今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







夏  生  





 この中で


空は広く
どこまでも
どこまでも
続いてつながっているのに
心の距離は
離れて
離れて
自分ひとりみたいな
寂しい痛みを抱えて
一日過ごしている
笑顔も、明るさも
どこにもないような顔をして

気に食わないことだらけと
硬くて鋭い言葉ぶつけて
傷つけることも
気にしなくて
自分の方が痛いんだと
叫ぶこともできない心は
荒んでいくばかり

手をつなぐことも
抱きしめることも
できなくなった世の中で
着地することも
休むことも
許されない
世の中で

どうしたらよいのか
探すことも
疲れてしまった心は
うずくまって
ウソも本当も同じだと
一気に飲みほず

あの頃あの時の
うれしかったことが
時々やってきて
手をのばしても
届かない
戻れないけれど
つかの間
忘れられる
現実逃避と人はわらうけれど
かえってつらい時もあるけれど
それでも
癒えてゆく、ほんの少し
癒えてゆく

これからのことは
わからない
わからなくていい
今は
悪いことばかりが
盛り上がって
広がっていても
いつかは
ケロリと
「そんなこともあったねぇ」
なんて懐かしんで
お茶を飲んで笑っている
かもしれないから





                       〔雨  音:選〕











@すみっこ


 コンクリートの上じゃ


歩道を歩いていると
一匹の蝉がいた

生きているのか
死んでいるのか
じっと様子を窺うと
歩き始めた

ゆっくりと歩く
きっと
景色は全て灰色だろう

上空からの
容赦ない暑さと
下からは
焼かれるような熱で

足取りは
決して軽くはない
ふらふらとk
その体で何処へ向かう

暫しの休憩か
それとも
いよいよと
肚を決めたのか

私にはそうは見えない
まだ歩ける
まだ呼吸して
必死に耐えている

蝉よ
もう一度
飛ぶことは出来ないか

八月が
もうすぐ終わる
人々は通り過ぎていく

このまま
一匹の蝉は
コンクリートの上なのか





                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ


  夜


一日目
まっくろなテレビ画面に
電球の光が浮かんでいる
まるで宇宙に惑星

二日目
街灯に群がる虫たち
彼らには街灯が恍惚としてしている
まるで神様と信奉者

三日目
テスト前日手遅れの一夜漬け
積み重なった参考書は怠惰の証明か、はたまた、
まるで不要な漬物石と浅漬けの素

四日目
寝静まった中
キシーンと空間を断つ車の駆動音
まるで刃を持たぬ切り裂きジャックのナイトシアター

五日目
夜間フェリー
岸にともる灯りは揺れて瞬く
まるで宝石もしくは涙

六日目
「もしもし、こっちは夕方。夕焼けがきれいだよ」
「もしもし、こっちは夜。星がきれいよ」
まるであなたが隣にいるみたい
まるであなたの隣にいるみたい

七日目
見上げた先には満月
遥か遠くの存在が私の立ち位置を教えてくれる
コンパスと地図
そして、これからの希望





                       〔島 秀生:選〕





 雨の音


「雨は苦手」
「どうして?」
「濡れてしまうし身体が冷える
それに音に満たされる
トタン屋根に雨がぶつかる
森に地面に私に
ぶつかり弾ける
音があることを嫌が応にも意識してしまう
指がリズムを刻んでいる
音が世界に満ちていく
私の中にも生まれて
私の中で醸造されていく
生まれては死んで
死んでは生まれて生まれ変わって
欠片と欠片が結びついていく
結びついて弱くなって
強くなっていって
それが繰り返される
繰り返されて
やがて一つの輪郭が浮かび出てくる
そして、そう、光り出す
私は気づかされる
私の中にある音を出したい
外に連れ出したい表現したい
世界とつなげたい溶け込ませたい
雨は私の本性を見破る」
「それじゃあ、雨は嫌いなの?」
「嫌いじゃあない」
「だからレインブーツを買うの?」
「そう。丈夫で長持ちするレインブーツを買う」
「外に踏み出すために?」
「そう。外に踏み出すために」





                       〔Kazu.:選〕











かすみ じゅん


 幻視系、浮遊性植物。


夜ふけの
しがない部屋のPCから
神々しく放たれる光が
うやうやしく演出する薄闇で

突如、
とんちんかんな閃きが
脳裡にきらめく


 思うに
 この悪化の一途をたどる
 心に開いた傷口を
 縫い合わせることのできる針と糸は
 自分ではなく

 いまだ 出会えない
 愛しい連れ合いが
 そっと
 手提げカバンの底に忍ばせ
 探しているのでは
 ないだろうかー

 医療用ゴム手袋と一緒に


すると
奇妙にひんまがった葦が
前頭部から少し斜め上のところで
にょきりと芽生え

後頭部から斜め上に
一メートル五十センチほど離れた
壁際にワープして

ゆっくりと
しかし着実に
いびつに成長しながら
無重力空間でスラリロと旋回する
白い卵のように
留まっている気配を
ぞわぞわと感じ

そのうえ監視員に
注意深く
胸のうちまで探られているような
視線のようなものが
うなじのあたりに渦巻いていて
ムズがゆい拭いたひ


今、誰よりも
いち早く羽ばたくように
田舎峠を走り抜け
二十二度ぐらいの冷房に設定された
四畳半のせまい詰め所の
こじんまりとする
家庭用エアコンの前に
前髪と耳、
ひいては
目鼻唇をふくむ
どうしようもない蒸し暑さに
たるんだカオを

ひらひらと
そよがせたいのです。





                       〔三浦志郎:選〕





 猛き星へ


呼んでいる
灼熱の太陽が
真昼の頂点で錨をおろして
砂金の光を投げ放つ

ボクは
地上に溢れる
絡みつく熱波の海に溺れながら
焼かれ、焦がされ
蕩けてゆく
そして

流体になり むやむやと
立ち昇りながら
クウに透けてゆらぎ
か細くゆがみ
伸び泳ぐ


高く
より高く

ああ
今はもう
鮮明な、青のカナタ

大気圏をこえ
気の遠くなるような
歳月をもくぐり抜けて


たどり着き 触れる
眩いばかりの光の世界に
そっと包まれ
やわらかに浮かぶ
安らぎの間にー


ほろほろと
消えゆく記憶たち

痛みも綻びも
希望も憎しみも
愛しさも一抹の杞憂も


すべての彩り
すべての情景
すべての感覚を

躊躇うことなく脱ぎ捨てて


一度だけ
おもむろに
振り返った瞬間


強烈な
圧に襲われて
素早く 異次元へのテンに
巻き戻されるように
吸いこまれ

わっと、はじけ
散り咲くように中空を舞う
真っ白な輝きに


静々と
綽々と
そして 軽やかに





                       〔島 秀生:選〕





 BESIDE YOU


もつれてないで
そっと解けよう

毎日に降りそそぐ
痛い悩みに
じわじわと呼吸を奪われ
ぴくりとも動けなくなる
そのまえに

飛びだそう

柵の糸は
その手を伸ばせば
たやすく破れてしまうもの


ほら、あそこに
遠く小さく見えるのは
くたびれた
自分の脱け殻

もう新しい望みが
やわらかに
肩甲骨から
伸びやかに育っている


見えるかな
見えるだろうか
見えるはずさ きっと

見果てぬ青に

高く
強く羽ばたく
あの 穢れなき真っ白な双の翼が


馬鹿げているかな
こんな話


眠りたいよ
真夏が消えた
つかの間の冷めた朝方

ほっと
あたたかな表情を浮かべた
君の 心のそばで





                       〔Kazu.:選〕











と も り ん


 LOVE


1.本物の恋


処方箋漬けの私が恋をした
人生で初めての本物の恋だった
“この人のために、
できることをしたい───”
本気でそう思った

片想い?
両想い?
友達でもない
恋人でもない
職場が同じってだけ

何色かは分からないし
糸よりずっと細い絆だ
でも、簡単に切れはしない
そんな気がしている

恋ってこんなに
ドラマチックなものなのか
確かに微妙な距離感だけど
歌やドラマで描かれる
そんなものより
現実はずっと素晴らしくて
私はさながらヒロインで

でも、終わりは突然来た
あなたは職場を去った
去らざるをえなかった

私の心を深い闇が覆った
泣いて、泣いて、泣いて───
泣き尽くした
そして、思ったこと
「あなたに逢いたい」
少しだけ、光が宿った




2.愛よ、届け


永遠なんてない
誰もが解りきっている
けれど、私は地球上で
たった一人それを覆してみたい
そんな大それた夢を想う

想いを綴ることしか
私にはできない
ただ、私だけが
あなたを詩にできる
そんな自信がある

言の葉は星々だ
暗い空に光り
あなたを照らし
道標になる
そのために綴ろう

愛しい人よ
迷ってもいい
悩んでもいい
お願い、私を思い出して

どんな宇宙よりも
美しい煌めきを見せてあげるから

これが、最大級の私の愛
今のあなたに、どうか、届いて───





                       〔島 秀生:選〕











中  也


 熱帯夜のなかで……


気がつくと
身体中管につながれて
どこが痛いのかというより
身体の上に置き石を置かれたような

やけに耳だけが研ぎ澄まされて
敏感に部屋中の様子を
嗅ぎ回っているようで
僕の意思(ちから)では
どうすることもできない

痛みが我慢出来ない時は
遠慮なく伝えてくださいね
痛み止めを点滴しますから

どれくらい時間が過ぎたのか
固く結んだ束が解けていくように
痛みがバラバラとほどけて
溶けていく
身体が宙に浮いたような
それと同時に
意識がだんだん薄れて
空中に上っていくようだ
そのうち
まるで毒リンゴを齧ったように
身体にかかる重力がなくなって
緩やかに意識がフェードアウト
まぶたが閉じてく
眠っていく....

パパ、パパ...
お父さん、お父さん...

耳から懐かしい声が聞こえる
指先から全身に伝わる温かさ
微睡みから目が覚めると
自分を自分だと認識できた

生と死は繋がっているのか
意識する現実があるなら
無意識の過去と未来も存在すると

死 → 生 → 死
過去 → 現在 → 未来
無意識 → 意識 → 無意識

痛みからの解放と
溶けていくような眠り
これが死ぬということか

全身に伝わる温かさと
突然夢から覚めたような目覚め
これが生まれる感覚なのか


 *


あれから半年
時とともに
記憶も薄れて
なにくわぬ顔で
今を生きている

あの日のことを忘れるな
生きていることに感謝しろ
今を大切に

まるでモーゼの十戒のような
そんな声が聞こえてくる

連日伝えられるメッセージ
誰かの生と
誰かの死を
見聞きするたびに
祈らずにはいられない

不要不急の外出もままならない
この世界の片隅で
ふと庭先に目をやると
今を楽しめとばかりに咲いている
芙蓉の花が
こっちを見ている




                       〔齋藤純二:選〕











レ ノ ン


 夢の呟き


やっと会えた…
夢と現の狭間に聞こえたのは
確かに自分の言葉だった

 どこかのベンチに並んで座って
 あなたの他愛無い話を聞いていた
 他の人といる時より
 ほんの少し近い距離で
 トモダチだった頃とも
 トモダチを超えた頃とも違う
 私だけにわかる微妙な距離で

この心を隅々まで埋め尽くした人
トモダチに戻れるはずもなく
せめてもう一度
夢でいいから会いたいと願った幾つもの夜
それすら叶わずに
目覚める度にため息をついた同じだけの朝
苦しくて 全部捨ててしまいたいのに
こびりついて離れない
この想い 消えてなくなれと
泣きながら過ごした日々

何度も季節が巡るうち
時間
(とき)は少しずつ
やがて全てを洗い流した
今になって夢に現れたのは
現実には起こり得なかった光景
熱もなく痛みもなく
どこまでも穏やかな

すっかり忘れていた
子供の頃に好きだった絵本を
偶然見つけた時の懐かしさに
似ているようで
違う

やっと会えた…
そう呟いたのは
夢の中の私だったのか 現の私だったのか
どうしてそう思ったのか
なにもわからない
ただその夢の記憶が
跡形もなく消えてしまうのは寂しくて
こんなふうに書き留めている





                       〔三浦志郎:選〕











み た こ


 蟻と私


小さな草が密集して生えていた
その草を引っこ抜くと
蟻の大群に出会った


あぁ
初めまして
いやもしかしたら 去年からポストの中まで
出張してこられていたあの蟻たちですか

私が仕事から帰って車を降り
ポストを開けて目が合った時には
思わず 後ずさりしました
思いがけないことだったので
驚きのあまりその日の疲れが
ふっ飛びました

そういえば昔の話ですけれど
仕事に遅刻した日のことです
実家でポテトチップスの欠片を
一生懸命運ぶ蟻の群れに出会ったのです
あまりにも一生懸命小さな身体で運んでいたので
それはもう可愛くて見とれてしまいました
それが会社に遅刻した理由です
会社に遅刻したのはその一度きりでした

どうやら蟻とは縁があるようです
不思議と私が下を向いている
そんな感情の時姿を見せてくれますね

うまくいかないことばかりで
仕事は失敗続きです
小さなことに責任を感じて
自分を執拗に追い詰めてしまうのです

お陰で今日は昔を思い出して
元気をもらいました
わざわざ暑い中草取りをした甲斐があったというものです
あぁ…刺さないでくださいね
結構痒くなりますから


またいつか
会うことがあるんでしょうか
いえ もう下を向かないよう生きていきたいですね


小さな草をごみ袋に入れ
掘り返した土をそっと元に戻し見上げた空
太陽は真上
大丈夫 あの頃と同じだ





                       〔島 秀生:選〕





 水と懐中電灯


私はショッピングカートに水と
いま手に取ったばかりの懐中電灯を
買い物かごに入れようとしていた

この水を手にいれるために
スーパーの開店前から並び
開店と同時に早足で売場へと向かった

水と懐中電灯をカートに入れようとしたその瞬間に
私は見てしまった

お婆さんが急いで売り場に近づいてくるところを
防災グッズ売り場の棚には
紙コップと電池だけが買われるのを待っている

私は間違っているか

お婆さんは悲しい目で棚を見つめ
店員に話しかけていた

私はこの水を買ってもいいのだろうか
この懐中電灯は本当に必要なのだろうか

分からなかった
家では子どもが私を待っている

私はお婆さんに話しかけるべきだったのだろうか

分からない
分からないフリをしながら私はレジ待ちの列へと並んだ

不気味なほど憂鬱になった空は
猛烈な風を連れて
そして大きな爪痕を残し去っていった

私の中に消えない後悔を残して





                       〔青島江里:選〕











鈴鳴すずしろ



 ノーチラスに醒めない夢を


家の裏手から化石を拾った
化石の名前は「ノーチラス」
いつかの海を泳いでいた
古き時代の潜水艦の名前だ

物語の中で死んだものは
死んだことが描かれて
我々に見届けられて弔われる
けれどこの石の船は
見届けられるでもなく
弔われるでもなく
描かれることもなく
ただ死んだのだ

私は筆を手に取った

久遠の海に想いを馳せる
泳げや進めやノーチラス
幾万年も離れた海へ
私の意識を乗せて
見届けよう
描き切ろう
例えそれが私の自己満足の弔いだとしても

そうして私は彼と泳いだ海を描いた
その物語は
今は私だけが知っていればいい

おやすみ、ノーチラス
化石の表面をそっと撫でる
物語には題名が必要で
そしてそれは自然に浮かんだ

『ノーチラスに醒めない夢を』

その船は今も夢の中で
遥かの海を泳ぎ回っている



 ※ノーチラス
  ラテン語で「オウムガイ」の意。
  フランス人SF作家ジュール・ヴェルヌの作『海底二万里』『神秘の島』において、
  ノーチラスの名を冠した架空の潜水艦が登場する。




                       〔青島江里:選〕











司 龍之介


 どうして生きていくのか


何で生きていくのか
分からなくなる時がある
分からなく?
違う忘れてしまう

脳内に刻まれた意義から
背を向け見ないうちに
いつの間にか忘れてしまう

本当は知っているんだ
やることなんて
酒に溺れる事でもなければ
荒れ狂った人になる事でもない
自分を殺す事でもない

ああでも俺はきっとまた
考えてしまうのだろう
どうして生きているのか
いやむしろどうして死なないのだろうと

生かされているのだ
まだ役目があるのだ
どんな
俺にしか出来ない事があるんだ
そう あるんだ
それを俺は
本当は知ってたんだ





                       〔三浦志郎:選〕











時 雨 日


 挫 折


四畳半に転がったビー玉に
映し出された現在
枯れるより前に
折れているみたい

地上二階から
見る夕景
枯れていく太陽

窓を開けると
僕みたいなのでも
光っちゃって

何やらやるせない

時間と共に
失ったいろいろを
取り返すみたいに
生きている

呼吸して
地面を踏んで
折れないように
枯れないように

ビー玉は透明
何も映ってやいない





                       〔齋藤純二:選〕











L i s z t


 夏の終わりに ──ある挽歌


たとえ
わずか数日の飛翔しか
許されていなかったとしても
短かすぎる夏の日
愛を告げる歌を
思い残すことなく歌いきり
おまえは音もなく
大地に落下していく
それが神の摂理と受け入れて

照りつける陽光のもと
百日紅の
ひかえめな花の陰
透明な羽を下にして
仰向けに横たわり
小さな足を
いっそう小さく
胸の前に折りたたんでいる

長い年月を暮らして
ほんの数日前に
後にしたばかりの大地に
再び戻ってきたのだ

すぐ脇には
羽化したばかりの
全身真っ白のおまえが
月光の降り注ぐ中
一夜の宿を借りた
くちなしの枝葉の影が
今は日射しの中で
風に揺れている

こんなにも小さな虫でさえ
短かすぎる地上の生を
決してうらめしく思うことなく
おのが定めを
従容として受け入れている

わたしも
早くに過ぎさった青春の日々を
もう嘆くのをよそう
明日のことを
思いわずらうのもよそう

できうるならば
ゆるやかにおとろえていく夏の光の中に
何ほどかの摂理を見出したい
...ささやかな秋のおとずれを
風のうちに感じ取るように

そして
よき覚悟を持ちたい
やがてやってくる
そのときのために





                       〔齋藤純二:選〕





 人知れず泣いていた おれのこころよ


夜の静けさの中
少しずつ近づいてくる
サイレンの音

急病?けが?
どこの家だろう
いや、待てよ…救急車が来たのは
このアパートじゃないか?
階段を駆け上がってくる足音…そして
あろうことか
おれの部屋のベルがなる

無言で入ってきた
救急隊員たち
部屋の奥にひっそりと横たわっていた
おれのこころを
手際よく担架にのせる

おれはといえば
事態をまったく呑み込めず
右往左往するばかり
見かねたひとりの隊員が
担架を運び出しながら
おれに言う

「ダメじゃないか!
こんなになるまでほっといて…
あんたがさんざ
うわべを取りつくろっている間じゅう
あんたのこころは
文句ひとつ言わずに耐えていたのに…
さぞや言いたいことがあったろうに…
なんで気づいてやらなかったんだ!
もうあんたには任せられない」

夜のしじまに
だんだん遠のいていく
サイレンの音
どこに連れ去られてしまうのか
おれのこころよ

おまえに押しつけてきた苦労を
今になって一つ一つ
思い出して悔やんでみても
もう手遅れなのか…

おれはむなしく
闇夜に向かって問いかける
どうしたらおまえを取り戻せるか、と





                       〔三浦志郎:選〕











じじいじじい


 愛犬への哀悼


どれだけの季節を
過ごしただろう
いつもそばにいてくれた

どれだけの幸せを
過ごしただろう
いつもそばで笑顔をくれた

どれだけの道を
歩いただろう
いつもそばで歩いてくれた

楽しい時は尻尾を回し
悲しい時は尻尾を丸め
どんな時でも
丸い眼(まなこ)を
こちらに向けた
そんな君がもういない

笑顔を絶やさず
歩けなくなっても
前へ進もうする
痩せ細った
その身体で
背一杯 病に耐えた

最期の時は
苦しまず
眠るように旅立った
君は穏やかな顔をしていた

君を抱きしめ
最期のわずかな温もりを
肌で感じた

今にも走り出しそうな君
今にも鳴きだしそうな君
立ち上がれと心で
叫んだ

涙が溢れて止まらない
今までずっとありがとう
君のこと
ずっとずっと忘れない

いつの日か
もしも生まれ変わって
来る時は
我が家の家族に
なって欲しい
いつでも君を
待っているから

空で元気に走りまわれ
空から僕らを見ていてくれ
僕らの永遠の家族へ





                       〔島 秀生:選〕





 ワンちゃん


おてっていえば
ニコニコおてね
しっぽフリフリ
いっしょにさんぽ
いっしょにねんね

でもでもね
ワンちゃん
ばあばのおそらに
いっちゃった
もうあえない
いっぱいないて
なみだがぜんぜん
とまらない

おそらから
いつもわたしを
みていてね
ワンちゃんばあばと
なかよくね





                       〔島 秀生:選〕





 あさねぼう


きょうはゆっくり
おねぼうさん
アサガオさん
おはよう

あれれれれ
アサガオさんが
ねちゃってる
アサガオさんも
おねぼうさん?

ちがうよちがう
ママいった
あなたがおきるの
おそいから
アサガオさん
がまんできずに
おひるねさん

つまんない
あしたは
はやくおきないと





                       〔青島江里:選〕











まるまる


 新町カップ


不参加を決めたのは 私
新町カップ
6年生 サッカー部 引退試合

幼稚園生で始めたサッカー
入ったチームは隣の学区
そこそこいけると思ってたのに
みんな 上手かった
安定した一軍…ではなかった

攻めたかったけど 守りにまわった
パスはあんまり 来なかったから

キーパーの前で守る仕事は
物足りなさに気付かずにいられた
コーチ メンバー みんな大好きだった

4年生になって サッカー部
こっちは毎日
意外と伸び伸び できた

見える 人が ボールが
大きい声で指示も出せる
友達も先生も 頼ってきた

熱が出た

まさか…

インフルエンザ

試合は 解熱後 4日目だった
身体は元気になった
症状は ない
行きたい

解熱後4日目は行けない 感染すから

キックオフは1時半
11時に鳴った電話は 学校からだった

お母さん、校長に掛け合いました
発症後1週間経っていれば出られます
発熱はいつですか

数えた 何回も数えた
6日前だった
どうしよう

先生、だめです 6日目です

お母さん、発熱は午前零時より前じゃなかったですか
発熱が零時前なら7日経ってますよね
数えた 一生懸命 数えた

先生、だめです 6日前です
その判断しか なかった

出してあげなかったのは 私
ほんのちょっと
ほんのちょっと 数え間違えることが できなかった

私のせい
悔やんでも 悔やみきれない

もう 5年も前のこと
忘れられない
もう 取り返しが つかない

どうにもならない





                       〔島 秀生:選〕





 こんな仕事をしています


新人肌 とでもいうのかな
結構ベテランなはずなのに
何だか私 ヘコヘコしてる

来客対応もできるけど
上手い人なら他にも居るし
敢えて私が出ることは ない

いつでも そう
どこでも そう
知ってることは 多いけど
何でも 二番手 三番手

コツコツやってた資料の整理
ようやく完成 得たものは
私ひとりの 達成感
背表紙つけて棚に納めた

翌日 先輩 手を滑らせて
悪気はないけど ファイルは床へ

「あっ」と小さく声がして
先輩 時計と窓の外見た

針が指すのは退勤時刻
空は今にも泣き出しそう
ちょっと覗いて見てみたら
見事にバラバラ 気が遠くなる

掛けた言葉に自分もびっくり
やるからいいよ、置いといて

彼女もびっくり 目をまるくして
私の顔を 見上げてた

大丈夫だよ、置いといて
私の方が早いから

ふふふ、とってもいい気持ち
これなら向かう所に敵なし
リーダーシップはないけれど
自分を少し見直しちゃった





                       〔澤 一織:選〕











水無川 渉


 夜は暗く


地上の旅路に傷つき疲れた
こんな寂しい夜更けには
弾き慣れた古いギターを手にしたくなる

ぴんと張り渡したスチール弦に
スライドバーを走らせると
すすり泣くような音色が
夜のしじまに溶け込んでいく

 夜は暗く
 主が横たわった
 大地はつめたかった

目を閉じてギターを爪弾いていると
ひとりの黒人の痛ましい物語が
まぶたの裏にモノクロームで映写される

ウィリー・ジョンソンは
ジム・クロウの支配するテキサスで生まれた
黒人にとってはつらい時代 つらい土地だった
七歳のとき 継母が夫婦喧嘩の腹いせに
彼の目に洗濯用の灰汁をかけて失明させた

目が見えなくなったウィリー少年は
葉巻の空箱で作ったギターと
スライド代わりのナイフを使って
独学で弾き方を覚えた
彼にとって音楽は趣味でも芸術でもなく
生き延びるための手段だった

やがてウィリーは辻説教師となった
福音伝道者といえば聞こえはいいが
実際には物乞いとそう変わらない
しゃがれた声で神の愛を歌っては
ギターにとりつけたブリキのコップに
投げ入れられる小銭で糊口をしのいだ

ブルース風のギターに乗せて歌われる
ウィリーのゴスペルは評判になり
レコードが作られ飛ぶように売れたが
儲けはみんな会社のもの
彼は洗うがごとき赤貧から
ついに抜け出すことはなかった

ある日ウィリーの家が火事になったが
行き場のない彼は焼け跡に住み続けた
雨が降るとベッドはぐしょ濡れ
そこに寝ていた彼は肺炎に冒された
貧しい黒人を受け入れる病院はなく
ウィリーは四十八年の短い生涯を終えた

ブラインド・ウィリー・ジョンソン
彼がその不幸な人生で得たものは僅かだった
でもそこから生まれた彼の音楽は
次世紀に地球の裏側で生きる
異国人の心にも響いてくる

人生の不条理は
いつどこの国でも変わらないものだから
そんな不条理な人生でも生き抜く望みを
誰もが必要としているから

 夜は暗く
 主が横たわった
 大地はつめたかった

キリストの受難を歌った古い賛美歌
だが残されたウィリーのレコードからは
英語の歌詞の代わりに
人間のあらゆる感情を凝縮したような
ことばにならない呻きしか聞こえてこない
それは理性のフィルターを飛び越えて
心の琴線を激しくかき鳴らす
魂の歌だ

これまで数知れぬミュージシャンらが
ウィリーの音楽の秘密に迫ろうとした
ぼくも擦り切れるほどレコードを聴き
彼の演奏を真似ようとしたが
その神髄はまだまだ見えてこない
結局のところ 音楽の深みは
人生の深みに比例するのだろう

ぼくはギターを置くと
窓の外に広がる暗い夜空を見上げた

死後 ウィリーの魂は
その音楽とともに天に昇り
つめたい虚空の中を今も翔び続けている

いつの日か
遥かな星に住む知的生命体が
黄金のディスクに刻まれた
彼の音楽を再生するときが来るだろう

そのとき
宇宙の彼方から訪れた
目の見えぬ吟遊詩人は毅然として立ち上がり
地球という星に生まれた多くの哀しみと
その中に砂金のようにきらめく尊厳を
彼らに力強く歌って聞かせるだろう



 ※Blind Willie Johnson(1897-1945)はアメリカのゴスペル・ブルース歌手。
  詩中に引用した代表作「Dark Was the Night, Cold Was the Ground」は、1977年に打ち上げられたボイジャー探査機に搭載されたゴールデン・レコードに収録された。
 ※スライドバーは、ブルースのスライド・ギター奏法で指に嵌めて使用する、多くは円筒状のツール。6連の「スライド」も同じ。
 ※ジム・クロウは、奴隷解放後にアメリカ南部諸州で成立した人種差別的な法律のこと。





                       〔島 秀生:選〕





 四等分


うちは五人家族だったから
何を分けるのも難しかった
特にケーキや果物を
五等分に切るのは至難の業だ

どう頑張っても
不揃いにしかならなかった
ケーキが食卓に登場すると
虎視眈々とうかがっていた子どもたちは
目ざとく一番大きいピースに手を伸ばし
たわいもない家族間紛争が勃発する

「分度器を使って
 きっちり七十二度に切ればいいじゃないか」
「そんな器用なことができるわけないでしょ」
「ケーキを五等分するナイフを
 発明したら売れるかもね」

そんなことを わいわい話しながら
にぎやかに食卓を囲んだ
懐かしい日々

時は流れ
家族のひとりは遠くへ旅立った
いま食卓を囲む椅子は
四脚になった

もう何を分けるのも簡単になった
四等分も八等分も思いのまま
スイカもメロンも迷うことはない

でもそんなとき
ひとり足りない現実に
ふっと寂しさが漂う

ケーキを四つや八つに分けたとて
なんの驚きも称賛も生まれない
真剣にナイフを構えることも
失敗して笑い合うことも
なくなってしまった

五人が四人になって
なんと物事はシンプルになったことか
五人が四人になって
なんと多くが失われたことか

少し広くなった家の中で
リンゴを四つに切りながら
思わず目に涙がにじむ
玉ねぎでもないのに





                       〔雨  音:選〕





 紫陽花


残暑厳しき八月の朝
駅へ向かういつもの通り道
ある家のブロック塀の上に
黄褐色の小さな髑髏がひとつ
無造作に置かれていた

はっとして
思わず足を止めて見ると
髑髏と見えたそれは
ひからびた紫陽花の花だった

家の主(あるじ)が剪定し忘れたのか
幼児の頭くらいの大きさの
まるくちぢれた枯れ花が
塀の上に顎を乗せて
じっとこちらを見つめていた

この花もかつては
花なりの短い命を謳歌し
道行く人々の目を楽しませていただろう
だが今は
人はおろか虫さえも
注意を向けることはない

青 紫 ピンク
元はどんな色で咲いていたのか
今となっては無意味な問いだ
肌の色に関わりなく
人がついには白骨と化すように
すべての花は
同色になる

朝のまばゆい光の中
暮らしに追われ
急ぎ足で通り過ぎる人々に
紫陽花のされこうべは
路傍の塀の上から
無言で語りかけている
死を覚えよと

冥土の旅の一里塚は
門松だけではない





                       〔三浦志郎:選〕











ピロット


 らかんさま


泣き出しそうな空と
秘色の海を背負い
藍鼠のごつごつした岩の群れが
立ちはだかる

我を射貫き
遥か彼方を凝視する
岩に刻まれた羅漢よ

伏せた眼に漂う静謐
怒り哮る日本海の濤声
石川寛海和尚が托鉢をしつつ
明治期に彫られし磨崖仏

岩に浮かびし尊いお顔は
何も語らず
海つ霊を背に
ただ鎮座するばかり

困窮の民よ
落命せし漁民よ
渺茫たる波の底に
魂は沈む

自ら守り仏となりし和尚よ
悲痛な叫びは
仏に届いたのだ
救いの手は
差し伸べられたのだ

誰が置いたか
一枚の古銭が
鈍く光る





                       〔三浦志郎:選〕











さのれいこ


 永遠の女神 ―─アルフォンス・ミュシャの絵に寄せて


淡いグレーの実線に縁取られた
物憂げな女性たちが
一世紀もの時を経て
感染症に苦しむ人々を
見つめている

一様にマスクを着け
虚ろな表情で眺める者共に
ガラスケースの向こうの女たちは
憂いを帯びた目を注ぐ

流れる曲線の魔術師
アルフォンス・ミュシャが生み出した
繊細で華麗な女神たち

宝石や植物になぞらえた美女たちは
星の瞬きの中に
花や連続する幾何学模様の中に生き
身体をくねらせ
エメラルドの大きな瞳で
百年先 二百年先を
見つめている

視覚言語を操り
スラブ叙事詩を背負った
アール・ヌーボーのミューズよ

凛とした佇まいは
時代を越えて
コロナ禍にある
異郷の人々を慰める

耳の奥に
「モルダウ」の旋律

高く澄んだ空に
シャンパン色のヴェールがたなびいている





                       〔三浦志郎:選〕











九 丸(ひさまる)



 生存確認


あまりの暑さに
蝉の寿命も例年より短い
そんな話をスマートフォンで眺めながら
僕は冷房のきいた部屋で
のびりと過ごしている

何をするわけでもなく
サバトラキジトラ猫ニ匹
僕らはいっしょに
フローリングでゴロゴロと

子供の頃は疑うことのなかった
蝉の寿命は一週間なんて話
大人になった今では
間違いだと学んだけれど
地中にいた年月はともかくとして
一夏限りの短い命

せっかく地上に出てみれば
「きいてたより暑いじゃねえか!」
そんな恨み節のように聴こえる蝉時雨
それともやっぱり
やっと陽のあたる世界に出られた
喜びの声だろうか

どちらにせよ
鈴虫の季節に変わるまで
蝉達は懸命に声を張り上げる

そんな凝縮された生に比べれば
今現在の僕なんて
なんとグダグダしたことか

それでも
いいわけがましくなるけれど
こうして対比することで
生を実感できる
なんて思ってみたりもする
あの世じゃあ
蝉の声は聴こえないかもしれないしね

一生懸命だろうが
だらけていようが
生きているからこその物種

日曜日の昼下り
在る世界はいっしょでも
僕と蝉達は
違う時間軸を生きている

そう、生きているんだ




                       〔齋藤純二:選〕





 きっと煤けない記憶


開け放った縁側の窓
そこから吹く風は
日陰を通ったせいか
心なしか涼しげだ

一通り掃除を終えて
僕は畳の上で
大の字に寝そべる
夕方までの二時間くらい
ゆっくりしていくのも悪くない

祖父が亡くなってから
誰も住んでいないこの家
多分、もう築百年近くには
なっているはずだ

高く、暗く
先の見えない天井
それを遮るように
太く、真っ黒に煤けた梁が
交差している

古畳のにおいと
経た年月のぶんだけ
ひねた空気
縁側からの風が
それらをない混ぜにして
僕の鼻先を流れていく

脇の囲炉裏から
煙が立ち昇ることもなくなって
今日でちょうど二年
あの梁は
もう煤けることもない

昔も今も
年に数度しか訪れないこの家
今となっては
先に繋がる何かが
あるわけでもなく
ただただ
祖父との記憶が
呼び起こされるだけだ

手を引かれていった夏祭り
カフドムシやクワガタを
とりにいった裏山や
釣りを教えてもらった清流
かまくらを作った冬休み
そして
施設へと
祖父の手を引いた
あの日の記憶

それは煤けることなく鮮明に

時間は流れていても
あとは朽ちていくだけだとしても
この家と祖父と僕

重ねた時間は
煤けることなく鮮明に





                       〔三浦志郎:選〕





 あなたが愛した縁側からの眺めは


春には花いっぱいで
枝垂れた桜の木も
今は旺盛に茂った
葉っぱで枝垂れて

その先に見える
深緑の小高い山と
麓には
あなたの愛した田んぼが
すぐそこまで広がっています

あなたと同じように
こうして縁側に腰掛けてみると
在りし日の姿が
今現在もここに
有るような気がします
あなたからした
土と草の匂いまでも

満開の桜をみながら
一日一杯のコップ酒
葉桜の先に
さらなる緑を眺めながら
一日一杯の鮎酒
あてには
キュウリやナス漬けを

少しの笑みを浮かべながら
ただただ黙って
夕暮れを待ちながら
一日の終わりに向け
顔を赤く染めて

田んぼの上を
低く滑りゆく白鷺は
翼を広げ
首をいっぱいに伸ばして
ついばむ餌でも探しつつ

あなたが何十年と
見惚れたであろう
この眺め
写真でしか知らない
祖母と一緒に
ここで肩を並べたでしょうか

僕が次に来るときには
冬に向けてくすんだ山と
乾いた土をさらけた田んぼ
それに
ただ枝垂れている桜の木
また、あなたと同じように
眺めることでしょう

蝉がジジッと一鳴き終えたなら
曖昧な秋は足早に過ぎて
この地は冬囲いの準備に

大丈夫
きっと
今年も上手くやれますから


 
※鮎酒→ふぐのひれ酒のように炭火で焼いた鮎を日本酒に。




                       〔島 秀生:選〕





 ギャンブラー達へ


ラスベガスで開かれる
世界一のポーカー大会
そこに出ることが
ずっと夢だった
いや、今でも出たい気持ちは
あるけれど
約一万ドルの参加費持って
いさんで乗り込むほどの情熱は
もうだいぶ薄らいでしまった

広大なフロア一面に
ところ狭しと並べられた
ポーカー台
有象無象を退けて
最終テーブルに待つは
二つ名を冠した
凄腕プレイヤーばかり
「よお、にいちゃん! ママがいなくて大丈夫かい」
嘲笑と皮肉混じりの手洗い歓迎
でも実際
映画で観たような彼らは
もうそこにはほとんどいないらしい

彼らに取って代わったのは
新世代のプレイヤー達
オンラインカジノで参加費を稼ぎ
大小様々な大会を席巻する
常にきらびやかなカジノに
身を置くことはなく
カードに触ることもなく
相手の顔もわからない
パソコンの画面と
マウス片手に一勝負

僕の憧れた
ウィスキーの香りと
葉巻の煙薫る
ひりついた世界なんて
もはや過去の遺物

ルールが変わったわけじゃない
やることはいっしょだ
ただ、やり方が変わってしまった

取り残されて
ギャンブラーなんて
言葉に取り憑かれた
旧世代の彼らは
これからどうするのだろうか
絶滅危惧種のように
やがてくる滅びを待つのだろうか
静かに
ウィスキーを紅茶に変えて
葉巻を持つ手にはクッキーを

できれば
そんな彼らは見たくない
座して待つくらいなら
あらがってほしい

僕の憧れた世界の住人は
そんなにヤワじゃないはずだろ?





                       〔Kazu.:選〕





 心の残暑


夕方六時半の風は
まだまだ熱を帯びて
それに比べると
先週よりも
月の顔はもう色濃い
暑さだけ置いてけぼりにして
季節は勝手に先へと進んだようだ

残暑
普段何気なく使っている言葉
その意味を実感するような帰り路
置き去りにされた夏の残滓を
拭い去ってくれる爽やかな風
吹くのはいつになることやら

毎秒
毎分
毎時間
毎日
毎月
毎年

時の概念に縛られて
都度都度の後悔を噛みしめて
今までなんとか歩いてきたような
そんな気がしないでもない

それでも立っていられたのは
爽やかな風が必ず吹いてくれたからだ
無駄に諦めきれない気持ち
それを優しく
フウーッと吹き流してくれる風
今の僕が心待ちにしている


あなたを想う
消し炭ほどの熱を
くすぶる種火にならぬよう
次の季節に向けて
さっぱりと
吹き流してしまいたい
心の残暑なんて
いくつになっても
鬱陶しいことこの上ない

涼やかな風
吹いて忘れて
追いつく季節

僕が次の季節に染まるのは
いったい
いつになることやら





                       〔青島江里:選〕





 逃避考


今宵
橋の上から見上げる
黄ばんだ三日月は
あまりにも細すぎて
今の僕が腰掛けでもしたなら
あっという間に折れてしまいそうだ

ボキッ!

もしそんな音が
朝の世界だろうが
昼の世界だろうが
当然夜の世界にまで
響き渡ったならば
あらゆる事象が
止まってしまうかもしれない

息も止まり
太陽や星も
輝くことをやめて
喜びや憎悪すらも止まる世界
すべてが空白に微睡む

我にかえった世界は
同じことを考えるだろう
今の音はなんだ?


世界の平和なんて
言葉のわりには
曖昧模糊なものを
考えるよりも
単純なことを皆で考えて
一旦立ち止まるのも悪くはないだろう
主義や主張を越えた
明確な共通疑問なんてものがあれば
もう少しだけ
世界は繋がれるのかもしれないのだから

そうすれば
この十五年でたんまりと溜め込んだ
この身体にも意味がうまれるし
明日の健康診断で告げられるだろう
メタボ判定にも
落ち込まなくてすむかもしれない
そんな気がする

今宵
月から零れた
雫を浴びて
帰りすがらの
逃避考

トボトボと





                       〔澤 一織:選〕











エ ス ト リ ン 


 親友の特効薬


確実に現実は変わった
現実が回復し続けたとか思っても
特効薬がないために
影響から抜け出せない
こんなにつらい
出口が見えない
諦めるしか
耐えるとか思うとつらい

院内喫茶店の座席がまた
ソーシャルディスタンスになった

心の病気のグループホームに住む友人達は
外出範囲が近所にまた限定されたとか言う

バス電車
散髪も禁止

うつるのは構わない
うつすのが難儀なことだと言われたとか

集団生活だから仕方ないのか

入院患者は
お盆休み中
閉鎖病棟だけでなく
開放病棟も
閉鎖病棟扱いで大変らしい
外出が限られる

ストレスたまるわぁ
とか言いながら
グループホームの親友と
院内喫茶店で
アイス付き抹茶かき氷をつつくお盆休み一日前

この女友達は
リハビリのデイケアも休みがち

いつも調子悪いことを言っていて
デイケアを休むわりには
このご時世院内を元気にさ迷っている
ワケわからん奴だ

はいはい
本当の母親とか姉なのに
またまた偽者とか言うのね
日本国籍が嘘つくのかね
戸籍は本当の肉親で姉さんでしょ
と私

だって
あれらが本当のだったら
私はよほど育ちが悪い
と友人

だから本当の家族でしょ
と私

本当の家族をいつものように
偽者とか主張する友人

あぁ誰か
この友人を説得してくれ
どう言っても偽者とか言って
わかってくれない

だからわかるでしょ
とか友人は言う

わかるも何も
そりゃ
偽者とか主張するのが病気で
それでグループホームから出られずにいるのに

もうこっちも諦めるしか

それ以外は案外よくて
いい奴なのに
親友なのに

もうこれも
特効薬がない
諦めだ

親友を続けていくしか
出来ることがない





                       〔齋藤純二:選〕





 きれいな言葉


盆を過ぎても暑さは続く
院内喫茶店
かき氷の売れ行きはいまいち
暑すぎて
コロナのせいもあり
客が来ないもよう

今日院内喫茶店に入り
かなりげんなりする
私は表情には出さないが
その店員は苦手

一度院内喫茶店を卒業していて
またまた再訓練として
いる店員

今までなかったことだ

悪いけど
出来ないから

注文はまだ良い

レジなんかさせたら
コーヒー一杯を
何杯飲んだごとにされることやら

笑い話ですませるしかないが
本人は真剣だ

かなりどころではない
仲間の足を引っ張る

この店員がレジをする度
かなりの確率で
フォローの
職員を呼ぶ羽目になるのが
わかるので
訓練とはいえ
かなりどころではない
常軌を逸している

私はこの店員が
注文だったり
レジにたたれると
緊張する

障害だから仕方ない
とか
きれいな言葉だ

同じ心の障害の私でさえ
いらいらする

どうしたものかしらね





                       〔島 秀生:選〕





 九 月


九月だ
秋だ
この夏入院していた友人達も
そろそろ退院の季節
一人はもうこの夏に退院しているとか
連絡とってないから
元気でいることを願うしかない

後の二人のうち
一人は退院日が決まった

残る一人はまだわからない

この夏はさみしかった
独りの時間も多かった

病棟はコロナで面会も禁止
九月に入って
やっとこさ
院内が自由に出られるように
院内外出さえ不自由だった

院内から外は出られないまま

必然的に手紙のやりとりになる

元気にしているよ
毎回伝えるメッセージ
病棟に出向いて
看護師に渡す手紙
会えない

院内外出が解禁になり
出てきた友人が言う

手紙ありがとう
私の気持ち退院したら伝えるね

思えば
こちらの気持ちばっかりで
相手の気持ちなんて
考えてなかった

入院したくて
したわけではないのに

それはそうだろう

だが伝えることは
元気にしているとしか
思いつかなかった

私は何とか生きているよ
入院にはならずに

他に何が伝えられただろう
わからない





                       〔三浦志郎:選〕





 ルンルンマスク


最近流行っているアニメ
私もはまった
テレビアニメを
遅いながら見たのだ

みんながはまるだけあるなと
面白いと思った

そうなると
グッズを集めたくなる

これだけ人気があると
いろんなところと
コラボもあり
全部を追いかけるのは
金銭的にも不可能なので
取捨選択して
することになる

先日異性の友人から電話

そのアニメのマスクが売っているよと

私は奇声を発して
買って買ってコールをした
一枚の値段がそれなりするので
二枚購入して頂いた

二枚ではつまらないので
手芸店に行ってしまった

店員がそのアニメのマスクをしていた
手作りだ

わくわくして
自分で縫った
病院で友人とそのマスクをして
職員に
そのアニメのマスクだとアピール

看護師の一人が
きちんと流行を追いかけていてすごいとか
職員の一人は
手にいれるの大変でしたでしょとか

私が手作りだと伝えると

そんな生地が売っているのだと驚いてくれた

10月には映画が公開になるので
このマスクをしていくつもり

何か一人で盛り上がっている
ルンルン





                       〔澤 一織:選〕








                      






 *今回、紙面オーバーのため、複数作掲載者の「あまめ佳作」は割愛させて頂きました。