□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 302号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十六年

 戦後七十六年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さんが新詩集を出版!!

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。









 編集雑記


第4波と第5波の比較及び状況──大阪府・東京都

 

大阪府における新型コロナウィルス第5波の感染状況

(感染者が150人を再び超えた7/7からを第5波と見て、8/28までの中間集計と分析)

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

2,210

1,540

8,091

17,280

9,936

9,030

6,483

1,980

964

578

143

10

58,245

不明82

構成比

3.8%

2.6%

13.9%

29.7%

17.1%

15.5%

11.1%

3.4%

1.7%

1.0%

0.2%

0.0%

100.0%

除く

第4波における構成比

2.3%

1.4%

8.3%

22.1%

14.0%

15.0%

13.7%

8.2%

7.8%

5.4%

1.6%

0.1%

100.0%

参考:人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

新規重症者数

0

0

2

12

41

104

158

91

46

13

1

0

468

構成比

0.0%

0.0%

0.4%

2.6%

8.8%

22.2%

33.8%

19.4%

9.8%

2.8%

0.2%

0.0%

100.0%

感染者数に対する重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.2%

2.4%

4.6%

4.8%

2.2%

0.7%

0.0%

0.8%

第4波における重症化率

0.1%

0.0%

0.0%

0.2%

0.5%

1.7%

4.6%

9.2%

12.7%

6.5%

1.8%

0.0%

3.1%

死亡数

0

0

1

6

12

14

27

27

10

0

97

構成比

0.0%

0.0%

1.0%

6.2%

12.4%

14.4%

27.8%

27.8%

10.3%

0.0%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.7%

2.8%

4.7%

7.0%

0.0%

0.2%

第4波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.9%

3.0%

10.0%

20.4%

28.7%

25.5%

2.8%

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

405,690

287,089

790,777

970,152

1,028,015

1,358,762

1,173,476

991,886

1,140,613

583,416

116,030

3,707

8,849,613

不明22

人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

除く

人口に対する感染率

0.545%

0.536%

1.023%

1.781%

0.967%

0.665%

0.552%

0.200%

0.085%

0.099%

0.123%

0.270%

0.658%

人口に対する重症化率

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.004%

0.008%

0.013%

0.009%

0.004%

0.002%

0.001%

0.000%

0.005%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.001%

0.002%

0.005%

0.009%

0.000%

0.001%

何人に一人感染

184

186

98

56

103

150

181

501

1183

1009

811

371

152

何人に一人重症化

395,389

80,846

25,074

13,065

7,427

10,900

24,796

44,878

116,030

18,909

何人に一人死亡

1,028,015

226,460

97,790

70,849

42,245

21,608

11,603

91,233


 

東京都における新型コロナウィルス第5波の感染状況

(感染者が500人を連続して超え始めた6/23からを第5波と見て、8/28までの中間集計と分析)

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

8,222

15,076

52,683

34,285

26,848

18,715

5,456

2,566

1,581

443

38

165,913

不明0

構成比

 

5.0%

9.1%

31.8%

20.7%

16.2%

11.3%

3.3%

1.5%

1.0%

0.3%

0.0%

100.0%

5波最初の1ヵ月構成比

 

4.3%

7.7%

31.6%

20.5%

16.8%

12.1%

3.9%

1.8%

1.0%

0.2%

0.0%

100.0%

4波最初の1ヵ月構成比

 

3.3%

7.0%

28.0%

19.1%

16.4%

12.3%

5.8%

4.2%

2.8%

1.0%

0.0%

100.0%

参考:人口構成比

 

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

不明1

死亡数

0

1

8

9

38

33

50

82

27

1

249

構成比

0.0%

0.4%

3.2%

3.6%

15.3%

13.3%

20.1%

32.9%

10.8%

0.4%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.2%

0.6%

1.9%

5.2%

6.1%

2.6%

0.2%

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

1,072,483

1,063,410

1,734,162

1,946,838

2,230,657

1,956,885

1,380,304

1,435,212

825,119

191,813

6,641

13,843,524

不明1

人口構成比

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

人口に対する感染率

 

0.767%

1.418%

3.038%

1.761%

1.204%

0.956%

0.395%

0.179%

0.192%

0.231%

0.572%

1.198%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.002%

0.002%

0.003%

0.010%

0.014%

0.015%

0.002%

何人に一人感染

 

130

71

33

57

83

105

253

559

522

433

175

83

何人に一人死亡

1,734,162

243,355

247,851

51,497

41,827

28,704

10,062

7,104

6,641

55,596


・感染者数は新規感染者数の累計であって、その後に回復済の人もいるので、現時点における感染者数の数値ではない。
・重症者数は新規重症者数の累計であって、その後に重症状態を脱した人もいるので、現時点における重症者数の数値ではない。
・大阪の80代以上については、重症者数より死亡者数の方が多い。これは、急激な悪化による死亡や入院難による死亡など、「重症者」判定を経ずして「死亡」に
 至っているケースが多いためと思われる。したがって、80代以上の重症化率については、実態は70代の数値よりも悪い数値であると、考えるべきである。
・死亡数は第5波の累計死亡者数である。
・大阪の人口は、2020年1月1日時点の住民基本台帳人口であるが、「就学児」は6~9歳であるので、5~9歳人口のうち5分の1を
 「未就学児」の方に加算する形で按分している。
・東京都の人口は、令和3年1月住基の5歳区分人口を10歳区分に集計。



 ①表の大阪府、②表の東京都の、8/28までの感染者数構成比をまず両方見て頂くと、まずはっきりするのは、20代の感染者構成比が、大阪29.7%、東京31.8%と、ともに30%前後を占めていることだ。次に多いのは30代で、大阪府は17.1%、東京都で20.7%となっている。
 次にこれらを人口構成比との比較で見てほしいのだが、20代の人口構成比は本来、大阪は11.0%、東京は12.5%である。これに対して両者とも約30~32%あるということは、20代は実に他の年代より約3倍の確率の高さで感染者が発生している、ということである。

 参考に人口対比を実数でいうと、

 大阪 17280/970152=1.781%  つまり56人に1人が第5波の感染者か感染経験者だということ。
 東京 52683/1734162=3.038% つまり33人に1人が第5波の感染者か感染経験者だということである。

漠然と想像してるものよりもずっと高確率だ。すぐ身近に感染者はいる、と承知してほしい。他人事に思ってるようなレベルはとうに過ぎている。

 そしてこれは前回7/31時点においても人口構成比の3倍であったし、毎日毎日、20代が最も多く出るということは、20代同士の接触の場において、感染対策上の見落としがある、ということだ。
家庭内や職場内の感染が主であるならば、年代はもっとバラつくはずなのだが、実態はそうなっていない。常に20代が最も多いということは、20代同士の接触の場においてこそ、感染拡大の根があるということなので、いま一度、20代同士の接触の場において、感染対策の見落としがないか、見直して欲しいと思う。
 マスクをはずして会う機会があれば、それが危険なのはもちろんのことだが、例えばマスクの使用についても、スパコンの分析は、マスクの性能を一定のものとして分析しているが、実態はそうではないだろうと思うのだ。そもそも高校生以下の学校生活においては、ついつい大きな声を出す習慣がつくものだと思うが、その延長線上に近いためか、20代も大きな声を出してることが多いと思う。大きな声を出すと、マスクをしていても漏れるということを、ちょっと考えに置いておいて欲しい。
 何度も言うようで申し訳ないとも思うのだが、数字を見ていると20代の突出は明らかで、どうにも否定しようがないので、やっぱり20代に危機意識をもっと持ってほしいと思う。とりわけ親と同居の20代は、感染を家庭に持ち込むと、親の方は重症化するので、絶対に家庭に持ち込んではいけない。家庭に持ち込まないためには、自身が絶対に感染してはいけない。

 ブレイクスルー例が多いのも、ほぼ家庭内感染によるものである。デルタ株の感染力は、従来株の3.5倍と言われているが、感染状況の数値を見ていると、アルファ株と比べても倍の感染力があると推察できる。相手がデルタ株だと、家庭内の密着性においては、ワクチンを2回接種していても、ブレイクスルーされてしまうので重々注意が必要だ。

 また、これだけブレイクスルー例が出るというのは、
「1回目の接種から3カ月後の抗体の量は、2回目の接種から14日後と比べ、約4分の1にまで減少した。接種後3カ月ぐらいの時点で割と急激な減衰がみられて、その後少しずつ下がっていく」とする藤田医科大学の研究発表と、感染数値上も合致するものがある。

 次に2番目に感染者が多い30代を、人口構成比との比較でみると、30代は大阪17.1/11.6=1.47倍、東京20.7/14.1=1.47倍で、両者概ね1.5倍程度である。この年代も人口対比で多いのは多いので要注意だが、20代の高さの比ではないとも言える。
 一方40代については、人口構成比とほぼ同等なので、「人口なりにいる」とも言えると思う。

 次に見て欲しいのは10代と10歳未満(大阪においては、就学児+未就学児)で、まず構成比において前回7/31の時より増加傾向がはっきり出ている。最近の報道で、低学年でのクラスターが増えていることがよく伝えられるが、なるほど第5波最初の1ヵ月目と2ヵ月目で差異が見られるのは、この年代である。しかしながら報道と違い、増加傾向がより高いのは10代の方だ。

 大阪は10代が前回11.9%→13.9%へ、就学児(10歳未満)が1.8%→2.6%へ、未就学児2.1%→3.8%へ伸びている。
 東京は10代7.7%→9.1%へ、10歳未満が4.3%→5.0%へ伸びている。

なお、→の後者は2ヵ月累計の数値なので、例えば累計で2%増えていれば、直近1ヵ月に限れば倍の4%増えているという計算になる。
 
 人口構成比との比較でみても、大阪10代は13.9/8.9=1.56倍。東京10代は、9.1/7.7=1.18倍で、特に大阪では、30代の1.47より、10代の方が人口対の感染率が高い。
 具体的にいうと、30代は103人に1人、第5波の感染者または感染経験者がいるが、10代においては98人に1人、第5波の感染者または感染経験者がいる計算になり、該当人口1%超えの、1.023%が感染確率であり、感染確率が高い順でいえば、20代の次はもはや10代である。

 ただ、就学児(10歳未満)と未就学児においては、悪化傾向にあるので注意は必要なものの、10代ほどのとんでもない数値には至っていない。

人口に対する感染率では全体的に東京の方が、やはり深刻で、人口の1%以上に第5波の感染者または感染経験者がいるのは、

 1位 20代 3.038% (33人に1人)
 2位 30代 1.761% (57人に1人)
 3位 10代 1.418% (71人に1人)
 4位 40代 1.204% (83人に1人)

と、実に4つの年代にわたって、1%超えである。とりわけ20代の3%超えというのは、本当に凄い数字だと思う。
ともあれ10代は、人口自体が少ないので、感染者数の構成比ではこれまで目立たなかったと思うが、実のところは、人口対の感染確率は非常に高く、大阪の年代別で2位、東京は3位の感染確率の高さなので、学校での感染対策が、より重要度を増してきている。その意味では、9月に入り学校が始まると、感染者が再び増加に転じる懸念が充分にある。

 あと、気になるのはワクチン効果だが、英国からの報告でワクチン1回接種で75%、2回で90%の効果があるとの見解であったが、日本の感染状況を見ていると、そこまで高いとは見えない。
 大阪府、東京都ともにお願いしたいのは、基礎疾患情報を取る時に、それと併せてワクチン接種の<2回、1回、ナシ>の情報をきちんと取るべきだということ。でなければ、ワクチン効果が正確に測れない。現状をみるかぎり、少なくとも日本においては、英国からの報告によるほどの効果はないと見える。しかしながら、66%であっても75%であっても、重症を回避できているのは間違いがないから、ワクチンは打つべきである。
 また、東京都はなぜ新規に重症化した人を、大阪のように都度都度カウントしていかないのだろう。「結果として今、何人です」情報だけでは、累計としていったい何人の人が重症化したのか、まったくわからない。また、①大阪の表のように年齢別の重症化率が取れないし、感染者に対してどれくらいの比率で重症化するのかもまったく見えない。この情報のある・なしは、医療体制の取り方にも深く関わってくるものだと思う。分析する気があるなら、絶対取らなければいけないデータである。

 と、ひとしきり文句を言った上で、仕方ないので、ワクチン接種有無データなしで、65歳以上はワクチン接種済という見なしで、計算する。
 60代については、高齢者枠の65~69歳と、そうでない60~64歳では接種状況が違うので、わかりやすくするために、70代で見てみるが、
大阪の第4波(ワクチン接種前)と第5波を比較すると、70代人口 1,140,613人における感染比率は以下である。

              第4波  第5波
 70代人口における感染率  0.372%  0.085%  4.4分の1
 70代人口における重症者率 0.047%  0.004% 11.7分の1
 70代人口における死亡率  0.037%  0.002% 15.7分の1

となっている。
厚労省が8/20に、「新型コロナウイルスに感染した人のワクチンの接種状況を厚生労働省が調べたところ、2回接種した人の感染は接種していない人に比べておよそ17分の1と大幅に少なくなっていることが分かりました。」という調査結果を発表しているが、数値を見ている実感とはかなり違う。17分の1というのはそれは死亡率ではないのか、と思う。
第4波との感染者数との比較で見ると、70代の感染者数減は、大阪で4.4分の1、東京で2.8分の1程度である。

 なので、2回接種済みの高齢者も安心してはいけない。その程度には感染確率はなお残っているので、きちんと感染対策しなければいけない。そして感染確率が下がった中でも、いったん感染してしまうと、感染者数における死亡率が、

 大阪は70代2.8%、80代4.7%、90代7.0%、
 東京が70代1.9%、80代5.2%、90代6.1%、と、ワクチン接種で改善してもなお、他の年代より死亡率が高い点は変わらない。

とりわけ、大阪70代の重症者数と死亡数の関係でみると、重症46人→死亡27人(全員が重症認定を受けた後に亡くなった人であるかどうかの確認はできないが、大阪は今のところ、70代もきちんと搬送されているので、数字はニアーのはず)と、ワクチン接種していても、いったん重症化に至ると、そこから半数が死に至ってる計算になるので、高齢者は依然、重症化すると死が近い。
なので、やはり感染してはいけない。

 大阪の表を見てもらうと、重症者は40代と50代だけで、262/468=56.0%を占めているが、死亡数の方を見てもらうと、一転して、60歳以上で、78/97=80.4%を占めている。
 東京においても、死者は60歳以上で、193/249=77.5%なので、同じ傾向である。

 つまり、重症病床を多く占めるのは40代、50代なのだが、とりわけ40代の人はそこからほとんど生還する。実際に死亡が多いのは、人数は少ないながら重症化し、でも重症=高確率で死に至る(大阪例では半数が死)ので、結果的に死亡数として多くなるのは、やはり高齢者ということになる。

 だから高齢者も、まずもって感染してはいけない。
高齢者は他の年代に比して、もともとベラボーに重症化率と死亡率が高かったのである。とりわけ大阪は第4波の時、医療崩壊して、1500人が亡くなりました。そのほとんどが高齢者です。今回第5波は、ワクチン接種によって、そこから「ベラボー」という言葉が抜けただけ、とご理解下さい。高齢者の重症化率と死亡率は他の年代より依然高く、危険であること、忘れないで下さい。







 ■ 「とうとう、ここまで…」やまぬ感染拡大に追い込まれる医療現場 医師2人が「実態報告」と「切実提言」


 ○ 新型コロナ感染 過去最多をまた更新

8月19日、全国の新規感染者は初めて2万5000人を超え、2万5156人(NNNまとめ)と2日連続で過去最多を更新しました。病床のひっ迫が深刻となる中、どんな対策が有効なのでしょうか? 

神奈川県のコロナ対策リーダーで、医療危機対策統括官を務める阿南英明(あなん・ひであき)医師と、日本ワクチン学会理事で小児科医の長崎大学大学院・森内浩幸(もりうち・ひろゆき)教授が、現在流行しているウイルスとどう対峙すればいいのか、提言しました。

 ○ 想定を超え、増え続ける患者 通常医療との両立は限界

Q.神奈川の病床使用率は全体で85%、重傷者100%でかなり厳しい状況ですね?

(神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師)
「年末年始の第3波で非常に苦しい思いをして、この時にいろんな仕組みをさらに強化して作ってきました。その時に、あの倍ぐらいの患者さんが発生してもなんとか耐え得る、そういう強化策をいろんな仕組みの中に入れてきたんですが、今の患者さんの増加は、「倍」をはるかに超えてしまった、我々が用意していた上限をはるかに超えてしまった。そういう中での戦いになっています。」

 ○ 神奈川県の感染ステージと療養状況

(神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師)
「今はもう本当に、低酸素の方々が自宅・宿泊療養で発生してしまっている。そういう方々が入院できない…こういう現実を踏まえるならば、現場は、『酸素の低い方』を優先するというふうに変更しました。そうせざるをえない現状を追認というか…」

「『これまで普通にやってきた医療を極力維持しながら、コロナをやろう』ずっと、これをコンセプトにして来たが、限界にきてしまった。そうであるならば、延期できるものを延期してください。その分、空いたベッド、あるいは医療スタッフ、こういったものを回してコロナ対応をしましょう。そこまで追い込まれている状況です」

 ○ 使いたくなかった「酸素ステーション」通常医療 すでに限界も…

Q.どういう想定で酸素ステーションを立ち上げたのですか?

(神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師)
「年末年始の第3波が非常にきつかった。あれがずっと続いて、もう本当にひどくなるんだったら、これは病院で収容しきれない事態になる。そこを想定して酸素ステーションを1月に考案し、態勢を整えました。この考え方は『災害医療』の考え方です。災害時には本当に病院がいっぱい、あるいは救急車も運べないような、まさに今のコロナと似たような状況になるので、その時に、『応急救護所』を立ち上げるんですね。この応急救護所で一時、命をつなぐ治療をして、病院に何とか運び込む…という発想です。ですので、実際には『酸素ステーション』は使いたくないという思いがすごく強かったです。第3波、第4波では使いませんでしたが、とうとう使わなければいけないところまで来たということなんです」

(長崎大学大学院・森内浩幸教授)
「阿南先生たちが1月の段階で、既に酸素ステーションの設置に着手されていたというのは本当に素晴らしいことだと思います。それが国のレベルで、今になって動いているというのは、あまりにも先を読んでないのかなっというところは大変辛いなと思います。そもそも在宅酸素療法というのは、慢性的な呼吸不全に用いるものであって、酸素が必要になっている人を自宅で行うというのは、本来の医療が全く行われていない、そういう状況だっていうことをやっぱり頭に置いておかなきゃいけない。あくまでもこれは繋ぎだっていうことは、皆さん十分に理解しておく必要があると思います」

 ○ 日本医師会が提案した臨時の医療施設「野戦病院」 効果は?

Q.日本医師会が提案した「野戦病院」については?

(神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師)
「我々は、昨年の5月の段階で、もう臨時医療施設を作っているんですね。180床の臨時医療施設を運営しています。全国で一番最初に作り、一番大きいものだと思いますが、難しいのは、いかに医療者を運用するかというところです。」

「わが国においては、建物を作って、そこにベッドを入れて、酸素を供給することは、すぐにできます。しかし、臨時医療施設は、病院を作るのと同じことですから、患者さんに看護師さんがどういうふうに当たるのか、お医者さんがどう当たるのか…という仕組みが大事なんです。この仕組みを突然ポッと作れますかというと、作れないんですね。我々は酸素ステーションの運営あるいは臨時医療施設をやっていますが、なかなかこの医療スタッフを連れてくること自体も難しい。酸素ステーションでは全国からの支援をお願いしていますが、なかなか来ないんですよ。だから我々こういったものを作るハードだけじゃなくて、ソフト面の重要性を、ちゃんと見極めて作っていく、こういった視点を必ず忘れないでやっていただきたい」

 ○ 切実な提言「患者をこれ以上増やさない具体策を」

(神奈川県医療危機対策統括官・阿南英明医師)
「今、災害の様だと例えらていますが、皆さん災害って地震とか津波とか我々があらがえない力でワーッと来るものに対して、どういうふうに対応するかという事で考えますよね。今、このコロナっていうのは、確かに災害の様なんですけれども、本当に我々がどうすることもできない力なのかということを、もう一度見直していただきたい。」

「感染症はヒトからヒトにうつるので接触なんですよ。この接触を絶つということに関して、単に緊急事態宣言だけではもう止まらないってことは、皆さんもうお分かりですよね。これよりも、もうちょっと踏み込んだ『何か』ということを、本当に法律上問題があるという事は分かっていますけれども、であるなら、そこの議論を早急に着手して、これ以上増えないようにするという具体策を打たないと。医療もさすがに限界があるので。是非、早急な議論をお願いしたいと思います」

 ○ 「子ども間での感染は、間違いなく増える」

また、小児科が専門の長崎大学大学院・森内教授は…

Q.東京で10代の感染者数が増えている要因は?

(長崎大学大学院・森内浩幸教授)
「社会の中で、流行は、まず若い大人たちから、そして最終的に家庭に持ち込まれ、親から感染する。場合によって、保育施設や教育施設でも、教職員と保育士さんから感染する。流行が進めば子どもにも感染が及ぶ。前はそこで終わっていたんですけれども、感染力が強くなって、以前は非常に珍しかった『子ども同士の感染』も、結構起こるようになってしまった。今後、やっぱり子どもたちの間での感染は間違いなく増えると思います。子どもたちが重症化することは、極めてまれであることは間違いないんですけれども、新たな変異をしてきているということで、そこは注意して見ていく必要もあると思います」

 ○ 学校閉鎖なら「大人もステイホーム」

(長崎大学大学院・森内浩幸教授)
「学校閉鎖っていうのは、子どもの心や体の健康、それから発達にものすごく大きな影響を与えてしまいます。小学校を学校閉鎖したとしても、親が普通に仕事に行っていたら、学童(保育)に預けることになるんですね。学校閉鎖という、子どもたちの『ロックダウン』をするのであれば、それは大人のロックダウン、つまり大人はリモートで家庭に居るということがあくまでも条件だと私は思います。その時期に私は今来ていると思いますので、親と一緒に子どもも家庭にステイホームの状態でいてほしいと思います」

 ○ 子どもにワクチンは必要か?

(長崎大学大学院・森内浩幸教授)
「今は12歳以上にしかワクチンの適用はありませんが、もし順番を聞かれたならば、健康な子どものワクチン接種は、一番最後だと思います。今でも死亡につながる人たちというのは、やっぱり高齢であったり、基礎疾患を持っている大人たちであって、その人たちがワクチン接種が終わっていない中で、健康な子どもたちに先にする必要はないと思います。でもその順番が回ってきた場合には、ワクチンのメリットは十分にあると思いますし、デメリットも当然ありますので、十分理解した上で、考えていただくということになると思います」

Q.親が感染したら、子どもはどうすればいいですか?

(長崎大学大学院・森内浩幸教授)
「これ多分、ケースバイケースで、ずいぶんパターンは変わってくると思います。親が感染し、子どもさんの感染も確認された場合に、親御さんと子どもさん併せて、家庭でみるという選択肢もあるし。いっしょに宿泊施設に行くということもあるでしょう。親が入院しなきゃいけなくなった場合に、子どもさんをどこでどういう形でみるかも、その地域で準備してある所の状況や家族の構成とか、いろんなものによってみんな違ってくると思います。総論的なことを決めるのは簡単ですが、1つ1つ、お一人お一人の事例に関しては、その都度、ベストの態勢を考えるような仕組みを作っておいて、決めていくしかないと私は思っています」


  ───── 以上、YTV 情報ライブミヤネ屋 8月19日放送より













ほっと一息のお知らせ


 私の大好きな詩人で、「最新のお勧め詩集」のコーナーでも何度かご紹介したことがある左子真由美さん(現在は「書評バックナンバー」側にあります)のYouTubeをご紹介します。
 まず一曲、最初の「恋」を聴いてみて下さい。左子さん、元々シャンソンがお好きですけど、これぞ愛の詩人・左子真由美! という感じがします。なんといっても歌詞がいい。
 新型コロナで奮闘してくれている医療従事者の方々にも、この曲でほっと一息、安らいで頂ければ幸いです。


(リンクが飛ばない場合は、すみませんが、URLをコピペしてブラウザのアドレスバーに入れて下さい)


  恋

https://www.youtube.com/watch?v=N0Gm4g9OmSI



  窓

https://www.youtube.com/watch?v=lLSG3oSc61U



  海沿いの町

https://www.youtube.com/watch?v=nMB5BJJaIwU


  面影

https://www.youtube.com/watch?v=xkbWjI1v85Q


これらは、

 
楽譜集・CD付
 作曲:大澤弘之 『 左子真由美の詩による歌曲集 
カテドラル 』
 (:詩・左子真由美 :歌・田邉織恵 :ピアノ・小笠原真也)
  ISBN978-4-86000-450-7 定価(本体3000円+税) 2021年8月8日発行 竹林館

 として、出版されています。
 ここには「恋」をはじめ3つのシャンソン
 「面影」「海沿いの町」をはじめ5曲の歌曲集
 「窓」をはじめ6曲による組曲「カテドラル」が、
 楽譜集+CDとなって、収録されています。(その楽譜から、一部を合唱曲として編曲された人もいるそうです)

 ちなみに、この楽譜集の冒頭は、美しい写真集になっていますが、この写真も左子さんの作です。
 ちなみに、左子真由美さんは、関西詩人協会の代表(会長)でもあります。多才ですよねー。












オリンピック ── 平和の祭典と云われる由縁



 
■ 政治的対立乗り越え感動的ツーショット





 東京五輪の柔道男子81キロ級に出場し、男女混合団体戦ではイスラエルの銅メダルに貢献したサギ・ムキ(29才 写真左)が1日、自身のインスタグラムを更新し、同級で銀メダルを獲得したサイード・モラエイ(29=モンゴル 写真右)との感動的なツーショットを公開した。

 ムキは2年前の19年8月に五輪と同じ日本武道館で行われた世界選手権に出場して優勝。一方でイラン出身のモラエイもイラン代表として出場し、18年大会に続く2連覇を目指していたが、準決勝で先にムキが決勝進出を決めたことにより、イスラエルと対立するイラン政府から、決勝での対戦を避けるために棄権よう圧力を受けた。モラエイは準決勝で敗れ、続く3位決定戦に勝った場合はムキと同じ表彰台に上ることになるため、再び辞退するように圧力を掛けられた。この時、イラン代表の関係者や同国のスポーツ大臣から、家族の身の安全に関する脅しを受けたとされている。

 結局、3位決定戦に出場したものの敗れたモラエイだが、大会後は母国には帰国せず、ドイツに渡り難民認定を受けた。その後、同年12月には異例のスピードでモンゴル国籍を取得。東京五輪にはモンゴル代表として出場し、決勝では日本の永瀬貴規に惜しくも敗れたものの、銀メダルを獲得。団体戦でもモンゴル代表の一員として出場した。

 ムキはインスタで、選手村の五輪マークの前でモラエイと共にそれぞれが獲得したメダルを持ち、笑顔でこぶしを合わせる写真を公開。メッセージには、

「”One picture is worth a thousand words”. Proud to be with my dear friend Saeid Mollaei in Tokyo 2020. Victory of the Olympic spirit above all!」
(1枚の写真には千もの言葉と同等の価値がある。東京2020で親友のサイード・モラエイと共にあることは誇りだ。何よりも五輪の精神の勝利だ)

と投稿。コメント欄には政治的対立を乗り越え、五輪精神を体現する2人への称賛の声が相次いでいる。



  ───── 以上、スポニチ 2021.8.1より








 ■ 
「平和のため」五輪駆けた 南スーダン選手、前橋で1年8カ月合宿





 東京オリンピックに向けて前橋市で1年8カ月に及ぶ異例の長期合宿をしてきた南スーダンの選手が3日、平和への願いを込めて五輪の舞台に立った。
 東京・国立競技場で行われた陸上男子1500メートル予選に出場したアブラハム・グエム(22)。集団後方につけてレースを進めると、ラスト100メートルほどで前を行く2人を抜いてフィニッシュ。1組13着で予選 通過はならなかったが、電光掲示板を見つめて自らの南スーダン記録(3分42秒99)を更新する3分40秒86をマークしたことが分かると、頭上に掲げた両手をたたいて喜びを表現した。

 ○ 南スーダン記録「楽しんで走れた」

 内戦を経て分離独立した母国を思い、「ただ走るのではなく、平和のために走りたい」との決意で力走したグエムは「タフなレースだったが、とても楽しんで走れた。群馬でのトレーニングの成果で良い記録が出せた」と充実した顔を見せた。

 南スーダンは2005年まで20年以上も続いた内戦を経て、11年にスーダンから分離独立した。独立後も内戦は続き、周辺国に避難した難民は約220万人に上るとされる。
 内戦の影響で環境に恵まれず、選手たちは小石が交じった地面を裸足で走って出血することもあったという。国際協力機構(JICA)が前橋市に受け入れを打診し、19年11月に選手4人、コーチ1人の計5人が来日した。
 日本人コーチの指導の下、選手たちは重心移動など改めて基礎から練習した。筋力トレーニングの経験がなく、来日した頃は腕立て伏せを10回もできなかったというグエムは「メダルを狙うためにも筋力をつけたい」と意欲的に練習した。

 グエムは8人きょうだいの長男で、父を病気で亡くした。すぐに収入にはつながらない陸上競技を続けることについて、母親ら周囲から反対されたという。それでも競技を続けてきたのは、「五輪で活躍することで注目を集め、平和へのメッセージを伝えたい」との強い決意があったからだ。
 南スーダンで開催されている全国規模のスポーツ大会で、グエムは対立関係にある民族の選手がスポーツを通じて健闘をたたえ合い、声援を送る姿を目の当たりにした。「これこそが結束だ」とグエム。「今の支援は自分たちだけではなく、国全体への支援だと思っている」と受け止める。

 ○「これは終わりではなく始まり」

 奮闘する南スーダンの選手を支援しようと、前橋市の市民は練習時の通訳や買い物など生活面をサポートした。新型コロナウイルスの影響で大会が1年延期になった後も、ふるさと納税を募って滞在費に充てた。選手は市内の小学校や幼稚園などを訪問し、来日当初から週4日通う日本語学校で覚えた日本語で交流を続けてきた。

 レース後、グエムは誇らしげに語った。
 「これは終わりではなく始まり。パリ五輪を目指して記録を更新したい。南スーダンが世界の一部になっていると伝えたい」



  ───── 以上、毎日新聞 2021.8.3より











◆もう一度、この気持ちに


 2021年夏の甲子園、今年の選手宣誓です。
 コロナで、たいへんなことばかりが多いですが、いま一度、このマッスグな気持ちに立ち返って、私たちも前に進みたいです。



 宣誓

 2年ぶりの夏の甲子園。世界に広がる困難のために、普段の生活すらできなくなった人が多くいます。
 私たちも学校生活、部活動が2年前とは全く違ったものとなりました。
 1年前、甲子園という夢がなくなり泣き崩れる先輩たちの姿がありました。しかし、私たちはくじけませんでした。

 『想いを形に』

 この言葉を胸に、自分の目指すべき道を定め、友の笑顔に励まされ、家族の深い愛情に包まれ、世界のアスリートから刺激を受け、一歩一歩、歩んできました。
 人々に夢を追いかけることの素晴らしさを思い出してもらうために、気力、体力を尽くしたプレーで、この夢の甲子園で高校球児の真の姿を見せることを誓います。

 2021年8月10日 選手代表





                                   (島)