□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 305号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十六年

 戦後七十六年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さん 既刊詩集。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さん 既刊詩集

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさん 既刊詩集 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさん 既刊詩集

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さん 既刊詩集

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス 』(純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」で残部少しあります。



Kazu.さんが新詩集を出版!!

   坂井一則 詩集
    
『 夢の途中 』(コールサック社)

    2021年 11月刊
    ISBN978-4-86435-501-8 C0092
    定価(本体1,800円+税)

 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます









 編集雑記



◆第4波、第5波の記憶を忘れずに、第6波に備えましょう。

 政府主導でコロナの規制緩和が急速に進んでいきますが、すこーーし、油断が過ぎるんじゃないかなあと、思います。ドイツはここへ来て、過去最大の感染者数です。イギリスも多いままです。ワクチン摂取率が高いにもかかわらず、現に再拡大してる国があるのですから、油断は禁物です。



■ 追い詰めたのは誰? コロナ禍の保健所をカメラが捉えた


 鳴りやまぬ電話、膨大な量の発生届や紙のカルテ、涙を流す保健師――。「終わりの見えない闘い」は、新型コロナウイルス感染症の拡大で対応に追われる保健所にカメラを向けたドキュメンタリー映画だ。「電話がつながらない」「何日も連絡が来ない」など非難の的になることも多い保健所だが、スクリーンには「人の命を守る」という強い正義感のもと、葛藤や苦悩を抱えつつも寸暇を惜しんで働く保健師たちの姿が映し出される。「えらいね、立派だね、と美化したくありません」。監督の宮崎信恵さん(79)はそう言い切り、「そこまで追い詰めたのは誰? 私は映画でそこを問いかけたい」と訴えた。

 ○第3波なんて、第4、5波に比べたら夢のよう

 「保健所が大変なことになっている」
 2020年4月、宮崎監督の友人で、中野区にキャンパスがある帝京平成大学ヒューマンケア学部看護学科の工藤恵子教授からメールが届いた。「ドキュメンタリー映画を撮っている私のところに連絡があったということは、きっと何か意味がある」と思い、宮崎監督は中野区保健所に駆けつけた。当時、同保健所の所長だった向山晴子さんは、コロナ禍における現状を記録に残したいと力強く訴えたという。

 その「本気」に宮崎監督は応えた。保健所内部の撮影という厳しいハードルもクリアし、全国で1日あたりの新規陽性者が最大1605人(20年8月7日)を記録した「第2波」、7955人(21年1月8日)を記録した「第3波」を含む、20年6月24日から21年3月26日までの約10カ月間、新型コロナ対応の最前線に立つ保健所をカメラでとらえた。

 向山さんが21年4月に練馬区保健所へ異動になり、撮影を終えることになった。「本当はもっと撮りたかった」と宮崎監督は漏らした。撮影時、向山さんは週3日ほど保健所に泊まり込んで仕事をしていたという。「夜間の緊急通報があるので、ほぼ連日連夜、スマートフォン(携帯電話)に電話がかかってきて2、3回起こされたそうです」。撮影終了後、さらに感染拡大が広がった。

 「『第3波までなんて、第4、5波に比べたら夢のようだった』と話す保健師もいましたね」。鳴りやまぬ電話の中、時に不安を口にして落涙し、土日祝日、正月、朝昼夜を問わず業務に追われる保健師の姿を映画で目にすると、その「夢のよう」と評される「混沌(こんとん)」を超える日常を、とても想像できない。

 ○保健師とは誰か?

 当初、向山さんは「保健師を育てたい」との使命感から、コロナ下の保健所を記録することを望んだそうだ。一方、保健所で電話対応に追われている人の多くが「保健師」であることや、そもそも保健師はどのような役割を担っているのかを知らない人もいる。実際、「『終わりの見えない闘い』を見て、初めて保健師という存在を認識した」といった感想が、ツイッターに投稿されたという。

 宮崎監督は、「お母さんたちは子どもの3歳児健診を受ける際に(各市区町村に設置されている)保健センターで接することはあるけれど、多くの人にとって保健師は遠い存在かもしれませんね」と話す。
 保健師は、病気の予防や健康維持のため保健指導を担う専門職で、国家資格の保健師免許と看護師免許の取得が必要とされる。2018年現在、全国で5万2955人(男性1352人、女性5万1603人)が就業しており、その多くが市区町村(2万9666人)や都道府県(1351人)、都道府県、政令指定都市、中核市などに設置されている保健所(8100人)などの行政機関に勤務している。
 都道府県によって人口当たりの保健師数に差がある。島根県は人口10 万人当たり79.3人、長野県は同77.2人、山梨県は同76.5人に対し、神奈川県は同23.5人、大阪府は同25.9人、東京は同28.4人と大都市部は少ない。

 保健所の業務は、日常的にも、結核・インフルエンザ・エイズなどの感染症対策、難病・精神疾患・ひきこもりなどに関する相談、食品衛生、食中毒の検査など多岐にわたっており、医師、薬剤師、獣医師など専門的技能を持つ職員とともに働く。
 保健所の数は、1990年以降減少している。94年に保健所法が地域保健法へと大幅改正され、地方への権限委譲が進んだ。3歳児健診などの母子保健事業を含む住民への身近な保健サービス業務は、保健所から市区町村の保健センターに移管された。94年に全国847カ所あった保健所は、20年は469カ所に減った。東京都内では94年の71カ所から20年は31カ所と半分以下になった。

 ただでさえ人手不足で多忙になっていた保健所に追い打ちを掛けたのが新型コロナウイルス感染症だ。電話相談、濃厚接触者への聞き取りなどの疫学調査、PCR検査の日程や受診場所の調整、検査結果の連絡、陽性者の入院・宿泊療養者の調整、自宅療養者の健康観察、医療機関や福祉施設などの感染対策の支援など、多様な業務が押し寄せた。しかも、国や都の方針はめまぐるしく変わり、前日とは違う対応が求められることも多々あった。特に、陽性者の多い東京における保健所業務の逼迫(ひっぱく)は深刻だった。

 ○相手のことを考えて真剣に対応する保健師たち

 宮崎監督がカメラを回した中野区保健所には、区役所の地域包括ケア推進課、区内4カ所の保健福祉センターで働く保健師が、応援のため一時的に駆り出された。映画では、保健所への派遣要請が来ることを「赤紙が来た」と表現していた事実も明かされるが、人員補充されても、過労死ラインである80時間を超えて残業した人が多く存在した。

 「責任感や使命感に燃えて保健師という仕事を選んだ人ばかりですが、未曽有のコロナ禍が起きて、今までとは全く違う環境下になり、病欠したり、休職したりする方もいました。燃え尽きて、体を壊した人もいます。前日まで元気だったのに翌日から出勤できなくなる人もいて驚きました」

 保健所に切れ間なくかかってくる電話では、声を荒らげる人もいれば、逆に健康観察のために何度電話しても応答しない人もいたという。「2週間の自宅待機中だった濃厚接触者との電話中、受話器からパチンコ店と思われる音が聞こえたケースもあったそうです」。

 映画では、陽性と診断されて職場への報告をためらう人、宿泊療養を勧められて「枕が変わると寝られない」ことを理由に断ろうとする人など、さまざまなケースに根気よく向き合う現場の職員を追った。
 「本来は、対面で一人一人に接すべきところを、(人数が多すぎて)電話で対応しなくてはいけませんでした。カッとなることもあったはずです。でも、感染を広げてはいけないとの思いが強く、それが支えになったのでしょう」。宮崎監督が撮影中、最も印象に残ったのは、相手のことを考えて真剣に対応する保健師の姿だったという。

 当初は電話対応や手書きのファクスの受信など、デジタル化されていない「昭和」な保健所を批判する報道もあった。

 「国はデジタル化の推進による保健所機能の充実に取り組んでいると言っていました。HER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム)もその一つです。しかし、現実には区内の医療機関の整備が追い付かない中、入力作業が増えて、かえって負担になるなどの矛盾もありました。人工知能(AI)の導入などによる業務の効率化は必要かもしれませんが、現場の保健師たちは、システムよりも、相手にどのように向き合うか、ケアするかということに集中していました」

 このように「終わりの見えない闘い」を乗り越えてきた保健師たちについて、宮崎監督は「立派だよね、えらいよね、などと美化する気はない」と話す。「映画の中で、コロナに対応する保健予防課長が『これ以上やったら、皆潰れちゃう』とつぶやいていたけれど、誰もがこのままではだめだと分かっていました。でも目の前に命の危機があれば、やるしかない。そんな状況だったと思います」

 だからこそ、「そこまで追い詰めたのは誰かを映画で見極めてほしい」と訴える。「私は、それは政治であり、保健所の体制であり、また保健所を知らない、命に対してあまりにも鈍感な私たちだと思います。コロナを通して、どのように自分たちの命を守っていけばよいか、そのような意識を、私自身も含め持ってほしいです」



  ───── 以上、毎日新聞 医療プレミア  2021.10.24より







■ 西浦教授が人生で初めて絶望した日 8割おじさんに聞くコロナの今後/上


 新型コロナウイルス感染症の第5波が急速に収まり、日常生活が戻りつつある。私たちはコロナと共存する「ウィズコロナ」のフェーズに移ったかにみえる。「8割おじさん」こと西浦博・京都大教授(感染症疫学)を訪ねると、第5波のさなかに「人生初めての絶望感を味わい、日本人をやめようかと思った」と明かした。何が起きていたのか。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まって1年8カ月。感染状況が少し落ち着いた今、西浦さんの思いを2回にわたって紹介する。

 ●第6波は予想より早い恐れ

 ――第5波の緊急事態宣言が9月末で解除され、10月下旬には東京などで実施されてきた飲食店への時短営業要請などもなくなりました。9月までと10月以降で、国内の新型コロナの感染リスクは変わったといえるのでしょうか。

 □劇的に世界が変わったとは考えていません。日本のワクチンの接種率は非常に高くて誇らしいものですが、現状では人と人の接触が増えれば、感染者は増えます。接触次第で第6波は皆さんが思っているよりも早く起きる可能性があります。既に、北海道など寒い地方(暖房を使うため室内で接触しやすい)で感染者数の一過性の上昇が見られてきました。

 ●8月中旬に「おやっ」と思った

 ――第5波の感染者数が急激に減り、ワクチン接種が広がっていることもあり、「もう日常生活に戻れるのではないか」と考えている人もいると思います。

 □感染者数の急減については、大きく二つの要素があると考えられます。一つはワクチンの効果です。(国内で接種が進められている)メッセンジャーRNAワクチンは高い効果が期待できます。もう一つは、国民一人一人の「リスク認識」が高まったことです。宣言が出され、病床の逼迫(ひっぱく)が報じられることで、国民の人との接触の「質」が大きく変わったのだと思います。ワクチンの接種率が高まり、感染者が急増したことで自然に免疫を獲得した人も増える中、人々がそれぞれ一定程度の接触を減らしたことが、一気に感染者数を下げたと考えられます。
 これだけ長く流行と付き合うと、感染リスクの高い行動がどういうものか理解されています。リスク認識が高まれば、人々は感染リスクの高い行動を選択的に避けるようになります。たとえば、飲み会をやめようとか、人ごみや屋内ではマスクをしっかりつけようとか。
 データを見ていて、8月中旬くらいに「おやっ」と思った瞬間がありました。指数関数的に増えていた感染確認数の伸びが止まったように見えたのです。8月中旬に報告される感染者数は7月下旬ごろに感染した人たちのものです。そのころの生産年齢人口のワクチン接種率は、感染を下火にするには十分ではありません。いろいろ分析した結果、流行の状況が悪くなり、東京オリンピックの開幕前の時期に、皆さんがハイリスクの行動をそぎ落とす暮らし方を選び、それでグッと下がったとみられることが分かりました。

 ●日本人をやめようかとも思った

 ――何らかの対策が効いたというわけではないのですね。

 □はい。実は、皆さんが感染の急拡大に恐怖を感じられていた7月後半の私は、人生で初めて日本という国に絶望していました。国は何か新しい対策を打つわけでもなく、五輪開催を見直すわけでもなく、感染拡大を抑制するための積極的な動きがほぼなかったのです。人の命を守ることができず、心ばかりがむしばまれ、私はもう日本人をやめようかとも思いました。しかし、国民の皆さんのリスク認識が高まり、行動を変えてくれたのです。

 ●減ったから良かったものの

 ――国民のリスク認識が高まらないままだったら大変なことになったかもしれないですね。

 □今から振り返ると「減ったから良かったものの」という思いです。あの時感じた寒い思いは忘れられません。

 ――そうすると、宣言が解除され、人々の活動がかつての日常に戻りつつある今、第6波が心配になります。

 □病床が足りなくなってしまうような流行は、いまだに起こり得ます。ワクチンの重症化を抑える効果は高く、第4波までのように、重症化リスクが高い高齢者が感染して、あっという間にベッドが埋まることはなくなりました。第5波では、50代の中等症の患者が顕著に増えました。流行のサイズ(感染者数)が大きくなれば、重症化率が高齢者より低いといっても重症者は増えます。急なカーブで感染者数が増えれば、病床は埋まり、あふれる人が出ます。そして、自宅で亡くなる例が出てしまう。致死率がそのときだけ跳ね上がる事態になるのです。流行サイズの増大は、本当は死ななくてもよかった方の命を奪うような状況を招きます。

 ●肥満でワクチン未接種はハイリスク

 ――治療の選択肢が広がり、ワクチンで重症化を抑えられるようになった今も、病床が足りなくなる恐れがあるのですか。

 □そうです。私自身も耳が痛い話ですが、肥満でワクチン未接種の20~30代が集中治療室(ICU)のベッドを埋めてしまった医療機関も少なくないと聞いています。体格指数(BMI)が30以上の肥満に加えて、ぜんそくなど基礎疾患のある人、喫煙者は、年齢が若くても重症化リスクが高く、流行規模が大きくなれば病床逼迫は避けられません。
 ワクチン接種がかなり進んでいる英国でも、10~30代の若い世代が流行の中心になっていて、症状が出ない「不顕性感染」や軽い症状が多く、見えないところで大きく広がっています。日本はまだ若い世代にワクチンが行き渡っていませんから、ワクチン頼みだけで流行を終えられるようなことは現実的にありません。第6波は難しいかじ取りになるかもしれません。

 ●病床逼迫はこれからも起きうる

 ――岸田文雄政権は、第5波を上回る感染者が出ても対応できるように、1.2倍の入院患者を受け入れられる医療体制を整備すると表明しています。それでも足りないのですか。

 □はい。現在の日本人の(新型コロナに対する)免疫の状態で、マスク着用を徹底したり社会的距離に少し気を使ったりするくらいでは、今確保している病床では足りなくなりますし、2割増やした程度では間に合わないでしょう。第6波の感染者数は、第5波よりも大きな波になる恐れもあると考えています。
 感染性が高く、免疫から逃げる仕組みを持つデルタ株は手ごわいウイルスです。理想的なのは流行曲線の山を第6波、7波、8波と進むたびに徐々に小さくしていくことで、そのために皆が必死に方策を考えています。
 この感染症が社会をグラつかせているのは、医療体制が崩壊して助けられる命が助けられなくなる恐れがあり、通常の他の医療が圧迫されるためです。この2点が起きないようにできれば、社会もグラつかなくなり、インフルエンザのようにウイルスと共生する道を探ることになります。

 ●野球でいえば五回が終わったところ

 ――まだ、その段階にはなっていないのですね。

 □残念ながら、野球で言えば九回のうち五回が終わったくらいの段階だと思います。私の立場から見ると、今は感染を防いでいくしかないと考えますが、現状は、これまでと同じようなパターンや後悔をほんの少しだけ度合いを下げることを繰り返しながら、山が続いていくのだろうと感じています。

 ――若くても重症化しやすいタイプが分かっているのであれば、感染した際に優先して入院させるトリアージ(治療の優先度を決めること)をすれば「助かる命が助からない」事態は避けられるのではないでしょうか。

 □その取り組みは、第5波で既に実施されています。しかし、それでもこぼれ落ちて亡くなる人が出ました。自宅で経過をみないといけない場合は1人暮らしだとリスクが高く、保健所が忙しすぎる場合は1人暮らしでなくても症状が悪化した時に医療へのスムーズな移行が極めて困難になりました。経済的弱者や施設に入居している人など、もともと医療へのアクセスが良くない人が犠牲になる例もあり、問題は深刻です。

 ●ワクチン・検査パッケージには議論あった

 ――今進められているさまざまな行動制限の緩和やワクチンの接種済み証などを使う「ワクチン・検査パッケージ」については、どう考えますか。

 □ワクチン・検査パッケージは、関わっている専門家全員が合意したものではありません。水面下では相当な議論がありました。「やはりやめたほうがいいのでは」という意見も出しました。一方、経済学の視点からは、感染レベルが下がったチャンスに経済活動をすべきだという意見もあります。最終的には政治的に決断されたものです。
 ただし、経済活動の再開へかじを切った欧州などでは流行が再び上昇傾向にあり、緩和策が見直されています。そのような状況を踏まえ、感染リスクの高低に関わらずなし崩し的に緩和をしてしまうのは慎重に考えるべきではないでしょうか。

 ●ハイリスクの人だけの制約は難しい

 ――重症化リスクの高い人たちに予防の徹底を求め、リスクの低い人は日常生活に戻るという方法も考えられるのではないでしょうか。

 □今回の感染症に限らない話かもしれませんが、集団の1~2割を超えないような一部の人が抱える感染リスクを契機に人口レベルで拡大し、集団全体が影響を受けてしまうのは、この流行の特徴と言えます。リスクの高い人たちに必ずワクチンを受けてもらうという方法も考えられますが、日本ではワクチン接種は義務ではありません。感染リスクが高い人だけの人権を制約するということはできません。現状では、ハイリスクの人や場面だけを対象にワクチン接種や検査、治療をするといった対応は現実的でないようです。

 ――治療薬として経口薬が登場すると、状況は大きく変わるのではないですか。

 □相当な助けになるとは思います。外来で使えるようになれば、医療体制への影響も減らせるでしょう。しかし、インフルエンザ治療薬の「タミフル」でも耐性のあるウイルスが出現したように、万能である保証はありません。また、国内で使えるようになるまで、まだ時間がかかりますから、第6波への備えは欠かせません。

 ●インフルのようになるには時間必要

 ――ウイルスは宿主(感染する相手)を殺してしまっては生きていけませんから、徐々に弱毒化していくとされます。新型コロナについては、どう見るべきでしょうか。

 □このウイルスは、インフルエンザに比べて変異の速度が遅いことが分かっています。一方、感染者数が顕著に増加した国では、変異するための機会が十分となって変異株が生まれ、それが世界へ広がるということが起きています。しかし、ウイルスとしては、まだ人に完全に適応した状態にはなっていません。流行が人間の死亡リスクに大きく影響し、医療崩壊を起こしたり、ロックダウン(都市封鎖)をしなければならなくなったりと深刻な「迷惑」をかけ続けています。人間と共生できているとはいえません。
 人に適応し、人の集団の中で生き続けられるようになったウイルスとしては、インフルエンザやノロウイルスが考えられます。新型コロナがそのようになる道のりはまだ長いでしょう。変異が遅いウイルスのため、流行の繰り返しがゆっくりと進行し、社会に長期間にわたって影響を与える「スロー・ディザスター(slow disaster)」と呼ばれる災害状態になっていると思います。

 ●自己中心的な思考を許さないウイルス

 ――世界が新型コロナで右往左往することになってしまったのは、なぜでしょうか。

 □コロナよりも致死率の高いエボラ出血熱のような感染症では、世界が総力を挙げて封じ込めに取り組みました。しかし、今回のような中程度の重症度の感染症だと世界がそれぞれの都合で動き、封じ込めは難しくなります。たとえば、中国は人権を強力に抑制して封じ込めようとした一方、スウェーデンは流行当初に集団免疫獲得を目指し、ニュージーランドは海外からの入国を制限して封じ込めをしようとしました。特に、この感染症の拡大には人同士の接触や移動が深く関わっていますが、そういった人間の欲求や人権にかかわる部分は簡単に止められません。

 ――そこにつけ込んできたウイルスということですか。

 □自己中心的な思考を許さないウイルスですね。私自身も「おでかけをしたいな」とか「米国へ行って共同研究ができないのは不便だな」とか思ってしまいます。移動や接触を減らすことを想定していない社会システムの常識が自分に染みついていることを思い知らされました。

 ――しかし、それこそ「人間らしさ」でもあるのではないでしょうか。

 □そうです。ですから、基本的な欲求や人権に配慮した生活を「取り戻す」ための新たな社会システムが求められます。2002~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の後、10年ほどかけてさまざまな仕組みが構築されました。私が研究している数理モデルを使った感染症の流行予測ができるようになりました。検疫でのサーモグラフィーカメラの導入はSARSがきっかけでした。日本では、法律で入国者の健康監視など行動制限ができるようになりました。
 今回の新型コロナでも、同じように反省すべき課題が掘り起こされ、私たちの暮らしや価値観を見直すことも含め、議論が進むことになると思います。

 ●被害想定示し、国民と合意形成を

 ――今、政府に求められることは何でしょうか。

 □この状況で大きな流行が起きると、どれくらいの死者が出るのかという「被害想定」を示し、この感染症が日本にとってどれくらい重要な課題なのか、どんな対策が必要なのか、もしくは必要ないのか、ということについて、積極的に国民と合意形成をすべきだと考えます。

 ――将来想定される巨大地震の被害想定のようなイメージでしょうか。

 □はい。今冬に流行が起きると、インフルエンザと比べてどれくらい多くの人が亡くなる恐れがあるのかを示して、その差が許容できるものなのか、許容できない場合は、どのような制限であれば社会として対応できるのか、ということを国民と合意形成しておけば、第5波までのような混乱は少なくなると思います。

 ――科学的なデータに基づいて現状を認識し、国民とともに必要な対策を検討するということですね。

 □私たち研究者は、半年後くらいまでの被害予測、対策の効果などのロードマップを描くことはできます。「こういう流行になれば一般確保病床が足りなくなる」ということが事前に分かれば、そうなる前に何をすべきか、ということも考えておくことができます。
 しかし、日本ではこれまで、今後の見通しを理解したうえで、事が起こる前に熟議して検討することが十分にできていませんでした。未来のシナリオを描くことを専門にする立場としては、それができないことは相当につらいと感じます。痛い目に遭って、やっと何かが変わるというやり方は望ましくありません。このままでは、また歴史を繰り返すことになりかねません。

 ――第6波で、東京五輪のころと同じような絶望感を味わいたくない、ということですね。

 □はい。本来は、国民の皆さんの協力頼みというのは望ましくないことです。それでも、皆さんは何度も波を経験していますから、状況をかなり論理的に見られるようになっていると思います。今は、気持ちが開放的になっていると思いますが、日々の変化や公表されるデータから、「このままいって年末は大丈夫だろうか」などと、肌で感じて自らの行動を見直そうとされるのではないでしょうか。



  ───── 以上、毎日新聞 医療プレミア  2021.11.1より











一方で、雇用弱者の雇用は回復せず



 ■ コロナで失業長引く女性、急増34万人 「事務職の仕事、見つからない」


 新型コロナウイルス感染拡大を機に、失業が長引く女性が急増した。総務省の労働力調査では、4~6月の3カ月平均で失業期間が6カ月を超えた女性は34万人に上り、昨年平均の28万人を上回る。昨秋から高止まりしており、支援団体は「女性の失業は子どもの教育環境や家族関係の悪化につながる」と国の支援の必要性を訴えている。

 「感染拡大で、希望する事務職の求人が目に見えて減っていった」。東京都内で暮らす30代のシングルマザーは、4カ月勤めた税務署での短期アルバイトが昨年4月に契約期間満了で終わると、その後8カ月にわたって仕事が見つからない日々を過ごした。コロナ感染が拡大する昨春までは事務系の派遣社員などで生計を立てており、引き続き派遣会社の紹介する求人に応募したが数十社から落とされた。その間、事務系の職業訓練学校に通って簿記や英語での会計を学んでも状況は好転しなかった。


 しかたなく、今は100円均一の店でレジ打ちのアルバイトをして家計をつなぐ。手取りは月10万円程度で、コロナ前から半減。「子どもの教育費をためるためにも転職したい。何回も書類選考で落とされ、『自分のせいなのかな』と落ち込んでしまう」と話す。



女性の6カ月超失業者数の推移

 この女性のように、求職しているにもかかわらず失業が長く続く女性の増加が深刻だ。総務省の労働力調査では、失業期間が6カ月超の女性は、昨年7~9月から増え始め、昨年10~12月34万人▽今年1~3月36万人▽4~6月34万人と高止まりしている。月末の1週間に求職活動をしていないと「失業者」とはみなされないため、実際にはもっと多いとみられる。


 また、失業期間が1年を超える人のうち、非正規労働者の割合は約5割を占める。厚生労働省の担当者は「コロナで打撃を受けた飲食、宿泊業は非正規の女性が多い。一つの求人に男女が応募した場合、男性が優先的に採用されるケースもあるのかもしれない」と分析する。

 8月の有効求人倍率は1・14倍。1人の求職者に対して、求人募集が1件以上ある状態だが、分野別にみるとばらつきがある。介護や建設工事関連は3~8倍の一方、一般事務では0・28倍だ。コロナ禍で低下した求人数は回復傾向にあるものの、別の厚労省の担当者は「失業前と同じ職種に戻りたいという希望を持っている人が多いようだ。また保育園の休園などで求職活動がままならない場合もある」と話す。求人と求職の条件がかみ合っていない可能性がある。


 失業の長期化が、困窮につながる。認定NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」事務局の小森雅子さんは、「昨年に比べて困窮の度合いが高まっていると感じる。インターネットの通信料が払えなくて、オンラインで子どもの授業が配信されても見られないなど、影響は子どもの教育にも及んでいる」と強調する。

 コロナ前から生活困窮者への食料配布を続けている認定NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」によると、60~80人だった食料を受け取る人が今は400人に上る。そのうち女性は2割で、子ども連れも目立つようになったという。大西連理事長は「コロナ前から低収入だった人が職を失い、見つからない状態が続いているため、困窮は深刻。職業訓練給付金の引き上げや失業手当の給付日数の拡充など、国の支援が必要だ」と訴える。



  ───── 以上、毎日新聞  2021.10.27より







 ■ コロナ禍で急増した貧困相談 「労働者、使い捨てられる」


 「賃金が低すぎると言ったら解雇された」「パワハラに耐えられない」――。労働や貧困問題の解決に取り組むNPO法人「POSSE」(東京都世田谷区)には連日、相談が寄せられている。対応するのは岩橋誠さん(31)ら数人のスタッフと、大学生が中心の約200人のボランティアだ。

 コロナ禍で相談は急増した。2019年に1500件(うち外国人50件)だった相談件数は、20年には3500件(同500件)に。多くは非正規労働者や技能実習生などの外国人からだ。


 IT企業に派遣された20代の女性は昨年5月、正社員には新型コロナウイルスの感染対策でテレワークが認められているのに、自分は認めてもらえず、改善を求めたら契約更新されず解雇されたと訴えた。デパートの地下食品売り場で働く非正規社員の40代の女性は、店舗閉鎖で収入がほぼゼロに。正社員には休業手当が支給されたが自分には払われず、「シングルマザーで父親の介護も担っているのに」と困り果てていた。


 「解雇の相談の9割以上が不当な解雇です。雇用調整助成金など雇用を守るための制度を活用することもなく、会社はいきなり解雇したり、給与を払わず放置したりしている」と岩橋さんは憤る。


 中高時代をアメリカで過ごした岩橋さんは、高校の先生が賃上げを求めてストライキする姿を見て労働問題に興味を持った。帰国直後の08年。リーマン・ショックで派遣労働者や契約社員が大量に解雇されたり、東京・日比谷公園に「年越し派遣村」が開設されたりした状況に衝撃を受け、学生ボランティアとしてPOSSEの活動に飛び込み、その後スタッフになった。

 過労死問題や東日本大震災の被災地支援などにも取り組んだが、POSSEが19年に「外国人労働サポートセンター」を発足させてからは、外国人の相談にも力を入れる。実感するのは「日本は外国人を奴隷のように使える国」だということだ。


 コロナで工事がストップした影響で手取りが5万円ほどになり、「寮費が引かれると手元にはほとんど残らない」と相談に訪れたカンボジア人の技能実習生をシェルターに保護し、雇用主に休業手当を払わせたこともある。諸外国では強制労働につながるとして、雇用主が外国人労働者のパスポートを預かることを禁じているのに、日本には規制する法律がない現状も憂えている。

 POSSEでは最近、外国人の労働問題に関心を持つ大学生ボランティアが増えているという。岩橋さんは「外国人労働者の存在がより身近になり、外国人が理不尽な環境で生きていることに気づいたからではないか。労働問題として目を向ければ、企業の利益が優先され、労働者が使い捨てられる構造は日本人も外国人も同じ」と話す。


 衆院選で岸田文雄首相は「成長と分配の好循環を実現する」と訴える。しかし「分配」の具体策は見えない。岩橋さんは、まずは最低賃金を1500円に引き上げることが重要だと考えている。安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」は、景気拡大の長さでは戦後2番目とされるものの、賃金はほとんど上がらなかった。岩橋さんは「働く現場で何が起きているのか、現実を知らずに政策を進めないでほしい。誰もが使い捨てにされず、当たり前に暮らせる社会にしたい」と語る。

 ○「分配」の方法が論点に

 国税庁の調査によると、民間企業の会社員やパート従業員が2020年に得た給与の平均は433万円で、前年より3万3000円減少した。男女で見ると、男性の平均は532万円(前年比7万5000円減)、女性の平均は293万円(同2万9000円減)と2倍近い格差がある。平均給与は1997年の約467万円をピークに減少傾向にある。

 非正規労働者は、国税庁が統計を取り始めた12年は987万人だったが、20年の調査では1203万人に増加。平均給与は176万円だった。

 岸田文雄首相は所信表明で、賃上げした企業の税制支援の強化など「分配」を重視する姿勢を示した。衆院選では与野党ともに格差是正を公約に掲げており、「分配」の方法が論点になっている。



  ───── 以上、 毎日新聞  2021.10.30より













痴漢被害──何故、他人だったらかまわないのでしょうか?


 高校生の時に、隣のクラスに、半分不良っぽい男子生徒のグループがおりました。そのボスは柔道部のやつで、デカい体で周囲を牛耳っていました。ある日、そのグループがエロ雑誌を学校に持ち込み、子分たちはニヤニヤしながら、話はだんだんそっち方面の悪巧みの実施計画に発展していってるようでした。そうしたところに、れいの柔道部のボスが現れました。子分たちは、その実施計画をボスに耳打ちしました。私はそれで、いよいよ実施にGOがかかるのではと、不安げに聞き耳をたてていました。するとボスは意外な反応をしました。「そんなこと、自分の妹にされたら、どんな気持ちがすると思うんだ!!」と、子分どもを一喝し、それで子分どもは、途端に意気消沈して、実施計画は立ち消えになったようでした。

 意外にも彼は、妹思いの、いいお兄ちゃんだったのです。悪巧みを妹の身に置き換えてしまい、我慢ならなかったようです。しかしながら彼の考えは、物事の核心を突いていると思いました。

 半分不良だった高校生でもできたこの理解を、何故、できない大人がいるのでしょうか? 自分の身内にも女性が必ずいるはず。もしも自分の兄弟姉妹や、恋人、妻、あるいは自分の娘が性犯罪に合ったら、誰しも怒り心頭になるのではありませんか? それなら何故、よその女性だったら、してもかまわないという発想になるのでしょうか? そこがよくわかりません。
 つまるところ、半分不良の高校生よりも以下ってことなんでしょうね。



 ■ 
友人が痴漢に遭った──被害者の「人生が終わる」可能性は軽視されていないか?

 「降りたら人生が終わる! 降りたら人生が終わる!」

 絶叫する男性が、電車から引きずり下ろされる動画を観た。この男性は2021年4月に痴漢の容疑で、数人がかりでホームに運び出されていた。必死な形相を浮かべ、大きな声で同じ言葉を繰り返す男性に、周囲の乗客は何事かと釘づけになっている。

 事の顛末を知ってか、彼が運び出された瞬間には「死ね!」と叫ぶ乗客もいた。ネット上ではさまざまな推測がなされていたが、男性の必死さから「ウケる」「痴漢くらいで人生終わらない」という笑いに転じたコメントも目立った。

 当たり前だが笑い事ではない。動画の男性は冤罪かもしれないが、「痴漢」という犯罪が絶えない現状について想いを馳せてしまった。

 私は「痴漢体質」なのかと思うくらい、子供のころから痴漢に遭ってきた。

 初めて痴漢に遭ったのは小学6年生のときで、夕方ピアノのレッスンから帰っている途中にうしろから走ってきた男に尻を触られた。ほんの一瞬のことだった。一瞬過ぎて、自分でも何が起こっているのかわからないほどだった。

 しかし、振り返るとニヤニヤ笑っている男がいる。その瞬間、私は怒りで男の下っ腹を殴った。右手に確かな手応えを感じたのも束の間、男は走って逃げ出した。

 私も「待て!」と叫びながら走り、500メートルくらいは追いかけた。若い男だったので逃げ切ってしまい、私はそのまま通っていた小学校の職員室に飛び込んで被害を報告した。周囲が腫れ物に触るような対応だったことをよく覚えている。

 年配の女性教諭に「危ないから反撃なんてしちゃ駄目よ」と諭されたとき、悔しくて初めて泣きそうになった。

 中学、高校、大学と、電車に乗れば痴漢や盗撮に遭い、道を歩けば不審者から声をかけられる日々。バス停で知らないおじさんに太ももを触られたこともあった。

 反撃したこともあるし、ただ黙り込んでやり過ごしたことも多かった。きっと黙り込んで過ごす人のほうが多いだろう。終電で痴漢に遭ったときは、早く帰りたい一心で声を上げなかった。私はそのことをたまに思い出しては憂鬱になる。

 ○「痴漢は犯罪です」というポスターは、呑気過ぎる

 痴漢は大人しそうな人を狙う。私が狙われやすいのは、髪が黒くて化粧も地味で、服装も華美でない、身長も低い、いかにも「大人しそうな人」だからだ。

 かといって、痴漢対策のために外見を変えたいかと言われたら、そんなのは癪である。実際に、金髪にしたら痴漢に遭わなくなったとか、派手な服ばかり着ていたら変な人が寄りつかなくなった、というのはよく聞く話である。

 要は人の属性を選んで犯行に走っているのだから、卑劣極まりないことだ。「弱そうな人」、あるいは子供や学生などの「本当に弱い立場」にいる女性を狙って己の欲を満たそうとする痴漢。

 許せない犯罪行為だが、駅に貼られている「痴漢は犯罪です」というポスターは、当事者からすれば呑気過ぎる。そんな当たり前のことを書くより、痴漢の刑罰の重さをリアルに伝えるほうが効果的なのではないかと思う。冒頭で触れた、動画の中の男性が「人生が終わる」と叫んでいたように、そのくらい重い罪だということがもっと認識されるべきではないだろうか。

 ○「性犯罪」に立ち向かう強さ

 先日、私の親しい友人が痴漢に遭った。

 彼女は朝のラッシュ時、混雑するJR線に乗っていたところを痴漢に遭ったという。最初はたまたま触れてしまっただけかもしれない、と考えた。しかし、一度電車を降りて乗車位置を変えてもうしろにへばりついてくる男に気づいたとき、腕を掴んだという。

 男は「誤解なんです!」と慌てていたので、疑惑は確信に変わり、騒ぎに気づいた駅員が駆けつけて連行された。友人は警察署に被害届を提出し、示談にするか刑事裁判で前科をつけるか考えているらしい。

 示談金の相場を聞いたとき、私は「安いな」と思った。痴漢がトラウマになって電車に乗れない人、男性が怖くなってしまう人、さまざまな被害者がいる。その人たちの「人生が終わる」可能性が軽視されていないか。

 「これは病気だから、示談金を低くして、どうして自分がこんなことをしてしまったのか、自分を見つめ直すきっかけになってほしいとも思う。そうして世の中の痴漢が減ったらいい」と語る彼女が、どういう選択をするかまだわからない。

 事件として処理するのに時間を費やすそうだが、逃げずに立ち向かった友人を私は尊敬している。もっと声を上げて「犯罪」に立ち向かう強さが欲しい。彼女の勇ましさに、過去の自分が救われたような気がした。



  ───── 以上、YAHOOニュース QJWEB  2021.11.10より












なんと「3月のライオン」監修棋士が、うつ病になっていた



 
「必ず会おうね」と約束を 「うつ病九段」先崎学棋士のアドバイス


 うつ病になって将棋を指せなくなり、約半年間の棋戦休場を余儀なくされた経験があるプロ棋士の先崎学さん(50)。2017年に体調に異変を感じ、闘病生活を経て回復までをつづったエッセー「うつ病九段」(文芸春秋)はベストセラーとなった。復帰を果たした今、コロナ禍で苦しむ人たちに伝えたいことは何かを聞いた。

 ――体調にどのような異変を感じましたか。

 ◇誕生日の翌日の6月23日でした。最初は少し頭が重いと感じたのですが、7月に始まる順位戦のプレッシャーかと思っていました。体調は日に日に悪くなりました。

 予兆はありました。そのころ日本将棋連盟は対局中のスマートフォンの不正使用疑惑で大揺れでした。先輩たちが築いてきた将棋界の歴史が危うくなると思い、その対応に躍起になっていました。一方で、将棋を題材とした映画「3月のライオン」が封切りになりました。その原作の漫画の監修をしていたので、将棋界のマイナスイメージを払拭(ふっしょく)しようと、イベントや取材、原稿執筆などをほとんど引き受けました。いわば「陰」と「陽」のそれぞれの仕事に大好きな酒を飲むのも忘れるほど、多忙を極めていました。体調に異変を感じたのはちょうど一息ついたころでした。脳が悲鳴を上げたのでしょうか。

 ●うつ病は「死にたがる病気」と実感

 ――死を意識するようになり、うつ病と診断されたのですね。

 ◇眠ることができず、朝がこれまでに経験したことがないほどだるくてつらい。気力がなく、仲間との約束に行けないのに、LINEでキャンセルすることすらできませんでした。兄は精神科医です。妻から連絡を受けて駆けつけた兄から、すぐに慶応大学病院を受診するように言われ、「うつ病」と診断されました。

 高いところから飛び降りる、電車に飛び込むイメージがわいてくるのです。うつ病は「死にたがる病気」と言いますが、実感しました。駅のホームに立つのが怖くて、駅の構内で電車到着のアナウンスを聞いてから、エスカレーターに乗ってホームに上がり、停車中の電車に勢いよく乗り込んだこともあります。

 休場を決心しました。17歳でプロ棋士になって約30年間、一度も不戦敗がないのが自慢でした。ですが、文字を読むのも苦しくなり、将棋が指せる状態ではありませんでした。8月に約1カ月間、精神病棟に入院しました。

 とにかく刺激を少なく、安静にしていることが基本でした。最初は4コマ漫画しか読めなかったのですが、活字が少しずつ頭に入るようになったり、人に会いたいと思えるようになったり、喜怒哀楽の感情が戻ってきました。

 ●退院してもしばらく気持ちの振れ幅が大きかった

 ――どのような言葉に傷つき、励まされましたか。

 ◇兄からはいつも1行のLINEが来ました。「うつ病は必ず治ります」。心強く感じました。私は独りではないと自分に言い聞かせました。

 将棋界は狭い「ムラ社会」です。退院してからも、うつ病の影響で普通なら傷つかないような言葉に「私は必要とされていない」と、疎外されたような気持ちに陥ったり、何気ない言葉に大喜びしたりといったことが何度もありました。

 退院して間もないころ、高浜愛子・女流棋士に一緒にジムに行こうと声をかけました。病気になる前は同じジムに通っていたのです。「仲間と会うのは(退院後)君が初めてなんだよ」と声をかけると、笑顔で「光栄です」と返してくれました。おそらく彼女は覚えていないような何気ない会話のやりとりなのですが、とてもうれしかったのを記憶しています。

 逆に18年1月の「指し初め式」では落ち込みました。棋士やスポンサーらが集まる和やかな会です。高浜さんら女流棋士2人、タイトルを獲得したばかりの中村太地王座(当時)と雑談していた時に、カメラを構えていた記者が私に手ぶりでどいてほしいという仕草をしました。すごすごとその場を離れましたが、惨めで惨めで、家に帰ってソファを蹴飛ばし、ウエンウエン泣きました。

 記者は女流棋士とタイトル棋士のショットを撮りたかっただけでしょう。今なら「おいおい、ちょっと失礼じゃない?」と記者に突っ込みを入れて終わりでしょうね。


 先崎学棋士が「人生のすべて」と語る将棋。一番好きな駒は、角が成った「龍馬(りゅうま)


 ●心の支えは「将棋」

 ――どのようなことを心の支えに回復ができたと思いますか。

 ◇もちろん医療の力は大きいです。入院を促され、治療を受けることができました。その他に支えとなったのはやはり将棋です。

 小学4年で米長邦雄永世棋聖の住み込みの内弟子となりました。電話対応や上座、下座といったマナーを徹底的にたたき込まれたところから将棋人生は始まります。中学時代にいじめを受けた時は「将棋が強い」という自信が気持ちを支えてくれました。

 闘病中に引退し、将棋教室を開くという選択肢もありましたが「将棋を指さなくなる、弱くなる」と考えると耐えられなかった。将棋が強いという自信が人生のすべてなのです。その将棋仲間に励まされて生きているというのは子供のころも、闘病中も、今も変わりはありません。

 ――コロナ禍で「生きづらさ」を感じている人たちにアドバイスを。

 ◇インターネットには息苦しくなる情報がまん延しています。ツイッターに自由に投稿すれば「炎上」し、顔も名前も分からない人たちから責められる。それよりも、私は気分を晴らしたい時は友達と焼き鳥屋に行きます。お気に入りの串はハツと軟骨。たわいないことを話して飲んで騒いでいる時間が好きです。人とのつながりを感じられます。

 将棋もお勧めです。対面はもちろん、オンラインでもいいと思います。将棋は1対1のコミュニケーションです。職場や学校で嫌だったことを思い出して不安になることは誰だってありますよね。対局中はいま、ここで体験していることだけに集中できるので、心の平穏を保つ「マインドフルネス」の状態になるように思います。例えばですが、不安に陥りやすい夜の時間に将棋を指してみてはどうでしょうか。

 ――身近に死を意識しているような人がいたらどうしたらいいと思いますか。

 ◇答えはありません。ただ、私の経験からですが、そういうことをほのめかしている人が近くにいたら、具体的に会う日を決めて、その日に「必ず会おうね」と約束してください。「約束」が大切だと思います。相手は死を意識するぐらいだから、深刻な精神状態にあります。最後の一線を越えようとした瞬間にその約束を思い出すのではないでしょうか。もし、最悪の事態になっても、それはあなたの責任ではない。最善を尽くすことが大事だと考えます。


せんざき・まなぶ
 1970年青森県生まれ。17歳でプロ棋士に。91年には全棋士参加のNHK杯で優勝した。トップ棋士が所属するA級順位戦に2期在籍し、現在はC級1組。「将棋指しの腹のうち」(文芸春秋)など著書多数。



  ───── 以上、毎日新聞 2020.11.28より












◆民間の「引きこもり<自立支援>ビジネス」(引き出し屋)に注意。

 人が弱ってるところにつけ込む「悪徳商法」が後を絶たないのは、どうしてなのでしょう?


 ■ 業者に託したひきこもりの息子 やせ細り、一人息絶えた


 20年に及ぶひきこもりの生活から自立に向けて歩み出したはずの息子が、アパートでひとり、亡くなっていた。残された母(81)は、長男タカユキさん(当時48)の死の理由を今も問い続けている。ひきこもり支援をうたう民間施設に入所するためにタカユキさんが家を出たのは、ちょうど4年前のことだった。

 2人で暮らしていた埼玉県の家に、民間施設「あけぼのばし自立研修センター」(東京都新宿区、2019年12月に破産)の職員ら5人がやってきたのは、17年1月。タカユキさんを「説得」し、部屋から連れ出すためだった。
 母によると、タカユキさんがひきこもるようになったのは26歳のころ。高校卒業後、海上自衛隊に入隊。3年の任期を務めたが、その後就職した会社で上司との関係に悩み、退職した。
 外出を拒むようになり、たまに友人が来ても会いたがらない。市役所や保健所、病院、子どものひきこもりに悩む家族の会……。夫とともに考えられる限りの場所を訪ねて相談したが、変化がないまま年月ばかりが過ぎたという。

 夫は16年、息子の将来を心配しながら他界した。もし私までいなくなったらこの子はどうなってしまうのか。そんな中、結婚して家を出ていた娘がインターネットで見つけてきたのが「センター」だった。
 「自立のプロにお任せください」「就職後も毎日報告を受け、面談を繰り返し(中略)フォローを続けます」――。頼もしい文句が並ぶパンフレット。赴いた説明会で、半年間の「研修費用」が910万円と聞いて驚いたが、「長期化、高齢化するほど解決が難しくなる」と担当者に迫られ、契約した。夫と建てた自宅を売却してまかなうことにした。

 センターからの指示で、職員らが家に来ることはタカユキさんに内緒にしていた。2階の部屋に案内すると、職員の一人が「お母さんは下にいて下さい」。居間で待っていると、「わーっ」という泣き声が聞こえた。間もなく部屋着姿のタカユキさんが、職員に前後を挟まれるようにして階段を下りてきた。

 夫の形見の大型のスーツケースに、真新しい背広や靴、着替えを入れて職員に預けた。走り去るワゴン車を、玄関先で見送った。
 それがタカユキさんを見た最後になった。

 ○「息子さんが亡くなりました」

 17年1月、「あけぼのばし自立研修センター」に入所したタカユキさんは春ごろには施設が管理する寮からハローワークに通い始めたようだった。
 「自立の妨げになる」と親子が直接連絡をとることは禁じられたが、母のもとにはセンターから、タカユキさんの日誌などが送られてきた。「警備の仕事がダメになってしまい、涙が止まらなかったです」「仕事がまったく見つからず、気持ちがあせっています」――。生真面目な性格をうかがわせる文字が日誌に残る。


タカユキさんの日誌に残る文字。求職活動がうまくいかない様子が記されている

 契約期間の半年が過ぎても就職は決まらず、タカユキさんは17年8月、熊本県湯前町にあるセンターの研修所に移ることになった。母は追加分の費用として380万円を支払った。ほどなくして、日誌など定期的なセンターからの報告は途絶えたというが、その年の12月に地元の介護施設に就職したことは、担当者から聞かされた。

 直接連絡を取らないよう指示されていたため、懸命に耐えていたという母。「もうすぐ元気になったタカユキに会えるねって、私も娘も楽しみしかなかった」。だが19年4月、朝方に携帯が鳴った。センターの職員に「息子さんが亡くなりました」と告げられた。


 タカユキさんが住んでいたのは、研修所近くの町のアパート。家賃の引き落としが滞り、不動産会社から連絡を受けた研修所の職員が部屋を訪れ、遺体を見つけたという。母が医師から聞いた話では餓死も疑われ、死後約1~2週間が経っていた。地元の警察署で対面したタカユキさんはひげが長く伸び、別人のようにやせこけていた。部屋にあった小さな冷蔵庫の中は空だった。

 就職はしたものの再びひきこもり、食べ物も底をついたのだろうか。部屋にあった離職票をみると、タカユキさんは9カ月も前の18年7月に、介護施設を退職していた。契約書には、就業してからも継続的にタカユキさんの指導や支援を行うことが明記されていたが、職員は退職したことすら知らないようだった。

 預金通帳の残高は1万5342円。最後に3千円を引き出したのは、遺体発見から2カ月以上も前のことだった。


 ○送られてきた誰のものかわからない「遺品」

 「息子に何があったのかを知りたい」。母は弁護士に相談して訴訟の準備を始めたが、19年12月、センターを運営する株式会社「クリアアンサー」が破産。他の利用者からも「金額に見合った支援がない」「自宅から暴力的に連れ出され施設に閉じ込められた」と、損害賠償などを求める訴訟が相次いで起こされた矢先のことで、職員らの所在もわからなくなった。

 センターに対する訴訟に取り組む望月宣武弁護士は、タカユキさんの事案について「自宅という安全な場所からあえて連れ出し、親子の連絡を絶ち、生活力もないまま放置したといっても過言ではない」と話す。
 母は仏壇の遺影に語りかけている。「息子は私に家から追い出され、帰る場所はないと思っていたのか。それは違うと伝えたい。毎日、タカユキに謝っています」。傍らには、遺体発見の1カ月後、センターから送られてきた古いトランクがある。あの日、息子に持たせたものとは色も形も違う、誰のものかもわからない「遺品」だ。


タカユキさんの死後、センターから「遺品」として送られてきたトランク。母親は「息子に持たせものとは違い、誰のものかもわからない」と話す

 センターの代理人を務める弁護士は、朝日新聞の取材に対して「プライバシーの問題もあり、取材に応じられない」としている。破産に伴う債権者集会でセンター側は「ネガティブ報道による風評被害で契約件数が減少して経営が困難になった」「ネガティブキャンペーンがさらに大きくなり研修生の精神・身体の安全を守れない状況になった」などと破産に至る経緯について説明している。



  ───── 以上、朝日新聞デジタル 2021.1.10より







 ■ ひきこもりの息子、すがった先は悪徳業者だった 母の後悔届かぬ返事


 「息子が泣きながら家を出たときの光景を忘れることはありません」
 白い便箋(びんせん)に、強い筆跡で書かれた文字。関東近郊で暮らす80代の女性が昨夏、厚生労働省地域福祉課の担当者らにあてて書いたものだ。




 女性の長男は26歳から約20年間、自宅にひきこもっていた。
 市役所や保健所、家族会と、考えつく限りの場所に相談に行ったが、何も変わらないまま月日だけが過ぎた。
 6年前に夫が他界して、長男と2人暮らしになった女性は、インターネットで見つけた民間の自立支援業者に相談。担当者に「ひきこもりが長期化、高齢化するほど解決が難しくなる」と迫られ、契約を結んだという。

 その年の冬。自宅にきた業者の男らに説得されて、階段を下りてきた息子を玄関先で見送った。この契約のために女性は自宅を売り、業者に支払った費用は最終的に1300万円にのぼった。

 そして、業者の「自立支援施設」に入所してから約2年後、長男は研修先として赴いていた熊本県内のアパートで、ひとり亡くなっているのが見つかった。

 冷蔵庫は空で餓死も疑われたが、業者に事情を尋ねても要領を得ず、お金はおろか、衣服などの遺品も戻らなかったという。

 私は、女性の長男が亡くなったその年から取材を始めた。
 高額な費用で親と契約し、ひきこもっている子どもの意思とは無関係に部屋から連れ出して施設に入れ、「自立」を促す。こうした民間業者は「引き出し屋」と呼ばれ、そのビジネスをめぐって訴訟やトラブルが相次いでいた。取材の内容は今年1月から2月にかけて、朝日新聞の紙面やデジタル版で連載した。

 長男の死後、女性は「息子に何があったかを知りたい」と、業者から逃げ出すなどした若者やその家族が集まる会合に出向くようになった。

 そして気力を振り絞るように書いたのがこの手紙だった。
 「藁(わら)にもすがる思いで、このような業者に頼る親は多いでしょう。それが子どもにとってどれだけ残酷なことか」。後悔と自責の念をつづりながら、いまひきこもっている人への公的な支援の充実と、「民間の支援業者や団体を規制・管理するしくみを整えてください」と訴える。

 手紙は「(会合などで出会ったひきこもりの当事者たちは)皆、心根の優しい、親切な方ばかりでした。皆さんが息子のように命を奪われることなく、ともかく生きていてくれて良かった」と結ばれている。

 ひきこもりの状態にある人は、少なくとも100万人以上いるとされる。こうした業者に頼ってしまう背景には、公的な支援体制が不十分なためだとの指摘がある。

 ひきこもりや自立支援業者の事情に詳しい精神科医の斎藤環・筑波大教授は、「ひきこもりの支援は一義的には行政としてやるべきこと。当事者の居場所などを提供するグループホーム型の支援も公的にやるべきで、それが無理ならせめて助成金を出すべきだ」と話す。

 悩み、孤立し、すがった先が問題のある業者だった――。これが見過ごされていいはずはない。手紙への直接の返答は、まだないという。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2021.11.20より







 ■ 「説得」7時間 自立センターの寮、意識遠のき搬送され


 千葉県の住宅街にある一軒家。朝、女性(36)が2階にある自室のベッドでまどろんでいると、突然ドアが開き、知らない男たちが入ってきた。
 男の1人に告げられた。「私たちと一緒にきてもらいます」
 続けて、こうも問われた。「将来のこととか、ちゃんと考えてるの」

 男たちとともにドアを開けた母は、すぐに姿を消した。2017年10月のことだった。
 夕方まで、7時間にわたる「説得」が始まった。
 女性はその2年前から自室にひきこもり、たまにコンビニに出かけるのがやっとの状態だった。母との仲も険悪で、父は別居中だった。
 「自立センターの相談員」。母の依頼で来たという男はそう名乗った。「役所の福祉関係の人なのかな」と思ったが、公務員にしては雰囲気が粗暴に感じられた。

 自分は下着もつけず、部屋着姿のまま。息がかかりそうな距離に知らない男が居続けるのが、ただただ怖かった。「あなたはもうこの家に住めない」「働かないで親に悪いと思わないの」。お構いなしに、男はしゃべり続けた。
 どれくらい時間が経ったのか。男に背を向け、身を硬くしていると「こんなことしてても仕方がないですよね」。続く男の一言に凍りついた。「黙ってたら帰ると思わないでね」

 手元の携帯で父(67)にメールを送り、助けを求めた。自転車で駆けつけた父によると、リビングや廊下、そして娘の部屋に見知らぬ4人の男女がいたという。「最初は『お父さま』などと言っていた男らの態度があるとき一変し、こちらをにらみ、すごんできた。押し問答になったが、なすすべがなかった」と振り返る。


いきなり部屋に入ってきた男らに囲まれ、施設に行くよう7時間も「説得」されたという女性のスマートフォンに残るメール。別居中だった父親に助けを求めたという

 午後5時すぎ、女性はワゴン車に乗せられていた。「恐怖で全身の震えと涙が止まらない。声も出ない状態だった」。薄暗い車内で男らが談笑する声が耳に残っている。着いた先が、東京・新宿にある自立支援施設「あけぼのばし自立研修センター」の寮だった。

 部屋の奥に2段ベッドが二つ。同じ部屋に女性の職員がつきっきりで、何ものどを通らなかった。翌日も、その翌日も何も口にせず、頭の中が白くなった。職員が軽くほおをたたき、スポーツドリンクのペットボトルを唇に押し当ててきた。

 その日、女性は意識が遠のき、救急車で東京女子医大病院に搬送された。脱水症状だった。そのまま1カ月間入院。センターに戻るのを拒否し、自宅に帰ることができたという。

 女性は19年夏、慰謝料など550万円を求めてセンターの職員らを提訴した。自宅から連れ出された経緯について「男らに腕をつかまれ、数人に抱えられるように階段を下ろされた」と主張。一方のセンター側は、裁判所に提出した書面で「女性は両親による説得を受け入れ、自らの足で歩いて車に乗り込んだ」「(女性職員が部屋にいたのは)精神的な不安を和らげるため」などと、女性の意志に反する連れ出しや監禁行為を否定した。「自立支援契約」は、母親からの相談を受けて、ひきこもっている女性の状況を聞き取ったり支援内容を説明したりした上で結ばれ、違法な点はないなどと主張している。


 関東地方の30代の男性も18年5月、突然部屋に入ってきた男らに体を押さえつけられ、車でセンターに運ばれた、と訴える。「財布を取り上げられて、センターの近くにあるマンションの地下の部屋に軟禁された。8日間、外部と連絡できなかった」

 男性も裁判に訴えている。センター側は裁判所に提出した書面で、同意なく体を押さえつけて連れ出したことや、マンションの部屋に「外側から鍵がかけられている(ので逃げられない)」と告げた事実は認めたものの、「(暴れる男性を)保護するための正当な行為だった」と反論している。

 センターの運営会社は19年12月に破産。当事者から損害賠償などを求める訴訟がこれまでに少なくとも3件起こされたが、破産で中断した裁判もある。
 親が2千万円もの費用を支払ったのに、破産で一方的に契約を解除され、施設を出されて再び自宅の部屋にひきこもった男性(38)もいる。千葉県内に住む70代の両親は、「息子はまったく部屋を出ず、入所前はわずかにあった親子の会話もなくなった。返金もなく、裁判もできない」と嘆く。

 破産した「あけぼのばし自立研修センター」とは、どんな団体だったのか。
 センターが施設を構えていたのは、新宿区の大通りに面した雑居ビルの5階。訴訟に取り組む弁護団(団長・宇都宮健児弁護士)によると、入所時に請求される費用は利用者によってまちまちで、「プログラム実施費用」「居住宅費用」など、数カ月で500万~700万円と高額なのが特徴だという。

 パンフレットには「スタッフがお子様の部屋へ伺い(入所するよう)必ず説得を成功させます」とうたい、半年以内の「就職・自立成功率」は「95%」とある。費用の記載はない。

 「身体の自由を奪う契約を、本人の同意なく親と業者が結ぶのは重大な人権侵害」。精神科医の斎藤環・筑波大教授はこうした「支援ビジネス」のあり方に警鐘を鳴らしてきた一人だ。
 「ひきこもりの支援は年単位の息の長い関わりが必要。本人の状態も知らずに『半年で自立させる』など非常識だし、親の同意をたてに部屋に立ち入り、長時間にわたって『説得』するのはもはや暴力と言え、支援ではない」とする。

 こうした「支援」のあり方を問題視した裁判所の判決も出ている。
 「部屋に1人でいると、ちょっとした表の物音にもおびえる」。首都圏に住む30代の女性が、支援業者による連れ出しと監禁の恐怖を振り返る。医師には心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断された。
 マンションでひとり暮らししていた女性の部屋に、複数の見知らぬ男性らが侵入してきたのは15年秋。初めは外からドアを開けるよう求められたが、拒否するとバールでドアロックを破壊した。

 男性らは、ひきこもりの自立支援をうたう「エリクシルアーツ」(東京)の代表者と、同社が運営する施設の職員。女性はそのまま部屋から連れ出され、関東近郊のアパートで女性職員との共同生活を強いられたという。「すきをみて最寄りの警察署に駆け込んだりと、脱出を試みた」。だが、警察署は施設に連絡。職員に連れ戻されたうえ、財布と携帯電話を取り上げられたという。

 契約したのは実家で暮らす70代の母親だった。この数日前、親子ゲンカで女性が手を上げたことにショックを受け、インターネットで見つけた施設に電話をかけたという。当時女性は定職に就かず、小説を執筆していた。

「対応した職員に『娘さんはひきこもりです』といわれて信じてしまった」と母親はいう。
 「お金を残しても何もならない。娘さんの未来を買いましょう」「お母さんの覚悟が大事です」。職員の言葉に背中を押されるように、3カ月間の入寮費用として570万円を支払った。「娘を深く傷つける結果となった。申し訳なく思っている」

 女性と母親はその後、同社と代表者らを提訴。東京地裁は19年12月、会社側に慰謝料など計約500万円を支払うよう命じる判決を出した。
 判決では、男性らが女性の同意なく、バールでドアロックを壊して部屋に違法に立ち入ったと認定。女性本人の状態を把握するための聞き取りをしていないことも問題視し、現金や携帯電話を預かったことも「自由な意思に基づいて行動する権利を侵害した」と指摘した。会社側は控訴せず、判決は確定。だが、今も賠償金は支払われていない。
 会社のホームページは閉鎖され、電話もつながらない。訴訟の際の代理人弁護士は「すでに辞任しており、現状は把握していない」と話した。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2021.1.10より







 ■ 親子で食事まで2年 ひきこもりの子に「お供え」やめた


 もう何年も姿を見せない息子。「それが先日、自ら部屋を出て、親子で食事をしたんです」
 60代の母親が静かに話し始めると、長テーブルを囲む他の父母たちが目を潤ませた。

 山口県宇部市のNPO「ふらっとコミュニティ」が毎月開く教室「家族心理教育実践編」。ひきこもりの子がいる父母ら10人ほどが集まり、子どもの心理や日頃の接し方を学んでいる。

 この日報告をした母親は、2年前から教室に通い始めた。息子の部屋のドアの前に食事を置く「お供え」をやめ、「ごはんできたよ」とさりげなく声をかける。部屋から出ている気配に気付いても、普段通りに振る舞う。小遣いをきちんと渡す――。教室で学んだ対応の仕方を一つひとつ実践するうちに、少しずつ息子の様子が変わってきたという。

 NPOの理事長で山口大大学院教授(保健学)の山根俊恵さんは「外に出そう、就労させようと焦るのは逆効果。でも、何もしないでいるとあっという間に10年が経ってしまう。親たちが変わることで必ず家族関係は変化する」と話す。

 山根さんは精神科の元看護師。「行政の窓口や保健所に相談しても、話を聞いて終わり」「精神科の医師に相談したら、本人を連れてこいと言われた」――。ひきこもりの家族に共通する悩みを知り、精神障害者支援の場として運営していたNPOで2015年から、ひきこもりの当事者や家族の支援を本格的に始めた。

 親たちはまず、6回の基礎講習「家族心理教育基礎編」を受け、ひきこもりのメカニズムや「対話」の方法、暴力への対処の仕方などを学ぶ。いじめ、パワハラ、セクハラ、不器用でコミュニケーションが苦手……。ひきこもるきっかけは人それぞれだが、そんな環境に逆らうことも、迎合することもできず心を閉ざしていく当事者たち。「でもそれは決して人より劣ることでも、恥ずかしいことでもなく、その人の良さでもあると家族が納得できた時、かける声のトーンも違って響く」。ドアの向こうで、子はその変化に敏感に気づくという。

 「傷ついた心をゆっくりとメンテナンスすることで、次第に心にエネルギーが蓄えられていく。そうすると人は自然に外に出たくなる」。これまで300人以上の当事者や家族と接してきた、山根さんの確信だ。

 基礎講習修了後はグループごとに分かれて毎月集まり、それぞれの状況を報告し合う。長年ひきこもっていた人が回復するにはそれ相応の時間が必要で、長い道のりを家族同士で支え合う。基礎講習はテキスト代を含めて参加費2万円。現在は五つのグループで続けられている毎月の集まりは年会費5千円でいつでも参加できる。NPOの事業は宇部市と山陽小野田市の補助も受け、日常的な市民からの相談はすべて無料だという。


 ○家族支援に続く第2段階は本人へのアプローチ

 高額の費用で親と契約し、当事者を部屋から連れ出して親子間の連絡も禁じる「自立支援業者」のやり方は、

 「家族との関係性を取り戻すことが回復への第一歩」

とする山根さんの考え方とは根本から異なる。

 「当人の生きづらさや苦しさの理由も知らないまま、いきなり知らない人が押しかけてきて『このままではいけない』と責めたり、『出てくるように』と声をかけたりするのは支援に逆行している。ハローワーク通いを強い、その時は外に出られたとしても、後々その人がどうなったのかは検証されていない。余計に心が傷ついてひきこもるケースもある」と山根さんは話す。


 家族支援に続く第2段階が、本人へのアプローチだ。
 ここでも大事なことは、焦らず、急がず。当事者同士が集まり、語り合う会合などで準備を重ね、就学や就労に向けて伴走していく。「行政などの窓口の多くも、実際は『どうしていいかわからない』というのが本音でしょう。私たちの実践例が、ほかの福祉関係者の参考になれば」

 行政の相談窓口や医療機関をたらい回しにされた揚げ句、たどり着いた先が「引き出し屋」だった――。そんな訴えが各地で相次いでいるのを受けて、KHJ全国ひきこもり家族会連合会も情報収集のためのプロジェクトチームを作り、民間の支援ビジネスへの法規制などを国に要望している。


 ○「あの頃もし、当事者に寄り添う適切な支援あれば…」

 家族会によると、訴訟が相次ぎ、批判が高まる中で、引きこもり支援ビジネスの業者側も本人に「同意書」を書かせるなど、手法も複雑、巧妙になってきているという。厚生労働省も昨年8月末、被害を訴える家族からヒアリングをするなどの実態調査に着手した。


 神奈川県の会社員藤原秀博さん(43)は、中学時代にいじめや集団暴行を受けたことがきっかけで不登校になった。1年遅れで進学した高校もなかなか通えず、20代半ばごろまで断続的にひきこもり状態をくり返した。「家族からみれば、部屋から出てこないし、何を考えているかもわからない。でも本人にとってはひきこもることこそが解決策だった。波におぼれそうな自分が、浮石につかまって体を支えている感じです」

 今は警備会社に勤めながら、ひきこもり問題を扱うカウンセラーとして活動。「かつての自分に励ましやヒントを送りたい」と18年、「現代引きこもり生活学のすゝめ ~覚醒の十二章~」(日本デジタル出版社)も出版した。

 自立支援業者から受けた被害を耳にするたびに胸が痛むという。「弱り切っていたあの時期にひきこもっていること自体を他人に責められたら、きっと自分も完全に心がつぶれてしまっていただろう」と思うからだ。

 自身は「体重がいまの倍近い128キロに増えるなど、とことんまでひきこもったから『このままではいけない』と気づくことができた」。掃除やストレッチ、瞑想(めいそう)など、浮石につかまりながら少しずつ泳ぎ方を覚えるように行動範囲を広げていった。同じ悩みを持つ当事者たちの集まりに出かけるようになり、やがて就職もできた。

 だが、それも一進一退だった。「少しずつ自分の特性を知り、人に会う機会が少ない警備の仕事を選んで続けながら、苦しさを解放するコツを身につけていった。あの頃もし、当事者の心のスピードに寄り添ってくれる適切な支援に出会っていれば、もっと道は早かったかもしれないけれど」

 ひきこもり。その言葉に親たちは正体の知れない恐れを抱く。「そんな親の不安につけ込むのが引き出し屋。つまりは不安ビジネスだと思う」と藤原さん。「でも不安ばかりを膨らませる前に考えてほしい。今はひきこもっていても、その人だけのかけがえのない人生を生きている。その人の苦しみの理由に関心も抱かず、ひきこもりのことなどよく知ろうともしない業者に、法外なお金をとられ、上から目線でこれまでの人生を否定されるいわれはないはずです」



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2021.1.10より





                                   (島)