■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

岡 崎  葉 
 詩集『 愛を待つ 』 から 10篇

         





カモシカの足


詩の中に たくさんの愛を書いたので
その人に会いに行きます

深くわたしの人生に足を踏み入れたのに
立ち去ったことが承服出来ないのです。

あのとき 追いかけずに
孤高に生きようとしたのはわたしの誇りです

書き綴ったノオトの括りに
つづき、 と書くか おわり、 と書くか
会ってから決めるのです

草むらの原野にいる人でしょうか?
見上げるほど高い空にいる人でしょうか?

記憶をたどれば カモシカの足のような
うつくしい筋肉を持った時代に出会い
コリコリした骨の触感まで一人占め出来た幸せ

人生をものがたりの中に忍ばせて
気づかないふりをしてきたわたしの
リアルな愛を届けに










キリンの足


詩の中に たくさんの愛を書いたのに
その人は一枚目を読んだ切りでした

届けようのない言葉のかずかずは
混沌としたまま……机上に残り……
それから いくつもの詩集に散ったのです

打算の愛でも
惰性の愛でもなく
純な思いひとすじに愛した人が
桜色に染まって帰ってきます

春が来るたびに振り返り
春が往くたびに前を向き
何万年も同じことを春の行為にして
待ちつづけた人です

キリンの足のような
しなやかな動きも 年月
(としつき)を経て
緩慢になったでしょうか?

体のなかから大事なものが抜けていく
日々の感覚にたじろぎながら
わたしはわたし
愛と言葉の熟成を夢見ています









カンガルーの足


詩の中に たくさんの愛を書いたのは
その人に近づくためでした

向かい合っても話す勇気はなく
漂う気配にどきどきして
その人の書く詩を諳んじては
おとなしい時代を過ごしたのです

それから 時は逸速く去り
あろうことか、わたしたちは再会した!

すべての愛を投げ出して
胸の内側を空っぽにしていたわたしを
青春の匂いをさせて その人は
カンガルーのように抱えこみ
暖めてきたたくさんの言葉を発してくれた

その人なりの立ち姿で
人生を開拓してきたのでしょう
蒼白な青年のイメージは消えはて
日に焼けた勇姿が頼もしく










あなたという言葉


飽きもせずに愛の詩を書いていた頃
なぜ対象が、あなたという言葉なの?
と問われ 答えられなかったのは
あなたをあなたと
呼びかけたかったわけではなく
あなたというたった一人のひとに
向き合いたかったので
それがひとではなく
一生のよい思い出のようなもの
であってもよかったが……
誰もが 願った幸せのために生きるように
あなたという永遠に届かないところまで
わたしは行こうとしていた
詩を書き始めた頃
言葉はどれも新鮮で
それが綴られていくことも不思議で
どんなに使い古された言葉も
わたしにとっては初めてのものだった
たとえ手にすることは出来なくても
あなたという言葉もまた……










愛を待つ


君は愛の志願者だと
青春期にある人から言われた
振り返って そんなにも愛がほしかったかと
さりげなく思い 不安になり
ほんとうは愛がほしいのではなく
愛が足りないのだと気づくまで
途方もない時間が流れた
こころの空洞に吹きつける風なら
どんな受け止め方でも出来る
けれど愛の足りない者は愛を知っても
愛を持続させることが出来ない
そうやって一生を寂しく送るのなら
美しい言葉に逃げこんで
軽くなろうと
やがてその行為は詩篇となり
幾度も地上を巡っては
いつしかあの日のように
声をかけてくれる幻影を待つようになった
ただ一つの愛も たくさんの愛も
この世界にはあふれ過ぎ
あふれる泡で人々は窒息するだろう
ほんとうは誰ひとり
愛に満ちた者のいない世界で









鳥になって ──病床にいたK・Kさんに


一羽の鳥が飛んでいく

陽は昇り
陽は沈み
波は寄せ
波は引き
日ごとに
時間ごとに変わる空の色を背に
この世での仕事を終えたように

一生の速さを競って
激しく羽ばたいていた若い時代
無くしていくものの大きさに気づかず
<愛>をこぼしていた空回りの日々
そんな愚かなわたしに
<うつくしい歌>を催促するひとよ
あなたの心の葛藤を和らげる言葉を
どうやって探そう?

やがて幾時代かが過ぎ
わたしの体温が土の中に眠っても
芽吹く緑
溶ける水のあることを
その祈りをあなたへのささやかな歌にして
今日の空を目指そう









襟 足


時は過ぎ
世は変わり
それでも不意に思い出す
ロングヘアーのかかる襟足を

荒井由実の「ひこうき雲」が
バックに流れる喫茶店の窓際の席で
向かい合った顔の影よりも鮮明に

表通りに停めた黄色い車を見つけては
胸ははずみ
恋をしている実感に浸ったあの頃を
振り返りふりかえり

地上に落ちた桜の花びらを踏みしめれば
別れの日の衝撃を思い出す

振り切ろうとしたのは
恋だったのか
悲しみだったのか
忘れたのに










急ぐ人


折り目正しく丁寧に生きていたなら
より良い人生を過ごせただろうか?

あの頃 何を急いで
買い物を済ませていたのだろう
一つひとつの食材を見定めることもなく
メモ通りに籠を一杯にして

そうして流れ去った日々の先に
掴み取ったものは何だったのか?
いまは問いばかりが残って

慌てて読んだ本は身につかず
浅い思考の果ては失敗作の羅列
それでも ノオトに丸まった文字が
かがやいて見えるのだ

急ぐ人であったわたしは
勢いよく現実を飛び越える
発想のひらめきと自信があった

細やかに生きていたなら
天に恋するような狂った詩は
書かなかっただろう

羽ばたけない いまになって
あの頃の籠の重さ
胸のざわつき
ぼやけていた事柄の一切が
贈り物のようにわたしに届く










ジンセイ


明けきらない夏の浜辺で
「太陽がいっぱい」をくりかえす詩を
みんなで叫んだことがある

そのあと電車に乗って
街に戻り 花の名前の喫茶店に入った
恋と友情が交ざりあった
苦悩だらけの若い時代

それから それから
世界の明暗を分ける出来事が待っていたのだ
空から降りしきる青い雨は
大粒のしずくとなり
「太陽がいっぱい」をなんども打ち消して

  *

深い緑に覆われた
セイシュンの森をぬけて
陽ざかりの道を歩いたのは
ジンセイの最も輝かしかった頃
潮風と山の木々が戯れあう情景を
いつも窓越しに見ていた穏やかな日々

それでも それでも考えた
世界の暗がりとは何であるか?
人と人とのつながりが切れること?
確かなものが崩れゆくこと?
心に愛を無くすこと?

答えの出ない迷路にはまり
とうとう一生のスピードに追いつかれ
今日の雨音に浸っていると
ユメの欠けらのような
ジンセイの捜し物が近づいて来る










一 生


生まれて
笑った
歩いて
迷った

悲しんで
見つけた
恋して
書いた

回って
育てた
病んで
分かった

そうして残った
たくさんの詩篇の欠けら
使いこんだ文房具
菓子くず

それらすべてのものを
炉に
空中に
地に

それから
それから
芽吹く緑となって
わたしは……










 岡崎 葉 さんの詩集 『 愛を待つ 』 (ウイング出版部)
  2020年8月25日刊より抜粋   ISBN978-4-908972-08-9 C0092
  定価 (本体1,400円+税)


 あれっ、と思う。自分が書いた「書評バックナンバー」の中に岡崎葉さんがいない。私の好きな詩人で、作品も好ましく思いながら長年拝見してきたので、少なくとも一回は書いているものと思い込んでいたのだが、どっこい、まだ一度も書いていなかったことに、今頃気が付いた。
 詩人界広しといえど、岡崎さんほど「愛」という言葉をふんだんに使う人はいない。たいていの詩人が、「愛」という言葉は迂闊には使えないと用心してかかる中、岡崎さんは堂々、正面突破してくる。気後れなんかしない。「愛」というのは、生来がそういう性質のものであるのかもしれないのだから、岡崎さんを見ていると、岡崎さんこそが正しいのではないかと思われてくる。少なくとも「愛」の使用頻度と堂々向き合う姿勢において、岡崎さんこそが「愛の詩人」と呼ぶに最もふさわしいと、私は思う。

 芸術に携わる、どんな者にも苦闘はある。だから詩人が、詩に悩み、言葉に迷い、するのは、いえば当たり前の話であるのだから、そういう楽屋落ち的なことを詩に書くのは、私は基本的には賛成しない。しかしながら、そんなことを飛び越えてくる重厚な内容であるならば、話は別である。岡崎さんの今回の詩集は、詩を書くことをトリガーにしながら、そんな私を裏切ったり、出し抜いたりしてくる。例えば、詩の話をしているかに見せて、人生の話であったり、愛の話であったりする。マッスグな人だから、自然とそうなるのかもしれないし、いい意味で、大変したたかなのかもしれないと、思ったりもする。全24篇、所収。

 作品『カモシカの足』『キリンの足』『カンガルーの足』。
 カモシカに始まる「動物の足シリーズ(?)」は、ここで紹介しなかった『オオカミの足』を含めて、計四部作になっている。初行、「詩の中に たくさんの愛を書いたので(のに・のは)」という同パターンの出だしから、四種類の対応をした人物へと展開される。物語が、まったくの作為的なものだとは思えない。いくばくかのリアルがあって、どこからかは比喩世界へと入る。その境目は読者の想像に委ねられている。
 作品『カモシカの足』では、

 
コリコリした骨の触感まで一人占め出来た幸せ

の詩行が、たった1行で、愛の心身の濃厚部分に触れる鮮やかさである。
 作品『キリンの足』では、初連の「その人」は人間だが、その後書かれている「純な思いひとすじに愛した人」も「何万年も待ちつづけた人」も、人間を指していないと私は思う。それは人が人を好きになるという、太古からの人間の性(さが)を指すかのような、抽象的ものを擬人化しているのではないかと思われたが、正解は、作者の手のひらの上である。
 作品『カンガルーの足』では、終連「その人なりの立ち姿で」が、立脚するところのポリシーと、カンガルーの立っている姿の両方を想像させて、いいユーモアとなっている。

 作品『あなたという言葉』。
 「なぜ対象が、あなたという言葉なの?」は、誠にそのとおりで、岡崎さんの詩には二人称「あなた」で綴られる詩が、これまで多々ある。「岡崎さんの詩の特徴」と、言ってもいいくらい、基本スタンスが「あなた」なのである。「あなた」は、すぐそこにいるようで、実はどこにもいない存在ではないかと、私なりにそんな解釈はしていたが、確信はなく、すっきりしない謎は残っていた。(そうなんだ、ズバリ聞いた人がいたんだ!)と、その女性の度胸に、ちょっと感心したりもする。
 「あなた」の由縁を、岡崎さん自らが回答しているこの詩は、これまでとこれからの岡崎詩を解釈する上において、一つの軸を提示してくれている気がする。

 誰もが 願った幸せのために生きるように
 あなたという永遠に届かないところまで
 わたしは行こうとしていた

の3行は、とても興味深い。中でも「行こうとしていた」と、定まらず、まだ到着していないものであったから、そこへの呼びかけである「あなた」は、ずっと続いていたんだなあと思う。
 一方で、詩の最初から存在していたことから、「あなた」と呼びかけるという言葉の新鮮さに、あこがれるものもあったのだなあとわかる。そして、あこがれはあこがれのまま、現実の誰とも何とも固着させなかったから、今も新鮮に生きている「言葉」であるのだろう。

 作品「愛を待つ」。
 ラストの5行、「ただ一つの愛」と呼ばれるものも、「たくさんの愛」と呼ばれるものも、この世界にはあふれ過ぎるほどあふれているのだと、言う。でも、それらは泡のようなもので、本当に愛に満たされている者は、誰ひとりいないのだと、作者は言う。
 一時的な不足感を感じたことは、誰にでもあるだろうけれど、そこまでのことは思ったことがないから、センセーショナルなラストである。全体の脈絡から、作者の悲嘆にくれる感情を表したシーンだとも取れるし、他方、私達の日頃の見方にはそもそも間違いがあるのだと、問われているようでもあるのだ。

 作品『急ぐ人』。
 ここでは紹介しなかったが、詩集には『父のいた時代』や『電車道』という作品があり、新聞記者であったお父さんのことが語られている。お父さんがそうであったように、岡崎さんご自身も新聞記者であったと、人づてに聞いたことがある。ご自身が「急ぐ人」であったのは、ご職業に由来する部分もいくばくかあるのではないかと、個人的には思うものもある。実は最近、ある紙面の散文で、岡崎さんとご一緒したのだが、岡崎さんは、編集人から依頼された紙面サイズピッタリに、文章を収めてきた。さすが、元・新聞記者と感心した。
 詩の、うしろから2連目

 天に恋するような狂った詩は
 書かなかっただろう


は、自身の詩への非難であるが、これは謙遜が過ぎる気がしている。岡崎さんの詩は、いつもライトなタッチで、相手が詩人であるか否かを問わず読め、読む者に明るい華やいだ気持ちを残していってくれるものである。

 作品『ジンセイ』。
 詩の後半、作品に書かれている人生のタイミングとは異なるが、

 世界の暗がりとは何であるか?
 人と人とのつながりが切れること?
 確かなものが崩れゆくこと?
 心に愛を無くすこと?


は、折も折、新型コロナウィルスによる世界の闇とは何か?を考えるにおいても、きっと作者は同じ答えの導きをしてくれるのだろうと思われた。翻って、いま大切な事はこれだと、作者は言ってくれているような気がするのである。
 終連、作者にそれが届けられたのであれば、私もやってみたい気がする。雨に濡れていたら、「人生の探しものはこれだ!」と、神様は差し出してくれるだろうか。

 作品『一生』。
 本詩集のエンディングを飾る詩である。初連から3連、2行ずつが、成長の一歩一歩を記している。誕生から成長期、青年期、子育てから熟年期、といった具合だろうか。ちゃんと折々の情感を伴って、最低限の究極の言葉で、人生展開を見せてくれている。最後の熟年期の象徴が、「病んで/分かった」なのが、なんだか哀しい。そして、その年齢らしい話題だよなあとピンときてしまう自分も、なんか哀しい。
 4連、文房具と一緒に、「菓子くず」が書ける、作者の愛嬌がステキである(そういえば私のデスク近くにも、深夜、小腹がすいた時のために、台所まで行かなくとも、なんかかんか置いてあったりする)。

 5連、炉と空中と地が、前・上・下方向に立体的な視界の展開を、この詩に与えていて、鮮やかである。
 終連、「それから/それから」の故意の繰り返しは童話の読み聞かせ風で、話を重くさせない作者の配慮であろうか。そして「芽吹く緑」は、死から再生し、地上から生えてくるもの。やがて森の一部となるであろう、木々の実生のようである。


                                   (島)