□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 303号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十六年

 戦後七十六年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s


●三浦志郎さんが出版。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さんが新詩集を出版。

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさんが新詩集を出版。 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさんがさらに新詩集を出版。

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さんが新詩集を出版!!

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。









 編集雑記


第4波と第5波の比較及び状況──大阪府・東京都

 

大阪府における新型コロナウィルス第5波の感染状況

(感染者が150人を再び超えた7/7からを第5波と見て、9/25までの中間集計と分析)

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

4,415

2,850

13,700

25,535

15,971

14,543

10,199

3,307

1,896

1,193

299

16

93,924

不明109

構成比

4.7%

3.0%

14.6%

27.2%

17.0%

15.5%

10.9%

3.5%

2.0%

1.3%

0.3%

0.0%

100.0%

除く

直近の1ヵ月構成比

6.1%

3.6%

15.8%

23.8%

16.8%

15.4%

10.4%

3.6%

2.5%

1.6%

0.4%

0.0%

100.0%

前回までの構成比

3.8%

2.6%

13.9%

29.7%

17.1%

15.5%

11.1%

3.4%

1.7%

1.0%

0.2%

0.0%

100.0%

第4波における構成比

2.3%

1.4%

8.3%

22.1%

14.0%

15.0%

13.7%

8.2%

7.8%

5.4%

1.6%

0.1%

100.0%

参考:人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

新規重症者数

0

0

3

21

68

217

299

164

98

47

3

0

920

構成比

0.0%

0.0%

0.3%

2.3%

7.4%

23.6%

32.5%

17.8%

10.7%

5.1%

0.3%

0.0%

100.0%

感染者数に対する重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.5%

2.9%

5.0%

5.2%

3.9%

1.0%

0.0%

1.0%

第4波における重症化率

0.1%

0.0%

0.0%

0.2%

0.5%

1.7%

4.6%

9.2%

12.7%

6.5%

1.8%

0.0%

3.1%

死亡数

1

0

4

13

28

41

57

84

31

2

261

構成比

0.4%

0.0%

1.5%

5.0%

10.7%

15.7%

21.8%

32.2%

11.9%

0.8%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

1.2%

3.0%

7.0%

10.4%

12.5%

0.3%

第4波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.9%

3.0%

10.0%

20.4%

28.7%

25.5%

2.8%

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

405,690

287,089

790,777

970,152

1,028,015

1,358,762

1,173,476

991,886

1,140,613

583,416

116,030

3,707

8,849,613

不明22

人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

除く

人口に対する感染率

1.088%

0.993%

1.732%

2.632%

1.554%

1.070%

0.869%

0.333%

0.166%

0.204%

0.258%

0.432%

1.061%

人口に対する重症化率

0.000%

0.000%

0.000%

0.002%

0.007%

0.016%

0.025%

0.017%

0.009%

0.008%

0.003%

0.000%

0.010%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.002%

0.004%

0.005%

0.014%

0.027%

0.054%

0.003%

何人に一人感染

92

101

58

38

64

93

115

300

602

489

388

232

94

何人に一人重症化

263,592

46,198

15,118

6,262

3,925

6,048

11,639

12,413

38,677

9,619

何人に一人死亡

790,777

257,004

104,520

41,910

24,192

20,011

6,945

3,743

1,854

33,907


 

東京都における新型コロナウィルス第5波の感染状況

(感染者が500人を連続して超え始めた6/23からを第5波と見て、9/25までの中間集計と分析)

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

11,517

18,908

62,760

41,772

33,133

23,028

6,993

3,554

2,163

604

42

204,474

不明0

構成比

 

5.6%

9.2%

30.7%

20.4%

16.2%

11.3%

3.4%

1.7%

1.1%

0.3%

0.0%

100.0%

直近の1ヵ月構成比

 

8.3%

10.0%

26.6%

19.3%

16.4%

11.2%

3.9%

2.5%

1.4%

0.4%

0.0%

100.0%

前回までの構成比

 

5.0%

9.1%

31.8%

20.7%

16.2%

11.3%

3.3%

1.5%

1.0%

0.3%

0.0%

100.0%

5波最初の1ヵ月構成比

 

4.3%

7.7%

31.6%

20.5%

16.8%

12.1%

3.9%

1.8%

1.0%

0.2%

0.0%

100.0%

4波最初の1ヵ月構成比

 

3.3%

7.0%

28.0%

19.1%

16.4%

12.3%

5.8%

4.2%

2.8%

1.0%

0.0%

100.0%

参考:人口構成比

 

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

死亡数

0

1

18

36

104

99

142

170

82

6

658

構成比

0.0%

0.2%

2.7%

5.5%

15.8%

15.0%

21.6%

25.8%

12.5%

0.9%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.5%

1.4%

4.0%

7.9%

13.6%

14.3%

0.3%

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

1,072,483

1,063,410

1,734,162

1,946,838

2,230,657

1,956,885

1,380,304

1,435,212

825,119

191,813

6,641

13,843,524

不明1

人口構成比

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

人口に対する感染率

 

1.074%

1.778%

3.619%

2.146%

1.485%

1.177%

0.507%

0.248%

0.262%

0.315%

0.632%

1.477%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.001%

0.002%

0.005%

0.007%

0.010%

0.021%

0.043%

0.090%

0.005%

何人に一人感染

 

93

56

28

47

67

85

197

404

381

318

158

68

何人に一人死亡

1,734,162

108,158

61,963

18,816

13,942

10,107

4,854

2,339

1,107

21,039

 
・感染者数は新規感染者数の累計であって、その後に回復済の人もいるので、現時点における感染者数の数値ではない。
・重症者数は新規重症者数の累計であって、その後に重症状態を脱した人もいるので、現時点における重症者数の数値ではない。
・大阪の80代以上については、重症者数より死亡者数の方が多い。これは、急激な悪化による死亡や入院難による死亡など、「重症者」判定を経ずして「死亡」に
 至っているケースが多いためと思われる。したがって、80代以上の重症化率については、実態は70代の数値よりも悪い数値であると、考えるべきである。
・死亡数は第5波の累計死亡者数である。
・大阪の人口は、2020年1月1日時点の住民基本台帳人口であるが、「就学児」は6~9歳であるので、5~9歳人口のうち5分の1を
 「未就学児」の方に加算する形で按分している。
・東京都の人口は、令和3年1月住基の5歳区分人口を10歳区分に集計。



 ①表の大阪府、②表の東京都の、9/25までの感染者数構成比をまず両方見て頂くと、
 まずはっきりするのは、20代の感染者構成比が、大阪27.2%、東京30.7%と、ともに30%前後を占めている。次に多いのは30代で、大阪府は17.0%、東京都で20.4%となっている。東京においてはもう、この2つの年代だけで、51.1%と過半数超えとなる。
 次にこれらを人口構成比との比較で見てほしいのだが、20代の人口構成比は本来、大阪は11.0%、東京は12.5%であり、20代はこの人口比率よりも、大阪で2.47倍、東京で2.46倍の高確率で、感染者が発生している、ということである。
 また、対人口比率でいうと。30代は、大阪で1.47倍、東京で1.45倍である。

 ただ、注目すべきは、直近の1ヵ月に限っては、それ以前と比べ20代は、大阪で29.7% → 23.8%へ6ポイントダウン。東京でも31.8% → 26.6%と5ポイントダウンしており、明らかな変化が見られる。
その要因だが、20代のワクチン接種も一部で始まっているものの、まだ数値に反映するところまで行っていない気がするので、私は別の要因、ある種の飽和状態ではないかと考えている。ここから先は、きちんと感染対策している人が残っている、とも言えるし、
 「何人に一人感染」(もちろん累計なので、もう感染状態を脱している人を含む)の項目を見てもらうと、20代はもう、大阪で38人に1人感染(20代人口の2.6%)、東京で28人に1人感染(20代人口の3.6%)と、とんでもないレベルまで来ているので、こういう50人に1人を切るレベルまで来ると、自分の身の回りの知人に、実際に感染者が出てるはずで、それゆえ非常に身近な問題としての切迫感が違ってくる。つまり自分の問題として、意識が高まっているのではないか、とも思う。
 9月後半から、感染者全体の減少傾向が続いているわけだが、数値的な相関性でいうと、感染の核であった、この20代の減少傾向が、全体の感染者数減に、深く影響を与えたと、見えてならない。
もし、相関性があるなら、これから20代のワクチン接種が進んで、20代の感染者が減っていくと、感染者の全体数も低減化に向かう期待が持てると思う。今後の第6派、第7派においてもである。

 あと、何度も言うようで申し訳ないのだが、とりわけ親と同居の20代は、感染を家庭内に持ち込むと、親の方は重症化するので、絶対に家庭に持ち込んではいけない。家庭に持ち込まないためには、自身が絶対に感染してはいけない。これは10代の人にもお願いしておきたい。
 大阪の重症者数を見てもらうと、50代が299人で32.5%、40代が217人で23.6%となっており、この2つの年代だけで重症者の56.1%を占めていたことがわかる。家庭内に持ち込むと、親の方は重症化するので、絶対に持ち込んではいけない。20代のみならず、10代の人にも、これはお願いしておきたい。

 「何人に一人感染」を見てもらうと、20代に次ぐのは、大阪は10代が2位で58人に1人。30代が3位で64人に1人。東京は30代が2位で47人に1人、10代が3位で56人に1人となっている。人口自体が少なめなので全体構成比としては目立たないのだが、人口比率対でみると、10代もかなり高確率で感染者がいるので、感染対策は万全に、充分注意して欲しい。なお大阪では10代にも死亡が1人出ている。

 一方、危惧された夏休み明けの10代以下の感染拡大であるが、直近1ヵ月を見てもらうと、その前と比べ、大阪は10代が13.9% → 15.8%へ、約2ポイントアップ。10歳未満(就学児+未就学児)が計6.4% → 9.7%へ、3ポイント超アップしている。東京でも10代が9.1% → 10.0%へ、約1ポイントアップ。10歳未満が5.0% → 8.3%へ、3ポイント超アップとなっている。この期間、保育所等、低年齢のところでクラスター頻発したが、その報告どおり10歳未満での感染拡大が数値に表れている。可能性として、保育所・学校などで2週間で拡大 → そこからさらに家庭内へ2週間で拡大という可能性が無くなったわけではないが、今のところ大きな徴候は見えないし、また上昇が3ポイントくらいであれば、多少のリバウンドはあっても、大きなことにはならないと考えていいと思われる。

 ワクチン接種の効果であるが、公表されてるデータに「2回接種済・1回接種済・未接種」の識別がないので、時期的に高齢者は概ね接種が済んでいるという前提で、大阪の第4波(ワクチン接種前・アルファ株流行時)と第5波を比較すると、70代人口 1,140,613人における感染比率は以下である。

              第4波  第5波
 70代人口における感染率  0.372%  0.166%  2.2分の1
 70代人口における重症者率 0.047%  0.009%  5.2分の1
 70代人口における死亡率  0.037%  0.005%  7.4分の1

これは、対・アルファ株比較である。もちろん100%が2回接種済みというわけではないだろうから、正しいワクチン効果としては、これより数値が多少よくなるであろうことは含んでおきたいが、ワクチン接種は絶対的なものでなく、ブレイクスルー感染も結構出ているので、(東京都のモニタリング会議の発表では、先月1日から今月20日までに感染して亡くなった人で、ワクチンの接種歴が分かっている412人のうち、2回接種して亡くなった人は49人、率にして11.9%。49人のうち45人は基礎疾患がある人でした。と、把握している範囲の発表があった。:9/24NHKニュース)、感染対策は引き続き怠ってはいけない。

 特に、ワクチン2回接種済みでも高齢者は安心してはいけない。いったん感染してしまうと、その後の重症化率、死亡率は、ワクチン接種をしていてもなお、高齢者は他の年代より悪いということを、忘れてはいけない。

 大阪  感染者の重症化率  感染者の死亡率
 40代     1.5%      0.1%
 50代     2.9%      0.3%
 70代     5.2%      3.0%   単純計算で57.7%が死亡
(70代は重症化した5.2%のうち、半数以上が亡くなっているということ。
 高齢者は、重症化からの致死率が非常に高いので、重症化する前に必ず治療を) 

また、70代より年齢上がるにつれ、死亡率はさらに高い。

 ・感染者における死亡率
  大阪は70代3.0%、80代7.0%、90代10.4%、
  東京が70代4.0%、80代7.9%、90代13.6%、

なので、高齢者は依然、感染対策を怠ってはいけない。
第5波においても、結局ところ亡くなってるのは、高齢者がほとんどで、

 大阪60代以上 215人(82.4%)
 東京60代以上 499人(75.8%)

を占めている。

 ところで、死亡や重症の話ばかりしていますが、中等症Ⅰでも、物凄くしんどい。また40度近く熱が出ても軽症扱いって時もあるので、どう転んでもツライ思いをするのは間違いなし、です。ともかくかからないことです。



*追記・9/30で非常事態宣言は、全国一斉に解除ということになりましたが、重症病床がまだかなり埋まってるという意味では、東京・大阪ともに、まだきれいに沈静化には至ってないので、引き続き注意が必要です。加えて申し上げると、第3波・第4波の感染者数グラフの山と谷でもって言うと、東京は500人を切ってくると、グラフの「谷」の、沈静化レベル入ったと言えるのですが、大阪の場合のそれは、150人です。9/28現在、大阪はまだ250人前後をうろうろしてるので、まだ沈静化レベルに至ったと言えません。そもそも感染者数のピークも、大阪は東京より10日前後遅れてピーク期となりましたから、東京より全体の進行が遅いのです。それを同時に宣言解除するというのは、ちょっと違うような気がしています。大阪はまだ解除レベルに至ってないのに、解除したことになりますから、東京以上に重々注意が必要です。







 ■ “100件入院断られた”感染の40代男性「もうだめと思った」


 新型コロナウイルスの感染拡大で都内の医療体制が危機的な状況となるなか、症状が急激に悪化して救急搬送を要請しても入院先がなかなか決まらなかったという40代の男性がNHKの取材に応じ「強い不安を感じた」と当時の状況を語りました。

 都内に住む会社員の45歳の男性は妻と子ども2人、70代の母親の5人で暮らしています。
 先月22日、最初に大学生の長男の感染が判明しました。
 その2日後の24日、男性にも症状が現れ、38度台の発熱と味覚の異変を感じたといいます。
26日に検査した結果、男性と妻、それに次男がいずれも感染していました。

 基礎疾患はなく、野球やゴルフをして体力には自信があったという男性。
 自宅で療養していましたが、27日には39度7分まで熱が上昇。
 31日の夜には症状が急に悪化して一気に呼吸状態が悪くなり、自宅にあったパルスオキシメーターで測定したところ血液中の酸素飽和度が89まで下がったといいます。
男性は「体力にも自信があり年齢的にも大丈夫だと思っていた。でも急に呼吸が苦しくなり驚いた」と振り返ります。

 妻がすぐに救急車を呼びましたが、受け入れてくれる病院はなかなか見つからず救急車は自宅近くに止まったまま。
 自宅で当面の処置をした救急隊員が2人がかりで受け入れ要請の電話をかけ続けていたといいます。
およそ3時間後、自宅から30キロほど離れた病院に入院できることになりました。

 入院先の病院によりますと、救急隊員は医療機関に受け入れをおよそ100件断られたと話していたということです。
男性は意識がもうろうとする中、隊員が「絶対に病院を見つけますから」と声をかけ続けてくれたことが励みになったといいます。
 そして「救急車を呼んでもこのまま病院に行けないのではないかという不安でもうだめだと思ったが、救急隊員が目を充血させながら電話をかけ続けてくれたので頑張る勇気をもらえた」と話していました。

 入院した際、男性は人工呼吸器をつける寸前の状態で、高濃度の酸素を送る装置をつけ、看護師が男性をうつ伏せにして酸素を送りやすい体勢にするなどの対応にあたったといいます。
男性は「呼吸しても酸素が入っていかない感じで何回か気を失った。どんどん悪化して戻れるのかというのは感じました」と当時の状況を語りました。

 その後、症状は回復し、発熱から19日後、入院から11日後の今月12日、退院することができました。
幸い後遺症とみられる症状は出ていないということですが、体重は7キロ落ち、筋力も低下して歩くのも大変だったといいます。

 男性は「ごはんも食べられず酸素を吸入していてもなかなか数値がよくならないのでずっと不安だった。もし自分が亡くなったら家族に迷惑をかけてしまうと思い、生きないといけない気持ちで必死だった。コロナは本当に怖い。入院できていなかったらどうなっていたかと思うとぞっとする」と話しています。

 5人のうち4人が感染したこの家族。
 それぞれ新型コロナウイルスの症状に苦しみながら、男性の入院先の決定を見守り、症状の回復を願っていました。
男性の妻は1週間ほど高熱が続いたということで「まさか自分たちが感染するとは思っていなかった。救急車が来ても病院が決まらないので本当に不安で、そばでただ祈ることしかできなかった」と話していました。

 また19歳の次男は「父の入院が長くなると重症なのかと思い、死んでしまったらどうしようと不安だった。自分も若いから大したことないと思っていたが、感染してみると外出もできず大変だった。今は、自分が大丈夫ということではなく周りに感染させないように気をつけることも大事だと思った」と話していました。



  ───── 以上、NHK NEWS WEB  2021.8.26より







 ■ 大学生が中等症に “体力があっても 症状重くなる可能性”


 デルタ株が猛威をふるう第5波ではこれまでと比べて20代から30代の若い世代の感染が増え、なかには、症状が悪化する人も出てきています。
自力で呼吸ができないほど症状が悪化した20歳の男子学生が取材に応じ、「もう自分は死ぬんだなと思った」と追い込まれた状況を振り返りました。

 取材に応じたのは、大阪府内にすむ20歳の大学生の男性です。
 男性は、先月下旬、頭痛と38度の発熱で近所の病院に行ったところ、感染が確認されました。

 1回目のワクチンは1週間後に打つ予定でした。
 元々、格闘技をしていて、基礎疾患もなく、体力に自信があったという男性はこれまでに感染した、まわりの友人たちの多くが1週間程度で回復している様子をみて、新型コロナはインフルエンザみたいなものだと捉えていたといいます。

 男性は、「若い人は重症化はあまりしないと聞いていたし、自分の周りでかかった人はみんな、軽症で済んでいたので同じ感じになるのかな、程度にしか思っていませんでした」と振り返ります。
 ところが、3日後、家族への感染を防ぐためホテルで療養を始めた男性の症状は次第に悪化していきました。
 解熱剤を飲んでも熱は40度まで上がり、咳もとまりません。

 当時、男性がSNSに投稿された動画では、乾いたせきが続き、「ずっと熱が出ていて。気管支から出るぜんそくのようなせきです」とコメントしていました。
 この時点では、まだ、SNSに投稿をして、友人たちに状況を伝える余裕があったといいます。
ホテルに入って4日目のSNSへの投稿では、「咳で死にそうやけど、(血中の)酸素濃度97%とか98%で保ててるのが救い」と記されています。

 しかし、これが、最後の投稿となりました。
 この日の夜、状況が一変したといいます。 
 血中の酸素の濃度を示す値が90を切り、測定装置のアラートが鳴り続けました。
 意識がもうろうとし、ベッド脇の内線電話に手を伸ばして、看護師に連絡することすらできなかったといいます。

 動かせるのは手元だけ。
 手で握っていたスマートフォンで119を押しました。
 男性は、「119で連絡をすることに多少は抵抗があって、この方法でいいのだろうかと思ったのですが、息もできず、自分は本当に死ぬんじゃないかと思って、119を押して、『すいません、ちょっとホテルに連絡お願いします』となんとか伝えました」と当時の状況を振り返りました。
 連絡を受けた看護師が駆けつけ、男性は翌日、病院に救急搬送されました。
 病院でCTを撮影すると、肺が真っ白で、自力での呼吸が難しく、酸素投与が必要な状態の「中等症2」と診断されました。
 すぐに治療が始まりましたが、息を吸うこともままならず、男性は、再び意識を失いかけたといいます。

 男性は、「これはもう自分は死ぬのかな、お迎えがきているのかな、といった感覚がありました。死にそうということを看護師に伝えないといけない、と思い、『息ができません』とスマホ画面で打ち込んで看護師さんに見せる形で伝えました。そしたら、看護師や医者が飛んできて、酸素の吸入量を最大の5リットルまであげてくれました。なんとかそれで酸素を吸って生にしがみついた感じです」と追い込まれた状況を振り返りました。

 このあと、徐々に治療の効果があらわれ、男性は、1週間の入院生活を経て、先週、退院することができました。
 男性は、自宅での生活に戻ることはできましたが、今後への不安はつきないといいます。
 筋肉質の体格だった男性の体重は80キロから7キロ減り、足の筋肉はそげ落ちました。
 後遺症とみられる症状で常にめまいを感じて1人で外出ができず、いまはほとんど自宅で過ごしています。
 味覚障害も残り、何を食べてもレモンの皮のような苦みが残るといいます。

 男性は、「味覚がいつ戻るか分からないし、後遺症がこれからどうなっていくのかと言いようのない不安感に突然襲われてしまいます。重症化する可能性は、どれだけ身体が強くても、関係なくあるんだと実感しました」と話していました。

 また、高校生の妹と家庭教師先の生徒にも感染させたとみられ、自分を責め続けているといいます。
 男性は、「本当に一瞬の気の緩みがすごいしんどさにつながったり、あるいは身近な人の苦しみにつながってしまう。同世代には、友人などが大声で騒いでいるような場面にあったら、周りに流されることをせずに『これはちょっとまずいんじゃないか』などと一声出してほしいと自戒の意味も含めて思います。僕はもうああいう苦しみは誰にも味わってほしくないと思います」と訴えていました。



  ───── 以上、NHK 関西 NEWS WEB 2021.9.16より







■ ブレークスルー感染 20代が自宅療養してわかったこと


 「私はこれなのか…?#ブレイクスルー感染」

新型コロナウイルスのワクチン接種を終えたあと2週間以上して感染が確認される、いわゆる「ブレークスルー感染」。感染した経験をSNSにつづった20代の女性に話を聞きました。

 ○ ワクチン打ったあとに発熱…

 投稿したのは関西地方の病院で看護師として働く20代女性です。
感染経路ははっきりとはわかっていません。ただ、心当たりは勤務中のことだといいます。

 8月初旬、2回目のワクチン接種を終えて2週間がたとうとしていた頃でした。
ケアの最中にせき込んだ患者の飛まつを浴びたことがありました。

女性はサージカルマスクやゴーグルなどを身につけていたうえ、ケアの後に顔や手をよく洗ったといいます。

 ところが数日後、37度4分の熱が出ました。
 その日のうちに受けたPCR検査の結果は「陽性」。接種を終えてから19日後のことでした。

 ○ 味覚なし、体重4キロ減

 発症2日目。
 発熱の症状はありませんでしたが、味覚と嗅覚が無くなり、軽いせきと下痢が始まったといいます。
塩や砂糖を口に入れると砂利のように感じ、食欲がわかなくなりました。

 発症5日目くらいから、せきと吐き気の影響で固形物が食べられなくなったといいます。
そんな時に口にすることができたのは、甘みを少し感じることができたプロテインでした。

 女性は1人暮らしで、食料品の備蓄はほとんどありませんでした。
 あっとういう間に体重が4キロ落ちたといいます。

 ○ 息苦しさ、パニックに

 発症から1週間がたつ頃、ひどいせきが続いて、息がうまくできないことが多くなりました。

 パルスオキシメーターで血液中の酸素の値を測ると、一時は中等症の目安となる94%まで低下。寝ている間に呼吸が止まってしまうのではないかと不安に襲われました。

 感染した女性
「自分がいざ息苦しくなると、呼吸は命に直結するので、息が苦しいのでいっぱいいっぱいになって、どうしたらいいかわからなくなるんですよね。私は看護師なのでそうした時の対処方法を知っていてもパニックになったので、知らない人はもっとパニックになるだろうなと思いました」

 座ったほうが呼吸が楽になった女性は、上体を起こした状態で眠ったこともあったといいます。
「横になると苦しいし不安なんですよね。もし寝ている間に呼吸ができなくなったらどうしようとか。座って寝れば安心だと思って」

 ○ 「情けないくらい、怖い」

 発症から9日目の投稿です。

「医療を提供する立場なのに情けないくらい毎日朝を迎えるのが不安でめちゃめちゃ怖いです」

 ○ 「明日は我が身」

 発症10日目。
 脱水の症状が現れるようになりました。
ひどいせきで水を口に入れるとむせてしまい、飲めなくなったといいます。
「手がしびれる脱水の症状が出てきました。水はさらさらしているのでせきが出ている最中に飲むと、むせるんです、余計。全然飲めませんでした」
その時の投稿です。

「20代死亡か…。こうなるのもわかる。本当に明日は我が身」
その後、保健所を通じて医師に往診してもらい点滴の治療を受けると楽になったといいます。

 ○ “密”に連絡取れる人を



女性がつらい時に助けてくれたのは家族や親しい友人です。
水が口にできず、女性が飲み込みやすかったゼリー飲料が欲しくなった時は自宅まで届けてくれました。
朝と夜は電話で、日中にはメッセージで、安否を確認してくれました。
「もし感染してしまったらまだ元気なうちに、家族や親しい人に『助けてほしい』と伝えてください。家族など連絡を“密”に取れる人を1人見つけておくことが大事です」

 ○ 「このまま死ぬかも」

 発症からおよそ2週間、再び下痢と吐き気に襲われ、脱水症状になりました。
この頃は1日に250ミリリットルの水を飲むのが精いっぱいだったといいます。

 ひどい腹痛で冷や汗も止まらなくなりました。

 保健所に電話しましたが、医師が往診できるかわからないと言われたといいます。
「医療とつながることができない状況が一番不安でした。本当にこのまま死ぬかもしれないと思いました。トイレから動けず、冷や汗ダラダラだったので。必死で電話かけたのに(保健所から)優先度低いと言われたから、嘘でしょうと。あ、もう終わったと思いました」

 部屋のカーテンレールに点滴の袋をかけた
 その翌日、それでもつらいと訴えた女性の元に医師が訪れ、点滴などの治療を受けて、なんとか回復することができたといいます。
「感染対策にとても気をつけて生活してきたのに感染してしまった事実にショックと、精神的にプツンと切れてしまって疲れたという感じで涙が止まりませんでした。初期症状が軽かったので、ブレークスルー感染は気付くのが遅れてしまうと怖いと思います」

 ○ 接種しても 感染させるリスク考えて

 ブレークスルー感染を経験した女性は取材の最後にこう話しました。
 「初期症状に気付きにくかったことと、2回接種後の感染への理解が周囲からあまり得られなかったこともあり、最初はワクチンを接種した意味はあったのかと考えてしまいましたが、もし接種していなかったら重症化していたのではないかと今では思います。ワクチンを接種しても重症化は防ぐものの感染する可能性はあること、周りに感染させるリスクもあることを考えて行動する必要があると思います」


 ● 1人暮らしの自宅療養 注意点は?

 こ自宅で療養する人は今月8日時点で9週間ぶりに減少に転じたものの、全国で10万人を超えています。
改めて1人暮らしの自宅療養は何に注意すればいいのか、国際医療福祉大学の松本哲哉教授に聞きました。

国際医療福祉大学 松本哲哉教授
松本教授は、自治体が貸し出すパルスオキシメーターで血液中の酸素の値をこまめに測って呼吸の状態を把握することが大切だといいます。

 松本教授
「酸素飽和度が93%以下になると通常は息苦しさを感じる値で、保健所に連絡してほしいです。もし90%を切ったら当然救急車を呼ばなくてはならないレベルです」

 ○ パルスオキシメーターがない時は
パルスオキシメーターが手元にない場合は、呼吸の状態が悪化している兆候が出ていないか鏡などで確認してほしいといいます。

 1 顔色・唇の色
唇が青ざめている、顔色が真っ青な状態。

 2 肩や体の動き
息苦しくなると自然と、肩や体を動かしながら息をするようになります。

 3 動いた時、会話中の息切れ
会話ができず途中で言葉が途切れてしまう。呼吸状態が悪いとずっと話すことができず、途切れ途切れになったりします。

 ○ ためらわずSOSを
こうした症状が現れた場合は、ためらわずに保健所に相談するか、救急車を呼んでほしいといいます。

松本教授
「つらさは人によって千差万別で本人にしかわかりません。我慢して回復すればいいですが、悪化した場合は自力で救急車を呼べなくなるおそれがあることも考えておいてほしい」

 ○ 助けてくれる人 決めておいて

松本教授
「家族や友達など、できれば毎日こまめに連絡を取り合いながら体調を確認してくれる人を決めておくことが大事です。ビデオ通話で顔を見ながら会話ができれば、いつもと様子が違うと気付いてくれるかもしれません。もし自分で連絡ができないほど症状が悪化した場合には命を守るサポートをしてくれるかもしれません」




  ───── 以上、NHK NEWS WEB  2021.9.15より






 ■ コロナ中等症の怖さ訴え 30代女性「3か月たっても息苦しい」


 ことし4月に新型コロナに感染し、一時、中等症で入院した30代の女性。
感染から3か月以上が経った今も、体を動かすとすぐに息苦しさを感じる後遺症のような症状が続いています。

「いつまで続くのか分からないのが不安です。若い世代でも感染がどれだけ恐ろしいかを考えて、気を付けてほしい」
女性は「中等症」の怖さを訴えています。

 ○ 「このまま死んでしまうのではないか」

 大阪府に住む30代の女性はことし4月、39度の熱が長引いたため病院でPCR検査を受け、新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。
女性のほか、夫と子ども1人の感染が確認されましたが、感染経路は今もはっきりしていません。

 その後、脱水や高熱の症状が続き、一時、血中の酸素の量が88%と低くなったため、大阪府内の病院に入院しました。

 30代女性
「水に溺れているような感覚で、呼吸の仕方が分からないというような状態でした。経験したことがないしんどさだったので、このまま死んでしまうのではないかと思うくらい不安でした」

 ○ “中等症” 3か月たっても息苦しい

 中等症で入院した女性は肺炎の症状がみられ、酸素吸入や点滴を受けるなどして10日ほどで退院しました。
しかし、感染から3か月以上たった今も、体を動かすとすぐに息苦しさを感じる状態が続き、以前は当たり前にできたことができないことに悩まされています。

 ○ 自転車に乗れない 買い物もつらい

 これまでは自転車に子どもを乗せて保育園の送り迎えをしていましたが、ペダルをこぐとすぐに息が苦しくなってしまうため、自転車には乗れなくなりました。
また、重い荷物を持って歩くのがつらくなり、米などはスーパーでは買わずにインターネット通販を利用するようになりました。

 ○ 電車にもなかなか乗れない

 さらに、マスクを長時間つけていると深く息を吸うことができず、呼吸が苦しくなるといいます。
このため、マスクを外しにくい電車にはなかなか、乗ることができなくなりました。

 30代女性
「先日、電車に久しぶりに乗ったのですが、2駅くらいでしたが、すごく息苦しくなってしまいました。たぶんマスクを外せないという不安があったんだと思います。マスクをしていると息が浅くなって、深呼吸をしても深く息を吸えない感じで、苦しい感覚がずっとあるんです。もう電車には乗らず、移動は車を使っています」

 ○ 「つらさ」が伝わらないことがつらい

ただ、こうした症状があっても見た目に変化がないため、同居している家族にさえ「つらさ」が伝わらないといいます。

 30代女性
 「けがと違って、外見にはわからないので、しんどさが伝わらりづらい。感染したほかの家族は無症状だったので、実感がないようで、このしんどさをあまり理解してもらえないのはつらいです」

 ○ 大量に抜ける髪 常に焦げくさい臭い

 症状は息苦しさ以外もあるといいます。
髪の毛が大量に抜けるようになったほか、1か月ほど前からは常に焦げくさい臭いを感じたりするようになったといいます。

 女性は、以前のように、日常生活をなんの心配もなく送れるようになるのか、不安を抱いています。
 30代女性
「いつまで続いて、いつ治るのかわからないのが本当に不安です。実際にかかってみないと、わからないんですけど、やっぱり怖い。若い世代でも感染がどれだけ恐ろしいかを考えて、気をつけてほしいと思う」

 ○ 「中等症でも本当にしんどい」

 また女性は「中等症」ということばから伝わる症状の印象が実際には大きく異なったと振り返ります。
 30代女性
「正直、自分がかかるまでは、中等症はどういうものか、あまりわかっていなかった。普通に歩けて、ちょっと熱が出て、食事もとれて、その程度なのかなって、思ってたんですが、実際にかかってみると、中等症は人と喋ることもできないぐらいしんどいですし、命の危険とも隣り合わせ、といった感じでした。重症の方とかの苦しさは想像できないのですが、中等症もそんなに軽いものではなく、本人にとっては本当にしんどかったです」

 ○ 医師「軽症・中等症でもすぐ肺炎起きる」
 退院した感染者のリハビリ治療を行っている千里リハビリテーション病院の橋本康子理事長は、新型コロナは、退院したあとも後遺症とみられる症状が続くおそれがあることを認識しなければならないと指摘しています。

 千里リハビリテーション病院 橋本康子理事長
「新型コロナは軽症・中等症の人でもすぐ肺炎が起きてしまうことが特徴だと思います。重症化しないからかかっても大丈夫、と思っている若い方もいるかもしれませんが、普通の風邪のような感覚を持つのは危険です。何らかの症状が残る可能性もあることこそがこの病気の怖さだと思っています」



  ───── 以上、NHK NEWS WEB  2021.8.26より







 ■ 「息が一瞬で大丈夫な感じ」と劇的改善見せた感染者も…コロナ新治療法『ネーザルハイフロー』とは


 今回、早期治療として、抗体カクテル療法が非常に有効だということがわかってきました。
今後、来るであろう第6派、第7派への対策として、抗体カクテル療法をいかに早く実施を行き届かせることができるか、という体制づくりが一つの柱になってくると思いますが(もちろん、予防としてのワクチン接種を最優先とした上での話です)、ほかにもこうした方法が有効であったという報告があります。





 新型コロナウイルスの第5波で重症者は最大でも一日当たり12人と、第4波のピークを下回りました。高齢者のワクチン接種が進んだことなど理由は様々ありますが、新しい治療法の導入もその一つに挙げられます。
 感染者の重症化を防ぐ治療法について取材しました。

元患者:
「空気が(肺に)すごく入ってくる感じがして、深呼吸で吸うのが一瞬だけで大丈夫みたいな感じでしたね」

 このように話すのは石川県内で新型コロナウイルスに感染した元患者。肺炎による呼吸困難で人工呼吸器を装着する寸前でしたが、ある治療法のおかげで症状が劇的に改善しました。

 それが「ネーザルハイフロー」です。患者の鼻に管を装着し、加湿・加温された100%に近い濃度の酸素を、1分間におよそ40リットルという高い流量で投与する治療法です。

 一般的な酸素マスクなどと比べると、投与できる酸素の量は数倍。これまでだと人工呼吸器を付けざるを得なかった状態の患者を次々と救っています。

北医師:
「これまでこの治療法を、12人の患者さんに対して使ってきております。そのうちの6人は人工呼吸器に移行することなく、お元気になって退院されました。3例ほどはこの治療でも改善しなくて、人工呼吸器に至った患者さんもいらっしゃいます。ただ、その方々も人工呼吸器から上手く離脱出来て、元気に退院していらっしゃいます」

 酸素マスクのように口を覆わないため、会話や食事もできるこの治療法。医療従事者にもメリットがあると北医師は言います。

北医師:
「人工呼吸器というのは全身麻酔をかけますので、生体モニターのモニタリングが必要になるんですね。そこに費やされるスタッフはたくさんのスタッフが必要になります。この治療ができるようになりまして、スタッフを削減できますし、集中治療室のベッドも占有しなくなりますし、人工呼吸器も台数が保てるということで、医療資源の枯渇に関してもこれを使うことでメリットがあると思います」

 現在は退院し、少し後遺症はあるものの日常生活を送れるまで回復した元患者は…。

元患者:
「人工呼吸器にならずに済んで本当に良かったなと思います。治療とかお世話とかして頂いて、本当に感謝しかありません」

 確実に治療の選択肢が増えてきた医療現場。問題は、その治療法が必要な人に届かないこと。感染爆発を起こさないために私たちができることを一つ一つ行うことが大切です。



  ───── 以上、石川テレビニュース 2021.9.14より













なまぽちゃんが伝えたいこと


 * コロナ禍で、生活に困った女性がふと陥りがち考えに、なまぽちゃんが警鐘を鳴らしてくれています。経験者だからこそ教えてくれる、道しるべがあります。


 ■ 
「生活保護で風俗やめられた」 なまぽちゃんが伝えたいこと

 <お金に困って風俗やるしかないかもと思ってる女の子みんな生活保護受給すること>。
 生活保護を受給する女性がツイッターとブログで、こう呼びかけていた。SNS(ネット交流サービス)上で「なまぽちゃん」と名乗る女性は借金が返済できなくなって風俗業界に入り、その後、新型コロナウイルス禍や抑うつ症状などの困難を経て生活保護にたどり着いたという。「風俗はセーフティーネットじゃない。当たり前に生活保護を受給してほしい」。生活保護バッシングが吹き荒れるSNSの世界から、なまぽちゃんが伝えようとしていることを聞いた。

 「メンタリスト」という肩書で活動するDaiGo氏が、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」でホームレスや生活保護受給者を差別する発言をし、SNS上が騒然としていたころ、女性は思いを寄せる男性に生活保護を受給していることを打ち明けた。相手からは意外な言葉が返ってくるのだが、その前にこの女性がなぜ生活保護の受給を呼びかけるようになったかを紹介したい。
 女性は2021年6月にツイッターの個人アカウント「なまぽちゃん@元貧困風俗嬢」(@namapo_chan)とブログ「元貧困女子なまぽちゃん」(https://namapo.work/)を開設し、生活保護を受給する当事者として発信を始めた。ツイッターのフォロワー(読者)は400人余りとまだ少ないが、一部の投稿には数千単位の「いいね」がつくなど注目されている。

 冒頭の投稿の全文は次のようなものだ。<「コロナで可愛い風俗嬢増える」発言に対抗できるのはお金に困って風俗やるしかないかもと思ってる女の子みんな生活保護受給すること>。20年4月にお笑い芸人が「コロナが明けたら、なかなかの可愛い人が、美人さんがお嬢(風俗嬢)やります」と発言したことを意識したものだ。

 女性の貧困と風俗業界の関わりは深い。ブログには風俗業勤務の苦悩がつづられている。
 <毎日お腹(なか)痛くなりながら出勤して、ドブ臭い口に笑顔でキスして歯周病もらって。性を切り売りする度に尊厳は削られる>
 <結局普通のOLより貧乏だった。(新型コロナで)お客さん少なくて暇なんだからもっともっと出勤しなきゃ出勤しなきゃ出勤しなきゃ、そんな時に性病検査の結果、クラミジア陽性>
 <働きたくないけど働かなきゃいけなくて、でも働いちゃいけなくなって、薬代もかかって。生活は破綻していた。督促の電話が怖くてたまらなかった>
 <2週間後、茶封筒に入った生活費を役所から受け取った。すぐに市役所の食堂に入って、働かざる者なのにごはんを食べた。おいしかった>

 以下はツイッターの投稿だ。
 <借金返しきれなくなって風俗始める子へ。風俗やらないと返せない借金がある時点で返済計画が破綻してます、債務整理しましょう>
 <毒親から逃げてて生活保護受けれないとか昔の話だよ!みんな風俗辞めよ!>
 <女の子、支払いが詰んだからって風俗始めなくていいんだよ。女はいざとなったら身体売れるなんて決めつけを鵜呑(うの)みにしないで>
 取材を申し込むと、記事で名前や経歴について詳細を明かさないことを条件に応じてくれた。

 ○ 借金膨らみ「風俗しかない」

 7月中旬。東京都内の貸会議室に待ち合わせ時間ぴったりに現れた。紺色のカーディガンに紺色の上下。穏やかな語り口と眼鏡の奥の知的な瞳が印象的な小柄な女性だった。
 生活保護を悪い意味で使うことが多いネットスラングの「なまぽ」ちゃんを名乗ったのは、話題になって一人でも多くの人の目に留まり、救われる人がいればいいと思うからだ。
 抑うつ症状の悪化による入院から退院したばかりだという。赤いヘルプマークをカバンにつけている。記者の不安を察したのか。「今は体調がよくて。頭の整理のためにも人と話したかったんです」

 なまぽちゃんが風俗業界で働き始めたのは18年夏。当時は昼間の仕事で生計を立てていたが、親戚との金銭トラブルがきっかけで借金が膨らみ、最大300万円に。「風俗で働くしかない」と都内の風俗エステ店を皮切りに、高級エステ、高級ソープ、派遣型ヘルスなど風俗業界を転々とした。
 昼夜働いて借金は少しずつ減ったが、返せない月はリボ払いでしのぐなど自転車操業の月もあった。「19年まではインバウンドが好調で外国人が風俗を利用するなど収入が好調な月もありました。技術や会話でサービスする、と誇りに思ったこともあります」

 ○ 命の危険が常に

 だが風俗の仕事は危険と隣り合わせだ。性交を指す「本番」の強要は日常茶飯事で、「素人」で売り出されていた時、客から盗撮被害に遭った。直後に発覚したが、インターネットにさらされていないか不安が募った。盗撮に使われたのは携帯電話の充電器に似せた小さなカメラだった。

 性病の不安もある。定期的な性病検査はあるが、客からの感染は怖い。目視できる病気ばかりではないし、そもそも客の大半は検査を受けていない。感染症の疑いがあっても治療中でも、平気で風俗に通ってくる客もいる。なのに感染症からの身の守り方を講習で教えてくれる店はまれで、性病になったところで自己責任。休業補償はない。情報交換で知識をつけるぐらいしか身を守るすべはない。

 「性病は命にも関わります。最近は風俗を描いた漫画なども増えました。でも、実際はもっと汚くて、危なくて、きつい」。21年6月には東京都立川市で風俗店従業員の女性がラブホテルで客の男に包丁で刺され殺害される事件も起きた。

 風俗業界を辞めたいと思っても、辞めれば借金が返せない。生活保護制度は知っていたが、「借金は自業自得の面もあるし、まだ働けているし」と、自身が対象になるとは思ってもいなかった。それに、申請すれば部屋中をひっくり返され、金目のものは全てを持って行かれ、周囲にばれてしまう。そんなイメージを漠然と抱いていた。

 ○ 脱がなくても、ご飯食べていい

 生活保護を申請するきっかけは体調だった。19年末、過去に発症したうつ病が再発した。出勤できず、治療費も重くのしかかった。なのに借金は利子で膨れ上がっていく。
 運の悪いことに、流行し始めた新型コロナが「3密」の風俗業界を直撃した。感染が広がる首都圏では客が激減。感染が拡大した20年3月には客の激減と体調の悪化で月の収入が6万5000円にまで減った。
 もう都内では稼げないと、東京などに最初の緊急事態宣言が出た翌4月には都外の繁華街に出稼ぎに行き、なんとか約22万円の収入を得た。だが、3月に滞った返済を穴埋めし、なんとか稼ごうと下着を新調するなどした結果、出費の方がはるかに多くなった。

 5月以降は他県でも客が減り、出稼ぎを受け入れてくれる店が見つからなくなった。
 「借金の督促の電話が怖くて、でも払えない。感染症も発覚してどうしようもできない状態。限界です」
 インターネットで検索し、たどり着いた風俗業界の女性たちを福祉などにつなげる支援団体「風テラス(https://futeras.org/)」に相談し、
自身が自己破産や生活保護の受給対象であることを知った。

 「本当に申請していいのか」。まだ迷いはあった。最後に背中を押してくれたのは、ひろゆきこと起業家の西村博之氏が20年4月にツイートした次のような言葉だった。
 <日本は生活保護を取れば、衣食住の心配が無くなる国です。お金が無くて死ぬと言う人は、本当は経済ではなく、自分の命に価値が無いと考える心の病で亡くなります>

 20年5月、支援団体の助けを借りて自己破産手続きと生活保護を申請し、風俗店を辞めた。はじめて保護費を受け取った気持ちをブログで振り返っている。
 <脱がなくても、働かなくても、ごはん食べていいんだ。今は最低生活費を国からもらって、穏やかに人間らしい暮らしをしている。あの谷底のよどんだ繁華街に泣きながら行くこともない。そうだ。私にも人権あったんだ>

 抑うつ症状には悩まされ続けた。症状が重い時は食事も作れず、風呂にも入れない。コンビニに行けるのは調子がいい時。「生活保護なのに自炊もできない」「自分はなんて怠惰な人間だ」と悪循環に陥っていく。カビの一種が起こすカンジダ症やじんましんが出ても、診察に行くのが後ろめたく放置したこともある。
 「このまま餓死してしまえばいい」と思い詰めたこともあったという。

 体調の浮き沈みで入退院を繰り返したが、21年6月から約1カ月の入院中に相性のいい薬と出合えたことで症状が徐々に回復してきた。そして、退院直前に、自身の気持ちの整理も兼ねて始めたのがブログとツイッターだった。

 ○ 風俗はセーフティーネットではない

 <働けない人が生活保護って勘違いがあるけど、半保護・半労働も可能だからね>
 ツイッターでは自身の体験だけでなく、さまざまなパターンで生活保護の受給が可能であることを発信している。
 風俗業勤務の女性にはさまざまな事情がある。借金などの金銭的理由、子どもの世話や親の介護で日中フルタイムで働けないシングルマザー、ドメスティックバイオレンス(DV)や家族から離れるため従業員寮を目的にした人――などだ。

 なまぽちゃんもさまざまな事情を抱えた人と働いてきた。「風俗業界がセーフティーネットのように機能してしまっている現実がある」。さらに、一度風俗業界に足を踏み入れると抜けられなくなるのだ。

 「なんとか出勤すれば今日は数万円手に入るという感覚は今でも頭に思い浮かぶことがあります。給料の即金払いに依存するようになって計画的な金銭感覚が抜けていく。完全自由出勤に慣れてしまうと抜け出せなくなる。命を削って身を危険にさらして、抜け出せない。それってセーフティーネットですか。風俗はセーフティーネットではないのです。少なくとも望んでいない人にとっては」

 ツイートやブログには共感や応援の声が寄せられている。一方、冷たい声も浴びせられた。
 <自ら貧困女子なんて下品の極みだな!この乞食(こじき)が!>
 <ぬるま湯なんて恥ずかしくないの?>
 <売春は嫌!結婚は管理売春!男並みの長時間労働は嫌!では一体何がご希望なんでしょう?お姫様>

 なまぽちゃんの表情が曇る。「批判する人にもやりきれない思いがあるんだろうなって感じます。自分はこんなに頑張れているのにずるい、みたいな。生活保護へのバッシングはだいたいそんな思いがあるのかなって」
 どんな言葉にも丁寧に返信をしている。ぬるま湯という言葉を批判されれば、<煮え湯につかる必要は無い。自分に厳しすぎるのではないでしょうか。くれぐれもご自身を追い詰めすぎないよう。私はぬるま湯でゆっくりと回復に向かっています>と返した。<何が希望か>というやゆには<福祉が男女ともに行き届くことですね>と応じた。

 しかし、DaiGo氏の差別発言には恐怖を感じたという。<どんどん受けよう生活保護、って、なまぽちゃんやってるけど、開き直ってるふりしてるだけだよ。国の制度に生かされてる。私たちを切り捨てるって民意が決めれば私たちは見殺しにされる。それか、殺される>とツイートした。
 「発言を聞いたときは率直に命の危険を感じました。そうだって思った人に攻撃されるかもって。そのうち批判が大多数になって少しは安心しましたが、それでも賛同する声は一部にあるから怖いのです」

 生活保護バッシングは予想していたが、風俗業者からの批判は意識しておらず、驚いたという。
 風俗店に勤務する女性の立場の弱さを訴え、生活保護を受給して仕事を辞めることを勧める姿勢が「風俗全廃論」と誤解されたことや、「セックスワーク差別」につながるかのように捉えられたのだった。
 「風俗を全廃すべきだなんて全く思っていません。誇りを持って主体的に働いている人も知っています。ただ、選択肢を増やしたい。そして望まない人が福祉につながれば自ら職業を選んだ人の地位も上がるし、安全性も高まる」

 ○ 当たり前の福祉で、当たり前に生活する

 今、なまぽちゃんはインターネット上の記事を執筆するアルバイトで少しずつ収入を得ている。ブログも収益となる見込みだ。自宅でできる収入を少しずつ得ながら生活を立て直し、当面の目標は収入の半分程度を自分で稼ぐ「半福祉・半就労」に持ち込むことだ。

 普段の生活でも改善を模索している。入院中に知った、弁当を自宅に届けてくれる宅配食は、利用してみると自炊よりも安く済み、何より「生活保護なのに自炊もできない」という自己嫌悪から解放された。
 自己破産時に弁護士に勧められた家計簿アプリを使うことで家計の立て直しも進みそうだ。宅配食や家計簿アプリについてはブログで生活保護の節約術として発信している。

 「風俗はやらなくていいなら、やらなかった。これに尽きます。あまりにも消耗が激しい。私は生活保護にたどり着いて穏やかな生活を取り戻しました。私の経験を元に、少しでも嫌な思いをしている人の選択肢が増えたらと考えています」

 さて、生活保護のことを打ち明けられた、なまぽちゃんの「好きな人」である。緊張するなまぽちゃんに「税金払いがいあるわあ」と笑ってみせたという。「ホッとしました。否定されるとは思っていませんでしたが、あまりにも重大に捉えられても嫌だった。当たり前の福祉の枠の中で、当たり前に生活できている、当たり前の状態として捉えてくれているのがうれしかった」

 このエピソードを紹介したなまぽちゃんのツイートには4200件を超える「いいね」がついている。



  ───── 以上、毎日新聞 2021.8.19より












パラリンピック① ── この日のために頑張ってきた「この日」って、本当に来るんだな



 
■ 周囲を涙腺崩壊させた木村敬一の金メダル…これほどに愛される理由




 レースはパラリンピック競泳史上初となる日本勢のワンツーフィニッシュ。ところが2位の富田宇宙(32)さえが順位を知ると「金メダルを目指して銀メダルなので本当は悔しがらなければいけないけど、木村君が金メダルを取ってくれたことが本当にうれしいし、そこに続いて僕がゴールできたことも本当にうれしい」と、隣のレーンで雄たけびを挙げる木村に抱きついて祝福した。

 木村がこれほどに愛されるのはなぜか。物心ついてから視力を失った選手が多い中、2歳でほぼ全盲となった木村はプールで泳ぐ選手の姿さえイメージできない。それでも五輪の競泳で金メダル5個を獲得したイアン・ソープ(豪州)に10歳であこがれて「僕もイアン・ソープになりたい」と一大決意。
 教員を辞めてまで木村の指導にかけた寺西真人コーチらから文字通り「手取り足取り」の指導を受けながら、世界の頂点を目指した。

 パラリンピックは前回までの3大会で銀3個、銅3個。金メダルの大本命と言われながら手が届かなかった。すると前回のリオ大会後に単身で渡米して武者修行。米国には知り合いもツテもなく、英語もほとんど分からない上に目も見えない。家族や所属の東京ガスは当然反対したが、最後は「一から再スタートしたい」の強い思いに折れた。母親の同行さえ拒否した渡米には、現地のコーチも最初は「冗談だろ」と驚いたという。

 2年間の米国生活を経て獲得した金メダル。木村は「この日のために頑張ってきたこの日って、本当に来るんだなと。特にこの1年はいろいろあって、この日は来ないんじゃないかと思っていたんで…。家に帰って思い切り泣きたいです」と話した。コロナ禍で大会の開催さえ危ぶまれた中で訪れた「この日」。その思いも知るからこそ、周りも泣いた。



  ───── 以上、中日スポーツ 2021.9.4より



 (一着の勝利インタビューで、「家に帰って思い切り泣きたい」と言った人も、初めてな気がします。ピュアですよね。:島)




 ■ 
パラ水泳の木村敬一4大会目で悲願金!4年かけ肉体変え5年かけ精神宿した




 木村の手が、栄光のゴール板をたたいた。結果は見えない。泳ぎは決してよくなかった。「負けたかも」とも思った。寺西真人コーチからタイムとともに「1着」の声。その瞬間、涙があふれた。隣のコースの富田と強く抱き合った。ずっと涙は止まらなかった。

 「この日のために頑張ってきて、この日って本当にくるんだなと思った」。号泣しながら言った。銀と銅のメダルを手に「次は金メダル」と誓ったのは12年ロンドン大会後。「長かったですね。自分も頑張ってきたし、多くの人の思いが重なっている」と言って、胸の金メダルに触れた。

 9年前、母校日大教授で元日本代表選手、経験も豊富な野口智博氏に指導を請うた。肉体改造のために1日5食、激しい筋トレもした。マンツーマンで週に10回、経験したこともない過酷な練習も「五輪選手なら誰でもやっている」と突き放された。何度も心が折れかけた。自信を持って臨んだ16年リオ大会。銀2、銅2のメダルも、金には届かず。本命の100メートルバタフライ銀メダルに号泣した。「これだけやっても、だめなのか」。感じたのは悔しさと挫折だけだった。

 東京大会を目指す決心はつかなかった。「やるなら金メダルしかない」と思いながら「もう、あの練習はできない」。リオまでが濃密だったから、反動も大きかった。決意したのは17年末。「逃げるように」環境を変えた。ただ、行き先は楽な道ではなかった。よりハードな道に飛び込んだ。

 米ボルティモアへ単身渡り、ロヨラ大ヘッドコーチのブライアン・レフリー氏に師事した。「英語が話せないから、適当に相づちを打って。何とかなるんですよ(笑い)」。やらされる練習から自主的な練習を覚えた。水泳に対する取り組みも変わった。リオまでは肉体的に変わったが、今度は精神的に強くなった。

 「特に、この1年はしんどかった」。新型コロナ禍での開催是非が問われた。さらに、自分自身への大きな期待もプレッシャーになった。「周囲でなく、自分で自分に期待した。それが、大きすぎて苦しかった」。米国へ戻れずに続けた孤独な練習も辛かった。

 生まれつきの全盲でトップ選手になるのは大変。だから、富田をはじめ、世界中の選手が「キム」を尊敬する。リオ前に指導した野口氏は「米国という厳しい状況に自ら飛び込んだからこそ、メンタルも強くなった」と、成長を喜んだ。

 「9年間長かったけど、この日が来て本当に幸せです」と木村。金メダルは見えないが、表彰式の君が代で号泣した。「僕が唯一、実感できる。我慢しなくていいかなと思って」。木村には見えなくても、その胸で金メダルは最高の輝きを放っていた。



  ───── 以上、日刊スポーツ 2021.9.3より






 ■ 
「金メダルは木村君が…」「それでええんか」高め合ったエースと新鋭






 「木村君は人生の道しるべ」「宇宙さんは自分を高みに導いてくれる存在」
 3日の競泳男子100メートルバタフライ決勝(視覚障害S11)。木村敬一(30)がトップで泳ぎ切り、富田宇宙(32)が続く。日本のエースと新鋭がワンツーフィニッシュを決めた。

 富田が進行性の目の病気で視覚障害の最も重いクラスに変更されたのは2017年7月のことだった。そのクラスには、パラリンピックメダリストの木村がいた。

 富田はクラス変更が決まった直後、海外でのレースに臨んだ。このクラスは光を完全に遮断したゴーグルを着用する。準備が間に合わず、木村のゴーグルを借りて出場した。
 散々だった。コースロープに腕が乗り上げた。「かすかでも光を感じて泳ぐのとは、まるで違う。方向感覚を失い、まっすぐ泳ぐための情報が少ない」。コースロープに触れながら闇の中を速く泳ぐ木村は、雲の上の存在に思えた。

 2歳の時に視力を失った木村には「見える」という記憶はない。08年北京パラリンピックから3大会に出て銀、銅計6個のメダルを獲得。日本の全盲クラスの第一人者になった。だんだん目が見えなくなって絶望感を覚えながらも懸命に前を向く富田をたくましく思っていた。「障害を受け入れ、新しい人生を楽しみ直せているのは、尊敬に値する」

 先天性疾患の木村と後天性疾患の富田。障害の背景や歩んできた道のりは異なる。だからこそ、優劣にとらわれず、認め合う存在でいられた。
 そんな2人が、世界の舞台で火花を散らしたのが19年9月の世界選手権。100メートルバタフライ決勝で、リオデジャネイロ大会後に米国に練習拠点を移した木村に、富田が2位で食い下がった。実力は伯仲してきた。「宇宙さんの存在が自分を速くしてくれる。どんなトレーニングより効果のある“材料”です」。材料と表現された富田は隣で笑った。

 昨夏、コロナ禍で米国から緊急帰国した木村を、富田が練習合宿に誘った。
 2人でコンビニに立ち寄った時だった。
 「売れ残るのはいつも塩むすび。家に帰って具が入ってないことに気づくんだよね(注・目が見えていないから、食べるまでわからない)」。富田の愚痴に木村が付き合う。「苦手な具だったら返したくなる。でも、腹に入ればなんでもいい」。おおらかな木村とともに過ごし、富田は日常のささいなストレスを気にしなくなっていった。

 合宿中のリラックスした時間だった。
 富田が打ち明けた。「木村君はミスターパラリンピック。ここに人生のすべてをかけてきた人。金メダルは木村君が取って国歌を聞けたらいい」。木村が返した。「それでええんか」
 富田にとって競泳は生きる糧の一つ。木村は違う。誰よりも勝負にこだわり、金メダルを追い求めてきた。

 表彰式。一番高いところに立ったのは木村だった。
 木村は「常に刺激し続けてくれた宇宙さんの存在は、今日僕が戦う上でなくてはならなかった」。富田も幸せを感じていた。「選手としては失格かもしれない。だけど、彼が金メダルを取ったことはうれしい。すごさも努力もそばでずっと見てきたから」
 高め合ってきた2人の思いは、東京で結実した。



  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2021.9.4より












パラリンピック② ── それでも「結果オーライ」と言えるということ



 
■ トライアスロン銀、宇田秀生 利き腕失った元サッカー少年の挑戦




 仕事中の事故で右腕を失ってから8年。トライアスロン男子(運動機能障害PTS4)の宇田秀生(ひでき)(34)が28日、東京パラリンピックで銀メダルを獲得した。高校時代には滋賀県選抜に選ばれたこともある元サッカー少年。自慢の脚力を生かし、バイク、ランで追い上げる真骨頂のレースを展開し、トライアスロンで初のメダルを日本にもたらした。
日の丸を握りしめた左手でガッツポーズを繰り返しながら、フィニッシュラインを駆け抜けた。「今まで支えてくれた家族や友達、すべての人の顔を思い出しながら走った。非常に幸せな時間だった」。涙声で万感の思いを口にした。

 滋賀県信楽町(現・甲賀市)出身。小学1年のときに兄の影響でサッカーを始めた。県立水口高校時代には県選抜に選出され、1学年下で元日本代表MFの乾貴士ともプレーした経験がある。
 平成25年5月、勤務先の建設会社で作業中、ベルトコンベヤーのローラーに右腕を巻き込まれ、肩甲骨から先を切断。妻の亜紀さん(38)と入籍して、わずか5日後の悲劇だった。ペットボトルのふたを開ける、ネクタイを結ぶ―。利き腕を失い、これまで当たり前だったことができなくなった。途方に暮れる宇田の支えとなったのは、妻の献身や友人の応援だった。

 事故から半年後、リハビリの延長で始めた水泳をきっかけに、トライアスロンという競技を知った。27年6月の初レースでいきなり準優勝。2カ月後のアジア選手権では早くも優勝を飾った。29年には世界ランキング1位まで上り詰め、東京パラリンピックでの表彰台を視界にとらえた。
 強みはサッカーで鍛えた脚力だ。ストロークが片腕となるスイム(0・75キロ)で出遅れるのは織り込み済み。8番手でスタートしたバイク(20キロ)では「踏めるだけ踏んで、あとはどうにでもなれ」と一気にメダル圏内の3番手まで追い上げた。ラン(5キロ)でも「最後まであきらめずに前だけを見て走った」と懸命に左腕を振り、2位に浮上。銀メダルという結果に「できすぎです。百点満点」とうなずいた。
 不慮の事故をきっかけに出合ったトライアスロン、そして巡ってきたパラリンピックの大舞台。「右腕を失ってからここまでいろいろあったけど、結果オーライ。今はすごく幸せです」



  ───── 以上、産経新聞 2021.8.28より








 ■ 
パラリンピック トライアスロン 宇田秀生が銀メダル


 東京パラリンピック、トライアスロン男子の運動機能障害のクラスで、宇田秀生選手が銀メダルを獲得しました。パラリンピックのトライアスロン競技で日本選手がメダルを獲得するのは初めてです。

 東京パラリンピックのトライアスロンはお台場海浜公園で行われ、750メートルを泳ぐスイム、20キロを自転車で走るバイク、5キロを走るランの合わせて25.75キロで競います。
競技初日の28日は男子の運動機能障害のクラスが午前6時30分にスタートし、初出場で世界ランキング2位の宇田選手が出場しました。

 宇田選手は「うれしいです。100点だと思います。たくさんの人が応援してくれたのでその力で頑張れました」と話しました。

 宇田選手は最初のスイムでは9位と追いかける展開となりましたが、バイクで3位、ランで2位と順位を上げました。このレース展開について宇田選手は「いつものレーススタイルなのでバイクで埋めるだけ埋めればどうにでもなると思って、最後まで諦めずに前だけ見て走りました」と話し、「今まで支えてくれた家族や友だちなど、今まで応援やサポートしてくれたすべての人の顔を思い出しながら走りました。とても幸せな時間でした」とレースを振り返りました。

 そのうえで「右腕を失ってからここまでいろいろありましたが結果オーライということで、今はとても幸せです」と涙を流しながら話しました。







  ───── 以上、NHK NEWS WEB 2021.8.28より









◆伝えたい「こういう大人もいるよ」


 はっきり言いまして、自分が住んでいるところの議員ならともかく、他の都道府県の議員て、まるで関心がないものです。
だから、ほとんどの人は知らないと思うけど、新しい東京都議に、こんな方がいるそうです。


 ■ 不登校から都議に 伝えたい「こういう大人もいるよ」


 7月の東京都議会議員選挙で初当選した弁護士の五十嵐衣里さん(37)は、同級生から嫌がらせを受けた中学2年から、不登校になりました。高校には進まず職を転々とした時期を経て、24歳で大学に入り、議員秘書、弁護士、そして都議に――。その道のりや思いについて聞きました。

    ◇

 中学2年の途中で、学校に行くのをやめました。(数字や文字でメッセージを伝える)ポケットベルで、クラスの複数人から悪口を言われたことがきっかけです。「キモイ」とか「シネ」とか、わざわざ公衆電話から送ってくるんです。ターゲットにされてまもなく、登校をやめました。

 親は「とにかく行きなさい」。家にいられず、友人宅やカラオケボックスで時間をつぶしました。全く安らげず、当時のことはあまり思い出したくないです。
 1年くらいたって、親が「学校に行かなくていいから一緒に夕食を食べよう」と言ってくれて、すごく楽になりました。2日くらい帰宅せず、何も食べないこともあったので。不登校のまま中学を卒業。飲食店でアルバイトを始めました。

 いま思えば転機だったのは、正月のシフトについて店長ともめ、「明日から来なくていい」と「クビ」にされたことです。悔しくて調べたら、労働基準監督署というものがあると知り、相談したら「不当解雇だ」とバイト先に連絡してくれて、30日分の給料が支払われました。法律を知らないと搾取される一方なんだ、と思い知りました。

 その後、トラック運転手など職を転々としました。
 でも、賃金が低く、将来も上がる見込みがない。このままではまずいと思いました。もともと勉強は好きだったので、自分の特性を生かすために勉強をしようと、22歳で高校卒業程度認定試験に合格。24歳で大学の夜間コースに入り、法科大学院に進みました。

 大学では、社会の不公正や行きすぎた資本主義について、よく議論しました。さまざまなバイト先で、個人の努力ではどうにもできない環境にいる人たちを見てきたので、「稼いでいる人=(イコール)価値がある人」という価値観や自己責任論には強い違和感がありました。

 30歳で司法試験に合格し、国会議員の政策担当秘書を4年間務めました。弱い人にしわ寄せがいくのは政治のしくみがおかしいからではないか。そうした思いが強くなったからです。
 昨年、弁護士登録し、若者からのLINE相談にもかかわってきました。コロナ禍で「死にたい」という声が増えました。今後は議員として、自殺対策や、生きづらいと感じている若者の支援に力を入れたいです。
 学校に行かない時期があっても、いつでも学び直せます。だから、子どもから「学校に行きたくない」と言われたら、親はその意思を120%尊重してあげてほしいです。どんなことになら力を発揮できるのか。それは人それぞれだし、いろいろ経験してみないと分かりません。「正解」はない。私が言えるのは「こういう人もいるよ」ということだけです。

    ◇
 〈いがらし・えり〉 1984年、愛知県出身。中学2年で不登校になり、卒業後、職を転々とする。22歳で高校卒業程度認定試験に合格し、24歳で静岡大学夜間主コースに入学。名古屋大学法科大学院に進み、30歳で司法試験に合格。議員秘書や弁護士活動を経て、7月の東京都議会議員選挙で初当選した。



  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2021.8.29より





                                   (島)