□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 279号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
J-BOOKAmazonクロネコヤマトなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十四年

 戦後七十四年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二 / く れ )

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)

    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>) 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。

  木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>

  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さんが新詩集を出版!!

  坂井一則 詩集
  『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)

    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)












 編集雑記


追悼・緒方貞子さん

 日本人初の国連難民高等弁務官だった緒方貞子さんの魂を誇りに思うとともに、心から哀悼の意を申し上げます。


 ■緒方貞子さん死去 元国連難民高等弁務官、92歳

 国連難民高等弁務官や国際協力機構(JICA)理事長として活躍した緒方貞子(おがた・さだこ)さんが死去したことが分かった。92歳だった。葬儀は29日午後、東京都内の教会で営まれた。

 1927年、東京都出身。聖心女子大学を卒業後、米国ジョージタウン大学で修士号、カリフォルニア大学バークリー校で政治学博士号を取得。76年に日本人女性として初の国連公使となり、国連人権委員会日本政府代表などを歴任した。
 91年1月に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のトップに就任。イラクでクルド人支援に取り組み、家を追われてトルコとの国境周辺にとどまる大勢の人々の支援を決断。UNHCRはそれまで国を逃れた難民を支援対象としていたが、国家によって生命と安全を保障されない国内避難民の支援にも踏み出し、転機となった。

*補足
<クルド難民に続いて旧ユーゴスラビア紛争が起きます。92年にボスニア・ヘルツェゴビナが内戦状態になって、セルビア系とクロアチア系、モスレムが入り乱れるなかでエスニッククレンジング(民族浄化)が始まり、逃げ惑う大量の難民が発生します。この紛争においても、緒方さんは積極的な難民支援に出ます。支援の輸送トラックが攻撃され死傷者も出たことから、陸路をあきらめ、NATO軍の協力を取りつけて、パラシュートをつけてピンポイントで物資を投下するという支援を、前代未聞の3年半に渡って行います。>(島)

 また、国家中心の安全保障に代わる概念として、紛争や貧困など、あらゆる脅威から人々の生存や尊厳を守る「人間の安全保障」の重要性を提起。2012年の国連総会では「人間の安全保障」を重視する決議が全会一致で採択された。
 01年からはアフガニスタン支援日本政府特別代表を務め、03年10月にはそれまで外務省出身者がトップに就いていたJICAの理事長に就任。「現場主義」を浸透させ、海外事務所を増やすなどの改革やアフリカ諸国への援助増を推進。国際的な知名度を生かし、大きな存在感を示した。
 12年4月から務めたJICA特別顧問・特別フェロー時代も世界を駆け回り、シリアの難民問題などで活発に発言。「人間の安全保障の危機がイスラム圏で最も顕著に現れている」と語り、宗教・宗派、信条、人種によって保護される人に差が生まれている状況を危惧していた。朝日新聞のインタビューで「人間の『命を守る』という最も基本的なところから始めざるを得ない」と語り、国家が単位となる国連安全保障理事会だけでなく、赤十字国際委員会やUNHCR、ユニセフ、非政府組織(NGO)の役割を重く見ていた。
 ユネスコ・ウフエボワニ平和賞、朝日賞特別賞を受賞したほか、文化勲章を授与されている。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.10.29より



 ■緒方貞子さん「思いやり、人間の最も人間らしいところ」


 日本人として初めて国連難民高等弁務官に就任し、難民問題などに力を尽くしてきた緒方貞子さんが亡くなった。現場にこだわった姿勢と情熱は後に続く人たちに影響を与えた。

 緒方さんが率いた国連難民高等弁務官事務所(UNHCR、本部スイス・ジュネーブ)は、世界で増え続ける難民への支援が主な役割で、人命を救うという意味で最も重要な国連機関の一つだ。UNHCRは緒方さんの任期中、各国や他の国際機関と協力し、難民の発生防止や帰還の環境を整えるといった政治的な領域で仕事の幅を広げた。
 現在、国連難民高等弁務官を務めるイタリア出身のフィリッポ・グランディ氏は緒方さんが高等弁務官だった当時に特別補佐官、官房長として仕えた。緒方さんの一挙手一投足を見て学んだといわれる。緒方さんを「恩師、友人、そして先任者」と呼び、高等弁務官に就任後も来日時に面会していた。

 緒方さんは国際機関で働く日本人にも多大な影響を与えた。現在、国連で日本人トップの事務次長(軍縮担当)を務める中満泉さんもその一人だ。
 中満さんは1989年に国連入り。難民支援の最前線に出たいとUNHCRを選び、トルコに赴任した。91年春、「メンター(師)」と仰ぐ緒方さんと初めて会った。高等弁務官に就任したばかりの緒方さんの初の現場視察を出迎えた。当時はイラクからクルド人難民が多数流出する「クルド難民危機」のまっただ中。緒方さんはトルコ大統領との面会など分刻みのスケジュールをこなした上で、イラク国内でUNHCRによる支援を始める決定を下した。厳密に言えば難民ではなく避難民だったが、できるだけ多くの人命を救うためだった。
 中満さんは緒方さんについて「小柄ながらエネルギーを発散し、躊躇(ちゅうちょ)せずに多くの質問を投げかけてくる緒方さんに感銘を受けた。それが私と同じ日本人女性であることはとてつもなくうれしいことだった」と著書で語っている。
 中満さんは日本を訪ねる度に、緒方さんと電話で話していた。日本時間の30日にも日本に行く予定で、到着次第、連絡をしようと思っていたという。取材に「なんと言っていいかわからない。仕事はもちろんだが、人間として大事なことを教えていただいて、本当にありがたかった」と語った。「人生は長いから、回り道をしてもいい」――。その一言に何度も背中を押されたという。

 2016年10月、都内で開かれた「朝日地球会議2016」ではこうメッセージを寄せた。「難民問題は私の高等弁務官時代より量・質ともにより深刻になっている。重要なことは苦しんでいる人々に関心を持ち、思いを寄せ、行動をとることだ。人々が互いを思いやることこそが、人間の最も人間らしいところだと思う」。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.10.29より




写真:国連難民高等弁務官時代の92年7月、サラエボ空港で国連保護軍(UNPROFOR)のマッケンジー現地司令官と話す緒方貞子さん。

難民に話を聴くのが一番だと、すぐ現地に入ろうとする緒方貞子さんには、兵士から防弾チョッキが着せられている。(普通にバッグを持っているので、防弾チョッキのすぐ下は、普通の格好をしているのだとわかる)









あっちゃんの移動販売車

 高齢化が進む山間部。まったく店もなくなって取り残されていく山間部に、一日一回、スーパーの移動販売車がやってきます。これは、ある移動販売車の物語です。


 ■あっちゃんの移動販売車 ── お客さんには言っていないこと

 移動販売車の運転席で、山下渥子(あつこ)さん(61)がダッシュボードの音量スイッチをひねった。スピーカーから軽快な歌声が流れ出す。

 ♪ふれあい 信頼 大切に産地と食卓つなぎます
 みんなの健康 幸せを 今日もちょっぴりお手伝い♪

 山あいの細い街道を、軽トラックが大きな歌声を響かせ進む。車窓の両側には家々が並ぶが、枯れ草に沈む建物も目につく。人の気配が薄い。
 「みんな来るかな?」

 販売車を空き地に止めた渥子さんは心配そう。その視線の先から3人、4人、一歩一歩、笑顔が近づいてきた。
 「こんにちは!」。渥子さんの顔がパッと明るくなって、自然に声も大きくなる。
 「あっちゃん、元気にしとった? 今日は寒いねえ」
 「まだ風がつめたいでね」
 三河弁であいさつしながら販売車の荷台パネルをはね上げると、そこは小さな市場だった。軽トラの荷台のスペースいっぱいに、みっちりと食品や日用品が詰まっていた。
 「あれ、アサリだ。季節だもんねえ」「あんたの財布、破れそうなほどお金が入っとるね。なんだい? 硬貨か」
 ハッハッハ。静まりかえっていた集落に音と色が戻り、花が咲いたようだ。

 ●こんなにできる人はそうおらん

 愛知県新城(しんしろ)市を、「J笑門(えもん)」と名付けたJA愛知東の移動販売車が走り始めたのは2017年6月のこと。高齢化が進む中山間地では地元商店が相次いで廃業し、買い物に困る高齢者が増えていた。
 J笑門は鳳来(ほうらい)地区の過疎集落を結ぶように巡る。週3日、販売を担うのが鳳来寺山の参道に住む渥子さんである。親しみを込めてみな「あっちゃん」と呼ぶ。
 アルバイトながら、どんな商品をそろえ、いかに売るかは任されている。バナナやヨーグルト、おすしやコロッケなどの総菜がよく売れるが、定番ばかりを並べても、人生の先輩たちを満足させることはできない。

 「あのおばちゃんはいつもシソ納豆を買う」「こないだタラを頼まれたのになかったね、ごめん」。これから行く道々で待つ一人ひとりの好みや顔を思い浮かべながら、勤めるJAのスーパーで、朝2時間をかけ、商品をよりすぐり、J笑門に積む。
 お客さんの中には、自分で商品を見て選べる唯一の機会が販売車だという人も多い。「ほしいと言われて『ない』と答えるのが一番悔しい」。タテをヨコに、横を縦にしながら棚いっぱいにすると、商品数は1千にもなるという。

 あっちゃんは「品ぞろえがいいだけではだめ」と言う。
 心がけるのは笑顔。それも硬く張り付いたような表情ではない。心からの笑顔。「ムスッとしている人が自分の集落に来ても、誰も会いたくないじゃんね」
 売り上げは徐々に増え、最近は10万円を超える日も珍しくない。統括店長の小泉和宏さん(58)は「あっちゃんかい? こんなにできる人はそうおらん。大したもんだ。尊敬に値するよ」。そう言って、両手のこぶしをぐっと握った。

 ●心の中は真っ暗でした

 あっちゃんが、お客さんには言っていないことがある。夫が病の淵にあること。午前2時起きで新聞配達をしてから販売車に乗っていること。

 夫の修市さん(68)に14年、肺がんが見つかり、手術をしたが1年半後に再発、さらに膵炎(すいえん)にも苦しむ。夫婦二人三脚で営んできた製材所の仕事が、満足にできなくなってしまった。
 「夫を支える人生だったから、どうしたら私の力で生きていけるかわからなかった。心の中は真っ暗でした」

 午前2時半、真っ暗闇から、あっちゃんの一日が始まる。里山に点在する100軒超の家に新聞を配る。車を降りたあっちゃんは新聞を抱えて走っていた。「ゆっくりしとったら、間に合わん」
 朝5時に帰宅するとすぐ、夫の朝食と昼食を準備する。台所で立ったまま朝ごはんを食べるのも、もう慣れた。そのままの勢いで6時半に家を出て、市街地にあるJAのスーパーへ向かった。
 あっちゃんの誠実な働きぶりを認める知人の紹介で、1年9カ月前に得たのが、移動販売の仕事である。

 午後1時10分、時計を見ながら待っていた鈴木利久さん(86)が自宅の居間で「ハッ!」と言っておもてに飛び出した。J笑門から歌声が聞こえてきたからだ。
 「先生、こんにちは!」。あっちゃんから声がかかった。あっちゃんの一人娘は、利久さんが小学校の教頭をしていた時の教え子なのだ。「PTA会長の奥さんだった時から、よく助けてもらっただよ。今も面倒みてもらっとるで、わしも協力せにゃいかんと、必ず買いに行っとる」

 先生は夫の病気のことを、人づてに聞いて知っている。「心配かけまいと、奥さんはみじんも態度に出さんのじゃ」。先生も11年前に妻を亡くし、いまはひとりで暮らす。「看病する者のつらさは苦しいほどわかる。あの人かい? 心配でたまらんのう」
 トマトとバナナ、イチゴ、サラダを1545円分、買った。つらい思いはさせまいと思うから、別れ際にこう言うのが精いっぱいだった。「お体に気をつけてな。みんなあんたが来てくれないと困るんでな」
 そんな先生の気持ちを知ってか知らずか、一番の笑顔であっちゃんは応えた。「体は丈夫だから。ありがとう」

 ●後悔するのは嫌じゃんね

 なぜ、あっちゃんは笑顔でいられるのだろう。なぜ、止まらず働けるのだろう。
 この日、あっちゃんが帰宅したのは午後7時だった。そこから座ることなく、一日体調が優れず家にいた修市さんに、すき焼きを用意した。
 「修ちゃんの希望はできる範囲で全部かなえたいんだ。後悔するのは嫌じゃんね」
 横で聞いていた修ちゃんは照れたように笑った。「この人は、ただ者じゃないね」
 午後9時、床についた。

 あっちゃんが「気にかかるおばあちゃんがいる」と言う。そのおばあちゃんは、くの字に曲がった小さな体を手押し車で支えながら、毎週欠くことなく、坂道の上に止めた販売車まで来てくれる。
 湿布だらけの足があまりにも痛そうなので見かねて「家の前で止まってあげるから」と言ったことがあったが、深く刻んだしわをいっそう深くして「そりゃあだめじゃ」と強く拒んだという。

 安藤恒子さん、88歳。夫を40代で亡くし、病院の食事をつくる仕事で生計を立てた。
 長女が家を出てからは、ずっとひとり。どんなに足が痛くても、自分の足で約200メートル歩き、1週間分の食料を選び、買い、また帰る。途中、何度も何度も、休みながら。
 あっちゃんがその姿を見て言った。「誰にも甘えずに、一人で生きる。そんな意志を感じます。私もあんなふうに強く生きたいなって思うね」

 精いっぱい生きる。力を尽くして生きる。その決意が、あっちゃんの本物の笑顔に表れるのだろう。
 あっちゃんはたくさんの人の暮らしを支えている。
 あっちゃんもまた、たくさんの人に支えられて、今日も移動販売車を走らせている。


  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2019.10.29より








「当たり前じゃない日常」

 病気になると、よくわかりますよね? 元気になったら、あれ食べたい。あそこに行きたいって。人って、それだけで生きている理由になるんじゃないですか? 事故や病気や災害。だって、それが叶わなくなった人がいっぱいいるのだから。
 時々、そういう基本、生きて在ることの感謝に、立ち返らねばと思うことがあります。ある高校生が、それを教えてくれます。


 ■「当たり前じゃない日常」生きる 白血病と闘う18歳

 白血病と闘う18歳の女子高校生が、スマートフォンで動画をつくり、同じ病を患う子どもたちやその家族を勇気づけている。「日常は当たり前のようで、当たり前じゃない」。お気に入りの歌謡曲にメッセージをのせ、生きることの尊さを訴える。

 ●闘病5年超 子どもたちに動画贈る

 「朝目を覚ますこと ご飯が食べれること 笑いかけてくれる人がいること…… 当たり前のようで当たり前じゃありません」

 11月中旬、千葉県成田市立加良部(からべ)小学校の体育館であった音楽会。ステージの大画面に、いきものがかりの曲「心の花を咲かせよう」にのせた動画とメッセージが映し出された。竹森夕海(ゆうみ)さん(18)=千葉市=は大勢の児童と一緒に、穏やかな表情で自分の「作品」を見つめていた。
 夕海さんは、近くの成田赤十字病院にある院内学級「あすなろ学級」の元生徒。中学1年で急性リンパ性白血病と診断された。闘病で受験を1年延ばし、今は同県八千代市の高校に通う2年生。2月に3度目の再発がわかり、3回目の入院生活を送っている。
 5年を超す闘病生活を支えてくれたのが音楽だ。3年ほど前にスマホを持つと、アプリで動画づくりを始めた。

 はじめて人に作品を贈ったのは2年前の夏。白血病の治療で福島県の病院に行くことになった、入院仲間で6歳の佐藤凜汰朗(りんたろう)君=千葉県香取市=のために、いきものがかりの「笑顔」にのせた動画を作った。

 ♪どこまでも どこまでも 明るくなれる りんちゃん(凜汰朗君)の声がいつだって一番のひかり♪

 「早く帰って来てね」と祈りながら、アレンジした歌詞に、病室で撮った凜汰朗君の写真をちりばめた。

 凜汰朗君は福島で帰らぬ人になった。息を引き取る直前、手拍子をしてスマホで動画を見ていた姿を母の圭子さん(42)は忘れられない。「月命日に必ずこの曲をかける。大事な宝物」

 同じ頃に亡くなった岩井優真(ゆうま)君(当時10)=同県銚子市=の家族は一周忌の際に、絢香の「にじいろ」にのせた

 「♪これからはじまる ゆうまくんの物語♪」という字幕つきの動画をもらった。母の広美さん(46)は「虹の向こうとこちらがつながっていて、優真はまだどこかで頑張っているように感じる」という。

 ●ある覚悟が支えに

 つらい別れを経験し、夕海さんは、人前で思いを語るようになった。昨年に続き2回目となる音楽会への出演は、あすなろ学級で教える小田幸枝教諭の勧めで実現した。今回、夕海さんは闘病中の自分や凜汰朗君と優真君の写真を動画に取り込み、元気いっぱいの児童にメッセージを贈った。

 「当たり前じゃない日常を どう生きるかは自分次第です」

 前向きで笑顔を絶やさない夕海さんだが、治療後に免疫力が下がった影響で左目はほとんど見えない。骨が弱くなり自力で歩くのも難しくなってきた。
 でも、調子が良ければ学校に顔を出し、友人と買い物や食事をする。ある覚悟が夕海さんを支えている。

 「私はたくさん泣いて怒って そしてたくさん笑って 日々を過ごしていきたいです」


  ───── 以上、朝日新聞デジタル アピタル 2018.12.11より



 ■闘病6年「もういいよね」 18歳ユウからの4分42秒

 2月8日午後、竹森重子さん(49)=千葉市花見川区=は、次女・夕海(ゆうみ)さんの検査結果を医師から聞かされた。
 急性リンパ性白血病の4度目の再発だった。

 これまでの治療で左目の視力を失い、骨ももろくなっていた。症状の進行で排尿が難しくなり、あらたに試した新薬も激しい副作用をもたらした。せきがとまらず、眠れない日々が続いた。熱は42度を超え、下がることはなかった。

 2週間後の真夜中。
 ベッドに横になり、天井を見つめる夕海さんから告げられた。
 「ママ、もういいよね」
 奇跡を待つような治療で苦しむよりも、少しでも笑っていたい。それが、6年にわたって闘病してきた18歳の娘の選択だった。

 「いいよ、ゆっくり休もう」。重子さんはそう答えた。

 夫の征之さん(49)、長女の帆南(ほなみ)さん(21)の家族4人で富士山麓(さんろく)へドライブに出た。夕海さんは好物のハンバーグを味わった。何度も家族で行った東京ディズニーランドにも。休みがちだった高校では、友だちとのおしゃべりに夢中になった。世話になった医師や看護師、理学療法士に改めて感謝を伝えてまわった。

 旅立ちの衣装は、夕海さんが自分で選んだ。
 白のワイシャツ、薄灰色のベスト、タータンチェックのスカート。大好きだった高校の制服だ。学校には中退の届けを出した。
 病状の悪化は早かった。病院裏で満開になった桜を一緒に見上げたのが、最後の外出になった。
 4月20日、葉桜が風にそよぐ朝。夕海さんは家族に見守られ、永い眠りについた。

 病室の片付けをはじめると、衣装ケースの中に水色の封筒を見つけた。便箋(びんせん)が入っていた。

 〈ユウのケータイの 最後の動画みてね〉

 娘の見慣れた筆跡だった。夕海さんが眠るベッドの横で、スマホの動画を再生すると、家族4人だけの病室に音楽が響いた。

 《遠く離れてしまっても 思い出に満ちた未来へ/瞳(め)を閉じれば 君と過ごしたあの季節が思い浮かぶ》

 アイドルグループ「嵐」の「マイガール」。夕海さんのお気に入りの曲だった。画面に流れる歌詞は「君と」が「みんなで」にアレンジされていた。

 幼稚園の運動会、中学の卒業式、千葉・犬吠埼や北海道への家族旅行……。自宅のアルバムに整理してきた思い出の写真も、動画にはふんだんに使われていた。

 重子さんは視界がにじんで、もう何も見えなかった。
 4分42秒。
 夕海さん手作りの動画は、4度目の再発宣告の1カ月前、正月明けに保存されたものだった。

 四十九日が過ぎ、重子さんは初めて動画を見直した。間奏の画面には、3人あてのメッセージが残されていた。

 〈パパとママの子に産まれて ホナがお姉ちゃんで本当に幸せです ありがとう ユウより〉


  ───── 以上、朝日新聞デジタル アピタル 2019.9.24より


*「竹森夕海さん」で検索すると、今も2本の動画がWEB上に残されています。








大川小の津波訴訟 結審に思う


 ■大川小の津波訴訟 石巻市と宮城県の上告棄却 最高裁


 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校の児童23人の遺族が訴えた裁判で、最高裁判所は石巻市と宮城県の上告を退ける決定をし、14億円余りの賠償を命じた判決が確定しました。

 最高裁は、震災前の学校と行政の防災対策に過失があったと認めた判断を維持し、今後、全国の教育現場の防災対策に影響を与えるとみられます。
 宮城県石巻市にあった大川小学校では、74人の児童が津波の犠牲になり、このうち、児童23人の遺族が石巻市と宮城県に対し、22億6000万円余りの賠償を求めました。

 1審の仙台地方裁判所は、「広報車の避難の呼びかけを聞いた段階で、津波が来ることを予測できた。教諭らの避難誘導に過失があった」として、市と県に賠償を命じました。

 一方、2審の仙台高等裁判所は、「学校は事前に避難場所や経路などを定める義務を怠った」として、1審よりもおよそ1000万円多い、14億3000万円余りの賠償を命じました。

 津波で犠牲になった人の遺族が自治体などを訴えた裁判で、震災前の防災対策の不備を理由に賠償を命じた判決は初めてでした。

 これについて、市と県が上告していましたが、最高裁判所第1小法廷の山口厚裁判長は、11日までに上告を退ける決定をし、市と県に賠償を命じた判決が確定しました。
 決定は上告理由に当たらないとし、5人の裁判官の全員一致の意見となっています。

 最高裁が震災前の学校と行政の防災対策に過失があったと認めた2審の判断を維持したことで、今後、全国の教育現場の防災対策に影響を与えるとみられます。

 ●「事前防災」 全国に影響か

 今回、最高裁の判断が全国の教育現場の防災対策に影響を与える可能性があるとして注目されていたのは、2審の判決が、学校や行政に対して、ふだんから高いレベルの防災対策に取り組む義務があるとしたからです。津波からの避難をめぐり、遺族が学校や勤務先などに賠償を求めた裁判で、大川小学校の裁判の2審判決はほかのどの判断とも異なり、注目されました。

【2審判決の特徴1 事前防災】
 2審判決の1つ目の特徴は、「震災前の防災対策に過失があった」と判断したことです。大川小学校をめぐる裁判の1審判決や、そのほかの津波の避難をめぐる裁判の判決では、「地震が起きてから津波が来るまでの対応」に過失があるかどうかによって、賠償責任が判断されてきました。一方、2審判決は、震災前に、津波の予測や小学校の立地を詳細に検討すれば津波の危険性を予測するのは十分可能だったとしました。そのうえで、震災前に危機管理マニュアルで、避難の経路や避難方法を定めておくべきだったのに怠ったと指摘しました。

【2審判決の特徴2 児童の安全確保義務】
 このように、学校側に高いレベルの防災対策を求める前提としたのが、学校には、「学校保健安全法」によって児童の安全を確保する義務があると、明確に判断したことです。これが2つ目の特徴です。校長や教頭らは、義務教育で児童を預かる以上、一般の住民よりも防災に対してはるかに高い知識や経験が必要だとしました。大川小学校が津波ハザードマップで浸水予想区域に含まれていなかったことについて「児童の安全に直接関わるため、独自の立場から信頼性を検討すべきだった」などと指摘しています。

【2審の特徴3 行政にも責任】
3つ目の特徴は、校長など教育現場だけにとどめず、教育委員会や行政の防災担当部局の関与にまで踏み込み、「市の教育委員会は学校の対策に不備があれば指導すべき義務があるのに怠った」と指摘したことです。

【全国の学校現場に影響か】
 こうした2審の判断を最高裁が維持したことで、学校側の事前の防災対策が足りないと、災害で被害が出たときに賠償責任を負うケースがあることが明確になったと言えます。今後、全国の教育現場に影響を与える可能性があります。児童や保護者にとっては子どもたちの安全確保に重きを置いた司法判断で、学校や行政がどのように受け止め、対策が進められるかが注目されます。


  ───── 以上、NHK NEWS WEB 2019.10.11より




 ■河北新報社の記事より、当時の状況をピックアップします


 東日本大震災で全校児童の約7割にあたる74人が死亡・行方不明 になった宮城県石巻市立大川小学校で、地震発生から児童らが津波に のまれるまでの詳細な状況が、市教委や助かった児童の保護者らへの取材で明らかになった。

 学校側が、具体的な避難場所を決めていなかったことや、教諭らの危機意識の薄さから避難が遅れ、さらに避難先の判断も誤るなど、様々な〈ミスの連鎖〉が悲劇を招いた。

 市教委の調査などによると、3月11日午後2時46分の地震発生時は、児童は下校中か、「帰りの会」の途中だった。校舎内の児童は 教師の指示で校庭に集合し、学年ごとに整列した。下校中の児童もほとんどが学校に戻った。

 午後3時頃、点呼を終えると、教頭(校長は公休で不在)と数人の教諭が桜の木の下で、「山へ逃げるか」「この揺れでは木が倒れるので駄目だ」などと延々話し合っていた。学校の津波の際の避難マニュアルは避難場所について「高台」としていただけで、具体的な場所を記していなかった。

 ただ、津波被害を受けた周辺の5小中学校のうち、1校には避難マニュアルがなく、作成していた4校のうち1校は避難場所を「校庭」としていた。


 一方、防災無線からは大津波警報が鳴り、避難を呼びかける声が響いていた。余震が続き、泣き出したり、嘔吐(おうと)したりする子もいた。保護者らが相次いで児童を迎えに訪れ、教諭は対応にも追われた。「ここって海岸沿いなの」と不安がる女子児童や、「死んでたまるか」と口にする男子児童もいて、騒然とした雰囲気になった。

 当時6年生の女児を連れ帰った母親(44)によると、母親が担任 に「大津波が来る」と慌てて伝えた際、担任は「お母さん、落ち着いてください」と話した。しかし、すぐに避難する様子はなく、「危機感がないようだった」という。暖を取るため、たき火をしようとした教諭もいたとの証言もあったが、市教委は確認できなかったとしている。

 市教委の調査では、その後、市の広報車から「津波が松林を越えてきた。高台に避難してください」と呼びかける声が聞こえた。教諭と、この時も、集まった地域住民の間で「山へ逃げた方がいい」「山は崩れないのか」などのやり取りがあった。結局、約200メートル先の 北上川堤防付近にあり、堤防とほぼ同じ高さ6~7メートルの高台(注*それは校舎屋上の高さと変らない)に避難することになった。



 避難を始めたのは地震から約40分後の午後3時25分頃。
 約10分後の午後3時37分頃、6年生を先頭に、学校の裏手から北上川沿いの県道に出ようとしたところで波が襲い、高台ものまれた。


 列の後方にいて生還した、5年生の男の子がいた。津波の翌日、男の子を保護した顔見知りの男性によると、男の子は震災から1カ月が過ぎたころ、当時の状況をこう明かした。

 すごい音がして、津波が前から来た。腰を抜かし、その場に座り込んだ子もいた。自分で判断して、裏山に逃げた。
 竹林で他の男の子2人と大人十数人と一緒になり、一晩過ごした。大人が持っていたライターで火をおこした。「眠れば死ぬんだからな」と言われ、一睡もしなか った--。

 当時大川小にいた先生10人と事務員1人のうち、佐々木先生を含む9人が死亡し、1人は 行方不明のままだ。助かったのは裏山を駆け上がった40代の男性教諭1人。この教諭は山を登る際、倒木で負傷しながら近くの男児1人を押し上げるように助けたという。

 石巻市は、大川小学校への津波到達を想定していなかった。市の「防災ガイド・ハザードマップ」は、同小を避難所として「利用可」としている。
 また、大川小は、山と川沿いの堤防に、周りの視界を遮られており、海側は見えず、津波が堤防を超えてくるまで、川の水流変化も見えていなかった。という背景もあるが、

 しかし、なぜすぐに裏山にすぐ避難しなかったのか--。大川小学校の惨劇への疑問は、この一点に集約される。学校裏山への避難は緩い斜面を辿れば低学年でも5分で安全な高さへ行くことができることを、わが子を亡くした親とともに確認したという。

 また、下校時間に近かったため、当時は現場にスクールバスが待機しており(子供たちが来ないため、待っていてそのまま被災)全員がバスに乗って避難することも、やれば可能な状態だったという。


<この大川小学校の対応不備は、私たちに多くの警鐘を鳴らしてくれているように思えてなりません。高裁の指摘どおり、事前のことができていないということもあるのですが、
まず点呼を取って、全員の確認をしているところ。「避難所」に指定されている学校だから、そこにいれば、とやかく言われることはないだろうと思ってること。通常通りの保護者に迎えに来てもらう対応を取っていること。合意が取れるまで、延々協議をしていること。最後に移動する際においても、学年順に整列して移動していること。しかも、校舎の屋上と高さの差のないところへ、校庭同様のスペースがあるという点で目指していること。
 まずもって、これは「地震」の時の対応で、「津浪」対応の意識が全く欠落しているということもあるのですが、これらはよく見ると、すごく「事なかれ」主義で、今の世の多くの場面・場所において、皆がすごくやってしまいそうなことをやっているという気がしてならないのです。この大川小の対応の間違いというのは、学校のみならず、私たち民間に幅広く、情け容赦ない災害に対して、こうした対応は間違っているんだと、すごく警鐘を鳴らしてくれていると思うのです。
 次に、全く対照的だった釜石の学校の対応を見ます。こちらでは、過去の三陸沖津浪の教訓が生きており、津浪に対してのみならず、今回の台風19号による洪水にも適応できる、学ぶべき指針がたくさん示されていると思います。>




 ■釜石市立鵜住居小学校及び、隣接の釜石東中学校のその時


★14:46地震発生

鵜住居小学校及び、隣接の釜石東中学校 <海抜2メートル>

中学生の多くは揺れが収まるとすぐに避難指定場所の「ございしょの里」へ走り出した
小学生は当初、校舎の3階に集まっていたが、中学生が避難していく姿や消防団の呼びかけにより「ございしょの里」への避難を開始

・釜石東中副校長(当時、校長が不在)
──校内放送をするためにマイクのスイッチを押したが反応しない。停電だった。
一番若い先生に「率先避難者になって走り出して!」と頼んだ
グラウンドに整列しようとする生徒に、「点呼は取らなくていい!ございしょの里へ走れ!」と先生に伝えにいってもらい、自分は校長室や職員室の鍵を閉めた


★14:55~15:10 訓練での避難場所となっていた「ございしょの里」到着
 直線距離で800m移動 <海抜4メートル>

中学生は訓練どおり、ここで整列・点呼を取り、全員の無事を確認した。
その後、小学生や地域住民も遅れて到着し、600人以上が集まった。
保護者が迎えにきていた小学生は、ここで引き渡された(1名が、引き渡し後、犠牲となる)

・地域のおばあさんから「ございしょの里の裏山が崩れている。とんでもないことが起こる」と知らされる
・訓練から感じていたが、ここは学校と標高が数メートルしかちがわない
川の近くだし、津浪が襲ってくるんじゃないかという女子中学生の意見


★15:10~
がけ崩れの危険や地域住民の助言を踏まえ、
高台の「やまざきデイサ―ビス」へ向かうことを決断し、再度出発


★15:17頃 津浪が市街地に襲来
やまざきデイサービスに順次到着 直線距離で300m移動 <海抜15m>

高台の「やまざきデイサ―ビス」へ向かった数分後、鵜住居を津浪が襲い、
学校やございしょの里を呑みこんだ
「やまざきデイサービス」にたどり着いた子供たちは
そこから、まちが津浪に呑まれるのを目撃した


15:17~15:30 もっと上へ
「恋の峠」<海抜44m>を目指す 山道を、直線距離で500m移動

街を襲う津浪を目撃し、ここも危険と判断。
津浪から逃れるため、「恋の峠」を目指して、さらに長い坂を駆けあがった

このギリギリの状況の中で、子供たちは
・車いすで避難していた住民の車いすを押す
・途中で合流した鵜住居保育園の園児の手を引いて、避難を手助けする
など、「助けられる人から、助ける人へ」を実践した

・男子生徒───波がぴったり後ろから追いかけてきて、足が空回りする感覚だった。
・女子生徒───保育園の先生が1人で3人くらいの手を引いて走っていたのを見て、「ヤバい!逃げ遅れる!」と思った。小学5~6年生くらいの子が園児をおんぶしたり抱っこしたりしているのを見て、自分もやらなければと思って、少し戻って、2~3歳の子を抱きかかえて走った。途中、坂を上れないと思い、近くを走っていた友達のお父さんにお願いした。
・釜石東中副校長───避難の最後尾から「自分の命は自分で守りなさい!止まらないで走りなさい!」と叫び続けた。小学生の靴が脱げて落ちていたのを拾いながら走った


*津浪はちょうど、先程の海抜15m「やまざきデイサービス」まで到達したが、想定にとらわれない、全力を尽くして逃げる姿勢が奏功し、皆が「恋の峠」に到着。
「ございしょの里」で保護者に引き渡された一人を除いて、その日の登校者全員が助かっている。海抜2mのところにいて、15~16mの津浪を皆で逃げ切ったのは驚異的である。日頃からの心構えが全く違うと思う。称賛に値する。




 ■釜小中学生の生存率99.8%は奇跡じゃない。「想定外」を生き抜く力
   ── 片田敏孝 (東京大学大学院情報学環特任教授)


 岩手県釜石市では、市内の小中学生、ほぼ全員が津波の難を逃れた。多くの人たちは、これを「奇跡」と呼ぶ。しかし、そうではない。教育で子どもたちが身につけた対応力が「想定外」を乗り越えさせた。

 ●死者の声に耳を傾ける

 最初に、ある少女のことを書かせていただきたい。私は、岩手県釜石市の小中学校で先生方とともに防災教育に携わって8年になる。「どんな津波が襲ってきてもできることがある。それは逃げることだ」と教えてきた。特に中学生には「君たちは守られる側ではなく、守る側だ。自分より弱い立場にある小学生や高齢者を連れて逃げるんだ」と話していた。今回の震災では、多くの中学生が教えを実践してくれた。

 ある少女とは、私が教えた中学生の一人だ。彼女は、自宅で地震に遭遇した。地震の第一波をやり過ごした後、急いで自宅の裏に住む高齢者の家に向かった。そのおばあさんを連れて逃げることは、自分の役割だと考えてくれたからだ。逃げる準備をするおばあさんを待っているとき、地震の第二波が襲ってきた。彼女は、箪笥の下敷きになり命を落とした。

 病気で学校を休んでいた子やこの少女を含めて、釜石市では残念ながら5人の小中学生が亡くなった。それでも、命を落とした少女を含めて、一人ひとりが「逃げる」ことを実践してくれたおかげで、小学生1927人、中学生999人の命が助かり、生存率は99.8%だった。もちろん、死者が出た時点で、私たちがやってきた防災教育は成功したと胸を張ることはできない。だから、私は彼女ら死者の声に耳を傾け続ける。防災学は、人の命を救う実学だからだ。彼女らの声を聞くことで、別の命を救うことができる。

 ●小学生の手を引き逃げた中学生

 釜石市の鵜住居(うのすまい)地区にある釜石東中学校。地震が起きると、壊れてしまった校内放送など聞かずとも、生徒たちは自主的に校庭を駆け抜け、「津波が来るぞ」と叫びながら避難所に指定されていた「ございしょの里」まで移動した。日頃から一緒に避難する訓練を重ねていた、隣接する鵜住居小学校の小学生たちも、後に続いた。

 ところが、避難場所の裏手は崖が崩れそうになっていたため、男子生徒がさらに高台へ移ることを提案し、避難した。来た道を振り向くと、津波によって空には、もうもうと土煙が立っていた。その間、幼稚園から逃げてきた幼児たちと遭遇し、ある者は小学生の手を引き、ある者は幼児が乗るベビーカーを押して走った。間もなく、ございしょの里は波にさらわれた。間一髪で高台にたどり着いて事なきを得た。

 釜石市街の港近くにある釜石小学校では学期末の短縮授業だったため、地震発生の瞬間はほとんどの児童が学校外にいた。だが、ここでも児童全員が津波から生き残ることができた。

 ある小学1年生の男児は、地震発生時に自宅に1人でいたが、学校で教えられていた通り、避難所まで自力で避難した。また、小学6年生の男児は、2年生の弟と2人で自宅にいた。「逃げようよ」という弟をなだめ、自宅の3階まで上り難を逃れた。授業で見たVTRを思い出したからだ。既に自宅周辺は数十センチの水量で、大人でも歩行が困難になっており、自分たちではとても無理だと判断した。彼らは、自分たちの身を自ら守ったのである。

 ●日本一津波に強い町で起きた想定外

 三陸地方の町には、津波に対する人々の恐れが形となっていた。江戸時代の記録にも津波の襲来は何度も現れる。近代以降では、明治29(1896)年、釜石沖を震源として東北太平洋沿岸を襲った明治三陸大津波では死者約2万2000人に上った。同じく釜石沖を震源とした昭和8(1933)年の昭和三陸大津波でも多くの死者を出し、昭和35(1960)年にはチリ地震津波に襲われた。

 それでも、自衛策をとりながら人々は三陸に住み続けた。例えば釜石市では、昭和53(1978)年から湾口の防波堤建設に着手し、30年かけて平成20(2008)年に、海底63メートル、水面上6メートル、幅が北に990メートルと南に670メートルの防波堤を完成させた。

 宮古市田老町にも、高さ10メートルもある日本一の防潮堤が造られた。昭和8年の大津波の直後から建設が始められたもので、昭和53(1978)年に総延長2433メートルで工事は完成し、「万里の長城」と呼ばれるようになった。

 だが、今回の津波はそれをも乗り越え、自治体が作成したハザードマップでは津波が到達しないと考えられていた避難所や高台地域も被害に遭った。まさに想定外の津波が来てしまったわけだ。今まで造ったものが無駄だったわけではないが、津波の浸入を食い止めることはできなかった。とはいえ、これまで以上の堤防を造ることは財政的に難しいし、海との関わりの深い生活を送ってきた住民は、海から隔絶される生活を望まないだろう。

 だからこそ、ハードを進化させるのではなく、災害という不測の事態に住民がいかに対処するかというソフト、「社会対応力」の強化が必要になる。

 ●命を守るための行動

いざというときは想定にとらわれず、最善を尽くせ。率先避難者たれ。

揺れたら、ただちに高台へ避難
避難は「徒歩」が原則
逃げるときは「声かけ」しながら  
子どもを学校へ迎えに行かない
避難したら、 絶対に戻らない
「命てんでんこ」で行動する

*「てんでんこ」とは、東北・三陸地方の方言で「各々」とか「それぞれ」という意味です。
「津波てんでんこ」や「命てんでんこ」を直訳すると「津波はそれぞれ」「命は各々」ですが、「津波が来る時は一刻を争う非常事態であり、命を守るためにそれぞれ逃げなさい」ということを意味しています。
つまり、もし家族と離れている時に地震・津波が来ても、心配して探し回ったりして逃げ遅れる事無く「それぞれ」がしっかり避難し、家族を互いに信頼し合い自分の命を守るためにまず逃げなさいという教訓です。




 ■2011.3.11を体験した釜石市民より
  未来のあなたへ 10のメッセージ



大きな揺れや長い揺れを感じたら
あなたは、とにかく
高いところへ
逃げてください


たとえ過去の津波が
いま、あなたのいる
場所まで来たことがなくても
あなたは逃げてください


100回逃げて、100回来なくても
101回目も必ず
逃げてください


あなたが率先して逃げれば
多くの人の避難を促し
命を救うことになるでしょう


相手は自然。
いつ、どこまでどれほど
大きな津波が来るか
だれにもわからないのです


家族を信じて
みなが「命てんでんこ(めいめい)」で
逃げてください
自分の命は
自分で守るしかないのです


地震がおきたら
家族が別々の場所にいても
探したり
戻ってはいけません


もし、大切な人の命を守れなくても
決して自分を
責めないでください


やがて平穏な日常が戻ったとき
あなたはきっと気づくでしょう
自分は決して一人ではないことを
多くの人に支えられて
生きていることを

10
未来のだれかが同じ思いをしないように
いま、あなたにできること。
「避難を続けること」
「備えること」
「語り継ぐこと」



 今回、台風19号の洪水災害においても、迎えに行ったり、一度逃げたのに舞い戻ろうとしたりで、車での移動中に多数の方が亡くなられました。津浪同様に、河川の洪水も水で、決壊すると広がりが非常に早いということを思うと(河川特有の時間差の増水にも注意)、この津浪避難の教えは、洪水にも適用されるべきところが多々あると思います。
 また、「避難所」となると建物であり、建物である以上、平地にあるものが多いことを思うと、最初にまずもって避難するべき場所としては、最寄にある高所を、各自が、家族それぞれが、日頃から頭に入れておくべきではないのでしょうか。





                                   (島)