今月の詩特選 


MY DEAR掲示板において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







草  香  





 ボタン


雨の日に
部屋の思い出を
一つ一つ消していく

棚の上には
見覚えのあるボタンが
透けた瓶に詰まっている

蓋を開けると
乾いた音と一緒に
次々とあの日が飛び出す
これは初めて作ったブレザーに
これは長女のピンクの遊び着に
この金ボタンは誰の物だったのか
新しい風を追いかけて
生き生きしていた若きあの頃
雨音に重なっていく
夫々の物語

もう会えない人もいる
これだけの人が
集まるのはここだけ
帰らない記憶が
ずしっと襲う
ボタンたちよ
好きな放題 話すが良い

こんな物
もう捨ててしまえ
そう思っていたはずの手が
息苦しくないように
一回り大きな瓶に入れ替えて
そっとまた棚に置く





                       〔島 秀生:選〕





 空の上


早朝の境内
石畳の禅堂
立ち並ぶ柱

坐る

山鳥の声
僧の歩み
香のゆらぎ
背筋を正し
心の内を見つめる

まぶたが重くなる
警策が肩に鳴る
飛び出るものはなにか
甘えか狡さか
胸の奥に 絡まっていたものか
ひとつひとつ手放し
心を解き放す

 空の上
 余分なものを持ったなら
 一瞬に まっ逆さまに 網の中
 日ざしがあたたかい
 微風が体を吹き抜けて
 悠と流れる雲に
 とけていく

覚めれば ふたたび
朝の禅堂





                       〔Kazu.:選〕





 母 娘


90歳を超えた母が
一か月振りにやってきた
笑みの下に
愚痴が見えかくれする

風呂上りのひと時
とりとめのない話が
並べた布団の間にこぼれる
庭の柿がたくさんなったこと
縫物をしている時が楽しいこと
身体が動いてくれないこと
老いた語り部の口調は低くなり
「生きることは厄介なことだ…」
もう 寝息をたてている

ふと 見ると
向き合う寝姿が同じ
合わせた手を頬の下に
けんかばかりしてきた
母娘なのに

経を諳んじ
川向こうの古い墓を寺に合祀し
いつも相手のことを先に思う
大正生まれの気丈な人
子どものようになっても
この人を
いまだに越えられず
ひたすらよりそうだけ





                       〔く  れ:選〕











@すみっこ



 半 分


うっすらと雲に隠れて
半分ほどの月が
ぼんやりと見えている

明る過ぎず
暗くもなく
ちょうどいい

だって
ひとりぼっちに
慣れてた頃の
月に似ているから

なんだか
見守られているようで
懐かしくなる

ふと、
立ち止まり
考えてみるのだ

この月の半分は
どこで輝いているのか

見る事は出来ないが
ちゃんと
光っているのだろうか

月として
半分の明かりで
支配しているのだろうか
見えない夜を




                       〔島 秀生:選〕





  彼


ひとりでも
生きられちゃう
でもホントは
そうじゃない気がする

強がるのが好きらしい
いや、
それしか知らないだけで
違うかもしれない

私だけの為に
私を思って
私に買ってあげて下さい
一緒に見て選んで
納得したら大事にするから

いつか買ってくれた
お鍋は
丸焦げになって
あまりにも
無残な姿に変わってしまった

まだ、根に持ってますか?
言葉では何も語ってくれない

ひとりで
行こうと話すと
後ろから
何かブツクサ呟いている

何度も聞いたよ
このままでいいんだと
私は何も言わない
そう思ったのに
何故かすぐに喋ってしまう

咄嗟に
家族って何?
急に真面目な質問をする
それには未だ答えを聞いていない

私の思いは
言わないでおこう
彼は何て言ってくれるのでしょう





                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ


凛々しい


”まあ、あれだ。
無理はしなくてもいいと思うぞ”

そういうあなたが無理をしている

他人を、私を励ましている

あなたは朝顔
ぎんぎんらぎんの太陽の下
開かない朝顔

他の朝顔たちは
一様に開いている
力をみなぎらせて

その中にあってあなたは際立つ

しわしわに小さくなって
意思があるから際立つのか
凛々しく思う

しわしわに
私の肩の力も抜けていく

”うん。そうだね”

太陽を見上げ
一つ、深呼吸

”行ってきます”





                       〔齋藤純二:選〕





 理 由


私の職業はプロのサッカー選手
静岡をホームにするチームに所属している

サッカーはもちろん好きだ
好きだが、今日まで続けてこれた理由は
それだけではない

前触れも何もないが
試合中、観客の声援など、外の音が消えて
何もかもがスローモーションに見えるときがある

ボールを蹴る瞬間、ボールがゆがむのが見える
相手選手の重心が右足から左足に移り切るタイミングがわかる
背後から迫る足音が聞こえる
しかも右側から迫ってきているのか
それとも左側から迫ってきているのかまでわかる


世界はグラウンドの中だけ
まわりは音もない闇

世界を、全てを掌握しているような

自分が自分でないような
身体と感覚の接点が幾分ずれているような浮遊感

気持ち悪く
気持いい


空気が振動する
ボールと空気が擦り擦られ、熱くて熱くて

筋肉が波打つ
電気パルス
電気が流れ巡り
血は駆け巡る

突き詰めて
突き詰めたくて
もっと浸っていたくて

もっと、もっと、


だから、これからも続けていくのだと思う





                       〔島 秀生:選〕











ゆ  き



 Deer in the Headlights


満月だと言うのに月明かりも届かない漆黒の
山道を車で走っていると突然
鹿の姿が目の前に現れた


道路を渡ろうとして眩しいヘッドライトの光に驚き
思わず脚が止まってしまったのだろう

恐怖に包まれた大きな瞳で
命を乞うように頭を下げた

ぶつかる時の衝撃を考える暇もなく
ブレーキの大きな音と共に

一瞬ボンネットに乗ったかと思うと
振り落とされていった

フロントガラスにヒビが入った以外は
硬い鉄の箱に守られていた自分は
どこも痛いと感じなかった

罪悪感を感じながら
携帯電話の光を頼りに
飛ばされた鹿を探しに車の外に出ると
少し離れた枯れ葉の上に横たわった
姿があったがもう息はなく

立派な角を持った逞しい雄だった
見開いた瞳がまるでガラス玉の様に光っている

今夜この道を通っていなかったら
見通しの良い昼間だったら

ため息を吐きながら車に戻る途中で
パチパチと枝が折れる音がした

振り向くと
侵食で歪んだカバノキが鬱蒼と茂るその奥で
無数の光る目が様子を伺っていて

その目は明かに自分を責めていた





                       〔島 秀生:選〕











galapa(滝本政博)



 世界は不思議で満ちあふれている


海の塩辛さ
潮の満ち引き
チューリップの色
薔薇の棘
金木犀の香り
雲の形
彩雲 虹のリボンがほどけて空が開いた
色のついた石 輝く石 燃える石
燃える水
宇宙と星座
規則正しい天体
月の満ち欠け
金環蝕

夜はポケットの中で手を開く
夢の中の出来事
太陽
朝の月
昼間の星
鳥たちがいま一斉に飛びたった
鳥は種類によってそれぞれの声を持つ
鳥影はジャズの擦り切れた音盤の中をとぶ
海を泳ぐものたち
鯨 その興味深い歌声
蛇が川を渡る
疾走する馬
カタツムリ
胎児
鱗 毛皮 羽 皮膚
季節は巡る
春 川底の自転車
夏 海水浴 海星 海月
秋 土の中の球根
冬 南天の実をヒヨドリがついばむ
五月雨 夕立 秋霖(しゅうりん) 氷雨
雨模様ってどんな模様
春一番 海風 野分き 木枯し
紅葉 落葉
虫の音
雪が降ってきた
冬眠する生物

美と感動
見たもの、聞いたもの、通過したもの
音楽は解放し救う
絵画 意味が一義的でない複雑さの中へ
詩 開かれた感受性への刺激の享受
世界は美しいという確信
遠い国
異国の言葉
海底に没したアトランティス
トリノの聖骸布
ヴォイニッヒ古文書
ジャンヌダルクの奇跡
ツタンカーメン王の呪い
レンヌ・ル・シャトーの財宝 聖杯の発見
シンクロニシティ

遺伝子
朝に咲く朝顔
太陽を向く向日葵
果実 その形と味
時間と空間
生まれるということ
生と死
死については何も知らされていない
今ここにいるということ
トンボの翅
足の生えたオタマジャクシ
ちぎれた 蜥蜴の尻尾
空の青 あるいは夕焼け
灰色に近いブルーも好きな色である
二足歩行
裸体 とりわけあなたのその姿





                       〔三浦志郎:選〕





 旅 人


あなたの上を旅する
その輪郭に沿って
隆起の丘を超えて
窪みに沿って
森を抜け
小川を渡り
歩いてゆく

元気よく手をふって
足を交互に出す
唇には歌を 歌いながら

あなたの上を旅する
途中までしか書かれていない小説のような
開かれた頁の上を踏む
読めない展開を歩いてゆく

ときおり立ち止まり
そこからの景色を眺める
ほら 雨上がりの針葉樹をぬければ
肌を刺す朝日が差し込む

空はこんなに高く誘う
季節はめぐる
風は冷たく
樹々は色づき始める
あなたの背中に夕日が沈む

幾多の昼と夜を超えて
遠くまだ見ぬところへと
歩いてゆくのです

歩きつづける
わたしは旅人
旅の途中で倒れたならば
鳥となりあなたの上を舞うでしょう





                       〔Kazu.:選〕











松本 タカヒロ



 バカ者のすべて


君の代わりなんていくらでもいる

 じゃあ、なんで雇ったの?
 代わりがいるのに、僕がいる意味って?

 それすらも言えない僕は
 とんでもなく重症なのかもしれない
 それすらも分からない僕は
 とんでもなくバカなのかもしれない

 上辺だけの言葉で入った会社
 自分の心もごまかしていた日常
 嘘に塗
(まみ)れて
 本当にやりたかったことさえも
 闇に隠して

  一度、隠したものは見つかりにくいよ
  だって
  僕は
  とんでもなく重症な
  バカなんだもん

 だから
 見つけたら離さないようにしないと
 お気に入りのおもちゃを抱えるように
 バカみたいに
 大事にさ

 好きなものでしか
 僕らは生きていけない
 いや
 生きていかないといけない

僕の代わりはいないよ

 そのことが分かるように





                       〔齋藤純二:選〕





 感情地方に暴風警報発生中


いつだって人は
天才を求める天災
自分よりも優れた人間を
すぐに天才と呼ぶ
期待をかける
恋焦がれるほどの夢を見る
そして
勝手に失望する
勝手に卑下する

人は期待されて
それに応えるために生きる
それなのに
勝手に期待されて
勝手に裏切りもの扱いされて
勝手に去っていく
そんな人たちのために
生きようと思うのか
そんな人たちのために
輝こうと思うのか

だから
天才だなんて
軽々しく口にしないほうがいい

それならば
野に咲く花のように
何も言わずに
笑ってくれているほうが
幾分もましである


しかも人は神様に縋りつく
神様の存在なんて
信じていないくせに
人生の岐路に立たされたときや
病気になったときに
好き勝手に神様を頼る
母や、恋人、友人、、、
一体どれだけの神様を創り出すのか
思い通りに進めば自分の手柄
いかなければ神様のせいにする

神様だって暇なわけではない
勝手に鐘を鳴らして
勝手に手を鳴らされても
願いなんて叶うわけでもないし
願いを叶えるのは
いつだって自分だというのに
やはり
勝手な生き物である

そんな罰当たりなことをするから
ほら、嵐がきた
野に咲く花さえも
笑えなくなるような天災がきた

黒く濁ったこの感情も
吹き飛ばしてくれたらいいのに
なんて思うわたしも
また勝手な生き物である





                       〔島 秀生:選〕





 乗り越えないとな


布団にくるまっていたいのは
寒いからじゃない
もう感じられない
温もりを感じたかったから

膝を抱えながら寝ていたのは
もうあなたに
抱きしめられることはないから

あなたの話す音は
もう届かないから
誰かの音が聞こえるように
テレビをかけっぱなしにして
気を紛らわしていた
そうじゃないと
暗闇に呑みこまれそうだったから


 夢の中に出てくるあなたは
 いつものように微笑んでいた
 でも
 どこか哀しそうな瞳で
 こちらを見送っているようで
 その姿に後ろ髪を引かれるように
 ベッドから起き上がれずにいた毎日


  感触も温度も音も
  此処には
  もう
  ない
  だけど
  私の中には確かに流れているもの

  それだけ分かっていればよかった
  いつまでも後ろ向きじゃだめだ
  哀しそうな瞳をしていたのは
  そういうことだ
  その
  はずだ


 そう気付いたとき
 くしゃっと笑った顔をした
 あなたがこちらを見ていた
 陽の光に照らされたその姿は
 暗闇を乗り越えた
 ご褒美のようにも見えた


 写真立ての中に佇むあなたに
 感謝を告げながら
 わたしは久方ぶりに家を出た





                       〔雨  音:選〕











夕月 知李



 無 題


晴れた日の午後
お茶を飲みながら
溜め息をつく私

何を悩んでいるかというと
くだらない人間関係

でも私にとっては大切な場所
大切な場所のはずだった…
いつからかそこは
大切な場所から認められたい場所へ

理由は、その場所の人達が好きだから
最初は楽しかった
それだけ。
でも純粋な心。
それが時を過ぎて
周りの人たちが増えたり減ったりして

その場所は変わった。

場所が変わったのか周りが変わったのか
私が変わったのか…

人が変われば場も変わる、私も変わる
くだらない悩みも増える。
ここは私の居場所ではないのだろうか…
ここにいてはいけないのだろうか
私がいけないのだろうか…
いろいろな想いが過ぎる

結局、答えが出せずに
お茶をこくっと飲み
秋の空を見上げて

人生は一度だけだから
とことん悩んで
選択して
答え出すまで
足掻くなりなんなり動きますか…

と小さく呟いた
秋の空が映る私の瞳が
これからの私に期待しているから。





                       〔島 秀生:選〕











時 雨 日 


新世界へ


明快なる死だった
銀色はいつまでも銀色で
明るさと美しさに対する
淡い残酷だった

聡明な君たちは
何も思わない
愚鈍な僕は
透明な涙を流す

明るい銀色による略奪は
この世から
幾多もの輝きを殺す
システマチックな論理と
堅牢な合理性は
それに含まれない一切を
惨殺した

作られた自由だ
ハリボテの謳歌だ
明日は来ない





                       〔く  れ:選〕





 青春レンズ


光を糸にしたような
君の髪がなびいた
涼やかな風は
夏の終わりを教えた

古びた教室には
不釣り合いだ
夕景が君を抱いて
僕は目を細めた

お行儀悪く
机に腰掛ける様すら
劇画のワンシーンみたいで
世界を止められた
そんな気がした





                       〔く  れ:選〕











ひ ら さ か



 貪 食


不安が夜を食っていく
私の時間を貪っていく

結論がでない悩みに割く時間
不安で胸が苦しい時間
薬が効かなくて眠るのをただ待ち続ける時間

不安が私の夜を食っていくんだ
食われている間私はただじっとしているしかなくて
次の標的が私自身にならないように
自分自身の体にペンを突き立てることにならないように
じっと夜が終わるのを待っている

私の夜を食い散らかしていく
暗い部屋に灯る手のひらの液晶画面
湿気たスナック菓子のカス
どうせ吐くのに食べてしまう菓子パン
気晴らしは動画 でも全部は見れない
集中力も食べられているから

私の時間を 私の尊厳を 私の夜を夢を

食らっていく あいつらは 無慈悲に

不安という獣が私の夜を食い散らかしていく

君一人じゃないよと言うけどね
夜の獣はそんな惨めな慰めさえ食らうのさ

この食われた時間でなにができたろう
この食われた時間で昼間に起きていられたろう
この食われた時間で昼間に起きていられたなら

本や絵や音楽や詩を 散歩や家事や何かを
きっと夜にできない何かを成せただろう

でも不安が私の夜を食べてしまったんだ
何も産めない不安が私の夜を食べたんだ





                       〔三浦志郎:選〕











エ ス ト リ ン 


無責任


非常に感情が複雑なんですわ
説明が難しい
私の表現力が足りないせいもあるのでしょう

精神障害者が暮らすグループホーム
そこを卒業した私

普通なら、一歩前進ですよね
後退したわけではない

喜ばしいこと

一人暮らしをして、思いました
経済的に、やりきれない

卒業するとき、覚悟してましたが
想像以上に厳しい

やりくりって、難しいですね

父親的にそれ、みたことかって
やっぱりってな、感じ

出てしまったので、もう、戻れないんです
グループホームには

グループホームの方が
経済的に恵まれてました

今の方が自由はあります

グループホームの精神保険福祉士が言ってました
自由には責任が伴う

グループホームに、五年ほど、へばりついてました

三年を越えた頃から、精神保険福祉士は
私に言いました
出て行ってもよいと

その頃、父は、父の意志は
グループホームに、いろ、と

父には、
それとなく、伝えたのですが
グループホームから直接、連絡があるわけではないと
聞く耳を持ちません

それから、二年は、苦しかった

グループホームの決まりと、私の生活サイクルが
合わない

無理やり、合わせようとすると、私の心に
負荷がかかる

グループホームには
一日に何回も見回りがありました

世話人が見回るのですが
一日中、外出してて
いつも不在の私

ある日、精神保険福祉士が
グループホームは
アパートではありません
と、言い出しました

他の人は
五年も、下手したら十年も
いるではないかと、私は言い返しました

経済的に楽なので、へばりついてたんです
グループホームに

聞く耳を持たない父と、出ていけという精神保険福祉士
の、間で、私はストレスを抱えてました

私はどうして、出ていけなのか、
と、何度も、言いました

出ていけとは言ってない
アパートではありません

とか、精神保険福祉士は繰り返します

世話人ではなくても、友達や
相談相手がいますよね

とか、言うので

世話人と、コミュニケーションをとるために
グループホームに、居なければならないのか
と、問いかけると、

そういうわけでない

私の変化を、入居したての頃とは
違う変化を
否定するつもりはない
合わなくなってきているんです

とか、言うんですね

何度も、繰り返されたんだけど

精神保険福祉士は
業を煮やして
父に直接、連絡したんです

それからはトントン拍子ですね

父も、精神保険福祉士の
出ていけという強いオーラに
負けました

非常に感情が複雑なんですわ
説明が難しい
私の表現力が足りないせいもあるのでしょう

精神障害者が暮らすグループホーム
そこを卒業した私

普通なら、一歩前進ですよね
後退したわけではない

喜ばしいこと

一人暮らしをして、思いました
経済的に、やりきれない

卒業するとき、覚悟してましたが
想像以上に厳しい

やりくりって、難しいですね

父親的にそれ、みたことかって
やっぱりってな、感じ

出てしまったので、もう、戻れないんです
グループホームには

自由には責任が伴う
その言葉を噛み締めているんです
果たして、私は自由が欲しかったのか

複雑ですよ
社会に出ていけっての

今さら、何を言い出すんだとか、
思いました

精神障害者のグループホームで
普通ではない、世界に染めといて

今さら出ていけっての
無責任ですよ





                       〔齋藤純二:選〕





 叶わない夢


叶わない夢は見ない
ことにした

心の病気のために入院

内側から開けられない
鍵つきの部屋
トイレとベットしかない

壊れたと思われている訳で

出してと主張した

普通の夢を見た

映画館に行きたい
マックに行きたい
買い物をしたい
書店に行きたい
スマホが触りたい
外で朝日をあびたい
自販機でコーヒーを買いたい

全部荷物を取り上げられた私

許された荷物は
腕時計と眼鏡
と着ていた服

nurseに話しても私の夢は無視

薬を飲めと言われても私は拒否

どうして飲まなければいけないのか
の説明がない

主治医はnurseに命令したんだ

私が寝ているうちに
尻に薬の注射をしろと

疲れて寝てしまったら尻が痛い

それでもうどうでもいいやと思ったんだ

私は主治医に左右される運命な訳で

誰も私の気持ちなんてどうでもいいんだって
悟った

そんな保護室を出るためには
そんな主治医と仲良くなり
負けるしかなかったんだ

病気ですよね
はい病気が重いんですね

だけどもそんなことをされて
眠れる訳がない

nurseが私が夜眠れないと
睡眠薬を持ってきた

こんなところはやく出で行きたいでしょう
とか言いながら飲ませる

私は備え付けのトイレに吐き出す

精神薬は仕方ない
だけども睡眠薬まではごめんだった

家族は定期薬を飲まないと不安がる
退院して睡眠薬が定期薬になったら大変だ

睡眠薬無しで
眠れる方が自然だし
よいに決まってる

こんな感じで薬が増え退院した後
大量の薬付けで困っている仲間
をたくさん見てきた

退院したら薬を減らすと言うが
主治医の意志で決まる、それもな

入院中何度も私を私を殺された

だから
叶わない夢は見ない

いつでも主治医の意志で
私には
保護室の入り口が
待っている

だから
叶わない夢は見ない





                       〔三浦志郎:選〕





 不可能


多分同じ経験を少しは持つ彼は
悩んでいるなとか言いながら
もう忘れたらと言った

保護室や閉鎖病棟の経験を

忘れるには鮮やかで
どうしようもなく
私の恐怖の大部分を占める経験を

無理ですよ

口にするのもはばかられ
表現力が足りなくて
表現したくても出来ない
今でも足りなくて
なかなか表現出来てない

まるで心の音楽のように
心が出してと叫ぶ言葉は
こんなのばっかりで

私も困っている

どうして私はそこにいなくてはならなかったの
病気だからでしょう

わかっていますよ
病気が重かったんですね

力ずくで無理やり認めさせられた経験は
私の心をさいなむ

私が屈してしまった権力者達は
私の心なんてどうでもよかったんだ

だから逆に私は私の心に耳を傾ける
自分を信じる

可能性とかいうのは大部分を削られた
諦める道を出来ない道を選ばされた

不可能です

はっきり今でもなかなか言えない性格
だけども心ではわかっている
不可能と

心の中で鋭い突っ込みをいれながら
他人に対してだ

そんなのは不可能なんだとわかっている

主治医
訪問看護
その他の支援者達

不可能ですよ

所詮あなた方は健常者

健常者じゃない存在は不可能ですよ
わかりっこない

わかりあえない
不可能ですよ

想像力をもってしてもね
現実は想像力をこえている

不可能





                       〔島 秀生:選〕





 健常者なのに


世の中にはいろんな人がいる
私は健常者ではない

健常者なのに

精神科医が
私の主治医が
その方は
健常者なのかねとか
首をかしげる方々もいる

精神障害者のグループホームからの
卒業
一般社会での一人暮らし
を始めた私
一年を過ぎた

この夏
私は震え上がった
アパートの部屋の窓の下でぼや騒ぎ
警察は子供の火遊びだろうとか

この秋
深夜十二時に消防車のサイレン
警察まで
誰かが通報したのか

アパートの隣の広場でぼや騒ぎ
雑誌が燃やされた

私はその日
夜の九時から十一時くらいまで
脳みそを破壊されるような
低いドスンドスンという音に
悩まされていた

怒鳴って出て行きたいが
複数の若い男の声もする
注意してもよいが逆ギレされたら怖い

警察を呼ぼうかと悩んでたら
消防車のサイレン

もう安全と思った
消防車がいるんだから
と外に出て
消火活動を終えた
消防士と話をした

燃えたのは雑誌

その時はまだまだ動転してて
わけわかんなかったが
冷静に
出てきてくれた組長さんと交わした
話を照らし合わせると

上の住人が怪しい

窓から雑誌の塊を落としてたに違いない
それをかき集めて燃やした

だけども現場を見たわけでもなし

夏の出来事もこの住人の仕業とか
思えてくるし

だけども現場を見たわけでもなし

診察で主治医に相談すれば

それは患者かね
とか言われる

若い男性で
素行がよろしくない
仲間もいて
煙草の吸殻を捨てたり
盗難自転車を放置したり
ゴミを散らかしたりと

そんなのに注意したところで
聞く耳持たんわな

私は震え上がるしかない
引っ越しをしようにも
健常者ではない仲間にも相談すると

どこに行ったところで
何かはあるから

とか話の結論だ

世の中にはいろんな人がいる
私は健常者ではない

健常者なのに

精神科医が
私の主治医が
その方は健常者なのかねとか
首をかしげる方々もいる

よく思うんだ

そういう方こそ
保護室送りにしてくれよと





                       〔三浦志郎:選〕





 自分を


その苦しみを代わることはできない
君の代わりはできない
君は君でしかない
だから君が君を大切にしないで
誰が君を大切にするの

現実の苦しさに震えてる
他人の傍若無人さ
他人を責めずに
自分の罪を責めるけど
君は

その苦しみを代わることはできない
君の代わりはできない
君は君でしかない
だから君が君を大切にしないで
誰が君を大切にするの

現実に負けて夢を失って震えてる
他人の傍若無人さ
君はそれを責めて
自分から逃げて
君は

その苦しみを代わることはできない
君の代わりはできない
君は君でしかない
だから君が君を大切にしないで
誰が君を大切にするの

自分を好きになろうよ
もっと





                       〔青島江里:選〕