今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  





 梅の花


梅の花
凛とした白
恥じらい感じる紅
二月を彩る見事な開花

桜ほど騒がれなくとも
毎年
楽しみにしています
さみしかった冬に
丸みあるやさしさで
華やかに見せてくれる
梅の花を

やわらかさの中にある
毅然とした強さを
輝かせて
しなやかな枝を
彩り
パッと散って
次の実りへと
つなげてゆく

春が訪れる前の
つかの間の華やぎ

見逃さないように
少し
上を向いて歩きます





                       〔三浦志郎:選〕











@すみっこ



 夕焼けは


薄いみかん色の
甘酸っぱい飴玉が
今日も空に溶けたみたいだ

平等に
道ゆく人々に優しく
切なさを分け与えてくれる

私は束の間の
なめらかな空の下を
ゆっくりと歩いた

溶けた飴玉の
夕焼けは
過去の記憶になって
消えてゆく




                       〔齋藤純二:選〕





 言葉力


選び抜かれた言葉
一つずつ
繋げてみたり
離したり

この空欄には
この言葉でしかない
との迫力ある言葉を連ねてみたい

力強い言葉の裏に
表には出られなかった言葉達が
隠れていながら
本当は曝け出したいのだ

けれども
言葉に力がなければ
さらさらっと
通り過ぎてしまう

深く突くようで
やさしく
洗い出して
魔法をかけるように
人の胸にひっかかればいい
そして暫く
留まる事が叶うなら
言葉力があったということ

少しでも
人様の心に
残る事が出来た
そんなふうに共有できたなら

その一行に
響く言葉を探し続ける
私の心をも一緒に探しながら





                       〔三浦志郎:選〕





 忘れゆく日々を


忘れてゆく
いろんなことを
忘れてもいい
止めたりはしない

そうだね
真っさらな雪のように
穢れのない雪のように
降り積もっては消えてゆくよ

掴んで投げた雪も
足跡だらけになったじゅうたんも
寝転がって出来た人型だって

全ては
いつか消えて無くなるんだろう

そんなこと知ってるよ
それだって生きてゆけるよ

すーっと
いつかは誰もが
この地上から消えていくのだから

自分だけが
わかるように
真実かも嘘かもしれないものを
此処に書き残しておこう





                       〔島 秀生:選〕





 静かな一日を


気持ち
なんてわからない

明日と
その先も
どんな気持ちでいるか
なんて

考えても
ほんと
疲れるだけで

どうなるかなんて
考えない
考えない

今は休んで
休んで
私の心に
触れたり
擦ったり
勿論当たる事も
全くないように

そっと
ほんとの
お休みを下さい

雨の音さえ
静かで
穏やかな一日を





                       〔雨  音:選〕





 心とは


言ってくれたこと
確かに言葉だけれども
それは心であり

心と心の会話
というのかもしれない

直ぐに忘れてしまう
落ちこぼれな
細胞なのが
惜しいところなんだけれど

胸に手を当てれば
じんわりと
するのがわかります

心というのは
頭よりも
正直で
きっと賢いのだろう

気を張っていたのが
すぅーっと
解けていって
落ち着いたようだ

わかったのだろう
大切なことが

わかったのだろう
心がまるで
鏡に映し出されて

やっと
見えてきた自分がいる





                       〔雨  音:選〕





 嘘じゃない


私の心の中は
絶対全て真実だとは思わない
かといって
全て嘘だとは全く思っていない

これも私で
これも私なの
角度が違うだけ
見ている向きが違うだけ

何かをこらえて
何かに嘘をついている

それは私にかもしれない

私は私に
嘘をついてもいいのでしょうか
いえいえ
どうなりたいのでしょうか私は

幸せになりたい
と思ってみても
私のそれとは一体
どんなものなのでしょう

たまには私ではない
私にもなってみたいと思います

すらっとして美しく
パッチリ二重で
聡明で賢い素敵な女性に

明るく
笑顔が絶えない
気配り上手な女性に

家事全般
何でも出来ちゃう
ウルトラスーパー主婦に

憧れたら
きりがないなぁ

でも
欲張った分
楽した分
ツケが回ってくるから

大丈夫
なんとか私は
私で間に合っていますから
私といましょうか

この私で
このままの私で
やっていきますよ

どうやって
これから上手くこなしていこう
まずはやっぱり
夜は早く寝るしかないか

過去のことは
過去のことなんだ
これからのことだけを考えよう

こうなりたい
と言う私を
強く引っ張ってあげたい

幸せになりたいって嘘じゃない





                       〔Kazu.:選〕





 未来へ


今の私が
未来につながる
せっせ
せっせとがんばる

私の為に
周りの皆の為に
送り続ける

今私がしていく事は
全て将来の私に
きちんと届いていくのだ

一つ注意するとしたら
止めないこと

だって
生きていたら
明日はやって来るんだもの





                       〔Kazu.:選〕





 お祝い


春の訪れと
お祝いを込めて
あなたに贈りたい

咲いた
チューリップの花を

まるで春が
この花の為にあるかのよう

幾つも並んだ
一輪のブーケを
ずっと眺めていた

可憐で
つややかな花を持ち
茎はしっかりとしている

こんなにも
初々しく
瑞々しい姿だったなんて

贈らせてね
これからのあなただから

新しい制服姿も
きっと輝けるから
大丈夫だよ





                       〔葉月 祐:選〕











あ さ ぎ


 背中と将来


身体が弱い私
少しの距離でさえ、歩くと息があがってしまう

「こんなことしかできないから」
そう言って
あなたは私をおぶってくれる

大きな背中

あなたのこんなことしかは
私にとっては
とてもとても大きなことなんだよ
かけがえのないことなんだよ

私をおぶって歩くあなたは夢を語る
それは将来の夢
「お前は将来何になりたいんだ」
「わからない」と私は答える

本当にわからない

あなたへの感謝はもちろんある
でもそれとは別の気持ちも存在する

この気持ちがはっきりしたら
将来の夢もきっと伝えられる
そんな気がする

弱々しい身体の真ん中が
じんわりと温まるのは
きっと、私たちを照らす太陽のせいばかりじゃない





                       〔齋藤純二:選〕





 知らなくてよいことです


「諦めることはないよ。君には才能がある」
「君なら必ずできるよ。君にしかできないことだよ」
猫さんは心にもない言葉を犬さんに贈りました
その場限りの、その場を取り繕うだけの言葉であり嘘です

そうとは知らず、犬さんはとても喜びました
勇気だってもらいました
犬さんは猫さんの言葉を胸に刻みがんばりました
苦しいときの励みにしました

そして、犬さんは大成功を収めました
もちろん猫さんは、犬さんの大成功を気にも止めませんでした
自分が放った言葉の果てに犬さんがいるとは、思うはずもありませんでした

猫さんは犬さんを覚えていません
言った言葉も、会ったことさえも
犬さんは猫さんを忘れたことはありません
大切な記憶として、頭と心の中心に置いています

一つの嘘が生まれて、誰かがそれを受け止めます
その瞬間、嘘が輝き出すことがあります
一番美しく輝き出します

偽物が、本物ではないけれど偽物ではないものへ

すてきでおそろしくてくだらない
そして、どうしようもないくらい真実です

それは猫さんも犬さんも知りません
知らなくてよいことです





                       〔島 秀生:選〕











かすみ じゅん


 失 望


歩道柵の
脇に見付けた

深、と
アスファルトに伏せる
オブラードが小風に捲られ
菱形に持ち上がり
寸秒
微かに働く地球の重力に
辛うじて
立っている

其れほどまでに
脱力し
軽く
無力な存在

例えば

目の前の
テーブルに置かれた
透明な硝子コップの水にさえ
躊躇う事なく
飛び込んで
溺れてしまいそう

此の世界に
僕の居る場所なんて
何処にも

始めから、
無かったんじゃないかって

 土曜日の
 駅ビル前の広い通路

 人混みと
 引っ切り無しに
 鼓膜を刺激する
 愉しそうなお喋りと雑音

 俯き
 低く落とした
 視線を横切ってゆく
 緩急、目紛るしく行き交う
 様々な脚や靴を
 見詰めながら
 ぼんやりと

 周りより自分の温度が
 四度位
 低いような
 そんな疎外感を覚えながら
 ふらり、歩いた

 未だ
 粉雪すら
 舞い降りる気配もない
 冬の午後

 頬に柔らかく触れる
 暖かな陽差しも
 「君の冷たく沈む心には、
 温もりを届けることなど
 出来はしないよ」と

 嘲っているように
 感じられて

何時まで経っても、
テナント募集中。
張り紙の
しがみ付く窓
交差点の曲がり角に佇む
煤けた事務所ビルの
空室の記憶を

何処か遠い異国の
褪めた町で

明け方
ふっと俄に
灯を吹き消された
キャンドルから脱け出す
真っ黒な一筋の煙を

追い掛けるように
見上げている





                       〔島 秀生:選〕





 渺 々


幽かな
寝息を立てて
暗に紛れる
薄い帷の向こう側に隠れた
開かれたままの
片引き窓から
つう、っと
歩み寄る

突き刺すような
寒さを運ぶ
夜風が
そっと、顔を跨ぎ
額に
鼻先に
両の頬に
氷晶の幻を振り撒いて

黒く澄み切った
部屋の空を
冬の妖精が戯れるように
舞い踊る

街のささめく
雫が堕ちて
遠くから 波打つように
伸びて 広がり
すうう

届き
静寂に混ざり
溶けて
、消えて
抜ける
、、、、、る





                       〔島 秀生:選〕











小林 大鬼


 インドの旗


冬の日曜の朝
駅前のホテルの角で
カリー色した浅黒い男達が立ち並ぶ

インドの旗の下
サングラスをした
達磨のような代表者が
ヒンディーバーサで演説する

話が終わると旗に敬礼して
嬉しそうに箱の中の菓子を振る舞う

イェキャーヘェー?
…ミターイ

胡麻をまぶした螺髪の菓子は
瓦の破片や泥玉のように様々で
花の香水のように香るものや
昔懐かしい素朴な味は干菓子のようだ

中にいた人が言うには
今日はインドの憲法記念日らしい

インドの旗の下
皆で記念写真の後
子供のように撮り合う

ラムと言う名もあると話すうちに
なぜか代表者と握手を交わす
…ダンニャバード

ナヤンサール ムバーラクホ
突然の遅すぎる新年の挨拶に
草花が風に揺れるように笑い合う

フィルミレンゲー
明るく幸せそうな人達と別れる

インドの旗の下
白い花がまだ散らばる
遠い日本の空の下


 
*イェキャーヘェー = これは何ですか




                       〔三浦志郎:選〕





 テトが来る


チュクモン ナンモイ

遅すぎた新年の挨拶
ママさんは笑ってくれた

フォーガーにチャーヨー
汁たぷたぷのチェーで腹を満たす

隣では日本語を学ぶやんちゃな息子
女性の教え方が厳しくて適当に答えては
厨房のママさんにティンベェで甘える

夫妻が営むフォーの店
客はまだ私一人

今日は旧暦大晦日
店の外に机が置かれて
夫婦が次々に運んで飾る

酒や果物に丸鶏一羽
真四角なバインチュン
米が入ったグラスの線香

旦那さんが明日はテトで
今夜友達が来ると言う

チュクモン テト

まだ早すぎる旧正月の挨拶
ママさんはまた笑ってくれた

菱形の提灯の下テトの供え物は
幸せそうな人々を待ち侘びていた


* フォーガー = 鶏肉のフォー
  チャーヨー = 揚げ春巻き
  バインチュン = ベトナムちまき
  チェー = ベトナムぜんざい





                       〔雨  音:選〕





 冬の夜の観覧車


栄の街をゆっくり回る
冬の夜の観覧車

両親と乗るのはいつぶりだろう
昔行った遊園地の記憶は
遠すぎて覚えていない

明日はもう大晦日
名古屋の夜が流れてゆく

母親が写真を撮ろうとするが
暗くてうまく映りはしない

結婚した弟は来なかった
一人欠けた家族の旅は
何か寂しい思いが灯る

夢の時間が過ぎてゆく
冬の夜の観覧車





                       〔Kazu.:選〕





 夜の旅人


我が心の懐に
雪は降るのだ
風は舞うのだ

想い描いた
遥かな夢は
霧の向こうに
遠ざかり

千切れた旗は
落ち葉のように
空の彼方に
砕け散るのだ





                       〔三浦志郎:選〕











夕月 知李


 芽吹き


吐く息白く 凍てつく朝
木々はまだ葉もなく
華奢な枝でそびえ立つ

その姿は
どこか寂しそう

だがそれこそ木々にとって
大切な期間

じっと じっと じっと

風や雨と闘いながら

じっと じっと じっと

新しい命を宿し 育てている
まるで母が胎児を慈しみ守るように

聞こえなくても
話せなくても
動けなくても

トク トク トク
命の鼓動を感じる


そして日々が過ぎ
もうすぐ もうすぐ もうすぐ
命の声を感じる


春がもうそこまで来ているのだった





                       〔齋藤純二:選〕





 冬空へ


さあっと冷たく
少し突き放すさま

だけどどんな季節より
大地に凛とした姿で向かい合う
冬空

見上げると
何も答えないよと言う
その代わり
何でも聞くよと言わんばかりに
透き通る美しさをどこまでも 広げる

おかげで私の悩みや悲しみは
すっとあなたに吸い込まれ

…また歩いていけるさ…と

諦めというか勇気というか
その一言に変わる

強弱の全く無い
ずっと ずっと
一定すぎて物足りない
一定だから安心できる
冬空

私はそんなあなたに伝えたい

あなたにはなれないや
でも あなたになりたいかと問われると
そうでもない

あなたには勝てないや
でもあなたに勝とうとは初めから
思わない

あなたは私を見守るように 見下ろす
私はあなたにすべてを預けるように 見上げる

そんな関係も悪くない

あなたの凛とした冷ややかな愛で

春までよろしく





                       〔島 秀生:選〕











山 茱 萸


 嘘八百


わたしは嘘をつく

不安になるのは
巧く嘘がつけなかったからだろう

繕うためにつく嘘
言い訳の嘘
見栄をはる嘘

あるコンペに参加した日
初めてペンネームで作品を書いた
肩の力がゆるみ
貧しい心は解放されて
原稿用紙がやさし気
鉛筆はするすると
走って
嘘は成功した

 久しく気になっているのは
 先輩の一言
 “実名で発表したかったね”

深くにある
わたしだけの言霊に
出逢いたい
探し出したい
掬いあげたい
嘘八百を自在に編んで
うまく騙したい

ペンネームでも
実名でも
一番の難所
自身をも





                       〔齋藤純二:選〕





 違っていい


芽吹きの春が好き
・・・私は燃えるような紅葉の秋
儚い月光に一日がやさしくなれる
・・・赫々と輝く太陽は気持ちいい
温かい緑茶が一番おいしい
・・・冷たいジャスミンティは最高

体感が違う
嗜好も違う
ことごとく違う二人
吸う空気さえ別かと思う

違うことは
そもそも承知のうえ
生きるシナリオも
時空のからくりも違う
つれないそぶりに
時には息をのんだまま
目の前の景色を
見失うこともある

同じを探すのが難しい
同じはお腹がすいたら
食べたくなって
疲れると眠くなる
ことくらい

それでも
二人に拒絶がない
違うことで
自分を覗くことができる
お互いを認めあうこともできる

一緒の時間は
ふしぎに心地よく
今日が色づく
今日が深まる





                       〔Kazu.:選〕





 春の嵐


風に飛ばされた帽子を
追いかける
あ あ あ〜

側溝の端っこにつまずき
前のめり
水泳の飛び込みさながら
道端に放り出した
この か ら だ
あ あ あ〜

バスが通る
学生の自転車が通る
ウォーキングの
おじさんがふり返る
おばさんがふり返る
あ あ あ〜

ポケットのスマートフォンが飛んだ
画面に花が咲いた
ジーンズの膝小僧に血が滲んだ
あの帽子
どこへ飛んでったの

春の嵐に
身ぐるみ飛ばされて
丸裸
あ あ あ〜





                       〔三浦志郎:選〕











れもりあっと



 剥がれかけた広告


曇天の冬の
寒い道すがら
ポストにハガキを
出しに行く

コンクリートの塀に
剥がれかけた広告が
一枚
バン・バン・バンと
踊り狂っている

承認欲求を要求する
若者のいいね強盗と
大差ないような
可哀想な広告

さりげない風景の中に
ひっそりとはためいている

バン・バン・バン

誰彼ともなく私を見て
という広告はときに醜い
だがときに
一人の青年の胸に
淡い鐘のように鳴り響く
レトロな
甘い
ゴージャスを
奏でながら
はためいている
時もある





                       〔三浦志郎:選〕











ミリウェイズ



 喜 劇


世界は恐怖で溢れている。鏡に背中を向けた時、その像がこちらを嘲笑
っていないことを誰が保証できよう。夜の暗闇の中で、誰も、いや何も、
こちらを見ていないことを誰が証明できよう。散らばった紙の下で、悍
しい手が、指が、何かを求めて這いずり回っていない事を誰が確かめら
れよう。

嗚呼、真の恐怖は我らの裡より産み落とされるということか!
想像こそが恐怖!
人よ、己の持つ力に怯えよ!
そして喝采するがいい、自らの持つ力に!

…本当に? それは想像力なんて矮小な、自己満足的な物なのか? 誰も
否定も実証も観測も出来ない、昏き、暗きこの世界の闇を、見ないよう
にして蓋をしただけではないか?
恐怖は何処から来るのか、誰が知り得るというのだ?

後ろを振り返るな。そこには恐怖がいるかもしれない。否、それならど
れほど良かった事か。恐怖ですらない何かがいた時、我々に何が出来よ
うか。





                       〔島 秀生:選〕











九 丸(ひさまる)



 日曜日の昼下がり


日曜日の昼下がり
とりあえずコーヒーをいれてみる

日曜日の昼下がり
タバコを吸いたくなったので
カップを持って屋上へ
「また吸いにいくのか?」
九丸と冬弥、猫二匹
不満顔してお見送り
だって、おまえらタバコ嫌がるじゃん
そんな言葉は飲みこんだ

日曜日の昼下がり
雨上がりで薄い灰の空と
湿った風に流されるタバコの煙
勝手に置いたテーブルセットは
濡れていたけれど気にしない
灰皿には誰かの吸殻がふやけていたけれど
これも気にしない

日曜日の昼下がり
そもそも昼下がりってなんだ?
昼下がりって言葉がなければ認識できないんじゃないのか?
そう考えると、僕は誰かに認識されているのだろうか?
いや、認識されてはいるのだろうけれど
ちゃんと誰かと繋がっているのか?
繋がっているといえば空
晴れだろうが曇りだろうが
空は世界と繋がっている
ひょっとしたら、今、この瞬間
僕と同じように
コーヒーを飲み、タバコをふかしている
そんな誰かが
この空の下にはいるのかもしれない
それだって、偶然とはいえ
ある意味繋がりではないだろうか?

日曜日の昼下がり
口をつけたカップをテーブルに置く

日曜日の昼下がり
久しぶりに聞く焼き芋屋さんの声

日曜日の昼下がり
結局、一杯のコーヒーと一本のタバコ
そんなんじゃあ、答えは出なかったけれど
きっと、この時間が
日曜日の昼下がりなんだろうし
きっと、僕も誰かと繋がっているのだろう

さて、部屋に戻るか





                       〔齋藤純二:選〕





 多分、ラブレター


「波の花が綺麗だねえ」
そうあなたは言いました
ここで生まれ育った僕には
それが綺麗だなんて思ったこともなくて
冬の荒れた海が押しつけてくる
過酷さを吐露した吐瀉物くらいにしか
見れなくて
だから、僕にはあなたの
その似つかわしくない
オヤジ口調の方にこそ
興味をそそられました

「冬の海はツンデレなんだよ。たまに見せる晴れ間の顔が穏やかでかわいらし
 いでしょ。この、ういやつめえ」
「春の海は思春期なんだよ。大人になるための準備運動。いいねえ。若さを感
 じるねえ」
「夏の海はエロいねえ。あ、勘違いしちゃダメだよ。海がエロいんだよ。だっ
 て、老若男女問わず脱がしちゃうんだから。まったく、節操のないこった」
「秋の海は、そうだな、休憩中。だって、ずっとは走れないよ。疲れてんだよ」

通り過ぎていく季節
僕に与えらたのはと考えてみれば
それはさも満足気に過ぎ去ろうとしている後ろ姿への戯れた怒りであったり
変わらず佇むだろう自分への嘲りであったり
時なんてものの絨毯に乗って
俯瞰してると勘違いの妄執であったり
なんにしても、実りあるものなどありはしませんでした
もし、あなたと出会わなければ
僕は今でも拗ねた想いに浸っていたことでしょう

それが今では
 押し寄せる泡に『波の花』
 なんて初めて名付けた人は
 今日のような
 清青が織りなして
 そこに煌めく泡を見たからに違いない
そんなことを考えるようになりました

あなたは異国の地でも
変わらずにオヤジ口調でしょうか?
そんな口調があるのかは
知りませんが
できれば変わらずにいて欲しいです

今頃はスペイン
それとも、モロッコに
渡ったでしょうか
「一年後にまたね」
短い言葉の約束
それは不確かな置き土産ではなく
僕にとっては
確かに履行される言葉です

SNSでのやり取りでは書けない想い
あなたが帰ってきてから告げようとおもい
いや、恥ずかしさのあまり
告げられないかもしれないともおもい
だから、手紙にしてみました
これがどんな感情なのかは
僕自信にも判然としません
でも、いろいろな想いを内包して
たった二文字でたりるのかもしれません

お帰りなさい
そして、好きです





                       〔島 秀生:選〕





 月の雫


通ってきた道の数ほど
そんなことが言えるほど多くはないけれど
それなりに夢なんてものは捨ててきた
羽化できなかったサナギの亡骸
後ろを振り返ることもなく
捨ててきた数も忘れてしまった
いや、捨てることに慣れてしまったのか
しょうがないとの言葉に殴られて
しょうがないとの言葉に慰められもして
踏めそうな道を選び選び
悩みながらを繰り返し、歩いている

今夜は三日月がとても綺麗だ
薄靄に邪魔されることもなく
輪郭がくっきりと浮かんでいる

そんな三日月から一雫
突然垂れた銀光一滴
ずりずりと歩く僕は
思わず掬ってしまった
掌で控えめに眩い雫は
やわらかくて
それでいて凛として
そして、暖かくて

優しい光が道を指す
その光はまだ弱くて
照らすというには心細いけれど
せっかく僕を見つけて
せっかく僕のところに来てくれたんだ
その道に踏み出すのも悪くないのかもしれない

恐る恐る踏み出した一歩は
なんとか踏めるようだ
この光る雫が羽化するかなんて
今はわからないけれど
大切に育ててみよう
そう思い、また一歩を踏み出す

光が瞬いた
また道の先が少し見えた
今度は、夢が目標になり
そして、現実に変わるかもしれない
そんな心持ちにさせてくれる

お礼を言いたく見上げた三日月は
相変わらず綺麗に在るだけだった
でも、心なしか
微笑んでいるように見える

「歩くことが大切なんだよ」
そんな言葉が降ってきたような気がした





                       〔雨  音:選〕





 めんどくさい告白


とかく何かに縛られているのが人間なのであって
いや、縛られているのは人間だけじゃない
例えば、今日のような澄んだ空
そこに浮かんで流れる雲
これだって地球に縛られてる
その地球だって太陽に縛られて
太陽は宇宙に縛られてる
じゃあ、宇宙は何に縛られてるかって?
それがわからないから
神なんて言葉があるんじゃないかな
でも、その神だって
『神』なんて言葉に縛られてる
何が言いたいかっていうとね
君の前に『薔薇』があったとしよう
薔薇はもちろん、『薔薇』なんて言葉は知らない
ただ、在るがままに在るだけだ
でも、人間はそれを言葉にしようとする
『薔薇』なんて言葉を使わなくても
薔薇をあらわそうとする
あらわそうとするだけならともかく
さらに言葉を重ねて『薔薇』を伝えようとする
赤だ、白だ、綺麗だ、可憐だって、
幾重の言葉で『薔薇』をがんじがらめにしてしまう
つまり、人間は言葉で縛ったり、縛られたりしなきゃ、満足できない生き物なんだよ
なんて窮屈なことか
言葉なんて縛りがなければ
大事なことも伝えられないんだからね
そこで、僕の話なんだけどね
きみに対する想い
それはとても大きなものなんだけれど
それを言葉にできないんだ
いや、できなくはない
巷にあふれてる、随分と昔から使われてきた言葉にするのは簡単だ
でも、そんな言葉で縛りつけるほど
小さくはないみたいなんだ
縛りつけた安易な言葉を
きみの前で口にするのは嫌なんだ
だから、僕は一生言えないかもしれない
なんかの拍子に納得できる言葉が降ってきたなら
それで縛りつけるかもしれないけれど
でも、そもそも人間が長い年月を経て
やっと『愛』だの『恋』だの『好き』
もしくは、それに類似する言葉しか浮かばなかったんだ
それを考えると、僕には無理そうだ
いや、探しはするけれどね
あ、言っておくけど
きみにこんな考えを押しつける気は更々ない
きみが口にする『好きだ』、『愛してる』なんて言葉は喜んで受けとる
ぜひとも、言ってくれ

僕の長い告白のあと
彼女は笑って言った
「めんどくさい男だねえ。そんなんじゃあ、彼女できないよ」
まったくその通り
でも、笑った彼女の顔は
なんか、そこまで嫌そうじゃなかった
そんな気がした
いや、そう思いたい
だって、もう春の陽気なんだから





                       〔Kazu.:選〕





 片想い


月が満ち越し
少しずつ欠けていく
砂銀はさらさらこぼれ落ち
月光となりて
わたしに降りそそぎます

月は何を削ったのでしょう
太陽への憧れ
太陽への焦れ
太陽がなければ光ることさえできない
悔しさ
そんな想いを削り落として
消えていくのでしょうか

すべてを捨てたなら、
月は生まれ変わります
ゆっくりと
優しく肥えていきます
また削るための想い
繰り返すだけなのに
また、いっぱいにためていきます

光を受けるわたしは
それを知っています
でも、なにもしてあげられない
かける言葉さえも
残念ながら届きはしません

だから、せめて見守るのです
月が太陽を想うように
そっと……





                       〔Kazu.:選〕











エ ス ト リ ン 


 あなただけで


初めて付き合った人
忘れられないものかしら
そこに至るまでの悩みや決意は半端ない
私はそうだった

別の人の彼女になり
初めてとは違い
だが初めてのこともある

渡り歩いて
あなたにたどり着いた

今までの男運が悪かったと思うのよね

父親が運転する車の中
母親の見舞いの帰り
後部座席に座った私に言う

あなたの名前を出して
良い男だな

お金を貸してと言わない
自殺未遂をしない
お泊まりに来たのに急に帰れと言わない

ましてや
逆に何か買ってくれたり
払ってくれることも
いつもではないが
割り勘ばっかりでは女はわがままで
つまらないものなのよ

無口で
何か私の趣味にわりかし乗ってくる
テレビが趣味
私はテレビあんまりだ
シリーズ物の映画にも
今まで見たことなくて見てないのに
一緒に行きたがる

私はアニメも好きで
それにもついてこようとする

好きな歌手のコンサートも
ですって

女友達は言う
私が引っ張って行くタイプだから
ついてくるんだと

その女友達は
引っ張っていって欲しいタイプなので
あなたは合わないですって

こんなについて来てどうするのよ
とか言っても黙ってるし
何がなんでもとか思ったら
たまに嫌だとか言うし
あなたにはあなたは意志があるらしい

不思議よねぇ
何であなたが一番じゃなかったのかしら

他の恋愛が
宝石ではないの

あなただけでよかったわよ本当に





                       〔齋藤純二:選〕





 想像力と勇気


背中に羽根があったとして
天使だったとしても
完璧ではない

善なる存在同様
黒い羽根の存在
悪魔もまたもともとは天使

人は天使でもあり悪魔でもある
両方の顔をのぞかせながら生きている

人も完璧を求めたがる
そんなときに限って
人には落ち度がある
油断するからだ

大丈夫だと過信してしまう

私はいつも大丈夫でも
疑ってしまう
果たして本当はどうなのか
ものすごく想像力を働かせてしまう

想像力は事実を越えること
それを信じているが
実際は
事実が想像力を越えていることが多い

人に与えられた想像力は
すごくて
それが技術革新
人の進歩になったりしてきた

想像力は完璧を補うのではないか

勇気が備わっていれば
そんなことを思ってしまった

私の想像力が叫んでいる

人には勇気と想像力があると





                       〔三浦志郎:選〕





 今までありがとう


今までありがとう
思い出が思い出であるうちに
今なら
昇華できる
美しいものへと
だけど
これ以上
一緒にいると
私はあなたをぐしゃぐしゃにする

言いたくない
だけど
言ってしまう
お互い障害者
それも精神障害者
何かしらある

父親に聞いてみた
離れて住んでいる
私の障害って何
何かしらあるって
仕事につくとき説明しないといけないからって相談

何にもないと
薬で落ち着いているって

よくわかんないけど信じた

あなたは追い詰められると
私の脳ミソを破裂させるようなことを言う
今より距離をつめようとされると

一緒にいるだけで苦しいのに

これ以上は

一緒に暮らそう
一緒に生きよう

その夢は
ごめんなさい





                       〔雨  音:選〕