□ 新作紹介 □





雨  音



 宝石箱


小さな粒が集まってできた雲から
雨は降ってきます
その雫が降り注いで
水溜りになったり
葉を揺らしながら
幹を伝っていき
大地を抱くような根から
木々の隅々に届いていきます

 雨が好き
 アスファルトを濡らす匂いも
 丸い露を纏った葉っぱも
 誰が何と言おうと 
 何もかも好き

 降ってる!と喜ぶわたしのことも
 また降ってるのか!と嘆くあなたのことも

そうしてまた
空へ帰っていきます
小さな小さな粒になって

時には七色に輝いてみたり
凍った白い六花になって

いったり
きたり
 
小さな愛を見つけます
それはいつもそっと隠されているから
大げさでなく 溶けるようにして
 
良く見つめてみると
あちらにも こちらにも

 火星人のあなたはもしかしたら
 目から心を読むことができるのかしら

 今日は浜辺を一緒に散歩したね
 弾むように喜ぶから
 画面越しに 
 漣に映る光を届けてくれたんでしょう

 そんな時間ばかりが
 散りばめられていることに
 
 いえ 金星人のわたしはもしかしたら
 目に心が浮かんでしまうのかしら

小さな粒が集まってできた大きな愛から
今日も愛が降ってきます

見つけられたらいいですね
あなたも
わたしも 

小さな小さな粒になって
また還っていく

いったり
きたり






















青 島 江 里



 窓 / 道 / 空


アットマークをつけた文字が
飛び交っている昨今

現実を見つめるよりも
架空の世界に逃避行

スマホの窓ガラスに触れる
そんな毎日も
それなりにいいけれど

もっともっと本当の遠くに
触れてみたいと思いませんか

窓を開けたいな
小さくても大きくてもいい
たった一つの窓を選びたいな

そしてその窓が
君の心から願うこれからの
道に空に続いていればいいな

人生は一度きり
あらゆる窓を開けながら
人々はさまざな風景を目にしてゆく

僕にとって君との出会いは
運命の窓です
道です
空です

今はかなしくてさびしい
別々の細い日々だとしても

信じている
ずっと信じてみたい

選んで開いたその窓が
君との道と空のさいはてで
眩しい一つに続いていればいいな























井 嶋 り ゅ う



 畦 道


折れ曲がった指で
頭部に巻かれた
白い手拭いを調整する
顔面に星霜の皺を刻んだ老婆が
雨上がりの泥濘んだ畦道を
こちらへ向かって歩いてくる
薄い唇を何度も舐め
時折 西陽を仰ぎ見ては
きつく瞼を閉じると
一瞬 何もかもが
皺の奥へ潜んでしまったかのように
見えるけれど
たしなめるように
まばたきを繰り返しているうちに
ほどきはじめたものはまた
定位置へとゆっくり戻っていく
びちゃりびちゃりと
新しい足跡が
老婆の後方へ型押しされ
まるで何かの行列の先頭であるかのように
幾つも引き連れながら
苔生した地蔵のそばを
通り過ぎていく

おめぇも来るが?

老婆は不意に立ち止まり
肩越しで僅かに振り向き
私に聞いた























Kazu.



 白 桃


静かに満ちる微かな染みは
芳醇な、そしてまごうことなく順列にする
それは必要にだが誰にもなれずに
不安に、そして確実に食物は「成長」する

食料は人から人へと推し尽くす
重力のかなたへ
だが不思議と重力の浮上にはギリギリ以上には変わらず
たわわなその瞬間を奇妙に尽くしながら
果実は相変わらず土壌に翻る

彼らには呆然自若に不幸なことなど何もない
吹かれる胸には白い胸
やがて触れる確かな胸
私たちは静かに待っている自己静止まで
白桃は何時までも自制しているのである

この白桃に晒されながら
明らかに何かを意味しているのだ
自分に立ち尽くすためにのみ
























齋 藤 純 二



 赤い僕


赤いよ赤いよ
夕波を聴く僕がいるよ

君を待つ
寄せてはかえす波時計
きっと僕の顔は
恥ずかしいくらい赤くなり

ひとりよりふたり
不思議と強くなくちゃ
そんなふうに思えるんだ

そして
君を大好きだ
と叫びたくなるんだ
待ち遠しい物語は
どんどん
僕よがりなってしまう

君が現れたら
ちょっと遅くねえ
そういって
照れ笑いをして

だからさ
いろいろ考えちゃうんだよ
まだ君が来ないのに
もう君でいっぱいの僕なのさ























澤  一 織



 静 謐 (せいひつ)


夜に染み出た露が、暗闇から伸びる枝に垂れ下がっている崩
れかけの蜘蛛の糸に、無数の滴となってとどまって、樹々の
あいだから漏れる月光の青白い光と絡まっている。そのまま
焦点を暈して辺りを見渡すと、沈黙や饒舌に交わされたまだ
らな夜、未完成のまま完成されてしまった夜が見出された。

配置された影  
月の明かり 
に抗うように滲む星
風の囁き 葉の揺れ 
不規則に正しく鳴く虫
鳥が翼を畳む音

あらゆる境界があるべくしてあった

あの夜はいつのことだったのか。

祖母が生前妄想のなかで水を撒いた庭で見ていたもの
星景写真家が辿り着いたちいさな高原で見つけたもの
大人になったあなたが自由画帳に残した本当に見たかったも

外の見えない一時保護所の窓を眺めていた幼子に職員が見せ
たかったもの
乱れ、疲れた心を静めるように息を吸って目を瞑った帰宅電
車の座席の隅っこで見た夢

やがて蜘蛛の糸から茜色の滴が零れ落ちる頃
一瞬たりとも重なる夜がないという永遠は
赦しや救いに似ていて
境界をあるべくして崩しながら
未完成のまま完成させてゆく朝焼けを
僕はずっと見ていた























ひ  な  の



 不眠症


今にも
降り出してきそうな雲が
山の稜線に重く垂れ込む

深い緑色の九月の木々が
影絵のように佇んで
胸をざわつかせる

黒い鳥の群れはㅤ東へ
じき日が暮れる
山もそうして昏く

刻一刻と
灰が混じる空の色
危うい時間が
優しい夜に変わっていく

今夜、
雨は降るだろうか

ざあざあと
街を洗い清める
その雨は

今一度
幼い頃のように
思いきり濡れてみたい

髪を伝って落ちる
雨のしずくが
体温と混ざって
首筋を滑っていく
背徳

山の端に
夕日が赤く溺れて
優しい夜に変わっていく

まとまらない考えと
おぼつかない心は
そのままで

眠りたい
痺れてしまうほど






















沢 口 リ リ キ



 零─ZERO─地点


齢五十にして
肉体の鍛錬を終了した
もう筋肉を鋼に変えたりはせずに
自然のままでいることにした

肉体の部位を鍛えあげることも
苦痛に耐える荒行も
忘れることにした

ただ体に染み込んでいる
空手の型と呼吸の技を
朝夕にするだけだ

その間合いに殺気はあらず
さながら舞踏のように舞う

強さとは
自分自身に打ち克つことだ
その信念に揺るぎはない

がしかし
それは精神と相対(あいたい)する場合である

肉体は衰えるのが必定であるが
精神に衰えはない
精神性は「永遠」に属する

かつて師は言った
「武の道は円を描く」と

二十代の若い私には
てんでわからない言葉だったが

おそらく現在の私は
楕円かもしれないが
円を描いて零地点に居るのだろう
まるで白紙になったのだ

詩を創作したり
花鳥風月に見惚れたり
これは同年代の誰もが至る
心境の変化でもあろうか

これからの私は
どのような態度で
人生と接してゆくのか

他人事のようだが
興味深い





















草  香



 乾かす


ここはデイサービス
風呂上りのお年寄りが
鏡を前にどっかりと座る

洗い髪を
細い白い髪を
小さくなった頭を
タオルでやさしくなで
温風や冷風をあてながら
ゆっくり話かける

遠い目をして
―若い頃は女装が好きでね
 母親はいつも泣いていたな
 着るとうきうきしてくるんだよ
―疎開先の田舎道で鼻緒が切れてね
 裸足で歩いたよ 歌いながら長いこと
 泣いてなんていなかったよ
暗い時代の一握りの思い出に
ほほがゆるんで

手櫛を何回もし
ふぁっと仕上げて
心まで風が通ったであろうか
小さな肩をほぐして耳元で
―終りましたよ

老いた背は
重い荷を下ろせずに
笑顔の下に隠している
ボランティアは十年でも
教えて頂くばかり















 骨の行方


人が亡くなったら
その先どうなるのか
小さい頃から謎だった

目の前の
無言の骨は
誰もが辿り着く
最期の形
喧騒を離れて
さらしの袋に納まる

樹木の茂る墓地で
独りぼっちになって
幾つもの季の雨を枕に
少しずつ少しずつ朽ちて
土に還っていき

やがて
樹の根から
ゆっくりゆっくり
吸い上げられて
梢で陽を浴び
大地を見下ろし
空を仰いで
更に高く

もう
名まえもあなたもない
宇宙にとけて
また始まる
終わりのない旅
そんな思いに浸る

古人のように語りかけ
亡き人を甦らせてみよう
まんじゅしゃげの咲く野道






















く   れ



 墓じまい


ご先祖様に
一人一人聴いていった
墓石に刻んだ日付の順に
名前の漏れがないことを
確認しながら

「墓じまい」をしても
良いでしょうか?
人が住めない場所に
ご先祖様を置いておくことは
耐え難いのです

考えて、考えて、考えました

帰還困難区域の
除染の方向性は曖昧なままで
除染しても
人は住んではいけないと
縛りを設けるようです

 *

新しい町に住んで七年
自問自答を繰り返してきたが
一度目の質問に返答はなく
しばらく日をおいた二度目には
墓石がカタリと揺れた

手を合わせながら
一人、二人と名前を呼んでは
ご先祖様のお考えをと
何度も頭を下げた

夢の中で
ご先祖様の声が聴こえて来た
かすれた声で
よく聴きとれなかったが
大ご先祖様の声のようだった

古里の「墓じまい」をした
背中に重いものを背負って
魂を読経に載せて
新しいお墓へと案内した
慣れるまで時間はかかるだろう

 *

毎日通いながら
線香を焚いて
花を切らさないようにして
二度も三度も
手を合わせた

一年が過ぎた頃
夢の中で大ご先祖様の
笑顔に出会った
みんな住み心地は良いという

やっと「墓じまい」は
終わった
自分も入るお墓の
ご先祖様とは
仲良くやっていける

それから
眠れない夜が少なくなった
少し饒舌になったら
笑顔も多くなったと言われた
でも、もう古里には帰らない














 表 示


汚染土で食を作る実証実験が
ある村で始まっている
村の特殊事情だと言うが
これらの食が市場に出回るとき
「生産地は〇〇村」
「放射能の汚染土使用」
と 表示されるのだろうか

道路などの敷き土にする
汚染土計画もある
もしかすると
もう始まっているのかも知れないが
道路の立て看板に
「放射能汚染土利用」
と 表示されることはないだろう

食品表示制度とは
消費者の食卓を守る為にある
道路の敷き土に
放射能汚染土を利用すれば
そこを住処とする小動物たちの
健康を脅かす心配もある

結論は「放射能は基準値内」となり
「食の安全性」に問題はない
道路も同様に
「健康への影響はない」と
結論づけられる筈だ
「表示」がなければ気付かない
選択することもできない

消費者は産地で判断するのだ
中間貯蔵施設に埋設されるべきものが
再利用という名の下
広く全国に行きわたることになれば
消費者が頼ることができるのは
正確な「表示」だけになる















 疑 問


心の中にある疑問と
無意識の中に存在する疑問
不確かな言葉の齟齬なのだろう

十年になろうとしても
一つの節目を置くこともできない
多くの言葉が枯れだした

忘れることと、忘れたいと思うことの
大きな違い

復興の円周の外枠には
共有できないもの並んでいる
一つ内側に入れると
一つ外へと飛び出す

時間が解決すると言う人もいるが
原発復興には
その言葉は相応しくない
もう待つことが難しいのだ

今やるべきこと
今やらなければならないこと
その中で
混乱するものが前を阻む

だから、これ以上の疑問を
このテーブルの上に
増やしてはならない

「まだ復興は終わっていないのですか?」
そんな問いかけに
疑問が涙目になって傾く























藍 音 な な を



 家族


新しい家族が増えた

とはいえ 人ではない
犬や猫でさえない

小さな水槽に
数匹の生き物を飼い始めたのだ

両親の介護が終わり
長く住んだ今の場所を離れ
もう帰らない行きついた先で
猫がいる穏やかな生活
そんな老後を過ごしたい

子供と機会があるとその話をするものの
一向に介護生活に終わりが見えず
自分が先か親が先か
そんな状態でもあり
引っ越して猫との生活も
もしや夢に終わるのでは
そんな思いもふと過(よぎ)る

とはいえ
今この場所で飼い始めたとして
遠い引っ越し先に移動させるのも
動物にとって酷ではないか
そう思うと
動物を安易に飼うことはできない

仕方がない
引っ越すまで
このまま親子二人で過ごすかねぇ

そう思っていた矢先
知人から

 メダカ増え過ぎたから
 もらってくれないかな

そう持ち掛けられて
思わず笑顔になったのだ

犬や猫だったら
引っ越し先に連れていけない場合
次の飼い主を探さねばならない
命あるものだから
最後まで面倒を看るのが責任である

だがこのご時世
そう簡単に動物を引き受けてもらえる
そんな機会は少ない
けれど小さな魚だったら
意外にもらってくれる人も多い
家を汚さないので
賃貸でも飼育もでき
譲り受けてくれる人も多い

知人の提案に
二つ返事でOKを出し
メダカを譲ってもらうことにした

小さい生き物は好きである
以前子供が縁日で掬ってきた金魚が
一年半前に命を終えた
小学生の時に掬ってきたものだから
六~七年ほど生きていた

水草を入れ
水にバクテリアを添加して
生餌のミジンコを湧かせて
放置育成ながら長生きをして大きくなった
それだけに居なくなったときは淋しくて
しばらくの間
水草だけの水槽を
片付けもせず眺めていたものだ

その時の遠い淋しさを思い出しながら
メダカの棲み処を整え始めることにした

金魚の水槽はもう処分していたので
大きな果実酒を漬ける瓶を洗い
それに砂と泥と水を入れ
玄関に据えた

近くのペットショップで
まずは水草を買ってきて
糖分が入っていない炭酸水に一晩漬ける
水草に二酸化炭素で元気を与え
望まない生体を水槽に迎えないための処理だ

生体が付いていないのを確認して
水槽に植え付け
バクテリアを加え
数日落ち着かせて
再度ペットショップに行き
ミナミヌマエビとヒメタニシを買い
水合わせをしながら
果実酒瓶の水槽に放つ

水合わせというのは
環境の変化のストレスで
生体に大きな負担がかからないように
水温を同じ温度に合わせ
元居た水に新しい棲み処の水を
少しずつ増やしてゆき
時間と手間をかけて環境に慣らし
新しい棲み処に移す作業だ

買って来たものをそのまま
ポンと新しい水槽に入れた場合
急激な環境の変化で体調を崩し
へたをすれば
全て死んでしまうこともある

ある意味
人間も同じようなものだけど


タニシはしばらくじっとしていたが
のろのろと動き出し
エビたちは
新しい棲み処をせわしなく泳いだあと
しばらくすると落ち着いたのか
水草に掴まり
何やらちまちまと
摘まんで食べるような仕草をしていて
その姿が愛らしく
私が何度も様子を見に
玄関に足を運ぶので
子供から呆れられながら

 母上の
 そんなところが可愛いんだけどね

などと
どこぞにありがちな
恋人同士の会話のようなことを言われ
それでもなお
足しげく玄関に通う

小さな家族が増えた
午後の我が家の風景














 家族+


数日経って
エビたちが水に慣れた頃

 そろそろ
 メダカたちを連れて行こうか

知人からのメールが来た

水槽の中も穏やかに
ひと段落した様子なので
メダカのお迎えの準備を始める

餌も必要だし
水草を少し寄せて
身を隠す場所ももうすこし増やそう

新しい環境に馴染んでくれるといいけど

小さな生き物は
よくよく目を凝らさないと
体調の変化がわかりにくい
環境が合わないと
何も言わず
すぐに命の火が消えてしまう

急激な変化を避け
穏やかに過ごせるようにしなければ

以前飼っていた金魚も
そして赤ヒレも
増えもせず 減りもせず
意外に長生きしてくれたこともあり
今度もうまいところ
環境に適応してくれたらいいな
そんなことを考えながら
水草の泡を眺めていると
チャイムが鳴った

知人とメダカの到着である

 容器は今度取りに来るね
 水合わせとかしなきゃだろうから
 今日はこれで帰るね
 無理せず頑張ってね
 あなたも メダカも

そう言って
メダカが入った小さな観察用のプラケースを
はい と私に渡すと

 またね~

と ひらひらと手を振りながら
玄関から出て行った

こっちは気遣わず生き物と向き合えという
知人の気遣いをありがたく受け取り
早速メダカを水合わせ用の容器に入れ替え
導入用の水槽の上に浮かべ
エビの時と同じように
ゆっくり手間と時間をかけて
新しい棲み処に慣らしてゆく

瓶の中の様子を見守りながら

 新しい家族をありがとう
 大事に育てるね
 無事に冬を越せるように頑張ります

そう 知人にメールを打つと
親指を立てたハンドサインで
GOOD!とスタンプが返ってきた

最終段階の水合わせをしたのち
メダカを新しい棲み処に放つと
わぁっと一斉に散るように泳ぎ
水草の林の中をあちこち探索したあと
安心したかのように動きが穏やかになった 

大きめの貫禄あるメダカ
針子と呼ばれる小さな固体もいる
よくよく見ると
知人が以前言っていたように
真珠のような色合いの部分を持つ固体もいる
小さなヒレを動かし
どの生命も愛らしい

けれど
あまりにもずっと見られていると
メダカも落ち付かないのではと思い
そっと玄関から自室のPCデスクの前に戻り
今一度
育て方を検索し始める

音こそしないが
賑やかになった玄関の
小さな街の住人たちが
そのまま皆元気に
秋 冬 春と
三つの季節を過ごせますように

新しい家族が増え
生活にも
楽しみが増えた日

























瀬   未



 マジックアワー


あれは
ずいぶん昔のこと

どこからか
カスタネットが聴こえてくる
秋の夕暮れは
いつもいい風が吹いていた

並んで歩いた
学校の帰り道
ふたりの影が
すこしずつ長くなる
ちょうど昼と夜のまざるところで
さようなら

いつかではなく
必ず訪れると信じているからこそ
淡く交わされた約束があった

 じゃあ また明日

いつしか
道は別れて
もう会えなくなってしまうなんて
思いもよらず

何気なく
重ねてきた言の葉たち
よみがえる遠い日々
紅茶がだんだん濃くなるように
思い出はゆったり広がって

日没前のフィナーレ
金色
(こんじき)の空へ放つ
問わず語り

友よ

あなたとは
この世界で
もう会えないけれど

気持ちなら
ずっと
ここにあるよ

寄る辺ない秋の入り口で
そっと大切な錨を
ひとつ 心に下ろす

大人になった今でも
こんな黄昏時には
迷子になってしまうけれど

 じゃあ また明日

未来を信じる
その言葉は
きっと私を救い続ける

友よ

あなたのくれた想いは
これからも
私のなかで脈打ってゆくから

どうか明日も
いい日でありますように

空は
油彩のように
とろみを増して
まさに マジックアワー

抱えた愁いも
溜まっている疲れも
まるごと包み込んで癒す
天からの贈り物

忘れないよ

マスクをしていても
夕風は確かに教えてくれる
小さなオレンジの花の気配

 姿は見えずとも
 そばにいるよ

いたずらっぽく
手を振って
制服姿のあなたが
くすり
笑った気がした