■ 最新のお勧め詩集と書評 ■  


 この頁は、ネットで来られた皆さんに、「現在活躍中」の現代詩人を、毎号一人ずつご紹介していく頁です。現代詩
は、ともするとただ難解なだけのものと思われがちですが、 私は、現代詩の中にもこんないい詩があるよ、 こんなス
テキな詩集があるんだよということを、ここで示していきたいと思っています。

 書店の詩のコーナーに行って、 何を読んだらいいかわからないという人は、どうぞこの頁を読んで、購入する詩集
を選ぶ一助として下さい。 ここでは、詩集に載っている作品数の3分の1~2分の1以下しか掲載していませんから、
もっと読みたいと思われた時は、どうぞオリジナルの詩集をお買い求め下さい。下に、出版社や定価なども書いてあ
りますから、ネットショップ等から取寄せることも可能でしょう。
 現代詩にも、いい詩はたくさんあります。日頃、現代詩を読む機会のない方、毛嫌いされている方、どんな詩を読ん
だらいいかわからないよという方に、私はこの場を借りて、道案内をしていきたいと思っています。

    <島 秀生>
   日本ペンクラブ、日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会、会員









                

桑 田   窓 
 詩集『 52時70分まで待って 』 から 9篇

         





未完成


切り絵の空の星たちが
はらはらと舞い降りた夜
シリウス色したブローチの女の子
七色のお手玉を
星座のない空へ放り上げている

落書きの塔に沿って昇る雲から
銀河渡来の雪が降ってくる
絵日記の途中
雪沓を履いて駆け寄った
春まであと三歩

若草色のハーモニカ
桜を揺らす風のチャイム
早春の旋律に乗って
天に向けた願いは虹色のまま
その小さな手に戻ってきた

移ろう季節の隙間に
ぼんやりとした道が延びている
風が手招きする方へ
花びらは吸い込まれ
さっき拾った雪のかけらは
その冷たさを残して
もうどこかに消えてしまった

霞んだままの道の向こうは
夢見る時間の終わりだろうか
おとなになるまで
あっという間なのに
変わらないものは何だろうか









一度きりの航路


長く続く夜を引き留める岬
夕顔の霧が晴れない港の
きれいな色の泥の船
「どこにも着けず 沈みます」
そう看板に書いてある

さよなら
廃園の首都
停止した惑星
ただ寝そべっている人々

乗るときに貰った
千年後の星座表
いつか消える月の暦
それをぼんやり見ていれば
沈んだことさえ
気づかなくなるのだろう

次第に明けていく空に
真っ黒な飛行機が横切った
出発の合図

 終点まで連れて行ってくれる船なんて
 あるはずがない
 そして「二周目」の航路も

乗客の眼はどれも
自分が目指す先を見ていた
私も そう呟いて顔を上げた









雨の向こうの時計店


焼けた石畳の陽炎で
青い宝石が浮かんで見える午後
降ってくる溶けた日ざし
沸点以下の夕立のきざし

すずめはその熱をくぐり抜けて
白樫の小枝で一息ついた
隣には木陰色の時計店が建っている

「いろんな時間を売っています」
入口にある貼り紙の
薄暗い店の中
あちこち向く針 こちこち鳴る音
すずめはちらりと目をやった

店内にいるとんがり帽子の客は
逆向きに進む時計を探している
どこまでも戻れる針か
今朝までしか戻れないのか
価格次第ですよと店主は答える

もう一人のシルクハットの客は
時間をいつでも止められる時計を
買いに来たという
店内では効果は試せないと
店員は念を押している

「時計がなくたって
 急な雨は分かるのに」
すずめはそう呟いて
夕立後の冷えた空へ飛び立った
「いつものあの家 またパンくずを
 置いてくれているかも」

針の目盛りひとつ
戻れない空は
少しだけ秋に向かっていた
今を生きるすずめと
同じ早さで
夕焼け雲が流れていた









雲の上の停留所


手つかずのアクリルの空
ところどころに浮かぶ
動かない雲を眺めていると
雲の上の停留所に
並んでいる人たちが見えた

あの停車場の名は「アンタレス入り口」
次は「フォーマルハウト正面」
その先は「スピカ前ステーション」
空中の路線図に沿って
それぞれの星に向かう乗り物を
待つ人々なのか
さらに上空を見上げると
螺旋状に延びる乗り場が続いている

今はこの世にいない人も
私が出会っていない頃の姿で
どこかに立っていて
だから互いに
気づかぬまますれ違う

誰もみな 選んだ分かれ道の先には
辿り着く地があって
私もそんな行き止まりの
道の途中にいるだけだ

どれくらい高く昇れば
遠い星へ帰る停留所に着くのだろう
懐かしい人たちがいる星は何処
(いずこ)
それを知る術はない

今日も
限られた命のうちの一日
目の前の見慣れた道は
いつか
まっさらな空へ溶け込んでいく









十八時のメロディ


まだほんのりと熱を持った
ケチャップ色の夏の後ろ姿
そのしっぽのような
雲の影を追いかけていけば
幼い頃の故郷に
戻れそうな気持ちになる

子どもの頃 学校から帰ると
すぐに近所の友だちと
近くの道端で遊んでいた
やがて 夕焼け小焼けの澄んだ音が
高く背伸びした
オレンジの空から降ってくると
それじゃ またあしたと
みんな家路についた

おとなになって帰る実家は
少し しんとしていた
きちんと並んで
ひと休みしている台所の鍋も
みんなを迎えるために
おめかしした玄関も
私を育んでくれたこの家が
どこか愛おしかった

昔と同じはずなのに
知らない町のような故郷で
知らない誰かとすれ違うとき
こんばんはと
あいさつを交わせたら
あの日の夕暮れに戻れるかな
みんなで刻んだ石畳の落書きは
今も残っているかな──

さて 風が冷たくなってきた
からすといっしょに帰ろうと
口ずさみながら
そろそろ うちへ帰ろう

「ただいま」「おかえり」
十八時のメロディとともに
弾んだ声が聞こえてくる
夕焼け空の暖かな色が
家々の窓に移り 灯っていく










薄く色づく南風


眩しすぎるほど黄色い街の
プリズムとじゃれ合う
小さな明滅
水辺に住むモンシロチョウは
いくら羽ばたいても届かない
高い空を旅する
アサギマダラにあこがれていた

聞きたいことが たくさんあった
風の路線図 遠い国の草花
見知らぬ蝶たちのキャラバン
煌めく星座の羅針盤

エメラルドの飛沫を弾く
水車のそばでひとやすみしながら
もしその姿を見つけたら
どう話し出そうか考えている

河川敷の薄い草の揺れ方で
南から吹く風を知った
待ち焦がれる蝶は
その方角からやって来るはずだ

夏草は露草のことを
羨ましく思っているだろうか
冬の木の枝は
早く緑の服を着たいと
照れているのかな

そろそろ日が暮れてきた
代わりに灯る街灯の向こう側の
葉っぱの我が家へ帰ろう

どんな遠い地に生まれても
一生あれば きっと会える
そう信じて 明日を待とう









ひとりぼっちの世界


高台の高速道路から
遠く見渡せる冷たい灯籠
きれいなビー玉を
敷き詰めた夕暮れの街並み

遅くなった帰り道
握りしめたハンドル
中央分離帯のガードレールが
旅立つ船から伸びた
別れの紙テープのように
窓の外を流れ去っていく

ずっと悔やんでばかり
いつか話し合えるときが来る
また親の顔をして 
我が子との時間を過ごせるようになると
勝手に思い込み
かけがえのない時間を
無駄にし続けてきた

逃げていく秒針のアーチの下
釣鐘草のランプに照らされた道が
誰もいない世界へ私を導いて行く

見慣れた月は
灰色の雲の向こう
声にしたら涙が溢れそうで
呼びかけることもできず見送った光
その微かな灯りは
行くすべがない薄墨の山際に
吸い込まれていった









センチメンタル


行くことにしたよ

旅立ちの唄の五線譜の
もっと上に浮かぶ風船は
夕焼け色の音符
その音色が響く岬から見えた
幽霊船が集まる港へ

いつまでも思い悩む私に
じれったいと呟いて
幼いままの私なら
もうどこか遠くへ
走って行ってしまっただろうか

ずいぶん小さくなった 記憶 思い出
すぐそばの薄暗い街灯に映る自分の影

太陽が溶け込んだはずなのに
冷えていく細い道
子どもの頃の私は
いなくなったわけではない
いつも自分の足元で
私を見上げ
一緒に歩いている









さざ波


雲の小枝で夜明けを待っていた風が
そっと歩き出したほとり
ぱらぱらとページをめくるように
南へなびく海の桟橋でひとり

毎日仕事場へ通い働いて帰る
まだ見ぬ空の下に辿り着けるなんて
もう思ってはいない
どこかで落としたはずの大切なものが
何だったのかさえ
思い出すことができないのに
後悔だけはいつまでも握りしめたまま
暗い水面を漂っている

私が浮かぶ海を遠く見渡せば
誰もが皆 手づくりの小さな舟に乗り
ひとりオールを漕いでいる
どこにもない宝物を探して
ずっと真夜中のままの
波打つ草原を渡ろうとしている

無伴奏の飛行船の彼方
次第に雲は溶け
完成する青空

夜明けの風は
みんなの海を
今日も起こしに来てくれた
新しい朝だ

空につながる太陽の糸に
舟の旗を結びつける人たち
私が櫂を漕ぐ波は小さいけれど
ほかの誰かの波と合わされば
目を覚ます人もいるだろう

空と海と人とが手をつなぎ
また次の朝が生まれ
この世界は続いていく











 桑田 窓 さんの詩集 『 52時70分まで待って 』 (思潮社)
  2021年9月10日刊より抜粋   ISBN978-4-7837-3759-9 C0092
  定価 (本体2,400円+税)


 言葉のために、言葉を紡ぐという人がいる。しかし、私はそれはちょっと違うんじゃないか、と思う。
 言葉の向こうに何を見ているか。それがその人の描きたいものであり、その人のポリシーであり、その人の人生までが表れるものである。私は、それこそを見たいと思うし、触れたいと思う。
 桑田さんの詩は、洗練された言葉に包まれている詩だが、よく見ると、それらは皆、言葉の向こう側のために機能している。そういう、ちゃんと言葉の向こう側にあるものが、見える詩だと思う。
 また、桑田さんは叙景の達人であるので、前半部の叙景を読むだけで、もう惹き込まれるものがある。ちょっと奇想天外にも思うほどの、多彩で、楽しい比喩が炸裂するのも魅力だ。
 桑田窓(そう)さんは長崎市生まれ、佐賀市在住。本詩集が第三詩集となる。全35篇を所収。

 作品『未完成』。
 ハッとしないだろうか。夜空を見上げていると、星たちが、はらはらと落ちてくるなんて! そして、「シリウス色したブローチの女の子」が、「(星たちは落ちてしまったから)星座のない空」に、「七色のお手玉」を放り上げる。
 作者はなんて、「宇宙」というものを、ダイナミックに切り取って見せることか。しかも何百光年、何千光年の距離感を、お手玉を放り上げて、簡単に縮めてしまうなんて!

 本当は、保育園か、幼稚園のお遊戯の場なのかもしれない。あるいは小学校低学年の絵日記、遠近感を無視した絵の中の世界なのかもしれない。しかしながら、リアルの星空を、こんなふうに切り取れたら凄いだろうなと、簡単に虚実の境目を跨いでみせる。その鮮やかさが、この詩の凄いところである。
 季節は、冬の名残から、春になるところだろうか。まだ肌寒い風が吹く中、作者は子供(あるいは孫)の入学式に出かけて行ったのだろう。むしろ子育てを終えた人の方が思うのではないだろうか、「おとなになるまで/あっという間」だったと。しかしながら、久々に子供の幼稚園や小学校に出かけて行って、子供たちを見たからこそ、思うことがある。こうした夢見る気持ちがやがてなくなってしまうことが、「大人になる」ということなのだろうか、と。いやきっと、大人になっても変わらず持ち続けているものがあるはずだ、と。

 作品『一度きりの航路』。
 初行、「長く続く夜を引き留める岬」の詩行は秀逸だ。夜の海、灯りのない真っ暗な闇は、実に不気味だ。延々と続く闇に、岬は仄暗く、細長く突き出して、突端でその闇を繋ぎ止めているように見えると、作者は言う。この1行で、情景が目に浮かぶようである。
 「どこにも着けず 沈みます」は、かちかち山の泥船を思い起こす。しかしながら、その「沈みます」とわざわざ看板に書いてある船に、作者は乗りたいと思うのだ。この果てしのない闇の途中で沈んだならば、そこがどこかもわからない。誰にも気づかれないことだろう。作者はそれほどに、気持ちを落ち込ませているのだろうと思う。
 表現されているものが暗いので、気分的なものを先に思ってしまうのだが、「一度きりの航路」とは、人生の比喩でもある。乗ればそこまで連れていってくれる、あるいはあの人の後をついていけばよい、で、人生が先に進めるはずもない。最初にそういうものがあったとしても、その先は自分の足で歩いて行かねばならない。終連、作者もきっと、そう呟いて、顔を上げるのだ。

 作品『十八時のメロディ』。
 夕焼けを「ケチャップ色」と表現した人に、私は初めて出会った気がする。桑田さんの表現には星座などもよく出てくるが、実は「ケチャップ色」も星座と同質のものなのだと思う。要は、楽しくて、夢がある比喩やアイテムが多く登場するのだ。これは、この作者の特徴であり、桑田さんという詩人が、ポリシーとして描きたいものや、ひととなりに由来してくるものなのだろう。
 子供の頃、学校から帰って、友達と夢中になって遊んでいる時間。「夕焼け小焼け」のメロディがどこからともなく聞こえてくると、友達とお別れして、家に帰る合図だった。だから、18時きっかりに流れてきたメロディは、子供の頃すごした町の、遠い郷愁とともにある。あるいはもっと大きく、「18時の情景」として、その時間の景色の彩りが、作者の記憶に鮮明に焼き付いているのだろう。

 実際のところ、昔は「子供が帰る時間」の意味合いがあったのではないか。比較的大きな音で、毎日流していたと思う。それが、いつからか聞こえなくなっていると、言われてみて気がついた。鳴らさなくなったのか、鳴らす回数が減ったのか、音が小さくなったのか。
 調べてみると、「防災スピーカーのテスト」の意味合いがあるので、今も鳴らしている自治体が多いことがわかった。ただ、毎日鳴らしているところ、月に1回しか鳴らさないところと、いろいろある。時間帯は全般的に早くなっているようで、17時に鳴らすところ、16時に鳴らすところ、季節ごとの日没時間に合わせて、17時から前後30分ずつ変えるところなど、ある。音だけのテストするところと、声と音の両方をテストするところがあり、呼び名も「夕焼けチャイム」、「夕方の時報メロディ」、「夕方のふるさと放送」、「防災行政用無線の夕方の定時放送」など、自治体によりバラバラである。

 もうすっかり長く、別の地で、別の生活を送っている作者にとって、久々に帰る実家は、よそ者のようである。そんな時、18時のメロディがトリガーとなって、遠い日の自分を呼び戻してくれるのかもしれない。

 作品『薄く色づく南風』。
 3行目、「小さな明滅」とは、モンシロチョウが翅を瞬かせている状態を表現していて秀逸。この詩は、アサギマダラにあこがれるモンシロチョウを擬人化した詩である。
 ご承知のように、アサギマダラは鳥のように「渡り」をする蝶。生態は一律ではないが、多くは春に羽化し、南西諸島や台湾から、1500km前後を北上して日本に来る。だから、モンシロチョウは、南風に乗ってやってくるであろう、その方向を向いて、アサギマダラを待っている。
 アサギマダラに会ったなら、聞きたいことがある。それは、「風の路線図」「遠い国の草花」「煌めく星座の羅針盤」などだ。モンシロチョウは、遠くからやってくるアサギマダラに、いつか会えると信じながら、今日も街灯の向こうの、葉っぱのような我が家に帰る。その姿は、どこか作者と似ている。
 翻って、作者がモンシロチョウで描きたかった、本当のものはなんだろうと思う。終連、どんな遠い地に生まれても、一生あればきっと会えると、作者がそう固く信じているものは、なんなのだろう。

 作品『ひとりぼっちの世界』。
 近年できた高速道路は、とりわけ山を切り開いたような高台を走っているものが多い気がする。この詩の舞台となった高速道路も、かなり高い位置を走っていることがわかる。意図してそうなったわけではないだろうが、眺望がすごく開けていて、遠く夜の街並みが、「きれいなビー玉を敷き詰めた」ように見えている。追い越し車線を走っているのだろう、中央分離帯のガードレールの白が、「旅立つ船から伸びた/別れの紙テープのよう」だというのも、秀逸な表現。この詩の抒情とは全く違うことを言うが、桑田さんは叙景の達人というだけでなく、比喩がとても楽しいのが特徴の詩人だ。
 3連、親と子が離れてしまうのは、いろんなケースがあるだろう。離婚によって、子どもと別れてしまうケース。あるいは親子であっても何らかの相違から断絶してしまうケース。あるいは子が結婚して別の家庭を持ち、とりわけ遠方で暮らすことになると疎遠になりがちだ。この詩の後半で描かれているものは、長年にわたる深刻なものに思えるが、作者がどのケースであるのかはわからない。しかしながら、一つだけわかっていることがある。少なくとも親である作者側は、子への愛情が途切れたことはないのだ。

 作品『センチメンタル』。
 いつまでも思い悩む私に、じれったいと呟いて、駆けだしていく、もう一人の自分。自分の足元には、「子どもの頃の私」がいつも一緒にいて、今の私を見上げ、一緒に歩いていると、作者は言う。 それはもしかしたら、作品『未完成』で問うていた、「おとなになっても変わらないもの」の、一つの回答であるのかもしれない。
 想像してみて欲しい。「行くことにしたよ」、そのセリフは今、誰に言ったのだろう?

 作品『さざ波』。
 この詩も出だしから、すばらしい。1~2行目、

  
雲の小枝で夜明けを待っていた風が
  そっと歩き出したほとり


風はいつも夜のあいだ、そんなところで待っているのか、と思う。また、2連最後の、

 
 ずっと真夜中のままの
  波打つ草原を渡ろうとしている


は、夜の海を、「波打つ草原」と表現しているすばらしさ。さらには人が歩む人生の様を、この2行で表現して見せている。
 ちなみに、私ならこの詩、4連で終わりにしてしまう。夜明けの風はみんなの海を起こしにに来た。それで充分だと思ってしまう。
 それはたぶん私が、人よりも、風の行方の方に、より興味があり、他人の海になんて、容易に立ち入れるものでないと思っているせいだ。しかしながら、作者は違う。この詩に、5連、6連(終連)をつけずにいられないところが、桑田さんという人なのだ。
 詩集のあとがきにも、こんな言葉がある。深夜、日付が変わった0番線ホーム。未来ゆきの列車に、作者はぎりぎり滑り込む。フツウなら、自分が間に合ったところで、ホッとして終わりのところだ。だが、桑田さんという人は違う。そこで、こう言うのだ。

 「みんなを呼んでくる。すぐに戻るから、ちょっとだけ待っていて」、と。



                                   (島)