□ 新作紹介 □





雨  音



 クリスマスまでに


星の形のガーラントに
ライトが灯って
窓辺がやさしい色をしている

 生きているといろんなことがある
 当たり前に ごく普通に

キャンドルの炎は小さく揺らめき
音のないメロディを
奏でているように見える

 避けられない別れに後退りし
 ドアの向こうに立ち尽くす誰かに
 書いては消して
 消しては書いて
 一番あたたかい言葉を自然に探そうとする

買ったばかりの黄色いビオラの
小さな小さな丸い花びらを
瑞々しい葉が守るようにぐるりと取り囲んでいる

 誰かへのプレゼントを選びながら
 限られた範囲の中で
 何度も首を傾げたり
 何度も心を傾けたり
 一番すてきなものを何気なく選ぼうとする

 そろそろ
 あなたの番

 人生はいろいろあるけど
 当たり前に ごくごく普通に
 一番あたたかい言葉と
 一番すてきなものを
 選んでいいと思う

 あなた自身のために





















青 島 江 里



 ひだまりポトス


言葉によろこんで
言葉になかされて
言葉を書いて読んで話して

今は誰かに言葉を聞いてほしい
だけど言えないことがある日

長く暮らしてきた
窓際のポトスは今日も
ずっとずっと静かに佇んでいる

君につぶやいてしまった
どこから聞いても
正真正銘の人の言葉で

そんな時に限って
どうして僕は
必要以上に人になってしまうのか

草花になれない言葉と
人になれない言葉と
ふたつの言葉は違うけれど

やさしく揺れてくれるのは
単なる偶然って思えないのは何故かな

言葉に思えてくるのは
単なる気のせいと思えないのは何故かな

窓際にはひだまりができて
おだやかに笑っているようにも見える

君がのんきの神様を連れてきたって
言っているかのように
ひだまりにポトスの影が揺れていた

上手く生きていこうなんてしない
そんなことより
今すぐ大きなあくびを教えてあげる

もっとうまくノビのできる方法を
今すぐ知りたくないですか

肩の力を抜いて揺れてみようよ

せっかく今日も今日という日が
お互いにあるのだから
休日くらいのんきに眠ってみようよ






















井 嶋 り ゅ う



  蝿


マンションの通路の蛍光灯が
不規則な瞬きをしていた
古いエレベーターが
不穏な音を立てながら下降してくる
雨を被ったまま帰宅した私は
数字のボタンの上で前脚を擦り合わせ
微妙に角度を変えていく蝿を眺めている

誰も居ないエントランスの自動ドアが
開いて閉じた
ドア付近に備え付けられている防犯カメラを
思わず見あげる
掲示板に故障の貼り紙を見た記憶はなく
人影もなかった
びしょ濡れの前髪を撫で上げながら
不気味な左横を見つめる
上昇しなければ休めないような高い場所に
部屋を借りてしまったことを妙に悔やむ

箱が到着して乗り込むと
同時に蝿も飛び込んできた
扉の硝子面に止まり
また同じ様子を見せている
一度大きく揺れた箱は
しゅるしゅると音を立てて
私を吊り上げていく
硝子面から階数ごとの風景がくだっていく

私はふと
夜の底へ墜落していくような気持ちになった
弔わなければならないものが
あったような気がしてくる
忘れているのでも
思い出せぬのでもなく
最初から認識しなかった何かを
踏みにじったような罪悪感が生まれる
濡れて冷えた手で
まだ乾かぬ前髪を撫で上げながら
いたたまれない密室のなか
不意に押し潰される蝿の
最期の姿を想像していた























Kazu.



 跨線橋


この橋の下では 
日々
幾千の想いが行き来する
喜怒哀楽を心の襞に忍ばせて

例えば
上りに気持ちを奮い立たせ
下りに憔悴を持ち帰る旅人よ
君の下車駅はまだ遥か先か

君の焦燥がどんなに絡まろうとも
レールのポイントでは巧みに解かれて
明日も定刻通り
列車はホームに入線する

晩秋の跨線橋からは
夕陽に染まった峰々が見える
そのずっと先には
まだ君の見知らぬ街の
輝かしい明日があるのだ
























齋 藤 純 二



 背後占い『字念屋』「詩」


こきげんよう
陽が落ちるとずいぶん
冷え込むようになりましたね
どうぞお入りください
お部屋は暖かいですから

靴のままでよろしいですよ
お荷物はこちらへ

はい、そうです
絵を描かれているお客様から
こんなに素敵な風景画をいただきました
木々に囲まれたお家が
この字念屋の建物になっていまして
毎日、いい気をもらっています
嬉しいことですね

どうぞお座りください
初めての方なので
まず背後から放している念字を
じっくりと見ていきますね
では、よろしくお願いします

はい、楽にされてください

……大きくはっきり見えています
あなたの背後文字は「詩」です
ポエムの詩
私も初めて見る背後文字です

「詩」の字は「ごんべん」に「寺」と書きますね
「寺」の字の上の部分は
紀貫之の「之(ゆき)」の字で
「進む」の意味があります
下には「寸」、「寸法」の「すん」の字になり
この字は手を動かす様子を表していますから
「詩」は言葉を綴り心の向かう場所へ
進めてくれるという字です

そうでしたか
定年され今は背後文字の示す道を
お歩きになられているのですね

それはなかなか難しいかもしれません
でもなるべく好きな世界にいようとすることが
大切だと思いますよ
やはりそこから得る喜びは大きいのですから

詩人は言葉の旅人といいましょうか
心の旅を続けながらの歩み
あなたはそんな素敵な背後文字を
お持ちになっています
詩によってひとを癒す力もあり
ひとを苦しみから救うこともできます
もちろんご自身が苦しい時も救われます
このまま詩を書きながら
進まれることをお勧めします

いえいえ
私の言葉などたいしたことありません
見えている背後文字を説明しているだけですから

ほんとうですか
それはたいへん嬉しいですね
あなたの作品を額に入れ
この辺りに飾らせていただきますよ
字念屋へお越しになるお客様もきっと癒されます
ありがとうございます

確かに
あなたの作品を読んだことはないですが
大丈夫ですよ私は字念屋ですから
あなたの才能はわかっています
背後文字に「詩」をお持ちですから
楽しみにお待ちしていますね


ありがとうございます
そうですね
それでは本日の背後占い
ここまでにしておきましょう

では、ずいぶんと冷え込んできましたね
風邪など引かれぬよう
お気をつけて

はい
またのお越しをお待ちしております
ごきげんよう























澤  一 織



 薄 明


夜行バスの
照明が消えてから
カーテンの向こう側では
どのくらい夜が深まったのだろう
車内に持ち込んだリュックに
大袈裟に詰め込んだもの
まだ何一つ手をつけていない
ドリンクホルダーから
音を立てないように取り出した
ミネラルウォーターも
上手く喉を流れてくれない
聞こえてくる大人達の寝息が
嘲けるように僕の心臓を叩く
猫背になって両手で顔を覆っていると
熱くなる目のあたり
誰にも見つからないように
町を出てきたのに
瞼の中で浮かんでくる顔は
鬱陶しく感じる人ばかり

夜さえ 明けてしまえば
辿り着いた新しい街の
止め処ない喧騒の中で
きっと僕は生まれ変わる 
やり直してみせる
月が 星が 町の灯りが揺らぐ
夜 夜が 夜さえ 明けてしまえば

思い切って
シートを少し後ろに倒してみた
それでも誰にも咎められることなく
静寂は続いて
それだけで少し
大人になれた気がした
カーテンの向こう側 
広がっていく
薄明の頃















 疾 走


教えてもらったラブソング
君を見失ってから聴くようになった
歌詞が君の言葉のように聴こえて
ある夜は悲しかったり 
とある夜は懐かしかったり
耳を塞ぎたい夜があったり
でも もう忘れちゃったよ
僕に向けた声色、素っ気ない態度、すきだらけの笑顔
君を思い出したいよ

気がつけば 
失踪宣告のできる季節
今 共有したいことは
あの頃 交わした
趣味の話や明日の約束 
噂話や仲直りの指切りとかではなくて
この世界を流れる 
風の在り処 光の柔らかさ 空の深さ 時の刹那 
何れもひとりで感じられる話ばかりだけど
夜の街明かりより
午後の日差しが気持ちいい 
とか話して 
君に笑われてみたいよ

いつかの僕らはピーターパン
夜の街を疾走した
やがて 君だけが
大人になれずに
朝の淵で見つかった

信じたくなかった僕は
君を見失ったまま
いつか教えてもらった
ラブソングをたまに口遊む
七年目の冬 失踪宣告のできる季節
















 降り続く雨


ひそひそ
あの子を嗤う誰かの笑い声が
鼓膜の奥を突き刺してくる
どっぐどっぐ
加速する動悸
を止められず 
空間が揺らぐ
日本の何処にでもある教室の真ん中
少し前の席で
あの子が震えてみえる
朝から降り続く雨も
まだ止みそうにない

歯を食いしばりながら
帰り道をひとり
濡れて歩くあの子に
駆け寄る人はいるだろうか
傘を持っていない理由を
あの子はなんて答えるのだろう

水玉模様の傘は
給食の準備時間に便所で
何人もの手によって骨を折られて
裂かれた
鼻につく匂いのこびりついた床で
蹴飛ばされ 横たわった傘の手元を
誰かが指先でつまむように持ち
窓から校舎裏に投げ捨てられた

雨粒を弾く音が 何人かの大袈裟な笑いが
傘の中でこだまする
あの子がよけなかった
水溜まりをさけながら歩く帰り道

弾くよ 
明日も 
明後日も
あの子を
あの子に駆け寄った子を
弾くよ
かつての誰かがされたように
いつかくる僕の順番が来るまで

雨はまだ 
降り続いている
















 うそつき


ひとつ
ついた うその
輪郭が崩れないように
また ひとつ 
うそ つみ 重ね 続ける

そんな真直ぐな目で
僕を見ないでほしい
耐えられない
だからと言って
打ち明ける
勇気はない

最初の日に戻って
君と目を逸らさずに
暮らせたのなら
そんな生活は
どんなに素敵だろう
わずかな綻びに怯え
君と歩く足取りは今日も重い

ひとつの事実を守るため
あと いくつ
うそ つみ 重ねる

なんだ 今 
君の目に映り込んだ男の
動揺を隠す乾いた笑い
なかなか様になってきたじゃないか

 うそつき

お願いだから 
そんな目で 
見ないでほしい























葉 月  祐



 雪の音


十一月半ば
この地に訪れた
耳が痛むほどの静寂

かすかな生活音は
飲み込まれ 咀嚼され
声無き音が あたりに漂う

今わたしが声をあげても
気づかれないのではないか
耳鳴りさえも奪い去る透明な気配


 それは降り積もる 無音、無音、無音…


真夜中
静まり返った室内の空気に
窓の向こうの景色を思い浮かべ

シンシン、シンシン、
空から落ちてくる何者かが
音を食
(は)む気配を確かに感じながら

明日の履く靴の心配をしつつ
目を閉じ 眠りに就いた

(目覚ましの音だけは 残しておくれよ)
















 雪の日


 *

たとえば
寒さに震えながら
ひとり歩き 泣き喚いても
今なら誰にも気づかれずに済むだろう

日ごと
積もり続けた悲しみ
の上に降り積もるものが
嗚咽を覆い隠すに違いない


音も無く





 **

静寂の中を歩き続け
そのうち 疲れ果てて
立ち止まった時 はじめて
私は 雪の温もりに気がついた

道ばたに転がる
足もとの紅葉たちは
彼らを心配するよりずっと
本当は 温かいのかもしれない

黄色に橙
燃えるような紅
みんなみんな
雪の王冠にはしゃいでいる

私の頭にも
いつの間にか
ちいさなちいさな
雪の王冠が載っていた





 ***

携帯で切り撮った
青黒い雪雲

雪化粧をした
色とりどりの傘紅葉

晴れた心で写す
まだ不慣れなセルフィー

すべて あなたへ贈りたいもの


 張り詰めた大気の緊張感、
 雪解ける時間帯の緩やかさ。
 毎年訪れる見慣れた雪の日。
 きっとあなたや誰かにとっては、 
 非日常である、日常の断片。


秋の終わり
から
冬の始まり

心に根雪を抱えながら
季節を跨いで
白い今日を生きているだろう


わたしも あなたも どこかの誰かも



 
※傘紅葉…造語。紅葉が乾燥し、丸まって天を仰ぐように転がる様子から。
 
※セルフィー…自分自身を被写体とした撮影法。自撮り。























ひ  な  の



 交差点


交差点の西の空は
薄青と朱が混じって
いつものこの場所では
ないみたいだった

車の音が遠のいて
つぶやく

虚像
(うそ)になって
しまえばいい
このまま 世界ごと

たしなめるように
色を変えた信号機
青へ
歩き出す

ルールと法則と
そこからこぼれ落ちたもの

四角四面の定規では
測れないものが多すぎて

縋るのは
正しさではなくて
信条なのだ と

今なら、わかるよ

恐る恐る
踏み出す地面も
自分の足で踏んで固めて

ひとつずつ
選んだ心が運命になる

そう思えた今日は
なんて
清々しいんだろう

赤みを増していく空は
黒い電線に切り取られて
無情に

それでも
変わらず綺麗だった

綺麗だったんだよ






















沢 口 リ リ キ



 背徳のゆくえ


 断  罪

どんよりとした赤い満月に蜘蛛の糸が張りめぐされてい
て、生あたたかい風が神社の後ろの森から吹いた。蟋蟀
の鳴き声がいっそう静寂を深める。
今日人を殺めた。自分の手では出来なかったから自覚は
できていない。けれども麻酔から覚めて子宮の海原に太
陽が輝いてないことをはっきりと感じた。彼の奥さんに
は六歳と三歳の娘がいるのに私にはいない。
自動精算機で支払いを済ませ、ふらついた足取りで彼の
家の前を通った。不思議と何も込み上げるものはなかっ
た。心は乾燥し、砕けた容器のようだった。私は空っぽ
な人間だから、精神に不安を持つ人間だから、泣き喚く
ことも、すがることも、期待も、絶望も、恨みも、涙も
心に持ってはいけない。
秋の空は曇っていた。ぽつりぽつりと落ちる雨が頬をつ
たる。どうして私だけ息をしているの?
夜になって空はよく晴れて、約束を果たすためにここへ
来た。私のあの子は星になった。境内で背伸びをして星
々の中から一番可愛い星を探した。
やがて、あの赤い月に張られた蜘蛛の巣から糸が垂れて
きて、私と云う存在は絡め取られるだろう。
闇に包まれた夜の中で傷ついた肉体からもっと傷ついた
私が引き剥がされてゆく。どうか誰も糸を切らないで下
さい。最後の望みを絶たないで下さい。赤い月に棲む巨
きな女郎蜘蛛が垂らす糸が罪深い女を吊るし上げるまで
は。
























耀  子



 巨大台風


内水氾濫
越水 決壊 河川氾濫
第15号19号台風 それに続いた大雨は
我が国を水攻め風攻めにして
ゆっくりと遠ざかった

そのあとに残していった
あまりにも無残な爪痕
久しぶりに聞いた「想定外」
1日で74河川の決壊が起こることなど
想像したことすらない

普段は 果物や野菜、色々な花が、ピーナツ畑が広がる
温暖な千葉県が 台風15号では痛めつけられた
崖は崩れ 電柱は無残な姿を横たえていた
木々はなぎ倒され 田畑は水に浸され
家々が水に沈んだ
屋根は飛び 家は壊れた
多くの家で長期停電を余儀なくされた
そして さらに大雨の追い打ち

我が家も2日間の停電を味わった
まだ良い方だよと自分を納得させた
双眼鏡で 瓦屋根を見上げれば
瓦が7枚も浮いているのを発見
でも 浮いただけで 良かったな
もし 壊れて飛んで行っていたら・・・

早速 保険会社に被害を報告
業者に見積もりの依頼
被害があまりにも多く
時間がかかるという
重症な家から工事にかかります と
順番になるまで気長に待つしかないな

先日千葉県の先端
白浜に友人達とバス旅行をした
窓から見える景色に
屋根に被せたブルーシートが点在していた
一連の台風と大雨の後遺症は
広範囲に残ったままだった
この千葉県で完全復旧はままならないだろう

県が発表した被害(11月2日新聞記事より)
 重傷1人 軽傷3人 住宅被害全壊10棟 
 半壊5棟 一部損壊25棟 床上床下浸水2422棟 
 河川氾濫22河25か所
収穫直前の作物の被害も甚大だ

「これが青春だ~」と映画のスクリーンに
爽やかに走り回っていた
森田健作知事の疲れた顔を
久しぶりにテレビで観た
適切な判断・指揮が出来ていたのかが問われていた
想定外
想定外
なんと言っても想定外
だね

白浜で朝の散歩をした
爽やかな青空のした
水の引いた畑に花の苗は植えられ
壊れたビニールハウスは再建され
中にはイチゴの葉の瑞々しい緑
作業中の農家の人と笑顔を交わした
大変な経験だったと言いながら
















 咲き切ってもなお


咢を押し広げながら
ミニ薔薇「雛乙女」は
少しずつ 膨らんでいった
そして 今朝 晩秋の光を浴びて
その透き通った黄色の初々しい姿を
私に見せてくれた

少女が女性になっていくときの
輝きと同じように
蕾が花びらを一枚一枚
広げてゆく瞬間
(とき)
薔薇の一番美しい刻
(とき)

内から生まれてくる力
そこから放たれる光
すべてが輝いている
しかし
その初々しさはたちまち
成熟した美しさとなり
(あで)やかに咲きながら やがて萎れてゆく

幾重もの花びらを持ちながら
その張りの無くなった薔薇は 
まるで老女のようだ
しかし
よく見てごらん
それはそれの美しさがあることを

凛とした輝きの代わりに
すべてを包み込んだ
柔らかな優しさがあることを

私はまだ開き切らない
薔薇の美しさを愛でるとともに
咲き切ってもなお
薔薇である薔薇をも愛している

それと同じように
歳を重ねてもなお
いや
歳を重ねたからこそ
人は人としてより豊かになれるはず
そのように輝いている
貴女が好きです
そして
私も 貴女と同じように
豊かに輝いて生きてゆきたい























く   れ



 義母の台所


台所で義母が泳いでいる
泳ぎながら鍋から記憶を一つ取りだそうとしている

あっと! 驚く

何かが少し違っているとは気づいていたのだが
義母が台所で泳ぐとは

ちぐはぐなことがあまりにも上手になっている
どこで覚えたのだろう

まな板をたわしでこすりながら笑っているのは
料理をしているつもりなのだ

一つずつ忘れて行くものがあって
一つずつ小さくなっていく記憶が透けて見える

今日も台所で義母が泳いでいる

原発事故後に東京へ一時避難して二カ月後に
帰って来てからだ

自分の居場所を
取り戻したような気持ちだったのだろうが
泳ぎ疲れて
転んで骨折してしまった

居場所からまた三カ月も離れると
もう義母は台所で泳ぐことが出来なくなった

あれから五年が過ぎて、義母の台所を改修した
思い出のある箇所だけ残して















 眠れない夜


眠れない夜を
歩いている

月一回の診察日には
眠れない理由を
教えて欲しいと
ドクターにお願いする

ドクターは
微笑みながら話を聴き
処方箋を書く
ドクターの机の上には
同じような問いが
山積になっている

あの時に
心が壊れた
と いう人もいる
たくさんの理由があるから
心療内科の専門家でも
絞り切れない

処方される薬は
ピタリと当たれば
劇的に改善するのだが
それは少ない
だから、ドクターは
処方箋を何回も替える

眠れない夜を
毎晩歩いていると
思考が定まらなくなり
会話一つにも躓く

眠れない夜を
歩いている

光を身にまとうと
もう新しい朝だ
ぼんやりとした思考が
生の色彩に浮かぶ























藍 音 な な を



 開 梱


知人のつてで
人の家の片づけの手伝いを頼まれた

引っ越しをしたばかりの老夫婦
荷物を開くのも難儀なようで
物の移動や収納をする手伝いが欲しい
ただし 信用できる人が良いとの条件の
お眼鏡にかなったらしい

 あなただったら適職よ
 大柄だから力もあるでしょう

ちょっと待て
体が大きいからと言って
人より力が強いわけではない
とは言え
手間賃と食事に釣られ
まんまと人員に入ってしまった

男性が一人
女性が私を入れて二人
車で向かった先は
広い永住型マンション

インターホンで解錠してもらい
エレベーターで向かったお宅は
ちょっとした居宅で
私が住む
小ぢんまりとした一軒家より広い

品の良い老夫婦から

 あれはこちらの収納棚に
 これはそちらの部屋に
 そこのクローゼットからは
 すべて物を出してここに積んで

指示を仰ぎながら
三人でひいふう言いながら
荷物やコンテナを平台車に乗せて移動させる

これは確かに
老夫婦だけでは無理に違いない
平台車があるとはいえ
かなりな力仕事だ

 引っ越しするときに
 だいぶ処分はしてきたと思ったけれど
 なかなか捨てるに捨てられない物があって
 でもついつい欲が出ちゃって
 まだまだ処分できてないわねぇ

箱やコンテナの中から出てきたものを
手に取って眺める
娘さんが描いた絵や手紙
家族の写真を
それはそれは大事に 懐かしげに

私も
先頃から始めた終活の断捨離をしながら
同じように手が止まってしまって
作業が進まなくなってしまったこともあり
誰しも
愛しい思い出を
簡単に捨てられないのは
どんなに年を経ても同じなのだ

 大事な思い出は
 残しておかれたほうがいいですよ
 心の中だけの思い出は
 電子データと同じで
 何かの拍子に消えることがありますから
 紙で残しておくと
 あとでみんなで見て共有できますし

そう声をかけると

 そうね
 ありがとう そうするわ

老婦人は
ほっとしたように
アルバムをコンテナに戻した

思い出が
共有できる家族がいるなら
残しておいたほうがいいこともある

残されたものの
救いになることもあるから


と言うのも
先日 母のケアマネが変更になった時
母のことを聞かれて
意外に家族が母のことを
あまり知らないことに気付いたからだ

田舎の山間部から出てきて
趣味もなく
友人も少なく
どこに出かけることもなく
自分のことはあまり話さないし
写真やアルバムも持っていない

知っているのは
生まれ育った村の名前と
ごく身近な身内のことと
野球は巨人が好きだということ
栗が好きだということ

実は人参が嫌いだったというのも
ごく最近になって判明したほどに
母の共有情報は少なく
記憶がしっかりしていた時に
もっといろんなことを聞いておけばよかったと
妹と話したばかりだった

大事な家族の思い出という共有情報を
失わずに済んだことに対して
ほっとするのなら
思い出を語る素材として
手元に置いておくほうがよい

私たち家族には
あまりにもその素材は少ないけれど
少ないからこそ
大切に残しておこうと思う

そして時々
懐かしい思い出を
そっと開梱して
手に取って眺めよう


片付けも大まかに終わって
最後は簡単な掃除を残して
残りの作業は次の日に持ち越しとなり
寿司折りと季節の菓子を各々いただき
友人の車に乗り合わせて
エンジンがかかる音を聞きながら

寿司折りは子供に
菓子は栗のお菓子だから母に

そんなことを思いながら帰る
晩秋の夕暮れ

























瀬   未



 ジェネリック


この頃は
定時でも
とっぷり暮れていて

木枯らしが
コートの裾を翻す
仕事の帰り道

見慣れた細い文字の
メモを片手に
夜の入り口

外が暗ければ暗いほど
煌々と息づく
電気街へ向かう

空気電池を探しています
ちいさなボタン状の

案内された売り場は
大型家電の並ぶ一画
ささやかなスペースの壁面に
商品がひしめき合っていた

さて私は
このボタンの海の中から
託されたメモを頼りに
正解を探し出さなければならない

疲れ目を凝らし
型番と
にらめっこ

お手伝いしましょうか

耳元に控えめな囁き
けれど意外にも良く響く声
どこからともなく
現われた初老の店員に驚く

これを
探してもらっても
いいですか

おずおずと差し出したメモ
彼は一瞥すると
迷いのない手の動きで
どんどん答えを選び始めた

これと
これと
これ

ご希望の純正R社製は
申し訳ありませんが
只今切らしておりまして

こちらのM社やT社ですと
互換性があるので
お使いの補聴器でも
大丈夫ですよ

値段もお手頃といいましょうか
まぁお薬でいうところの
ジェネリックみたいなものですね

急ぎ必要なので
じゃあこれを
三シートお願いすると

とりあえず一シート
お試しされてみてはいかがでしょう
やんわり諭される

お使いになる方の
好みもあるでしょうから

差し支えなければ
どなたがご利用ですか
そう問われて

ようやく真の正解に辿り着く
あぁ本当に
本当にそうですね

大切なことを忘れていました
そうですよね

メモの余白
言外の聴こえない母の頼み
もう少しで
読み違えてしまうところだった

お互いに
ありがとうを言い交わし
ちいさな包みを受取る

店を出ると
外気は一段と冷えていて
自然足早に

帰ります
手渡すひとの待つ家へ
キラキラ光るボタンの
お土産を持って

今夜は
たくさん話をしましょ

空気電池を探していました
ちいさなものだけれど
とても大切な

そう
それは
たった一人
他ならぬ母のために