今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







galapa(滝本政博)  







  夜


薄墨色の空から
夜が降ってくる
音もなく降り積もる

夜が満ちてくる
胸の辺りまで
頭の辺りまで
底が抜ける
夜の底に足が届かない
流されてゆく

何度でも書かねばならぬ
夜の事を
長く長く引き伸ばされた
その夜
眠れたのだろうか

時間がくれば
カーテンを引き
窓を開け
風を入れる

だが夜明けは来るのだろうか
朝は来ない
夜だけが繰り返しやってくるのだ

夜の鍵盤を弾く
習い覚えたピアノのように
たどたどしく
繰り返される旋律

あらかじめあやまらねばならない
朝は来ない
朝を恐れているのは誰だ

目を閉じて歩いてゆく
夜の雫の落ちる音が
耳元で次第に大きくなって
一定のリズムを刻む

眠れたのだろうか
眠れていないのだろうか
久しく夢を見ていない





                       〔島 秀生:選〕





 足 跡


夕暮れです
蝙蝠が鳴きだした
公園を抜け
薬屋の角を曲がり
家の前を通り過ぎ
歩いて行きます

もうお別れの時間なのです
どんなに愛したことでしょう

おかあさん
おとうさん
おねえちゃん
おばあちゃん
おじいちゃん

さようなら
これでお別れです
いつもの夕暮れの中を
歩いて行きます

点灯しだした
町の明かりをたよりに
橋を渡り
踏切を越え
歩いて行きます

怖いけれど
ひとりで行きます





                       〔Kazu.:選〕





 Bloody Mary


ブラッディ・マリー
いっぱい泣いたから そうね
もう一度 ウオッカで満たしてよ

注ぎ足して
かき回して
浮足立ってるわけじゃない
不定形の夜に居場所などない

ブラッディ・マリー
揺れるから
溢さないで
グラグラしたいわけじゃない
痺れた頭じゃ笑えやしない

あなた いい人そう(ボヘミアン)
埃まみれの(すきっ腹)
ほつれたコートは(煙のよう)

付き合いなさいよ
からっぽなんだってば
もう一度ウオッカで満たしてよ


 
*ブラッディ・マリーはウオッカをベースとする、トマトジュースを用いたカクテル。
  
16世紀のイングランド女王、メアリー1世の異名に由来するといわれている。
  
「ブラッディ」には「血まみれの」とか「ひどい」といった意味がある。





                       〔三浦志郎:選〕











と も り ん




 ハピネス


あなたを失って、思うこと。
私には、もう大きな幸せは
こないかもしれないということ。
日常の些細な、小さな幸せをかき集めて、
大きくするしかない。
もう、あなたがいたとき以上の幸せは
やってこないだろう。

でも、こうも思う。
小さな幸せに敏感でありたい、と。
野に咲く花々を見て感動したり、
素敵なレイアウトの雑誌を買ったり、
夜の虫の音を聞きながらの読書、
コンビニの新商品のドリンクが美味しいこと、
苦手な人に声をかけられて思いのほか嬉しかったり。
───小さな幸せは無限にある。

きっと、私は欲張り過ぎていた。
そして、あなたは離れていった。

「ご縁があれば、また逢える」
そう思いかけている私は、
少しは大人になっただろうか。

詩はちっぽけな私に寄り添ってくれる。
あなたが褒めてくれたものを、
もっと、もっと、伸ばしていこう。

晴れ間が見えてきた───

私の人生は、私が彩るんだ。
虹を見たときに幸せを感じるように。





                       〔島 秀生:選〕











ピ ロ ッ ト




 カサブランカ


苦しすぎるから
つい 愚痴をこぼしてしまいます
素直に綴ったとしても
静かな言葉の底に 吹き荒ぶ嵐を
あなたに伝え切ることはできません

息が止まる程苦しく
遠のく意識の中
体の苦しさ以上に 心が泣き
溢れ出した涙が頬を伝っても
心の闇は 決して理解してもらえないでしょう

溢れる不安を胸に押し込め
じっと ひたすら我慢するしかないのです

あなたを不快にさせたくはなくて
あなたの機嫌を取り
元気なふりをせねばなりません
明るく努めねばなりません

一人闘わねばならぬ辛苦……
この上更に
突き放されたり
厳しいことを言われたら
弱い私は 本当に壊れてしまうから
あなたには 何も言えないのです

亀裂の入った儚い硝子の心
パリンと割れ
粉々に砕け散ってしまわぬように
平らかに 静かになだめ
胸の中 荒れ狂う嵐を
自分で押しとどめねばなりません

苦しさと共に
波のように押し寄せる悲しみに
心は 海の底深く深く沈みます
波間に漂う わかってもらえぬ哀情
胸が張り裂け 悲哀の血が潮流に注いでも
伝える言葉は見つからず
涙が滂沱のごとく流れ落ちます

 (三分でいい
  話をきいてほしい
  寄り添ってほしい)

 *

 幼い頃
 目が合えば 私を叩いたあなた
 腫れた頬
 唇かみしめ 痛みに耐えながら
 あなたにされたと
 私は誰にも言えませんでした

 私だけに意地悪するあなた
 特別な意地悪
 叩く掌と叩かれる頬と
 痛みを分け合う
 危うい二人だけの秘密
 幼い恋心は
 傷つけ傷つけられることでしか
 伝え合えなかったのでしょうか
 頬を熱くしたあなたの手の湿り気と温もり
 私の頬と同じように
 紅潮したあなたの頬を見て
 目の縁でこらえた涙を拭いながらも
 愚かしく
 満足していた私がありました

 *

大人になった今も
あなたの意地悪は
さして変わらず
剣のような言葉と 無言という刀で
私の胸を突き刺します
年を重ね 経験を積んでも
不器用な私は
訴える術も あしらい方もわからず
募り深くなる親愛の情に 戸惑いつつ
いつまでもわかり合えず すれ違う想いに
苦味を感じながら 本音を喉元で抑え込むのです

 *

遠のく意識
心に白い糸のような雨が降る
霧雨の先に見えた幻……

あなたは
初恋のあなたは
大輪の百合 カサブランカの花束を
両腕に抱えておりました
甘く切ない香りに包まれ
白く霞んでおりました
悲しそうな顔をして

あなたが私を傷つけ続けたのは
信じ 認めてほしいが故の
悲しい反発だったのでしょうか……
女は弱い 男は更に弱い
あなただけが私を傷つけていたのではなかったのです
見せかけだけの感傷で
真にあなたを信頼していなかった私こそ
あなたを傷つけていたのです

私は気付けなかったのです
カサブランカの向こうに佇むあなたを見て思いました

小糠雨 あなたは遠ざかってゆきます
カサブランカの白と共に
花束の向こうに消えてゆきます
私の声も 指先ですら あなたに届きません
雨の中 霞みゆくあなた

己を理解してほしい 我儘な心の果て
カサブランカの花の先に
たおやかな愛の彼方に見つけたのは
あなたに対する信頼と尊敬でした

わかり合うために必要だった距離 年月を思います

崇高で純潔な カサブランカの香りが
全てを包み込みます
逃げた言葉すら
丁寧に包んで

 カサブランカの甘い香の中
 私はあなたに向けて
 真の言の葉を探すのです
 冷たい雨に打たれながら





                       〔島 秀生:選〕





 中也くん


十七歳の友は
キラキラした瞳で
詩人中原中也について語った

「中也くん」
親しみを込めて
彼女は大詩人をそう呼んだ
黒い帽子 つぶらな瞳 かわいい
中也くんは彼女が抱く友情 愛情……
感情の全てだった

難しい友人関係 学業
電車通学の長く憂鬱な時間
灰色の箱の中 生きざるを得ない
彼女を支えていたのは
中也くんだった
肌身離さぬ『中原中也詩集』
角川文庫も岩波文庫も
ボロボロだった

〈ゆあーん ゆよーん ゆやゆよーん〉
〈月夜の晩に 拾ったボタン〉
〈汚れちまつた悲しみ〉……
中原中也の言葉と共に生きる彼女は
美しい菓子箱から 宝物の硝子石を取り出すように
詩の一句一句を 両手で丁寧にすくい
こぼさぬように気をつけながら
繊細な心を浸し
思春期の孤独と憂鬱に向かい合っていた

〈思へば遠く来たもんだ〉

陽が燃える 夏の暑い日
彼女と中原中也の墓参をした
大きな自然石
「中原家累代之墓」
中学二年の時に書いた堂々たる中也の文字が
墓に刻まれていた

近くを流れる吉敷川
〈一つのメルヘン〉に耳を澄まし
彼女は黙ったまま
照りつける光と青い空を見上げていた
中也が育った土地の全てを
空気を 光を 風を 香りを
全身で感じ取っているかのように……

澄んだ目を細め
夏の陽に頷くかのように
彼女は目を伏せた
恐る恐る墓前に進み
震える手で おずおずと線香を備える
長い間 深々と頭を下げ 手を合わせていた
中也くんと 長く積もる話をしているようだった

〈蝉が鳴いてゐる
 蝉が鳴いてゐる
 蝉が鳴いてゐるほかなんにもない!〉

経塚墓地からの帰り道
繁茂する狗尾草とバッタを避けながら
土埃舞う田舎道を 彼女と歩いた

 いつも愉快で 友達に囲まれて
 恋人を取ったやつともずっと仲良し
 去った恋人の子に名前をつける中也くんは
 心底優しい 人懐っこい人だったんだ……

突然 何かを思い出したかのように彼女は立ち止まった
小さな肩は 少し震えていた

「また来ん春……」は 悲しい

絞り出すかのような声だった

 文也ちゃんを連れて動物園に行くの
 象を見せても 鳥を見せても
 何を見せても 文也くんにとっては
 猫(にやあ) なの
 鹿だけ にやあ じゃなかった
 光の中で楽しそうに 動物眺めていた文也ちゃん……
 でも文也ちゃんはその年の冬に死んでしまったの
 あの文也ちゃんのいた春は
 もう来ないんだよ
 中也くん どんだけ どんだけ
 悲しかったか……

〈春が来たつて何になろ
 あの子が返つて来るぢやない〉

 悲しすぎるよ
 こんな悲しい詩はないんだ
 文也くん亡くして悲しい……
 でも 愛雅くんが産まれて
 これからって時に
 それなのに それなのに
 次の年 自分も死んじゃうんだよ
 三十歳だよ
 若すぎるよ

一気に言い切った彼女の瞳から
大粒の涙が一粒溢れた

 あんたさあ
 真面目に詩
 書きなよ
 ふざけんなよ
 死ぬ気でやれよ

彼女は潤んだ瞳で私を睨みつけ
吐き捨てるように言った

中原中也の故里
〈路端の草影が
 あどけない愁しみをする〉

「いっぱいお話できて……よかったね」
掠れる声で それだけしか言えなかった私の言葉の端をかき消すように
吹き来た風に 乱れた黒髪を耳にかけながら
彼女は涙を散らした

「私も頑張るから あなたも悔いのないように
 中也くんが詩に傾けた情熱を あなたも……」

空に放った私の呟きを
聞いているのか いないのか……
彼女は私の前方を
背筋を伸ばし 歩いてゆく

小さな彼女の体の中で
中原中也の詩は 言葉は
大きく躍動し続ける
彼女の心のほころびを繕い
彼女の心の泉を満たす
言葉の一つ一つが
太陽の温もりのように
冷え切った彼女をあたためる

中原中也の詩だけが
彼女を彼女たらしめる

詩は
人の中で生き続ける


 
※中原中也の墓所は山口市吉敷の経塚墓地にある。
 
※中原中也二十九歳の一九三六年十一月、長男文也が死去。その年の十二月に次男の愛雅が誕生。
  
翌年四月に「また来ん春……」は発表され、同年十月に中原中也は永眠した。
 
※詩を書く人間として、また友人に対し、敬愛する大詩人に敬称を付けず、詩としてしまった事を侘びたい。




                       〔三浦志郎:選〕











エ イ ジ




  嵐


外に出ると
吹きすさぶ風が
傘の骨を折ろうとする
その中を なおも
突き進む僕の脚

竹の葉が
タケトンボのように
細かな円を描き
旋回して
地面に落ちた

雨粒がきれいに並んで
バス停の椅子を
一様に濡らしている

この嵐のなかを
この体で十分歩いた
イヤホンからは
ラジオの警報の知らせが
次々と流れてくる

傘を両手でしっかり握る
折れそうな心を
抱きしめるように
しっかりと

最後 何段も
階段を踏みしめていく
息切れが激しい
それでも上がっていく
足の裏で
嵐を蹴落とすように
このやろ、このやろう





                       〔三浦志郎:選〕











じじいじじい




 シャボン玉


よく晴れた休日
庭先で娘と過ごすひととき
娘の遊ぶシャボン玉をみていると
遠い昔を思い出す

小さい頃 母につられスーパーへ行った時
シャボン玉セットに惹かれて
駄々をこねて買ってもらった

家に帰った私は買ってもらった
シャボン玉セットをかかえて
母の手をひっぱり庭に飛び出した
母に「早く早くシャボン玉!」
買った物の整理をしていない母は
「はいはい」と笑顔でこたえた

母がフーと息を吹くと
シャボン玉は膨らみ空に舞った
キラキラと不思議な光を放っている
大きさや見る角度により
透明感あふれる光や
虹色に輝く光
太陽にてらされるシャボン玉は
まるで生き物の様に
母と私の前で舞った

ママの笑顔とシャボン玉
私の大切な思い出を胸に
今は私と娘がシャボン玉で
笑顔になっている
そんな中 シャボン玉の一つが
今は亡き母の笑顔に見えた
私は娘に気づかれない様
そっと涙を拭った





                       〔三浦志郎:選〕





 どっち?


やまのはな
やまのなかにさいている
あめもかぜもゆきのひも
なかまといっしょに
てをつないで
こえだしあって
がんばるんだ

かだんのはな
こうえんのかだんにさいている
あめもかぜもゆきのひも
おじさんがぼくらを
きれいにしてくれて
えいようをくれて
まもってくれる

わたしが
はなになるのなら
ぼくが
はなになるのなら
えらべるのなら
どっちがいいかな
どっちにしよう
どっちもいいな
どっちもやだな
どっちもいいとこいやなこと
あるんだけど
どっちがわるいって
ないとおもうんだ
いきかたって
ひとつじゃないから





                       〔三浦志郎:選〕











山 雀 詩 人




 宝 石


わたしは直径5メートル

大きな大きな岩でした

山の上に居すわって
我がもの顔でいばっていました

でも、あるとき崖から転げ落ち
パカーンと割れて
だいぶ小さくなりました

その後も川を流されて
あれよあれよと削られて
もっと小さくなりました

今は直径5センチくらい
とある川原で暮らしています

ここは石ころだらけです
わたしはそのひとつにすぎません

あなたがわたしを探しても
たぶん見つからないでしょう

わたしが突然いなくなっても
誰も気づかないでしょう

わたしは無価値な存在です
何のとりえもありません

できれば宝石に生まれたかったです
いつもみんなにちやほやされて
なくなったら大騒ぎになるような

ある日、川原に子供たちがきて
わいわい遊び始めました

何を思ってか石を拾って
つぎつぎ川に投げだしました

なんてひどいことをするんでしょう
おそろしさに震えていると

ついに誰かがわたしを拾い

「すごい、この石
 めちゃ平べったい」

確かにわたしは平べったい
それのどこがすごいのか

戸惑うわたしを振りかぶり
その子は思いっきり投げました

川に向かって
水平に

あっという間に着水し

沈む

と思ったそのときでした

奇跡がおきました

なんと、わたしは跳ねたのです
水の上をポンポンと

こんなわたしが飛べるとは

わたしはその後も跳ねつづけ
どうでしょう
10回以上は飛びました

宝石のみなさん
飛んだこと、ありますか

わたしは飛びましたよ

子供たちのおかげで
川の上を
風のように
蝶のように

最後の最後に沈むとき
あの子の顔が見えました

「やったぁ、新記録」

うれしそうに笑った顔が
宝石みたいに見えました





                       〔三浦志郎:選〕





 いただきます


ごはんのことを
めしと言わない

だから朝めしとは言わず
朝ごはんと言う

そのほうが
おいしそうでしょ

食べることを
食うと言わない

だから晩めしを食うとは言わず
晩ごはんを食べると言う

食べるとは
いただくことと思うから

二年前
お酒をやめた

いつも酒に飲まれてしまう
自分がつくづく嫌になり

以来食事で最初に口にするのは
ビールからご飯になった

ひと口目が
いちばん分かる

おおげさでなく
初めて知った

白いご飯の
おいしさ、甘さ

なんて静かな
なんて温かな

そのあと食べるおかずの味も
実にみごとに引きたつのだ

もしかしたら食べるとは
生きるということかもしれない

逆もそう

美しく生きるとは
美しく食べるということ

すべての人に感謝して
すべての命に詫びながら

おはよう

今日もぼくは
生きている

いただきます

今日もぼくは
ごはんを食べる





                       〔青島江里:選〕











妻咲 邦香




 


いつか夢が陽炎を連れて
私の家にやって来る
いつか名前が欲しくなって
夢は私におねだりする
良き日々に良き友達
暦の言葉もまた良くて
お天気だけがまだ揃わずに
飛ばした胞子が遠い町の駅の階段に腰掛ける
あそこにいるあの娘のお弁当
中身を当ててごらん

夢は郵便配達のバイクに乗って
生意気な口も聞くようになった
食べた後の空のお弁当箱
はじめて洗ったその日から
そして始まる長い道程
トンネルよりも蛇よりも
それはそれは長い時間と
生きる理由で
平和が少し要らなくなった

良きお昼寝に良き噂
漬け物石にもちょうど良くて
いつか町は海に沈み
いつか橋は取り壊されて
歌の切れ端に上手く乗った蜘蛛の子
私のことも誰かに話してよ
次の町に着いたらね
何処にでもいるよ、こんな子
何処にでもいるから大事にしてあげて
その子のこと





                       〔三浦志郎:選〕





 二 人


声と言葉が喧嘩をしている
私は仲裁に入る
音を出しては言葉が怒る
表現しては声が怒る
ただ間に入って黙って
立っている
下を向いて
目も合わせないで

草溜まりの間に秋桜が揺らいでる
紫陽花は今にも枯れそうで
耳だけが
落ちた種の姿を拾おうとしている

私にはとても二人を止められない
耳と一緒に呆れる以外に手立てがなくて
風を呼びにいく
彼はとても優秀で
頼りになると聞いて

私には喧嘩をする相手すらいない
あの人はとうに去ってしまった
私は何処も怪我をしていない
それなのに
背筋を伸ばして生きていかなくてはならないのだ

声と言葉が喧嘩をしている
どちらも主張を譲らないし
どちらの言い分も正しい
私は風に「早く」と叫んだ




                       〔雨  音:選〕





  翅


私は何になりたかったのだろう?
思い出しながら歩いている
もっと美しくなりたかったか?
もっと強くなりたかったか?

馴染みのコーヒーショップ
セットを注文して席に座る
なりたかった人々が外を行き交う
颯爽と歩く人
楽しそうに話す人
電話しながら急いでる人

憧れがまだ呼吸をしている
それはとても小さく、破れそうな薄さで
震えながら空を見ている
そっと包み込んだ手の中
じっとしている
体温を感じる
指の隙間から逃げようとして
動く
また動く

強く握れない私は急いで出口に向かった
店員がこちらを見ている
私は何になりたかったのだろう?
開いた掌から光を目指す
真っ直ぐに
ひたすら真っ直ぐに
その姿を見送って席に戻る

私は何処へ行っただろう?
路地裏の屋根を越えて
何処まで飛んでいっただろう?
なりたかった私は
憧れを背負ったまま

まだ暖かいコーヒーと
一口齧ったホットドッグ
待っててくれていた
同じ場所で




                       〔三浦志郎:選〕











高山 京子




 祖父の山


祖父は
田畑のほかに
ひとつの山を持っていた

そして
孫が生まれるたびに
名前をつけた木を植えていた

ある夏の日
祖父は幼い私をバイクの後ろに乗せて
山へと連れて行ってくれた

祖父は
ここに京子の木があるぞ
京子だけでなく、孫たちみんなの木があるぞ、と
こっそり教えてくれた

それからというもの
私はときどき自分の木を思った
妹の木を、弟の木を思った
従姉妹が生まれ
木はさらに増えているはずだった

その後何年かが過ぎて
伯父の事業が失敗した
連帯保証人になっていた祖父は
山を売らなければならなくなった
祖父は最初それを頑なに拒んだ
その理由を知っているのは私だけだった

結局、祖父は泣きながら山を手放した

やがて祖父は死んだ
山だけでなく祖母も田畑も家も
すべてを失って死んだ

葬儀の日
孫からの別れの挨拶は私がすることになった
おじいちゃんの
木を植える行為は
未来を信じることだった、と
私は祖父のために言わずにはいられなかった

私の真意を理解する者は
誰もいなかった
それでもよかった
祖父を亡くした悲しみは
私の木を失った時の憤怒に似ていた
祖父の無念は私の無念だった
私の目にはあの日祖父と行った山が
はっきりと見えていた





                       〔島 秀生:選〕





 わが町


ここは人間が
煮詰められた町
離婚した夫婦が
同じ町内に住んでいる

私はそんな町で生まれて
きょうまで生きてきた
いつもどこかで
誰かに見られている

信号待ちの交差点
ハンドルを抱えているとき
対向車線でふと目が合ったあの人は
母親の従兄弟の同級生の妹

夕方にスーパーで買った値引き品は
細大漏らさず
次の日の朝までには
職場内に広まっている

人が二人以上集まると
話題は一にも二にも人の噂
誰と誰がくっついた
誰と誰が別れた

時々身も心も凍るような
凄惨な事件が起こる
原因はすべて
地縁血縁がらみ

娯楽が少ないこの町の子どもたちは
やることがない
だから早くに
大人たちの仲間入りをする

ここは人間が
煮詰められた町
ここで生まれた者たちの大半は
町から一歩も出ることなく
生きては死んでいく

生者も死者も
一緒くたになって
生活している
狭くて小さな土地
反吐が出るような町

それでも私は
この町で生きていく
そして他の者たちと同じように
この町で死んでいく




                       〔三浦志郎:選〕





 きょうだい


波打ち際で
きょうだいらしい
ひとりの少年と
ひとりの少女が
海を見ている

そばには
力を合わせて作ったらしい
砂山とトンネル

二人は
海原の広さを恐れ
戸惑っている
少し前に進んでは
また後ずさりする

幼い兄は
勇敢にも妹をかばい
稚い妹は
安心して兄の後ろに隠れる

微笑ましい
その心持ち
その振る舞い
きっとこれからも
たとえ大人になっても
ふたりはずっときょうだいだ

その瞬間
幼い頃の記憶が蘇る

父の怒鳴り声
母の不在
あの頃は晴れの日がなかった
小さな体はいつも曇天に押しつぶされていた
私の後ろにはいつも妹と弟が隠れていた

震えている二人を
必死に守ろうとしていた私
自分だって同じように
震えていたのに

私はひとり苦笑する

自分は今でも
あのときの子どものまま
姉のままだ
妹や弟には指一本触れさせるものか

どのくらい時間が経ったのだろう
きょうだいは
いつのまにかいなくなっていて
波打ち際には
私ひとりが取り残されていた

砂の山もトンネルも
跡形もなく消え去り
そこには
灰色の海が
どこまでも広がっているだけだった




                       〔雨  音:選〕





 escape


学校を脱け出す
自転車は立ちこぎ
といっても
行ける場所は
せいぜい河原
このあいだは
駅前に出て
補導員に捕まったからね

土手の上に
自転車を放り出して
河原に寝ころぶ
見送る同級生の顔を思い出す
得意げに出ては来たが
本当はちっとも楽しくなんかないんだ

ひとりぼっちに
張り裂けそうな胸
空だけは青かった
そして眩しかった
しかも、やけに

今日はまた
格別のお天気
学校も
サボり甲斐があるというもの
しばらく石投げをしてみたり
蟻を観察してみたり

少し早めに
お母さん手作りの
お弁当を食べる
川面には
光の乱反射

ちっとも楽しくない心を
ぶら下げた私は
あの光を
何としてでも
つかまえたかった
このどん詰まりの毎日から
いちばん遠くにある
あのきらきらを




                       〔青島江里:選〕











おおたにあかり




 背 中


爪を立てる
気付かれないくらいに
傷付かないくらいに

今日あった嫌なこと
言葉に出来ないのではなく
語る事すら時間の無駄で

目を閉じる
世界をぎゅっと
小さく凝縮して
見えないくらいに
小さくして
あんぐり飲み込んでやる

ハングリーではなく
アングリーなわたし

あなたの背中に
まわした指先が
際どい角度で
ちょっと揺らぐ

わたしの世界は
わたしだけの世界だから
苦しくて
でも共有しきらない余白が
あるからこその
2人の夜

爪を立てる
その後で
わたしを丸ごと
預けていく
アングリーなわたしを
解(ほど)きながら
ハングリーなわたしを
唇から誘い出す

爪を立てる
あなたの背中が
いちばんわたしを
知っている





                       〔島 秀生:選〕





 秋 雨


年を重ねるということは
全てにおいて 濃淡ができて
気持ちにまでも 色彩が
あざやかに加わっていくものだと
思っていた

考えても 何もしなくても
とてつもないことに 巻き込まれても
ただ タンタンと 重ねても
時間が横たわり
つかみどころはないくせに
つもり つまるところに
自身が存在するというだけ

秋の雨の音を人生ではじめて
ゆっくりときいてみた

なにかがちかづいてきているのに
そのなにかにカタチなどなく
少し恐ろしげで なつかしくて
目を閉じた
秋雨
(あきさめ)と呼ぶよりは
親しげな秋の雨の音

私はまだ36歳だったこと
ゆっくりとおもいだした




                       〔雨  音:選〕





 おとうと


ぼくのおとうとは
ちいさなあかちゃん
いぬのさんじが
だいすきだ

さんじにとって
おとうとは
ライバルなのに
たくさんだっこ
してもらえるから
やきもちやいて
わりこんでいく

あかちゃんだから
ねたまま
まだなんにも
できないのに
いっしょうけんめいに
さんじをみている
てをせいいっぱい
のばして
さわろうとする

さんじが
あくびをすると
こえをだして
わらう
おもちゃをもって
はしりまわると
てをたたいて
わらう
さんじをみるとき
いちばんうれしそう

おとうとは
さんじばかりみて
ぼくもおとうさんも
おかあさんも
おとうとをみている
さんじはみんなをみて
あっちへこっちへ

だからおとうとは
さんじをすきなのかも
しれないね
いちばんいそがしそう
みんなをくるくる
みまわして おっかけていく

あかちゃんだけど
それがわかる
おとうとはてんさいだ
すごいでしょ
ぼくのおとうと




                       〔青島江里:選〕





 おかあさんのすきなもの


かぷちーのが
のみたいなあ
って
おかあさんがいう

かぷちーのって
なにってきくと
おかあさんが
すきなのみもの
だって

おいしいのかな
かぷちーの
どんなあじと
きいたら
たぶん
おかあさんの
すきなあじって
いうはずだ

かぷちーの
おかしみたいに
あまいあじだろな
おかあさん
あまいものが
ぼくよりすきだから

かぷちーの
ぼくがおとなになったとき
かぷちーのがまだあったら
いっしょにのもうね
こんびににいって
かってきてあげるよ

かぷちーの
かぷちーの
まぬけなひびきの
かぷちーの
なまえわすれずに
おぼえていなきゃ
かぷちーの




                       〔三浦志郎:選〕











晶  子




 言葉のお守り


娘が学校に行く時
出来ればGPS付きの
スマホを持って行かせたい
登下校の道を探偵のように
後ろからこっそりついて行きたい
いやいや
もしかして嫌なこと言われちゃうかも知れないから
バッグの中にこっそり入って
授業もちゃんと受けてるかも見たい

でも出来ないからね

髪の毛直せ
顔洗って
朝ごはんしっかり食べてけ
シャツが出てる
遅刻しないように
ハンカチ持って
お弁当持って
靴の踵踏まない

「気をつけて いってらっしゃい」

気をつけて
その言葉で事故の確率が少し減ると聞いてから
毎朝
言葉をお守りのように
胸ポケットにそっと入れる

「いってきます また後でね」

娘は娘でおまじないの言葉を言って
玄関を元気に閉めて出て行く
24.5cmの運動靴がコンクリートを蹴る足音が遠ざかる

さぁ洗濯物干すぞ
今日も娘が無事に帰って来ますように

家族が出かけた後の家は静か過ぎる
はずが

なぜか机の上に
今日提出の宿題





                       〔三浦志郎:選〕











荻 座 利 守




 木槿の花


木槿の花しぼむ

夏の夕暮れ

大きく開いた

薄紅色の花の姿が

澱みかけた

記憶の水面に

浮かび上がれば

咲いてはしぼみ

しぼめば咲いて

ひと夏の陽射しのもと

生滅を繰り返す

木槿の花のありようは

うつろいさまよう

人のこころに

ひとときの

ひとひらの

ささやかな安らぎを

育むかのよう

淡い寂寥が

夕風に滲み薄れる

木槿の花しぼむ

夏の夕暮れ





                       〔島 秀生:選〕





 一握りの草


引き抜かれ
道端に打ち棄てられ
干からびゆく

一握りの草

おまえの
儚い願いは今
どこの空を翔ているのか

おまえの
看取られぬ死は
一体誰が引き継ぐのか

一握りの草よ
おまえの払った犠牲が

一つの芽に
一輪の花に
一粒の種に

受け継がれたなら

たとえおまえの
存在と死が
誰にも知られなかった
としても

おまえは確かに
この世界の一角を成した
ひと欠片の
時の結晶であったのだ

打ち棄てられた
一握りの草よ

おまえの
背負ったものを
わたしは人々に伝えよう

たとえ
誰の目に留まらなくても
誰も聞いてくれなくても
誰もが嘲笑っても

人々に伝えよう
誰もがいつかはそれを
受け継ぎ
担わなければならないことを

そして
一切れのパンを食べるときも
一輪の花を愛でるときも
一杯の水を飲むときでさえも

わたしは
おまえのことを思い出そう

だから
干からびゆく
一握りの草よ

おまえはもう
安らかに眠るがいい





                       〔三浦志郎:選〕











冴渡 はく




 あのそらの向こう側


黄昏、
目覚めて弾け飛んだ、
きみが飛ぶ
窓を
開放して見つめた先、
今にも落ちそうな太陽が沈んでいた
心が動かなくなったぼくの、
ぼくの、
心臓を溶かすような
あか
打ちつける雨音とともに、
消えて、
無くなったぼくの、
希望と未来
それらを全て持ち去るような、
ひかり。

いつまで経っても動かない、
天井の木目見つめているだけの日々
もう、それもさよならさ。
肉体はかなしい。
動くことを拒否したからだに語りかけるも反応はない。
分かり合えぬこころよ、
からだを捨て去れ、
たましいの墓場はそうです、
この六畳一間の寝室にあった。

時間はいつまで経っても止まることなく、
ぼくを侵食していく。
無くしたものばかり数えていたらもう、
全部終わっていたらしい
そうですか、と
呟くも誰も拾ってはくれないぼくの骨を、

錆びついたこころの奥底に
油を注いでも動かない
何が悪いのかは知らない、
きみのことだろ
互いに反発し合う、
こころとからだを宥めて
ぼくは置いていかれる、
景色を形取る一切から。

あめ、
いかづち、
すべてが終わった後に
飛び出した、
ドアを開けて、
ぼくの全てがあのそらの向こう側にあった
殴るような音がして振り向く
燃えるような
あか、

ぼくの杞憂を、
不安を、
恐れを、
包んで運んでいった。
動き始めた時間が
ぼくを呼んでいた
さよならの汽笛が、
響き渡る





                       〔青島江里:選〕











秋  冬




 絵空事


思い描いていることを
口にすると
たいてい笑われる

そんな絵空事
またいつもの絵空事

豊かな想像力
というより
単なる空想世界
いや、妄想癖だ
と馬鹿にされる

絵空事を笑うのは
絵空事を思い描けない
思考の貧しい人

誰もが
絵空事を思い描き
絵空事が絵空事でなくなれば
絵空事のような世界になって
絵空事の意味も変わるはず

だから
僕が思い描くのは
絵空事でない絵空事だ

かつて
絵空事だった世界に
僕らは生きている





                       〔三浦志郎:選〕











北 川  聖




 悲しみのカケラ


悲しみのカケラがきらめいて
或る日夜空に消えました

悲しみの瞳を持ったあの人は
或る日この世から消えました

人を愛し続けたあの人が
或る日この世を去りました

悲しみのカケラがきらめいて
僕の心に降りました

生死を彷徨う身体から
命が離れていきました

夜空に微かにきらめき
それきりでした





                       〔青島江里:選〕











水無川 渉




 八月の踏切


その昔
JRがまだ国鉄と呼ばれていたころ
ぼくは小学生だった

列車に乗るたびに
窓から外を見ていた
座席によじ登り
外を向いて座る時
よく靴を脱ぎ忘れては
親に叱られていた

ある年の夏休み
祖父母の住む田舎へ旅をした
緑と橙で彩られた長い列車に乗り込むと
家族四人でボックス席に場所を占めた
暑い盛りで 天井には扇風機が回り
駅の売店で買った冷凍みかんが歯にしみた
壁に取り付けられた灰皿には
大人たちの吸った
ピースやホープの吸殻が詰まっていた

父はたばこをくゆらせながら
網棚の荷物から取り出した分厚い時刻表で
乗り換えの時間を確認し
母はまだ幼い妹のために
テーブルの縁に取り付けられた栓抜きで
ジュースの王冠を取ってあげていた

だが 窓際に陣取ったぼくは
お気に入りの野球帽を後ろ向きに被り
窓ガラスに顔を押し付けて
ひたすら外を眺めていた

窓の外の世界は
八月の太陽の下
すべてが眩しく輝いていた
遠くの山々はゆっくりと動き
近くの家々は飛ぶように通り過ぎる
その間に流れていく景色は
休むことなく変化していく

列車と並行して走る自動車
田んぼのあぜ道を歩く人
工場の煙突からたなびく黒煙
次々と現れては消える色とりどりの看板……
車窓から見える風景は
いつまでも見飽きることがなかった



列車が途中の停車駅に近づいて
速度を落とすと
近くの様子もよく見えるようになった
踏切に近づき
警報機の音が聞こえてきた
列車が踏切を通過した瞬間
そこで目にした光景に
ぼくは息を呑んだ

踏切の外には
線路と交差する道路が伸びている
その歩道の上
遮断機のバーのすぐ後ろに
一人の少女が立っていた

年の頃はぼくと同じか少し上
細身のからだにまとった空色のワンピース
肩まで伸びた黒髪と
きゅっと結ばれた赤いくちびる
つば広の白い帽子の下から
大きな黒い瞳がまっすぐ前を見ている

列車の中のぼくと
踏切の外に立っている少女とは
ものの数メートルも離れていなかった
列車が踏切を通過した瞬間
巻き起こった一陣の風に
長い黒髪とスカートがふわりと揺れ
少女が帽子を飛ばされまいと
頭に手をやったとき
わずかに上向いた白い顔が
真夏の陽光に照り映えた

その瞬間
ぼくと少女はガラス越しに目を合わせ
世界は静止した

永遠とも感じた刹那の後
踏切の警報音が急に低くなり
少女の姿はあっという間に
後方へ過ぎ去っていった
そして列車はがたごとと無様に揺れながら
駅に到着したが
ぼくは駅の様子など眼中になかった
あの少女の姿が
ぼくの脳裏に深く刻まれていたから

その後のことは
あまり覚えていない
ぼくは少女のことを
誰にも言わなかったが
祖父母の家に着いてからも
彼女のことばかり考えていた

帰りの旅でも
ぼくは窓際に陣取って外を眺めていたが
車窓を流れる家並みや野山は
もうぼくの関心を惹かなかった

ぼくはただ
列車が踏切を通過するたびに目を凝らして
空色のワンピースをむなしく探したが
少女の姿を見ることは二度となかった



時は流れ
ぼくは大人になった
国鉄はJRと名前を変え
列車内は全面禁煙となり
空調の効いた車内には
ピースやホープも見かけなくなった
乗り継ぎ情報も携帯電話で確認
すべては清潔で効率的になった

そして
あの夏の日の記憶も
日常の雑事の中にいつしか埋もれていった



彼女のことを思い出すようになったのは
ここ数年 たまの休日に
列車でひとり旅をするようになってからだ

行く先も決めずに列車に乗り込み
あえて買い求めた紙の時刻表を手に
気の向くままに知らない土地を旅していると
なんとも言えない自由を感じる

そんなとき 特に夏になると
車窓から外を眺めながら
遠い少年時代に見た
空色のワンピースを着た少女の姿を
無意識に探している自分に気づき
ひとり苦笑いする

あれから何十年も経った
彼女が今どこで何をしているのか
まだ生きているのかすら
分からないのだ
そもそも場所が違うし
たとえ偶然めぐり逢ったとしても
あの時のままの姿でいることは
ありえないのに……

窓ガラスと遮断機を隔てて
ほんの一瞬だけ相対した少女
名も知らず
言葉を交わしたこともない彼女の存在が
長い年月を経て
なぜこれほどまで
ぼくの心をとらえ続けるのか

ぼくは答えのない問いを持て余しながら
窓の外を流れる風景をただ眺めていた
そしてもちろん
空色のワンピースは
決して現れなかった



今度の旅でもぼくは窓際の席に座った
車外の世界は八月の強烈な陽光に照らされ
いつもより生気に満ちている気がする
もう若いとは言えないぼくは
その生命力に気圧されるように感じながら
車窓に流れる景色をぼんやり眺め
列車が踏切を通り過ぎるたび
なかば機械的に彼女の姿を探した

それは 決して引き当てる見込みのない
当たりくじを求めて
くじを引き続ける行為に似ていた
実際に当たりが出ることを
期待しているわけではなく
ゲームを続けること自体が
目的であり 楽しみなのだ

いやむしろ 心の底では
当たりが出ることを恐れていたのかもしれない

ぼくは少女との再会を切望しながらも
それが実現するはずのないことに
さびしい安堵の念を覚えていた

記憶の中の彼女は今でも
あの日のままの姿で
空色のワンピースを纏い
踏切の向こうに立ちながら
こちらをじっと見つめている
ぼくと彼女を隔てるバーは
決して上がることがなく
警報機は鳴り止むことがない

それは
永遠に開くことのない踏切だった



列車はまた一つ
小さな踏切を通り過ぎた
そのとき
そこに立っているひとりの少年の姿が
目に飛び込んできた

おそらく小学生だろう
Tシャツに半ズボン姿の少年は
踏切の外に立っていた
野球帽を目深にかぶり
口を一文字に結んで
まっすぐ前を見ている

踏切の警報音が刹那に低くなり
少年の姿は踏切とともに
あっという間に後方に飛び去ったが
その純真な瞳の輝きだけは
ぼくの心に深く刻まれた

それはまるで
子ども時代の自分を見たような
不思議な感覚だった

そのときふと考えた
もしかしたら
ぼくが探し求めていたのは
あの少女ではなくて
あの日の自分自身
美しいものに感動し
それが失われることに抗う心を持った
かつての自分なのではないか

あのころ
世界は美しく広大で謎めいていて
無限の夢と可能性に満ちていた
今では
世界は単調で退屈だ
そしてそれを受け入れている自分がいる

だが 変わったのは世界ではなく
大切なものを失っても痛みさえ感じず
諦めの良さを成熟と勘違いしている
ぼくの方ではないのか

あの遠い夏の日
通り過ぎた踏切に
ぼくはかけがえのないものを
置き忘れてきたのかもしれない



列車は海辺にある小さな駅に停まった
聞いたこともないその無人駅で
ぼくはふらりと列車を降りた
辺りには人影もなく
真夏の太陽の下
すべてが眠ったように静まり返っている

ぼくは誰もいない改札を出て
駅のすぐそばを線路と直角に走る道路に出た
浜に降りて行くには
踏切を越えていかなければならない

すると突然
静寂を破って警報機が鳴り始め
ぼくを驚かせた
ぎこちない動きでバーが降りてくると
一本の列車が近づいてきた
ぼくはバーの外に立ち 待った

列車が轟音とともに目の前を通過していく
そのとき 走り過ぎる車両の隙間から
一瞬 空色のワンピースが見えた気がして
ぼくは思わず目を凝らした

それは夏風に吹かれて
軽やかに揺れていた
だが列車が行き過ぎてしまうと
踏切の向こうには誰もおらず
ただ青い空と海が広がるばかりだった

警報機が鳴り止み
バーが上がった
八月の光に満ちたその踏切を
ぼくはゆっくりと渡りはじめた

失くしたものを取り戻すために





                       〔島 秀生:選〕