今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







galapa(滝本政博)  







 願人坊


天皇と部落民の関係を、垂直軸において、「上」と「下」というふうに見
るのではなく、その軸を横に寝かせて水平軸で見てみる。すると「上」と
「下」ではなく、「端」と「端」の関係になる。(中略)左右それぞれの
先端に天皇と部落民があるだけで、両者のあいだにあったはずの貴族や武
士や町民や農民という縦の階級図式は消えてしまい、横ならびの空虚な身
分が散在するばかりだ。
                    「水平記」高山 文彦/著より


坊主は歌う
芸能者として旅をする
歌い踊り角付けして廻り
いくばくかの銭か米を得る
歌う乞食坊主
衣の裾はほどけて煙のようだ
埃まみれの黒い脚
半僧半俗 願人坊

わたしは変化するものが好きだ
A地点から聖なるものが出発する
長い道のりをへてB地点に到達したとき
それは俗なるものになった
それはそれは極端な俗に
両極にあるものは同一である

坊主が歌う俗なる歌
神仏の教えの歌謡曲
塩辛声の説教節
万歳 講釈 大道芸
軽口 謎かけ あほだら経
ちょんがれ なまいだ やっとこせ





                       〔井嶋りゅう:選〕











山 雀 詩 人




 晩 餐


とある町の洋食屋
フォークがスプーンに嫉妬する

君はいいな
だって顔が優しいもの

まるっこくて
なめらかで
とげがないもの

君みたいに僕もなりたい
手のひらで掬うみたいに
みんなを優しく包みたい

だって僕の仕事は
(知ってるよね)
みんなを突き刺すことなんだ

たとえばサラダのキュウリやトマト
みんなかわいい子ばかりだよ

それを上からブスブスと
刺すんだ

この僕が
この爪で

きっといつか
バチがあたるね

もうヤだよ
こんな生活

   *

とある町の洋食屋
フォークがナイフに嫉妬する

君はいいな
だって迷いがないもの

いつもクールに
さわる者みな
切りきざむもの

君みたいに僕もなりたい
氷よりも冷ややかな
絶対零度のハートが欲しい

悪を為す場合には
悪びれずにせねばならない

誰の言葉だっけ
なんだ君のか

でもそのとおり
悪びれるのは二流の証

君は完璧
僕もそうなりたいよ

誰もが思わずあこがれる
ニヒルでクールな悪人に

   *

とある町の洋食屋
今日もディナーが始まった

スプーンは今夜も実に可憐に
スープをひらりひらりと掬う

ナイフは今夜も実に非情に
肉をスパスパ切りきざむ

フォークだけがおどおどと
サラダの上で困っている

ごめんね キュウリくん ブスブス
ごめんね トマトちゃん グサグサ




                       〔井嶋りゅう:選〕











荻 座 利 守




 壁に触れた掌の


壁に突き当たったとき
あなたが口にするのは

可動する限界点への
祈りでしようか

それとも
変性する限界点への
オードでしょうか

まるで自分という存在が
窓から射し込む光芒の中で
きらめきながら浮遊する
微細な埃のひとつに
なったかのような

あるいは
まるで自分の声が
茫漠とした
ニューロンの興奮がもたらす
かん高くも幽かな
耳鳴りになったかのような

そんな
壁に触れた掌の
冷徹な感触がもたらす幻影を
あなたはいつまでも
握りしめたままで
いられるでしょうか

濁った泥水の
暗い底から
次々と涌いては弾ける
泡粒のような

あるいは
傘を開いて
胞子を放った後に
溶けるように消え去る
キノコのような

そんな
壁に到った
あなた自身の足跡を顧みるとき
あなたには観えるでしょうか

壁に遮られた景色は
壁により開かれた視界の
裏側だということが

届かぬところへ
伸ばした手の
あるいは
届かぬが故に
伸ばした手の痛みのうちには

ひとつのドアが閉まると
別の新たなドアが開くように

可動する限界点への
祈りが反転した
変性する限界点への
オードが描きだす情景が
刻まれているから

浮遊する埃のような
幽かな耳鳴りのような
そんな
壁に触れた掌の
硬質な感触に揺らめく陽炎を
厭うことなく
いつまでも
手離さないでいてください





                       〔島 秀生:選〕





 花に祈りを託す


銃弾が飛び交い
幾多もの爆弾が落とされる
戦場にも

春は訪れる

季が巡り来れば
焼け残された土の上に
花は咲く

人々の怒りと憎しみと
恐怖と悲しみの中を

無情にも
花は咲く

人に愛でられることもなく
軍靴に踏みにじられたり
爆弾に吹き飛ばされたり
するかもしれなくても

花は己の命を
ただ生きる

戦場に咲く花よ
身勝手な願いかもしれないが
この愚かな人間を
嗤うことなく
どうか
天に向けて
祈ってほしい

お前の命には
それだけの力が
あるのだから





                       〔三浦志郎:選〕





 ワクチン


ワクチンを打った

副反応が出た

腕が痛い
体がだるい
息が切れる
立ちくらみがする

でもそれは
体の免疫機能が
ワクチンに対して
働いていることの
顕れでもあるから

それらの副反応を経て
体は侵入してくる
ウイルスを
素早く撃退できるように
なるのだろう

私の人生に
今まで訪れた
様々な苦悩は
私に免疫を得させるため
神様が打ったワクチンの
副反応のようなもの
だったのかもしれない

そう信じられれば
それら過去の苦悩を
皆うべなうことが
できるのだろう

己自身を焼き尽くす
過去の苦悩への
悔いや怒りから
解き放たれるのだろう

そしてそのことが
未来に訪れるであろう
苦悩への
勇気に変わることを
夢見て

今は
この副反応に
耐えてゆこうと思う





                       〔雨  音:選〕





 一輪の花



目の前にある
一輪の花

偶然の中に
生きるもの

無を負って
生きるもの

何の必然にも由らず
咲く花の散る
その後に
結ばれるものは
実か無か

それはまだ
誰も知らない

茫洋たる時の海原で
無と偶然で織りなされた
網を介して来たものが
いま眼前に凝集して
彩を見せている

膨大な数の
連結された偶然を経て
膨大な数の
無へと消えた錯誤の上に

僅かながらも
ある空間を押し退け
細やかながらも
ある波長の光を弾き返して

数日のうちに
散りゆく色と形が

目の前に
存在している

一輪の花は
己の存在を以て
人に知らしめる

数多の偶然を経て有ることを
夥しい無の上に在ることを

それ故
人は祈り

祈りの場に
花は咲く





                       〔三浦志郎:選〕











秋  冬




 足 裏


足裏が
痒くて
靴を脱いだら
落ち着いた

ホッとして
靴を履いたら
また足裏が
痒くなり

もう一度
靴を脱いだら
余計に
痒くなる

靴下を
脱いで
足裏を
見ても
何もなくて
靴下を
裏返しても
何もない

でも

靴下を
履いて
靴を
履いたら
また痒くなりそうなので
右足は
裸足で歩くことにする

足裏は
納得したのか
痒さは
消えた

 そういう訳で
 片足だけ
 裸足で
 歩いています

職務質問されたので
親切に説明したら
連行された

 もう少し
 まともな
 嘘を吐け

足裏が
痒くならなければ
今頃は
風呂に入っていたはず

いくらでも
丁寧に
洗ってやったのに




                       〔齋藤純二:選〕





 皐月の日曜日


10分1200円の
散髪を終えて
空を見上げる

夏の雲が浮かぶ

季節は
先回りする

もう少し
短くすれば良かった


帰ったら
半袖のワイシャツを
取り出そう


その前に
ソフトクリームの列に
並ぶことにする

夏の汗が噴き出す

季節は
先を急ぐ

思い切り
短くすれば良かった


夏の、夏の
と言うものだから
新緑の風が
前髪を揺らし
吹き抜けていく





                       〔Kazu.:選〕





 アクリル板の存在意義


人の眼を見て
話すことが
できない僕は

人の眼を見て
話すことが
できない彼と

喫茶店で
向かい合い
スマホ画面を通じて
話している

飛沫防止のため
テーブルを分断する
アクリル板は
存在意義を失くす

時折 画面を見ながら
笑う二人を見て
店員が足を止めるのは
不審な客として
注視されているからだろう

僕らは
眼を見て
話すことはできないが
同じ空間に居たいのだ

アクリル板の向こうから
笑い声を
聞くと心が安らぐ

 ねぇ
 顔を上げてみて

心を決めて
僕は
話しかける

 えっ?

 いいから
 顔を上げてみて

彼は
画面から
ゆっくりと
顔を上げる

 自分を見てから
 僕を見て


僕は
彼を
見ている

彼も
僕を
見ている


知り合って
五年以上過ぎたが
初めて
眼が合った

今朝
顔を洗った時に
ふと 気づいたのだ
鏡の中の自分と
眼が合っても
大丈夫であることに

アクリル板に映る
自分と眼を合わせて
彼の眼を見れば
怖くないはずだと

 信じられない
 君と眼が合うなんて

彼は
ひどく
興奮して
泣き笑いする

テーブルを分断する
アクリル板は
新たな存在意義を得た

アクリル板は
僕らをつなぐ

いつか
アクリル板が
取り払われたら
僕らは
アクリル板を
持ち歩けばいい





                       〔青島江里:選〕











エ イ ジ




 遥かなる音楽の夢


モントリオールの安宿に
22時にチェックインした
セント・キャサリン通りから
少し外れた所にその宿はある

寂しい通りとは対照的に
宿は若者で溢れ
レセプショニストはとても親切だった
その夜は部屋に着くとすぐ眠った

      *

翌日 朝から賑やかな
セント・キャサリン通りを探索
ここは色んな人種で溢れていて
24時間賑やかだ

近くには大きなショッピングモールと
フードコートがある
美味しそうなクレープ屋に行き当たり
フランス語で頼もうとするも
英語で「What!?」と言われ驚いた

更に通りの先に行くと
人通りがなくなる
すると古い商店が見えてきた

中に入ると
中古のカセットテープ屋
あまりフランス語圏のミュージシャンは知らない
しかし 血眼になって見ていると
セルジュ・ゲンズブールのカセットを見つけた
それを買って宿に帰った

僕はモントリオールで
セルジュ・ゲンズブールの音楽を初めて知った

 いずれにせよ
 僕らはジャヴァネーズを踊った
 愛し合っていた
 一曲の間は

「ジャヴァネーズ」という歌が
特に素晴らしかった
こんな恋物語は起きなかったが
僕はモントリオールに恋をした

その甘美なメロディーは
宿の部屋の窓から
微かに漏れ出ていた





                       〔島 秀生:選〕





 鮮やかな音楽の情景


暖かな春の陽射しに
冬眠していた肌は微かに汗ばむ
通りにそそり立つ檜は
陽の光を受けて
その葉は緑々と染まる

通りを抜けて
公園の中に入ると
鮮やかな躑躅の赤が野に映える
老人は若き日に恋人に贈った
真っ赤なリップを思い出していた

その感慨に浸って瞳を閉じると
幸せ溢れる音楽が喚起された

その時吹き込んだ春の涼しい風は
ハモンド・オルガンの
音色のように軽やかだった

やがてどこからか
朗々とした歌声が
アコースティック・ギターの
旋律に乗って聞こえてきた

老人はその歌声に心を打たれ
閉じていた瞳を開いた
眼前にあったのは
いつもの椅子と机
そしてレコード・プレイヤー

今まで見ていた光景は
何だったのだろう
あまりにも鮮やかな
音楽の情景だった





                       〔三浦志郎:選〕





 懐古趣味


外側が雨でずぶ濡れになった窓際で
私たち自身の写真を見ながら
想い出すのは
日曜日の朝、
太陽、
そしてラヴ・ソング

このささやかな想いを
一枚のアルバムに封じ込めるなんて
素敵なアイデア
柔らかいフルート、
渦巻くオルガン、
そして煌めくヴィブラフォンで

      *

やがて私たちが年老いて
アルバムをラックから取り出し
盤をそっとターンテーブルに乗せる
パチパチという音が2秒ほど鳴る
その後、懐かしいあの頃の音がゆっくり鳴り出す

珈琲の円やかな芳香と一緒に
私たちの音が部屋を満たす
私たちは互いに顔を見合わせ
ゆっくりと微笑む

時代に取り残された
だけど温かさのある音
古くさい音
だけど人間味がある

みんな楽器を練習して
盛んにレコードに吹き込んだ
そんな時代がかつてあった





                       〔三浦志郎:選〕











妻咲 邦香




 長靴の色


さあざあと雨が降り出して
コーヒー豆を切らした
長女は買ったばかりの長靴を濡らしたくて
外へ飛び出した

 最初の一滴を誰も覚えていない
 最初の一滴を誰も覚えていない
 目覚めてもすぐにまた眠ってしまうから

風の鳴る音を雷のようだと言った
貴方はサラダにチーズを刻んで乗せた
喪中の葉書きがポストに一枚取り残されて
黒い鳥は頭が欠けている
満ち足りた色はいつまで待っても来なかった

 最初の一滴を誰も覚えていない
 最初の一滴を誰も覚えていない
 誰かに教わったわけでもない生き方
 それを続けるしかないと言われて
 拾った骨を巣材に加えた

相変わらず人は優しいが
相変わらず空は泣いている
相変わらず誰かは優しくて
見ず知らずの期待ばかり連れて来る
乾かない靴下みたいにわかりやすく拗ねてみせたら
褪せても悲しいなんて思わずに済むのにと

 最後の一滴まで見届けられない
 最後の一滴まで見届けられない
 なのに愛してしまう私がいる
 濡れたゴムの匂いが立ち込めた町で
 溺れた確かな記憶だけがあって





                       〔三浦志郎:選〕











おおたにあかり




 平和を下さい


大人と呼ばれるように
なってから
覚える言葉って
沢山ある

用法用量も明確には
教わらない
「なんとなく」で
身に付けた
要領で乗りこなす

ほら、今、この瞬間
「濃縮還元」と
「果汁百パーセント」に
ついて 悩むわたし

大人になってからも
知らない言葉も
意味も沢山あって
思い知るのだ

女でなければ
母でなければ
取りこぼす
言葉は沢山
あっただろう

だから今、
人として
人ならば
今だからこそ
言いたい言葉がある





                       〔Kazu.:選〕





 母と娘


タイトルは?
「恋文です」

これで間違いはない?
「詩とかいて、うたと読みます」

37歳と63歳の
娘と母の
今夜の会話です

絶対に分かり合えないと
お互い何度背を向け
握りこぶしつくり
泣いたことがあっただろう

「投稿の仕方がわかりません」
還暦過ぎた母が
恥ずかしがりもせず
恋の詩など送ってくるのです

いいものですね
詩って。
良いものですね
人生って。

母の恋の詩読みながら
あぁ、この人の娘なんだと
ふふふとわらう

今夜の母と娘のおはなしです





                       〔三浦志郎:選〕











秋 さやか




 夜の灯り


餅つくうさぎが不在の
三日月の夜には
マッチで火を灯したいのです

大切なものを照らすために
大切なことを思い出すために

マッチ箱のなかで
転がる音の軽やかさ

擦るときの
ざらつく感触

すっと立ち上る
煙の香ばしい匂い

ささやかな夜風に
生まれたばかりの光を
奪われないよう
そっと手を添えて

その暖かさに
満たされながら
命の物語を
語り合いたいのです

そういう灯りを
いつ
手放してしまったのでしょう

手元を見れば
マッチ箱よりも少し大きい
スマホが握られているけれど
どういう原理で
語り合えているのか
全くわからないのです

液晶の光で
虚しい顔を照らしながら
そっと横たわれば
文字はくるりと
月のほうを向いたのでした





                       〔雨  音:選〕











晶  子




 喪の仕事


心と身体が別れる直前
脳は
記憶から呼び出した
幸せな夢を見せてくれるらしい

それならば
もう怖いことは終わったよ
お家に帰ろう
冷蔵庫には生クリームがあった
きっと今頃
お母さんがケーキを作ってる

大変だけど準備してくれてるよ

 棺の中に
 もう一枚上着を入れよう
 もう一枚着せてやれば
 あの子は寒くなかったかも知れない
 何を着せてやった
 何を持たせてやった
 最後の時にお母さんと呼んだ
 あの子に何をしてやれた

子宮に守られて
心と身体からなる命は生まれる
心は身体に包まれてこの世にやって来て
身体は心を守るために反応する
最後の最後まで身体は心を守り続ける

 最初は嘘だと思って
乾いた地面に君の靴音
 何も感じなくなって
ランドセルも今日は軽い
 何の色もなくなって
ちょっと忘れ物をしたかも知れないけれど
 自分のせいだと思って
大丈夫
 あいつらのせいだと思って
あとで友達に聞こう
 あの時に止めておけば
理科で虹の作り方教わった
 最後になんて声かけた
お母さんに教えてあげよう

   もう いないの

ざぁーっと風が葉を揺らした

君は楠から来た風を背に受けて
風が色を運んで来たように全てが見えてきて

ドアを開けた

ただいま
おかえり
お母さん あのね

時間は物のものだから
物から解き放たれた思いは時を超えていく
物である身体に優しく手を振られながら


 
*喪の仕事……喪失体験を受け入れ、立ち直っていく心理的な過程。




                       〔三浦志郎:選〕











緋 夢 灯




 詩のしっぽ


「いい詩には、人の心を解き放ってくれる力があります。」
のり姉ちゃんは言った
「むずかしい言葉や、特別な体験、自慢できることがなく、人より秀でていなくても、良い詩は書ける」
いく兄ちゃんは言った

私の書いたものは
どうだろうか

思いを巡らしてみる

結果として大体が
ただの日記
ただの描写
ただの文章
自慢したがりの
理屈っぽい
負け惜しみみたいな
ありふれた言葉

羅列に過ぎず
まばらな足跡を
残すのみかもしれない

   *

足がめっぽう速くて
かくれんぼも得意
近付いたと思ったら
ひらりかわされ
伸ばした手は空振り
夢中になって
おいかけっこに興じ
追いつけ追いこせ
ああでもないこうでもない

   *

心が動いた瞬間
感情の発露を
想いの丈を
激情を
無心にしたためようとする過程
行為そのものこそ
私なりの

と呼ぶことにしよう

ひたすら純粋に
自身の内面へと
集中する

いつか詩のしっぽを
掴むかもしれない





                       〔島 秀生:選〕





 降閃確率


ぱら
       ぱら
  ぱら
ひらめきは
ふりかけのように
降ってくる

ゆかり
のりたま
ちりめん
おかか
ごま
桜でんぶ
たらこ

ふっくらごはんな
やわらかあたまは
何杯も
おかわりが出来ちゃう
おかわりの達人を
人は
天才と呼ぶ

     ぱら
ぱら
   ぱら
ふりかけ前線到来





                       〔三浦志郎:選〕





 エゴイスティック・ブルー


美しいものを
愛してる
綺麗な言葉が
好きだよ
誰かの長所を見つけて
祝福することは喜びさ

何気ない日常の中
ただ
呼吸をして
そこに一人
佇んでいるだけで
幸せを感じ
感謝する
そんな瞬間があるんだ

純粋なんかじゃないよ
心地よく
優しいしあわせで
ただただ
僕自身を満たしていたいだけ

怒りを覚えた時は
自分の正義を
振りかざそうと
してしまってはいないかと
振り返ってみる
相手の気持ちを考えたり
どうしたら理性的に
どちらも傷付かず
解決できるかを
考えてみたりね

冷静なんかじゃないさ
自分を守りたいだけ
怒りが頂点に達すると
どうして
分かって貰えないのかと
怒りより
悲しみが込み上げて
涙が
溢れてしまうんだ
とても苦しいから
そうなりたくないだけ

なにをするにも
自分のため
こんなにも勝手な僕が
誰かを
傷つけていやしないかと
いつもヒヤヒヤする

どうせ
エゴイストなら
エゴイストらしく我侭に
なまじ
誰かのことなど
かえりみず
なりふり構わず
生きてみたいよ





                       〔雨  音:選〕





 帰りたい


帰りたいと思った
もう家にいるのに
みんな居るのに
こことは違う
どこか

母さんの腕の中
祖母ちゃんのいる田舎
そういうのでなくて
なぜだか

地図さえ描けない
ぼやけた場所
だけど
僕は知っていて
帰りたいと
ふと
思って

不思議となつかしいのに
この世界では
辿り着けそうにないから
ホームシック
淋しさが込み上げて
くる

か え り た い

瞳から一筋
生命の起源との
つながりを思い起こす

ああ
海のにおいがする





                       〔青島江里:選〕











江里川 丘砥




 宇宙で砂粒になる


悪意を凝縮したような思いしか浮かばないなら
それはきっと疲れている

乱れるホルモンバランスとPMS
疲れた体に鞭打つことよりも
ひとの何気ない言葉尻のほうが
打撃を加えてくる

過ぎ去る嵐をやり過ごす
ほどほどでやり過ごす
やり過ごせないほどの多忙
積み重なるタスクとタスクの間に
イライラを重ねて
おいしいお菓子ができればいいのに
こんなときは非日常を感じたくなる

雑音と雑多をかき分けて開いてみるページ
本が読めない集中力散漫
こんなときはどこか遠くへ行きたくなる
雑念も雑用もチラチラ片隅においたまま
遠い宇宙に思いをはせて
地球の外へ

太陽系から
私たちの住む天の川銀河や
また別の銀河へ
それら銀河たちのまとまりの銀河群や銀河団へ
そこからまた銀河群や銀河団のまとまりの超銀河団へ
広く大きく思いをはせている今も
拡がりつづけている宇宙があるらしい

私のいる場所が砂粒よりも小さくなる
見えない
もはやいるのかも分からない
私なんてちっぽけの「ち」にも満たず
だけどここにはいる
空気みたいなものか

だから自由でいいや
誰も私のことなんか見ていないから
だけどいないと困るんだから
気にすることなんかないや
そうやって
また日常の中へ潜り込んでいく私は
少しだけ自分を取り戻している

明日も宇宙で砂粒になる





                       〔島 秀生:選〕











cofumi




 バスルーム


湯船はまるで
羊水のようで
私は安心しきって
体を委ね海月になる

口まで湯船に浸かって
あれやこれやとつぶやく
言葉はバブルとなり
弾けて消える
息を吸うと余計なものまで
飲み込んでしまう
だから吐くのを
忘れてはいけない

顔だけ出して天井を見上げる
満月になることだってできる
泣き腫らしたような満月は
誰に見られるでもなく孤独だ

蛇口からポトポト落ちるのは
悲しみに沈むご婦人の涙かもしれない
そのまま見過ごすべきなのか
そっと拭ってあげるべきなのか

このバスタブが海へと
繋がっているのなら
海月のまま飛び出してゆきたい





                       〔島 秀生:選〕





 好きなことが幸せなの


キャラメルには
小さなキスがたくさんつまっている
風船が飛んで行った先では小鳥が歌い
路地裏の階段を駆け上がると
虹が地球を抱いていた

アスファルトを歩くリズムは
まるで楽譜のない音楽
突然の雨は
ハロウィンのキャンディみたいに甘くて
風が吹けば木がスイングして歌い始める

ありがとうは
魔法の言葉みたいに笑顔をくれて
夜の遊園地では
小人が幸せのマーチを演奏する
クレヨンで描いた明日はハートずくし
小さな笑顔10回は一度のキスと同じ

好きだから幸せなの
あなたを好きなことが幸せなの





                       〔三浦志郎:選〕











Osada




 けんちゃっきい


ギターを爪弾いていると
風が懐かしい草のメロディと
幼い日の記憶を運んで来る

  けんちゃっきいを
  植えたけえの

蜜柑畑の土手に並ぶ緑の苗を
指差しながらお祖母ちゃんは言った

  水をやって雨も降りゃあ
  根付いてくれるじゃろう

ケンタッキーブルーグラス
やがて豊かな草叢になり
土手の崩落を防いでくれる

  のうきょうで仕入れたのを
  分けてもろうてきたんよ

お祖母ちゃんが教えてくれたんだ
駅前広場やゴルフ場の平べったい芝生は
この草の本当の姿じゃないんだ

  五弦バンジョー フィドル

ブルーグラス・ミュージックの聖地
米国ケンタッキー州の別名は
ブルーグラス州だ
この草の牧草地が広がっている

  フラットマンドリン ドブロ

別名はもう一つある
フライドチキン州じゃないよ
お祖母ちゃんの
けんちゃっきい州だ

  ウッドベース ドラム

ほら 聴こえて来るだろう?
けんちゃっきいブルーグラスの
大草原を吹き抜ける風のコーラスが

  &アコースティックギター

お祖母ちゃんはもういないけど
天国の蜜柑畑で聴いているさ





                       〔齋藤純二:選〕











糸 葉  優




  扉


やめたい
なきたい
しにたい

笑い声に隠れたSOS

気づいてから言葉が出せない
必死に隠してる君に大丈夫?なんて言えない

できるのは肯定してあげるだけ

力になりたいと思うけど
遠くにいる君に何をしてあげられるだろうか

どんな風に声をかければいいんだろうか

こんなことを考えている時点で
自分が可愛いんだろう





                       〔島 秀生:選〕















プラネタリウム




 折り紙の心臓


来ることはないと知っていた"あした"を
私はずっと"きょう"の中で待ち続けてるの
針は止まらないし明日は絶えずやってくる
なのに私の腕時計は止まったままなの

何故?

あなたが折った赤いハート
私も作りたくて一度開いてしまったら
もう二度と愛を形にしてはくれない
折り目をつけすぎた正方形は可哀想なフリをして
いつの間にか真ん中から破れてしまったわ

鶴をおっても亀を折っても減らなくて
「いったい何枚あるんだろうね」
なんて笑いあった紙はあと数枚になった
尽きてしまったらどうなるのかしら

私の手を引いたあなたなのに
隣に温もりがないのはどうしてかしら
だったらはっきりお別れしましょう
飛行機に乗せて赤色を空に放つわ
もしあなたの元へ飛んで行ったら捨ててちょうだいね
あなたのこと忘れては今日を繰り返しなぞるから
そうすれば"あした"に出逢えると信じるの
さようなら、憎らしい愛しかった人

ねぇ、あいたい





                       〔齋藤純二:選〕











ピ ロ ッ ト




 大崎八幡宮


小雨に濡れた石畳
夕暮れ時の神社は
侘しく 心許ない
目の前 舞い落ちた枯葉にも似て

薄暮に沈む黒漆の社殿
雨上がりの澄んだ冷気の中
杳として 滲んでいる
破風飾りの金と 色鮮やかな鈴緒

ガランガラン 響く鈴の音
ねぐらに帰る 烏の嗄声
御神灯に火がともる
照る紅葉を映したかのように

淡い光に仄白く浮かび上がる
願い託された絵馬と御籤
注連縄の張られた
高野槇を取り囲む

数多の願い 届けとばかり
藍の空 微光放つ星影目指し
樹齢四百年の槇は
深碧の手を 高く高く伸ばす

「さあ 行こうか……」
灯火にひかめく
槇を見上げるあなたの瞳
「真っ暗になってしまうよ」

連なる奉納提灯
温かな柿色 火影ゆらめく
爽籟に 微かなときめき乗せて
あなたと潜る 石の鳥居 朱の鳥居

「鳥居の篇額 八の字 鳩の形だよ」
「本当ね 向い合ってるわ」
二羽の鳩に微笑むあなた
宵闇の空を指す 長い指先

冷たく光る 銀色の眉月
政宗の兜に輝く三日月のよう
仙台の夜空の下
あなたと二人 冴えた小道をゆく





                       〔島 秀生:選〕





 伝え合うことば


 井上ひさしって
 五十代で 離婚、再婚してるのよね

仙台文学館からの帰り道
余韻が頭を駆け巡り 喋り続けていた私

 DVやら泥沼離婚やら騒がれたわよね
 お互いにすぐに再婚したけど

微笑み 文学談義に頷いてくれていた彼は
急に口を噤んだ

一方通行の こ・と・ば

 怒ってるの?
 何も 怒るような話じゃないじゃない

戯けた調子で問いかける
彼の口は開かない

足早に先を行く
必死に追いかける私

横顔をちらと見上げる
こめかみが細かく震えている
本気の 無言の抵抗

目の前が真っ暗になった
頭から血が引く 落ちる冷や汗
海が凪ぐように 遠くなる喧騒
頭に響き渡る 不可解な最終案内

高く舞い上がる機体
雲の遥か上空に達しても
彼の怒りの沸点は下がらない

 宝石箱をひっくり返したみたい
 綺麗な夜景
 ずっと怒ってるなんて つまらないわよ

虚しく砕ける 闇に散らばる言の葉
光の渦は受け止める術なく
うつろな言葉は 闇に飲み込まれた

帰宅後も 彼は口を閉ざしたままだった
多才な業績の話題に止めるべきであり
他人の結婚 離婚 再婚
下世話な話に興じた私に 幻滅したのか
ゴシップネタを声高に話した私に 興醒めしたのか

でも そこまで怒ることないのに
二人だけなんだもの
会話の放棄は耐え難い
静まり返る部屋
床に涙 ポトリ ポトリ……

光る雫で木目をなぞる ひたすらに
男女の仲は難しい
今ある形 必死に守ってきたもの
結婚という形 一番大切な家族を
彼は崩したくないのだ
離婚も 再婚も
彼の辞書にはない

結婚 離婚 再婚
言葉の意味の重さ
軽い会話の中に潜む
決して軽くはない言葉の恐ろしさ 危うさ

わかってあげられなかった……
汚れ 悍しい毒を吐いてしまった
私は 悲しい蛇か
降り出した雨の匂いに包まれ
夜のしじま 部屋の片隅で両足を抱きしめる
とぐろを巻くように

 むずかしいことをやさしく
 やさしいことをふかく
 ふかいことをゆかいに
 ゆかいなことをまじめに書くこと

井上ひさしさんの色紙が
暗がりの中 語っている

伝え合うことば
一番大切なのは
まじめであること かも知れない
相手を思う やさしさと
相手を和らげる ゆかいの糸を
織りまぜて


 
※井上ひさし氏は十五歳から十九歳までを仙台で過ごし、一九九八年から九年間、仙台文学館館長にも就任していた。





                       〔三浦志郎:選〕





 瑞鳳殿石灯籠


黒々とした杉木立
見上げた空 緋色のもみじは
空をつかもうとする赤子の手のよう
濡れた石畳も 照り映える

参道の石段を登り切る
朱と金が彩り添える漆黒
黒甲冑の伊達政宗を思わせる
いかめしい瑞鳳殿

息を飲んだ
目を釘付けにされた
否応なく視界に入る御霊屋ではない
滅茶苦茶に転がる 石 石

遊び散らした積み木か
石本来の重さすら 感じられない
宝珠も 笠も 火袋も 中台も 竿も
打ち崩れ 無残に横たわる

寛永十四年
伊達政宗の一周忌
神仏の元 主君の御霊を導かんと
献灯された石灯籠 九基

石母田宗頼 佐々元綱……
忠臣の名を刻んだ 竿石
殉死に通じる 熱い忠誠詰まる石は
震度六強の余震に なぎ倒された

杜の都を見下ろす ここ経ケ峯
三百五十年以上もの間
眠る主君と 仙台の町を見守り続けた
石灯籠に宿る 武士の堅固な魂

物思う 色なき風
灯籠の笠にむす緑苔を撫でてゆく
緊張と精魂と 尽き果て
全てが解放された 石灯籠

このままでよい
直立不動 整然と並ばなくとも
ただの石塊となって
地に横たわり 静かに眠る

重責おろし 四散した石灯籠
しばし 休ませてあげよう
広くなった空を 自由に眺め
石は 大地の咆哮に耳を傾けている

熾烈に燃える火袋の灯が映した
哀しみの日々 苦しみの年月
過ぎ来し方を 語る声
私も耳をそばだてる 深い憂いに


 
※火袋とは石灯籠の火を灯す所。





                       〔三浦志郎:選〕