給されたのです。



宮本さんは、地球温暖化の影響で、今後こうした台風の発生が増えると考えています。

慶応義塾大学 宮本佳明博士
「いまの環境では、珍しいレベルの台風ではないと思いますので、今後また、同じレベルの台風がやってきてもおかしくない。」


  ──── 以上、NHK クローズアップ現代
       「 同時多発 河川氾濫の衝撃」2019年10月15日(火)放送より




 ■災害対策に思うこと4つのこと。

 NHKの、10/27 10時現在の集計によると、台風19号で亡くなった人は全国で88人となり、7人が行方不明となっています。
 また、国土交通省によりますと、台風19号による豪雨で川の堤防が壊れる「決壊」が発生したのは、25日朝の時点で、7つの県の合わせて71河川、140か所となっています。
うち、
 国が管理する河川で堤防の決壊が確認されたのは、7つの河川の12か所です。
 県が管理する河川で堤防の決壊が確認されたのは、67の河川の 128か所です。

このほか、川の水が堤防を越える「越水」などで氾濫が発生した河川も、16都県の、延べ281河川にのぼっています。

また、総務省消防庁によると、全国で7万4464棟の住宅が、水につかったり、全半壊したりする被害を受けています。

 今回のような未曾有の川の氾濫は、過去に類を見ないもので、こうした災害を目の当たりにすると、人間は自然を前に、逃げるしか手はないのかと思ってしまいます。
 しかしながら、それでもなんらかの抵抗はできないものかと思い、素人ながらに、できることの考察をしてみました。

 きちんとデータを揃えて語るところまでは整理できていないんですが、ここのところ想像を超える災害が続いている状況にあって、対策として考えて欲しいこと4つです。


①一級河川に万全の対策を

 今回の河川氾濫が甚大となった要は、やはり千曲川、阿武隈川等をはじめとした一級河川の氾濫だと思います。一級河川が氾濫すると、それ自体の氾濫規模も甚大ですし、中小河川の多数のバックウオーター現象も、元はといえば、一級河川の増水によって、そこに注ぎこめなくなったことによる要因によるものが多数あります。河川の合流部分の堤防のかさ上げも急がれますが、根本の対策は一級河川の治水でしょう。ダム建設や河川の改修(特に蛇行している部分)といった従来の手法に加え、今回、利根川や江戸川や鶴見川において、調節池、遊水地が有効に働き、氾濫を防いだことを思うと(ただし、利根川に流れ込む渡良瀬川などの水の量を調節する役割を持つ日本最大の渡良瀬遊水地は、今回の台風で総貯留量約1億7千万トンのうち、過去最大となる約1億6千万トンをため込み、氾濫ぎりぎりの状態だったそうです。)、そうした施設設備の増強の方が先決であるかもしれません。


②浄水場の防御強化

 埋設されている水道管は無事であるにもかかわらず、ここのところ断水する事例が増えています。それは浄水場が被害を受けたことによるものです。

 まず台風15号においては、停電により、浄水場がポンプが動かなかったことによるもの。これは浄水場向けには電気の単独ルートを設けるか、あるいは電気のルートを特別に多く設けることで、浄水場機能の確保を考えてもらいたいです。広域が停電する状況下にあっても、水とガスが無事であれば、避難生活の不便はだいぶ変わってきます。一番大事なことは、複数のインフラを同時にアウトにしないことです。

 また台風19号においては、これも水道管の破損としては一部だったにもかかわらず、浄水場が浸水するという事態(いわき市の平浄水場など)により、全市において長期間断水が続くということがありました。
 これも浄水場の建物全面に防水壁を設けるなりして(防潮堤並みの2m超えのサイズのものがいるのではないでしょうか)、防備を強化することで、大方の対策は取れるのではないかと思うのです。
 洪水被害の復旧においても、水は必須です。泥が固まらないうちに洗い流さないといけない。復旧作業において水は必須ですし、作業する人の衛生面を守るためにも、水は必須。断水するのは非常にマズイです。特に水道管の破断があるわけでもないのに、断水するというのは、絶対に避けるべきです。

 浄水場の強化に課題を呈した、2つの台風だったと思います。


③電柱の地下埋設には、あまり賛成しない。

 こんなことがありました。大阪北部地震において、17万戸が停電しましたが、停電はわずか2時間ほどで回復したのです。ほぼ無傷。対して、地下に埋設されている都市ガスは管の破損により、最終的な復旧には約1週間を要しました。これは電気が、電柱という地上設備だったから、助かったという事例です。
 台風15号の大規模停電をきっかけに、電柱の地下埋設推進の話が持ち上がっています。しかし日本は地震の多い国でもあります。単純に西欧諸国の地下埋設率と比較するのは、違うんじゃないだろうかとも思うのです。たしかに現在は、インフラの中でもとりわけ電気は、何よりも最優先となるところのものですが、大阪北部地震の時のように、地上設備だから助かった、という事例もあることを知っていて下さい。
 たしかに地下埋設なら、そもそも破損する可能性自体が少なくなると思います。ただ、実際破損した場合に、地下埋設は修理に時間を要します。地上のように短期間には直らないです。地震の多い日本においては、水道、ガスの地下埋設と違い、電気だけは地上にあることで、リスク分散ができ、インフラの同時複数被害が回避できている面がある、ということも、考慮に入れて考えてもらいたいです。


③の補足 地震の基準には、なにか不足感がある。

 この際、もう一点言いますと、地震の規模を示す尺度に、基準を追加して欲しいです。同じ震度(及びマグニチュード)であっても、揺れている時間が長ければ、当然被害は大きくなるわけです。ところが今はピーク震度(及びマグニチュード)しか語られない。揺れ時間というものが勘案されていない。私は、これがどうも不審です。こういう言い方をすると、少し語弊があるのですけれど、震度が大きくても、それほどの被害にならなかった例や、震度がそれと一緒なのに大きな被害が出た例がある。こういう言い方をすると、さらに語弊があるのですけど、震度7以上になると間違いなく大きな被害が出るという、限界点を超える感じはあるのですけれど、震度6の時は、どうも被害の出方(建物等への影響度)に違いを感じます。被害の程度はまちまちです。そう感じることが、たびたびあります。
 「揺れ」といっても、いろいろな揺れ方あるので、たとえば阪神淡路大震災の時は、あとでわかったことですが、地震のピークが2回、ほぼ同時に起きていて、その2回目があとから追いかける形で前に重なり、2つが重なって複合的なとてつもない揺れになった場所が、あの高速道路が崩落したあたりの、芦屋・東灘あたりだという分析が進んでいます。
だから、もう一つの基準が「揺れ時間」という基準で、正しいのかどうかはわかりません。「揺れの種類」という基準の方が適合性が高いのかもしれませんが、ともかくピーク震度だけで語るのは何かが足りない、正確でない、という感覚だけははっきりしています。
 たとえ変数が2つになっても、3つになってもかまわないですから、別の基準も設けて頂いて、なにか一般人にも、もっとスッキリ得心のいく形にして欲しいと、地震の専門家の方たちに要望を呈したいです。


④温暖化対策

 もとよりこれは日本だけの問題ではないので、これについては突拍子もない話をします。
 地球温暖化対策を考えるにあたり、温室効果ガスを削減することは正攻法であり、誠に正しいことに間違いないのですが、「このまま行くと、何年に…」という人類滅亡の先延ばし案にしか着地しないのが、私はどうも不満なんです。
 「19××年のレベルにまで元に戻す」「こうすれば復活する」という案を、誰か考案してくれないものなんでしょうかねえ。私はそれを求めたいです。

 また、当初の予測より、いま温暖化が加速していることがわかってきています。信用に足る計算式があるはずなんですが、それ係数合ってますか? そこ、べき乗じゃないんですか? とも疑いたくなってきます。
 言いたいのは温暖化対策って、温室効果ガス対策だけで、どうにかなるんですか? それだけでは間に合わないんじゃないんですか? ということです。科学技術の粋を集めて、あらゆる手立てを、もっとアクティブに打たないでいいんでしょうか? こう災害が多いと、私はそんな気持ちになります。
 台風と呼んでも、ハリケーンと呼んでも、サイクロンと呼んでもいいんですが、今回の台風19号や、近年のアメリカのハリケーンのような、これまでにない規模の大型化、防ぐ手立てが見つからないような被害の甚大化は、切迫した問題です。サイクロンの大型化も同様に起こってるんです。
 また自然発火による大規模な森林火災の焼失も、温暖化対策にはたいへんな痛手です。

 「温室効果ガス削減」の正攻法と並行して、もう「対症療法」も打つべき時期に来てるのではないか、そんな気持ちにもなるのです。

 近年の被害の根源は、大部分が「海」です。海水温の上昇です。海水温をなんとかできないか、と対症療法的にはまずそこを考えます。これは一つの例です。
 南極と北極の氷の再生。考えてもいいんじゃないでしょうか。氷の減少というのは、水温のこともありますが、白い面が多いことは、太陽光を反射するので、地球に蓄熱しにくいということがあります。つまり、氷の減少というのは、直接的な海水温の能力低下だけでなく、太陽反射面を減らして蓄熱する海水面を余計に増やしてしまうという、ダブルで海水温の上昇を促してしまうのです。いえば、氷の減少は、海水温の上昇を倍加させることになっている。だから、科学技術の粋を集めて、計画的且つグローバルに、南極と北極の氷を再生する。まあ、一つの対症療法の例ですが、こういうふうにアクティブな動きが、地球はもう必要としてきてるのでは、ないでしょうか。
 「自然に任せる」というのは、自然に自浄能力のある範囲内においてのことではないのでしょうか。マイクロプラスチックで汚染した海は、人間の手で回収しなければ、自然の力では元には戻りません。南極・北極の氷だって、自然に委ねたところで、自然に氷が元に戻ることはありません。

 今回の台風19号みたいなものが、これからは毎年来ると思ったら、ぞっとしませんか? アメリカのハリケーンも、インド洋のサイクロンも大型化しています。この、上昇が止まらない海水温をなんとかしたい。そんな衝動にも駆られるのです。








ラグビーワールドカップ 韓国出身の日本代表 グ・ジウォン選手

 史上初のベスト8を果たしたラグビー日本代表。「ONE TEAM(=ワンチーム)」の合言葉のもと、さまざまな国の出身者が一体となって戦いました。
 韓国出身の日本代表 グ・ジウォン選手にも、日・韓の双方から、たくさんの応援メッセージが寄せられていました。


 ■チーム唯一の韓国出身日本代表 グ・ジウォンのワールドカップ

 ラグビーワールドカップ日本大会で、史上初のベスト8という結果を残した日本代表。チームで唯一の韓国選手として活躍したのが、フォワードのグ・ジウォン選手です。中学生のときに来日し、日本代表を目指してきたグ選手。仲間とともに、ひたむきにチームの勝利を目指し続けた夢の舞台を振り返りました。

 今大会、日本代表は「ONE TEAM(=ワンチーム)」の合言葉のもと、さまざまな国の出身者が一体となって戦いました。

 韓国出身のグ選手もその1人です。ポジションはプロップ。7月の宮崎合宿中に右手の甲を骨折し、夏のテストマッチ3試合には出場できませんでしたが、これまでの実績が認められ、日本代表として初めてのワールドカップの舞台に立ちました。

 今大会の日本代表の躍進の原動力となった「スクラム」。
 チームで最も重い122キロの、グ選手はスクラムで最前列を担いました。練習では、ことばも文化も異なる選手たちが足の角度などを1センチ単位までこだわって、理想の形を追求してきました。
 「誰ひとり手を抜く人はいなかった。外国人もみんな一緒に手抜かず、ずっと最後まで頑張れたと思う。ずっと一緒にやっていたので、もうほんと家族ですね」とグ選手。
 完璧なスクラムが組めるまで、妥協しない日本選手の姿が、チームをまとめたと振り返ります。

 築きあげてきた一体感が結果となって表れたのが、1次リーグ第2戦のアイルランド戦でした。
 スクラムのさなかでも、グ選手には隣の堀江選手の「グ君、今隣にいるから一歩ずつ、一歩ずつ」という声が聞こえていたと言います。

 日本選手と外国出身選手がひとつになったスクラムで、強豪アイルランドに勝利した日本代表。グ選手は「あの瞬間は、ほんと飛び上がるくらいうれしかった。ワンチームになって、その国のために戦わないと本当に勝てないと思うので、みんながすごく頑張ってくれたおかげだと思う」と今大会のベストシーンにあげました。

 チームへの思いがあふれたのが、1次リーグの最終戦、日本代表の初のベスト8がかかったスコットランド戦でした。
 この試合、グ選手は脇腹を負傷し、交代を余儀なくされます。

 「もうこれでワールドカップは出られないのかなっていう思いがあった」と涙をこらえることができませんでした。

 こうしたグ選手の姿にインターネット上では、
 「日本のためすごく頑張ってくれ ありがとう」
 「韓国人として、日本代表としてプレーするグ・ジウォン(具智元)選手を応援します!」
 「国籍なんかじゃない。たたえるべきは彼の心意気と男気なんだよ」
といったメッセージがあふれました。

 「日本代表を選んでくれてありがとうございます、という声が本当に多かったので、いや、こちらこそという感じで思っている」と話すグ選手。
 「自分のことでもし両国に応援してくれて、お互い好きな人が増えればすごいうれしいと思います」と、仲間とともに、ひたむきに勝利を目指し続けた大会を振り返りました。


  ───── 以上、NHK NEWS WEB 2019.10.27より








ハンセン病差別、賠償金で終わりではない。

 ハンセン病の家族補償について、超党派の議員懇談会が、判決より増額し、1人あたり最大180万円、判決で棄却された人や裁判に参加していない人も補償する、とする法案の骨子案をまとめて、議員立法を提出するはこびとなりました。
 ただ、長年にわたるハンセン病患者とその家族への差別が、これで終わりになったわけではありません。政府が謝罪と、差別・偏見を取り除く措置を行うと共に、この誤った政策により生じた人々の差別と偏見を、一人一人がその心から取り除いていかねばなりません。


 ■ハンセン病家族補償、対象拡大 最大180万円、法案提出へ

 ハンセン病の元患者の家族に対して国に賠償を命じた熊本地裁の判決を受け、家族への補償法案を検討していた超党派の議員懇談会の作業部会が23日、開かれ、補償額を判決より増額し、1人あたり最大180万円とする法案の骨子案をまとめた。判決で棄却された人や裁判に参加していない人も補償する。議員懇談会総会で了承のうえ、開会中の臨時国会に議員立法として提出する。
 関係者によると、骨子案の補償額は元患者の親子、配偶者が1人あたり180万円、きょうだいや元患者と同居していたおい、めい、孫、ひ孫らは130万円。判決で家族の関係づくりが妨げられた被害が認められないとされた米軍施政下時代の沖縄の療養所に収容された元患者の家族らも等しく補償する。判決で請求が棄却された2002年以降に家族に元患者がいると認識した人や、裁判に参加していない人も対象に含める。
 法案の前文には、国会と政府を主語とし、反省とおわびを明記する。意見が分かれていた提訴後に亡くなった原告に対しては、名誉回復のための一時金を支払うことを省令で定めることとした。
 ハンセン病家族訴訟は、患者に対する国の誤った隔離政策で差別を受けて家族の離散などを強いられたとして、元患者の家族561人が国に損害賠償と謝罪を求めた。熊本地裁は6月、国の責任を認め、総額3億7675万円の支払いを命じる判決を言い渡した。原告の家族、被告の国も控訴せず、判決が確定した。
 判決では、02年以降に家族に元患者がいると認識した原告20人の請求は棄却。同居のおい、めい、孫のほか、1972年までの米軍施政下時代の沖縄の療養所に収容された元患者の家族らは家族の関係づくりが妨げられた被害について認めなかった。このため、慰謝料は1人あたり30万~130万円と差がついた。
 政府は7月、「政府として深く反省し、心からおわび申し上げる」とする安倍晋三首相の談話を発表し、控訴しないことを決定。訴訟に参加しなかった元患者の家族を含めて補償するとし、立法措置をとることを表明した。その後、補償の制度作りに向けて厚生労働省と弁護団が協議するとともに、超党派の議員懇談会が法案をまとめることにしていた。

 〇元患者家族への補償内容の概要
 ・補償額は親子、配偶者は180万円、きょうだい、同居していたおい、めい、孫、ひ孫らは130万円
 ・1972年以前の返還前の沖縄の元患者の家族らも等しく補償
 ・熊本地裁判決で棄却された人、裁判に参加していない人も対象

 ●国会・政府、責任明記/差別解消が課題

 超党派の議員懇談会の作業部会は、これまで元患者家族が受けた偏見や差別の責任について、法案にどのように盛り込むかについて苦心した。旧優生保護法の被害者への救済法では、前文のおわびの主語を「我々は」とぼかしたことで批判を浴びたからだ。
 これをふまえ、今回まとめた法案の前文では、主語を「国会及び政府」とし、責任の所在を明確にしたうえで、反省とおわびを明記することにした。
 一方、実際に偏見、差別をいかに解消していくかについて、具体策を示す作業が進められている。今月2日には、原告側と厚労、文部科学、法務の3省との初めての協議が開かれた。
 協議の場で3省は、これまで、中学生向けの啓発冊子の発行やシンポジウムの開催などで、人権啓発や教育を行ってきたと説明。しかし、原告からは今でも差別が続いている点や、啓発冊子が教育の現場で活用されていないとの指摘が相次ぎ、「国の施策を根本から見直してほしい」と主張。3省は、具体的な対策をこれから検討していくことになる。

 ●<視点>「人生被害」回復へ施策を

 超党派の議員が議論した今回の骨子案で救済対象は広がったが、それだけで償ったとは言えまい。
 ハンセン病家族訴訟で原告側は「被害は全人生・全人格におよぶ包括的なもの」として、一律額での賠償を求めた。熊本地裁判決は、原告らの損害を「個人の尊厳にかかわる人生被害」と位置づけて国の賠償責任を認めたが、額は一律とせず、個々の境遇により何本も線を引いた。
 差別の損害は金額でははかれない、と改めて思う。「全人格におよぶ人生被害」の回復のため、政府が差別をどうやって解消するか。その施策の実効性こそ、求められることになろう。
 原告団561人のうち、実名を明かしているのは林力団長や黄光男(ファングァンナム)副団長ら数人。多くの原告は匿名のまま原告番号で呼ばれ、報道機関は原告らの席にカメラを向けないよう求められてきた。判決確定後、公の場で発言する原告も増えはじめたが、名乗り出る人はきわめて少ない。差別への恐れが残っているからだ。
 ほんの数年前に親が患者だったと配偶者に知られ、離婚を余儀なくされた人が複数いる。石を投げつけられたとか、自宅に火をつけられたとか、学校で先生に邪険にされたとか。原告たちの語る被差別体験の話は一つ一つがすさまじい。
 熊本地裁判決は、政府が偏見・差別を取り除く措置を尽くさなかったと断じた。だが実際に差別したのは政府の役人や国会議員というより、地域や学校の人々だ。偏見を取り除き、差別をやめさせるため、一人ひとりの心に響く人権啓発や教育をいかに尽くせるかが問われることになる。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.10.24より




 ■大好きな父、「死んだ」と隠して ハンセン病家族の苦悩

 ハンセン病の元患者の家族への損害賠償を国に命じた6月の熊本地裁判決を受け、ハンセン病への偏見差別の解消に向けた原告側と厚生労働省など3省との初めての協議が2日、同省で開かれた。原告側は今も続く差別の実態を訴え、これまでの国の人権啓発や教育のやり方を抜本的に改善するよう求めた。
 協議会に参加した、四国地方に住む60代の男性は「国には偏見差別をなくすため、自分たちのこととして本気で取り組んでほしい。そうでないとこれまでと変わらない」と話した。

 男性は小学3年生のころ、父親が瀬戸内海に浮かぶ小島にあるハンセン病の国立療養所、大島青松園(高松市)に収容された。
 学校から帰ると、自宅は消毒剤で真っ白になっていた。部屋やトイレ、板間に敷いたむしろもめくられていた。鼻をつくにおいが漂い、白衣を着たマスク姿の大人が3、4人いた。
 父母、兄弟との平穏な暮らしはその日から一変した。父の収容と家の消毒のことは集落中に知れ渡り、近所の人たちからも冷たい視線を受け続けた。一緒に通学していた友だちからも避けられるようになった。
 2年後、台風で自宅が壊れ、別の地域に引っ越すことになった。「お父さんはおらん、と言いなさい」。引っ越してまもなく、母親から言われた。以来、外では「おやじは小さいときに死んだ」と言い続けた。
 父はとても優しく大好きだった。そんな父のことを、本当は生きているのに隠さないといけない。つらかった。母親の仕事だけでは家計は苦しく、中学卒業後に就職した。自動車整備工場で働くなど職を転々とした。父さえいてくれれば、と何度も思った。ある時、職場の上司から「おまえは何か、陰があるな」と言われた。その場は受け流したが、内心はドキリとした。
 結婚の時も、妻や妻の両親には父のことは隠した。長男が3歳になった頃、思い切って妻と子どもを療養所に連れていった。療養所のある島で初めて自分の生い立ちを話した。妻は驚いたが理解してくれ、家族で父と会った。孫に会えて喜ぶ父の姿が何よりうれしかった。父は晩年兄の家で暮らしたが、2005年に体調を崩し、最後は療養所で亡くなった。父の死の連絡を受けた夜、夢枕にたった父に「早く迎えに来てくれ」と言われた。翌日、亡くなった父の顔を見た時、涙が止まらなかった。

 今年7月、男性らへの賠償を国に命じた熊本地裁判決が確定した。ただ、息子たちの妻や孫、周囲には今でも自分の生い立ちは言えないでいる。子どもの頃、近所の人たちから受けた差別、偏見の怖さが今も残る。知られると子どもたちの生活が壊れるのではないかという不安がある。
 男性は「家族に対する配慮はこれまでほとんど何もなかった。ハンセン病をよく知らない世代にもこういうことがあったと伝えていってほしい」と話す。

 協議には厚労副大臣、文部科学、法務両省の政務官らが参加。3省はこれまでの取り組みとして、中学生向けの啓発冊子の発行やシンポジウムの開催などを説明。これに対し、原告は差別が今も続いている現状や啓発冊子が教育の現場で活用されていないと指摘し、「偏見や差別がなくなるような的確な啓発活動になっていない。これまでの国の施策を根本から見直してほしい」と主張した。
 原告らは幼いころ受けたいじめや、結婚が破談になるなどの差別の実体験を話した。原田信子さんは「これ以上苦しめないで、本気で国全体で偏見差別の解消に取り組んでください」と訴えた。
 協議をふまえ偏見差別の解消につながるよう人権啓発や教育施策の具体策を検討し、来年度以降の国の政策に反映する。
 協議に先立ち、原告は加藤勝信厚労相と面会。加藤厚労相は「大変厳しい偏見差別のもと筆舌に尽くしがたいご苦難を強いられたことを深く反省し、おわびしたい」と謝罪。原告側は、偏見差別の解消などを求める要請書を手渡した。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル アピタル 2019.10.2より








たいちゃんのカニューレ。

 「新型出生前診断」を受ける人が増えていますが、それで完全ではありませんし、出産時におけるトラブルから、思いがけない障害を負うこともあります(一つの例としては、出産時の大量出血により、子供が息ができなくて仮死状態となり、仮死状態の時間が長かったことで、子供の脳に損傷が残るケースなど。これは誰のせいでもありません)。大事なことは、障害を負っていたって、病気を背負っていたって、その子はその子なりにちゃんと幸せになれる、ということです。そのことを、どうか忘れないでいて下さい。



 ■「なんで僕カニューレつけてるん?」 父と息子が作った絵本

































 赤ちゃんの時から気管が弱く、呼吸することが苦手な三日月泰地(たいち)君(5)=滋賀県甲賀市=は手術で気管を切開し、呼吸を助ける器具の管「カニューレ」を付けている。3歳の頃、疑問に思った。「なぜ僕だけ?」。その答えとなる1冊の絵本を、家族や看護師らと一緒に作った。
 題名は「たいちゃんのカニューレととうちゃんのめがね」。A3判で、表紙を含めて14ページの作品だ。

 「とうちゃん!! なんで たいち これつけてるん?」

 絵本は、カニューレを付けた泰地君の疑問から始まる。父親の佑樹さん(36)はこう答える。

 「とうちゃんは、めがねつけてるやろ。(略)たいちのカニューレは とうちゃんのめがねといっしょでな、たいちのいきがよくできるように つけてるんやで。」

 その後、症状や成長すれば外せる可能性があることをやさしく解説する。

 「たいちのいきするみちがせいちょうするまで カニューレつけてがんばる!!! とうちゃんもめがねつけてるしなー!!」

 最後は納得した泰地君が大好きな保育園に行く――というストーリーだ。

 泰地君は生後すぐ、食道が途中で途切れているためにミルクが飲めない「先天性食道閉鎖症」と診断された。手術を受けて間もなく退院という矢先、今度は一時、呼吸が止まった。息を吐く時に気管がつぶれ、呼吸困難になる「気管軟化症」だった。重度で命の危険があった。
 医師からは気管を切開し、喉(のど)にカニューレを挿入する手術を提案された。

 「生まれたばかりで何度も手術なんて。帰りの車中では泣きすぎて、運転もできなかった」と佑樹さん。術後順調にいけば、自宅でケアできるという説明に望みをかけた。

 初めは人工呼吸器を24時間装着した。両親はカニューレが詰まらないよう、たんの吸引を欠かさずしてきた。普段でも1日数回、体調が悪いと数え切れない回数だ。やがて日中はカニューレだけで生活できるようになった。

 泰地君が3歳になってすぐ、突然両親に尋ねた。

 「なんで僕だけ(カニューレをふさぐ)バルブが付いてるの?」。双子の妹美南(みなみ)ちゃん(5)も両親も付けていない。母親の智子さん(36)は言葉に窮した。心の中で「ごめんね」と言うのが精いっぱいだった。

 でもきちんと説明したいと思った。通院している県立小児保健医療センター(守山市)の看護師馬場(ばんば)恵子さん(42)と茶木こずえさん(35)、臨床工学技士大野進さん(40)に相談した。
 3人は説明方法を思案した。泰地君の経過は順調で「治る病気」だ。そう説明しようと思いついたのが、佑樹さんの眼鏡だった。

 カニューレは眼鏡のように生活するのに必要で、治れば必要がなくなる。絵本にしたのは「成長して幼い頃を振り返った時にも読んでみたいと思えるものに」との願いからだ。両親がたくさん話をして泰地君のことを思って決めた治療法であることも、意識して盛り込んだ。

 絵は保育士だった智子さんが助言しながら、泰地君と美南ちゃんがクレヨンと絵の具で描いた。家族や医師、看護師とともに、愛用の帽子をかぶった自分の絵を描いた泰地君は「クレヨンが難しかったけど、楽しかった。(両親が)喜んでくれるかなーと思った」。

 絵本は1カ月かけて、今年4月に完成。泰地君が通う保育園でも披露された。

 いま泰地君は走ることもでき、夜の人工呼吸器とカニューレによるケア以外は、友達とほぼ変わらない生活を送っている。将来の夢は消防士。救急救命士でもある佑樹さんに影響されたようだ。
 智子さんは「どん底の時期を乗り越えられたのはお医者さん、看護師さんらの支えと優しさのおかげです」。佑樹さんは「絵本を通して、泰地の病気に少しでも理解が広がれば。同じような病気に苦しむ親子にも伝えることができたら、うれしい」と話した。

     ◇

 「泰地君は3回息が止まり、重度で死んでしまってもおかしくなかった。生きる力が強い子です」。医師から言われた言葉に、両親は励まされたという。

 取材の最後、記者は聞いてみた。「泰地君にとってカニューレって何?」。泰地君はしばらく考えて、こう答えた。「生きるためやから」。その言葉に両親は驚き、感心していた。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル アピタル 2019.10.3より





                                   (島)