今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







あ さ ぎ  







 (あわい)


ついさっき脱いだTシャツは
ベッドの上
打ち捨てられたよう
(悪い意味ではなく)
身体という芯を失ったTシャツは
心なしくつろいで
安らいで見えた
それに嫉妬を覚える
(お気に入りなのに)

ベッドとTシャツの上にダイブする
けれど
私はくつろぎ方を知らないまま
私も捨てられればいいのだろうか

十秒の間
天井を見つめても答えは降ってこない
(久しぶりに天井を見た)
答えもないし音もない
目立ったシミすらない

まあ、そんなものか


そのままでいると
耳の鼓動(血流)に気づく
ズンズンと
迫ってくる

ふう。すぅ。と
溜息して深呼吸

ズンズンズン!と
数えて
立ち上がる
Tシャツを左手につかみ
洗面所へ
(たまに使うと左手は喜んでくれる)

Tシャツを洗濯機へ放り込み
スイッチを押す
軽快なメロディーと共に
洗濯機は動き出す
私の中の歯車も回り出す
現実にピントが合ってくる





                       〔齋藤純二:選〕





 ヒトリゴト


クロワッサン
さくっとして
ぽろぽろ落ちて
夜に食べるものじゃないね
泣きたくなる

カーテン
さえぎるの?
風に吹かれて
揺らめくのを見せられたら
もうだめ
反則
バカ
心の結び目ほどかれる

コーヒー
その中毒性
カフェインのせい?
ううん。ちがう
淹れるときの
香りと湯気
そして時間
白い湯気
滴る黒
空気が香る
つつまれて安定する
深く深く
自身の中へ潜る

ピアス
左耳に一つあけた
左手の中指でなでるたび
過去に立ちかえり
将来(さき)を見据えられる
方位磁針
私は大丈夫


身体と心のどこかが呼応する
きれい
そう思える
捨てたもんじゃないよ





                       〔沢口リリキ:選〕











と も り ん




 雨の理由


あなたがいない
そんな一年が過ぎた
一日たりとも
あなたを忘れた日はない
忘れなきゃ、忘れなきゃ───
そう思うほど、彷徨う魂
砂漠で蜃気楼に
目を輝かせるようだ
面影が浮かび、
消えて、
また、浮かぶ
この一年の私は、ずっと、そう

過去も現在も未来でさえも
私の全てはあなただ
あなた以上の人など
私には、きっと、いない

けれど、いま、解る。

一体、何を見ていたのか
間違っていた
自分が誰よりの理解者だと
あなたの苦しみを何一つ
解っていなかった
これが、愛と言えるか
おこがましい
よくも言えたものだ

戻りたい最高の五年間
捨て去りたい苦しみの一年間
───その一年は二年に三年になっていく

希望はあるだろうか
もはや私にとって何が希望か
それすら、分からない

ただ、今、詩を書いていること
それだけは確かな救いだ
詩集を読み、涙している
この瞳は、私のものなのだ
詩に心が震える
それは、私の心の水面に
ひとひらの花びらが落ちたから
美しい、美しい、
言の葉の花びらが

詩の神様は
許してくださるだろうか
この数ヶ月
ペンを持たなかった私を


梅雨の空
私は一人、それを見上げ
背の高いあなたが
視界にいないことを
再確認した

悲しみが雨で流れるのなら
そんな時季も好きになれるかしら

そう思うと
優しい雨の詩を書きたくなる

私には詩がある
神様が与えてくださった
たった一つの光が
胸の奥から少しずつ
輝きを放っていく

『もう、ペンを置くなよ───』
素敵な声で再生された台詞

あなたという人は
言葉で華美にできない、
最も表現が難しく、
書き甲斐がある、
「ありがとう」を忘れられない人───
それが私の中から消えない理由





                       〔島 秀生:選〕











み た こ




  朝


夢なのか
現実なのか
分からないまま夢を見て
スマホのアラームで
目を覚ます
夢だったんだと気づく朝

あなたはまだ小さくて
危ないから私が手をひいている
目に映るもの
すべてが新鮮なあなたは
その感動を私に知らせたくて
体全体を使って表現する
か細い声を上げて
一生懸命に

夢だったんだ
夢だったんだけれど
現実だったよね
そう遠くない昔

あなたがまだ小さかった頃の夢を
見てしまった今朝は
なんだか無性にあの頃のあなたに
会いたくて
会いたくて

そう思ってしまう自分を
少しだけ責めた
いま目の前にいる
しっかりと成長したあなたに
悟られないように
小さく呟く
ごめんね


夢は時に切なさをつれてくる
また喜びも運んできてくれる
予測不可能な私の朝が
明日も明後日も
きっと
朝を知らせるアラームと共に
やって来る





                       〔雨  音:選〕











タルコンティ




 殺戮者


 T.

その時彼女の視界は暗転した
巨大な男の影が被さった

逃れようの無いアスファルトという大地
振り下ろされる地獄の足

ささあ ドスン
ささあ ドスン

右に左に死に物狂いにかわす
かわされた怒りが生むエネルギー
隠れる隙間を遠く見つけた時だ

右脇腹に激痛が走り足がぶっ飛ぶ
大切に育んだ子供達だろうか
無念に流れ出す黄色いまとわりつく液体

もう時間は止まろうとしている
彼女は薄れる意識に祈りを込めた
「私の家族貴方子供達どうか幸せに」

静かな風が体を置いた彼女を送った



 U.

私は少し下がると視線を落とした
絶命したごきぶりが駐車場に横たわる
足のもげた黒い裸体を惨めに晒していた

間もなく咲く鉢植えに水を与える途中だった
靴底は生暖かさの後遺症に包まれた

アスファルトに伸びる私の汚れた影
太陽は何事も何処までも照らし続ける

何の変哲もないある日の夕方





                       〔島 秀生:選〕











Liszt




 鉄 橋


 わたしには父の記憶がない。わたしと妹がまだ幼い頃、戦地に赴いて二度と
帰って来なかったから。残された母は二人の子供を抱えて働き詰めに働いた。
ほとんど食うや食わずの生活で、思い出に浸ったり過去を嘆いたりする余裕さ
えなかったのだろう…父のことは何も話さなかった。だからわたしにとって父
という存在を思い描くよすがと言えば、昔も今も仏壇に飾られた遺影だけであ
る…軍服を着て兵卒用の帽子を被り、生真面目にカメラのレンズを見つめてい
る、セピア色の写真の中の父である。
 それでも、わたしが就職して母の手助けができるようになり、妹になんとか
高校を卒業させてやったときは、母もようやくほっと一安心できたのではなか
ろうか。その頃、珍しく買ってきた鉢植えの木に穏やかな表情で水をやり、か
いがいしく世話をしていたのを今でもよく覚えている。だが、長い間の無理が
たたったのであろう。それからいくらもしないうちに、母は病気がちになり床
に臥すことが多くなった。めっきり年老いて、眼にも生気が感じられない…。
 そんなある日の夕方、わたしより一足先に勤めから帰った妹が母の姿が見え
ないのに驚き、あちこち捜し回ったことがある。もう最近はめったに家の外に
出なかったので、行き先の見当はさっぱりつかなかったが、母が鉄道の廃線の
方に向かって歩いて行くのをたまたま見かけた人がいて、そのお蔭でようやく
本人を見つけ出すことができたのだった。
 母は、線路が川を渡る地点に架けられた鉄橋のたもとにいたそうである。そ
もそもこの路線は戦時中、軍が兵員と物資の輸送のために建設を進めたにもか
かわらず、戦況の悪化のために工事を中断したものだ。計画では、北の海に突
き出した半島の、南東に位置する軍港から西北の岬に向かって線路が横断する
はずだった。その一部がわたしたちの住む小さな町を横切っていたのである。
 ともあれ、そのとき母は線路の先をじっと見つめ、妹が慌てて駆け寄っても
振り向きもせず、ただ「安夫さん、安夫さん」と呟いていたという…心なしか
眼に光を蘇らせながら。やませが田畑を吹き渡り、夏にもかかわらず冷え冷え
とした夕闇が迫る中、鉄橋が茜色に染まった姿を川面に映す辺りを、一羽の鷺
がさかんに羽ばたいて、舞い上がり舞い降りしていたそうである。
 「父親がいないわたしたちに寂しい思いをさせまいと、父さんのことはいっ
さい話さないようにしていたのね。でも心の中では片時も忘れたことはなかっ
たのよ…だって、あんなに父さんの名前を繰り返して呼ぶんだもの…本当に父
さんはあの線路伝いに母さんに会いに来てくれたのかしら?もしかしたら、あ
の鷺が父さんの生まれ変わりかもしれない、きっとそうよ!そうでなかったら
母さんが不憫でならないわ」。母を家に連れ帰り、落ち着かせて寝ませた後、
こう言って妹は涙ぐんだ。
 それからしばらくして母は亡くなった。短い夏が巡ってくるたびに、あの日
のできごとを思い出す。もともと、わたしたちの住んでいる半島は、古くから
生者も死者も行き交う「境界の地」だった。亡くなった肉親、友人と出会うた
め、すぐ近くの霊場には毎年数多くの人々が訪れる。あのとき父と母が生死の
境を越えて再会したとしても不思議はない。
 ただ、たとえそうであっても、わたしには父の短い人生が、あの線路と重な
り合うように思えてならない。建設の途中で突然中断し、現実には列車も貨車
も一度も走らせたことがない線路…目的地に決して到達することがない線路…
それと同じ不条理に見舞われた若い兵士たちのことを悼み、重い沈黙にとらわ
れながら、遺影の父をまた見つめるのである。




                       〔齋藤純二:選〕











ピ ロ ッ ト




 睡 蓮


江戸時代の風情残る白壁の街
川沿いの柳は微風に揺れ
葉陰と木漏れ日溶け込む流れの中
大小の魚が悠然と泳いでゆく

柳並木の間 突如現れる白亜の殿堂
古今東西の美の饗宴を垣間見る

スポットライトを浴びる絵の前
冷気に引いてゆく汗を拭う
柔らかく優しい色調が目に優しい
睡蓮咲く穏やかな光景に
ほっと息をつく

天空の高みに咲くかのように
夢見るように淡く揺らめく
桃 紫 黄 小さな花

水面に塗り込められた
白 緑 青 紺 紫…
重ねられた色が伝える
光の煌めき 風のそよぎ 葉の揺らぎ
雲の動き 流れゆく時

どんな表情も見逃すまいと
大気と光と水の流れをなぞるかのように
筆は縦横無尽に走る
一瞬を切り取った画面の中には
永久の時が流れている

感じる
睡蓮の故郷 ジヴェルニーの光
緑と花と水の香り
心地よい風が吹いてくる

太鼓橋 浮世絵…
ジャポニスムを愛した画家が
最期までこだわり続けた睡蓮
ジャポンの伝統ある美術館で
偉大な画業の一端を観る
ジャポネーズの私

川面に枝垂れていた柳が頭をよぎる
一隅に睡蓮も浮かんでいた
ジャポニスムから教えられる ジャポンの美
異国の絵に滲む 日本的美意識
遥かジヴェルニーの太鼓橋にもたれ
今まで気づかなかった日本の美を
見つけたような心持ちがして
心にぽっと 小さな睡蓮の花 開いた

 *

東洋館に続く中庭
ジヴェルニーから贈られた
株分けされた画家の睡蓮が
可憐な花を咲かせていた
牡丹色と檸檬色
花びらは外側にゆくほど色淡くなり
繊細なグラデーションが美しい

生涯をかけて たゆまず描かれた
画家の愛した睡蓮
その子孫の睡蓮は
西洋美術 東洋美術 館をつなぐ中庭に
象徴としてのみならず
現実として咲く
画家の庭の太鼓橋のように
フランスと日本の間を
ゆるやかに渡す

水鏡に映る 夏の青空
雲を溶かして耀う水面
光の中 微笑む睡蓮

伝えられた二つの「睡蓮」
心のキャンバスに
私も 己の睡蓮を描き始める





                       〔三浦志郎:選〕





 唐招提寺小景


大仏開眼から七年
鑑真和上が聖武天皇の冥福を祈り
創建した唐招提寺

正面に見えてくる金堂
一瞬にして 天平の時に吸い込まれてゆく
ギリシア神殿を彷彿とさせる
エンタシスのどっしりとした円柱
鴟尾を掲げた雄壮な屋根が
甍の波も美しく
海の如き青い空を支えている

白檀の香漂う堂内
天平の遥か昔から変わらぬであろうゆかしい香が
仏たちを今日も取り巻いている
蓮弁一枚ごとに釈迦如来が描かれる台座の上
説法相を結ぶ盧遮那仏が
ゆったりと坐している
人の歴史と仏の世界を見つめ続けた
伏し目がちな威厳ある眼差し
瞳孔の奥に漂う威光
厳しく諭すように 私を見つめる

香煙を運ぶ薄紫の風が頬を掠める
眼閉じ 長い祈りを捧げる
言葉にならない 魂の願い

 *

いにしえの薫りを身に纏い
堂の外 向拝の下に佇む
天平の薄紫の冷たい風と
令和の乳白の生温い風が溶け合う狭間
堂を支える太い円柱にもたれ
昔日に生きた人間と大気と日光に
想いを馳せる

千年以上もの間
厳粛な伽藍は
参拝する人々の息吹を
明朗な心で吸い込んできた
夏の強い日射しの中
柱は今日もゆったりと呼吸している
時の流れを越えて
ほんのり温まった柱と呼吸を合わせながら
晴れ晴れとした気持ちで
南大門の彼方に広がる大空を見上げる

天平の甍が見上げ続けた空……

往時の人々も 仏前に参った後
様々な想いを胸に柱にもたれ
しばし こうして空を見上げていたにちがいない

叶う願い 叶わぬ願い あったろう
飢饉と疫病と……
抱える苦しみ 向き合う自分 切ない命の営みを思い
誰もが足元に目を落とし
そして 孤雲を見つめたことだろう

 *

階下に置かれた鉢の中
唐招提寺蓮が開き始めていた
鑑真和上が唐からもたらした唐招提寺蓮
泥に染まることなく咲く大輪の花
花弁の先端に留めた中紅色は 茎に近づく程に淡い
夏の光に花脈は透け
極楽浄土から吹き下ろす風になびき
天女の羽衣の如く
はんなりと儚げに揺れる

盧遮那仏が坐す千葉の蓮華には
一葉ごとに釈迦が在し
この釈迦のもと さらに百億の釈迦が存在するという

鑑真和上が伝えたこの蓮華にも
きっと 仏が居られるのだろう
茎を上ってゆく小さな蟻たち
彼らは 仏の化身なのかも知れない
私を取り巻く風 光 木…
蓮の花弁に居られる仏たちは
花弁を離れ
其処此処に彷徨っている

光明遍照 陽だまりに浮かぶ仏たち
蓮の中に蘇った 彼岸の人の愛しい面影
懐かしさに涙がこみ上げた

二度と会えない人たち
心の中に刻み込まれた思い出
過ぎゆく月日 流れる歴史 繰り返す命

潤んだ瞳に映る蟻
小さな小さな仏様は
ようやく薄紅の蓮華に辿り着く





                       〔三浦志郎:選〕











エ イ ジ




  鍵


夢の中で
僕は野原にいた
一面に広がる
クローバーや
シロツメクサの
生えた野原

その野原の中に
僕は一つの鍵を見つけた
銀色の鋼で出来た鍵で
取っ手の先に
一様でない
大きい凹凸や
細かい凹凸の
複雑なギザギザが
彫られていた
ここは一面の野っぱらだ
開けるドアなど
どこにもないはず

頭に
扉が開くイメージをもつと
「カチッ」と
鋭く 且つ鈍さもある
音が頭に響いた
夢の中では
誰にも聞いてないのに
鍵の開ける場所を
僕は分かっていたかのようだ

すると眼前に
子どもの頃に
離れ離れになった
友達や
亡くなったはずの
父、母、
今までに飼った
無数のペットが
次々と現れた
僕は彼らと
永遠に一緒にいたかった

と思ったと思うと
次の瞬間
夢から目覚めた
その鍵を力強く
右手に握りしめた
自分がひとり
いつもの部屋に
ポツンと寝ていた





                       〔齋藤純二:選〕





 街のスケッチ その2 喫煙所


駅前の喫煙所
色んな人が来る
駅前の喫煙所
大学生
コックさん
店員さん
サラリーマンの一群
初老の人
土木作業員
フリーター風
色んな人が来る
駅前の喫煙所

「タバコは生き様だ」
JTのポスターが目に入る
その中に僕も加わる
止めよう 止めなくては
と思うのだが
未だ止められない
今日も煙りで皆と繋がる
「タバコは生き様だ」
視線を移す度
何度でも目に入る

最後に僕は
水につけることで
タバコを殺めている
僕はそそくさと
その場を去る
何事もなかったかのように
群衆に溶けていく
画家に絵の具で
塗りつぶされたように
僕の姿は街の中へ





                       〔島 秀生:選〕





 石拾い


小学生の時
父と石拾いによく行った
場所は川だった
住まいである帝塚山の
北から流れてくる
三津屋川がお決まりのコース

川の石には種類がある
ごつごつした石や
水で削られた
つやのある丸い石や

父は大きめの
丸みのある石を拾って
持ってきた小さな斧で
割ってみせた
するとなかみには
貝のような型が押されていた

「巻貝の化石だ お前にやるよ」
と言って 父は
石を僕の胸元に
ふわりと投げた
僕は宝石を持ち帰るように
胸元に大事に抱えて
帰路についた

家の庭に咲いている
向日葵が
出迎えてくれたような
そんな気がした





                       〔青島江里:選〕











じじいじじい




 かき氷


祭りのお囃子
盆踊りの音
祭りを賑わす夜店の声

子供の頃から祭りの雰囲気が大好きだ
大人になった今も祭りにくると
盆踊りや夜店の雰囲気にのまれ
童心にかえりはしゃぎまわってる自分がいる

ただ一つだけかき氷をみると
祖母を思い出し涙を流してまう
私が小さい頃のこと
祖母に祭りの夜店で
私はかき氷を買ってもらった
私はイチゴ味をお願いしたが売り切れで
ミルク味を祖母は選んだ
祖母はごめんねと言いながら
私にミルク味を差し出した
私は「イチゴがいい!」と言って
祖母の手をはらった
かき氷が地面に落ちた
祖母は「イチゴ味なくてごめんね」と言って落ちたミルク味を拾った
祖母は悲しい顔していた
私は幼いながらその場にいづらくなり
「ばあばなんかきらい!」とひとこと
帰り道 祖母と2人の帰り道
私は一言も話をしなかったのを覚えている

翌日の夜 祖母は1人で出かけた
暫くして帰宅した
祖母の手にはキレイな赤色のイチゴ味の
かき氷があった
「少し溶けちゃってごめんね」と言いながら私にイチゴ味を差し出した
「ばあばごめんね」と泣きながら
ばあばに抱きついていた

この夏が祖母との最後の夏になった
今でもかき氷をみると
この祖母との夏を思い出す





                       〔島 秀生:選〕





 いつつのわ


はれてきれいな
あおいおそらに
ひこうきとんでる
5つのいろの
けむりがでてる

きれいだなあ
おそらにクレヨンで
おえかきしてるみたい
ひこうきが5つのおおきな
マルをかいた

オリンピックはでないけど
マルがキレイだから
パイロットさん
きんめだる




                       〔三浦志郎:選〕





 五輪と平和


灼熱の太陽と澄み渡る青空
平和とスポーツの祭典が開幕するに
相応しい空の世界

北からかすかな音と共に
5本の線が現れた
私は自宅のベランダから
5本の線を注視した
やがて音は爆音になり我が家の上を
通過した
線は楽譜の様に綺麗にまとまり
音符を描くことが出来るくらい
伸びていった

通り過ぎた時
5色の輪を描きはじめた
ゆっくりと大きく
大空のキャンパスに
平和のシンボル
オリンピック五輪の輪が完成

世界中が輪の様につながり
一つの絆で繋がる事を
心から願う




                       〔三浦志郎:選〕





 個 性


似たり寄ったりのスーツで
電車に乗り会社という閉鎖社会に
身を守られて毎日を送っている

休日は流行りのヘアースタイルと
ブランドの服に身を包み
仲間?という集団に身をおいて過ごす

東に美味しい店があると知ると東へ
西に流行りの催しがあると知ると西へ
メディアに流され社会の時流にのっている感覚に満足する毎日
他と異なる物事や色を選ぶと
拒否反応をされてしまう社会

私は思う
私はロボットではない
今時はAI知能を持つロボットもいる
そんな中で個性を隠しての生活に
身を委ねる毎日
それが本当の人生だろうか?
個性を隠す事が集団社会?
最近そんな思いをよくする様になった
もっと自分を表に出す事も
人生だと思う





                       〔三浦志郎:選〕











ま る ま る




 考えるのは掃除機のあとで


歴史に名前を遺すことが
生きる意味と 決めてきた

身の丈より大きな夢を持ち
命捧ぐ気で追い求め
いつか必ず手に入れる
私はできると思ってた

大きな大きな夢があるから
私は偉大な人物であり
日常のことが二の次は自明

何十年もそう過ごし
大人と言われる年齢になった

偉大な自分の扉を開けると
夢見る余裕が なくなっていた
見た目も際立つものなどない
お隣の人と 変わらなかった

朝起きてご飯を作って家族を起こす
送り出したら洗濯掃除
息つく間もなくそれから出勤

多くの人と同じ毎日
これは私のすべてじゃないのに
私は選ばれた人なのに

物足りないまま過ごしていたら
見つかった
皆と同じではないところ

一段高いステージに居ると
疑わなかった私の個性は

料理や掃除が上手くできない

どこのお母さんも難なくこなす
普通のことが私にはできない
隠れて目立たずこっそりとさえも
誇りを持つことができなかった

私は偉大な人だったから
日常のことを二の次にした
片手間に済ませていた事だから
上達なんてするはずなかった
偉大な選ばれた私のせいで
毎日を丁寧に 過ごせなかった

思い込みの自分に洗脳されて
出来上がった私は「ガワ」だけだった
偉大さなんてどこにもない
自分が見えなくなっていた

私自身と向き合って
スタート地点に戻らなければ
これまでずっと ないがしろにした
自分の仕事をやりきらなければ
それは大きな夢ではないけど
私には 目指すべきことだった

ご飯作りやあと片付けに
真正面から取り組んでみると
物足りなさと入れ替わりに
遠くから喜びが やって来た
片手間じゃなく目標に置いたら
昨日も今日も ゴールまで来られた

そんな暮らしが 三日目になる
やりたいことがやるべきこと
いつまで続くかわからないけど
たどり着いたここは 気に入った

自分自身を生きているから
私はここに居る 意味がある
到底名前は遺せないけど
不思議なことに ゆとりが生まれた
負け惜しみかもしれないけれど
幸せな気持ちが込み上げてきた

しち面倒くさいこと考えてたから
ここまでずいぶん遠回り
どちらが良いのか答えも欲しい

でも今大事なことはそこじゃない
一分も無駄にできない朝の時間
考えるのは 掃除機のあとで





                       〔三浦志郎:選〕











山 雀 詩 人




 星月夜


電子たばこは吸わない
だっていつか無人島に行くから
そのとき困るでしょ
だから今も紙たばこを吸う

エレキギターは弾かない
だっていつか無人島に行くから
そのとき困るでしょ
だからいつもアコースティックギターを弾く

目覚まし時計は使わない
だっていつか無人島に住むから
そのときにはもう要らないでしょ
だから毎日好きな時間に起きる

いつか行く気がする
無人島に
いつか来る気がする
起きたらそこは無人島だったという朝が

そうなったらおもしろい
まずは自分でギターを作ろう
木をくりぬいて弦を張り
海を見ながらポロポロ弾こう

夕暮れには詩を作ろう
詩を口ずさみつつたばこを吸えば
煙は目にしみ心にしみて
やがて涙に変わるだろう

朝陽で起きて
夕陽で眠る
でも星月夜には
夜ふかししよう

ほうき星にまたがって
星をくまなくめぐるんだ
もしかしたら彼女にも
ひさしぶりに会えるだろうか

名前もない
住所もない
携帯も
言わずもがな、恋愛も

いつか行く
そんな無人島に
いつか来る
そんな日が

いや、もうすでに来ている?

星月夜
誰もいない部屋
詩を口ずさみつつたばこを吸えば
煙がやけに目にしみる…





                       〔島 秀生:選〕





 あかさたなはま、や


出かけるときのおまじない

あ、iPhone(スマホ)
か、カギ
さ、財布
た、たばこ
な、内服薬
は、ハンカチ

これで基本的な忘れ物はない

出かけるたびに玄関で

「あ、か、さ、た、な、は
 いかん、は、ハンカチがない」

ひとりでぶつぶつつぶやいている

昨年、ま、が加わった

ま、マスク

これがないとどこにも行けない

目に見えない敵を相手に
人はみな表情なくし
互いを疑い
互いを避ける

こんな時代が来ようとは
まるで悪い夢のよう

それでもやっぱり朝は来る

「あ、か、さ、た、な、は、ま、オッケー
 いってきまーす」

外は夏
陽射しはもう真昼のようだ

となりの家におじさんがいた

「おはようございます」
「おはよう、いってらっしゃい」
「また花をありがとうございました」
「いやあ、ゴメンね、いつも勝手に」

うちの玄関
ときどき植木鉢が入れ替わる

おじさんが自宅のものを
おすそ分けしてくれるのだ

今朝も水やりのときに驚いた

枯れてしまった花の鉢が
ひまわりになっていた

その黄色の鮮やかさ
心がパッと明るくなった

こんな時代だからこそ
なくしたくないものがある

あ、か、さ、た、な、は、ま

そうだ
もう一文字加えておこう

や、優しさ




                       〔雨  音:選〕











埼玉のさっちゃん




 都会の空


白く輝く月と
オレンジ色の朝陽が
交差する場所で
空が
一日の始まりを教えてくれる
やる気と憂鬱とが
私の身体を支配して
せわしない
やる事は沢山あるのに
気持ちが追いつかない
都会の空気に
慣れてしまったのか
それとも
ごまかしながら
生きているのか
自分でも分からない
でも
どうやって行きたいのかは
明らかに見えているのに
行く手を
遮るものに邪魔されて
身動きをとれないでいる
もがき
苦しみながらも
目の前の小さな幸せに
やすらぎを覚える
そう
私に大切なのは
目の前にある
小さな幸せなのだ
気づかせてくれた
貴方の優しさに
胸一杯になる
自然と溢れ落ちる涙を拭い
貴方と手を取り合い
これからも歩いて行く
決意に似た感情が
私の中で
ふつふつと湧いてくる
大きくなくていい
小さくても
大事に育んでいこう
そう感じながら
また日常への
一歩をふみだしてゆく





                       〔三浦志郎:選〕











藤 代  望




 からふる


ほんとうのばしょにあるこころは
ことばにしないまま
まもっていたこころです

こころのいろを
しろうとすると
ことばがこびてくるのです
それはさけないといけません
まだほんとうのばしょにはいないから

なるべく
いろあせないように
ことばにしないまま
せいじつに
ただせいじつに
まもっておくべきものがあるのです

おおきなおおきなふでをつかって
ひとのこころを
えのぐのようないろで
ぬりつぶすのを
たくさんみました
たくさんしました

かいしゃ
がっこう
てれび
いろんないろが
とびちっています

こころのいろは
からふる

まだ
ことばはたりない

まもらなければ
まもらなければ





                       〔三浦志郎:選〕





 正しさ


紙飛行機が飛んでいました
深くて長い
夕陽の輝きを透かして
一直線に
太陽の沈む方へと
飛んでいました

紙飛行機は大気を纏い
その身には広すぎる
限界のない空を
悠々と飛んでいる

踏みしめるという表現の似合わない
このアスファルトの大地を
ずうっと行った先に
海がある
地平線の向こうに
太陽が落ちていく

紙飛行機は
海を渡り
青を裂いて
花を尻目に
太陽を追いかける
太陽を追いかける

もう向こうまで行ってしまった

かんかんかんかん
けたたましく
追走の終わりを告げる
遮断機が降り始める

微かに潮の匂いがした
軋んで錆びた街に
壁に引っかかったり
窓ガラスを震わせながら
潮風が抜けていった

ふと心配になる
紙飛行機はどうなったのか
まだ飛んでいるのか
潮風に飛ばされないか

たとんたとんと
列車が行き過ぎた
焦燥の音が止まる
遮断機が上がる

夕陽に写る
確かな影

飛んでいた
紙飛行機は飛んでいました

紙飛行機は飛んでいました!





                       〔井嶋りゅう:選〕





 風鈴の過程


電車の窓を
ずっと見ている
大きい窓だ
ギラギラと
半永久的な川の上
向かいに夕陽が写る

夏の夕陽
風が走っていく雑草
川縁

電車の中は涼しい
外よりもずっと
そうすると景色が
動画を見ているようになってしまう
それは多分
あっちが暑くて
こっちが涼しいから

窓の外が
スマホの画面と
変わらなくなる錯覚が起こる
それを感じてから
スマホをポケットに入れた

たまたま乗り合わせた人々の
疲れた表情
スワイプする指
まったく同じリズム
宙に舞う文字
狂おしい眼

この線路の
いちばん綺麗な
川と夕陽の
憧憬を呼び起こす
あの景色が
過ぎ去ってしまった

女子高生が置いている
ペットボトル飲料
結露している
そんなことは無いのに
ペットボトルの中から
プラスチックの壁を
すり抜けて濾過されたのだと
何故かそう思った

それから電車を降りた
まったく違う大気へ
侵入していく時の
酔いのような変化
湿気に服を濡らされる

自転車にまたがり
踏切の前に立ち止まった
風が走っていく雑草
田んぼが陽を受けて
郷愁の匂いをさせている
さっきの川もここから見える
風が全身にまとわりつく、汗ばむ

向こうから
永久的な夕陽

ポケットに手を入れかけて
すぐにやめた

ペダルに足をかけて
踏み込む
坂道をくだるときの風が
おでこに張り付いた前髪をまきあげた

良い涼しさだった





                       〔三浦志郎:選〕











るり なつよ




 秘密主義の心室


ジョハリが描いた
こころにまつわる窓

まるで
心臓を仕切る
四つの部屋のよう

右心房には
みんなもわたしも知っている
開放されたわたしが

右心室には
わたししか知らない
秘密のわたしが

左心房には
みんなが知っていてわたしだけが知らない
わたしには見えないわたしが

左心室には
みんなもわたしも知らない
影のようなわたしが

(どっくんどっくん)

それぞれ佇んでいる

それにしても
平均寿命の半分程度まで鼓動してきた
この心臓
なんだか
右心房がやけに狭く
右心室がやけに広くないだろうか

もっとも
左側の広さを測る術を
持ち合わせていないので
全体の比重については
氷山の一角に過ぎぬ右側の
預かり知る所ではないのだけれど

とにかく
なんだか
すきま風が吹くように
ざわめく右心室

蘇るのは
人生の日の出
**の頃

喉元で
幾多の透明な文字たちが
生み出され
文字は
台詞という塊に
形を変えた

(どっくんどっくん)

けれど
喧騒にかき消され
それらは
音声として
外界に届くことは
なかった

そこに端を発し
右心室へと蓄積されてゆく
秘めた言葉たち

いつしか
この心臓の持ち主は
秘密主義者となった

古い秘密は
やがて
秘密であったことすら忘れ去られ
影の中に溶け込んでゆく

日の出から正午にかけて
押しやられていた影

それがここに来て
光との対峙を要求し始める

出番を伺う
黒い影
(まだ 生きていない わたしが いる)

提示される
統合への道

(どっくんどっくん)

やがて
光と影の持ち主は決意した

影から生まれ出るもの
その大半は
交換可能な
砂利のようなものかもしれず
人知れず
墓場まで持っていく事も
できるのだけれど

もしも
その中に
微量なりとも
金剛石が潜んでいるのなら

午前の間はずっと秘密にしていた
その姿を

ここに
明かそうではないか!

そして
午後という名の
旅路に足を踏み入れる

広がりつつある開放の窓に
金剛石の輝きを探しながら


 *ジョハリが描いたこころにまつわる窓
 アメリカの心理学者ジョセフとハリーが提唱した「対人関係における気づきのグラフモデル」を後に
 「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。
 自己の領域を四つに分け、それを障子の格子のように図解し、左上に「公開されている自己」、左下
 に「隠されている自己」、右上に「自分は知らないが他人は知っている自己」、右下に「誰にも知られて
 いない自己」を配置している。(本詩では正面から見た心臓の心房・心室の位置に四つの領域を対応
 させているため、左右の表現が逆になっています)

 **人生の日の出
 スイスの精神科医・心理学者のC.G.ユングが提唱した「人生の正午」と呼ばれる考え方に基づく。
 ユングは、人生を一日の太陽の運行になぞらえて考え、40〜50歳頃を正午として、人生を4つの時期
 (少年、成人前期、中年、老人)に分けて定義している。





                       〔齋藤純二:選〕





 智の探究者へ捧げる挽歌


十五年ほど前
よく晴れた暑い日のこと

始業間際に届いた
一通の携帯メール

それは
貴女の旅立ちを
告げるものだった

澄み渡る夏空に舞う
渡り鳥

窓から一人
天を仰いだ金曜日

貴女は
どこへ行ったのだろう……



貴女との出会いは
高校一年の頃

新学期
談笑で賑わう教室

貴女は
一人
背中を丸め
分厚い眼鏡を掛け
本とにらめっこしていた

白い天井に記された不文律

学校は毎日通うもの
先生は神様

女子は
教室内の
どこかのグループに
属さなければ
自分を守れない

私がやっと作った
二人グループは
沈黙に息が詰まりがち
そして
片方が休んだ時には
一人グループになってしまう

一学期半ば
二人グループの心許なさ
それを補うかのように
私は貴女に声を掛け
三人グループで
行動を共にするようになった

貴女は
眼鏡の奥で
小さく微笑んだ

翌年
一年ごとになされる
無機質なクラス替えにより
貴女とは
三つの箱を隔てる事に

二年と三年も
私は辛うじて二人グループ

そして
貴女は
残りの二年を
一人グループとして
過ごす道を選んだ

上から迫る天井に
決して屈する事なく……

その後
貴女より一足先に大学に入学し
万葉集にまつわる
修士論文の作成を終え
教壇に立った私に
貴女は言っていた
「貴女はいつも私の先を行く」と

じわじわと緩みだす
箱を囲んでいた箍

一方の貴女は

浪人生活
詰め込み気味の学部生活
卒業後の休養

モラトリアムの時を経て
道筋を整え

二十六歳の春
東洋史の看板を掲げつつ
この世界の謎を解き明かすべく
文理の境界を行き来するような
疑問符を携え
ミッション系の大学院の
学生となった

そして
先学への追従に
終始した私とは異なり
荒れ地の開拓という
使命を担うことになる

キャンパスに吹く心地よい風
波長が引き合うままに
仲間を増やし
その瞳は
眼鏡の奥で
輝きを増していった

その歓喜ゆえか

箍はそっと外れ

ぶわーっと
吹き出す言葉たち

美術に
占い
クッキング
多趣味な貴女のための
独演会のようだった
院生室のティータイム

パイオニアとしての
自覚ゆえだろうか

相手が教授であろうと
ドクターの先輩であろうと
見上げるような視線を送る事はなく
肩を並べて交わした
論戦の時間

智の探求に
ピラミッドは存在しない

貴女の周りには
凛とした空気が漂っていた

その一方
自分の研究は
見知らぬ誰かに託そうと
徒弟制を退け
修論と並行して
教壇に立つための
準備を進めていた貴女

そんな貴女に突如訪れた
数年前に患った病の再発

意地悪く上昇する
マーカーの数値

数値を上昇せしめるものの在処を
隈無く探す努力も虚しく
それは
一時 巧みに
行方を眩ませたかと思いきや
時を経て分裂し
全身に散らばっていった

誕生月を迎えた
修士一年の冬

「二十八歳は迎えられないかもしれない」と
電話越しに告げた貴女の声

その声の渦に巻き込まれ
私の中で
瞬時に遠退いた
日常的な相談事

その後の貴女は
行きつ戻りつしながら
五つの階段
*1 を上っていった

文献を読み進める足どりが鈍っても
活字を希求する姿勢は衰えず
アガサ・クリスティが読みたいと
病床の供に文庫本をリクエスト

貴女は
空間を共有するのが
やっとな私に
さりげなく
役割を与えてくれた

一時帰宅が叶い
恋人と時を共にした翌日
ウェディングドレスの夢を見たと
語っていた貴女

足が折れ
自力歩行が
叶わなくなっても
車椅子で
教壇に立つ計画を
立てていた貴女

その一方
携帯のアドレス帳から
次々と削除していく
今世では もう
縁がないであろう者たちのデータ

決まって日の出までの時を数えた
病床を訪れた日の夜

不意討ちのように縮められた
未来への道

終わりへと向かう道でもある
未来への道
それは
貴女も 私も 誰しも
変わらぬはずなのに……

引き寄せられるように
近づき 触れた
細く 熱を帯びた肩

もう言葉は要らなかった
否 役に立たなかった

その三日後
あなたは
一人旅立った

教会に足しげく通い
祈りを捧げていた貴女は
家族の意向により
友人葬
*2 にて葬られた

小さな箱の中に佇む貴女

そっと触れたその頬の
雪像のような冷ややかさに
小さな驚きの声を上げた私は
その魂の旅立ちを確信した



洋の東西で
入口や道のりを
表す言葉は異なれど
向かう先は
きっと同じ

貴女が辿り着いた場所

それはきっと
後にyogaの道に進んだ
この語り手の言葉で言うところの

samadhih *3

私の遥か先を歩んだのは
貴女の方だった

天翔る魂
真の探求者よ

貴女は
次の生を受けても
きっと
探究の道に
勤しむことだろう


 *1.五つの階段
 アメリカの精神科医エリザベス・キューブラー=ロスが提唱した、死を受容するに至るまでの五つの
 プロセスに基づく。
 @自分が死ぬということは嘘ではないのかと疑う段階である否認・隔離、Aなぜ自分が死ななければ
 ならないのかという怒りを周囲に向ける段階、B何とか死なずに済むように取引をしようと試みる段階。
 何かにすがろうという心理状態、C何もできなくなる抑うつの段階、D最終的に自分が死に行くことを
 受容するというプロセスを経る。

 *2.友人葬
 創価学会で行われる葬儀の形態。遺族と友人が集いあい、法華経の方便品と寿量品の自我偈を読
 み、南無妙法蓮華経の題目を唱えて「まごころ」からの追善供養を行う。

 *3.samadhih(サマーディ)
 ヨガの根本思想である「八支則」における最終段階。解脱や悟りとも言われ、瞑想が深まり、集中の対
 象との一体感を感じている状態。
 「八支則」は@日常生活において、他人や物に対して慎むべき心得であるマヤ、A日常生活において
 己に対して守るべき心得でるニヤマ、Bヨガのポーズであるアーサナ、C呼吸と体・心を繋げることに意
 識を向けるプラーナヤーマ、D感覚への意識を深め、コントロールするプラーティヤハーラ、E意識を
 特定の対象物に長時間向け、心を集中させる状態であるダーラナー、F瞑想状態であるディヤーナ、
 Gサマーディの八段階から成る。





                       〔三浦志郎:選〕











suke




 新 雨


その雨は雲を映して
私たちを見下ろしながら
ゆっくりと落ちて来る

微かに熱を帯びた頬を
渇いたアスファルトを
好きになれなかった街を
包み込む様に濡らして

「雲に触りたかったんだ」と
あなたは恥ずかしそうに言った
これから先に訪れる沢山の
問題などどこにも無いみたいに

それを初めて聞いたのに
手に取るように分かった
自転車を漕いでいる時の足を
意識出来ないみたいに

その時に言いたかったのは
適当な相槌なんかではなくて
今が二度と来ないという事を
分かった後の私の言葉だ
表情を変え 頭を沢山使って
それでいて真っ新で力の抜けた

雨の日の鈍色の雲を見て
場違いな程の冷たさに触れて
濡れたアスファルトの匂いで
言いたかった言葉を思い出す

その雨が映すのは全て
一度目の景色と知りながら





                       〔島 秀生:選〕











妻咲 邦香




 数日遅れで花は咲いた


壁に掛けた絵が傾いて
棚から雑誌が滑って落ちた
花瓶が床で砕けて散った
みんな急いで外に出た

電線が揺れていた
千切れるほどに揺れていた
笑ってる人もいた

隣の建物で大きな音がした
咄嗟に思い浮かべたのは誰だったろう?
電話は繋がらなかった

本当のことなんて誰にもわからない
だからいつも誰かのせいにする
幸せだった時間さえも
その瞬間から不幸と呼ばれる
黒い波に流される車
運転席には人の姿
今夜寝る場所はないだろう
暗がりを歩く人の列は楽しそうで
遠くの出来事は知る由もなかった

画面の光が映し出す
白い煙は一瞬だった
目に見えないものは怖くなかった
人はどうして花を欲しがるのだろう?
やっと繋がった電話の向こう
君は大きな声で笑っていた
海を見に行った人たちは
とうとう帰って来なかった

たまたま選んだ道が
世界を二つに分けた
床に染み込んだウイスキーの匂い
怪我をした人は一人もいなかった

電線

いつまで

揺れてい





                       〔青島江里:選〕











高山 京子




 ささやかな旅情


遠い真夏の港町
一軒の古本屋
私は旅の記念に
文庫本を一冊買った

そのなかには
折り畳まれて黄ばんだ便箋が挟まっていて
万年筆の拙い字で
詩のようなものが書きつけてあった

“愛しい人よ
今夜は何をしていますか
遠くで汽笛が鳴っています
寒い夜です”

決して上手くもないその詩は
詩とも呼べないようなものだったが
不思議と私の心に響いた
蝉時雨のなかの真冬の汽笛

これを書いたのは高校生だろうか
恋人に向けて書いたのか
それとも片想いの相手か
受験勉強の最中にでも書いたのか

今にも崩れそうな便箋の切れ端からは
かすかな潮の香りがした
真冬の汽笛の鳴る音が
聞こえたような気もした

私はそれを文庫本ごと
ポケットに閉じ込めた
壊れないように
二人だけの秘密を守るために





                       〔三浦志郎:選〕





 夜が明ける頃


眠れない夜
そろそろ外は白んできて
私はいつものように
ベランダに出て
夜が明けるのを待っている
少しの罪悪感を慰めるように
優しい風が頬を撫でる

新聞配達なのかバイクの音
すずめの鳴き声
青みを増してくる空
流れゆく雲
夜明けはゆっくりと進行する

こんな時間はみんなちょっとした詩人になる
これまでの生について考え
私という存在について考え
やがては訪れる
死について考える

さて
今朝は何を食べよう
洗濯もしなければ
きょうは燃えるごみの日だ

私は何事もなかったかのように
部屋に戻る
いつの日か
この時間帯の空を
永遠に形に残したいと願いながら

夜が明ける頃の
彼岸と此岸を行き来するひとときは
私の心に降り積もっている
静かに
そして着実に





                       〔雨  音:選〕





 真昼の公園


晴れた日は
面白くもない仕事場を抜け出して
港の見える丘の公園で
お昼ごはんを食べる

きょうはハムカツサンド
コーヒーはブラック
ベンチに座って
モサモサしたパンを頬張る

隣のベンチに座っていた老婦人が
海の方を指さした
「ほら、大きいのが通りますよ」
見るとたしかに大きなタンカーだった

「ほんとだ、大きいですね」
「ねえ、そうでしょう」
私たちはしばらくのあいだ
黙って海を見つめていた

真昼の公園は他に人影がなかった
不思議な時間が流れていた
一瞬のような
永遠のような

しばらくすると老婦人は
お辞儀をして去って行った
私もお辞儀をすると
残りのサンドウィッチを口に放り込んだ

毎日を何となくやり過ごしていると
こういう不思議な時間に遭遇することはない
誰もいなくなった真昼の公園
そもそも老婦人は本当に存在していたのだろうか

なぜって
もう一度海を見たら
あの大きなタンカーは
いつの間にか幻のように消えていたから

もしかすると
あれは本当は
くじらだったのかもしれないな

そんなことを思ってもおかしくないように
真昼の公園には
ゆらゆらと陽炎が
立ちのぼっていた





                       〔三浦志郎:選〕











おおたにあかり




 なつのおもいで


なつにしかあわない
いとこと
ゆかたをきて
はなびたいかい
おまつりだ

わたしは
だれかのおさがりで
きょねんといっしょ
いとこはしんぴん
ぴんくで
とてもかわいくて
みんながほめる

わたしのほうが
にあうはず
いなかのこのわたしは
ひにやけていろぐろだけど
たぶん いとこよりも
かおはかわいいから
けれどそんなこと
いっちゃだめ

いとこがはなびを
「とびちっていく
おたまじゃくしみたい」
ってゆびさす
おとなたちは
さすがだねと
あたまをなでる
ぜんぶぜんぶ
なつだけだからと
いいきかし
とけて べたべたな
かきごおりのついたても
きもちわるくても
ぎゅっとにぎって
がまんする

てがみかいてねと
いとこがくれた
きらきらのしーるも
おてがみせっとも
きどってみえる
「いなかにはないでしょ」
っていわれてるみたいで
こころが
がさがさ
けどやっぱりわらう

おもいでのなつのしゃしん
みんなにみせるんだ
そしたら
がっこうの
ともだちのみんな
「いとことにてないね」
っていうはずだ

「なつだけだからね」
とまたわらおう
おもいっきりはをみせて





                       〔三浦志郎:選〕





 息子よ。


あなたのセーターの
左の手首の袖口から
糸が1本
ひょろりと垂れていた

そんなことより
寝癖の前髪を
撫で付けることに
必死で
ちっとも気づかずに

ひょろりの糸は
動きに合わせて
虫のように
動いている

出かける直前でも
やっぱり前髪ばかり
整えるから
おかしくなって
笑いだしてしまいそう

わたしが去年
買ったもので
それはもう
小さくなりかけている
来年には着られない
あなたのセーター
あなたは
わたしが14年前に産んだ
左利きの男の子

ひょろりの糸は
ダンスしてるみたいに
激しく揺れて
わたしのお腹はくすぐったい

セーターからひょろり
出た糸を付けたまま
出ていく子を送り出す
そのうち気づいて
すぐに捨てられてしまうから

今よ今だけよ
好きなだけそばにいて
まるで自分に言うように
ひょろりの糸にも
「いってらっしゃい」
と手を振る





                       〔三浦志郎:選〕











晶  子




 おろし器


夏の揚げ出し豆腐は
ネギと大根おろしでさっぱりと食べたいじゃない
おろし器を洗う私の後ろで
自分の子供の頃の話をする貴方
あぁ、それだめなのよね
もう貴方の昔話も私の突起

洗うの怖くて嫌いだわ
軽く濯げばって貴方は言うけど
汚れが残るじゃない

知ってるかな
大根おろしって冷凍保存できるのよ
揚げ出しだけで飽き足らず
ご飯の上にものせて
私のおろした二分の一の大根
ほとんど一人で食べちゃったよね

いっぱい突起があるのよ
娘の学費とか
家族の健康とか
将来の不安や
あと過去との決別とか
貴方がいない夜の背中からくるゾワゾワっとした感じとか

ほら
嬉しそうに私の後ろで自分の話ばかりするから貴方
私のおろし器でちょっと擦っちゃったじゃない

なんでこんなにトゲトゲしてるのかしらね
貴方の何を擦りおろしたいのかしらね
貴方もなんで擦られたのか分からずキョトンとしてるけど

擦りおろしたら私のことが大切だって汁が出てくるのかしらね





                       〔三浦志郎:選〕











荻 座 利 守




 雨水の行方


あなたはあの雨の貌を
まだ憶えているでしょうか

低い空で削り出された
曇天の切り屑

地に重なる同心円の
刹那に消え去る網目模様

 貌なきが如き貌は
  まるであなたの想望のよう

あなたはあの雨の声を
まだ憶えているでしょうか

何か望ましいものが
訪れる予感を誘う音色

何か思い詰めながら
独り立ち去ってゆく足音

 静まりゆく雨音のように
  あなたは旅立ちましたね

─水のように美しく生きられたなら─

そう書いたあなたの望みが
もし叶えられているならば

夏に稔る西瓜にも
丘に咲くグラジオラスにも
一杯の緑茶にも
南海を泳ぐ鯨にも
そして
百円ショップのレシートにすら
今でもあなたの眼差しは
巡りゆく雨水の如く
注がれていることでしょう

あなたはあの雨の匂いを
まだ憶えているでしょうか

陽に焼かれ風に吹かれて
擦り切れた微細な粒子の囁き

暗い土の中に数多棲み着く
微小なる命の証

その匂いが漂うたび
わたしの胸の裡で
遠いあなたの
叶えられた望みが

 片栗や鈴蘭の如く
  俯きながら密やかに

花開いてゆくのを
感じるのです





                       〔三浦志郎:選〕











水無川 渉




 夕焼け


夕暮れ時のスーパーに
母娘と思しき二人連れ
疲れた若い母親は
苛立った調子で
幼いわが子を怒鳴りつけていた

その子がどんな過ちを犯して
母の怒りを買ったのか
ぼくには分からなかった
おそらくその子にも
もしかしたら母親自身にさえ
分かっていなかったのかもしれない

娘はただ怯えて泣き続け
母親はますますヒステリックになり
わが子に投げつけることばは
通常の叱責の域を超えて
純粋な悪罵となっていった

その怒りは瘴気のように立ち込め
母娘の周りに
近寄りがたい結界をめぐらしていた

周囲の買物客も
ある者は眉を顰め
ある者は無関心を装い
ある者は気の毒そうに見やっていたが
敢えて声をかけようとする者は
一人もいなかった

ぼくも少し離れたところで
なすすべもなく立ち尽くしていた

こんな光景を前にして
心穏やかではいられない
かといって
声をかけることも
その場を立ち去ることもできない

ぼくはただ
金縛りにあったように身体をこわばらせ
棚に並ぶ缶詰を眺めるふりをしながら
おのれの不甲斐なさを責めつつも
ただ早くその場が収まることを願っていた

すると
母の罵声と子の泣き声に混じって
もう一つの音が聞こえてきた
それは蜂の羽音を思わせる
ぶうううん
という音だった

驚いて辺りを見回したが
店内には蜂などいない
周囲の客たちも
異音に気づいている様子はない
これは幻聴なのだろうか

だが低く唸るような羽音は
執拗に聴神経を苛み
ぼくを恐ろしい夢想に引き入れていった



大人が発する
心ないひとことが
蜂のように子どもを刺す
針の毒がひりつく痛みを生み
涙を溢れさせる
だがそれは始まりに過ぎない

毒虫は子どもの耳から潜り込み
その奥に小さな卵を生みつける
卵は体内を巡って腹に達する
そこでことばの卵は孵化し
苦く酸を含んだ感情が生まれる
それは寄生蜂の幼虫のように
宿主の人格を食い尽くしながら
成長していく

幼い時から聴き続けた
脅しのことば
裏切りのことば
軽蔑のことば
拒絶のことば
憎悪のことば

それらが孵化すると
恐れが生まれ
怒りが生まれ
悲しみが生まれ
孤独が生まれ
絶望が生まれる

千のことばは
千の蛆となる
小さな白い幼虫は
子どもの神経を喰み
心臓に群がり
脳内に蠢く

感情の寄生虫がどこまで増殖するのか
人間の殻の中に
どんな怪物が育っていくのか
親も知らない
医者も学校の教師も知らない

やがて成長した子どもの口から
羽化した成虫が顔を出し
毒蜂の群れは羽音たかく
次の犠牲者をめがけて
飛び出していく……



ふと我にかえると
不気味な音はいつの間にか止み
母娘もどこかにいなくなっていた

ぼくは悪夢から覚めたかのように
額の脂汗を拭いながら
レジに向かった

精算を済ませて外に出ると
空にはみごとな夕焼けが広がっていた
沈みゆく太陽は
黄金(きん)や朱の絵具を惜しげもなく流して
西の空とたなびく雲を染め上げている

だがぼくはまだあの母娘の姿を
脳裏から消し去ることができずにいた

世界はこんなに美しいのに
人はなぜ
こんなにも哀しいのだろうか

あの子はこれから
どんな人生を歩んでいくのだろう
どんな大人に
どんな母親になって
どんな子を育てていくのだろう

あの母親もまた
幾多の世代を超えて
受け継がれてきた
負の連鎖の犠牲者なのだろうか
その鎖を断ち切るために
何ができただろうか
赤の他人のこのぼくに

ことばが人を殺すだけでなく
人を生かすこともできることを
どうしたら伝えることができるだろうか
どうしたら信じることができるだろうか

答えを求めて空を見上げても
そこにはただ
息を呑むように美しい
夕焼けが広がるばかりだった



買物袋を下げたまま
店の前に立ち尽くしていると
背後から聞き覚えのある声がした
思わず振り向くと
あの母娘が出てきたところだった
母親はもう娘を叱ってはいなかったが
不機嫌な表情は相変わらずで
子どもはまだ目を真っ赤に泣き腫らしている

彼女らが横をすり抜けようとしたとき
ぼくは思わず声をかけた

「夕焼けがきれいですね」

二人は驚いたように立ち止まってぼくを見た
母親は怪訝な表情を浮かべ
空にちらりと目をやったが
すぐ地面に視線を落とすと
娘の手をぐいと引き
無言のまま歩み去った
しかし娘の方は
母に引かれて歩きながら
何度も空を見上げていた

この夕焼けの映像が
あの子の心にいつまでも残りますように
これからも
辛いことがあるたびに
空を見上げることができますように

祈るような思いで
ぼくは遠ざかる母娘の後ろ姿を見送り
二人が視界から消えてから
ようやく家路についた
重い足取りで
無力感に苛まれながら



店の前の歩道に出ると
アスファルトの上に
小さな黒いものが落ちていた
近寄って見ると
それは一匹の蜂だった

蜂は長い脚を折りたたみ
仰向けになったまま
微動だにしない

その骸の上には
どこまでも美しい夕焼けが
ただ黙って広がっていた





                       〔島 秀生:選〕