今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







あ さ ぎ  







 私 は


全てを染める大きな夕日
向かい風
彼女は歩く
腕をだらりとさげて

風は静かで
まるで長々とした帯のよう
次々と彼女にまとわりつく
まとわりついたまま
はためく

帯は
水気を含んでいるよう
どこか重たげ

彼女が何者なのか
わからない
無表情だが
目は前を捉えている
そして頬には涙の軌跡

大きな夕日
向かい風
彼女は歩く

その光景は美しい
きっとその形容がふさわしい
私は理由を募る前にそう思う





                       〔島 秀生:選〕











galapa(滝本政博)




 孫の運動会


一年生はリズム体操で「パプリカ」を踊った
とても上手にできました

ゆめちゃんは徒競走で二着
左腕を折ってギブスをしているのだから
これはだいけんとうだよ

どっちがたくさん入るかな
玉入れがあり
白組のゆめちゃんは頑張ったね
おじいちゃんはしっかりと見ていました

お昼の時間がやってきて
家族みんなのいるいるテントで昼食
お母さんやおばあちやんが早起きして作った
お弁当を食べたね
みんなで食べるとどうしてこんなにおいしいのだろう
ふたりの妹
ひまりちゃんや
まだ赤ちゃんのこはるちゃんもいます

昼からの最後の種目は
全校生徒でやる紅白対抗大玉送り
みんなが飛び跳ねて大玉を送る
とてもダイナミックな競技でしたよ

いっぱいいっぱい練習して
いっぱいいっぱい頑張ったゆめちゃんは
一等賞だよ


 
*三年前に書いた詩です。今年も去年と同様、運動会はお休みのようです。




                       〔齋藤純二:選〕





 また野良犬のように歩けます


長く憂鬱な季節があった
酒を飲めば陽気になれる
と 思ったら大間違い
俺は泥水を喉元まで詰め込んで
立派なアル中とあいなった

病院には妻と行った
院内の喫茶店で食べた皿うどんがまずかったので
入院するのは嫌だなと思った

その後 長いお付き合いとなる
医者は落ちついた感じの男で
丁寧な問診の後で
入院しますか、それとも通って治療しますか
と問うた
選択肢はこちらにあるらしい
何事も決断できない状態であったが
出来れば通院で というと 妻も同意した

いくつか薬をもらい
アルコール依存症の治療がはじまった

教えられたメソッドは
今日 一日 酒を飲まないで過ごすこと
断酒会に通うこと であった

仲間が出来た
酒でつまずいた人たち
恥をかいた人
幻覚を見た人
入院治療をした人
飲酒という共通の話題を語り合った
いろんな逸話が飛び出した

隠さずに話そう
手が震え出した
おねしょをするようになった
友人から金を借り返さなかった
眠れなくなった
眠れないのはつらいことだった
等の話を俺はした
断酒会は話をするところだ

あれから十年以上が過ぎた
酒は飲んでいない

咽喉と胃を焼いて降りてゆく
液体の記憶は去ることはない
それは快楽であり
アルコールに浸かった脳は決して忘れない
いくつもの夜を越えて
俺が焼失し煙になるとき
この咽喉や胃の渇望もやっと消え去るのだろう
それまでの間
少しでも飲んでしまえば元の木阿弥だ
一生分の酒はもう飲みほしたのだ

今でも眠るのには薬が必要である
一歩一歩進んでゆくしかない
また野良犬のように歩きだしたのだ





                       〔島 秀生:選〕





 おはようございますと空元気


頭の中で映写機がまわる
悪夢ばかりが投影されるスクリーン

起きた
というか眠れない
三時半は夜なのか朝なのか?
もう 朝ということにしておこう
眠りの呪縛ほどけ
夢の残滓は薄れていく
とりあえず珈琲を飲んで朝の音楽を聞こう
そしてゴドーを待ちながら
ソファで二時間ばかり過ごす

おはようございます
寒くなりましたね
今日も一日元気に行きましょう

夜明けでございます
窓を開けましょう
風が気持ちいいです

少し暗いうちから
犬の散歩に出かけます
わたしの犬は年寄りなので寝てばかりですが
揺り起こして出かけます

あ 虹だ
虹を見たのです
何時に?
朝の六時に 虹を見たのです
雨上がりの水を含んだ空気の中
かなりくっきりと 半円を描いて
なんだか得した気分です
ピピ(犬)よ あれが虹というものだよ
おしっこの匂いばかり嗅いでないで上を向きなさい





                       〔雨  音:選〕





 アンチェインド・メロディ


異国の町を三匹の野良犬が歩いている
そんな写真を見て親近感がわいたのです
犬達は酒の空ケースが積まれた裏町を行く
彼等は何処から湧いて出たのか
おーい 俺も連れていってくれよ
単純なもんだな俺は
これは郷愁なのか
犬となりあてもなく酒場の周辺を歩き回る

市場の喧騒 これもまた湧き出したものだ
コップを洗う音 女たちの声が混じる
音が何層にも重なってざわめき響く
噛みつき かぶりつきたい衝動が高まる
ポリバケツより溢れた残飯をあさる
風景の一部となり滲み出る詩情をしゃぶる

整備されていない道を
人が通り 自転車が通り 車が通る
俺達も埃にまみれた脚で歩き回る
黒い鼻ずらを突っ込み嗅ぎまわる
塵箱の周りを 暗闇を スカートの中を
この世は泡沫
(うたかた) 俺もこの世に湧いて出た

空の下 どんな場所であろうと
怠惰
(たいだ)や倦怠(けんたい)の陰に眠る
誰も俺のことなど気にしない

仲間なのか兄弟なのか
連れとはいつの間にかはぐれた
いまは俺に張り付いている黒い影だけが友だ





                       〔三浦志郎:選〕











小林 大鬼




 コロナ禍の蟻達


蟻達よ
集まり群がる蟻達よ

コロナ禍はまだ終わらない

嵐のような感染が
増えては減って増えては減って

波のように繰り返しては
感染はさらに強まるばかり

それは百年前の系譜

あのスペイン風邪が
未だ季節風のように世界を巡る

先の戦争よりも
多くの死者を出したとは

歴史は繰り返す

どんなに科学が進もうと
自分達だけの楽園のようなコロニーを
作りたがる本能に勝てはしないのだ

コロナは地球を侵食する
新たなる時代に向けて

コロナが治まる頃には
蟻達の描いた世界は
さらに無機質に変わってしまうだろう





                       〔齋藤純二:選〕











ピ ロ ッ ト




 点の行方


大きく息を吸い込んだ
指先が赤くなる程
鉛筆を握りしめた
翔ちゃんが挑むは
苦手な 小数のわり算

 小数点のやつ
 いつも迷子になってしまう
 わる数 わられる数は仲よく
 点を移動させたら0を増やさなくちゃね 先生

翔ちゃんは 大きく目を見開く
記す数字は だんだん濃くなり
筆算は 海に注ぐ大河のように
ゆったり 大きく曲がってゆく

 できた

教室に差し込む西日を浴び
誇らしげに輝く 翔ちゃんの顔
数字と格闘した右手は 黒光りしている

翔ちゃんの数字を追いかける 私の赤ペン
小数点 ちゃんと移動できたかな
十倍 百倍 仲よく0を増やせたかな
お約束を守れば 簡単にできるわ

そう お約束……
決められたルールに従い
当たり前のように計算する私
ふと 手を止めた

いつからか 考えなくなった
「不思議」ということ
法則の奥にある 真実

なぜか どうしてか……
疑問を持つこと
不思議に思うこと
教科書の向こうに なおざりにしてしまった私

翔ちゃんは 真正面から
懸命に追いかける
奇々怪々を 数の不思議を

数字という 世界共通の記号は
言語では不可能な 何かを
きっと成し得るのではないか

問い直してみたい
数字の本質
世界共通の交流手段が伝えようとしているものを
世界が理解しあえない いまだからこそ

 先生 何考えてるの?
 早く丸つけてよ
 小数点 全部合ってた?

  もちろん
  私ね 素敵なこと考えてたの
  翔ちゃん ありがとう

好奇心と探究心
翔ちゃんのキラキラした目は
私に問いかける
点につながる大きな学びを
線につなげる確かな喜びを





                       〔島 秀生:選〕





 川を越えて 森を抜けて


「この命なにを齷齪
 明日をのみ思ひわづらふ」
100年程前 某詩人は綴った
令和を生きる私も同じ
今を楽しめず 杞憂に沈む毎日……

素敵なおばあさんに出会った
グランマ・モーゼス
本格的に絵を描き始めたのは喜寿の頃
101歳で亡くなる直前まで
絵筆を握っていた

良いことも悪いことも受け入れ
否定もせず 現実から決して逃げなかった
刺繍ができなくなった手……
誇り高き農家のおばあさんは
針を絵筆に持ちかえて
楽しい趣味として絵を描き続けた

細部まで描き込まれた
古き良きアメリカの農村風景は
使い込まれた布が織り成すパッチワークのよう
山 川 畑 家 牛 馬 人……
汚れのない田舎暮らし
皆で協力して築き上げる
日々の生活 季節の楽しみ
素朴 質素 勤勉な暮らし

リアリティとポエジー
日常の喜びの結晶は
絵の具に溶ける
彼女が見続けた現実と夢が
画面に 満ち溢れている

駘蕩たる絵から響いてくる詩情
生の喜びの歌が聞こえてくる

過去の光景に抱く追懐
失われてしまった 丁寧な暮らしへの憧憬
速さ 便利さ 快適さを追求する生活はいらない
取り戻さねばならないのは
景色の中 小さく描き込まれた人々が教えてくれる
個人が尊重される生活
心豊かな生活だからこそ見えてくる
夢と希望だ

振り返ること
先を見ること

温かい血の通った絵の中
過去の追憶と現在をつなぎ
道は続いている
畑の中 希望溢れる未来へと

「人生は自分で作りあげるもの
 これまでも これからも」

何れ老いゆく全ての人に向けられたメッセージ
おばあさんの絵の世界を旅しながら
希望の光を心に灯す
進むべき道を 私も頭の中に描く

川を越えて 森を抜けて


 
※アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス(1860〜1961)はグランマ・モーゼスの愛称で親しまれ、アメリカ人なら誰もが知る国民的画家である。
 
※アメリカ民謡「川を越えて 森を抜けて」を作品タイトルとし、彼女は数枚の絵を描いている。





                       〔三浦志郎:選〕





 うつぐみの島


紺碧の海 白波をたて
フェリーは進む
大海原の彼方に
深緑のなだらかな木立の島が霞む

石垣島から15分
竹富島に降り立つ
珊瑚の白い小道
石垣に咲き溢れる ブーゲンビリア
赤瓦の屋根が連なる 整然とした家並み
屋根上のシーサーが 戯けた顔で出迎えてくれる

人口360人ほどの静かな島
島民は町並みを守り
多彩な芸能を受け継いできた
今日は秋の大祭 種子取祭
草を抜き 鍬を打ち 俵を持ち上げ踊る
高らかな農作業のかけ声
「ユッ ハッ」

御嶽に響くはずだった
舞踏 狂言 70もの芸能が奉納されるはずだった
ウイルス騒ぎさえなければ……
島民はどんなに無念だったことだろう

練習を重ねる島の子ども達は 伝統芸能の大切な担い手だ
失った生活習慣を祭で体験し
伝統を 各々の身心に染み込ませてゆく
長い歴史は教育により
世代を越え 島民に受け継がれてゆく

 売らない
 汚さない
 乱さない
 壊さない
 生かす
伝統を守る島民の絆 竹富島憲章
自然と文化 美しい集落の景観は
開発の手に屈せず 大切に守られきた
助け合い 信頼し合い 互いに手を携えてゆく
目に見えないものに生かされていることに感謝する
「うつぐみ」の知恵に
島は守られ 育まれている

 ※

一面のサトウキビ畑
のんびり草を食む黒牛 山羊
時の流れるスピードは
どこにいても変わらぬはずなのに
島を流れる時間が 殊にゆっくり感じられるのはなぜだろう

大きく息を吸う
牧草の馥郁な香りが鼻孔をくすぐる
青空を見上げる
西日に照り映えたヤラブの緑葉が
視界いっぱいに広がる
巨木の隙間から覗くシトリン色の光が眩しい
落とした視線の先に まっすぐ続く白い道
美しく整えられ守られてきた自然と秩序

はっきりわかった
癒やしを求めただけではない
傷ついた心や身体に打ち克ち
一歩前に歩み出したかったから
私はこの地を踏んだのだ
薄い靴底に当たる珊瑚が 少し痛い

過去から未来へつながってゆく時間の中で 私にできることは何だろう
大きくたゆたう時の流れの一瞬を生きる私
持てる時間を大切に使おう
誠実に 今を大切に生きねばならない

竹富島を後にフェリーは走る
遠ざかる島に後ろ髪を引かれるように
白い船跡をいつまでも眺めていた
水牛車の音と共に 三線の響きが波に乗って微かに聴こえる気がする
今日最後の日の輝きが 雲間から光の筋となって放射状に降り注ぐ
天空から海上に下ろされた 光の梯子
煌めく波間の彼方
遠ざかる竹富島も
神々しい光に抱かれる


 
※御嶽(ウタキ)は、本土でいう神社にあたる。
 
※皆が協力してことにあたることを竹富島では「うつぐみ」という。





                       〔三浦志郎:選〕











エ イ ジ




 散歩道から


とある団地街を抜けると
左手に小学校と中学校が見える
通学中の子供たちを見やりつつ
そのまま真っすぐ進んで
坂を上がる

坂を登りきったところに
歩道橋があり
渡り終わると左に

こもれび通りに入って
もうひとつ歩道橋を渡ると
公園に着く

いまだ緑々とした
木々がお出迎え
さらに右方向に
ランニングコースを行くと
立派な石でできた
座れる台がある

暑い日中は
ここまで来ると疲れる
よいしょと腰を下ろし
買ってきた缶コーヒーを開ける
と同時に周りの木々を見渡し
至福の時を過ごす

みな思い思いに
時間を過ごしている
ジョギングする人
犬の散歩をする人
子どもたちと遊ぶ人
バードウォッチングする人

僕はといえば
カメラを取り出し
木々に向かって
パシャパシャと
シャッターを切っていく
その時

 あ なんか飛んでる

膝の上を何かが飛んで行った
一匹の蝶だった
羽は黒いが形は明らかに
カラスアゲハなどではない
秋の蝶なんだろう

石のように動かない
僕をからかうように
ひらひらと舞っていく

明日は日曜日で
僕の誕生日だ
土曜は曇って
夜には雨が降り
日曜日は冷え込むという

 いよいよ秋も深まるのか





                       〔島 秀生:選〕











ま る ま る




 母さんと 小さな女の子


空のベビーカーを押すお母さんと
小さな女の子
お母さんが手を放す
今度は女の子が手を伸ばす
ベビーカーは動く 少し
女の子は
お母さんを見る
笑っている

可愛い
世界中の幸せを独り占めにした
お母さんの気持ちに
思いを馳せる

なにかが
私の胸にも 込み上げた

「あんな頃あったな」
言葉をうかべた 違った
思い出 ではなかった
「あんなふうに可愛かったのに」
違った
寂しさ でもなかった

20年前の出産
二つとない神秘にふれた
あなたが生まれて
初めて自分を 肯定
世の中のあらゆることに
感謝した
すべてが 始まった

朝が来て
必ず日が暮れる
あなたも眠って
そして 目を覚ます

嬉しい朝も夜になる
苦しい夜にも次の朝が来る
頑張っても 夢を見ても 諦めても
何もしなくても
日は必ず上り
一日が過ぎる

命を授かり
形になり 生きていく

あなたは毎日大きくなった
自分の力で 大きくなった
誰も
代わってやることはできない

神様からもらった
小さな 小さな命が集まって
いつか大きな社会になる
見えない場所
知らない歴史
手の届かない政策 取引

小さな女の子も うちの子も
私も
長い年月をかけて
自分で大きくなって
社会を まわす
社会が まわる

あちこちで
確実に起こっている
尊くて壮大な
営み

胸に込み上げてきたのは
そういうことなんだ
たぶん





                       〔三浦志郎:選〕





 出さない手紙


お姉ちゃん いろいろありがとう
家族の中で一人だけ
公務員じゃなかった私に
お下がりのスーツをたくさんくれたね

結婚式のお祝いの中身は
親戚のみんなの倍もあったよ

泊まりに行けば布団を並べて夜中まで話し
帰りのお土産にお小遣いもくれた

今までずっと ありがとう
助けてもらった
頼りにしてた

お母さんが亡くなる前に
気持ちをつづったノートがあった
見ない方がいいよ辛くなるから って
表紙だけ見せて持ち帰ったね
お父さんが亡くなった時は
相続の計算も全部して
もらうだけでいいよって振り込んでくれたよ

お姉ちゃん 私ね

本当はね
そういうのを見たかったよ
お父さんとお母さんに
しっかりさよならするために
旅立ちを 私もしっかり見送るために
お父さんとお母さんをもう一回
私の心に戻したかったよ

全部独り占め して行ったね
私だって 見たかったよ





                       〔三浦志郎:選〕











山 雀 詩 人




 乗り物


不思議なフシギな乗り物だ

まず窓がない
だから中はまっ暗だ
深いヤミに
閉ざされている

でも本当は
ふたつある
上のほうに
小さな窓が

左右に並んだ
球体の窓
でもそこから見える外の景色は
やっぱり深いヤミの世界だ

奇妙なキミョウな乗り物だ

なんと足が二本ある
だから歩いたり走ったり
好きなところへ
どこへだって行ける

でも本当は
そんなに自由じゃない
いつもの道で帰るのは
いつものこのワンルーム

乗り物ともあろう身を
そっと横たえ
つかのまの眠りを眠る
自由を夢見て

おかしなオカシな乗り物だ

中にいろんな部屋がある
考える部屋
食べる部屋
息をする部屋

まんなかに
からっぽの部屋
ここは何に使うのだろう
部屋の名はココロという

ぽつんと置かれた
古いトランク
思い出というそれを開ければ
哀しみ色の蝶が舞う

そのときだ
小さな窓に雨が降るのは
冷たくもあたたかい
ひとすじの、雨が降るのは…

不思議なフシギな乗り物だ

今日もさびしいココロを乗せて
ヤミの中を進みゆく





                       〔Kazu.:選〕











藤 代  望




 美しいと言うのなら


モデル歩きを真似る小さい子
赤いランドセルが軽やかに見える
その姿は風に吹かれる彼岸花のようで
どこか大人気な上機嫌さで
胸が締め付けられた

原付のハンドルを強く握りしめた
連れていかれるようだった
自分の後ろにはまだあの子がいる
そう思うと余計に後ろ髪を引かれた
でもやっぱり苦しくて
あの子ごとを背景をくしゃくしゃにして
ポイって捨てた

神社に着いて
ヘルメットを外した
みんな知らない近所の神社
木の葉の間を縫った光が
屋根に水玉模様をつくる

美しいものを見ると
今が思い出であったらと思う
匂いも音も受け止めたもの
すべて自分のものだから

お参りをするために石段を一歩ずつ登る
今日は足がひどく重い
お腹も空いたし
心も空いたから

ようやく登った
少し息が切れている
動悸がする
怖い
生きるのが怖い
今も思い出もすべて自分のものだと
口にすればそれで済むのに

二礼

二拍

賽銭入れのすぐ横に咲く彼岸花を見た
大人気で上機嫌で
美しかった
風に吹かれ揺れた時
あの子のことを思い出した

胸の中の空っぽが崩れ落ちて
彼岸花で満ちた

あの子が無事に生きられますように

一礼

石段を降りる時
誰かの落としたハンカチを拾った
土で汚れていた
あの子のものかもしれないなと思いつつ
家に帰って洗うことにした





                       〔三浦志郎:選〕





 今宵はダンス日和


朝のニュース
占いを告げる端正な声
最下位はかに座の僕
ラッキーアイテムは黒いハンカチ

今日も電車が大勢の人を運びます
こうして揺られると
電車の中にいる人達が
すべて僕のように思えて
とても腹が立ちました
でもそれが一番心地いいのでした

漏斗のような生活です
一日という液体を
一滴もこぼさずに心に注ぐ
あなたの空けた穴さえなければ
もう少し造花も綺麗でしょうか

あなたはダンスの好きな人でした
下手くそなダンス
無邪気な笑顔で
ステップを
たたらを踏む

その踊る姿が
僕にとって
ただひとつの美の形でした

もっと
あなたの心音のリズムで
踊りたかった

1人では広い部屋だ
詰まる胸とこの部屋を
煙で誤魔化した

あなたを愛する
そのための漏斗でした

思い出す仕草や体温
泡沫のような声色

今宵はダンス日和

立ち上がり
共に踊る
ステップを踏む
泣きそうになる
右手を振り回す
持っているのは
黒いハンカチ





                       〔雨  音:選〕











るり なつよ




 友達の友達


SNS上で友達になっている
大学時代の友人の
友達リストから見つけた
過ぎ去りしあなた

プロフィールのトップページ
顔写真に残る二十年ほど前の面影

見つめられる私は
青い海を漂っていた磯の鮑

位置情報と共にアップロードされた
最新の投稿写真の中に佇むのは

新築と思われる一軒家の前で
満面の笑みでVサインする
三、四歳位の幼な子

足跡の残る機能がないことに
ほっとしながら
更に画面をスクロールさせ
空白を埋めるように始める
時間旅行

こんな仕事
してるんだ

こんな所
行ってたんだ

この頃
大黒柱となったんだ

端末から眺める世界
あなたから見た私は
友達の友達

あなたは私に気づくだろうか
友達の友達リストをたどって……

投稿に
さりげなく
いいね!してみようか

友達リクエストのボタン
押してしまおうか

お久しぶりのメッセージ
送ってみようか

それとも
もう一つのアカウントで
初めましてのふりしてみようか





問いかけだけを携えたまま
二つの季節が駆けてゆく

未だ
透明人間のようにたどる
友達の友達リスト

不意に
トップページの顔写真と
目が合う

見つめられる私は
青い海を漂っていた磯の鮑

口を衝いて出る

おはよう

位置情報と共にアップロードされた
最新の投稿写真をチェック

そして
確かめる

端末の向こう側
今日も
あなたがこの世界に
存在しているということを





                       〔齋藤純二:選〕





 思い起こす、大地


出来秋の昼下がり

マットの上で
一時間に渡り連ねてきた
ポーズの締め括り

画面から流れる
インストラクターの声に導かれ
仰向けになる

ヨガの全てのポーズは
ここに行き着くためにあるという
シャバ・アーサナ *1

大の字に放り出した屍の背面が
マットとの接地面を通して
地球に吸い込まれてゆく……

bhu ma bhu ma bhu ma *2



今朝

床に散らばる
おもちゃ
通園カバン
制服
帽子
体温計

登園前の障害物競争

やっと朝食を終えたと思いきや
パジャマのまま
とことこと
ベランダへ出ていく幼な子

バスの到着三分前
わたしの地面が揺らぎ出す

ベランダで
横一列に並ぶ植木鉢

トレニアと桔梗は
ここぞとばかりに咲き誇る
マーガレットとオプコニカは
じっと佇み出番待ち

まだ 頭に時計など備わっていない園児は
それらを
しゃがみこんで眺める

ねえ
このおはな
どこからきたの?

お花屋さんで買ったんだよ
さっさと支度して!



あの花は
どこから来たの?

君は
どこから来たの?

わたしは
どこから来たの?

bhu ma bhu ma bhu ma

クレヨンで描いた
お花屋さんになったわたし

母と一緒に
ベランダで植えた朝顔

小学校の畑に蒔いて
種を刈り取った
大きなひまわり

足し算はいらない
ただ
思い出せばいい……



だんだんと形を成す
白い天井

大の字から起き上がると
目の前には
黒く姿を変えたスクリーン

壁の時計はもうこんな時間

わたしよりも
ずっと創造主の近くにいる幼な子
小さな先生のお出ましだ

さっとマットを丸めて
リビングへ

バスの到着五分前
わたしの大地は耕された

テーブルの上に
植物図鑑と
忘れな草の種が潜む四角い袋を
待機させながら
外へとドアを開け放つ

ベランダで
横一列に並ぶ植木鉢

小さないのちを
秋風がそっとなでる




 *1. シャバ・アーサナ
 「シャバ」はサンスクリット語で「屍(しかばね)」を、「アーサナ」はポーズを意味する。ヨガの終わりに仰向けに横たわり、
 体を動かさず無の状態になることで、リラクゼーションを図る。

 *2
. bhu ma bhu ma bhu ma
 大地を讃えるマントラの一節。マントラは「心を解放する」という意味のサンスクリット語で、ヒンドゥーの儀式やヨガのクラス等で唱えられる。
 日本語では「真言」「祈り」等と訳される。bhu maは「母なる大地」を意味する。





                       〔Kazu.:選〕











埼玉のさっちゃん




 新たな生命


新たな生命を宿している
貴女へ捧ぐ
貴女の屈託の無い笑顔
前向きな捉え方
全て
新たな生命に繋がって欲しい
私は
母子共に無事でいてくれたらと
願うばかりだ
月日が経ち
落ち着く頃に再会を果たしたい
逢って沢山話したり
プレゼントを渡したり
お祝いを言わせて欲しい
遠く離れていても
空は繋がっている
いつも
見上げながら想いを馳せている
新たな階段を登る
貴女に声援を送りたいと思う
そして
健やかなる日々を
過ごして欲しいと願っている





                       〔齋藤純二:選〕











妻咲 邦香




  枝


たった今決心をしました
別の道を歩もうと思います
ゆっくりと言葉を選びながらも
そう声を絞り出した貴方の目には
何が見えていたのか?

いつか最初に広げた小さな葉は
誇らしげながらも頼りなく
それでも新しい色を湛えていた
別に褒めてくれなくてもいい
そう言っているようでもあった

怒りに震えたこともあります
折れて泣いたことも
迷い立ち止まり、時に振り返り
時だけは誰にも抗えないと知りながら
戻りたいと思うことも

痛みはいつか忘れても
消えない傷跡もあります
私にしかその履歴書は書けません
わかっています
十分によく
わかっていても

それでも私には
まだ決められないことがあって
貴方の眩しさをやっかみながらも
見惚れているのです





                       〔齋藤純二:選〕





 旅立つ前に


地図を広げて印を付ける
辿る先の距離を測る
ドアの隙間から
光がたくさん漏れ出すから
心のアルバムには
もう撮った写真が溢れてる

誰でもない私になるために
名前さえも捨てる覚悟で、だから
聞かれた時に戸惑うくらいがいい

真っ白な原稿用紙
全ての詩から解放されたとしても
履き慣れた靴にこそ
一番見せたい景色があって
私はといえば、忘れられない人のこと
いつもより余分に思い出してる

ドアを閉めたら後は
灰を踏み進むしかないこと
いつかの将来、思い出の中でのみ
輝いていたと知るのだろう

地図を広げて、喉が乾いて
世界はそんなに遠くない
まずは生まれたその場所を
目に焼き付けて
憎まれ口が似合う私を夢見て





                       〔島 秀生:選〕





 アンハッピー・バースデイ


今日のこの日
貴方がもし生まれて来なければ
こうして出会う事もなく私は違う人と結ばれてた
手に入れられなかった幸せ幾ら積み重ねても
この手の中のちっぽけな幸せには敵わない
わかってるけど

いいじゃない? たまには言わせてよ
貴方のせいで私こんな人生だよ
愛の何たるか、それはさておき
アンハッピー・バースデイ、この野郎!

ずっと一緒だと窮屈な時もある
ひとりの時間がなんだか嬉しくて
でもそれはね
帰って来るってわかってるからなんだよね

舌打ちしちゃうような返事をしてても
本当に欲しかったのはこういう関係
言葉じゃ埋められなかった隙間があって
雨上がりの週末、並んで歩くひと時があれば
いつまでたっても「0」は「0」のまま
「1」にはならなくていい
永遠に

いいじゃない? たまには言わせてよ
貴方のせいで私こんな人生だよ
どうしてくれるの?
口には出さないけど比べるくらいさせて

形あるプレゼントは出尽くしちゃったし
行きたがってたリゾートのちょっといいホテル
予約しとくよ
どうせ同じ財布から出すんだし





                       〔島 秀生:選〕





  象


貴方間違えなさいよ
美しいんでしょう?
美しいから許して貰えるんでしょう?
だったら間違いを犯しなさいよ

全部貴方のせいにするから
私の罪を被りなさいよ
そうしてはじめて平等になるの
そしたら世界は平和になるの

私に嫉妬したいなら
是非この醜さを羨んで
貴方はますますその美に磨きをかけなさい
来る日も来る日も思う存分
お好きなように間違えて
美しさを鼻にかけなさい

そのうち鼻が伸びてきて
象になるわ
象になるわよ
ぱおんぱおーん(ぱおんぱおーん)

貴方にしか出来ないことよりも
貴方だから出来ることがある
思い切り間違えなさいよ
取り返しのつかないくらいに
一から壊してしまいなさいよ

美しいんでしょう?
誰よりも美しくて
だから許して貰えるんでしょう?
その通りだと言いなさいよ
胸を張って、その鏡に映る私
ひっぱたいてみなさいよ





                       〔三浦志郎:選〕











高山 京子




 こぼれ落ちるもの


教え子のなかに
父親に頭を割られた子がいた
全部で十針は縫ったとか

教え子のなかに
母親に疎まれた子がいた
家に入れてもらえず
叔母と二人きりで暮らしていた

教え子のなかに
交通事故に遭っても
病院へ連れて行ってもらえない子がいた
父と母はあまりに忙しかったから

教え子のなかに
いや、きりがないからもうやめよう

安売りされる
家族のイメージのなかで
こぼれ落ちる
子どもたちの生

そんな
子どもたちの言葉
どれだけ拾えているだろう

見て!雨がゆっくり降っているよ!
と言った子がいる
見れば霧雨のことだった

空気と風の境目はどこにあるの?
と聞いてきた子がいる
彼女の顔はピアスだらけだった

いつの時代も
どこの国でも
子どもたちはみな詩人だ

それなのにどうして
見過ごされてしまうのだろう
やがて子どもたちは大人になり
すっかり疲れきってしまって
詩はこぼれ落ちていってしまう

こぼれ落ちるものたちよ
それらの
何と強く儚く美しいことか
できることなら私は
そのこぼれ落ちるものたちを
永遠に残したいと願う





                       〔島 秀生:選〕





 その後ろには


母が前触れもなく
自転車を止めた
河川敷

コスモスの群れを
じっと眺めている
まるで子どものように

私も仕方なく停車し
その後ろ姿を見守る
まるで母親のように

実の親に
甘えられなかった母
その人を見守る

母はかつて
私のように
祖母の背中を
見守ったのだろうか

そして祖母は
同じように
曾祖母の背中を
見守ったのだろうか

母は満足したらしく
私の方を振り返る
その顔は
祖母に似ていた

実の親に
甘えられなかった自分
その姿を見守る子どもは
私の後ろにはいない

私の後ろには
いつも
誰もいない

母と娘の背中
その後ろには
女たちにしかわからない
営みが繰り返されていく

そしてそれは
いつしか
そっと途絶えていく
音もなく、静かに




                       〔三浦志郎:選〕











おおたにあかり




 衝 動


生後8ヶ月の衝動は
止めようがない

分け隔てなく
破り捨てられていく
紙という紙たち

漫画ワンピースの最新刊も
住宅展示場のチラシも
母親が愛読する詩集も
美味しいお菓子が入っていた
紙袋も

寸分の違いもなく
乱暴に振り回し
時々口にほうばって
力いっぱいに
引きちぎっていく

駄目よダメ!!
何度止められ
取り上げられようが

手に触れるその感触を
確かめずにはいられない

空にお腹を向け
眠りこけていた犬が
飛び上がって起きる程
大きな音で
破り捨てていく

しかし
決して楽しそうではなく
目は爛々と
「そうせずにはいられない」
紙だけを見つめている

すべてを引き裂けばいい
いっその事
なすがままにさせてみようか
そんな気持ちに
拐かされてしまいそう

破り捨てたところで
所詮すべては ただの紙
一緒にちぎろうか

それほどに
生後8ヶ月の衝動は
潔く
逞しく
勇ましく
美しい





                       〔齋藤純二:選〕





 秋の日に


蝉の詩ばかり
読んで書いて
夏がいってしまった

過ぎた季節は何処に
保管され
やって来る季節は
どんな風に
準備されるのだろう

一度っきりの
使い捨ての季節なんて
余りにも淋しい
季節はリサイクル
するわけにはいかないのかな
毎年 真新しい季節が
キチンとやってくるのだろうか

去年、いや、
三年前も着ていたかも
お気に入りの服を
引っ張り出す

衣替えの度に
服が増えてた頃は
いつの間にか通り過ぎた

『嗚呼、久しぶり』
一回りした季節の分
しっとりと匂いも
熟成されている
なんとなく
胸に抱く

季節の変わり目ではなく
すっかり秋がやって来て
慌てて取り掛かる
衣替え
わたしの住む町は
あまりにも秋は
短かすぎて

秋は瞬き
すぐに冬
半袖からすぐに
裏起毛の冬服に

この冬はお出かけしたい
願いをこめて
一度も挑戦した事のない
『真っ白なコート』を
買おうかな

冬よ来い、冬よ来い
焦らなくていいから
順番待ちしてくたびれぬうちに
いつかの冬 来そびれた冬
忘れられた冬 戻ってきた冬

どんな冬がやって来るだろう
楽しみに
あと少しだけ待っていよう
抱きしめた服の皺伸ばし
かいで探してみる
去年の冬の匂い




                       〔島 秀生:選〕











荻 座 利 守




 風の乗る雲


どこまでも
遠い
遠い
たどり着けぬほどの
距離を顕す
青い空に

眩いほど
痛いほど
白さを唄う
雲が浮かんでいる

ああ
あの雲には
風が乗っているのだ

風は雲に伝える
今まで様々なところを
吹き航って見てきた
丘の緑や
紅葉の黄や赤や
山の中の湖が映す
翡翠やエメラルドのような
色相を

そして風は言う

世界は解放する
陽光の白に閉ざされた
様々な色彩を
この世界は
日々解放し続けている

眩いほど
痛いほど
己の白さを
唄っていた雲は
驚愕し
荒れ狂い
やがて嘆き
落涙の雨を降らせた

その雨粒が砕けて生まれた
微細な粒子を
風はやさしく包み
陽光のもとへ導くと

悲嘆の涙より生まれた粒子は
虹を描いて
陽光から
数多の色を解き放った

そうして雲は
己の存在という哀しみを経て
この世界の
掛け替えなき一部となった

遥遠なる青い空に
白妙を唄う
雲が浮かんでいる

いまや
解放者となった雲が

ああ
あの雲には
風が乗っているのだ





                       〔島 秀生:選〕





 薄紅色の花弁


街角に咲く
薄紅色の
薔薇の花弁に宿る
微かに煌めく
雨滴の光は

時を凍らせ
記憶のページを
開かせて

ああ
あの雲間より射し込む
光芒に貫かれた
湿った大気を翔る
微細な光の竜が
再び眼前に顕れて

凝集された
時の結晶の
荘厳なる光彩に触れると
竜は鋭く共振して

限りなく柔和なる
薄紅色の花弁は
己の纏う
艶やかな珠玉に照され

荘厳なる光彩に
触発された
微細なる
光の竜に導かれ

やがてゆっくりと
あの遥かな雲間へと
昇ってゆく

そして
記憶のページは
再び閉じて
いつもの時が戻り来る

微かに煌めく
雨滴の光が見せた
ほんの一刻の
あえかな幻




                       〔雨  音:選〕











秋  冬




 夢 語


カタコトの日本語を話すアナタには
カタコトの夢語を話せる

いつもは
みんなが
熱く
活発に
夢語を話す輪で
何も言わずに
ぽつんと座っている

君は? と聞かれれば
夢なんてないよ
どうして? と問われれば
好きなものも
得意なものもないから

説明にもならない説明で
嘘をつく

みんなみたいに
流れるように話せればいいけど
ボクはカタコトの夢語しか話せない

ボクのカタコトの夢語を
アナタは真剣に聞いてくれる
夢語も得意ではなさそうだが
カタコトの日本語で
思ったこと
感じたことを
真剣に話してくれる

誰もがカタコトから始まり
カタコトでも伝わることを
アナタが教えてくれた

次こそ
カタコトでも
恥ずかしがらずに
みんなの輪で
夢語を話してみる





                       〔齋藤純二:選〕





 王子と怪物


まだ
続けるのか
もう
無理だろう

ここ数年
秋になると
ため息を吐いた

王子と
呼ばれて
十数年経つが
今でも
あの夏の雄姿を
思い出す

記憶と
期待と
現実の
深い溝

最高の
好敵手は
遠い存在になってしまった

怪物と
呼ばれて
二十年以上経つが
今でも
あの春夏の躍動感を
思い出す

記録と
栄光と
復活の
高い壁

流れ流れて
獅子に戻り
最後の輝きを目指した

とにかく
甲子園の頃から
二人が大好きだった

だから
打ち込まれ
怪我を繰り返す姿を
見るのが
つらくて
悔しかった

傷つく
必要なんて
ないのに
自ら
傷つく
道を選んでいる
ようにしか見えない

他人は
過去を見て
憐れみ
本人は
現実を見て
足掻く

二人とも
野球が
好きだから
どんなに
叩かれても
諦めなかったのだ

たぶん
それだけ

王子でも
怪物でもなく
野球少年がふたり
今年でユニフォームを脱ぐ

ため息を吐いていたはずが
別れを告げられて
揺れるなんて
勝手だな




                       〔島 秀生:選〕





 親子麦酒


俺はいつから
俺のことを僕と言い
僕のことを私と言うように
なったんだっけ?

働き始めた息子が
帰省して
私は
なんて言うものだから
ついつい考え込む

就職しても
しばらくは
俺だったような気がするし
今でも
社外では私だが
社内では僕だったり私だったり
家庭では俺で通している

息子は
俺だったか
僕だったか
憶えていないが
たぶんどちらもで
初めて
私は
と言い始めたから
思いがけず
引っ掛かっているのだ

職場で
社会人としての一人称を叩きこまれ
実家に戻っても
緊張感が抜けずにいるなんて

何だか
人として
階段を
一つ昇った
気がする

まぁ、飲もうよ
ビール瓶を差し出したら
いただきます
とコップを丁寧に傾ける
ものだから
あっ、どうぞ
なんて
俺まで緊張してしまう

息子が
社会に飛び立ったことを
実感しつつ飲む
今晩のビールは
何だか
余所行きの味がする

酔うほどに
正座は胡坐になり
私は
僕に
時折、俺になる

働いて
パパの
大変さが分かったよ

真っ赤な顔の
息子が
握手を求めて来る

何を
偉そうに

もちろん
悪い気はしないので
更にビール瓶が並ぶ

これで
お終いですよ

妻の
声が
ぐるぐる回って
聞こえる




                       〔三浦志郎:選〕











秋 さやか




 望遠鏡


美しいものは無いのです
ほんとうに美しいものなど無いのです

光を泳がせる
紺碧の海が
美しいわけではないのです

余熱を沈めていく
紺青の空が
美しいわけではないのです

闇を柔らかくしていく
かはたれの囀りが
美しいわけではないのです

わたしの心が
あなたの心が

あるとき、それらを
うつくしい
と決めたのです

深く震える溜息の代わりに
すこし湿った瞬きの代わりに

それでももし
ほんとうに美しいものの在り処を
どうしても知りたいのなら
遡っていかなくてはならないのです

心というものの軌跡を
月も星もない夜
望遠鏡を覗きこむように

どこまでも
どこまでも





                       〔雨  音:選〕











麻月 更紗




 生まれ変わったら


丸まったタオルを
勢いよくパンと広げる
シャツはシワをしっかりのばして
ひとつひとつハンガーにかけていく

洗濯物を干すのは好きだ
整然と物干しに並んでいくと
なんだか心がすっきりする

干された洗濯物が
たくさんの日を浴びている
時折、そよぐ風に揺れている

いいな
私は次、生まれ変わったら
洗濯物になりたい





                       〔島 秀生:選〕





 悲 鳴


ニコチンとアルコールが
一気に体内をかけめぐる
頭がぼんやりしてくる
このままひっくり返って
眠れたらいいのに

でも、私は
洗濯物をとり込んで
子どもの宿題をみて
料理をする

ブロッコリーを切る
ザクザクと
無感情に
別にブロッコリーじゃなくてもいい
なんとなく栄養がとれればそれでいい

料理は楽しくない
食事はただ咀嚼して飲み込むだけのものだから

ぐつぐつと音を立てる湯の中に
ブロッコリーを入れる
私はただ黙ってそれを眺めている

何も聞こえないふりをして




                       〔三浦志郎:選〕





 重 荷


6秒、かぞえてみる
アンガーマネジメントの6秒ルールとやらを
実践してみる
6秒かぞえれば
幾分、理性的になれるらしい

1、2、3……
かぞえながら、ふと思う
6秒でねじふせた怒りは
どこへいくのだろう
消えはしない
どこへもいかない
ただ、私のなかにたまっていって
どんどん、どんどん
積み重なっていくんだろう

……4、5、6
ふぅと息を吐く
ゴトン
どこかで、重たいものが落ちた音がした




                       〔三浦志郎:選〕











堅香子 擬々




 できればのんびりと


星を見ることなく終わる日は
町はいつも蠢いて
花を見れずに終わった日の
灯りはいつもちかちかちか
雀に会えずに終わる日の
弁当はいつも暖かで
風がこないで終わる日は
ぼくらはのんびり明日を待つ

どこかで誰かが人を傷つけて
誰かが飢え苦しんで
誰かが部屋に引きこもり
誰かが胸を突き刺して
誰かが戦争で死んでいって
誰かが墓に入って
誰かが嘆いて嘆いて嘆いても
ぼくらは今日も町ですごす

ぼくらはいつか悲嘆にくれるから
それまでは笑っていたい
たとえそれが誰かの墓の上でも
笑顔でいたい
たとえぼくらがいるせいで苦しむ人がいても
なに食わぬ顔でいたい
他人の不幸を尻目に
何事もなく一日を終わりたい
いつかいつか訪れる悲嘆から
目をそらして
束の間の今を
今ある幸福に浸っていたい
テレビで新聞で人伝で
聞こえてくる未来を知らずに終わりたい

ぼくらは今日ものんびり生きて
死ぬ日だってのんびりいたい
周囲の人間と和気藹々暮らして
終わりたい
この町が箱庭であればそんな暮らしができるだろうに
この町も石油の中に漂うおが屑の一原子でしかない
ああ いやだいやだ

願うに願うに
変化なき暮らしを
悲嘆なき暮らしを
神の不在の中願います

できればできれば
何も知らずにおわって
誰も泣かずにおわりたい
幸福の中
何も知らぬうちに
寝惚けた頭でダンプに轢かれて死ぬ
そしてそのときに悲しむ人がいない
そんな幸福が訪れたら

そう思ってこの町で
今日も
星を探して
花を探して
雀を探して
風を探している

のんびりのんびりとすごして
できればできれば
幸福な明日をのんびり待っています





                       〔三浦志郎:選〕











水 無 川  渉




 鎮魂歌(レクイエム)


はじめに暗闇があった
それはどこまでも空漠として広がる
絶対零度の虚無だった

虚空の中に
どこからともなく神々が顕現した
彼らは闇の中に光を灯した
煌めく星を生み出し
星々を繋げて星座となし
ついには雄大な銀河を織り上げた

やがて神々はいずこへともなく去っていった
後に満天の星空を残して



どこまでも広がる電子の砂漠を
あてどなくさまよう文学ノマド
そんなぼくが見つけたオアシス
それはとあるブログサイトだった

誰が書いているのか
プロフィール欄には
写真も経歴も何もない
だが記事の内容から分かるのは
ぼくと同年代の女性らしいということ

彼女はプロの作家ではなく
趣味でものを書いているのだという
けれども彼女が綴る詩やエッセイは
知性とウィットに富んだ個性的なもので
どんな著名作家にも引けを取らなかった

ぼくはたちまちその文体の虜となり
(青年というには薹が立っているが)
ちょうど文学青年が
ひいきの女流作家に憧れるように
彼女のファンになった

ブログにはコメント欄がなく
連絡先も記載されていなかったので
コンタクトをとる方法はなかったが
ただサイトを登録して
更新情報が送られてくるようにした

毎日パソコンを立ち上げると
彼女のブログが更新されていないか
確認するのがぼくの日課となった

検索しても彼女についての情報はなく
どこの誰なのか知る術はない
けれどもこの世界のどこかに
生身の肉体を備えた詩人がいて
その指がキーボードで言葉を打ち込むたびに
暗い電脳空間に星のような光が灯り
やがて小宇宙を創り出す

その魔法にぼくは喜んで呪縛された



だが
ほぼ定期的に更新されていたブログが
ある時から更新されなくなった
ネットの世界ではよくあることで
ぼくは突然の休止を惜しんだが
どうすることもできなかった

彼女のことを半ば忘れかけていたある日
突然ブログ更新の通知が届いた
はやる心を抑えながら開いた記事には
ブログを休んだ理由が書かれていた

彼女は精神を病んで入院していた
少し落ち着いて退院したので
再び書き始めたのだという

ぼくはその告白に衝撃を受けたが
それ以上に驚いたのは
彼女のその後の活動だった

彼女は病を告白してから
なにか吹っ切れたかのように
以前にもまして精力的に
発信を行うようになった
そしてそこに綴られる言葉は
格段の深みを増していた

自らの内面を冷徹に見つめ
その苦しみや絶望を言葉にし
余計な装飾は一切削ぎ落として彫琢する
それは鬼気迫る凄みをおびた文章だった

今や彼女の詩の中心主題は
人間の生と死だった
彼女の創造する文学世界において
それらは分かちがたく結びついていた
彼女が描く生はつねに死の影を帯び
死を描く時にもいのちへの憧憬があった

彼女はまたエッセイの中で
好きな詩人についても語った
シルヴィア・プラス
アン・セクストン
どちらも鬱に苦しみ
自殺した女流詩人たちだ

死の力と闘い
その魔力に抗いながら
ついに力尽きた詩人たちが
極限状態で覗き込んだ深淵
その断崖に
彼女も立っていたのだろうか

彼女の詩は
凍える冬の夜に灯された蝋燭のように
冷たい闇の中で輝いていた
この世のものならぬ美をたたえながら

だが同時に
その炎があまりにも熱く激しく
自らを焼尽しているように見えて
言い知れぬ不安を覚えることもあった
時として
蝋燭の炎がいつの間にか家全体に燃え移って
ごうごうと燃え盛っているように思えたのだ



今になって思えば
彼女にとって書くことは
一種のセラピーだったのかもしれない
自分のために書くのであって
読者サービスなどは
つゆほども考えていなかっただろう

それでも言葉は
たとえ自分のためだけに
綴られたものであっても
必ず誰かに読まれ
誰かとつながるためにある
書くということは
自分が独りではないことを
確認する行為なのだ

ぼくは彼女の投稿する詩や随筆を
貪るように読み 噛み締めながら
彼女の回復を祈った

だが
ある日を境に
ブログの更新は再び止まった

それまでも体調の悪いときなど
更新が滞ることはあった
しかし一ヶ月が過ぎ
半年そして一年が経っても
彼女のブログは更新されることなく
やがてサイト自体も閉鎖されてしまった

実際に彼女の身に何が起こったかは
神のみぞ知る
だが少なくとも
仮想空間に生み出された
彼女の化身(アヴァター)は去った

そして ぼくは独り取り残された



けれども
彼女の言葉は残った
サイトが閉鎖されることを予期して
保存した彼女の文章はぼくの手元にある
これからもずっと読み返していくために
そして彼女の問いかけに応える
言葉を紡いでいくために

やがてぼくがこの世を去るときも
それらの言葉は残り
別の誰かに語り続けるだろう
そうして彼女は生き続ける
言葉の世界の中で

人は生まれ やがて死んでいく
けれども彼女の言葉は
いつまでも残る
彼女は造物主(デミウルゴス)のように
言葉の小宇宙を創り出した
その輝きは永遠に失われない

太初(はじめ)に言(ことば)あり
と言われる
しかし最後に残るのもまた
言葉なのかもしれない

そんな考えに慰めを見出しながら
こうして彼女に捧げる拙い詩を書いている
それは束の間 現れては去っていった
ムーサへの鎮魂歌(レクイエム)


しかしそれでもまだ
どこかで信じているのだ
いつの日か彼女が戻ってきて
このささやかな墓碑銘を
無用のものとすることを


 
※デミウルゴスは古代ギリシア思想に登場する、世界の創造者
 
※「太初に言あり」は新約聖書ヨハネ福音書冒頭の言葉
 
※ムーサはギリシア神話において文芸を司る女神




                       〔島 秀生:選〕








                      


今回、紙面オーバーにつき、他に佳作掲載がある人の「あまめ佳作」は割愛しています。