今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







かすみ じゅん  







 そぞろ辿れば郷の彩り


細流の伝う
その三千歩先で
微睡むように揺らぐ 鮮青な海を
とめどない南の空に 暫し浮かべて
ぴりりと横顔に滲みる
爽風の匂いと
冷たく淡に、過ぎる手触り
そっと送る 静かな背へ


悴みほどけ正午前
なだらかな谷間 掬うように登る
ゆったりと和みだし 綻ぶ軒並み
うねうねと曲がりくねる
幅狭な坂道の途中
汗ばむ身体と
少し疲れた 息を置く


 高みから眺める
 今にも滑りだせそうな
 屋根続きの裾
 どこかしらの園庭で
 はしゃぎまわる子供たち
 無邪気で憎めない声が
 朗らかに聞こえだし
 微笑ましく 宙空に映え渡り

 丸いパステルカラーのハッチバック
 肩越しを何気にととろ下ると
 働き者のハコバンが 入れちがいで停まり
 手短な挨拶にボール紙の荷物
 すすら、ぽんと受け渡されて

 郵便配達の
 真新しい小型のバイクが
 てゅるりと現れ
 片手に掴まれた封筒は
 かたん、とひとつ 素朴を鳴らす


  快調に
  周り震えるエンジン音
  くっきりと辺りに響き
  どの一台も のんびりと


 表情豊かに
 民家の連なる
 隙ぬう小路をくぐり
 密な、アーガイル柄の毛織
 敷き伸ばしたように広ぐ景観の
 網目のなかへ 遠ざかる


ずっと
気付けずにいた
眼下の道脇に ほっと
昇り撓う 竹林の陰にひっそりと佇む
苔草が斑に張りつき
縮こまる 落ち葉の疎らな小さな広場で
向かい違わる平たいベンチは
お互いを横目に見交わしながら

いつかまた
好く晴れた
やわり穏やかに咲く春の日が 傍に訪れるまで
じっと 待ち焦がれる
通りすがる名も知れない誰かに
温められるときを 囁き合うように





                       〔三浦志郎:選〕











あ さ ぎ




  豊


僕は豊かさの中にいる


誤って白米を茶碗ごと床に落としてしまった
茶碗は割れ
白米が床に飛び散った

思ったことは「面倒くさい」
これから出かけなきゃいけないのに
やるべきことが増えてしまった
「もったいない」とは思わなかった
思えなかった
微塵も

白く荒れた床を見下ろす

時間にしてほんの数秒間
思ったことを反芻して
思えなかたことを意識する

結果、自身に戸惑う
自身が恥ずかしくなる
気持ちがざらざらする

急ぎ床に膝をつく

飛び散った白米をかき集め
そのまま口に放り込む
がむしゃらに、がむしゃらに噛んで
勢いのままに飲み込む

自己嫌悪と自己弁護

口の中
ジャリッと音がした





                       〔齋藤純二:選〕





  腕


今は重力にまかせて
だらんと垂らしてりゃいい

けれど
これだけは覚えておけ
肩から上は
無限の可能性だ

その時がきたら
思いっきり振り上げろ
掲げろ
伸ばせ
どこまでもあらん限り
お前のために
お前の
お前だけの光が射す方へ

それまでは
垂らしてりゃいい





                       〔Kazu.:選〕





 日々のかけら


きれい
そう思うのは
だって私にはつくり出せないからです
血が通っていて肉と脂がついた私にはできないことだからです


家の裏に使い古された浴槽が置いてけぼりになっています
この時期の朝方は浴槽に溜まった雨水が凍っています
氷は厚く、まるで音も空気も拒んでいるようです
毎日目にする光景です


今朝はそれほど寒くありません
朝日がいつもより輝いている気がします
このまま暖かくなってくれるといいのですが
玄関を出ます
いつものように浴槽を見に行きます

そっと
浴槽を覗きこみます

氷はわずかにうすく表面に張っているだけです
氷の向こう側
朝日が水中に黄金色の波をつくっていました
たおやかに透きとおって

胸が高鳴り始めるのがわかります


きれいです





                       〔青島江里:選〕











中  也




 希求 2020 → 2021


昨年は本当に大変だったよね
あんなことや
こんなことが
次々に起こってしまって

目の前で
想定外の出来事が
これでもかと
まるで
あなたの生命力を試すかのように

辛かったよね
滅多に泣かないあなたが
僕は初めて見たよ
あなたの大粒の涙を
人知れず
背中を丸めて
泣いているのを

毎日更新される
小さな画面の中の
生命(いのち)の数字が
どんどん
増加していくたびに
現実には
その数の何倍も何十倍も
いや
何百倍 何千倍 何万倍もの
哀しみ 苦しみ 喪失感
いや
絶望感に打ちひしがれている
人が居る

もし愛に
37℃の体温のような
熱量(やさしさ)があったなら
その冷たく閉ざされた心を
暖かく包んであげるのに

あのとき
なくなってしまっても
仕方のなかったはずの
奇蹟のような
生命があるのだから

もしあなたの愛に
私の愛が
一本の糸で結ばれるのなら
あなたの心に届けよう
精一杯の声で

何度も 何度も
何万回も
「愛してる」
「アイシテル」
「あいしてる」って

誰かを愛しているあなたも
誰かを憎んだことのある
あなたも
昨日まで何処かであった
あなたも
明後日逢うはずの
あなたにも
この気持ちを伝えたい

きっと
明日は大丈夫
乗り越えられる
この未曾有の危機から

何故だって
其れは
漸く 僕たち 人類が
紛れもなく僕自身が
如何に傲慢で
わがままに過ごしたか
気付いたからだよ

ほんの少しだけかも
知れないけど
だけど
確かに変わると思う
僕自身は本当に変わったよ
だから

昨日からの寒風に
粉雪が舞い散る中
軒先の木蓮の木に
大きなつぼみが
ぷっくりふくらんで
それに 僕は
ちゃんと気づいてるから

そしてね
そのつぼみがね
まるで
今か今かと
春の訪れを
待ちわびているって
教えてくれているんだ

だから そっと
小さなつぼみを
撫でながら
「ありがとう」って
つぶやいたんだ

もう 僕は
あの時までの僕じゃない
これからも
あなたの
あなたたちの幸せを
祈っているよ





                       〔島 秀生:選〕











み た こ




 おやすみ


天井を見つめる
眠りに落ちる前のほんの数分だけ
私は毎夜 天井を見る

一日の出来事を振り返る
儀式のような時間

周りの人がもつ私のイメージ通りに
動く日々
その終わり
苦しくはない
辛くもないけれど

この天井を見つめる時に
真面目な私の後ろから
真逆のわたしが現れる
一瞬だけ

真面目なイメージの私が
不真面目になる
裏切りの時間

真面目な私と
そうではない私が
共存する身体で
それを知らない人たちの中で
生きている

きっとみんな
一日の終わりのひととき
自分だけの
夜空を見上げる





                       〔島 秀生:選〕











galapa(滝本政博)




 墓碑銘U


犬として生まれました
愛されて育ち
すくすくと大きくなりました
長じて人となり二本足で歩きました
兵隊にとられ戦争にゆきました
首をたれ舌を出して歩きました

銃弾が体を貫いたとき
とても熱かった
病院のベッドで目覚めました
腕が一本なくなりました

ほとんど眠れませんでした
毛むくじゃらの体を寄せあって眠った妹や弟
弄り合ったあたたかい母の乳房
幸福だった日々を想いました

列車を乗り継ぎ貨物船で帰ってきました
持ち物も服も金に換え裸で帰りました
家族も家もなくなっていました

街をうろつき歩きました
犬に戻って残飯をあさりました
野犬の群れには溶け込めませんでした
三本足では上手く歩けません
私は死にました

私は死に 女の子に生まれ変わりました
十六で結婚し
十三匹の子犬を産みました





                       〔三浦志郎:選〕





 デスベッドバージョン


ベッドからソファーへ
または その反対
なんとか起き上がり坐っている
することもなく何かを待つ
ゴドーを待ちながら
えーつまりなにもおこらないが
行を稼ぎつまらないことを書いている

昔の恥ずかしいおこないが思い出されてたまらない
でも俺はアル中だから
酒を飲んで憂さを晴らすことは出来ない

昔 多くのものを渇望するとき
外側の形に外套をはおり町まで出かけた
俺の中の空洞に
金色の液体が流れて行くとき
流れ込んでゆくものがそれだけになったとき
さらに多くのものを失くしたのだが

ああ もう全てはおきてしまったこと
もうすんでしまった
だが おきなかった事のほうが多かったともいえる
喪失とは選択しなかったものの総称なのだろうか
あるいは俺は臆病なだけだったのかもしれない

明け方までの遠い距離
鐘は鳴らず天使たちは合唱しない
夜のギロチンは滑り落ちるがいい
重く冷たい刃で思い出を断ち切れ

えとそら
よーいやさ
何処までいっても
膝より深くならない浅い眠り
ベッドからソファーへ
または その反対
不自然な格好で空間に嵌り込んでいる





                       〔三浦志郎:選〕











小林 大鬼




 佐倉の秋


秋風に吹かれ金色に染まる
銀杏並木の漣
(さざなみ)

城址公園前は思い思いに
写真を撮る人で集まっていた

小さな紅葉に
光溢
(あふ)れる植物園

それから母と二人で
いつもの道をそぞろ歩き

蓮と亀がぷかぷか浮かぶ
姥が池を通り過ぎると

紅葉に染まり始めた
美しき里山の秋

どこか懐かしき郷愁に
母と私の時間が滲
(にじ)




                       〔青島江里:選〕





 土浦の喫茶店


日曜に来たのは初めてだった

隠れ家のようにひっそりと営む
古き昭和の喫茶店は土浦ではここしかない

幼い頃に親に連れられ通った
喫茶店の淡い面影を未だに探しているらしい

茶色い木目調の店内に
食器や家具が整然と並ぶ

客と主人の何気ない会話
煙草の匂い珈琲の香り

静かな中に音楽が流れる

懐かしき頁(ページ)を捲(めく)り
人生の思いに耽(ふけ)る

いつの間にか自分は
一杯の珈琲の苦みや深みも
味わうまでになっていた





                       〔三浦志郎:選〕











タルコンティ




 百メートル競走


競技場に入るとそこは思いの外暗い
空気は張り詰め体を締め付ける
心の中は潮が引き空白が瞬く間に広がる

鼓動は追い立てられ速度を増す
秒針の代わりにはまるでならない
上滑りした応援らしきものが頭上を通り抜ける

スタート地点を行き交う者は呼吸をする彫像のようだ
感情は無くむしろ期待を悲しげに吐いている
たぶんお互い鏡に映った自分自身なのだろう

「位置について」
突然現れたスターターの声が響く
スターティングブロックに利き脚を前にして脚をかける

「用意」
腰を上げ百メートル先を睨む
そこには光が仄かに射していた

緊張は風船のように膨らみ静寂がついに割れる
号砲が一瞬にして空を突き刺し震わす
私は心も体も競技場に容赦なく開放した

脚よ大地を蹴り上げろ
腕よ空気を切り裂け
体よ風を突き抜けろ

重苦しい呼吸が浅くなる
黄金色の光が迎えるゴールへ

走れ
駆けろ
そして翔べ





                       〔島 秀生:選〕











水無川 渉




 群青の泉


何度も車で通った道を
初めて徒歩で行くと
車窓を流れていた二次元の世界に
奥行きが生まれる
時速四キロの世界は
四十キロの世界とは異なる時空を持つ

地方都市のさびれた街並みを
冬の夕陽が弱々しく照らしている
その一角に見つけた
古びた小さな文具店
陽に焼けて色あせた看板
黄ばんだ販促用ポスターでは
往年のアイドルが
とうに廃れた「新製品」を
誇らしげに宣伝している

この町に住んで数年になるが
こんなところに文具店があるとは
ついぞ知らなかった
だが文具好きのぼくは
こんな昔ながらの店を見かけると
つい立ち寄って
ノートやペンを買いこんでしまう

木枠のガラス戸を軋ませながら開け
薄暗い店内に足を踏み入れる
ひんやりした どこか懐かしい匂いに
昭和の時代に迷い込んだ気になる

狭い店内は
古いけれども掃除は行き届いている
だが客は一人もいない
商品棚には
子ども用の学習帳
キャラクターものの筆入れ
えんぴつ 消しゴム 下敷き
コンパス 分度器 三角定規
何の変哲もない品が並ぶ棚を
じっくり眺める
どんな小さなアイテムも
見落とすことのないように

正面奥にはガラス製の陳列ケース
そこには比較的高価な筆記具が並ぶ
この店のエースたちだ
都会の大型店とは比ぶべくもない品揃えだが
えてしてこういう店には掘り出し物がある
一つ一つ丹念に見ていくうちに
一本のペンに目が釘付けになった

それはパーカー社製の万年筆で
製造中止になった昔のモデルだった
当時のままの価格が書かれた値札には
税の表示がない
そのペンを見ているうちに
心臓の鼓動が早くなるのを感じた

「いらっしゃい」
店の奥の和室から
年老いた店主がゆっくりと現れた
ぼくは店主に請うて
あの万年筆をケースから出してもらい
手にとってしげしげと見た

「試し書きをしますか」
店主はべっ甲縁の眼鏡越しにこちらを見た
「いえ結構です これをください」
店主は化粧箱を出してきて
骨ばった手でペンを丁寧に収め
当時の値段で譲ってくれた
今の物価からすれば格安の
代金を手渡すとき
ぼくの手はかすかに震えていた

ぼくは一緒にノートと便箋と
ブルーブラックのインクも求め
店主に礼を言って店を出ると
はやる心を抑えて家路を急いだ

家に帰って仔細に調べると
果たしてその万年筆は
子どもの頃
初めて使ったのと同じモデルだった

生き別れた兄弟と巡り合ったような
感慨に浸りながら
ペンにインクを吸わせて
ノートに書いてみた
手にしっくり馴染む軸の感触
なめらかな書き味
筆圧や角度により微妙に変化する筆線
すべてが昔のままだ
紙の上にペン先を走らせながら
初めて万年筆を手にした時のことを
思い起こした

 *

あの当時
万年筆はまだ一般的な筆記具で
入学祝いの定番だった
ぼくも中学に上がる時に
親戚からパーカーを買ってもらい
大人の仲間入りをした気分になった

自分だけの万年筆を持てたのが嬉しくて
矢羽形のクリップがついたキャップを
何度も外しては
黄金色に光るペン先に見とれ
インクで指を青黒く汚しつつ
何を書くにもそれを使った
学校のノートや日記帳
中原中也を真似たへたくそな詩も
ついに返事の来なかったラブレターも
そのペンで書いた

ぼくの青春は
インクのように暗いブルーだった

ある日学校で 親友の一人が
ぼくの胸ポケットから覗く
矢羽のクリップに興味を示し
ぼくは請われるまま万年筆を貸した
だが翌日 すまなそうな顔で
彼が差し出したペンは
先が無残に曲がり
書けなくなっていた
過って床に落としてしまったらしい
自分の一部を壊された思いで
傷ついたペンを
ぼくは呆然と見つめていた

家に帰って
あれは夢だったのではないかと
祈るような気持ちでキャップを開けたが
金色のペン先は
やはり醜くねじ曲がっていた
それを見てぼくの目には涙が溢れた

ぼくの青春は
インクのように暗いブルーだった

 *

その後ぼくは万年筆を使うことはなく
インクで指を汚すこともなくなった
あの壊れたパーカーは
引き出しの奥深くしまい込まれ
進学や就職で何度か引っ越すうちに
行方知れずになった
そしていつしか
手書きで長い文章を綴ること自体
なくなってしまった

やがてボールペンが筆記具の主流となり
万年筆は趣味性の強い高級文具として残ったものの
あのできごと以来
ぼくは万年筆への興味を失っていた
今日 あのパーカーに出会うまでは

万年筆は英語でファウンテンペン
「泉のペン」と呼ばれる
思いがけず再会した
パーカーを手にしていると
楽しかったこと 辛かったこと
昔の想い出が泉のように
とめどなく湧き上がってくる
ぼくは時を忘れて
その泉から流れ出る
群青色の記憶に身を浸していた

 *

一ヶ月後
あの文具店を再び訪れると
店の入口には
閉店を告げる張り紙が
寒風の中で震えていた
ぼくは黙ったまま 長いこと
その前で立ち尽くしていた

家に帰るとぼくは
あの万年筆と便箋を取り出し
ブルーブラックのインクで
手紙を書き始めた

ぼくのパーカーを壊した
あの友に





                       〔島 秀生:選〕





  壁


子どものころ 聞いたことがある
人の手が作った構造物のうち
宇宙から唯一見えるのは
万里の長城だと

つまりそれは
壁ということだ

どうやら壁は
地球文明が異星人に誇る最大の成果
ということになるらしい

たしかにこの星の住人は
壁が大好きだ


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁


古の中国の皇帝は
夷狄の侵入を防ぐために
石の壁を作った
現代の中国の皇帝は
不都合な情報を通さないように
火の壁を作る


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁


冷戦時代の人々は
ベルリンの街を二分して
壁を作った
共産主義者は資本主義者を防ぐため
資本主義者は共産主義者を防ぐため


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁


アメリカ人は南からの移民を
ユダヤ人はパレスチナ人を
欧州人は中東からの難民を
壁を作って締め出す
「国民の生活と安全を守る」ために


壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁


人は壁を作る
よそ者が入ってこないように
肌の色 話す言葉
思想や宗教が違う人々を締め出すために
あるいは ただ単に
よく知らない人々と
関わらなくても済むように

壁はいろいろな材料で作られる
木 石 コンクリート 鉄
制御された電子の流れ
敵意 不信 そして恐れ

傷つくことを恐れ
他者を恐れ
人は壁を作り続ける

四方を壁に囲まれていると
人は心安らぐ
街の周りに
城壁を巡らしてはそれを
故郷
(ふるさと)と呼び
隣家との間に壁を立て
その間の四角い空間を
我が家と呼ぶ

この星のいたるところで
風通しの悪い部屋に
黴が生えるように
無数の壁が生える
民族と民族の間
人種と人種の間
宗教と宗教の間
世代と世代の間
男と女の間に
壁 壁 壁が生える

ぼくらは壁を作る
自らを幽閉する
牢獄の壁を

 *

子どものころ
万里の長城は
宇宙から見えると聞いた
でもそれは事実ではないらしい

異星からの訪問者は
南の大洋に目を転じるなら
そこに巨大な珊瑚礁を
認めるだろう

月からも見える
地球最大の痕跡を残した生物は
万物の霊長を自任しながら
壁の中に引きこもっている
ホモ・サピエンスではなくて
自らの同胞や他の生物と共生しながら
外へ外へと拡がっていった
指先ほどの小さな虫だった
この星の代表にふさわしいのは
かれらの方かもしれない

でも
ぼくらが懸命に築く堅固な壁が
宇宙から見れば
取るに足りないものであることに
なんだか安心したりもするのだ

明るい陽光の下で
あわい黴が消えゆくように
壁がなくなる日を
夢見ることができる気がするのだ

この地球から
そして
あなたとの間から


 
※「火の壁」はグレート・ファイアウォール、「巨大な珊瑚礁」とはグレート・バリア・リーフのこと。




                       〔三浦志郎:選〕











じじいじじい




 おもち


ママといっしょに
おもちをやいた

アミのうえで
ひっくりかえして
ひっくりかえして
たのしいな

プ〜って
ふくらんで
できあがり

しろくて
おこげもついて
おいしいな

プ〜ッてふくらんだ
おもちがね
ママのほっぺに
ソックリっていったら
ママのほっぺも
ふくらんだ




                       〔齋藤純二:選〕











まるまる




 居てくれるだけでありがたい


聞いたこともない か細い声で
電話の向こうの従妹が喋る

 子どもが塾から帰ってこない
 事情は伝えたはずなのに
 なんの返事もしてこない

 いつしかこんなに冷たい子
 自分の育て方が悪かった
 事情はただの事情じゃないのに
 病気のおばあちゃんが亡くなったのに

 直ぐに帰ると返事をくれて
 必死に帰ってきてほしかった
 言葉は何もいらないから
 帰ってきてほしかった

聞いた私は冷静だった
まくしたてる従妹を遮り

 帰って来てってはっきり言ったの
 そこをしっかり言ってないなら
 帰って来ないに決まってるよ

たぶん従妹はびっくりしてた

 言わなくたってこんな時なら

再び私は遮った

 のこのこ帰って来る訳がない
 優しいかどうかの問題じゃない
 帰って来たって変わらない
 目的の勉強を続けただけだよ

それでいいの と従妹は聞いた
いいと思う と私は言った

同じ話じゃ全くないけど
うちの息子はあいさつもしない
いただきますも行ってきますも
それで良いわけは絶対ないけど
言わされて言っても仕方ない

私はちょっと強がっていた
従妹と話すその時までは
息子の態度は悩みの種
だけどそんな素振りは見せず
気にすることないと
言ってみた

そんな会話の効果は絶大
従妹はとたんに元気になって
自分だけ辛いと思ってたけど
なんだ大したことじゃないって

従妹を励ましたつもりの電話
実は私にも効き目があった
我が家の会話のない食卓が
笑い話に変えられる
何とかしようと四苦八苦じゃなく
うち ひどいでしょう
とさらけ出す

私にとって良かったことは
客観的になれたこと
従妹に現状を話したことで
実は寂しいと思ってたことにも
見ててくれる目ができたこと
私も一緒に違う目で
外から自分を見られること
居てもらうだけで救われた
この日私に浮かんだ言葉は

人はひとりで生きてるんじゃない

せっかく人間に生まれたのなら
そんな強みに気付けたのが いい





                       〔島 秀生:選〕











キャベツ




 同時代人


あなたが何人もいる
ケラケラ笑う
どこかへ行ったと思ったら
ポケットから顔を出す
と思えば遺跡に
犯罪記録に
レセプションに
骨と皮膚の間に
ドアノブに
浴室に
レコードショップに
山頂に
カサカサの唇に
ごつごつした岩の苔に
暴走する風の中に

流れる

同じ時代に
存在する
息を吸って
吐いている
今も




                       〔齋藤純二:選〕











れもりあっと




 砂漠の瞑想


満月になると
砂漠に泡が沸き起こってくる

けれども
動物は現れない
地平線の向こうにも
人々の群れ
現れない

ただひたすら砂漠に泡が沸き起こっては舞い昇るなにか

月は静かに内包し
今夜星空はクリエイティブだ
ポップコーンのキャラメル味
泡の光を己のヒラメキとして
砂漠はまた何者かに変化する

一匹のサソリは怯えていた 月夜に
一本のサボテンもまた震えていた 月夜に

深海のごとき空が 今
明けようとしている!

今夜 空に一羽の飛行機
まっさかさまに落ちていく 流星
ふたたび昇っていく 朝日




                       〔Kazu.:選〕











樺里 ゆう




 言わない


姉は 処女を捨てたことを
その日には 言いませんでした

私も 一人でよく泣いたことを
誰にも 話しませんでした

姉が私に打ち明けたのは
何年も経ってから

私が話すようになったのも
泣いた日々が過ぎ去ってから

私も あなたも
本当に辛いときは 黙ってたんだな

自分で乗り越えて
過去にして はじめて
ひとは 他人に自分を見せる

隠さないで なんて言わない

ただ
口にされなかった言葉
そこに宿る真実に

思いを馳せる
ひとでありたい





                       〔島 秀生:選〕











ピロット




 成人の日


両親から贈られた晴着に 袖を通した
姿見の中には 他人のような私がいた
私であって 私でない
子どもの顔をした 大人の私

 成人とは 人に成ること
 人間とは 常に人間になりつつある存在だ
 人間とは 何かを問い続けるために生きる

祖父の日記に こんな走り書きがあった
昨夜読み返して見つけた 形見の言の葉

祖父がこの世を去った年
私はこの世に生を受けた
誰もが生まれ変わりと 泣いたという
手沢が染み込んだ革表紙の日記帳は
私と入れかわり 天のひかりとなった祖父が
私に唯一遺してくれた 私宛ての手紙なのだ

春を告げる木と書いて椿
明るく輝く未来に向けて
祖父が愛した真紅の椿が
振り袖いっぱいに ひかりの中微笑んでいる

写真でしか見たことのない祖父に
見せたかった
見て欲しかった

私は 祖父が闘い続けた病を引き受ける
医者になり
病に苦しむ人の体を 心を救いたい
そして
皆の笑顔を隠すこのマスクを 全て外させてみせる
鏡の中の自分に
その向こうに佇む祖父に誓った

永遠に終わらない 人としての問いかけは
今 始まった
人に成るため 医者に成るため
私は成人の日を たゆまず生き続ける





                       〔三浦志郎:選〕





 花手箱


三歳の上巳の節句
婆ちゃんからもらった
大切な大切な 愛しい宝物入れ
真紅の鮮やかな花びら
木肌に溶け込む 金糸雀色の筒しべ
深碧のぽってりとした葉
はみ出さんばかりの大輪の椿は箱を彩り
漆黒の縁取りが施されている

幼い頃は
おはじき お気に入りの若緑や桜色の丸石
少女の頃は
お手紙 あの人の第二ボタン
そして今は
家族写真と 指輪が重ねられている

壇ノ浦の戦いに敗れ
九州の山深くに身を潜めた平家の落人が
雅な都暮らしを偲び
作り始めたという花手箱
檜の微かな香は
幽静の森に身を隠した 哀しい平家の女人の想いを
桜鼠の薫の薄絹に包むようにして
諸行無常の歴史に私を誘う
奢る平家は久しからず
あまりにも華やかであるゆえか
美しいままぽとり花を落とす椿に
華やかさの影 盛者必衰が仄めくゆえか
椿の箱は 春の夜の夢のような愁思をも
木目の年輪に刻み付けている

慈しみ続けた花手箱
今 私が手に抱く 佳麗な愛愛しい小箱には
きっと 両の手のひらにすくった椿への
いにしえの女人の想いが映されている
己の遠い日の思い出
古今 数多の女性が歩んできた道程をも
椿の箱は優しく包み
託された想いは 箱の中でひっそりと眠っている

今年 大きな文箱を求めたいと思う
大輪の華麗な椿がたくさん
箱の面にのびのびと咲き誇るのを
憧れや祈りを込め 眺めたく思う

大きな花手箱には
たくさんの未来への夢を忍ばせたい
真新しい原稿用紙を
文字が美しく綾なすことを願いつつ





                       〔三浦志郎:選〕











蓮見 丈




 別れの輪唱


認知症を患って十年になる母を
ショートステイのつもりで
高齢者専門病院に預けたのが
去年の一月半ば

その後コロナが社会問題化し
自宅に戻るタイミングを失ったまま
ロングステイを続けていた母が
軽い脳梗塞を起こしたのが二月の末

私には兄一人と弟二人があり
ロス在住の次男の弟も
まだ面会のできたこの時は
アメリカから駆け付け
子供全員が間近で
母の様態を見守った

脳梗塞はとりあえず
凌げはしたものの
これを機に脳ばかりか
五臓六腑の
機能の低下も始まり
退院は最早
タイミングの問題ではなくなった

そうこうしているうちに
コロナが更に深刻化し
家族の面会さえが禁止となり
母の様態は看護婦さんや先生の
大丈夫とか落ち着いているとかの
大雑把な言葉でしか知れなくなった

そんな状況に業を煮やした
ロスの弟から
リモート面会を病院に対し
打診するよう促され
院内感染対策で殺気立っている
病院のピリピリムードに怖気づいた私は
ロスの弟と図らずも
先取りのリモート喧嘩を展開した

恐る恐るの打診の結果
私の杞憂を他所に
あっさりと実現した
LINEのビデオ通話を使った
リモート面会のお蔭で
久々に母の入魂の寝顔を
自分の目で確認することが
できたのであった

それからは入魂の寝顔と
半分魂の抜け掛けた笑顔とを
スマホの画面越しに
ランダムに拝む日々が
新たな日常となって
しばしの間続いた
そうして二か月程が過ぎた頃に
ついにその日の日捲りの暦が
切って落とされてしまったのであった

病院からの急報に
真っ先に駆け付けたのは
都内の職場からの三男の弟で
次いで母の固着した記憶外の不用品を
自宅で整理していた私
そして私の電話に応答した
携帯の画面越しのロスの次男の弟
他県に出張中の兄の電話は
不通であった

酸素マスを白濁させながら
繰り返される母の激しい呼吸
生命維持のための
肉体の自律的な反応なので
この時の母にはすでに意識はなく
苦痛も全く感じてはいない
という先生の話

それでも耳は聞こえている筈と
父ちゃんの処へ行くとまた大変だから
逝くのはゆっくりでいいよとか
母さんとか
私と携帯の画面越しのロスの弟は
黙って見ていられずに思わず
言わでものことを口走ってしまった

母の激しい息づかいに釣られて
こちらの感情も昂ってしまったが
母の息づかいが静まるに連れ
こちらの感情も平静さを取り戻し
経済や天体の運行を含む諸事情を鑑み
ロスの弟には末後の描写は
ビデオレターで送るということで
とりあえず電話を一旦
切らせてもらうことにした

その後母の呼吸は次第に間遠になり
大きく吸い込んで止まったか
と思えば小さく吹き返し
を何度か繰り返し
私が病院に駆けつけてから
およそ七時間後に
とうとう完全に呼吸を停止した

そこでナースコールを押すと
カルテを持った看護婦さんを従え
当直の先生が現れ
まず母の鼻孔に手のひらをかざし
次いで脈をとり
最後に瞳孔が節穴になっていることを
確認して
臨終を宣言した

しかし退室際に看護婦さんは
近くまで来ていれば
お兄さんもまだ間に合うかもよ
体温が残っているうちは
お母さんの細胞はまだ生きているんだから
と小声で言い置いて行った

その言葉を聞いた私は躊躇わずにハッとした
臨終に間に合わなかった父の時の私は
人目も憚らず泣き崩れていたのに
僅か五年後の今の私は一粒の涙さえ
零してもいなければ滲ませてすらいない

この違いはきっと死との
対面のし方から来ているに違いない
父の時は一方的に出来合いの死を
押し付けられた感じであったが
今回は 意識の死 機能の死 細胞の死
更に細かく言えば
呼吸停止 心停止 脳停止と
母の全ての死と順を追って対面している

というよりも死は突然訪れるものではなく
この後も 形状の死 記憶の死と
形を変えながら
徐々に醸成されて行くものと
長い観想に最後まで付き合って呉れた
時の差配が叡智の扉に恩寵の覗き穴を穿ち
こっそりと気付かせて呉れたからだ

要するに人の死に目は
人生の終端に設けられた
最後の宣告の受け渡し場所にしか過ぎず
母の生は私たちが死ぬまで終わらず
父がそうであるように
今後も変わりなく
この世に親子として生を授かった縁の
不可思議な恩恵を
与え続けてくれるのであった

だから今もなお電車かタクシーの車中で
やきもきしている兄にも
母との別れを惜しむ時間は
まだまだ十二分にある

母の死に目も含めた色身としての生き様は
兄が生きている限り
三男の弟が撮ったビデオからでも
遺影からでも
これから先も好きなように
いくらでも兄の脳裏に
焼き増しができるのであった





                       〔島 秀生:選〕





 国道の並木


頭を切り落とされ
枝を詰められ
ウドの大木よろしく
国道沿いに突っ立っている
けやきの並木

新梢が伸びても
里山の面影には届かず
葉を茂らせ木陰を作っても
歩道を覆うには及ばず
何のための棒立ちか

歩行者保護のためなら
ガードレールがあり
景観を整えるためなら
かえって無様で邪魔なだけ

人間の都合で植えられ
無残に弄られ
好奇の目を向けられる謂れも
大儀もなく
ただ漠然と晒され続ける

と思いきやそれも
導管を持たぬ人間の
不届きな思い込み
感傷など無縁なけやきの本懐は
多情多恨な地上にはない
人間の情動の及ばぬ
地中にある

人間の邪な工作物など
ものともせず
深く広く根を張り
大地の滋養と慈愛を
ほしいままにする

 伐りたくば伐れ
 地中にこの根のある限り
 何度でも昇竜の尻尾を絡め捕り
 猛々しく天を目指して
 芽吹いて見せる

そんな空耳を運ぶ
車窓の隙間の
珪砂の如き冬の風





                       〔青島江里:選〕





 ベイビーステップ


ゴム手袋をした手の
人差し指にワセリンを塗り
肛門から便を掻き出す
これがまだ二十七才の私の
毎朝の排便の仕方

私が下半身麻痺になったのは
茅葺屋根の吹き替え中に
足を滑らせて落下し
庭園の池の飛石で
脊髄を損傷してしまったから

山形の山の中で
野生動物に囲まれて育った
もののけ姫の
又従妹のような私には
タイトスカートを穿いて
小股で歩く事務員生活は窮屈で
高卒で入社した地元企業を
悩み抜いた挙句に七年で辞め
父の下で茅葺屋根職人の
見習い兼下働きとして働き始めた

その矢先のことであった
僅か三メートルの高さから
落ちただけで
私の人生はジャンプ釘に袖にされた
パチンコ玉のように
想定とは全く違う方向へと
いとも簡単に
転がり始めてしまった

年貢を納めてしまった命は脆いが
年貢をつまみ食いする命は
強かでしぶといことを
罠にかかった鹿や猪が足を
引きちぎって逃げて行くのを
瞼を神の手に磔にして
何度となく見て来た
私は幼いころから知っていた

七時間に及ぶ手術のお蔭で
水揚げされたばかりの
新鮮な娑婆に戻れた私も
まだまだ年貢を納める気には
弱音を磨り潰したすり鉢の
残りかすほどにもなれなかった

臍から下の感覚はないが
上の感覚はある
だから車の運転も化粧もできるし
懇ろになったベッドの上でなら
キスだって普通にできる筈

それでも臍から下の感覚を失った
ハンデは杞憂でもなければ錯覚でもない
排泄障害もそのうちの一つだが
一番心配なのはセックス

とうの昔に成人している私に
手を繋ぐだけで満足できる
絵に描いた尼僧のような恋はあり得ない
互いの本音や体力を見極めるためにも
セックスを損切りにはできない

子宮にも卵巣にも損傷はないので
妊娠も堕胎も可能だと聞かされても
感覚のないセックスがどんなものなのかは
ベテランの医者や看護師でも
健常者には分からないし
同性の麻痺仲間でも
剥き出しの唇からでは聞きずらい

少数者に共通して言える一番の不便は
情報量が極端に少ないこと
それを補うコミュニティーはあっても
これまた数が少ないから
金庫に入った
プラチナの眼鏡のように
使い勝手が悪く
人によっては大破した膝も同然

陸の孤島なら気心の知れた仲間がいるが
情報の孤島は無人島に等しく
持ち合わせの知識を元凶に
苦渋での培養を繰り返すより他はない

屋根から落ちた私が
真っ先に気にかけたのは
背骨が発した雑音や
痛点のなくなった両足より
水没したスマホのこと

皮肉にも選択肢が狭窄になった
今の方がかえって
身近にある的確な情報の重要性を
粉骨に染みて感じている





                       〔三浦志郎:選〕





 セカンドバージン


下半身麻痺になって
初めてのセックス
相手は助こまし以上
恋人未満の親しい男友達

私の性格も
事故の経緯も知っている
男友達の中で
一番寡黙で年上の彼に頼み込んで
なんとか相手になってもらった

場所は隣町のラブホテル
彼の首に抱き着いて
ベッドまで運んで貰った
車椅子ごとでは
部屋には入れなかった

彼がシャワーを浴びている間に
私も彼に絞って貰った
フェイスタオルで体を拭った

ジーンズやパンツは
自分では素早く脱げないので
バスローブで覆いながら
彼に手伝ってもらって
上半身より先に脱いで置いた

部屋の照明は最小限まで落とした
出来ればのっぺらぼうか
顔無しにでもなりたかった
けどそれは無理な相談なので
闇のベールで
相貌の陰影を一気に削ぎ落した

 どういう風にすればいい
 私にも良く分からないから
 とにかく普段通りにやってみて
 じゃあキスもしていいのか
 うんいいよ
 分かったじゃあキスから始める

生半可な経験があるせいか
自分の変容ぶりに対する
恐れと不安で
全身の骨格筋が
初体験の時以上に
震えている気がした

上半身はそれなりでも
下半身はやはり何も感じなかった
振動は伝わって来ても
霊山の頂は稜線さえも見えなかった
でも知りたかったのはそこではなかった
相手がどう感じたかであった

 どうだった何か違和感を感じた
 いや全く普通だったな
 普通って
 水蜜も流れていたし
 親密感もあった
 じゃあ満足できたってこと
 ああ十分に

こうして私は
下半身麻痺になってからの
二年越しの不安から
ようやくにして解放された
これでどんな恋に対しても引け目も
抜け目もなく
さそり座の煌めきのように
前向きになれる

その上更に予想外の収穫もあった
安全パイのつもりで選んだ彼は
単に口が堅いだけではなく
その後の私に対する態度にも
天の川を渡る
七夕の前日のそよ風のように
全く揺らぎを見せなかった

ただの男友達の一人としてしか
見ていなかった彼が覗かせた
骨のある優しさと
艶のある男気

それに気づいた途端
蘇生されたばかりの私の乙女心は
滝つぼのティンバルのように
天空を突き破らんばかりに
早くも高鳴り始め
太陽の陰から飛来した
屋根から落ちた時の圧迫感を
一気に吹き飛ばしてしまったのであった





                       〔三浦志郎:選〕











山 雀 詩 人




 過去タクシー


大学時代の友人から
結婚式を挙げるとの連絡があり
その町へ出かけたのは
年の暮れのことだった

そんな年末に挙式するかな
少しひっかかるものはあった
しかもその町は日本のほぼ最北端にあった
そんなところにわざわざ真冬に人を呼ぶかな

気になることはいろいろあったが
それでも私は行くことにした
移動距離はゆうに千キロ以上
式の前日、始発電車に乗りこんだ

着いた頃にはもう夜だった
一日がすっぽり抜けたような気がした
朝、エアポケットに入りこみ、やっと抜けたと思ったら
そこは最果て 星の町 みたいな

駅まで友人が迎えにきてくれるという約束だったが
友人はなかなか来なかった
携帯電話もつながらない
きっと式の前日で忙しいのだろう

無理をさせては申しわけないと
駅前に唯一いたタクシーに乗ろうとしたその瞬間
ごめんごめんと闇の中から人懐っこい笑顔が現れた
十年ぶりの再会だった

そう、あれからもう十年になる
当時、私はピアニスト志望の音大生だった
典型的な自信過剰の馬鹿たれで
自分を天才だと本気で思いこんでいた

今でもあの日の夢を見る
数百人が見守る中で私はピアノを弾いている
我ながら完璧な演奏
指が機械のように正確に鍵盤をとらえる

が、崩れ去るのは一瞬だった
突然、歯車が狂いだしミスを連発
リカバリーしきれず指が止まった
だらりと腕を下げ、呆然と鍵盤を見つめた

まさに悪夢
その日限りでピアノをやめた
傲慢だった自分が許せなかった
音大もやめ、音楽とは無縁な仕事に就いた

友人も同じくピアニストだったが
彼は努力型で地道に腕を上げ、見事プロの道に進んだ
が、おととし生まれ故郷のここに帰っている
何があったかは聞いていない

彼は私を家に招いて歓迎してくれた
家には奥さんもいた(ふたりはすでに入籍していた)
結婚と再会を祝して缶ビールで乾杯
後で宿まで送るからと彼はジュースで

自然に音楽の話になって
聞くと彼は東京で少しだけ心を病んだのだと言う
それでピアノをやめて帰郷したが
彼女の支えを得て、またやり直すのだそうだ

そんな話の後だった
彼が突然、ピアノを弾いてくれないかと言いだした
最初は軽く断った
とてもそんな気にはなれないと

彼は引かなかった
おまえには才能がある、いや、素質がある
もう一度ピアノをやってほしい、いや、やるべきだ
妙にしつこく食い下がる

それでも適当に断っていたが
結婚祝いだと思ってどうかお願いします
奥さんにまで頭を下げられては断りきれず
とうとう承諾してしまった

十年ぶりにピアノに向かう
悪夢がよみがえる
鍵盤の白と黒がまるで光と闇のようだ
私はあえてあの日と同じ曲を弾いた

ショパン 幻想即興曲嬰ハ短調

私の一番好きな曲
そして一番嫌いな曲
そんな私情とは異次元に
孤高にして美なる曲

これを弾くと
いつも星空が思い浮かぶ
無数の星が脳裏に光り、音になってあふれ出す
目を閉じ、星をひとつひとつなぞるように弾いた

柔らかくて優しい音がした
私にもこんな音が出せたのだ
おごりのない素直な音が…
我知らず涙があふれた

最後の音を弾き終え、目を開けると
タクシーの後部座席だった
友人も奥さんもいない、ピアノもない
タクシーは闇の中を走っていく

いったいどういうことだ
私はタクシーには乗らなかったはずだ
友人に電話する
混線していてつながらない

「お客さん、どちらからですか」
運転手が話しかけてきた
「東京です。明日、友人の結婚式でして」
運転手が怪訝そうにした

「え、明日ですか、それはちと解せませんなあ
 だって明日は冬至ですよ
 この辺りでは冬至は極夜と言いましてね
 白夜の逆でまる一日、夜が明けんくなるんです

 普通は北極圏でしか起きんのですが
 この辺はそれだけ北にあるってことですかね
 十年に一回くらいですが、冬至に極夜が起きるんです
 明日はまさにその日なんですわ

 ですので、明日お友達が結婚式をなさるってのは
 やっぱり解せませんなあ
 ここらの人はみんな休みますからね
 式場もやっとらんと思いますよ」

何を言っているんだ、この人は
また電話をかける
圏外だった
しかも発信履歴から友人の名前が消えている

「極夜の日には、過去に戻れると言われとるんです
 一日昼がなくなる分、過去の一日で補填できる、
 ということなんですかね
 まあ、昔の人の幻想でしょうが」

幻想? そうか、だんだん分かってきた
星は過去からの光
私はそれを弾いて、過去への扉を開けてしまったのだ
くしくも幻想即興曲という曲で

いったいいつの過去に行くのだろう
あの日だろうか、だとしたら正直こわい
でも今ならあの日をやり直せそうな気がする
そうしたら少しは自分を許せるかもしれない

思えばすべて彼の仕業だ
ここへ来たのも、ピアノを弾いたのも
人懐っこい笑顔が浮かぶ
あいつ、余計なことを… また涙があふれた

運転手がアクセルを踏みこんだ
空が傾く
星が鳴る
あの曲だ

タクシーが ゆっくり 浮いた…





                       〔島 秀生:選〕











夏 宝 洛




 地下鉄コンポジション


地下鉄は低空飛行
すでに車内は
名の知れた香水の飽和状態
割と息がむせる
発生源は端っこに座る
ロイヤルブルーの淑女
天使がぶつかったような
笑窪をちらつかせ
目を閉じている
子供じみたフレグランス
意外と寝顔に似合っている

いつもピュアに
気障に決め込んだ
ソフトリーゼントの若者
吊り革持つ手じゃない方の手で
車窓を鏡代わり
気後れのない目つきで
髪を撫でる
ほんの一瞬の静止画は
永久保存したいブロマイド

若い夫婦
多分夫婦が
おそらく
夕べの秘密を話している
声量がとても低すぎて
横で読書するアラフィフ女子が
白々しく耳をそば立てる
ふいに身についた夜行性能力
まるで
知りすぎたウサギ
知りすぎたウサギ

粗末に置かれた網棚の週刊誌
半開きのグラビア印刷
水着だらけの夏を仰ぐ
ブレザーの少年
申し訳なさそうに
下から覗き込む
初心なまなこ

少し前
ミクロの侵略者が
蔓延していたことなど
嘘のよう
この
朝の密室を
無口に嫌がっていた面々が
懐かしさが現実になった今を
楽しんでいる
ゲノムをえぐれば
遊び心の記号が
人々の奥底に
共有されているなんて
あり得るから面白い

いきなりの急カーブ
豪快によろけるスーツの男
鼻で気取る苦笑い
まるで
泳げないスパイ
泳げないスパイ





                       〔Kazu.:選〕











九 丸 (ひさまる)




 こんなに綺麗な夜なのに


頬に猫の一撫
どうやら
いつの間にか寝ていたようだ
何時かはわからないけれど
部屋はもう
暗い
餌の準備をしようと
ソファーから身を起こせば
カーテンもひかない窓からは
乳白色の光が溢れていた

今夜はやけに明るいと
つられて外をのぞいてみれば
屋根や地面に降り積もった雪が
夜のあらゆる光を柔らかく反射していた
多分どこかにある月や
なんとなく見えている星
街灯や誰かの部屋の明かりを
冷たさなんて微塵も感じさせずに
なんなら暖かさすら感じさせて
優しく反射していた

そして
舞い降りてくる雪は
なんだか
想い一語一語の結晶みたいだ
降り積もり
光を投げかけて
ぼくに
そのまっしろな原稿を読めという

 どこから読み始めたっていい
 好きに始めればいいさ
 大丈夫
 きみが思っているよりも
 冷たくはないから

どんな季節の夜よりも
こんな夜が一番明るいことを思い出す
冷たさや過酷さを
まっしろな仮面で綺麗に隠して
優しく微笑む

きっといろんなページがあるのだろう
誰かの喜び
誰かの苦しみや悲しみ
そして怒り
そこには
ぼくのページもあるのかもしれない

想いはどんどん降り積もる
早く読めよと
降り積もる
明日の陽が暖かければ
伝わることもなく
溶けて消えるまで
いや、中途半端に溶けたなら
そこだけ抽象的になっているかもしれない
もし誰かに踏み固められたなら
より強く、想いは凝縮するだろうか

窓の外を眺めながら
そんなことを思ったぼくは
思ってはみたものの
部屋の温もりを手放す勇気なんて
湧いてはこなかった
たまには雪まみれになったって
いいはずなのに
ほんの少しでもいい
わずかな隙間をみつけて
勇気が湧いて出たなら
ぼくは子供のように飛び出しただろうに
隙間なんてなかった
猫のように
丸くなっていたかった

想いが降り積もったような夜は
こんなにも
奇麗で 明るいのに




                       〔島 秀生:選〕





 あるフランス人女性の叫び


冬の朝陽はとても眩しくて
今日の夕日は
きっと綺麗に沈むんだろうなんて
思ったりもする
冬の一日の始まりを
わたしはとても愛している
生きている実感
それなのに

 わたしは 死にました
 どうやら死んでいるようです
 早朝のカフェテラスで
 吹かれる冬風を感じ
 温かなカフェオレを飲む
 このわたしは いったい誰なのでしょうか

たった一枚の紙切れ
他人に出された死亡届けで
わたしは わたしでなくなってしまった
存在自体が抹消されてしまった
わたしの吐息や
胸の鼓動さえも
ここに あるというのに
過去から続く足跡を
今も刻み続けているのに
わたしは わたしは
どこにもいない
ここにいるのに
わたしは どこにもいない

今 見えている太陽は
誰もが太陽だと言うだろう
今夜 のぼる月も
誰もが月だと言うだろう
存在と認識の一致
わたしが失ってしまったもの
誰が認めなくても自分は自分だ!
そんな言葉は生者だから言えるもの
死んだわたしが言うならば
それは
戯言にでもなるのだろうか

それでもわたしは
叫ばなければならない
たとえ冬の空に霧散するとしても
叫ばなければならない
わたしは今を
生きているのだから

何年声をからしても
わたしはわたしを取り戻す
このカフェオレの温もりのように
わたしはまだ
温かいのだから





                       〔雨  音:選〕











エストリン




 心の距離


心に宝石をくれる友がいる

心に花をくれる友がいる

心が晴ればかりではないもちろん
心に雨をもたらす人たちもいる

勉強だと思って
何が何でも
人間関係を大切にしたきたが

私の心に風雨をもたらす人たちとは
距離をとるべきだと気づいた

相手にも選ぶ権利はあるので
私にもその権利はあるので

全部大切にしていたら
体が倒れそうになった

大切にしていた友人にも迷惑をかけた
助けてもらった

切れない関係もあるが
上手に距離をとろう
と決めた





                       〔Kazu.:選〕





 私が選んだ家族


私には家族はいるが
一緒に暮らしてはいない

一緒に暮らすのが家族であり
孤独を癒してくれる存在
離れ離れに暮らすのが
家族にとってベストだとか
そんな悲しい現実
嫌だった

私は一人暮らしをしていて
唯一連絡をとれる家族父は
ほとんど連絡してこない

母は入院しているし
弟はどこに暮らしているかも知らない

一人暮らしを始める前
結構父の干渉を覚悟していたが
なかった

私は精神障碍者で
一人暮らしとはいえ
訪問看護が主治医の命令で入り
父は安心していたのかも

いきなり一人暮らしでもなく
グループホームで訓練している

父は私を経済的に支えてくれた
だが
孤独を癒す存在にはなり得なかった

父にそれを求めるのは
駄目だと
家に居る頃から
わかっていた

父は弟とは仲がよかった

健常者の父と弟
精神障碍者の母と私

お互いに
くっつき孤独を癒しあっていた

この家族には
もう健常者と障碍者という
壁があった

お互いは混じることなく
窮屈な内面の家族の世界だった

障碍が出ると
たまに出る健常者たちの暴力

障碍者たちは
家族で暮らしているのに
安眠できない日々を生きていた

父の母に対する暴力
見て育っているので
父に経済的に支えられながらも
精神的な支えは期待しては駄目だと
わかる

友人が支えだ

友人たちの交流で
何がふつうかとか
わからないなりに
私の家族が特異な家族だとか
わかってきた

友人は選べる
家族は選べない

ある言葉が嫌いだ

赤ちゃんは家族を選んで生まれてくるんだよ

私はこんな家族を選んで
生まれて来たのですか





                       〔青島江里:選〕