■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

仲 田  有 里 
 詩集『  植 物 考  』 から 11篇

         





土 産


何も言うことがない日は
五十音を
唱える

私が行きたい場所は、
私がいる場所

隣で満月を見上げるのは
世界のお土産









共同生活


あの人の疲れた顔を見た時、
生温かかった共同生活の感覚が
甦りました

コップを片付ける
スプーンを片付ける
眠たい時には寝る

日々は淡々と過ぎて行くだろうと
思っていたけれど
そしてそうなることに
恐怖を感じていたけれど
やはり私は人間で、
感情が湧く









 車


彼と駅で待ち合わせをして、
彼が乗ってきた車でドライブをする。
彼の車は古くて小さくて白い。
彼は駅の周りを2回まわる。
それは間違えて。

千年に一度の猛暑ではなくて
良かったその年。
私の口から出る言葉。

自販機でジュースをそれぞれ
買って飲む。

私は彼を私の役に立つか立たないか点検する。
それは私の中の喜びではない。

何枚かの葉っぱが
先端に詰まってしまって
出てこられないような不安に
大抵の人は傷つかないけれど
彼が
手や足の先のようなものが
切れるように痛んだのなら
可愛そうに思う










バ ス


あの人の話を聞きに
行く日は
前の日から
気温が低くて
その日も、四月なのに
セーターを出して
着た

朝から油の取りすぎで。
バスを乗り逃がし。
それは近づきすぎたせいで

チョコレートスコーンを好きだった
記憶はあるけれど
今は食べない

帰りは雨で
ずぶ濡れで
ずぶ濡れなのは見られたくない
あなたには見られたい









 眼


あなたが私の眼を開いた
とも言えるし、あるいは
私が自分で開いた、

水が潤っていく
石の
甕のようなものに

ぱっくり開いた傷口の横で、
気持ちが
潤っていく

ブラジャーが干してある
私のベランダに










 本


花びんに花がささっている
洗濯物を干した
ご飯を食べたい
夜ご飯を食べないまま
早く明日になってほしい
パソコンを片付ける
コンセントを抜く
鉢植えを買った
トイレの掃除をする
カレンダーを見る
お母さんがいなくなる
本を読む
洗濯物を取り込む
雨が降る
ほうじ茶を入れる
水を飲む
本を読む
本を読みたい
時計を気にしたくない
気づいたら何時間も経っていてほしい










植物考


仕事の帰り、
街灯が葉っぱを緑に
照らしている。
こういうものを見るために
私は生きている

植物が生きているというのは、
それは雨の夜によく分かる。
例えば雨のベランダで。

ベランダで植物を
育てている。
私のお皿越しに
見える植物。









 頭


みかんの汁がしたたるように
一歩が雨になる
ここに花を飾る

田舎へ帰って夜も寝ないで歩き回る
一ヶ月たったら
あなたに会いに行く

頭が開いて
私は水を飲む
頭が開いて開いて

背骨に水が通る
あなたの友達が発見した
すばらしい人になるための方法

私もあなたと同じ
すばらしい人になりたい
脳みその隙間に水を注ぐ
背骨を水が通って
膀胱にたまって
おしっこがたくさん出る

私の体は女ですけど
大丈夫でした
膀胱に水が行って
おしっこになってたくさん出ました

道端にキャミソールを捨てて
つばを吐く

信じるということをしようと思って
私の頭の中の
あなたを信じる

あなたがほめてくれるような気がして
お店でかかっている歌で
あなたがほめてくれているような気がして









 夢


世界の
たくさんの人が、
胸の奥の奥の奥の奥に
隠し持っている
野望
あるいは、夢

本人も
存在に気付かないような、


叶うと、
熱い涙が
こぼれるような










おじさん


おじさんの肩と
あの人の手に
水滴

一つは雨つぶ
一つは水道水









 川


美しいせっけん置きを買ってきて
お風呂場においたらさみしい
自分で選んだものは悲しいと思う

自分で選んだ仕事場に
一日いたら
どこへ行けるだろう

川の場所も
デパートの場所も変わらない所へ行く

お金でいけない場所に
私は本当は行きたいと思う










 仲田 有里 さんの詩集 『 植物考 』 (思潮社)
  2019年7月20日刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3668-4 C0092
  定価 (本体2,200円+税)


 現代に生きる人間を、きちんとベースに捉えながら、独特の省略技法で、場面と心の、掴まえられるギリギリの言葉だけを置いていく。鮮やかである。
 奥付を拝見すると、2017年、一冊目に出されたのは歌集である。なので詩集としては、これが第一詩集になるのだろう。愛媛県生まれということなので、正岡子規の伝統がなせる技かと思うが、詩風をみると、むしろ山頭火が思い浮かぶ。そういえば、山頭火は山口県の人だが、渡り歩いて最後に没したのは、松山市だったと思い出す。少し影響を感じるのは、あながち間違ってないのかもしれない。
 そうした伝統的な省略技法の妙味も備えながら、内容は紛れもなく現代人らしさに溢れている。仲田さんは、新時代の短詩形の在り方を提示してくれていると感じる。全35篇、所収。

 最初に申し上げておくと、省略技法の最たるものなので、その省略の中に何を読み取るかは、いつも以上に読者に委ねられている。読者個々に解釈が違って全然かまわない性質のものなので、以下はあくまで私の解釈である。多々ある解釈の中の、道しるべの一つにして頂ければよい。

 作品『土産』。
 2連目「私が行きたい場所は、/私がいる場所」の意をどう取るか。私は、今、ここにいることが、幸せなんだと言っているのだと思う。その理由は終連、「隣で」満月を見上げてる人がいるからだ。この「隣で」の一語が重要で、もう一人、別の人物が隣にいることを意味している。それは、自分が、がんばって人生を生きてきた「ご褒美」と言っていい存在だ。「世界」は、あくまで自分にとっての世界でしかない。
 翻って、初連の意を考えると、隣にその人がいることが重要で、満たされていて、そこで話すことなど、なんでもいいと言っているのではないか。

 作品『共同生活』は、読む人によって、解釈が大きく分かれるところだろう。是と思うのか、非と思うのか。
 初連は極論すると、バツイチの人が、以前生活を共にした彼に再会している場面に、私は見える。子供がいれば特に、会いたくなくとも、何ヶ月に1回、子供を会わせるとかの離婚調停の約束事のとおりに、彼とは否応なく、その後も顔を合わせることになる。その彼の表情を見た時に、過去の結婚生活が甦ったのではないか。
 「日々は淡々と過ぎて行くだろうと」思っていたが、「淡々とは過ぎて行かなかった」というのが、この詩の要旨であろう。であるなら、最後の「やはり私は人間で、/感情が湧く」は、良い意味ではなく、悪い意味。破綻に至った怒りの感情のようなものを感じる。これは、「非」の解釈である。
 一方、「是」の解釈もできる。キーワードは「共同生活」である。作者以外の登場人物が「あの人」しかいないので、「あの人との共同生活の記憶が甦った」と読まれてしまっても、それは読者のせいではないのだが、実は作者のいう「共同生活」の意は、違うのかもしれない。
 作者は久しく、一人暮らしをしている。これがまず大前提で、だから家の中に他者が存在すること全般をして「共同生活」と呼んでいる。それはいわば大学や就職で一人暮らしを始める前の、育った実家で長く暮らしていた時の記憶をして、「共同生活の感覚」と呼んでいるのであろう。
 一人暮らしであるからこそ、「眠たい時には寝」ている。この一人暮らしの生活が淡々と続いていくのではないかと思った。そうして延々と一生続くかもしれない「一人暮らし」に、恐怖も感じていたけれど、もう「一人暮らし」を脱し、「あの人」と共同生活をしたいと思い始めた。「やはり私は人間で、/感情が湧く」とは、この場合この解釈となり、作品同士の前後関係からすると、おそらくこちらが正しい。

 作品『車』。
 詩集ではよく作品掲載順を、時系列とは逆に、新しいものから古いものへと並べることがある。してみるとこれは、彼との初デートの記憶とも解釈できる。
 不慣れな駅に車で迎えに来てロータリーを2周まわってしまうのも、自販機でジュースを別々に買うのも、相手を「役に立つか立たないか」の打算で値踏みしてしまうのも、まるで初めての見合いの相手に会っているかのような、イーブンな立ち位置である。いや、駅前のロータリーを2周まわった分、彼の方により情感があろうか。
 それだからこそ、自分より、彼の情感が気になって、「可愛そうに思う」のだろう。

 作品『バス』。
 先程の「時系列逆並び」推測からいうと、これは初デートよりさらに前の時代とも解釈できる。
 「朝から油を取りすぎ」たから、「チョコレートスコーン」(スタバかしら?)を食べたいのをがまんした(一日トータルのカロリー制限として)とも読めるのだが、もっと想像すると、3連は、向こうに着いてからのことで、向こうで会っていた時に、彼の前では好きな「チョコレートスコーン」を頼むのをガマンした、と書いてあるとも読める。
 終連最後、「ずぶ濡れなのは見られたくない」「あなたには見られたい」は、2行が続いているように見せて、実は続いていない。テクニックで「見られたくない」の反語「見られたい」を置いたわけでもない。「あなたに見られたい」は単独としてある。総論としてある。「ずぶ濡れの今の姿は見られたくない姿なのだが、基本的にはいつもあなたに見られたいと思っている」、といったような意味だ。

 作品『眼』。
 久しく人を好きになるという感情を忘れていた。その自分の硬質化した姿を「石の甕(かめ)」と表現しているのだ。乾燥しきっていたみずがめに、水が潤っていく。どうしようもないと思っていた心の傷口が、思いがけず癒やされていくということがある。満たしたのは、「あなた」かもしれないし、道は開くことができると自覚した「私」かもしれない。
 昨夜の出来事を暗示するかのように、「ブラジャーが干してある」。

 作品『植物考』。
 私がいつもどおり職場で働いていたある日、ビルの施設管理の人がきて、この部屋は外が見えるからいいねえー、と言われたことがあった。なんのことだろうと思ったけれど、あとでその人たちの部屋が地下室だと知った。勤務時間中は、お昼休みに外に出る時以外、外を見ることはないのだという。私の無意識下には、窓があるんだなと知った。
 私はまた、五反田のあるビジネスホテルで、両サイドの部屋は窓があるのだが、真ん中通路の部屋には窓がないという部屋に泊まったことがある。なんて言うんだろう、いっそカプセルホテルなら割り切れるのだが、部屋でありながら、窓が設計されてない部屋。その息苦しさ。隣のビルの壁でもよいから外が見たいと思った。私は窓がないと呼吸ができなくなる生き物なのだと、その時、身に沁みてわかった。
 窓があるのは良い。ふつうの家は食堂テーブルの上に、時に花を挿した花瓶を置くくらいのことだけれど、「お皿越しに、ベランダの植物が見える」というのは、ありそうでない贅沢な構図で、ステキだなと思った。一人暮らしの人であれば、そこにもう一人、いてくれているような気分になれるのではないか。いや、一人暮らしでなくとも、メシ食ってるときに、文句なんか言わない誰かと、静かに食事を楽しでいる気持ちになれるのではないか。

 作品『夢』。
 「私には夢がない」と言う人がいる。そりゃ当然だろうと思う。夢なんてのは、生来がすぐに消えるもの、執着を持ち続ける人間にだけ、夢は存続している。「私には夢がない」なんて、意志がないこと言ってる時点で、アウトみたいなもんである。
 しかしながら、昔は保持していた、ということがある。しっかり持っていたつもりで、それでも日々を乗り切ることにすっかり追われてしまって、いつの間にか、意図せず消えてしまったということがある。なにしろ「夢」というやつは、執着を忘れた段階で、消え去るものなのだから、他のことで頭をいっぱいにしてるあいだにだって、そろり逃げていくことがあるのだ。
 しかしながら、万に一つのことだが、人がチャンスを与えてくれるということがある。そんなとき、ハッとする。私、これ、夢だったんだって、思い出す。そんな時は、涙が出る。それは、過去に自分が努力した記憶と、重なるからである。そもそもが努力した覚えのない人間は、涙なんか流さない。涙はあなたの努力の証し、勲章だよと、言ってあげたい。

 作品『おじさん』。
 実はこの詩集で、私が最も好きなのはこの詩である。誠に鮮やかすぎると驚嘆する。
 二人の人物、二つの景色。 
 一人は遠く外にいて、作者との関係性も遠い。この「おじさん」は、親族の「おじさん」ではなく、一般人男性としての「おじさん」である。今、作者から遠くに見えている場所にいるのかもしれない。しかし、「水滴」は、空から降ってきた雨で、自然の水である。詩中「雨つぶ」のたったひと言で、外の景色、空も雲も雨も描いているかに見える鮮やかさである。「おじさん」はなんだか、ペデストリアンデッキか、大きな歩道橋の上にいるんじゃないかとすら、映像が浮かぶ。
 かたや、もう一人は、作者の大切な「あの人」。自分と同じ部屋にいるという距離的な近さ。且つ心情的にも自分にとって最も近しい存在。その大切な人の、手のひらを思う。「肩」とは違う、親近感としての「手」である。そこに落ちる「水滴」。こちらは水道水。いえばこちらは人工物の「水滴」なのである。
 同じ一粒の水滴を描きながら、両者の対比を叙景のみで表現しているのが見事である。窓の、外にいる存在と内にいる存在の差を、思ってもいいかもしれない。
 また、同じ「水滴」とは、同じ男性であるのにと、言っているようでもある。でありながら、見知らぬ「おじさん」と、「あの人」の差はなんなんだろうと、ふと俯瞰して不思議に思っているようでもある。いずれにせよ、物理的、心理的な、遠近の対比を描くことで、より「あの人」の大切さを浮き立たせている。



                                   (島)