今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  





 見えないものから


見えないものを
怖がることを
笑っていたのは
ほんの少し前
今は粛々と
俯いて

手の皮が剥けそうに
なるほど
手洗いをしても
洗い流せない
「不安」

正しく怖がる

土台の脆さ

マスクを
作る指先に
集約される

固定された
ニュースのテロップ
増えていく、数

不信が鳴る
頼れる杖を
探し回り
行列をつくる

転んで
倒れてゆく
「本当」
他人事がめくれて
こちらに迫ってくる
心が止まって
光が消えてゆく

だからこそ…と
食い止めようと
画面越しから
言葉を配る

画面越しの
歯がゆさと
来年の歌が
こすれて
こじれて
思い疲れて
日常を連れ出した

難は肥大してゆく

「いのちをまもる」
言葉の大きさと
事の重さを
抱えきれなくなって
座り込んだ

留まることで
救える命がある
ならば
丁度いい
座って
腹を据えて
不安も怖いも
遮って
好きなもの
好きだったことの
ページをめくろう





                       〔島 秀生:選〕











@すみっこ


 私と時間


過去に
浸りたくない
でも現実に
こんなにも浸っている

何の為に
あれもこれも捨てているのよ
やっぱりこうやって
時間を潰し続けているのよ

少しは学習しなさいよ
わかってる
わかっているんだったら

変えてみなさいよ

わかった
これで終わりにするよ
じゃあね、バイバイ

ほら時間は
止まってくれないんだから
大事にしてよ

あなたの
時間の食いっぷりは
いつも見事だわ

あら?
まだそこで
何をしているのよ





                       〔三浦志郎:選〕





 朝の庭


ツツジの赤紫色が
雨の滴で
潤いに満たされている

鮮やかに
咲き始めた花達を
ゆっくりとなぞるような
透明の模様に

生命を感じて
何となく
指先で触れてみたりして

雨を
待っていたの?

昨日よりも
綺麗で
思わず見惚れてしまったよ

まだずっと
咲いているでしょう
もうすぐ
暖かな風が吹きますよ





                       〔青島江里:選〕











あ さ ぎ


 閃 き


予報通り
明け方まで雨、のち、晴れ
それでいつも通りの出勤です

予報通りでいつも通り
車に乗り込みます
ラジオをつけます

車のガラスに雨粒が残っていて
もちろんサイドミラーにも
フロントの雨粒をワイパーで除き、出発です

信号で止まり、何気なくサイドミラーを見ました
太陽が泣いていました
サイドミラーに残る雨粒が
太陽の涙に見えてしまったのです

明るくさんさんと泣く太陽
もちろんそんなはずはありません
そのように見えてしまったのは私のせいなのでしょうか

だって自分のことなんてわかりません
一番の難問です
一番ぐちゃぐちゃです

でも、閃きはありました
泣く太陽を見たときの閃きです

私も泣くときはあなたみたいに泣いてみたい

閃きは光のようです
光速です一瞬です

なぜ泣きたい?
なぜ太陽のように?

今となっては説明ができません

ラジオで気象予報士が何か言っています

日光が乱反射します
ああ、眩しい

どうもありがとう





                       〔齋藤純二:選〕





 出会い


アスファルトでの出会いは鋼鉄
叩くと硬くて痛い
ひび割れはおじいさん

天空での出会いは疾走
気づいた時には髪が乱れていて
それでもう後の祭り

海中での出会いは瞑想
どんどん己を省みる
矛盾の極み
ごめんなさい、ありがとう

舞台での出会いは憂鬱
気づかされる剥きだされる
己が力

人ごみでの出会いは残酷
たくさんたくさんいて
私を通り過ぎて
私はごみ

虚無での出会いは無味無臭
正確には出会いもない
文字もない
無いも無い





                       〔島 秀生:選〕





 私的な万有引力


「雨、止みませんね」
「そうですね」
「天気予報を確認するべきでした」
「私もです」
「男が二人雨宿りって、絵にも何にもなりませんね」
「そうですね」

「どうしました?」
「ああ、暇なので窓に付く滴を見ていました」
「滴ですか」
「はい。すーって下に流れていきます。他の滴を避けながら流れるのもあれば
滴同士がくっついて大きくなって、さらに下にすーって流れていくのもあります。
滴は地図をもとに流れているのでしょうか?それとも滴は地図を描いているのでしょうか?」
「どうなのでしょう。僕にはわかりません。
ただ、ええと、存在しているものは影響し合っている、もしくは作用し合っている
とは思います。
だから、滴と地図は作用し合っているかもしれません。
滴には行くべき所があって、地図はその結末を自らに反映したいから手助けをしている。
滴が地図を描いているとしても、滴は第三者と作用し合っているかもしれません。
滴には会いたい誰かがいて、その誰かも滴に会いたい。だから見つけてもらえるように地図を描いている」
「ふふ」
「どうしました?」
「いえね、昔、異国であなたと同じようなことを言っていた人間がいたことを思い出して、
少し、懐かしくなってしまいました。まあ厳密には違うのですがね。
ああ、申し遅れました私こういう者です」
「あっ、僕も名刺あります」

「私、荷見(かみ)と申します。ええとあなたはの名字、これは何とお読みすれば。申し訳ありません」
「はは。いいですよ。僕にとってはいつものことなんです。新惇(にゅうとん)と読みます」
「ふふ。そうでした。そうでしたね」





                       〔Kazu.:選〕











かすみ じゅん



 淡彩の祈り


街道の脇に
ふわり


線路沿いに
さらら


小さな公園に
るるる


川土手に
ららら


山肌に
ぽん


桜 桜 桜 桜

ほら
また彼処にも

三分、五分七
様々に

薄紅が
ひっそり

目醒めるように
咲いてゆく


満開はいつの頃


花盛り
夢見るように
眺めれば

焦がれる
胸に
微風が、そっと

一弁 ひらり
くるり

降らし

くすり

笑って

彼の
晴れ和む空へ
帰ります




                       〔島 秀生:選〕





 桜、フル


ユウラリ
フワリ

夢のように
暖かな陽射しの中を

サハラ
スラ


春風、運ぶ
目の先に流れ
クルラ 揺れ舞う
小さな淡色

 達

あ、
甘い蜜の香り

スフラ
フワ


谷間の
冷たい空気の中を
駆ける
躰の内に
蕩けるような
喜び
注ぐ


花片の
愉しげに笑う声
胸に優しく
木霊して

少しだけ
立ち止まり
雲の見えない
裸の空へ
ぐん

大きな 伸びをする


どこまでも、吹かれ
踊りながら

あぁ
幸せ 届けに
飛んで行け





                       〔雨  音:選〕











レ ノ ン


 この坂道を


ピカピカのランドセルを背負い
嬉しそうに私を見上げる
小さな君の歩幅に合わせて
手を繋いで歩いた

真新しい学ランに身を包み
突っ張って足早に進んで行く君の
肩も袖もブカブカの後ろ姿を眺めながら
数歩遅れて歩いた

広がっていく世界の中で
たくさんの人と出会い
色々なことを知り
全部を栄養にして君は大きくなった

学ランがすっかり身体に馴染んだ頃
掲げたのは高い目標
高い
けれど頑張れば届くのだと信じて

模擬試験に表れる
無情な数字だけを道標に目指していく
スタート直後からの足踏み
焦ってはいけない
私が信じないで誰が信じてあげるのだと
自分に言い聞かせても
一人になると溜息ばかりが漏れた
見上げるゴールはあまりに遠い

距離は僅かにしか縮まらないまま
時間だけが過ぎていく
塗り重なった溜息の色が
遣る瀬無さから諦めへと変わりかけた時
君は大きくジャンプした
溜め込んでいたエネルギーが
ポンッと弾けるように
その瞬間 遠くに霞んでいた景色が
くっきりと眼前に浮かび上がった

喜びもつかの間
予断を許さない状況のなか
タイムリミットは刻一刻と迫ってくる
必要なのは
安全な選択肢を示すことなのか
挑戦する背中を押すことなのか
振り子のように心は揺れた

最後まで 貫いた意志
本番は一か八かの大勝負

憧れ続けた扉は
開かなかった
目一杯両腕を伸ばしても
手を掛けることが出来なかった
やりきれなかった君の悔しさは
支え切れなかった私の悲しさの
何十倍だっただろう

簡単にはいかない現実を知って
自分の甘さと弱さを知って
それでも前へ進むために
入学する高校を決めた夜
奥歯を噛み締めて
瞬きを堪えても
溢れて静かに落ちた涙は
きっと君を強くする

花曇りの朝
新しい制服は
濃紺のブレザーに スカイブルーのネクタイ
ちゃんと上手に結べたね
とてもよく似合っているよ

頬の丸みがとれて大人びてきた顔に
少しの緊張を滲ませて
ヒールを履いた私の歩幅に合わせて歩く
この坂道を 一緒に

登りきればじきに見えてくる
ほら
ここにもあそこにも
辺りを柔らかなピンク色に染めて
惜しみなく桜は咲き誇っている
こんなにも晴れやかに
春が君のスタートを
祝福している





                       〔雨  音:選〕











小林 大鬼


 春雨の夜道


夕方から雨脚がひどくなり
花盛りの桜並木も濡れるばかり

降りしきる筑波の夜道の暗がりを
車の光が照らしては通り過ぎる

雨音混じりの雨垂れの中
小さな蛙が嬉しそうに
草むら目指して飛び跳ねる





                       〔三浦志郎:選〕





 卯 月


月が綺麗だよ

母が巷の話題に感動して
わざわざ電話で知らせてくれた

暗く沈んだ世界に浮かぶ
大きな大きな桃色の月

言われなければ分からない
夜空に羽ばたく春の月

母は今日も初孫の世話に
弟の家に押し掛けて

感染は大丈夫か
体には気を付けなさい
何かあれば送ろうか

まだ独り身の自分には
母のお節介が照れくさい

あの輝く月のように
母は遠くで見守っている


 
※巷の話題〜この頃、スーパームーン、ピンクムーンが話題になった。




                       〔Kazu.:選〕











山 茱 萸


 土地改良区の春


山あいの平地の
土地改良区の真ん中に我が家
敷地の隣りに新しい地主が麦を蒔いた
刈り入れが済んだある日
地主が訪ねて来て平然と言う
この大木が邪魔だから切るようにと

屋根を凌ぐ大木に育った白木蓮の
枝々の葉が黄色に色づく頃だった

言われてみれば
思う存分に広がった枝
南面の土地の宙を泳いではいた
太陽を遮るものではないし
すでに我が家は此処に在った
すんなりとは呑めない話だけれど
承知するほかはなかった

この大きな木陰のもとには
様々な山野草を育てている
早い春に辺りが明るくなるほどの開花は
家族みんなが楽しみにしていた

やがてすっかり葉を落とし
蕾が春を待っている頃
修まらない腹立たしさと
悲しすぎる想いに
零れる涙を拭きながら
鋸をいれた

翌年の春のはじまり
空き地に積み重ねてあった切り落とした枝々に
紋白蝶のような花を膨らませた
なんという健気さ

切なさに震えるこの想いを
解ってくれるだろうか
土地改良区の春が





                       〔齋藤純二:選〕





 さくら


春がめぐってくるたびに
気にかかる木がある
子供の頃から屋敷にあった
桜の古木のことだ

空に聳えて
枝を広げるようすは
傘を差しかけるよう

寒風を忍ぶ裸木
蕾の綻びからのぞく桜色
爛漫の花あかり
風に舞う花衣
刹那の赤を滾らせる秋
近く遠く
四季がめぐる

荒ぶれた木肌の幹
その根元には
犬のジョンやペル
代々のミーコが眠っている

目を背けるように
耳を塞ぐように
騒めく思いをかなぐり捨てるように
一心に穴を掘り
硬直したものに
土くれを被せる人

遠くから覗き見ていた少女は
おどろおどろの鬼を見た
あてなどあるはずもなく
恐ろしさに逃げ惑うばかり

今も幹に体を預けて
目を瞑れば
あの日の箱が開く





                       〔三浦志郎:選〕





 花の競演


花便りしきりの季節
たおやかに伸びる幹
空が透ける高さでゆれる青葉
小葉のアオダモ
仰ぎ見る茂みに花芽を探すけれど
兆しがない

諦めきれず
今朝も茂みを見あげると
白いものが見え隠れしているではないか

よく見ると
アオダモに攀じ登った
カザグルマの開花だ
まさしく出会いたかった花の競演
この風景

アオダモに絡ませた
野生種のカザグルマ
蕾がいくつか綻びはじめている
葉の陰にしのんで
気づきを待っていたよう

アオダモがやって来た日
黙って主役をゆずり
引き立て役に甘んじた
カザグルマ

穏やかだけれど凛と咲き
私を魅了するカザグルマ
トネリコの開花に気を取られ
存在を蔑ろにしていた迂闊さに
オロオロするばかり

野草たちは
今日も朝陽に映えて
いっそうまぶしい





                       〔島 秀生:選〕





 振り子


解放できる場を
いつも探していた
表現する場を
ずっと探していた
他と違う自分がいて
周囲からの批判を恐れ
本当の自分を隠そうとするばかり
みんなと同じと
猿芝居をする

孤独だったと
インタビューに応える人

そうです
わたしもそうでした
他と違う自分を
どうやって隠そうか
神経をすり減らしていた

素のわたしと
仮面をつけるわたしと
ゆれて
ゆれる
振り子

解放できる処
思いを表現する処
言葉を紡いで
ようやく止んだ
振り子





                       〔Kazu.:選〕











伊月 あかね


 シュワシュワな宇宙に乾杯


たとえば宇宙にはもう一人の自分が存在していると信じていた幼い時
あの時に宇宙でもう一人の自分に会ったとしたら
私はサイダーの蓋を開けて一緒になって飲んでいたであろう

地球が転がっているのを指差して
あそこにパパとママがいるんだって自慢すると思う
地球は平和だって平気で言ったと思う
ピアノのドを弾くのと同じくらい簡単な言葉だ

夜になるとサイダーの炭酸で口の中が痛くなるのと同じくらいに胸がシュワシュワとする
あの頃のわたしはとっても不完全で
ついには不完全のまま今もベットに寝転がっている

宇宙ってどれくらい広いのかな
宇宙ってどれくらい苦しいのかな
もしかしたら宇宙のどこかでわたしと同じようなわたしが同じようなことを思いながら
ベットに寝転がっていたりして
泡がパチっと音を立てるようにわたしは笑った

夜の静けさに忍び込むようにしてサイダーの泡が音を立てている
月の光に当てられた可愛い水色の瓶の中は宇宙に広がる星のように綺麗だ





                       〔三浦志郎:選〕











れもりあっと


 蜂蜜を届けに


蜂蜜を誰かにあげたくて
それを手渡しに行く
しっかりと布でくるんで
春の風吹き渡るやさしい日差しの中
走って手渡しに行く

蜂蜜を手渡しに行く相手は
誰か言えない
言うと
人間じゃないから と
人間が言うから

だから私は黙って
家を出てきました
家の中は今静かです
母と父は私を見兼ねて困った様子です
それでも私は構いません

あの人に
あの方へ
人間と同等の価値を有する
大事な私の友達に
蜂蜜を手渡しに行くのです

タクシーなんかは要りません
バスなどもってのほか
私は風になって
空を飛べるから
そんなものは要らないのです

あの方にはその方が
ふさわしく
喜んでくれるでしょうから
私はこの白いワンピースを
はためかせながら
海が見える高原へと
やってきたのです

来ましたよ
あなた
あなたが好きな
この蜂蜜
食べてくれるかしら

雲は少し揺れ動き
そこから数多の
光 降り 落ち
私は本当の風になって
いなくなったのです

崖の先端には
黄金色に光る
ぴかぴかの透明な蜂蜜が
風に揺れて今にも落ちそうで
消えてしまいそうな
晴れ渡った昼の午後でした

私は未来に飛び込みました
飛沫で粉々になったような
春を空に描き
どこか遠くでクレパスの芯が折れ
子どもたちの泣き声が
ここから霞んで見えました





                       〔三浦志郎:選〕





 母からの弁当


かもめが一羽
飛んでいる
春の上昇気流に乗って
ビニール袋を膨らませていくように
高く
高く

僕は というと
母の車の助手席に座っていて
母は自分が作った手作り弁当を
僕に差し出そうとしている

僕は何だか気が引けて
後ろの道路では
車がビュンビュン通っていて
前方にはただ明るい
春の海が 所狭しと
いや 春の海がそんなこと
思うだろうか

海はもう広がっていて
もう満ち足りていて
なんだか僕と違う感じで
僕はうつらうつらしてきた

弁当を食べていると
夢の話が出てくる
僕の口から 食べカスは
出てこずに
僕は途方もない
壮大な夢ばかり
口にしたがる

空はこんなに広いのに
海はこんなに広いのに

僕はもう充分
夢を叶えているはずなのに

涙が不意に出てきて
母を困らせ
それでも じっと 必死に
僕の話を聴いてくれる 母

僕はずっと無気力で
もう頑張りたくない
日々もあった

けれど今は少しマシになった
けれども大切なことを
僕は忘れてやしないか

「忘れているよ」

母から渡された弁当を
空にして
僕は「ありがとう」と言うけれど
僕はほんとの「ありがとう」を言えてるか

夢だけが馬鹿でっかくて
前方の海 空 雲 宇宙
の中に
一羽のかもめが 高く 高く

世界はこんなに広いのに
隣には母が
微笑んで座ってくれている
というのに
渡された弁当を
忘れ物とも思わず
ただ現実だけを
ミミズみたいに
這いつくばって





                       〔雨  音:選〕











埼玉のさっちゃん


 サンドイッチ


具は何にしよう
その日の気分で
思うままに

卵、ハム、チーズ、ツナ
色々あって迷う
あの人は何が好きだろう

考えながらパンに挟む
幸せな一時

美味しい顔をしてくれるかな
美味しいねって言ってくれるかな
逢えるのが楽しみ

あっ
水筒にコーヒーを淹れなきゃ

愛情入りのサンドイッチ
召し上がれ





                       〔Kazu.:選〕











時 雨 日


 ばかにするなよ


ばかにするなよ
ロックンロールは
止まらないものなんだ

心を燃やせよ
魂の震えで
テレキャスターは騒ぐんだ

愛とか恋とか
希望とか平和とか
そんなものは
実はどうだっていいんだ

コンポを繋いでくれよ
本当に叫びたいことは
言葉になんてできやしない

聞いてくれよ
音楽を破り捨てて
全部かなぐり捨てて
叫ぶから

届いてくれよ
俺たちは今、生きてる





                       〔島 秀生:選〕











素  言


 幽冥にて


死んでしまいたい
この世界は死んでいる

布切れを集めて
金と交換する輩

若者の事を言いながら
集まって話している輩


決まりも守れない
だから
命も守れない
そして
大事な物も守れない

そんな姿を指差して
ケラケラと笑っている
仲間たち

この欲界で生きたいと思えるほどの
特典はあるのだろうか?





                       〔三浦志郎:選〕











み た こ


 変わらない景色


故郷の駅に降り立つと
白狐が私を迎えに来る
駅から足を一歩踏み出し
空気を両手いっぱいに溜め込んで
私は歩く

幼い頃、母と一緒に
何度も歩いたこの道を
生まれ育った家まで歩く

切手を買った郵便局
昔ながらの時計店
友達と走り回った公園

公園を通りすぎると
白虎の湯の
湿った香りが私の髪を包み込む
微かだけれど神秘の力を携えて

景色はあの頃と変わった
けれど
この湯の香りが変わらない景色を
私の元へと連れてくる

胸を締め付ける懐かしさは
白虎の湯と共に
私の胸を生涯、去来し続ける





                       〔三浦志郎:選〕





 祈 り


もしも予期せぬ雨が降り出し
強い風が吹いて
私たちを断りもなく連れ去ろうとしたならば
飛ばされぬよう手を繋ぎ大地を踏みしめるでしょう

もしも今日という日常の風景が
私の知るものでなくなったなら
両手を合わせ
早く日常が戻ることを祈るでしょう

もしもあなたという日常が
私の前から暫く遠ざかるなら
引き止めることはせず
また次に会えることを願うでしょう

もしも知らない誰かの日常が
不安に脅かされているのなら
両手を胸に当て
私の行動が回りまわって人を苦しめていないだろうかと
悩むでしょう

もしもいつか
いつか雨が上がり
穏やかな風が吹いた時
澄み渡る空の下
「苦しかったけれどもう大丈夫だよ」と
あなたと
どうか分かち合えますように





                       〔澤 一織:選〕











エ イ ジ


 月だけが知っている


自分の部屋だけ
深夜に灯りをつけている
誰も見てない
誰も知らない
深夜のこの灯り

外では強風が吹き荒れている
団地の窓はすべてしんと真っ黒
煙草の灯りが
手もとでほんのり点いている

命のともしびがごうごうと
胸のあたりで燃えている
いつこのともしびは絶えるのだろう
深夜に
命のともしびが燃えている
胸のあたりで感じる





                       〔齋藤純二:選〕





 四月二日の抒情詩


ぽっぽっぱぱっと
咲き誇る薄桃色の花
宙を見上げると
もう四月ですよと
ときの流れをそっと教えてくれる

僕は鬱々と三月を連れていたので
三月の手をそっと離した
三月は消えてなくなった

そしてまた宙を見上げる
ぽっぽっぱぱっと
咲き誇る薄桃色の花
「もう四月ですよ」

花弁が雨で散って
溝の端に溜まっていて
桜道ができていた
僕はその間を帰っていった

帰宅すると
花びらが一ひら
肩についていて
畳に落ちた





                       〔島 秀生:選〕





 僕の影


透析のまえ
精神科デイケアのまえ
いつも
ぶらぶらと
うだうだと
駅前をうろついている
いつもと変わらない景色を見ながら

珈琲を飲んだり
煙草を吸ったり

駅前は終着駅で
百貨店もあって
高層ビルも幾つか建っていて
けっこうな広さだ

その駅前で
いつも出くわす男がいる

男はもう春だというのに
昼間でも黒いニット帽を被り
冬ものの黒い上着を着て
重そうな黒いカバンを肩から下げている

男は何となく大股で
ゆったりゆったりと
歩いている

そいつに僕はいつも出くわす
一日に一度だけ出くわす
この広い駅前の
どこかで
毎回違う場所で

男は今日もゆったりと
猫背気味に
駅前を歩いていた
ぼくもゆっくり
駅前を歩く





                       〔青島江里:選〕











ミリウェイズ


 虚構に非ず


桜喰み、転がる虫のおぞましさ
桜散り、染まる水面の汚ならしさ
咥えた煙草の灰がよく似合うようになった部屋
変わったのは自分なのか

寝転がる右手から笑いかける蠅
埃に埋まったキッチン
骨の転がる風呂場
窓硝子は溶けて排水口に流れていく
幽かに泣くラジオ
フローリングの片隅に海
孤島367日目
気付けばマットレスが破れていた

何度も送りかけたメッセージ
溜まるビールの空き缶
使用済みのピアッサー
中途半端に余った牛乳
ラキストの吸い殻が明日を探してる

シュールと白けの境界線上でダンス
五月蝿いと鬱陶しがったあいつを殴ればよかった
常に5分前行動の10分前行動
忘れたはずの思い出は片方無くした靴下のように

ぬるいビールと銀河の季節
特売の餃子を買いに行く夕方
河原で意味もなく石を投げた





                       〔齋藤純二:選〕





 焦 燥


醜悪、と呟いて4月の悪魔は死にました
シンクから溢れた水を飲んでは吐いて
伸びた爪を噛みちぎる日々の外に出ようともがいて
自分の首を絞めては咽せて
円周上を回る旅の辛いこと、辛いこと
可哀想だね、哀れだね、ああそれでいいのでしょう
なんて酷いタイムライン
いずれ消える逃げ水を目指したあの日の岬は未だ美しき思い出です

未明、僅かに中身が残ったペットボトル
転がる螺子
滴る汗と血
排水口から拍手喝采
リビングに寝転がると机の下から死んだ猫がこちらを見ていた
吐き気を催す程にサイケデリックな色彩が壁を染める
起き上がって透明の玉虫を踏み潰した

想像力、たしかに欠けてゆく毎日のスピード
ゆっくりかつ目まぐるしく、死んでいく美しい風景
現実が網膜を這ってゆき
夢想の日々は思い出に
映画を見れなくなったのはいつだったか
唇からはもうつまらない言葉が漏れ出るだけ
グラウンドの海は干上がり、路地裏の森は焼けて消えた
空の裂け目は閉じ、未知の国は既知に飲まれた
折れた剣の頭は私に何も語りかけはしない
色あせた未来予想図が頭を締め付ける
懐古、回顧、悔悟、ただ堂々巡りを繰り返す





                       〔葉月 祐:選〕











L i s z t



 誰 何


ある日
成人したきみは命じられる
毎夜毎夜
城の外に出て
歩哨に立つことを

預言者の
言葉に従えば
いつの日か必ずやって来る
侵略者に備えるため

北の果て
寒風吹きすさぶ哨所
直立不動の姿勢で
銃剣を肩に背負い
彼方に黒々と横たわる
国境の山塊を凝視する
不審な光の列が
山肌にちらちらと瞬く
そのときを見逃すまいと

極寒の夜
今日もきみは歩哨に立つ
城壁の影
堀の暗い水面に
松明をかざして目を凝らす
城内に忍び込もうとする
隣国の密偵を
決して見逃すまいと

こうして
きみは歩哨に立ち続ける
ただ一人の侵入者も
許すまいと
陰日向なく律儀に
たゆみなく

それでも
押しとどめることはできない
ある夜
背後でとつぜん鬨の声が上がるのを…
驚いて振り返った
きみの目に映るのは
城の塔に翻る敵国の旗

いつの間に
敵は城を乗っ取ったのだろう?
風に舞う粉雪に姿を変えて
忍び込んだのか?

慌てて取って返そうとする
きみの面前で
城門は無情にも閉ざされる
やがて城内から声がする
「お前は何者だ、名を名乗れ」と

その問いに答えるすべはない
帰るべき城を失った今
もはや自分は何者でもないのだから…





                       〔三浦志郎:選〕





 整理整頓


もし今日が
あいにく雨降りの日曜日だったら
ひとつ落ち着いて
部屋の中を見回してみよう

油汚れみたいに
人とのわだかまりを
いつまでも
台所にこびりつかせていないかい?

読みかけの本みたいに
不完全燃焼の恋を
ためらって
机の上に放っりぱなしにしてないかい?

使わないものを
後生大事にとっておくみたいに
押し入れの中に
後悔を積み上げていないかい?

もしそんなふうだったら
天気が悪いからって
こころの中にも
雨を降らせたままにしておいちゃいけない
一念発起
掃除して整理整頓しよう

油汚れを落とすのも
新たなページを読み進めるのも
不要なものを捨てるのも
要は思い切りしだい…

きっと夕方くらいには
後片付けも
少しは目鼻がついて
ホッとして
窓から外を眺めれば
初夏の花々が
雨上がりにみずみずしく
見えるだろうー





                       〔三浦志郎:選〕











九 丸(ひさまる)



 三百六十五日と少し。その失望の期間を経て


冬が諦めの頭を垂れて
ようやくその座を退いたとき
僕の役立たずの風車が勢いよく
回りはじめた

いままで風が吹かなかったわけじゃない
だけれど、体感風速四十メートルでも
風車は回らなかった
それが、あなたの掌のひとなぎで
ギューッと回り始めた
車軸はグォングォンと軋み
羽があらゆる感情を巻きこんで
ないまぜにする

三百六十五日と少し
その失望の期間を経て
もう回らないと思っていた風車
なんのことはない
こんなに簡単に回るのなら
失望なんてしなければよかった

いや、まてよ
枝垂れた桜をあなたと見ていて
そう思えるってことは
失望も役にたったのかもしれない

それにしても心配だ
散るには早い目の前の桜
その花びらまで巻きこんでしまわないかと

早鐘打って
甘い香りが
鼻先撫でて

三百六十五日と少し
また春がやってきたみたいだ





                       〔島 秀生:選〕





 オモイの輪廻


土手沿いの桜に
遅れてきた雪が
ひらひらと

何か思い残したことでも
あったのだろうか
何か伝え忘れたことでも
あったのだろうか

そんなオモイを受け取った桜は
やがて散りゆき
風に運ばれ
川面に舞い落ちる

川は海へと流れ
繋がれたオモイは
海流に乗って世界を巡る

巡り巡って
蒸発したオモイは
雲になり
そして、また来年
雪に生まれ変わって

そんなオモイの輪廻
紐解くことができたのならば、
わたしに紡がれたものを
知ることができるのかもしれない





                       〔雨  音:選〕





 臆病者の讃歌


臆病者はかける
思考に火を灯すことなく
かける

眼前のあらゆるものに
不安を覚え、
後ろを向いて一目散

とにかく、かける
風が心地よかろうが
月が綺麗だろうが、
かまいやしない
落ちた花びら
巻き上がり、
再び舞台に上がった
花の喜びなんて
知ることもなく
やがて、また落ちる憐れみも
知ることもなく

回転する脚
それで思考なんて
できるはずもなく
熱量さえも
かけめぐることなく
空回り

それでも明日はやってくる
疲れ果て、眠り落ち
目を覚ませば
何喰わぬ顔して
明日は今日に早変わり

 乗り越え損ねた壁に
 未練なんてものはない
 乗り越えるべきものなら、
 また、どうせ顔を出すだろう
 そのときに改めて考えればいい
 それまでに力を蓄えよう

 逃げ癖も、
 恥や外聞も、
 生きているからこそ
 この身に刻む

臆病者はかける
前を向いてかけることを
夢にみて





                       〔青島江里:選〕





 散り遅れ


宵の口から春雨
しとりとした夜気に
街灯に照らされ
散り遅れた桜も艶めく

見惚れて
吹かれた一撫では
首筋かすめる
桜の吐息

控えめに甘く
儚さ過ぎゆく

もっと見られたいのか
もっと魅入られたいのか
それとも、
散り遅れたわけを
嘆きたいのか……

ならば、しばらく立ち止まろう
月もなければ
星もない

邪魔するものなど
何もないのだから





                       〔澤 一織:選〕











エ ス ト リ ン 


 個 人


散る
散らない
どちらなのかわからない

集団に属していれば
確かに安心だ
目に見えないもので
守られている気がする

個人だと
一人で頑張らなければとか
焦る

集団に属し
何気なくしていたことを
やめた

何かを成すのは
孤独な作業

新たな世界があるのかは
わからない

ひとまず集団を離れ
自分を
周りを
見つめ直し
進もうと思った

去るものは
追わない

私が散るのか
周りが散るのか
わからない





                       〔三浦志郎:選〕





 桜の写真


桜の写真
こころの病院の前の桜
満開になった
仲間で桜の下で写真を撮る

合言葉
また来年もね

去年たまたま
仲間を誘って
桜の下で写真を撮った

一年がたち
新しい仲間
去っていた仲間
いろいろだ

スマホで写真を撮る
現像は近くの
ドラッグストアで
一枚三十円

今年から
現像代金を頂けることになった

また来年もね

出来るといいね
宝物が
また増える





                       〔島 秀生:選〕