今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







@すみっこ  





 ストレスフリー


何でも百均で売っている
と言う私の口癖を
父は側で聞いている

 あれやこれや
 こういうの欲しいよね
 百均に行けばあるよ
 今度仕事の帰りに買ってくるから

なんて言っても
そんな話は
きっと聞いていない

あくせくチャリ移動の私
とは違って
父は車でひとっ飛び
すぐに買ってこれるのだ

 買って来たんだね
 へぇー、
 どこまで行って来たの?

急ぎではなかったが
それ以上は黙っていた
百円より高い金額に
価値だって高いに決まっている

売却したばかり
心にまだ余裕があるのだろう
買い物が多いと感じつつも
必要な物は手に入れる

ちょっと
この皮剥き器
スルスルと人参の上を滑るように
とても滑らかで捗る

これって
WストレスフリーWかしら
頭の中でそう浮かんだ

百円の物ばかりで
生活しても
特には困らない

ただ自分の懐から出さずに得た
この使い心地の良さに
なんとも言えない
軽やかな気分になった

父との引っ越しで
新しい発見や出会いに
数年後の引っ越しを見据えて
私達は整えていく

近くに住むもう二人も
同じ思いで
頑張っていることかと
私は思っている





                       〔澤 一織:選〕











かすみ じゅん


 独善的シナプス


んんと目醒めた
ピンぼけの世界

ゴロつきながら
両腕をひねりのばしていると
ぴつぴつする眼球に気づき

マブタを何度もしばたたかせ
その刺激をこそげながら
襟足をこまかにかく

ゆるい部屋の明るさのなかに
高いシの音の蝉の声が
ツウィ、と
当たり前のように
滑りこんでいるのを再認識すると

もはや
夏にざっぷりと浸かってしまっている自分を
ずむずむと迫りくる木目の天井と
そく頭部あたりで大ゲサに鳴りひびく

鳩時計のヂックダックが
否応なしに照らしだす


河馬アクビをくりかえし
むき出しのお腹をさすりながら
遠く耳をすました

無意識に冷たい風を求めて

チュヒと
またチュヒと
やわらかな鳴き声で
雀が電線から呼んでいる


亡霊みたく
カラダにとり憑く
気だるさが晴れるけはいは
どこにも見当たらないのだけれど

立ち上がらなければならない

これはまっとうな社会人に
課せられたミッションー


 だがしかし
 休日の今日


 お昼過ぎには
 きっと、幽体離脱した
 タマシイ人間の僕が
 ウソみたいに
 心地よい夢のなかで
 相変わらずにぎやかな
 都会の雑踏に
 目を回しながら
 複雑化した迷路を
 フラフワと
 さまよっているにちがいない


微砂糖の缶詰めコーヒーが
青汁のようにやたらと苦く
口のなかに鋭くひろがる
妙にかびんな朝

スイッチの壊れかけた
電気湯わかし器のごとく
あてにならない神経回路に

あきらめ調子で

だらしなくまた横たわる
実在自身は
うつろに変幻し
どこかでツナガっているとおぼしき

誰かしらの
心の空っぽ

無断でシュルリラと忍び


隅のほうに小さく
くだけた体操座りで顔をふせ
まどろみにもぐり込もうと モサクする





                       〔雨  音:選〕











と も り ん


 あなたの傍に


カレンダーを見て
毎日のように思う
「あぁ、もうこんなに過ぎたんだ、
大切な人に逢えなくなって」

事情があったのは解ってる
でも、突然すぎた

あなたのいない職場は
あたたかさに欠けている
静かに心が震えているのを感じる


年中マスクをしていたあなた
笑うと目尻にシワがよる
その顔が好きで
いつも笑わせたくて
あなたが安らげる時間
それを与えたかった

くだらないことばかり言って
時々真面目な話もして
愚痴を言ったり聞いたり
たくさんの時間を共にした

詩も褒めてくれた───「才能アリだよ」
その一言だけで
私は今も幸せに浸れる

幸せだったのは、私だけ?

片想い、そう、片想い───


連絡先を知らない私は
Twitterに毎日詩を載せている
「もしかして…」
そんな微かな希望を胸に
迷惑かもしれないけれど
懸けてみたくて

あなたの幸せを願う
でも、私の本心は
きっと違うところにある

傍にいたい───
本物の想いは
こんなにもありふれた言葉だった





                       〔島 秀生:選〕











中  也


 N-ライフ


そういえば
突然
狂い始めた
めちゃくちゃに
この世界が
何の前触れもなく

僕らの生活も
生き方も
価値観も
あっという間に
変わっちゃったよ

見上げた
夜空の星たちに
「あんたたちのせいだよ」
そう言われているようで
思わず
「ごめんなさい」って
呟いちゃったんだ

振り返ると
僕たちは

あの時も
嘘をついて
あの日も
君を傷つけて
いっぱい
いっぱい
悲しい気持ちにさせて
自分勝手に過ごしてきたんだね

そんな
僕たちの過ち
神様が
懲らしめてくれたのかな





あまりにも
唐突に
瞬く間に
世界は
真っ暗に

想い描いた未来は
跡形もなくて

Tシャツに染み込んだ汗
ジリジリ照りつける太陽
息苦しいマスク

見えない恐怖
呆然と佇む僕たち

非常事態宣言
ソーシャルディスタンス
聞き慣れない言葉に
戸惑うばかり

君がいない
ついさっきまで
一緒だったのに

あまりに脆くて
さよならするときは
呆気ないよ

もう一人じゃ
勝てないよ

さよならの声が
遠くから聞こえて来る
まだ大丈夫だよって
応えたい

いつまで続くんだろう

僕はもう少し前の僕じゃない
強くなって帰ってきたから
今度は
僕が
君を守るから





                       〔雨  音:選〕











小林 大鬼


 予 感


寝息が聞こえる深夜近く
雷鳴の火花が響き渡る

静かに降り出した雨が激しくなり
家々の屋根を叩き始める

窓の帳を風が揺らし
雨音が跳ねては走り踊り回る

忘れかけた梅雨がぶり返し始めた

春から夏へ
影に隠れていた
見えない泡がまた弾け出し
人々の口を介して
噂のように広がり始めた

感染の波が糸を撒き散らし
再び世界を蜘蛛の巣で覆い尽くした

呪われた百年の死の系譜は
まだ終わりそうにない





                       〔三浦志郎:選〕





 巣立ちの跡


軒下の燕の巣よ

この悲しき年にも
また燕が戻って来たね

世界は未だ感染の日々が続いているが燕は今日も忙しなく
鳴き喚く雛達のために
餌を探し回っている

晴れでも雨でも嵐でも
日々の螺旋は変わらない

不安に怯える人々よ
空を見上げよ

この暗き世界に光が射す

幸せは今を生きる事
雛巣立つ時まで
命燃え尽きるまで

子孫のために
未来のために
空を羽ばたく

軒下の燕の巣よ
燕達は巣立っていったね

何もない空っぽになった巣の中で
燕の記憶を映しているよ





                       〔三浦志郎:選〕





 終戦の日に


今日のような
うだるような暑さの中
二人は玉音放送を聞いた

祖父は満州で
祖母は千葉で
まだ二十歳の若者だった

祖父には言葉の意味は分かったが
祖母には分からなかったと言う

戦争を語り尽くさぬうちに
祖父は亡くなり
祖母は施設に入ったまま
年月だけが流れてゆく

薄れゆく終戦の記憶よ
あの時代から世界は歪み始めたか

今年の盆は感染の波で
墓参りにも行けそうにない

甲子園も花火も祭りも
何もない哀しみだけの令和の夏

祖父母の思いが過りながら
終戦の日がまた遠ざかる





                       〔澤 一織:選〕











れもりあっと



 昇 天


月の輪郭が
ハッキリしてくる

草原に僕は立つ

UFOに吸い込まれてしまうかもしれない
という不安の水を
脳内にせき止め
顔を上げる

草木に
一縷の風が
そよそよと吹き
僕は月を
まじまじと見つめていく

月の輪郭に
光の粒が
弧を描くように
回っていくとき
星空はやけに
目を見開き
恥ずかしそうに照れている

やがてその粒が
一周し
月の光が
膨張し始めたとき
僕の身体は浮き始めたのだ

予想に反して
こわくはなかった
だれも僕を傷つけるような
空気ではなかったから

そこには沈黙と
何やら期待が
入り混じった 空気だ

かぐや姫のように
スキップしながら
風と戯れるように
僕はどんどん昇っていく

やっとこさ
雲間を抜けたとき
僕は稲妻となって
宇宙に放電(バリバリルルルル)した

草原には
まただれかが立ち
僕と同じように
不安そうに
月を見つめ
また夜風に
吹かれていたのだった




                       〔三浦志郎:選〕











埼玉のさっちゃん


 心からの感動


なぜだろう
なんだろう
心の汗が止まらない
目にゴミが入ったと
ごまかすが
どんどん溢れてくる

魂を揺さぶられ
私の心を鷲掴みし
感動の嵐が収まらず
力強く拍手を送る

貴方の一言が
私を奮い立たせてくれる

努力の跡を決して見せない
平然を装っているが
緊張を隠しているのが分かる

強い人間などいない
弱さと共存しながら
日々を過ごしている

貴方から
見習うべき事が沢山ある
そして
私自身の未熟さを
痛感させられる

貴方は私の癒し
貴方の癒しは何ですか





                       〔齋藤純二:選〕











み た こ


 たとえばこんな夕暮れに


たとえばこんな夕暮れに
空に滲んだ太陽が
今日という日は
終わるのよと
私に
告げに来てくれた

今日の昼間にスーパーで
お洒落な帽子の
おばあちゃん
「いいこと教えてあげるよ」と
嬉しそうに話しかけてきてくれた
それは
豆苗は家でも
育てられるという話

今ごろ我が家では
豆苗が窓際
スクスク伸びている
けれど
初めて知ったような
顔をして
おばあちゃんの話を
聞いたんだ

大切な秘密を
こっそりと
私に教えてくれたので
その気持ちが
ありがたく


今日という日の夕暮れに
空に滲んだ太陽が
終わりを
告げにきてくれた

今日も一日ありがとう の
一言がいえずに
いたけれど
このまま
今日を
終わらせるのは
勿体無くて

けれども言葉にするには
気恥ずかしくて
ただ
お礼の代わりに
小さく手を
振りました

たとえばこんな日の
夕暮れに





                       〔三浦志郎:選〕





 わたし


この道の先には
何があるのだろう
夕焼けの帰り道

友達と別れた後
いつもと同じはずのこの道の
まだ見えない向こう側

昨日はお母さんが
泣いていて
お姉ちゃんが
怒っていた

食卓に並べられた夕飯は
テーブルから床へ
落とされていた

わたしはそれを
見ていられずに窓の外の
暗闇に心を隠した

昨日のわたしと
いまここに立っているわたしは
同じ
さっきまで
友達と遊んでいたわたしと
いまここに立っているわたしは
違う

本物はどちらだろう
どちらもわたし
そう信じていれば
それが真実になる

この道の先には
見えない明日があるはずだ

明日のわたしは
どちらのわたしになるのだろう
隠した心を笑って
取り出せる
明日を信じていたい

夕焼けの帰り道
私は今日のわたしを
きっと忘れない





                       〔澤 一織:選〕











司 龍之介


 まだ美を尽くさなくていい


その段階までまだ登ってない
幾つかの材料がいる
そこへ辿り着くには

荒療治でいいんだ、まだ
荒く 粗く 何でもやってやる
破天荒な気持ちで手当たり次第に
ぶつけまくって
砕かれまくって
散らばった破片を組み立てると
今まで感じたことのない所へ行く

それが美なんだ
丁寧にやることはない
雑に大雑把に
かと言ってだらけることはなく
真心は込めて真剣勝負

時には怪我もするだろう
痛い目にも遭い恥も?くだろう
だけどそれがいずれ
硝子のキャンバスに刻まれた
芸術作品になるんだ





                       〔齋藤純二:選〕











じじいじじい


 願 い


もしも願いが叶うなら
私は未来に向かう
願いごと

未来に羽ばたく
私の為に
空にむかって
願うだろう

もしも願いが叶うなら
私は昔に戻る
願いごと

過去の私を
変える為に
空にむかって
願うだろう

過去を変えるも
未来を変えるも
願いは願い

未来は努力で変わるから
未来をつくるは
私のチカラ

過去を振り返るくらいなら
私は自分で未来をつくる
願いを込めて
願いが叶う
その日まで





                       〔三浦志郎:選〕





 ゆかた 大人


ゆかた

花火の音に誘われて
夜の沿道 空を見上げる

祭りに向かう
この季節
祖母の形見に袖とおす
朝顔の浴衣着るたびに
優しさと笑みと温もりが
私の中によみがえる

浴衣のかたちで
私を包んでくれる

年に一度の儚い再会
出会いと儚さ心にしみる

祖母の残り香
抱きしめられて
浴衣の袖で
涙をぬぐいながら
そっとつぶやく

元気だよ
おばあちゃん
あいたいよ
おばあちゃん





                       〔三浦志郎:選〕











八 く ん


 アウトドアへご挨拶


朝5:30目を覚ました

冷蔵庫に仕込んであった肉の塊

ソミュール液を作り粗熱を取りまたその中に
漬け込む冷蔵庫で一週間寝かせる

朝の作業10分程度だが充実感がある

一週間後のスモークされた肉の塊を
海辺で薄くスライスし焼いてパンと一緒に食べよう

さてその絶好の海辺を探しに行こう

まだ通勤時間ではない道は気持ちよく車が走る
少し南下し風景が変わって来た
民家はマンションから一戸建ての家が多くなり庭が広い

主道から細い横道に入り砂糖きび畑の中を走る
その先にいきなり開けた海辺が見えた

舗装されていない道を入り草の生い茂る駐車場に車を止めた

海辺に出るとお決まりの深呼吸
気持ちが良い

遠くではウィンドサーフィンを楽しむ若者が一人

来週は自分がこの海辺で一人スモークした肉を薄くスライスして
焼いてパンに挟み食らいつくのを楽しむだろうと妄想し
朝日でキラキラした海を眺めニヤニヤしながら後にした

帰って車のタイヤを見るとぬかるみを横切ってせいか
ひどく汚れていた
ボディーまで泥が跳ねている

何故か自分はひどく気に入った
小さい頃泥だらけで遊んで無条件に楽しかったことを思い出す
それに似た感情か
少しでも自然と共存した喜びだろう

今日は洗わないでおこう





                       〔齋藤純二:選〕





 薄皮の脱皮


何もかも忘れたい

よし今日は跳ねるよ
朝まで跳ねまくる
それで何も無かった事に
できやしないけど
跳ねたい気分

一人クラブで跳ねまくったら
外はもう薄明かり

爆音の中から逃げ出た

雀の鳴き声とゴミを漁るカラスの居る公園のベンチで一休み

汗だくでボーッとしてたら
自然に笑い出した
なんかもうどうでもよくなった

虫けらみたいなことも陽炎の幻想も
もうどうでも良い

本当っくだらない事
無駄に悩んでたのか可笑しくて可笑しくて
涙がでるぐらい

その時フッと胸の奥にある煙のようなものを消し去った
くだらない事で悩んでたのが馬鹿ばしくなった


今日の自分がスケスケの薄皮だけど脱皮した感じ

変化した

今日で今日までの自分ともう会わなくて良い
会いたくない
会うことはもうない
未来だけ

スケスケの薄皮だけど脱皮して行く

自分だけしか分からない気分

馬鹿が楽しい
未熟者が嬉しい
世間知らずが笑える
体力無いのが自慢
無知が誇らしい
音痴が微笑ましい
金が無いのが優越感

だってそうでしょ

何も無い方が先が増える

スケスケの薄皮ぐらいの成長だから伸び率絶頂

スケスケの薄皮の成長で楽しくなれる

大きな成長を求めるから苦悩する

行き詰まる壁なんか先の先
何万光年先

行き詰まって悩むことも無くなった

笑って腹抱えて過ごすだけ

そんだけ

そんなもん





                       〔島 秀生:選〕











まるまる


 当たり前のこと


誰でもできる仕事でも、個性を出したい
より良く、やりたい
自分の爪あとをのこしたい
ひとひねりの粋な小細工をして
ねらっていたのは自分なりの結果を出すこと

……そうではありませんでした
当たり前のことを、当たり前にやれば良いと知りました

時間は十分にあるし、
頼まれる仕事のほとんどは、いくつもの工程の1つです
黙って正確にやれば良く、
そこには私のやった意味など、いらないのです

どうしようかと迷った時は、
当たり前のことをすればいい
背伸びではなく、猫背でもなく、
その時に思う当たり前

「えらい」と先生が誉めてくれたのは、
足元の紙くずを拾った時
なぜ誉められたかわからなかった
当たり前の事だったから、4年生の私には

当たり前がその人を作る
人の話を聞く、時間を守る、物を大切にする
そして疲れたら休む、欲しい時はもらう

当たり前の事を当たり前にできることが、
地に足を着けてしっかり生きるという事かもしれない

真実をひとつ見つけたような気がする
よかった

ただし、思うようにはいかなくて、
不相応な物が欲しくなったり、誰かの悪口を言いたくなったり
……する

当たり前は難しい





                       〔三浦志郎:選〕











ゆうりひと


 サターン・ファイブ


“打ち上げ15秒前 14 13 12”

静寂
暗闇
一面の雪
照らす月
眠る動物たち
揺れる草木
寝静まった世界

“9 8 7 メインエンジン起動”

光が灯る
微かで小さい
暖かいオレンジの輝き
失望の世に灯った希望の火種が
静かに目を閉じ
その時を待っている

“3 2 1 ブースター点火 リフトオフ”

猛烈な白い閃光が
憂いの世を照らし
夜が昼になる
一面の雪は消え去り
緑が突然起こされ
冬が夏になる
大地を震わす轟音とともに
人の造りし方舟が今
宇宙を支配する重力を
振り切ろうとしている

“ラウンチパッド通過 ロール操作開始”

2000トンの鉄塊が
炎と白煙を吐き出しながら
雲を突き破り
空気を突き破り
音の壁を突き破り
未だ見ぬ世界へ旅立つ
時速2万8000キロメートルの速度で
人類は進歩していくのだろうか

“こちらヒューストン 問題ない”





                       〔島 秀生:選〕











水無川 渉


 静かの海のほとりで


静かの海のほとりに座って
乾いた波の音に耳を傾けながら
もの思いに耽って過ごすのが
ぼくの日課だ

燦々と降り注ぐ宇宙線
頬を撫でる太陽風 そして
漆黒の空にかかる
巨大な瑠璃色の宝石

目を上げたぼくは
天の蒼玉へ思いを馳せる
あそこには何があるのか
そして 生命(いのち)は?

あの美しい世界に
もしも住人がいるのなら
きっと彼らは優しく善良で
平和に暮らしているのだろう

あんなに綺麗な星だもの
飢えや涙や苦しみとは
そしてもちろん憎しみとは
きっと無縁にちがいない

そこには清浄な水と空気が満ち
生きとし生けるものすべてが
霊妙なる調和のもと
無二の楽園を作り上げているだろう

ああ もしあの遥かな世界に行けたなら
生命の奏でる交響楽に耳を傾け
その住人から 徳と叡智と愛を学べたら
どんなに素晴らしいことだろう

ぼくは思わず微笑んで
冷たい虚空の彼方から
瞬きもせず じっと見つめる
つぶらな青い瞳を見上げた

静かの海のほとりで過ごす
満ち足りた午後





                       〔沢口リリキ:選〕











九 丸(ひさまる)



 今日も元気にカッ、カッ、カッ


影が沸き立つほどの陽射し
汗も気にせず歩く

色濃く躍動する影に
導かれるまま

カッ、カッ、カッ

影も一緒に

カッ、カッ、カッ

アスファルトに
硬い靴音響かせて
エンジン音と
蝉の声が響くなか

僕と影は共鳴する

どうやら今日も
大丈夫みたいだ

影がこんなに元気なら
僕もきっと元気なはずだ

目的地まではあと少し
それまで一緒に

カッ、カッ、カッ




                       〔齋藤純二:選〕





 ポークビンダルーを作りながら馳せる思い


ステンレスボールに
豚肩ロースのブロックを入れて
オリーブオイルを回しかける
土曜日の夜十時過ぎ
今夜ももれなく熱帯夜

ガラムマサラをメインに
五種類のスパイスを振りかける
クローブは多めの方がいい
それにチリペッパーも多めがいいな
「この料理はとびっきり辛く」
そう教えてくれたパシャさん(通称)は
今頃南インドの田舎町で
のんびりと過ごしていることだろう

食材をボールの中で揉み込むと
夕飯は済ませたのに
香りで食欲が刺激される
我慢、我慢
明日の夕方へのお楽しみだ

チリペッパーを入れ過ぎたかもしれない
辛さで目がしみてきた
そういえば
唐辛子は南米原産だ
じゃあ、元々インドの料理は
辛くなかったのか?
いや、まてよ
そんなことをいったら
四川の麻婆豆腐だって辛くなかったはずだ
麻だけで辣がないなんて
それはとても片手落ちな気がする
そう考えると
もし唐辛子がアジアに伝わっていなかったら
僕の好きな料理は
この世に存在していなかったかもしれない

NPU(ノン・プルス・ウルトラ)から
Nがなくなった瞬間
この世界では
それまで以上に
功罪絡みつきながら
あらゆるものが伝播し
根づいていった
その流れはどんどん加速していて
これからも速度を増していく
流れの中で僕は
何食わぬ顔をして
それを享受する
もちろん憂うこともある
だけれども
その流れに立ち止まることは
とても難しいだろう
ましてや逆らうなんて
到底無理そうだ

世界の行く末を考えてみても
僕にはうまく見通す自信がない
それでもほんの少しだけ先の未来
それならばわかる
きっと明日も猛暑日なはず
クーラをガンガンきかせた部屋で
僕は辛さで汗をかきながら
ポークビンダルーをがっついているだろう
もちろんビールも忘れずにね





                       〔Kazu.:選〕











エ ス ト リ ン 


 生きる


最近天候のせいか疲れている
じめじめ
じとじと
ムシムシ

この季節に入った先月から今月にかけて
知り合いが
三人も四人も
入院

一人は人生に疲れた
一人は毎日のご飯の用意がどうでもよくなった

私も何かしら
影響を受けてしまう

主治医は
それだけ愚痴が言えれば
入院しなくて良いと

今日は母親の見舞いだ

今は七月
来月は二回も母親の通院の付き添いがある

退院できない母親の思いと
面倒がみれない家族の思いと
狭間にはさまれて
しんどい思いをする

行きたくない
本当は

経済的に
私は頼りにならない

精神的に父親は私を頼る

先日電話があった
父親は
病院から言われた
母親の靴と腕時計の件だ
平たい靴
腕時計の電池交換

父親は電話で私に相談してきた

福祉の店で着脱のしやすい靴
値ははるが太陽光ソーラーで電波腕時計
その二つの購入

普段から思っていたことを告げた

父親は納得し
購入に至る

それで今日
母親の見舞いなわけだ

昨日は友人と飲み会
今日の昨日で
途中から
今日のことを思い
げんなりしてしまった

私と同じ心の病気の異性の友人は
病気は違えど
黙って聞いていた
偉そうなことは病気なので
何も言えないと話した

何か頑張れとか言われても
私も困る
聞いてくれるだけ有難い

こんな日常
繰り返し
生きている





                       〔三浦志郎:選〕