□ 新作紹介 □





雨  音



 瞳もきっと


石垣に囲まれた
エバーグリーンの丘に
羊たちは暮らしている
大地を床に
牧草を絨毯にして
そう
あの空はまるで屋根のよう

カーテンは雲かしら
 

大地が呼吸するような起伏で

広がっていく景色を

うっとりと眺めながら

この空は

いま視界の何割を占めているのかと
めずらしく冷静に
大地との割合を考えている

 これまで
 
 ロジカルにものを考えずに

 どうにか無事に生きてきた


 この世の荒波は

 しっかりと打ち寄せてきたけれど

 空想癖は変わらないままで

 結局見えないものに

 守られてきたのかもしれない

たまにはこんな風に
見えているものの配合を

しんみり考え始めてみると

そういえば と

ふと思いを巡らせたことが
世紀の大発見のように

驚きに満ちてくる
 
そういえば くらいでは

表現できないくらいの


 こんなに小さな2つの目が
 こんなに大きなものを
 一瞬に捉えて見てるなんて

 どうなってるの

 それをいとも簡単に

 内側にある人の心が
 収納していくことにも

羊たちが
駆け出した
あんなにのんびりと

どんな事情も

我かんせずの様子でいるのに

軽快なリズムで
気持ちよさそうに

そんなものなのかもしれない


知らん顔で
全てを捉えて
何もかも吸い込んで
瞳もきっと





















青 島 江 里



 今日もパン屋さんはそこにあった


袋詰めのような電車にゆられて
袋詰めのようなオフィスで
短くて長い一日を過ごす

ある日突然
何がしあわせなのか
わからなくなった

狭い空間の中で
しあわせの着地点をこねる
アンバランスなこころの日々

どこにでもあるお昼休憩

いつものパン屋さんで買った
いつものパンをかじりながら
四角い窓から遠目を見ていた

あの雲はパンのようです
まっしろでふかふかで
さわってみたいと思うくらい

そういえば
たいように広げたおふとんも
あの雲のようにふかふかでした

PCの画面を閉じて
帰り支度をする頃
私から私に
小さな答えが返ってきた

今日はミスもなかったし
このまま家にも帰れるし
お昼の空もきれいだったし

あのお店のパンもおいしかった

家に帰れたら
まっしろなお布団も待っている

流れる景色が
ゆっくり変わっていくみたいに

じぶんのその日いちばんの
好きなかたちを
まよいながらこねてこねて

だめな私もつつんでゆける
ふかふかなパンをつくってゆく

疲れた足をのばして
おふとんのロールパン
おやすみなさい三日月の空

朝がくればたいようがのぼる
そしていつもの生活に感じたい
パン屋さんは今日もそこにあったって




















井 嶋 り ゅ う



 兎と月


特急満月行きの列車に乗り遅れた兎は
九月の餅つき大会に間に合いません
今年こそチャンピオンになりたかったのに
筋トレもしたのに
有休まで申請したのにと
上下に飛び跳ねながら悔しさをにじませています
次第にふて腐れ始めた兎は
近くの丘に登って
まだ半分だけの月を見上げながら
大会用に用意してきた餅を
冷凍保存の容器から取り出して食べ尽くし
満腹になったあと高いびきをかいて
そのまま眠ってしまいました
いつもそそっかしい兎は
最終列車の各駅停車満月行きが
間も無くやって来ることを知らずに
それに乗れば
どうにか受付に間に合うとも知らずに
よだれなど垂らしながら寝入っています
斜面から滑り落ちたことにも
膨れた腹の上の虫の声にも気づかず
表彰される夢の中で筋肉を見せつけながら
一年分の餅を受け取り
長い耳を結んだりほどいたりと
一芸まで披露しながら
兎は陽気に眠っています
最終列車の各駅停車満月行きが
いま出発しました














 裸 足


私の知らない世界が
あなたの知らない世界、という番組名で存在していたころ
母が裸足でサンダルを履いたときの
歩くたびに鳴る湿っぽい音を何度も聞いた
ほんの少しの用事では都合が良いらしく
ゴミを捨てるときや洗濯物を干すとき
回覧板を届けるときなど
夏の母はいつもサンダルを履いていた
わずかな高さのヒールが
玄関のたたきを踏むとき
鳴き止まない蝉の声や
ブラウン管の中から聴こえる
再現ドラマの女優の悲鳴が
大きくなったり小さくなったりする合間で
隣人の男が腹上死していたことなど
私はつゆとも知らずに居て
救急車のサイレンが
外出しない夏休みのいちにちに
近づいてくる
足の裏がサンダルから離れるときの
あの湿った音が
レースのカーテン越しに
表を覗いている私の耳元へ
何かを追いかけているかのように
延々と響いてくる
真昼に集まってきたそこら中の女たちは
足元から湯気のようなものを立ちのぼらせていて
母のサンダルからも漂っていて
私の足裏は妙なざわつきを感じる
再現ドラマの女優が高らかに笑っている























Kazu.



 映画館 -1-


発送元の書かれていない映画館のチケットが郵送された
封筒を開ければ50年以上も前の日付だ
こんな招待券を今更もらってもしようがないし
だいいちその映画館は とうの昔に廃業している

これは何かの冗談なのか
或いは本当に
迷いに迷った宛の果てだったのか
封筒もかなり色老けたものだ

今さら貰っても私には何もできないが
どこか郷愁にそそられた
映画には面白い映像があったのかも知れない
どこかしら砂漠の匂いに誘われた

私はその砂漠の匂いに誘われて
かつて廃業した映画館に行くと
はたしてそこには以前のように映画館があったのだ
黴臭さと乾いた時間に満たされていて

暗い座席に映る仄明るいスクリーンのほかは
私以外には誰もいない
粗いモノトーンのフィルムでは
ところどころ映像が途切れている

映像はずっと砂漠の場面ばかりだった
砂嵐もなければ風に舞うラクダもいない
ただただ砂漠と時間ばかりが過ぎていく
世界の果てとは案外無味乾燥な場所かも知れない





















齋 藤 純 二



 枯葉の声


風が吹くと
枯葉が降って
乾いた音に
空洞の悲しみは
響いて消える

君の短い人生と
ここにいる
僕の人生の長さ

悔しかっただろう
君の視線を感じ
不規則な
枯葉の秒針を
僕は聴いている

あの日を
思い出してしまう

一本の電話は
水を失った
君の冷たい
身体の知らせ
僕は泣き崩れ
立ち上がることも
出来なくなって

病を隠し通した
その優しさを
今でも恨んでいる

なぜ悔しさも吐かず
枯れたのですか
十代の時に
出会った時から
大人だった
君の本当の言葉を
僕は聴けず

缶ビールを供え
線香の煙の
弱々しい線は昇り
今年も枯葉に
聴いている





















澤  一 織



 ぱっぱ


「ぱっぱ」
ぼくの膝をつかんで
つかまり立ちする息子
の懸命な息づかいから
そんな言葉が聞こえた
気がして
思わず 
洗濯物を畳む妻の方を振り返ると
「おめでとう。
まだお喋りは早いと思うけどね」
と、微笑み返された。

一ヶ月ぐらい前から
つかまり立ちや
はいはいが上手になって
同時に
妻への後追いも始まった息子

それまでは
「随分、パパっ子だね」と
友人からも言われていたのに
ぼくがいくら寝かしつけても
妻の子守唄じゃないと
ぐずって泣きやまない夜も増えて

それも成長なんだよな
と思う反面
なんだか寂しいよな
とか

県外に住む両親に
タブレットの画面越しに漏らすと
「親の気持ち、分かってくれた?」
なんて笑われながら
ぼくが産まれた時の話から
反抗期の頃の大変さとか
何時間も聞かされて
くすぐったい気持ちになりながらも
励まされたよ
ありがとう。

小さな手をめいっぱい広げて
ぼくの膝につかまり
ぼくを見上げる九ヶ月の息子
の両脇を抱えて
ゆっくりと抱き上げる

ぼくの目を見て
きゃきゃと笑っているのに
しばらくすると
妻の方を見て
また、ぐずり始める

ちょっと切ないけれど
迷いながら、戸惑いながら
そして、成長を喜びながら
少しずつ 少しずつ
親になっていくよ
「ぱっぱ」も。




















夏  生



 虹色の心


生まれて始めて抱いた感情は
怒り、でした
人を嫌うことでした

私をぶった兄弟を嫌って
私を叱った親を嫌いました
私を仲間はずれにした
友達を嫌って
母と私を強引に離した先生を嫌いました

兄弟にぶたれ、親に叱られ、
友達に仲間はずれにされ、先生に
引き離された自分を嫌うようになりました
嫌うほど強くなるような
気がしました
怒りをおぼえるほど、力が湧いてきたのです
怒りは私の心を真っ赤に染めました
赤は深まり、熱を帯びていきました
悪態をつき、人を睨み、お人形の髪をばっさり
切りました

そんな私と遊んでくれた近所のお姉さん
私が生まれてはじめて、好きという感情を
覚えた人でした
お姉さんといるときは
うれしくて、楽しくて、心は鮮やかな虹色に染まりました

ある日、私はお姉さんと離れることになって
もう会えないと知って
泣きました、生まれてはじめてかなしくて
泣きました
毎日、毎日
お姉さんとのやさしい思い出で
心の中をかき回して、痛い、痛いと
泣きました

お姉さんのこと、嫌いになれたら楽かしら
全部、全部、嫌いになれたら私は
元の強い自分に戻れるかしら

お姉さんなんか、大嫌い
大好きだから、苦しいの
私を苦しませるお姉さんなんか、大嫌い

無理でした
どうやってもお姉さんを嫌うことは
できません

私ははじめて、さみしさをおぼえました
どうにもできないかなしみも
切なさもおぼえました

人を好きになると
心は虹色に染まりました
鮮やかな色は、嬉しい心の色
薄く儚い色はかなしい、切ない心の色
時々、真っ赤な怒りに飲み込まれながら
鮮やかな赤はその名残りです




















綴 木  黎



 らしくの道


あぁしなきゃ
こうしなきゃいけない
こう言ったら
こんな風に思ったらいけない

縛りつける
数々の言葉ばかり
いつの間にか
自分に浴びせていたよ

どうにもこうにも
解放させないで
見えていない道にまで
突き進ませる

何か大事なものを
見失ってはいないだろうか

本心を隠してしまう
無意識の反応が
目的地は何処なのか
わからなくさせていた

単純でいいのに
いらないよ
こんな装飾ばかりに
一生懸命にならなくていい

少しだけ気づいたんだ
ちょっと認めることができたんだ

僕の中にある
小さな本心が
突然、言葉になって現れた

けれども
それは
誰かを傷付けるわけではない

魔法のように
一つ吐き出したら
スルスルとほどけていくのがわかる

そうだね
これでいいんだよね
大丈夫、誰かも
言っていた気がするよ

僕にだけは
言っておくれ
僕だけは知っていよう

らしくの道を
歩いている途中で
はっきり見えてきたんだ

本当の僕の姿は
どこに映し出されても
変わりはしないはずなんだよ

というか
どれも
僕なんだよな














 空模様


朱く染められた地平線に
黙りこくる君の横顔

どの空にも色がある
今が何の時かを教えてくれる

当たり前に
西へと向ける目線の先で
オレンジ色が広がる

僕には
空いっぱいに
とけていく飴玉のようにしか見えない

それは決まって
いつも甘く切ない味がする

こんなに食べ切れないよ
君もそうでしょう?

甘い夕どけが
夜に沈んでしまう頃

僕は
味がなくなって
ひんやりとしていくだろう





















かすみ じゅん



 セピア色の傍観


百十円で捌かれる
中古本の
幸運にも書棚から引き抜か
れた
  最後の頁の
  最後の一行に
     なりたがっている
のかも知れない
           僕は




この間 幹線路と
脇道二カ所で 
  幅広タイヤに
  圧し轢かれた、
    血塗れの 亀を見た




駅前は、相変わらず
人で込み合っている
パチンコ玉みたいに 改札 
 から噴き出して
 ゴ ロ ゴ ロ
開発途中の
ロータリー工事現場で
ゆるやかに分裂し、
多方向へ別れて それでも
 ガ ヤ ガ ヤ
 街の みち筋を
そよ風の掬う水面が 
軽い ささくれを
運ぶように
横滑りしながら 進んでいく



  短絡的に
    思考して



郊外の
大地には 山岳を含め
多少の起伏
 勾配は認識できるものの
 しかし、
靴の裏側に
丸みを覚えるのは
足元に転がる
石ころを踏みしめた直後
 ぐらいだったりする
 この星は球体だと言うが
 その割に、
陸上から
曲がって見える海などなく
都市遠景の 眺めは
 撫で付けられたように
 どこもかしこも
 平べったい
一体全体、
 どういう訳なんだろう



  空になる



そそくさと、手早く
 破線を跨いだ
分度器型の
 駐停車スペースに
 ポイ捨てされた
 吸殻を拾って
原動機付
   自転車に跨り、
峠を下って行く
あの、ギンガムチェック
 の割烹着を纏った
 おばさん
 恰好 よかったな、
な、



  温度を
    取り戻し



昼は肌着姿で寝そべり、
夜中には
 両の腕さするほど
 寒く 震えるほど
と、すぐさまパジャマの袖
を通して
 そんな毎日を
 思い返し ほくそ笑む
定まらず  
移ろう秋は
  ひと手間かかる
   少し、変で
  寂しげな 時節 



  乾いてゆく



近くへいるのに
 遠くから
臨んでいる
いつしか、過ぎ去った夏に
置きざりにされた
大切な記憶
戻れない
輝きに
満ち溢れた、日々の欠片
幻影に揺らぐとき
留めどなく押し寄せ
また忘却に
くだけ落ちて
今、
  何処へ
        縷々と流離い















 濁りへ、ぽつり 徐に 揺り解ける水輪を 見詰めるように


アスファルトを賑わし
戯れ始めた
かさつく落ち葉に紛れて
諦め顔で、日々を
数えているようにも
罅割れの増す 
くたびれた道路で
毎日のように
常用車のタイヤに轢き飛ばされ
何度でも踏みつけられ
歪に折り畳まれた
ちょっとやそっとの煽りでは
捲られそうもない重みを
醸す
薄汚れて、疲れきった
白いハンカチーフのように
くすんだ鬱ぎ空 は

高台に建つ工業団地の
一画をとり囲む
冷酷に捩じられた結びめを並べた
有刺鉄線の外れに
果てなく 低く 行く先知れず
延びていくようで


それでも何とか
陰った下界を晴らそうと
試みる、鈍い陽勢は
その厚い扉を
抉じ開けることができずに
天地を別つ
透明なフィルターに遮られるよう
丸く縁どり滲む姿を
点と
浅くひらく
瞼のはざまに据わる 瞳の眺めた
楕円な
百八十度を超える枠のなかに
映しだされた景色の
斜め上隅に落としたまま

時の刻まれるほどに
下へ 奥へと 抗えず
じわりと沈み、その光は
より遠ざかるように
そして、
原形を留めることさえ
許されないかのよう
色濃く寄せはじめた
妖艶に棚引く青灰雲に
巻き消されて
つかの間を照らし損ね
望みは、フラットに
跡かたも無く塗り込められた


  また、断続的に放たれる
  途ぎれない
  くぐもった機械ノイズの渦に
  委ねてしまう
  今にも
  乖離しそうな五体と
  浮遊する意識 は
  報われない吐息のように
  溶けていく
  曖昧に、もっと
  漠然としたものに


  この
  冴えなく淡い帳が掛けられたような
  物淋しい夕が
  今、独り
  どれほどの
  君が あなたが
  私が 僕が
  そこで、
  

  全てを 
  投げ出したくなるような
  耐え難い 虚しさ 
  と
  こ削げ剥がせやしない 
  せつなさ と
  どれだけ繕ってみても
  拭い去れず
  癒せない、痛みだけが残る   悲しみに
  頼みの綱の 捌け口さえも
  逸らかされ、隠されるよう
  降り頻 られて
  その震える胸を 
  ずっと深く
  圧して より濃密に
  曇らせているのだろうか


ここから
豪華に整えられた
凛と繊細な静けさが響き渡る
日本庭園、六千敷きほどの
湖ひとつ分 隔てた
不動が聳える場所
それは古からの標
なだらかな裾を 長く伸ばした
大三角の頂に向けて

フラワーアレンジメントのように
移り変わる
晩秋の樹々は
はにかむよう 微笑みながら
麗しくも さらりと彩り
しおらしくも 鮮やかに
儚い命を 永遠のうちに
僅か、一筋を灯す
紺夜を切りつけ
翔け抜ける 流星の過るような 刹那へ
温かく、
手を取り合うように
睦まじげに
終演の舞台を 自在に 
飾り立てているというのに



必然、
定め と 云われるものは 
こんなときに限って 
優しい嘘など ついてはくれない



よそよそしく
目近の柵元に生える
枯れ褪せた 
ばらけ草を触り
通りすがる 風達だけが
いつか、継ぎ雨の前に
聞いた覚えのある
綿飴のように 甘く 柔らかな
湿った匂いを連れて ひそやかに、運んでゆく




 
※造語 陽勢(ようせい)…陽の光が差す勢い。またはその強さ。




















富士伊 真夜



 葛 藤


たまに葛藤がある
自分が何をしているのかと

目的もなく、病院内を彷徨い、
リハビリであるデイケアに
出るわけでもなく、
ましてや診察でもない

随分前から
私は取材のつもりでいた

題材探しである

偶然出会った風景を
自分が感じたままに
詩におこす

誰も書けない
誰も書かない
今までにない

同じ精神障碍におちたから
少し理解しわかる

私は精神病院で
光の当たらない闇に
少しでも
理解という光を当てたくて
詩を書く

まずは知ってもらうこと

私は詩の表現を借りて
泣いている人達の涙を
少しでも
社会に伝えたいのだ
私がしなければ
誰もしない

障碍者雇用で働いた
それはすごいこと
だが壁があり
なんにも変えられなかった

詩の表現で
何かを伝えたい

精神病院で泣いている人を
少しでも
理解して欲しい















 十月の病棟院内


十月に入り
コロナが収まり
緊急事態宣言も解かれ
精神病院も
規制が緩められる

グループホームのみんなは
外出が
つまりお出かけが
制限が事実自由になった

だが外食は
マスクを外して
会話もあるからと
コロナにうつりやすいと禁止だ

病棟も
半年以上ぶりに
院内にかなりの
入院患者が
出て来るようになった

院内には
キャッシュコーナーがある

お金が下ろせる

入院患者は
しばらく外出禁止だったため
通帳記帳して
いっぱいになっても
銀行に行けないので
どうしようもなく
放置だった

ある入院患者が
ある担当の職員に
満杯になった通帳を見せ
その職員は
銀行名を出し

来てくれますから

と聞こえたと思う

院内でのやり取りである

第六波が怖いが
しばらく
この開放感に浸りたい

精神病院にも
自由な開放された
雰囲気が流れる















 ある友人


友人は
オセロが得意
大富豪が得意
麻雀が得意
将棋が得意

麻雀以外は
精神病院の
入院中の
集団生活での
時間のつぶし方だ

麻雀は
リハビリと称して
デイケアに通いだすと
ある

デイナイトケア

つまり
昼ご飯だけでなく
夕ご飯まで
面倒をみてもらうと
午後三時半くらいから
午後五時くらいまでの間
麻雀をして過ごす訳だ

オセロ
将棋
大富豪

入院中も
デイケアでも
合間合間の時間に
人を集めてする

果たして
それはいい事なのか

デイケアに長く通い
入退院が繰り返されると
それだけ
それらが
得意になっていく

果たして
それはいい事なのか















 母 親


恐怖がよみがえる
母親と暮らしていた日々

お互いに
統合失調症

母親と娘は精神障碍者だった

娘は
おかしなことを言う母親を
いつも注意していた

今現在
娘と母親は別々に生きる

娘は家を出て
一人暮らし
母親は精神病院永久入院

父親が母親の入院費の面倒をみる

緑内障を患った母親は
年に数回通院がいる

車椅子のため介護タクシーだ

父親にはいらぬことを言い
娘の前では
ましな振る舞いを
する母親だったので
父親は娘に
母親の面倒を託す

病院の付き添いだ

だが
娘も限界だった

母親は家族で暮らしていた時
と同じことを言う

父親と娘が
肉体関係があると

冷静に対処しなければならないが
娘は内容が内容で
感情的になる

娘と母親は病院で口喧嘩

母親はこうなると
手がつけられない

理性がない

だから
父も娘も
母親と暮らせないのである

この春の通院で
そんなことがあり
娘は精神的に
かなりダメージを受けた

夏の通院はなくなり
冬にある

娘は主治医に相談
ドクターストップがかかる

父にもそれを告げた

実の母親が娘は嫌い
会いたくない

存在自体がはやく消えてほしい
と思う

母親が父親より
早く死んで欲しい

後がめんどくさいから















 変わらない友人


哀しい
友人は変わらない
本当の家族を
偽物だと言う

もう七年友人をしている
同性の友人は
私も同じ病気だが
統合失調症
私はラッキーで
良い薬の出会いがあり
症状は全然なく
友人は
薬を多用に盛られている
注射まである始末

家族を偽物
本当の母親を姉を
偽物だと言っているので
家族関係はぐちゃぐちゃだ
血の繋がりがある分
憎しみは深く
改善されにくい

私だって
母親が統合失調症で
私より症状が重く
かなり振り回されてきた

想像して欲しい

本当の家族なのに
偽物だと言われること

本当の母親から
娘に父親と寝たと言われること
血の繋がりがあるのに
それは信頼のない言葉だ

感情的になり怒るだろう

それが統合失調症だからと
果たしてどれだけの人が
冷静でいられるのだろう

父親は母親に暴力を振るった

友人の家族は
その友人に
ここでは書けない暴言を吐く
存在自体を無くせと
居なくてよいと

それは信頼の期待の裏返し
家族だから
血の繋がりに期待し
当然の気持ちを
持って欲しい気持ちの裏返し

その気持ちを裏切られて
余計に傷ついて
お互い
もう傷つけ合うしかない関係

距離をとるしかない

家族なのに離れて暮らす

友人は
院内のグループホーム
精神障碍者の集まるグループホームだ
家族と離れて暮らす
一人暮らしが夢だが
家族と和解しない限り
一人暮らしは有り得ない

偽物と言い張る友人に
家族と和解は有り得ない

家族以外
誰も
その友人の
アパートに入るための資金も
出さない

それを言っても
友人は
家族が偽物だと言って
理解しない

私は絶望する
いつも

哀しい
友人は変わらない
本当の家族を
偽物だと言う





















く   れ



 刈 宿


あれから何年ぶりだろうね
少し棺箱が小さくない?
窮屈だよね、この大きさでは
いやいややせ細ってしまってね、この通りだよ
そんな声をかけたような
そんな言葉が返ってきたような
かける言葉が上ずって
「さようなら、また近いうちに」
と 声にするのが精一杯で
すぐにその場を離れはしたが

あの自然豊かな恵みの大地が
放射能に汚染されて
いまだに自宅に帰れないでいた
その「刈宿」という地名
少し離れた仮の住処に移り住んで「仮宿」だと
笑っていたときもあった
寂しいね、本当に寂しいね
十代の頃から,彼は詩人で
僕は詩人の見習いのような詩を彼の同人詩誌に
発表していたのが蘇えってきた

戦後すぐに生まれたもの同士
彼の同人詩誌の会合に参加し彼が挨拶したとき
とても大きく見えた
民謡を歌いこなす、詩も書き、作詞もする
話が盛り上がると草野心平と飲んだ話もでてきた
誰からも好かれる大詩人である彼は
ある賞をとったとき僕に言った言葉は
「〇〇さんもとって欲しいね」
それから大分時間が過ぎたが
「とりましたよ」と言うと
「良かった、良かった」と言ってくれた

あれから何年ぶりだろうね
少し棺箱が小さくない?
窮屈だよね、この大きさでは
いやいややせ細ってしまってね、この通りだよ
そんな声をかけたような
そんな言葉が返ってきたような
寂しくなるな~、本当に寂しいね
「刈宿」に帰ってゆっくり休むのだろう
それがいい、それがいいね
全力で走ってきた人生だから
















 葬 列


昨夜の夢は葬列の夢だった。埋葬される人の名前を知
らない僕が押し出されるようにして、その最後の列に
加わっていた。墓地は山道を登った先にあるらしい。
三十分も山道を歩いていると、一人、二人、三人とそ
の姿が消えていったから、いつの間にか身内の列に加
わっていた。

姿が消えていった人は、埋葬される方へと並んだらし
いと、ひそひそと声が後ろの方から聞こえてくる。墓
地に近づいて来ると烏が木の上から死者を見送ってい
る。穴掘りは部落の青年で、白衣装と白鉢巻きをしな
がら、埋葬の時間を気にしながら穴を掘っていた。窮
屈な墓地の中に棺箱一つ入る穴を掘るのは難しい。

釘で打たれた棺箱の上に覆いかぶさるように泣き崩れ
る姿と烏の鳴き声。最後のお別れは、いつの時も涙腺
を波立たせるものがある。悲しみの頂点から紐で括ら
れた棺箱が静かに穴の中へと下ろされていく。死者か
ら青い空は見る事ができない。暗くてひんやりとした
穴の底は静かに眠る場所だ。

烏の群れが鳴き始める。待ちくたびれたのだろう。お
供え物の催促をしているようだ。あの頃は誰もが土葬
の時代だった。部落一つが総出で葬式を取り仕切って
いた。よそ様に笑われてはならないと村長さんは血圧
が高いのに陣頭指揮をとっていた。こんな時代が今は
簡素化された。

骨になるまで一時間三十分。その間に参列者と談笑し
ながら自分の順番を数えては、ときどき入れ替えてみ
たりする。アナウンスされると骨と対面できる。二人
一組で骨を箸で拾い上げて骨壺に入れる。お別れの言
葉はそれぞれの胸の中にしまい込んで。写真と骨壺を
抱えた後に葬列はできる。

昔の話に戻ると葬列からその姿を消して、埋葬される
方に並んだ人は、それから一年、二年が過ぎると次々
と暗くてひんやりとした穴の底に身を沈めて行ったよ
うだ。葬列は長くても短すぎてもならないと親父が生
前言っていた。最後の終わり方がこの葬列の長さに凝
縮されると言うのだ。

でも時代は変わった。親父の葬列は親父に相応しい葬
列だったと隣近所の人が今も言う。長くもなく短くも
ない葬列だった。そろそろ夢の中では埋葬される方へ
と並ぶ日が近づいてきた。僕の葬列は短すぎるほどい
い。バス一台の葬列。骨壺は二つ。一つは分骨用だ。
薬づけの体だから骨はボロボロだろう。少し恰好は悪
いが。















 海洋放出


抗議の連鎖と反対決議
処理水の海洋放出を決めた政府と東京電力

一歩譲ってもとは、誰も言わない
譲れるものがないのだ
秩序の欠けた十年間の言葉には苦みがある

たくさんの言葉が被災地に落ちているが
「寄り添う」という言葉はすでに腐敗した

汚染水はALPSを通せば処理水と呼ばれ
トリチウムだけが残るという
そのトリチウムを海水で希釈するから
海に放出しても安全だという

トリチウムだけが残るというのは嘘だった
測定すれば
その他の放射性物質も残っていた
それが僅かであっても

  「このタンクの数を見て下さい
  「もうタンク増設する場所がありません」
納得できないものをやろうとしているから
説明できないまま十年が過ぎてしまった

東京電力は十年間情報を小出しにしてきた
隠されているものもあるはずだから
一歩譲ってもとは、もう誰も言わない
譲れるものがないのだ

管理能力が乏しい会社に
この海洋放出する処理水の管理はできない
どこかで手抜きされる
見つかれば頭を何度でも下げる
この繰り返し

空と海は青さが命だ
処理水の海洋放出で
天の配剤が崩れてはならない
何故、福島県の海なのだろうかという疑問
何故が何度もぐるぐると回る

秩序の欠けた理由の裏付けばかりだ
怒れ! 被災者 怒れ! 福島県





















藍 音 な な を



 行雲流水


最近
訳も分からず忙しい

生きていると
時々こんな時期がある

図らずも
自分の周囲で流れが巻き起こるように
いろんな物事や人が
目まぐるしく動いて
あれよあれよという間に集まり流れて
パズルのピースのように
ぱちぱちと嵌まって何かが出来上がっていく
そんな風に感じることがある

まさに今がそうで
自分の周囲が動いている

興味を持って調べていることや
何かを発展させて
学びたくなったことがあるとき
その物事にかかわる
情報やキーパーソンに図らずも繋がり
流れが迸り始める

まるで
今がその時と言わんばかりに

そう言う時は
流れに抗わないことにする
流れに乗るのも自分の運命で
今こんなことが起きたと言う事は
こうなる人生だったんだろう
そう思うようにしている

簡単な事ばかりではないし
楽しい事ばかりではない
それでも
風が動き始めたら抗わずに乗る
乗ってみるのも
自分の運命なのだろう
そんな風に感じながら
生きているし
生きていかなくてはならないのだろう

日々起こる出来事に
いつか
あの時大変な思いをしたのは
ここに繋がっていたのか
そんな落としどころに気が付く
そう言う事の繰り返しで出来ている
私の人生が
憎くもあり愛しくもある

とりあえず今は
流れの中
溺れて沈むことなく
翻弄されながら生きて行くしかない

まだまだ続くか
いつまで続くか
どこへ続くか
見届けるまで





















瀬   未



 フェアアイル


騒がしく
残果をついばむ
鳥たちの声で目覚めると
窓が結露していた

思わず
指でくるくる
くもったガラスに
いたずら書き

すうすうする首もとに手をやり
ショートボブにしたことを
少しだけ後悔しながら

この冬
はじめて腕を通す柄ニット

レンガにオレンジ
マスタードにカーキ

落ち葉や木の実の色が混ざる
あたたかな彩りが
私をふんわり
包みこんでくれる

段ごとに異なる幾何学模様は
どこまでも
謎めいて繊細で

いつのまにか
今年もあと少し

袖口にまで及ぶ
凝った柄を
じっと見つめた

 喉元過ぎれば何とやら
 色々あったけど
 あっという間ね

こうして
私の記憶も
日々積み重なり
いつしか模様になっていく

今は編み目が粗くても
きっと未来へと繋がっているから

 たとえ
 粋じゃなく
 乙じゃなくても

いずれ
自分や誰かの心に火を灯す
あたたかい思い出となるのなら

 ふたつとない
 オリジナルの風合いも
 味があって
 いいじゃない

そして
この柄は
別名・求心柄とも
呼ばれている

心を求め
織りなす想いは
これから
どんな色
どんな模様をなしてゆくのか

冴え冴えとした冬の朝
ひとり
背すじを伸ばし
そっと
心を込め直す

あなたの心に向かって
近づこうとする
私は

いつでも
フェアアイル