□ 新作紹介 □





雨  音



 靴下が風に吹かれて


ゆらゆら ゆらゆらん
木と木の間にかかった洗濯ロープには
どうやら家族全員分の靴下が並んで
風に吹かれている

ありふれて
何気ないのに

ふっと心が温もる

あの子が赤ちゃんだった頃に
洗濯物を干しながら
並んだ産着の小ささが愛おしくて
なんだか涙が溢れそうだった

そんな記憶が
シナの木から落ちてくる
実のように
くるくると
風に踊るように
舞い降りて
微かな音を立てる

 いくつもの幸せが通り過ぎていった
 ほんの些細なものや
 ずいぶんと質量のあるものも
 時のまにまに

 いいえ
 いくつもの美しい記憶が
 幾重にも折り重なっていった
 そうしてずいぶんと分厚くなった
 幸せの辞書が
 この胸の真ん中に
 ちょこんと置かれていて

 何箇所にも付箋が貼られていたり
 少し色褪せた四葉のクローバーや
 アヒルの足のような黄色い葉っぱが
 挟まっている

 ふと読み耽ることもある
 小さな風が吹いて
 ぱらぱらと開いた場所を

 きちんと保管されている
 もうどこにもないと思っていた
 記憶はこうして
 
 あなたのすぐ近くに 















 A leaf shower


風が強い日が苦手だった
肩に力が入って凝るし
髪の毛がぐしゃぐしゃになるもの

 この木々の庭は
 重厚な石塀に囲まれて
 風が届かないから
 心持ち 足取りが緩む
 秋がじわじわと沁みこんで
 地面にはふんわりと
 落ち葉が重なっている

 ゆうに百年以上もの時を重ねて
 深く根を広げた木々たちは
 梢は石塀よりも高く空に向かって
 葉を伸ばしている

 美しく囀る小鳥たちのソプラノは
 歌をうたっているのか
 それとも
 何か相談事でもあるのか
 
ざざざあ ざざあ

 見上げるとそこには
 美しい空と葉のモザイクが
 小さな光の粒を纏って
 風に爪弾かれて音を奏でている

ひらひら ひらひら と

 
A leaf shower

 次から次へと
 落ちてくる葉はまるで
 黄色の蝶々たちのよう

風の強い日も
満更でもないのかもしれない
よね





















青 島 江 里



 連 打


心から溢れ来るものがあるとき
頷きたくても
頷き切れない時が続くとき

それはもう
どうしようもなくて
心と体は勝手に動き始めてしまう

誰ひとり観客のいない
広すぎる夕刻のグラウンドで
見知らぬ選手の連打は続く

ただの通りすがり
ネット越しの僕の気持ちに
何かを与えていることも知らずに
ひたすら見知らぬ選手の連打は続く

何もかも行き詰って
先の見えなかった僕の気持ちに
見知らぬ選手の連打は届く

全身で打ちひしがれるものを
180度の空へと向かって放っている

僕の鼓動の連打に響く
何だか勝手にこぼれてくる
涙の連打にもまっすぐ響いてくる

ふいに語りかけてきた
見知らぬ選手の鼓動の連打
生き辛さの連打を熱くかわしてくれる




















井 嶋 り ゅ う



 まだ知らない


日本の最北端へ旅行に行く計画を同僚から聞かされ こんな時期に旅行か
と もやもやする感情を抱えながら 屋外の喫煙所へと向かう彼女はまだ
知らない

毎朝十五分遅刻してくる先輩の お腹が痛かったからだと毎回同じ理由を
並べては堂々と缶珈琲を飲み干す姿を思い出しながら 暗闇の中で煙草に
火をつける彼女はまだ知らない

また値上がりするのを知ってるかと 何気なく禁煙を促すメールが母から
届いて 出来るならもうとっくにやってるよと心中で毒づきながら煙を吐
いている彼女はまだ知らない

忙しいからもう連絡は要らないというメールが 遠い場所に住む彼から届
いた日から 呪文のように繰り返している 要らないいらないイラナイ要
らないいらないイラナイ居裸亡井?どうにか正気を保つため呪文に工夫を
こらしながら三くちめを吸う彼女はまだ知

衝突事故を起こしたような
爆発音が響いた
彼女の左上に花火が打ち上がった
金色や銀色や橙色の
丸い光の連鎖が
ビルとビルの丁度あいだに
都心の空に
夏と秋の狭間に
幾つも幾つも打ち上げられては
散っていく
どんでん返しのような
見事な煌びやかさ
その独り占め
暗いところから
数分間
彼女はさらわれる

もうひと頑張りしたら帰れると 肩を回しながら誰も居ない喫煙所の階段
を降りビルの地下へと向かう彼女は この偶然の出来事を神様からのサプ
ライズだとこのあと友人が電話で喜んでくれることをまだ知らない 僕は
単純な性格ではないと自嘲する後輩が 一体何の花火でしょうかとパソコ
ンで検索しながらこのあと一緒に盛り上がってくれることを彼女はまだ知
らない 僅かな幸福感が胸を満たすこともあって 今夜はぐっすり眠れる
ことを彼女はまだ知らない その時が来るまで いつでもいつまでも 彼
女はまだ 何も知らない






















Kazu.



 静かな世界で言葉が浮上する


静かに震える声がある
静かに語る言葉がある

私は世界の片隅で待っている

例えば明日の夢 或いは昨日の悔恨
それらみんなを引っ括めて
私は静かな世界に身を潜める

するとどうだろう
闇の奥 深海の底から
ゆっくりと浮上するものがある
無音に弾ける気泡のように
闇の深い所から
岩礁や貝殻
見たことも無い魚体の全身からも
下から上へと湧きあがるものがある
ただただ上へ上へと

私が沈めた言葉は
浮上する気泡に堰き止められて
包摂され絡められる

導かれる生命の音

生命にはいつかは語る部分と
無関係に迸る言葉がある
その両方に私は憧れている





















齋 藤 純 二



 オジサン子ども


私は三歳。ひとは私のことを天才児だと言うが、
前世の知能がそのまま残されて生まれた人間と
いう特殊な誕生をした。その前世でどのような
生涯を得たかは全く分からない。頭の中だけが
オジサン。そう、私はオジサン子ども。客観的
に考察すると、まあ五十歳くらいの精神年齢で
あろう。知能はさほど高くないが、なんせ身体
が三歳なのだから世間は私を天才と騒ぐわけだ。
最近では雑誌、テレビ局やユーチューバー達が
毎日のように私を目当てにやって来る。玄関先
で彼らは母親に出演の交渉をするが、私はまだ
呂律の回らない口で「勝手に私の映像や記事を
流すなよ。きちんと契約を取れた相手だけゲス
トとして質問に答える。ああ、ダメダメ、そこ
の君、録画はダメだよ」と、言った感じで彼ら
の視線の下から話し出す。私の喋りに気持ち悪
がって帰ってしまう者もいるくらいだ。母親は
若く、まだまだ社会経験が少なく騙されやすく
心配の元だ。父親? ああ、そりゃ酷いものだ。
私が再教育したいくらい浅はかな思考の持ち主
で、仕事はろくにしないし、どこからか見つけ
てきた日付の切れた添加物の多い弁当を、三歳
の私に食べさせようとしたり、時には夕ご飯が
抜きとか、一家をきちんと養っていない、どう
しようもない父親だ。まあ、こんな家族に生ま
れて来たら、私がしっかりしなくてはならない、
となる。三歳にして一家を何とかしなければい
けないというのが現状だ。そんな私は最近、キ
ショい子どもなんて言われる。この状況での私
の気持ちなどわかる者などいない。近い将来、
もう少し身体が発達し、パソコンのキーボード
が自由に打てるようになれば、自分の特殊な存
在を生かし、自から世界にジャンジャン配信し、
ユーチューバーとしてこの家族を裕福にするこ
とができるだろう、そう考えている。これが今
の私の夢だ。夢ってほど大したことじゃないな、
目標ということにしておこう。もしかして私は
前世で家族を幸せにできなかった後悔とか持っ
ていたのだろうか。まあ、分からないことは考
えても仕方ない。人生は一度きり、いや二度目
か、そんなわけで楽しんでオジサン子どもして
みるよ。私の身体が大人になれば普通のオジサ
ンになる。それまでの勝負だな。





















澤  一 織



 おやすみ、またあした


きみが産まれてきてくれた
それがどれだけ素晴らしいことか

二階の寝室で
小さく寝息をたてて眠る
息子の寝顔を見つめている
と、目頭が熱くなってくる

待っていたんだよ
きみが産まれてくる前からね

きみの人生は、きみのもの
けれど 先回りして
水たまりのありかや
アスファルトの固さを
父親面して
伝えてしまう朝もあるんだろう
きみに煙たがられる夜も来るんだろうな
まぁ 未来のことは分からないけど
今は一瞬一瞬が愛おしくて仕方ないよ

一階のリビングから
哺乳瓶の煮沸消毒が
終わったことを知らせる
電子レンジの音が
聞こえてくる

おやすみ

夢を見る暇もないぐらい
さわがしい日々に
疲れているはずの妻や
ソファの上で丸くなっている
ほんとはもっと妻に甘えたいはずの愛猫にも
今夜最後の声をかけて
足音を立てないように階段を降りる

きみや妻や愛猫と
巡り会うことが
ぼくの人生の意味だったんだ

レンジから取り出した哺乳瓶を
棚に並べながら
しあわせな独り言を噛み締めて

朝出すゴミをまとめたら
すぐに寝室に向かうよ

おやすみ、またあした




















ひ  な  の



 コーヒーゼリー


蓋をめくると

そこは
新月の夜だった

白いフレッシュを
一滴ずつ落として

月のない夜空に
星を描く

南の空低く
秋のひとつ星

逆三角形を描くように
白い雫を落とせば
やぎ座になる

ぽた、ぽた、と

フレッシュで
三角形のすき間を埋めると
いびつな三日月が
黒い空に浮いていた

それでも余った
フレッシュを
無造作にかけると

三日月は
ひとつ星を飲み込んで
上弦の月へ

そしてすぐに
空いっぱいの満月になった

小さな夜空と白い満月を
ひとかけら
銀のスプーンですくう

ある午後の
ダイニングテーブルにて




















沢 口 リ リ キ



 再 生


静まりかえった森の入り口で迎える
黎明の刻
樹木の回廊を巡り
故郷を持たない風がそよぐ

夜を残した大気が動き出し
眠りの浅瀬に流れ入ると
森から伝わる
だれも聞き取れない音を知った

 微かな葉擦れの音
 木々が内側で軋む音
 朝露のついた花が咲く音
 柔らかな土が少し崩れる音

これら生命の営みを
静謐なふるえとして感じ
受け取った

枕元での眠りは続いているが
呼吸と鼓動の波は
万象に調和して

鳥たちが目覚め羽ばたく前に
細胞よりも微細な
透き通った体は
森の深みでふたたび生まれ変わり

やがてまた
わたしは新しい朝となる




















夏  生



 会 場


さあ、こちらへ
こちらへ
こちらへどうぞ
こちらです
促されるまま
奥へ奥へと入ってゆく

表情の見えない顔は
声だけ点滅して
順番通り
規則通りを過ぎてゆくと
番号がのった椅子へと
導かれた

忙しない空気と
静けさ
小さく梱包された
言葉を渡してゆく人が
順番を待つ人の横に立つ

質問に答える声が聴こえる
「体調は普通です」
この日は誰もいなかった
体調は絶好調な人
いつの間にか
言わなくなった
言えなくなったのは
なぜか…
最後に絶好調だった日はいつか
思い出す気もないのに
記憶が逆さに回転する

大丈夫、より
大丈夫ですか?と
先に問われると
嫌な汗がにじむ
患っていない身体に
力がこもる
不安が首筋に貼りついたまま
取れない
あっさり何事もなく
済んだ、と思った瞬間
はりつめたものが
はじけて覆い被さってきた

正面の天井を見つめている私の隣を
何事もなかった人の
「大丈夫です」が通り過ぎてゆく
羨ましさが盛り上がって
強く目を瞑った




















綴 木  黎



 朝一番


振り返ると
あれは
羽を立てて止まっていた

急ぎ足で
階段を降りる
ゼリー飲料を片手に持ち
電車へと乗り込んだ

計算通りだ
端の席に腰掛ける
ペットボトルを勢いよく振り
冷たいゼリーが喉を通る

ほっとして見上げると
蛍光灯のすぐ側で
一匹の蛾が羽を休めていた

動きが止まる
移動するか迷ったが
見守る事にした

じっとしていないと
こちらも
悪いような気持ちになってきた

もしかしたら
いつも朝早くから
乗っているのかもしれない

まだ
止まっている
私が乗車してから四駅目に着いた

と、何が起きたのか
急に羽ばたいて
フワフワと扉に止まった

天井の方が安全だったのに
判断を間違えたのか
それとも
次の駅で降りるのか

エアコンの風が
当たっているのだろう
砂漠のような色は時折り揺れている

付かず離れずの距離から
様子を窺っていると
次の駅に着いた
反対の扉から人がどっと押し寄せる

 あっ、いけない
 そこには
 常連かもしれない
 一匹の蛾が止まっているんです

そんな心の声など
届くはずもない
人の影を察知した蛾は
またもやパタパタと飛んでいってしまった

扉を挟んで
反対側の何処かに
身を寄せたのだろう
誰も蛾に向かっていく者はいない

電車は走り出す
そのまま
終着駅に着いてしまった

人はすっかり
降りていなくなっていたが
居るはずの所に
姿は見当たらなかった

ひっそりと
一日が送れればいいね
そっと車両から離れていく

静かに電車が
ホームで
折り返すのを待っている

あの羽の
名前が未だにわからない















 リンドウの花は


秋になると探してしまう

凛とした花は
閉じたままの蕾を
いくつも付けては惹きつける

私は声にならない溜め息で
うっとりと時間を忘れて
花束を一つ手に取る

その控えめな姿といい
際立つ青の色艶に
心を奪われる

どのリンドウも素敵だ
空気がここだけ澄んでいるようだ
私はまた溜め息が漏れる

 こんなに綺麗なのに
 買わないなんて勿体ない
 今日こそは買っちゃいなよ

だが迷ったあげく
そのまま帰ってしまった

別れが来れば
寂しさに切なくなる
出会えたから
見られただけでもいいの

私の中で
奥ゆかしい花は
永遠
(とわ)に咲き続けていくから

より深く濃い青が
目を閉じても見えてくる





















かすみ じゅん



 湿った夕の傍ら


 くるくる 回る
 雨の歩道
 先ゆく、 まあるい  蝙蝠傘も

 ひやり と
 脹ら脛   触れ抜ける
 この小風も   その香りも

 街色を縁どり
 仄明かり 漏らす
 あの 訝り面した 、濁り雲 も


肌寒い朝  眠気を
醒まそうと、欠伸し 捻る
蛇口の取っ手も
テーブルに 並び 賑わす
毎度の   食事の献立も

何気に
スイッチを入れた
TVに映しだされる 眩い光景も
昼夜 休みなく動き続ける
世界の情勢も、  刻々と


 押し黙って  いても
  この地球   だって、 自転し
 つつ   公転して   いる


広い空を流れてゆく
太陽も 月も星達も 僕らを
じっと 見下ろし、 その影と

不意に
眼向けた 文字盤の上で重なる
秒針、長針、短針の  順に

頭のなかに
点滅する記憶も
四六時中  絶え間のない思考も
過去   未来を
拙く 捲る日々と 照らしながら

耳障りな蚊も
いつのまにか  姿を消して
蟋蟀の 細かに擦れる
羽音に変わり
そう 残り僅かな、夏の 季節も


 止めどなく 巡り
 表裏  全方向  あら ゆ
 る  もの が   また、
 揺らぎ   廻る  ゆっ 
 く    り     と

 顕微  鏡で 覗く
 ミクロ  から    宇宙
 機 でも  把 握   しき
 れない    最大限 の
 マクロ   まで    皆、


総ての
偶然に生み出された
 出会いから
避けては通れない、 必然の 別れへと


僕は今、
玉響に委ねた
 朧けな 夢のなかに
 

か弱い
 望みの糸を辿るよう 
軽薄さの 滲む岸辺で


ただ  
その 上澄み を 
 時折か 滑るように  漂う 
それだけの、  燃え尽きそうな  
    逸れ魚   なのかも  知れない















 紲,refrain


あ っ        涙 が
今、    確 かに  
ぬくもりが  伝う
ゆらり    微睡む
追憶の  明滅 する 胸へ


悴む冬の、
 消入る ような
哀しみに  射たれるのか

それとも

綻ぶ春に 
 触れ添う ような
喜びを、 傍らに懐くのか


  そっと 零れた
     月明かりのテラスに
 に


百八十度
限りなく延べる   眺望は
いつもより
滑らかで、 艶やかな
 甘く 青い葡萄色  で


  どう し て   時の 
  経つ ほどに  深く 濃く
  すべての   思 慕 を 
  覆い   隠す  よう 
  染め尽くして しまう のか
 

  いずれは その  場所へ
  皆、リリウムの 白い花束に
  数え   きれ  ない
  想い出  を  脱ぎ捨て
  還ってしまう という のに


  冷たい夜を  抜け出して
  天空へと  駆け昇る   翼
  足許に流れ  壮麗に、 
  うねる 銀河の 
  振り 撒 ける   旋 律  と   
  幾億もの  弾むように
     散れ 交う  瞬 き  が


  やさしさの 紡ぐ 風と共に
  か細い   響    き   
  震わせ、 息づく 
  しなやかな  放れ身 を
  慈しむように 包み 込んだ


夜行列車は
長く  揺り  騒ぎながら
寝静まる、暗闇 を  
一筋    照らし 
涼しげに   波打つよう
転がり   素早く 突き進む


道程に 通り過ぎて
見失ったもの    達の
伸ばす、   淡い影   が
寄るべない 切なさを 呼べば


振り返りながら  また 
ゆっくり   と、踏みしめ 
歩んでいく
癒されない 熱 望  が促す
未来の  背に  冀うよう 


この   果てしない 物語の
  ずっと、先端を描く
綴り へと
濁りのない   無心で
追いかけるように
 遠く 投げかける
        憂わしさの捌けた              
      見据える、     瞳を



 
refrain(リフレイン)…詩、楽曲の各節最後の部分を繰り返すこと。
               
 その繰り返し。

 
*冀う(こいねがう)…そうなって欲しいと願うこと。




















富士伊 真夜



 明日がこりごり


間にたつのは疲れる
八月が私の誕生日だった
いろいろあり、当日は一人だった
九月に入り、誕生日会をしてくれることに
彼と女の友人と私の三人で
彼と女の友人、彼女は面識がある
その日は彼も彼女も診察で
病院には来る予定がある
彼女が午前中
彼氏が午後からだ
間にたつのは疲れる
彼氏がいろいろお世話になっているからと
彼女を誘うことを提案し
私がLINEで連絡をとるわけだ
彼氏は自他ともに認めるアナログ人間で
スマホにLINEさえ入れてない
私に入れさせない
LINEさえ入れてくれてたら
グループトークで
三人で話し合いができるというのに
間にたつ私は
彼氏とメーセージプラスというアプリ
彼女とLINEで
連絡をとるわけだ
彼女が午前中で診察が終わると
待つのが苦痛らしく
先にケーキを買っておこうと言い出し
お昼もどうしよう
とLINEしてきた
そもそもケーキが高い
お金がないと
さらに午後二時半から見たいドラマがある
などと言い出し
この二、三日
対する彼氏は
案の定
うつ病で双極性障害
気分が下がっているのか
連絡がとれない
ドラマくらい
ケーキ代金くらい
いろいろ思うことはあるが
真摯に対応していたが
あんまり最後に
どうしようかな
などと言い出し
私もLINEで切れた
彼女は謝ってきたが
それでも腹正しい
彼氏にはメールした
土壇場で彼氏から電話
話放題にしていないので
私がかけ直す訳で
テレビくらい見せてやればいいと彼氏
お金はせっかくの誕生日だから出す
と言う
お金を今日届けに来ると言う
誕生日会は明日であった
いつも
土壇場で疲れるんですよ
本当に
間にたつのは疲れる
明日がこりごりである
本当は















 九月中旬の彼氏


彼氏は心と身体が落ちる日が多い
残暑が厳しいからか
暑さが苦手
そもそも、暑い季節が苦手
本調子になれない

こちらに来る診察日
これはなんとか気合いを入れるらしい

デートは当日、約一時間前に電話である

本人に言わせれば
出来もしない約束をしたくない
そうらしい

診察日くらいに気合いを入れろよ
そう言ってやりたい

コンスタントに約束が出来ない

それに合わせるしかないのが現実

それが出来るなら、そうしているだろう

電話をしていても
声の調子から
これはあかんななど
わかるようにはなった

落ちている時は
どちらも放置である

彼には寝ていてもらうしかない
私は私で
他の友人と電話だったり
構ってもらうしかない

落ちているので彼氏がね

私は私で
Switchで
モンスターハンターという
ゲームをネットで
お互い家に居ながら
別の男の友人と
してた訳です

かけ放題の私が
電話で打ち合わせしながら
している訳です

彼氏にはメールしときました

モンスターハンター
してますからね


モンハンって言うんですけど

アナログの彼氏は
最初、モンハンがわからない

きっちり説明しときました

私としては
きちんと
言ってあったのに

メールが入ってる
何回も彼氏から電話

メール内容は

着信拒否しないで

こらこら

つながりませんて

他の人と話してるだけで

実は昨夜
彼氏は話放題に入ってなくて
私に折り返し電話
させるの忘れてて
二時間半電話してて
あちゃーという展開

携帯代金の請求が怖い

せっかく節約してるのに

と言う彼氏

こちらとしては
彼氏より
高い携帯代金な訳です

他のところで
食事をおごってくれたり
してくれてますが
携帯代金は
私がかなりくらってます

それをわかっていないのか

彼氏は
来月の請求が怖い

気分が落ちているので
彼氏は
もう腹が立つくらいに
落ち込む

携帯代金の契約ぐらい
把握しとけと言いたくなります

三十秒でいくらとかね

さすがアナログ人間

それでなおさら

昨日は悪かった
などとメールが入ってる

折り返し電話も
感情が入りますよ

怒らないで
と言う彼氏

落ちているあなたが
そもそも悪い

それを言わずに
話しましたけど

少し話したら
満足したらしく
寂しさが紛れたのか

寝ると言う彼氏

この馬鹿って

何故か
言いたくなりましたよ

どうしてですかね

こいつ
自己中なんじゃね

そう思いましたね















 モンスターハンター、つまりモンハン


Switchのモンスターハンターライズ
というゲームにハマっている

今更であるが

ネットにつなげると
マルチプレイで
最大四人と
モンスターを狩ることができる

ネット環境はあるので
Switchの
ネットお試し一週間で
やって見た感想

彼氏はアナログ人間で
ゲームにはうとい

他の男友達で
同じゲームを持っている人が二人

それぞれとした

私とそれぞれの友人と
他の知らないネットの人達と
四人な訳です

モンスターを狩るハンターな訳で
ハンターにはランクがある

ランクをあげるのである

四人で
モンスターをボコボコにするのは
ストレス解消である

操作に慣れが必要であるが
面白い

YouTubeやネットで
攻略を調べながら
コロナが酷いので
余計に
お家で安全で
ハマる訳で
ゲームに

ひと月
Switchのネットの契約を
のばすことに決めた

彼氏もなかなか
構ってくれないし















 珍しい約束


九月の三連休
彼氏はコンスタントに落ち込んでますので
事前に計画もない

初日は
他の男の友人と
Switchで
モンスターハンターというゲームを
ネットでお互い家に居ながら
してた訳です

メールが入っていたので
期待しないで
電話しました

しんどいというメール
身体も心もね

期待してません私は

そしたら
明日の午後のデートの約束

あんまり期待しては駄目だけど

台風は通過していきましたが
また台風来るんじゃね
と思いました

これを書いているのは
当日の朝なんですが
どうなるんでしょう

車で迎えに来てくれるんだけど
調子が良ければ

結局
寂しくなったら
来る訳よね

自分勝手な

私は都合のいい女では無い

この詩を途中で
メールで送りました

電話があり
私が折り返し電話

来れない
あぁやっぱり

しばらくして
やっぱり
午後から来る

電話でやりとり

どっちかにしろよ

振り回されるのも
もう勘弁してください

双極性障害は
こんなんなのね

諦め





















く   れ



 蝉が鳴いて夏


夏になると
桜の大木や身近な木々に
羽を擦った摩擦音をいくつもぶら下げる蝉
原発事故後には
その数は減少した

樹皮に付着した放射能は
蝉の強靭な手足の中に浸潤していったから
その夏は
鳴き終わる前に
落下してひっくり返った

生存層をやっと這い出てきて
強靭な手足で木々の樹皮を登っていった蝉
可哀そうだが
鳴くという使命を
憐れんではならないのだろう

一Fのメルトダウン
放射能があらゆるところに飛び散った日
十年過ぎても
まわりは元の姿に戻ってはいない
罪を背負った一Fは寡黙だ

疑問の上に重なる不信
折りたたもうとしても折りたためない
蝉が鳴いて 夏
鳴き終わる前に落下して
ひっくり返る蝉がいてはならない

蝉が鳴き終わって
ひっくり返る蝉の姿が大往生なのだ
亡骸がカラカラと転がると
秋が静かに下りてくる
蟻が亡骸を運び始めた















 秋 よ


季節が季節に口移した夜には
布団の中が冷えてくる

ベッド一つの中の大きな変化

クシャミをすると
外で木が大きく揺れる音がする
寒さと言う言葉を禁句にしてみても
木は葉を散らし始めた

  小さな棺を背負った蟻が
  旅から帰ってきた
  冬の物語を作る準備に入るために

  スコップで一掘りすれば
  冬の物語がある部屋にたどり着くのだが
  見てはいけないと目隠しされた

夏に熟成したものがあっても
もうその季節の蓋を開けてはならない
酔うことは罪である

色づくものは色づいた
少しだけ取りこぼした色はあるが
秋よ 秋よ
と 呼ぶ声が大地から聴こえてくる

今夜は時計の針にぶら下がりながら
ベッドの中で丸まるだけだ















 こいのぼり


死にそうな魚の目が大地に落ちている
空の魚屋さんは鮮度を第一に考えるから
空の店に並ぶ魚の鮮度は抜群にいい
大きな魚のさばき方もさすがプロである
風も感心して店に並んだ魚を見ている
太い五月の糸で端から端まで魚を吊るす
これは干物にする魚だという
人は空を見上げ「こいのぼり」だという
鯉が滝を上る姿を想像しているのだろう
新鮮な魚を天日干ししているのだが
晩春になると鮮度を保つのが難しくなる
それでも空を泳ぐ姿は鮮度のあらわれだ
死にそうな魚の目が大地に落ちている
たくさんの人が見上げているからなのか
五月の糸で吊るされた魚の鮮度はいい
犬や猫がその方角に向かって鳴いている
魚にも雄や雌がいる
今の季節は雄が群れをなして並んでいる
店終え前に急いで買いに行かないと





















藍 音 な な を



 いつかありがとうを③


大人になって
メディアが流す
いじめのニュースを聞くと
この子たちの周囲には
変化に気づく大人がいなかったのかと
やるせない気持ちになる

デリケートな問題でもあるから
見て見ぬふり
知らないふりをして
自分に火の粉がかからぬように
何事もなかったことにしてしまう
そんな大人が多いのか

私はあの時
確かに先生に助けられた
思い起こせば
何度かの小さな救いが重なることで
重い毎日から抜け出せたのだ

そして学校と言う
閉鎖された空間だからこそ
そこにいる大人が
ほんの少し手を差し伸べるだけで
そしてその手が重なることで
水の上に咲く蓮の花のように
花弁が泥を遮断して
子供を掬い上げることができる

だから

 おや?

様子がおかしいと思った子供さんには
そっと声をかけてみてほしい

 なんでもないです

と言う言葉に
安心しないでほしい
その言葉の裏側には
針で突いたら弾けて破れるほどに
薄皮のように張り詰めた心から
転がり出てしまいそうな
精一杯のSOSが隠れている

あの頃の自分が
そうだったように

そしてそういう子供を見かけたら
声をかけずにはいられない
子供さんにとっては
おせっかいの変なおばちゃん
でもそれでいい

かけた言葉が
小さな蓮の花の
一枚の花弁になればいい
そう祈る思いで
先生に頂いた
ご恩をお返しする気持ちで
どうしたのと声をかける

もう随分前に
先生は上の世界に行かれてしまったけれど
あちらの世界で
次にお会い出来たときには
小さな花弁をお土産に持って
感謝の言葉を伝えよう

 先生
 あの時はありがとうございました
 あの時救っていただいたから
 生きることが出来ました
 おかげでこんなことがあったんですよ
 いろんなことが
 たくさんたくさん

 本当にありがとうございました

そんなふうに
いつかありがとうを





















瀬   未



 私 信


眠れずに
蝶のレリーフの施された
ろうそくに火を灯すと
かすかに
花の香がする

ちいさな炎は千々に揺らめき
夜の静けさがますます引き立つ

溶けゆく蝋はなみなみ光を湛え
昼のあいだ絡まった心をほどいてゆく

定まらない思いは
まるでルビンの壺
その時々で
向かい合う二人の顔に見えたり
大きな壺に見えたり

気は持ちよう、とはいえ
人は無意識に
見たいものを見て
信じたいものを信じるものだから

上手に受け流しているつもりでも
いつのまにか
喉が閊
(つか)えて
言葉を詰まらせてしまっていた

折り目正しく
ピンと嘴を尖らせた鶴を解体し
一枚の紙に戻してゆくように

今だけは
誰かのためではなく
私のためだけの
私へ

じっと
目の前の
炎を見つめていると
ようやく言葉があふれてきた

濡れて丸まった羽を伸ばすように
言ってしまった一言
言えなかった一言

もう二度と
もう一度
そんな思いを巡らせながら

ターン
リターン
生まれた渦は気流となって
上へ上へ

そろそろ
今日のおさらいは
このへんで

明日へのメッセージ
透明なインクで記したら
シーリングスタンプで
封をしましょう

やっと書き終えた
自分宛ての
短い手紙

そっとペンを置く

レリーフの蝶が二匹
きらめく炎の鱗粉とともに
夜のしじまへ
消えていった