■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

山 口  真 喜 
 詩集『 女はいつも小走りで 』 から 8篇

         





うっかりしていました


石がそこにあることに気づかなかったのです
それでもんどりうって、転んでしまいました
両手でうまく体を支えられなくて
おでこを打ってしまいました
触ったら、手に少し血が付きました

いつも歩いている何でもない道なのに
迂闊でしたね

見ているはずが見えていなかったのです
わかっているはずが わかっていない
あの人の気持ちも
いつの間にか ずれていました
あれから会っていません
電話をしたら
声が妙に強張っていて
敬語なんか使うんですよ

おでこの傷にバンドエイドを貼って
お風呂に入ってお湯に潜ったら
剥がれて、浮いてしまいました
涙のせいではありません










蝉時雨


朝の庭を掃除すると
蝉の抜け殻があちらこちらに落ちている
植木鉢の上に寝転がったり
雑草にしがみついたり
その殻の脱ぎ方はいろいろだ
夏空は容赦なくぎらぎらと照りつけ
飛び立った蝉たちは
酷暑の空にうまく受け入れてもらえたのか

七月の末に伯父が旅立った
遊びに来ると子供のまえにしゃがみ込み
カバンから甘いものをそおっと取り出す
ぐずる子供をひょいっと肩車して
川原の散歩に出かける
車の好きな長男を小脇に呼び
ズボンのポケットからミニカーを見せる

故郷の栃木の寺に納骨した
暑い日だった
骨を納めようとしたら墓の蓋が、動かない
男たちがいろいろやってはみるが、開かない
石屋に頼もうと話している傍らで
長男が一人試行錯誤していた
そのうち隙間を見つけて、バールでこじ開けた
汗まみれの顔でにやりとした彼は
とりわけ、伯父のことが好きだった
蝉がミンミンとやかましい










底 紅


夏休みはあと三日で終わりだ
卓袱台
(ちゃぶだい)にやり残した宿題が積まれている
縁側から見える空には入道雲がわきあがり
白い木槿
(むくげ)が庭のあちこちに咲いている
卓袱台の向こう側で母が繕い物をしていた
私のシャツの綻びを直しているのだ

でも針は少しも進んでいない
ぼんやりと庭を見つめている
父は昨日も夜遅くに帰って来た
茶の間から母のこもった声と
父の酔っただみ声での 言い争いが聞こえていた
あれは夢ではなかったのだ

「かあさん、何か冷たいものが飲みたい」
そうだね、お茶にしようか
目が覚めたような顔をして母は立ち上がった
白い木槿は底紅って言うのよ、知っていた?
あんなにいっぱい咲くとうるさいね
切ってしまおうか
そう言って微かに笑った









 髪


背中に流れる髪を
真ん中で右と左に分けて
三つ編みにしてゆく
跳ね返りたい毛先は
気を許すと
一気にスルスルと解けてしまう

若い母は
滑る毛を握り込んで
ゆっくりと編み込んでゆく
ゴムを二重にして縛る

きつく編み込まれて
三つ編みの根元が痛い

寝押しをした制服のスカート
今日は全部の襞が
真っすぐに決まっている
三つ編みのキッチリさには
負けているけれど










振り向いて


交差点で信号が変わるのを待っていた
気が付いたら
左手で耳の後ろから後頭部の方へ
髪の毛を何度も何度も梳いていた
誰だっけ、こんな風にしていたの
信号が変わって、歩きだして思い出した
父だ、父の癖だ
胡座をかいてぼんやりと庭を見ながら
頭に手をやっていた
話をしていても目を合わせることのない
シャイな人の顔を思い出した

ホームで電車を待っていた
入って来た電車の窓に映っているのは
顎を少し引き
つんと澄まして立っている
母にそっくりなおばさん
仕方がないので、笑ってみた
久々に、機嫌のよい母に会えた









ポケット


薄いコーヒーを啜りながら
母は庭を見ていた
と、私は思っていた
振り向いた顔はキリキリととんがり
紺色のカーディガンのポケットを押さえて
立ち上がった
私の座る椅子は本当はどれですかと聞く
ポケットがガサッと呟いた
中を見せてください

折りたたんだティッシュペーパー
リップクリームと赤い爪切り
緑色の毛糸が絡まった綴じ針
テーブルの上に順々に並べてゆく
これを持って、何処に行くの?

テーブルの端に寄りかかり
それらをポケットに一つずつ
ゆっくりと収めて
上から手でさすっている
いいわね、私にはそんなに大事なものは
もうないわと言うと
可哀想にと
眼差しをくれた










道 行


新幹線の振動に合わせたように
テーブルの上の茶色の旅行鞄はその位置を
少しずつ ずらしている
私は真ん中にそおっと戻した
革の旧式の重い鞄は
母の骨壺を抱きながら
重々しく座ってはいるが
最新の電車の揺れには慣れないようで
居心地が悪そうだ
私は手を添えてさすって宥めてみる
東京から新青森までの四時間の旅が終われば
父の待つ弘前の墓に
母も眠ることが出来る

桜の終わった城下町は
りんごの白い花が満開だった
墓には庭の赤いつつじの花が活けてあった
線香の煙の中で、両親に手を合わせる
仕事を終えた空の鞄から
安堵のため息が聞こえたような気がした










布 巾


細く開けられた台所の出窓
布巾がぶら下がっている
茹でた青菜をぎゅっと絞ったことを
微かな匂いで思い出し
茹で立ての熱さは
風に吹かれているうちに忘れてしまった

風に吹かれて乾いた布巾は
卓袱台に置かれたざるの上に
ふんわりと乗り
蒸かしたサツマイモの湯気を
いっぱいに吸い込んでゆく

初めは真っ白だった
強張ったさらしには
色染みが、点々と散らばっている
周りをかがってある赤い木綿糸は
所どころ、擦り切れてしまった

時々日向で、昼寝をする
ふんわりと柔らかくなって
また、洗った茶碗の水を取る











 山口 真喜 さんの詩集 『 女はいつも小走りで 』 (ふらんす堂)
  2021年6月6日刊より抜粋   ISBN978-4-7814-1376-1 C0092
  定価 2,970円(税込)


 あとがきによると、山口真喜さんは、青森県弘前市生まれ。十年前、富山県におられた時、「詩壇の集い」に参加されたのが、詩のスタートとのこと。富山県詩人協会会員。そこで長く書かれたのち、昨年からは横浜に戻られていて、現在は横浜市在住。今は金井雄二さんの教室におられるとのことで、帯には金井雄二さんの推薦がある。
 若々しい筆致をお持ちなのがとてもステキで、それはたぶんご本人の感性によるもので、老若男女を問わず、読める詩集に仕上がっている。山口さんは、本詩集が第一詩集である。全23篇を所収。

 作品『うっかりしていました』。
 この詩は、山口さんの、老若男女を問わず読みたい詩の、最たる作品。久々の電話の相手は、どう読んでも、元・恋仲だった相手に見える。脈絡から最も想像つきやすいところで言えば、元・夫、ではないだろうかとも思うのだが、本当のところはわからない。ともあれ、そうした、過去には恋ごころを燃やした相手のことをふと思い出し、久々に電話をかけてみたら、いきなり邪険に扱われたということが、読者にも思い当たる経験があるのではないでしょうか? この詩はね、それですよ。
 今となっては仕方がないと言えば、仕方がないのですが、ほろ苦い、情けない気持ちになって、作者はお風呂で、お湯の中に潜ってしまいます。

 作品『蝉時雨』。
 なにしろ蝉ときたら、普段は土の中にいるものだから、季節が巡って、夏の日の朝になって、地面に穴が開いていたり、蝉の抜け殻が転がっていたりして、初めて我が家の小さな庭にも蝉がいたのか、と知ることになる。ちょっと不思議なのは、我が家の小さな庭には、そもそも夏の日に蝉がたかって鳴いているという木がない。ここには蝉が鳴く木がないにもかかわらず、卵だけは毎年産みにくるのか、と思う。ともあれ、蝉の抜け殻がなんとなくかわいくて、庭のあちこちに、いくつもくっつけたままにしている。そんなふうに、蝉の羽化について、いろいろと思う人は多いだろうが、飛んでいくのは当たり前で、飛んで行った先のことまでは思わないものだ。

 飛び立った蝉たちは
 酷暑の空にうまく受け入れてもらえたのか


言われてみれば、近年は35度超えの日も多くなった。こんなふうに飛んで行った先の心配までする、作者の心はステキだなと思った。もしかしたらそれは、作者が空に神聖なものを感じてる故かもしれない。

 初連でも心惹かれるものがあったが、この詩の本論は2連目以降にある。「伯父」さんは、作者が子供時代に、大好きだった親戚のオジサンであったのだろう。伯父さんが家に来ると、作者の兄弟達みんな、伯父の周りに集まったにちがいない。作者には兄弟が多かったことがわかる。ここで「長男」とは、作者の兄弟の長兄のことを指している。長兄にとって、いつもミニカーをくれる大好きな伯父さんであったにちがいない。時は流れ、兄弟みんな、それなりに老けて、伯父さんはもっと老けて、亡くなる年齢となる。納骨の時、一番熱心に働いたのも長兄だった。汗まみれの笑顔は、きっといくばくか恩を返せた気持ちになれたからだろう。ミニカーの話は、きっと60年くらい前の話。それでも長兄は、子供時代の恩を、一番覚えていた。


 作品『底紅』、『髪』。
 この2作は、母親に寄せる、作者の回想による2篇だ。『底紅』は作者が小学生の頃を、『髪』は中学生とも考えられるが、オシャレに気合いが入っているので、おそらくは高校生の頃を思い出して描いた、追想と読んだ。

 子供の頃、夜中にふっと目が覚めることがある。父と母がさかんに言い争っている声が聞こえる。でも眠いので、また寝てしまう。翌朝、あれは夢だったんだろうと思っていたら、母の様子がなんだかおかしい。夏休み終了まで、あと三日と迫った日。夏休みの宿題を、山と抱えた日の記憶である。
 高度成長期、会社が快調に儲かっていた時代、それまで手にしたこともない金を手にした、世の社長さん方の中には、「女遊びは、男の甲斐性」なんて、都合のいい理屈を振り回して、夜遊びを繰り返している人もいた。黙っていても、このままずっと会社は成長を続けるものだと、思い込んでいたのだろう。社長さんにとっては、会社のお金と個人の給料の線引きが、ちょっと曖昧になってた時代でもあった。そんな時代の、夫婦間のトラブルなんだろうと、想像する。作者がまだ小学生だった頃の追憶の詩である。それは同時に、母が最も辛そうにしていた時代の記憶でもあるのだろう。
 針仕事の手が止まったまま、ぼんやりしている母に、「かあさん、何か冷たいものが飲みたい」と声をかけると、母はハッと我に返る。お茶にしようか、と仕度をしつつ、母は木槿の話をする。木槿を、本当に見ていたのかどうかはわからない。ただ母は、バッサリ刈ってしまいたくなる。そこにも、やり場のない心理描写があるのだと思う。

 作品『髪』は、高校時代、毎日、母に三つ編みをしてもらっていたのを、懐かしく思い出している。その時代、セーラー服は、女子のあこがれだった。実は私の姉もそうだったのだが、スカートの襞をピンと出すために、毎晩、蒲団の下に寝敷いていた。その時代、乙女ごころ盛んな年頃の女子は皆、そんな(面倒な)ことをしていたのである。少し大人になった女性として、母に接していた時代の記憶なのかもしれない。

 作品『振り向いて』、『ポケット』。
 先の詩から、時代は一気に飛ぶ。ごく近年の、母と子の話になる。母は年老いて、認知症を悪化させて、施設にいる。
 作品『振り向いて』は、母との面会のために、電車で向かっているシーンだと思えば、わかりやすいだろう。父はすでに亡くなっている。だが、交差点で立ち止まった時、ふと左手で髪を梳く。父と同じ仕草をしている自分に気づく。
 駅のホームで電車を待つ。ホームに滑り込んできた電車の窓に、母によく似たおばさんの姿が映っている。それは今の自分の姿なのである。仕方がないので、笑ってみる。終行、「久々に、機嫌のよい母に会えた」は、認知症がひどくなって以来、すっかり笑わなくなっている母と、対照させているのだと思う。また笑ってほしいとの、願いも込めて。

 一方、作品『ポケット』は、施設にいる母と、会っている話である。「キリキリととんがった」顔を、いつもしているのだろう。カーディガンのポケットにある荷物を、外から手で押さえて、盗られまいと、いつも警戒している。宝物にしている中身を見せてもらうと、実はつまらないものばかりであるが、作者は母に、「いいわね」と話を合わせている。扱いが手慣れていて、長い間、母の介護をしてきたのだろうと察することができる。

 作品『道行』。
 新幹線のテーブルの上に骨壺を置くと、こんな感じになるんだなあと知る。真ん中に置いていても、振動でじりじりとズレてくる。作者は手を添えて、骨壺をなだめている。
 故郷の弘前市の墓に埋めるのは、母の希望だったのだろう。作者が小学生だった夏休みに、夫婦は不仲だったこともあるが、やっぱり最後は、父と同じお墓に入りたい。そういうことだったんだろうと思う。
 りんごの花って、そんな頃に咲くんだなあと知る。つつじの花と、同時期である。弘前は、桜が終わったあとも、りんごの白い花でいっぱいになる街なんだなあと、この作品で知った。

 作品『布巾』。
 台所で、「あつっ!」と、私が火傷しそうになったものを、女性はひょいと素手で掴んだりする。あれには驚く。鍛え方が違うんだなあと、舌を巻く。

 茹で立ての熱さは
 風に吹かれているうちに忘れてしまった

それは、布巾に寄せる表現であるが、台所に立つ女性の手のひらに寄せる表現でもあるような気がした。

 初めは真っ白だった
 強張ったさらしには
 色染みが、点々と散らばっている
 周りをかがってある赤い木綿糸は
 所どころ、擦り切れてしまった


この詩行は、妻として、母として、がんばる女性の年季が入っていくさまのようだ。この布巾はさらしであるので、とりわけは、ちょっと古風な、親世代の女性であるかもしれない。

 時々日向で、昼寝をする
 ふんわりと柔らかくなって


そうやって、良いおばあさんになっていく。
 作品『布巾』は、たぶん作者はそんなことを考えて作ったわけではないと思うのだが、「布巾」に必要以上に自身の姿が投影されていて、台所にいる時間が多い女性の一生を唱うような、讃歌とも言える作品に仕上がっていると思うのである。



                                   (島)