□ 新作紹介 □





雨  音



 星と星


火星からやってきたあなたと
金星からやってきたわたしは
背中合わせで

 ほら よく言うでしょ
 正反対のほうがうまくいくって

ずっと眺めていられるくらい
大好きなの と
キャンドルに火を灯したら
もっと暗くしないと
効果ないんじゃない? と
訝し気な横顔に
ついくすりと笑ってしまった

 だって 暗くしたら
 あなたが本を読めないでしょう?

 でも 理由は教えてあげない

この地球で出会ったことと
本なしでは生きられないことくらいの
共通点しかないから仕方ない
そんな風に思っていても
小さな竜巻みたいな
あなたの癇癪に
あっけにとられることもある

 つられて ちょっと
 怒っていたことに気づいたでしょう?
 困り果てて 近寄ってきたときには
 とっくに許していたことは内緒にして

 ありがとう 
 そう言うだけにしておく

遠く離れた天体からやってきた
私たちだけど
鏡合わせのように

嬉しいときは嬉しくて
泣きたいときは泣きたくて
幸せなときはつい微笑んで
悲しいときにはまばたきが増える

だって
同じ太陽のまわりを
回っているんだから














 約 束


小さなかけらが集まっています
一秒がいっぱいで一分になり
一分がいっぱいで一時間になり
そうやって一日ができて
一週間ができていく
集まって集まって一世紀にも届きます

止まることなく
留まることなく

たくさんの時があるようで
与えられたのは
限られた区間で
決して増やすことができない
それが人生です

自由はたくさんあります
何色にするかも
どんなものに使うかも
誰と過ごしていくかも
すべて決めることができます

あなたと一緒にいたいけれど
時間は限られています
だから約束します

愛おしさのかけらを
集めていく と
























井 嶋 り ゅ う



 八月の海岸


私が先に死んだらあなたを迎えに行くわ
え?そうなの?
でも一週間くらいは待っててちょうだい
その一週間は、何してるの?
あなたの肩に座ってるわ
僕の肩に座って何してるの?
連れていく価値があるかどうか審査するのよ
何を審査するの?
それは内緒よ
審査によっては僕にお迎えがこない可能性もあるわけだ
そうね、命は大切ですもの
審査中に僕が喫茶店にでも入ったらお冷がふたつ出てくるのかな?
出てくるわけないじゃない
なんだ
ほとんどのウェイトレスに幽霊は見えないのよ
じゃあ僕は審査の間、審査されてるって気づかないわけ?
肩が重くなるわ
待って!僕は慢性の肩凝りなんだよ!
比較的痛くないほうの肩に座るわ
分かるのかい?
たぶん
ねえ、肩、やめない?気付きづらいよ
希望を言って
背中がいいかな
私の両手はあなたの肩をつかんでるけど?
分かったよ、いつもより肩凝りがひどいと思えばいいんだね?
まあ、そうなるかしら
その時は君がこの世から去ったという合図なんだね
まあ、そうとも言うわね
じゃあさ、僕も君より先に死んだら迎えに行くよ
それはやめて!
え?
私は私のタイミングで逝きたいの
何だよ!君は死んだら僕を迎えに来るのに、僕は君を迎えに行ってはいけないなんて!
うん、来ないでね
君は自己中心的な女性だな!
あなたに言われたくないわ
君とは結婚出来ないな!
もうしてるものね、あなた
そういうことを言ってるんじゃない!
どういうことを言ってるのかしら?
気持ちの問題を言ってるんだ!決して現実の話では‥
あなたって馬鹿よね
何だよ急に
五年前から思ってたわ
何で言わなかったんだ
言ったら逃げるでしょ
逃げるわけないだろ。ああ、喉が渇いた!
ほらね
八月の海岸なんて体力消耗するだけだよ
確かにね
あそこの喫茶店に入ろう
煙草が吸えなきゃ嫌よ
分煙表示になってるよ。でも今日こそは禁煙席に座るけどね
意地悪ね
馬鹿って言われたから腹が立った
器が小さいものね
もういい!僕は入る!君より先にね!
ちょっと押さないでよ
「いらっしゃいませー」
「禁煙席で!」「喫煙席で!」
「かしこまりました。こちらの喫煙席へどうぞ」
ふふん、私の勝ちね
僕の声があのカランコロンと被ったんだ!
ださいわね
君はいい加減に禁煙しろ
絶対あなたを迎えに行かないわ
僕こそ迎えに行かないね、行くわけないね
その気になってたじゃない
気が変わった
いつも適当よね
だって迎えに来て欲しくないんだろ?
傷ついたの?
うるさい!馬鹿!
何よトンマ!
今時トンマとか言う?
あなたの時代に合わせたのよ
相変わらず減らず口だね
ごめんなさいね全部嘘よ、お迎えにいらしてねあなた、これでいい?
ほんとだな?ほんとにいいんだな?
「お待たせいたしました」
やっとお冷がきたわ、あら?
「ねぇウェイトレスさん、彼にもお冷をいただける?」
「大変失礼致しました!お一人でお見えになられましたもので、てっきり。
では、これからいらっしゃるお連れ様は何名様でしょうか?」















 夏の授業


気怠い午後の
道徳の時間
テーマはいじめ
肌の下には
冷めやらぬプールの熱が
まだ

「先生はこのクラスにイジメはないと思っています
佐藤くん、どうですか?
高橋くんはどうでしょう?
小野さんは?」
「はい先生
そんなことよりも私たちは思春期です
みんな生理が始まっています
プールの見学者はやらしい目で男子に見られます
見ましたよね?
佐藤くん、高橋くん、渡辺くんはどうでしょう
イジメよりスケベが問題です先生
ブラジャーをしているかどうか
セーラー服の上から透視するのはやめてください
坊主頭のくせにやめてください
サッカー部のキャプテンみたいに
かっこいい髪型にしてからスケベになってください」
「私もそう思う」
「坊主頭にはない色気だよね」
「私もわかる」
「私も」
「私も」
「あ、このクラスにたぶんイジメはないです先生」

数日後
体育館裏で女生徒に
性的暴行を働いた容疑で
サッカー部のキャプテンが
停学処分を受けた

教室から岩木山を眺めながら勉強し
学校帰りに
友人とアイスクリームを食べながら帰っていた
中学三年生の私が
教科書には載っていない
男女の生態の違いを
ぼんやりと考えたのは
あの夏の授業の
あとからだった























Kazu.



 植 物 図 鑑


  実 生 (みしょう)

もしも発芽した一本の実生であれば
私はその震える葉に想いを馳せる
風や日照りの軽さに驚きながら

もしもあなた自身が実生そのものならば
私はその震える想いが驚かせる
時に耐える一本の実生が重すぎるから

そのように
在るものがきびしく灯り
無いものがさんざめき
私の明日を黎明に差し示す
実生が立ち尽くす

あれは確かに震える命である




  
ウツボカズラ (食中植物)

それは吊り下げられた袋に液体を入れ
ただじっと待つだけの存在でありながら
静かな毒を秘めている

袋の構造は魅惑な蜜と誘惑な潤滑剤で
それ以外の意志も行為も持たず
後は時の魔性に凭れていればいい

だが人よ
もう賢しらにウツボカズラを言うな
待つと言うことが存在であるならば
必死の袋そのものが ただ
あるがままにいるだけなのだ

私にはあの液体の袋で満たされていたい




  
林 檎

 ここに一個の林檎があって
 例えばその果実に内包されて育つ種と
 その種を慈しみながら熟れ腐る果肉と
 さてどちらが幸せなのだろう   
(※)

林檎は淋しさを知っている
何処までも白い果肉への懊悩は
ただ内奥に挑む意志の続きである
芯も種も全て果肉に含まれ
閑にその時間を待ち
時にその夢を待ち
暗闇のしかしその実
スッパリと開かれたその瞬間
それは白く 真っ白な果肉を晒し
真実の白日夢に目眩く己に気付くのだ

それは

光り輝く種皮の赤い存在に目もくれず
その果肉の内の闇や熟成にも意図せず
林檎はそれ自体が完全なる果肉なのだ

だから見るが良い
そのシンメトリーが例え歪であっても
一個の林檎の宇宙はそれで完璧なのだ
果肉が育て或いは熟れ落ちたとしても
その林檎であることが生命の芸術作品なのだ


 
(※ 拙著 詩集『世界で一番不味いスープ』2018年 P44から)
























齋 藤 純 二



 ホームに立ち


小豆色の貨物列車
断続に叩く
ガタン ゴトン
足の裏から伝わって

八分音符の間にある
急かされる休符
鼓動はレールの上
私の旋律は響く

今までの私を
私が恨みながら
また私を許す連続

やがて通り過ぎ
ダ・カーポに息衝く

生活の口を持つ電車に
私は飲み込まれ
また連れ去られて行く























澤  一 織



 君の育った町


僕の育った町では
嘘でも綺麗事でも買い手があれば何でも捌けた
金がある場所には神様だって集まってくる
昨日まで信じていた神様が
翌朝、路上の片隅で 
変わり果てた姿で発見されることもある
大人も子供もない
昼も夜もない 
女も男もない
捌ける物があれば生き残れるこの町で
こころさえ明け渡さなければ きっと上手く行くのさ
具体的な話はやめておこう
君の育った町と同じように

抜け出したいと思ったことは星の数ほどある
それでも周りを見てみろよ
この町と断ち切れた奴らはどのくらいいる?
息絶えるまで何らかの形で紐づけられている僕らは
チャンスさえあればこの町の神様にだってなれる
そうやって今日も染みついた教えから逃れられないでいる
街の奴らがこの町をなんと呼ぼうが関係ない
今、町のどこかで誰かが
この町を恨もうが
その憎むべきものが   
遺伝でも 環境でも 
運命でも 必然でも
親でも 恋人でも
幸福でも 不幸でも、ほら、
しっかりと落ち着いて、そいつをよく見極めろ
高く捌ける代物かもしれないからな
心配ない、こころさえ明け渡さなければ きっと上手く行くさ
どこかで聞いたことのある話だろう?
今、僕に捌こうとしている
君の育った町のことさ















 十六歳のカルテ


傷の少ないスニーカーで
夜の街を駆けていると
重力から解放される
そんな錯覚を覚えるんだ

まるでまだ 手許には学生手帳があって
警察に声を掛けられても
すぐに自分を証明できて
また街へ 繰り出せるような

スケートデッキを弾いて
夜を飛び越える

この際、綺麗事は路上に置いていけよ
ポケットに隠し持った後悔に気が散って
頭から派手に転んだとしても
半笑いのまま 
地べたに散らばった未練ごと 
スニーカーの底で潰してやれ 
狭い空に響いた悲鳴にもまだ 
感傷が混じっているかもしれないから
気をつけろ
(混ぜモノは買い手とのトラブルになると先日思い知ったばかりだろう)

地べたから見上げた空のひかりは
高層ビルのあかりに隠されている

もうずっと 陽射しに触れていない気がする
誰かの 月曜日の太陽
              火曜日の太陽
              水曜日の太陽
              木曜日の太陽
              金曜日の太陽
の下の何処で 
どう目覚めていいのか わからない

街は夜明けの輪郭を帯びてきて
重力が神経に伸し掛かり 
力をなくした握り拳から
焦燥が広がっていく

僕はまだ引き返すことはできるだろうか 

足元を見ると
擦り減ったスニーカーは破れていて
裏返ったデッキが
真ん中から折れていた
















 ある夏の長い一日のはじまり


手探りで、やっとのこと、スマートフォンの目覚ましを止めて、少し。「陽性者と接触した
可能性がある」というプッシュ通知が届いていることに気がついた。カーテンの隙間から流
れるひかりで満たされた寝室で、そっとアプリを開くと「陽性者との接触は確認されません
でした」という文字が浮かび上がった。「どういうことなのだろう」とぼんやりした頭で思
考をめぐらせる午前六時。非正規労働者の僕の隣には、妊娠十二週目の妻がまだ夢を見てい
る。

脱ぎかけたパジャマのまま、ソファに座り、ペットボトルの水をそのまま口に含むと、昨晩、
マスクをしたままだけど、祖父に会ってしまったことや、親と年齢の近い職場の同僚や仲間
達の顔が浮かんできた。いつの間にか脇に挟み、止まっていた体温計、三十五度八分。

(自宅と職場を行き来するいつもどおりの日常で、何処で誰と接触をして、誰に接触したの
か、見当がつかない)

シャワーを浴び終えても、まだ、職場や相談センターは開いていない。仕事の支度をやめて
つけたテレビの音は鼓膜を擦り抜けていき、ノートパソコンの文字も瞳孔からすぐに剥がれ
ていく。ハンガーにかかったままのワイシャツ。冷房の風を受けるくたびれた観葉植物。ト
ースターで焼いた耳の焦げたパンを頬張ると、やっぱり、苦い。

愛猫の足音に気がついて、振り向くと、僕を覗き込むまあるい瞳がゆっくりと瞬く。ドライ
フードをお皿に入れて、窓の外を見上げると、甘くておおきなシュークリームをふんわりと
浮かべた懐かしい夏の青空。

砕き割って
急き立ててくる
蝉の鳴き声

まだ七時 まだ七時 まだ七時 まだ七時―――

拭いきれなかった汗が、スマートフォンの画面に滴り落ちてくる。

ある夏の長い一日のはじまり。
























ひ  な  の



 しんでしまいたい僕たちは


生まれた時から
僕らの未来は失われていた

消えかかったネオンの看板
黒ずんで佇む作りかけのビル
累々と横たわった
栄光の亡骸たち

灰色の顔をして
くたびれた革靴
かつてのヒーロー

市県民税の納付書を手に
生きているだけで罰金刑だ、と
乾ききった声で
から、から、と笑った

全面添削済みの
「将来の夢」を読み上げる
十四歳ㅤある日の教室

サラリーマンになりたい、と
僕の声がしたくもないことを
したいと言った

ほんとは雲になりたかった

耐えきれず教室を飛び出して
階段の踊り場で泣いた

あぁㅤもう
しんでしまいたいな

生まれた時から
僕らの未来は失われていて

生きているだけで
罰金刑になるくらいなら
生きていたくないな

帰り道では
栄光の亡骸たちが
夕日に長く影を作って
おごれる人も久しからず
びゅー、びゅー、と輪唱するんだ

君たちはいいじゃないか

春の夢と踊って
踊って踊って踊って
踊り疲れて
そこで永遠に眠っても
風が埋葬してくれる

雲になるのが無理だと言うのなら
風に吹かれるのを待つ塵に
なれたらいいのにな

しんでしまいたい僕たちは
そんなことを考えながら
まだ生きている

相変わらず
未来は失われていて

まだその時じゃない、と
膨大な時間たちが
ひどくゆっくり
過ぎ去っていく














 灯篭流し


青い空に八雲立つ
雲の白波ㅤ天つ光

足首まで浸かる川の水は
清らかでㅤ冷たくて

心の底に溜まった澱まで
流してくれるような
気がした

光の花びらが
川面に反射して
流れていく
遥かㅤ遠くまで

不意に一粒、
絆された涙も
そうしてㅤ共に

ここはあまりにも優しくて
裾が濡れるのも構わず
しゃがみこんでしまいたくなる

流れてゆく光は
誰がために

それは私のためでもあると
思ってもいいだろうか

青い空に八雲立つ
いつかそこに流れ着く
雲の白波ㅤ天つ光

雲の白波ㅤ天つ光























沢 口 リ リ キ



 お盆 ~昭和五十二年頃~


鉛色をした雲が速く流れ
台風の匂いのする風が
低く吹いている
薄暗い夏の午後

石垣に囲われた庭の池の近くで
僕と六歳下の弟は
空洞になった蝉に群がる蟻の
絶え間ない行進に見入っていた

家の中は
お盆の支度をする女の人たちが
忙しなく働いている

弟の手を引き近所の商店で
アイスキャンディーを買い
店先で舐めた

割り箸を差した胡瓜や茄子が
なぜ棚に置かれてあるのか
弟が訊いたので

あれは死んだ人の乗り物で
馬や牛なのだと答えた

弟はしばらく黙り込むと
小石を蹴って
ぶんぶんと頭を左右に振った

空き地で時間を潰し
夕刻に戻ると
野火が焚かれていて
分家の親戚たちが
数十名集まり始めていた

これから墓に行き
ご先祖様をお連れすると
父が僕と弟に言った

弟は泣き出し床柱の陰に隠れた
仕方なく本家の嫡子の僕だけが
提灯を下げて
父と向かった

墓に供え物をして
家路を辿ると
門の前に一族が集結していた

曾祖母が歩み出て一礼をし
今年も一人たりとも欠けることなく
帰ってきてくれたと言って

お帰りなさいませ
と挨拶をした

続いて子孫全員が深々と頭を垂れた

夏の夜の匂いと
線香の匂いの入り混じる
暗闇のなか

薄ぼんやりと僕には見えた

一族という血の元で
生者死者区別なく
ひとつの霊的なかたまりとして
皆々が融合してゆくさまを





















草  香



  蝉


寺の境内
蝉の唱和が
鼓膜に沁みこんでいく

足元には
朝露をのせた骸が
七日間を生き抜いて
仰向けに転がっている

眠っていた土から這い出し
鳴くだけ鳴き地に落ちた
寿命を知らない眼は
何をみてきたのか
初めて飛んだ低い空も
仲よく鳴いたことも
樹液を吸ったことも
命からがら逃げたことも

すべて消え失せ
露わのままに
木蔭でひっそり
土に還っていくのを
微風が清めている

土と木の間で
生まれ変わりを
脈々と繰り返して
生と死が一つの枠に
はっきりとある

晩夏に急かされて
奏でる小さないのちを
仰ぎ見る















 晩 夏


舞い込んだハガキは
 私の詩集を送ったのに
 あなたから返事がない 
 
そんなはずはない
改めてハガキを出すと
 確かにもらっていました
 こんなに老いた自分を
 恥じています

山の中で
独り暮らす元教師
身の回りの整理を始めたのか
小さな手書きの文字が
私を忘れないで
捨てないでと
寂しく揺れている

思い出す 宿の夜
たわいない話に微笑む
老いた童顔は
孤独がにじんでいた

攻めません
老いと闘い抜いて
空っぽになってください

行くあてのない風を
遠くのヒグラシが
いざなう






















く   れ



 終着駅


生の未練はその生存層にくぎ打ちして
壁に飾るものではない
幾つもの奇跡が首に巻かれた跡があるではないか
人生には始発駅があって終着駅がある
使い古した言葉ではあるが
ありふれた比喩の類ではない

ときどき後ろ向きで走る時間の癖に
逆走する景色を思考の中で半回転させながら
終着駅を意識するときがある
うとうとしながら通り過ぎて来た駅の
寂れた傾きと
列車の窓一枚の生と死の線引き

現世から切り離される
ポイントの軋んだ音を聴くときがある
生の未練が自画像から離れようとしているときだ
まだ壁に飾ってあるとすれば
この世への思いが押し寄せてくる前に
そっと取り外しておくべきなのだろう

飾り物はいつか朽ちていくものだが
そこに終着駅という言葉が寄り添うならば
生の未練にも微弱な光が灯る
始発駅をでて何十年も同じ列車に揺られていると
人生は自画像の中の鏡なのかも知れない

五感の一つでも
終着駅が近いと予感するものを持ち始めたとき
惜別という言葉の先に
終着駅が待っているような気がするのだ
こんなときは
天の配剤を強く感じる














 3.11


原稿用紙の上を
九年間歩いてきた
一年、三年、五年過ぎても
埋まらないマス目

葛藤する日々を
モグラたたきのように叩いても
次の葛藤が
すぐにやってくる

躓いても、転んでも
もう忘れましたとは
書けない、書いてはならない
その言葉を
手放してはならない

一Fのメルトダウン
「逃げろ!」という言葉に
人の群れが
古里から消えた

あの日は、どこにでも
線を引くと
避難者用の道路になった
止まった時間は
逃げる先々に転がっていた

原稿用紙の上を
九年間も歩いてきた
記憶のマス目の中にあるのは
放射能線量計のアラーム

3.11は
福島の言葉になったものの
一年ごとに薄れていく
二〇一一年三月十一日を
忘れてはならない























藍 音 な な を



 てく のろ じー


真夏

所用を終えて
車に乗ってエンジンをかける

最近の車は便利なもので
スイッチを押すだけでエンジンが始動する

計器類が一斉に表示灯を点け
今日は何月何日です とか
今日は何の日です とか
そんなアナウンスまでしてくれる

近頃の車は
賢くなったものだ

暑さに唸るコンプレッサーの音
ごうごうと吹き出す風が
車内と体を冷やすまでの暫しの間
さっきコンビニで買った
汗をかいたボトルを開け
落とすように喉に流し込み
一息ついてメーターを見る

 外気温:三十七度

人間なら微熱の体温
道理で暑いはずだ

けれど
車内は段々冷えてきたのを
センサーが感知して
勝手に風量が落ちる

機械や技術はどんどん進歩し
賢くなっているというのに
人間はそのスピードでは
進歩も進化もしないんだよなぁ

だけど
賢くなった機械の便利さに甘えて
機械任せにしてしまうと
人間の脳のほうが
だんだん
だんだん
退化していきそうで
僅かばかりの恐怖感を覚える

退化した脳の機能を補うために
そう遠くない未来
脳とコンピューターを繋ぐ技術も
未来では実現するかもしれない

でもそれは
世のためになるのか
それとも誰かが人を利用するためになるのか
まだわからないけれど
ただただ手放しで
楽しい未来に繋がるわけではないかもしれない

でもそれって
果たして人が人らしくいられるのか

それにシステムのバグや
悪意のあるバックドアやウイルス
そう言ったものに干渉される可能性もある

最近目にしたニュースで

若い人が楽しんで使うアプリに
悪意のあるプログラムが組み込まれていて
それがわかったことで
世界の国々が
アプリの使用禁止を決めた

便利や楽しいと背中合わせに
不都合や悪意が潜んでいることもある

便利だから
楽しいから
おいしいそれを餌にして
寄ってきたものを
悪意が呑み込んでいく

口当たりがいいものは
すべていいって訳ではないのだ

おいしい物には注意が必要

そんなことを考えながら
ため息をついて
サイドブレーキを下ろす

もしかしたら
あんまり便利過ぎない世の中が
一番いいのかもしれないなぁ
満足にほんの少しだけ
届かないくらいの
不自由さがあるほうが
人にとっては・・・・・・

全て何でも
瞬時に計算できる
機械任せの一足飛びじゃなくて
自分の足で
てくてく
のろのろ歩いてみて
そしてたまには
じーっと考え込むことも
今の時代必要なんじゃないかと
ふと頭をよぎった
八月
終わりの日

























瀬   未



 引 力


雨続きから
ようやく解放されて
空が青に
還ってゆく

こんな日は
窓を開け
風にゆすがれていたい
ハンモックで
ゆらゆら

こめかみのあたり
うっすら汗を浮かべ
フローリングの床には
広げた古いアルバム

無邪気だね、と
からかわれるのが嫌で
あまのじゃくを気取る
あの子のしかめ面が
懐かしく愛おしい

遠い日の思い出も
この身も
振り子のように
ゆらゆら

あれから
ずいぶん時は流れ
知らないことを知らないと言えず
分別が邪魔をして
黙ってしまうことが増えた

いつしか
指先で調べれば
大抵のことが
かんたんにわかる時代
単純に不思議がることを
忘れてしまっていた

私は
虹のなないろを
いまだに
言えないでいる

 虹は
 虹だから
 ぜんぶで虹色

そう言い切って
屈託なく笑った
あの子の瞳は
今でも
私の憧れ

時すらも
たやすく飛び越える
とてつもない引力

あなたは
今もどこかで
元気に
笑っていますか

庭先では
おいで おいでと
早咲きのコスモス

季節の入り口で
やさしげに
手招きをしている