□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 312号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十六年

 戦後七十六年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さん 既刊詩集。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さん 既刊詩集

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさん 既刊詩集 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさん 既刊詩集

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さん 既刊詩集

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス 』(純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。

 *本詩集と、日頃の雨音さんの女性の生き方像が評価され、
 ★☆★ 祝 ★☆★

   
雨 音さんが、第二回宮尾節子賞 を受賞されました!!


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。




Kazu.さんが新詩集を出版!!

   坂井一則 詩集
    
『 夢の途中 』(コールサック社)

    2021年 11月刊
    ISBN978-4-86435-501-8 C0092
    定価(本体1,800円+税)

 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます




富士伊真夜さんが新詩集を出版!!

  
  富士伊真夜 詩集
      
 長い旅  (純和屋)

  むしろ心を病みそうになってる人こそ、読んで読んでほしい

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



 ★☆★ 祝 ★☆★

●くれさんが新詩集を出版!! 3月11日の震災11年目の日に。

  
木村 孝夫 詩集
  『 十年鍋 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2022年3月11日刊
    ISBN978-4-88330-027-3 C0092
    定価 1,320円(本体1,200円+税)
 販売:らんか社


 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます













 編集雑記



◆ウクライナに平和を。


 ★<こちらにとっては少々不都合なことも言っているが、ロシアサイドの人間として、非常にまともな意見だと思う>


 ■ 「プーチン大統領は謝罪すべき」 ロシアの大物退役軍人がウクライナ侵攻で異例の批判


 プーチン大統領がウクライナへ侵攻する直前の今年2月、退役軍人でつくる「全ロシア将校の会」が、侵攻をやめるようプーチン大統領に直訴したことは大きな反響を呼んだ。
 これまでプーチン大統領を支持してきた「全ロシア将校の会」の会長、レオニード・イワショフ退役大将(78)がプーチン大統領の辞任までも訴えたからだ。
 その声明は、もし「対ウクライナ戦争が起きれば、ロシアの国家的存立に疑問符がつき、ロシアとウクライナは永遠に絶対的な敵となってしまう。両国で、千人単位、万単位の若者が死ぬ」と、3カ月後の現状を見通したかのような切迫感あふれた内容だった。
 警告が現実となってしまう中で、そのイワショフ退役大将が、ロシアの書店協会のウェブサイトKnizhny Mirのインタビューに答え(5月4日)、改めてプーチン大統領に「知恵と経験あるものの意見に耳を傾ける」よう訴えている。

 ○ 厳しい報道規制の中での「戦争批判」

 このインタビューはイワショフ将軍の新著『人類ーー世界の戦争と疫病』を紹介する番組だが、ほぼ全編がウクライナへ侵攻したロシア軍の批判にあてられている。

 イワショフ退役大将は、現役時代は国防省の要職を務め、NATOの東方拡大への強硬な批判者として知られており、その保守的論調から現在も現役将校に強い影響力を持っている。その実績と影響力ゆえか、「戦争批判」をおこなったイワショフ退役大将には「フェイク」報道の容疑もかけられていない。

 インタビューにはソ連時代、軍の高級将校だったイワショフ氏の歴史観が色濃く表れているが、強い報道規制がかかるロシアではきわめてまれな政権批判と言えよう。
 
(以下はイワショフ氏のインタビュー。なお、内容の重複や順序など、筆者が若干整理した)ANN元モスクワ支局長 武隈喜一(テレビ朝日)


 ○ 歴史上「経験したことのない」危機的状況

 軍事行動というものは、個々の戦闘を組み立てる「戦術」の面では、現場の部隊が見事な働きをして成功を収めることもありうる。
 しかし、上層部で大局的な「戦略」を立てる時、間違った決定が下されると、どんなに現場が奮闘しようが、作戦は失敗し兵士の勇敢な戦いも無に帰してしまう。
 戦争全体の勝利を最終目標とした正しい戦略が用いられれば、部隊が戦闘で負けても、全体として破局的な敗北に至ることはない。

 英米や中国では、そうした「戦略」の研究が行われているのだが、ロシアの上層部ではおろそかにされている。
 大局的な戦略というものは、対立する他国との関係のなかで自国の最大限の利害を探る「地政学」的に、どんな結果をもたらすかを精査したうえで決定されなければならないのだが、ロシア軍ではその研究が行われていない。スペシャリストはいるが、軍に登用されることはない。

 今回の特別軍事作戦では、初期の段階で戦略的な間違いがあったため、兵士はよく戦っているが、作戦は滞っている。ウクライナ領土のいくばくかは獲得できるかもしれないが、地政学的にはすでに敗北を喫した。
 われわれが直面しているのは、ロシアの歴史上、これまで経験したことのない危機的な状況なのだ。

 ○ 欧米の長年の“夢”を実現させてしまった「特別軍事作戦」

 地政学的に間違った選択をすると、戦略も間違えることになり失敗する。そうなると現場でのせっかくの成果もゼロになる。これが戦争の本質だ。

 アメリカや欧州各国は、NATOの元で団結し、「ひとつの拳」となってロシアを叩きのめすことを長い間、望んでいた。EUもロシアの石炭産業を締め出したかったのだが、結局今回、貿易そのものを止めることになった。

 以前アメリカは、ドイツとそれに続いていくつかの国がロシアと軍事協力体制を組むことを何よりも恐れていた。
 私が現役だった1990年代、ユーゴ空爆の1998年までは、ロシア軍とドイツ軍との間には62の合同イベントがあり、合同軍事演習も行われ、軍事装備の協力もあった。米軍との合同イベントは8つだけだった。
 アメリカの軍人は私に不平を言ったが、「ロシアとドイツは地理的にも近く、合同イベントは対テロ対策で必要だ。アメリカは遠い」と言い返したものだ。ドイツのコール首相やシュレーダー首相の頃、アメリカは気が気でなかったはずだ。
 それがいまやアメリカと欧州の対立は解消され、アメリカは自らの原理原則のもとに、経済制裁だけでなく、反ロシア、ウクライナ支持という旗の下に、すべての欧州の国々を結集させてしまった。

 アメリカがやりたかったことは、19世紀のドイツ帝国宰相ビスマルクが望んだように、ウクライナをロシアから切り離しさえすれば、ロシアに勝てる、ということだった。
 1948年8月にアメリカの安全保障会議がまとめた「米国の対ソ戦略」の中で、軍事戦略とならんで中央アジアやコーカサス、バルト3国に対する対応が書かれているが、ウクライナについては特に重点が置かれている。
 そこには、ウクライナ人とロシア人を分けることは困難だ、彼らは一つの民族である、それゆえに亀裂を作り出す必要がある、さらにこの亀裂を政治的対立や軍事紛争にまで拡大する必要がある――と書かれていた。
 まさに今、このアメリカの思惑が実現している。
 ジェルジンスキー(※ソ連秘密警察の創始者)が言っていたように、「ロシアはウクライナがあって初めて世界の大国であり、ウクライナを欠いたロシアはただのアジアの一国家にすぎない」のだ。

 英米両国にとっては、中央アジアもコーカサスもロシアからもぎ離し、ロシアを孤立させる、というのが19世紀末以来の構想だった。
 こうした長年の夢を今回の「特別軍事作戦」は実現させてしまった。

 ○ スターリンの時代にもなかった「歴史的孤立」


「スターリン時代よりも孤立」

 たとえキエフ(キーウ)を奪取しても、われわれは世界で孤立している。
 国連で誰がロシアに賛成票を投じてくれるというのか。中国さえ棄権している。CIS諸国(旧ソ連の国々)も、反ロシアの経済制裁に加わっていくだろう。残るのはベラルーシだけだ。
 ロシアがこんなに孤立したことはなかった。

 スターリンが第二次大戦直前にやったことを思い返してみればわかる。
 戦争の匂いをかぎ取ったスターリンは、英米というアングロサクソンの大国をさえソ連の側に引き寄せた。
 日本との関係には問題があった。しかし1941年春、日本の外務大臣(松岡洋右)がモスクワを訪問した時、スターリンは自ら4度も会い、出発の際には、未曾有なことだが、スターリンが駅頭で見送ったのだ。外務大臣をスターリン自身が見送りにきた唯一の例だ。そして日本と中立条約を結んだ。
 つまり東と西で安全保障環境を整えたわけだ。

 1941年6月、ナチスドイツが電撃作戦を開始した当初は困難な立場に置かれたが、スターリンは英米がソ連支持を表明することを確信していた。日本も動かなかった。その間、ソ連は日本に対する軍備を整え、蒋介石の国民党にも中国共産党にも援助をして日本をがんじがらめにした。

 ところが現在、われわれは裸のままだ。

 ○ ロシアは情報戦争でも「完全に敗北した」

 われわれは何をすべきだろうか。どんな戦争でも勝利するのは知性だ。
 ハリコフを取ろうが、たとえ沿ドニエストル地方を奪って戦闘に勝利しようが、対立する他国との関係のなかで自国の最大の利害を探るという「地政学的な」戦争では敗北した。

 現代の世界には不正や暴力があふれているが、しかしロシアはこのひどい世界の中でも最悪の状態に置かれることになるだろう。
 この70年でロシアは、特に技術と社会状態は最悪の状態に落ちる。1937年の大粛清のような抑圧がある。「勝利勝利!」と叫ばされ、「戦争反対」と言っただけで投獄されるような法律はスターリンの時代にもニコライ二世の時代にもなかった。

 大統領は知恵と経験のある者たちを集めて虚心に意見を聞くべきだ。
 地政学的な俯瞰図を描き、民衆の心理を示し、社会の極端な階層化、矛盾について論じる必要がある。経済の状況と見通し、安全保障の現状などの客観的分析が必要だ。
 そして第二に、この状況からどう脱出するかという具体的プランを立てることだ。
 いろいろな意見が出るだろう。その中から指導者がプランを決め、そのプランに基づいてプロフェッショナルを集める。ふんぞりかえって大声を出すだけで何の役にも立たない者ではなく、役に立つ専門家を集めて、世界におけるロシアの位置を話し合う。
 ロシア大統領に電話しようという指導者がこの世界のどこにもいない状況だ。大統領は謝罪し、処罰すべき者を罷免し、政府のトップには「特別軍事作戦」に反対する者を据えることだ。
 大統領も詫びるのだ。

 いま世界中の国でロシア人は大変困難な立場に置かれている。ロシア語を話しただけでいじめられたり殴られたりしている。
 われわれは情報戦争に完全に負けたのだ。
 ウクライナではロシア軍は花束を持って歓迎されるとか、儀礼用の軍服をした兵が出迎えてくれる、などという誤った情報が上層部まで届いていたのだから。ロシアの戦車は最強だなどと言って敵を侮って過小評価するのは最悪だ。

 ○ ショイグ国防相は軍事の素人・・・「プロが必要だ」

 ウクライナ軍はこの20年、ことに2014年以降、プロの軍人に率いられてきた。国防相が文官の場合でも、参謀総長にはすぐれた将軍が抜擢されてきた。
 ロシアではこの20年間プロの国防相は一人もいない。
 欧米諸国では国防相に文民が就いているというが、西側とロシアとではまったく事情が異なる。西欧諸国では選挙で勝った与党から国防相が出ることが多いが、これはシビリアンコントロールで、軍機構の再編や国防予算の獲得などに奔走する。

 だがロシアでは国防相は最高司令官だ。軍の戦闘準備態勢も決める。素人がその職について、自己PRとしか思えない演習実施を命令するような国はロシアくらいだ。
 ショイグ国防相は軍事には素人だ。国防第一次官のルスラン・ツァリコフも軍務の素人なのに階級は将軍だ。
 しかも参謀総長には一流とはほど遠い軍人がついている(2012年からワレリー・ゲラシモフ)。アメリカの統合参謀本部議長は実質的な軍のトップだ。しかし現在のロシアは参謀本部もプロを遠さげている。

 いまロシアにはプロフェッショナリズムが必要なのだ。最高の愛国主義者は、テレビでプーチンの腰巾着ぶりを見せる者ではなく、プロの軍人だ。軍人と言う職業を愛し、民衆を思う者こそが最高の愛国者だ。
 今日ロシアに必要なのはそういう人間だ。



  ───── 以上、 テレビ朝日系(ANN)  2022.5.24より








 ■ スープねえさん

  ─── 逃げ込んだアゾフスターリ 66日間の地下生活 私はこう生き延びた


ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターにいたときのナタリア・バブーシさん

 ○アゾフスターリ 「地獄」で何が起きたか

 スープねえさん。
 彼女は「地下」で、そう呼ばれていた。
 ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所「アゾフスターリ」の技術者だったナタリア・バブーシさん(35)が、夫のボロディミルさん(42)と製鉄所の地下シェルターに入ったのは3月2日。ロシア軍が街を包囲し始め、自宅で銃声を聞いた。
 「いよいよ避難しないといけない」。2日間のつもりで、製鉄所に逃げ込んだ。まさか、66日間もいるとは思っていなかった。
 着いたその日、製鉄所の配電施設が爆撃され、電気が通じなくなった。
 懐中電灯やろうそくの明かりのもとでの、薄暗い生活が始まった。

 避難したのは4階建て工場の地下1階。50平方メートルほどのコンクリートに囲まれた空間だった。
 3月上旬で、外も地下も凍えるような寒さだった。ラジオの天気予報で、最低気温が零下12度になると予想した日もあった。
 十分な毛布や防寒着がなかったため、極寒の夜は夫と身を寄せ合い、一睡もせずに過ごした。

 爆撃は何日も続いた。近くで爆発が起きると、そのたびにシェルターは大きく揺れた。
 帰ろうにも、怖くて外に出られない。時間だけが過ぎていった。
 避難開始から数日が経ったとき、シェルターの倉庫には150食分のパスタや米と缶詰が残っていた。
 そのときシェルターにいた約30人で分け合うと、1日1食にしたとしても1週間ももたない。食べ盛りの子どもも何人もいた。


 アゾフスターリと地下シェルター

 避難が長引けば、食べ物がなくなる――。
 どうすればいいのか。
 「スープねえさん」が動き始めた。
 それまで食事は、家族単位で集まり、それぞれで取っていたが、避難者全員でまとめて調理した方が、少ない食材で済むと考えた。
 「1日1回、スープを作りませんか」
 まわりの避難者たちに提案すると、みんな賛同してくれた。食べ物がなくなる不安は共通していた。ナタリアさんは全員分の食事の管理を買って出た。
 手元にはパスタや米、3種類の缶詰のほか、塩や蜂蜜、砂糖、各自が持参した少量の保存食があった。


地下シェルターでスープの材料にしていた米や缶詰。ナタリア・バブーシさんが退避時に持ち出した

 1日2食、朝はパンケーキなどを焼き、昼は体が温まるスープを作ると決めた。夜はお茶をわかした。

 ○「あのスープが生きる希望を与えてくれた」

 しかし、そもそも鍋やコンロがなかった。
 夫のボロディミルさんら男性たちがシェルターの外に出て、工場内で鍋や燃料となるようなものがないか探し回った。
 木材のほか、新型コロナウイルス対策のアルコール消毒液が燃料代わりになった。
 空気が循環していないシェルター内では火をおこせなかったので、工場1階にコンクリート片を組み立てて、簡単な調理台を作った。5リットル鍋二つに水を張り、オートミールの缶詰2缶にパスタを少量。塩で味付けした。
 「味が薄いからおいしくないかもしれない」。そう伝えたが、食事を提供するとみんなが笑顔になって、「おいしい」と言ってくれた。避難者の一人は取材に「あのスープが生きる希望を与えてくれた」と語った。
 地下シェルターは、寒さに加えて、湿気がひどかった。ナタリアさんは避難者が持ってきていたソーセージなど、傷みやすそうな食材は早めに使った。
 3月中旬。米やパスタがだんだんと減ってきた。大人は1日1食に変えた。子どもには昼のスープが余れば、夕食として与えた。
 いつしか子どもたちから、「スープねえさん」と呼ばれるようになった。

 ○煙がロシア軍に見つかれば…危険と隣り合わせの料理

 数日に1回、ウクライナ軍の兵士が見回りに来て、少量の食料を提供してくれた。
 爆撃で他の地下シェルターが破壊され、避難者が生き埋めになったという話を聞いた。
 向かいの工場の地下に別のシェルターがあり、そこにいる避難者とも情報交換した。「退避できる方法はないか」。考えていることは同じだった。
 避難者の中には、製鉄所からの脱出を試みた人もいた。
 シェルターを出ても爆撃が続いて移動できず、結局、夜になって戻ってくる人もいた。
 ナタリアさんは1日数回、調理などのためシェルターから出た。

 火を使う料理は常に危険と隣り合わせだった。煙がロシア軍に見つかれば、爆撃される恐れがあったためだ。調理に出るときはボロディミルさんがそばについてくれた。
 爆撃がない日は、ほとんどなかった。調理台は砲撃で2回破壊された。砲撃だけではなく、飛行機から空爆されることもあった。
 今でも飛行機の音を聞くと、身がすくむ。
 「シェルターの外に出るのは本当に怖かった」
 着ていたジャケットには、両親の電話番号を書いた。万が一、爆撃の犠牲になり、あとで発見されたとき、自分だということがわかるようにするためだった。
 調理中は「スープねえさん」と慕ってくる子どもたちのことを考えるようにした。子どもたちはシェルターの中で、チーズたっぷりのピザやハンバーガー、アイスクリームの絵を描いていた。


地下生活中に子どもが描いたハンバーガーやピザの絵

 少しでもおなかいっぱいにさせてあげたかった。もともと料理は夫に任せっぱなしだったが、来る日も来る日も、スープを作り続けた。

 ○「5分で出て」シェルターを訪れたウクライナ兵

 4月中旬、ウクライナ軍の兵士に促され、向かいの工場のシェルターに拠点を変えた。
 地下1階であることは変わらなかったが、シェルター内にいくつも部屋があり、広かった。元のシェルターは負傷兵の治療のための部屋に使われた。
 シェルターにいた避難者たちはどんどん痩せていった。
 備蓄していた水が減ると、雨や雪を溶かして飲み、得体の知れない容器に入っていた水を飲む必要にも迫られ、腹を下す人もいた。

 そして、5月6日。
 どんなに節約しても、あと1週間分ほどしか食料は残っていなかった。
 ウクライナ兵が急いだ様子でシェルターを訪れ、「5分で出て」と言った。
 4月下旬から国連と赤十字国際委員会が関与し、アゾフスターリから民間人の退避が進んでいた。
 65日ぶりに見た製鉄所の敷地内は、ロシア軍の爆撃によりあらゆる建物が破壊され、コンクリートやガラスの破片が一面に広がっていた。

 「周囲には地雷が設置されている」と兵士は言った。上空にはドローン(無人機)が飛んでいた。
 兵士の先導で、1時間半ほどかけて、製鉄所の外に出た。そこで国連職員と合流し、バスに乗せられた。

 ○パンってこんなにおいしかったんだ

 バスが到着したのは、親ロシア派支配地域内にあった「選別キャンプ」だった。

 「話したくない」。選別キャンプでの出来事について、ナタリアさんは語ろうとしなかった。

 ナタリアさんはキャンプで2日間過ごし、5月8日、再びバスに乗って中南部ザポリージャに着いた。
 「生きて帰れるか、本当にわからなかった」。ザポリージャに到着したときは、まだ現実だとは思えなかった。
 その日の夜。
 夫のボロディミルさんがホテルの近くの売店で、パンとバターを買ってきてくれた。解放されて初めての食事だった。

 避難者の中には「ソーセージが食べたい」と話していた人もいたが、2カ月ほどスープやパンケーキしか食べてこなかったので、あっさりした食べ物がよかった。
 部屋で夫と、スライスされた白いパンにバターをしっかり塗った。
 小さくちぎって口に入れると、小麦の香りが鼻を抜けていった。2人の顔から笑みがこぼれた。
 「パンってこんなにおいしかったんだ。人生で食べたものの中で一番おいしい」
 自分たちは生きているんだ。このとき、やっと実感した。


スキー場の緑の中、一緒に地下生活を過ごした子どもたちと記念写真を撮るナタリア・バブーシさん

 いまはウクライナ西部のスキーリゾートの町ブコベルで、ほかの避難者とともに、政府が手配したホテルに滞在している。

 66日間の地下生活、いつ爆撃されるかわからない恐怖、飢え、ロシア側の選別キャンプ……。
 ロシア軍の攻撃で2万人以上の市民が犠牲になったとされるマリウポリで、自分たちは九死に一生を得た。その体験をどう伝えていったらいいのか。
 ナタリアさんは避難から数日経って、「スープねえさん」の名前で、ユーチューブを始めようと決めた。過酷な状況下でのサバイバル方法を紹介していくつもりだ。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.5.25 より








 ■ 製鉄所を離れても 尋問6時間、ロシア兵が見せた夫の写真


 ウクライナ南東部マリウポリのアナスタシア・ミヒロフさん(26)は57日ぶりに製鉄所「アゾフスターリ」から退避した。長男(4)とともに待ち望んでいた自由だった。だが、連れて行かれたのは、親ロシア派勢力の「選別キャンプ」。6時間半に及ぶ尋問が待っていた。

 ○写真を撮られ、指紋も採取、持ち物はすべて検査され…

 太陽の下で子どもに思い切り遊ばせてあげよう。パパもきっと無事に帰ってくる。

 ウクライナ南東部マリウポリのアナスタシア・ミヒロフさん(26)は長男のイワン君(4)と3月10日から、製鉄所「アゾフスターリ」の地下シェルターで避難生活を強いられた。

 5月6日、国連と赤十字国際委員会の関与により、待ち望んでいた退避の日がやってきた。

 ところが、ようやく自由を取り戻したと思ったのもつかの間、新たな「地獄」を体験することになった。

 避難していた他の人たちと一緒にバスに乗せられた。

 東へ25キロ。着いた先はベズイメンネという村だった。

 親ロシア派勢力が「ドネツク人民共和国」として支配する地域内だ。

 そこが、「選別キャンプ」だった。

 村の広場に15張りのテントが並び、列ができている。親ロシア派の兵士が何人もいる。

 ミヒロフさんも、テントの一つに入るよう指示された。顔の全方向から写真を撮られ、指紋も採取された。持ち物はすべて検査され、スマホを押収された。

 ウクライナ軍とつながりはないのか。

 ロシアに反感を持っていないか。

 親ロ派の兵士はSNSやメッセージの履歴を調べ上げ、ロシアを敵視するような「危険人物」かどうかを選別していた。


ウクライナ東部ドネツク州のベズイメンネ村で5月1日、南東部マリウポリから退避し、親ロシア派勢力の兵士に伴われて一時収容施設を歩く人たち=ロイター

 ミヒロフさんは、女性兵士の前で、下着姿になるよう命じられた。タトゥーの有無のほか、胸やわきのまわり、指をよく調べられた。武器を使う時にできる痕がないか、確かめていたのだ。

 午後6時、次は尋問が待っていた。兵士がテーブルを挟み、向こう側に座る。1枚の写真を見せてきた。

 夫の顔が映っていた。息が止まる思いだった。

 夫のアンドリーさん(32)はウクライナの国境警備隊員だ。ウクライナ軍は製鉄所を拠点に、ロシア軍に抗戦してきた。夫もウクライナ兵の一員として、戦闘に加わっていた。

 ミヒロフさんが避難生活を送っている時、夫は2~3日に1度、自分たちがいる地下シェルターに顔を出した。自分と息子の安全を確かめ、貴重な缶詰を差し入れてくれた。

 だが、まもなく夫は姿を見せなくなった。

 心配になったミヒロフさんはシェルターを訪れた知人の兵士に、夫に宛てて紙切れに書いたメモを託した。

 「どこにいるの? どうしている?」

 その後、紙片が届いた。

 「私のリトル・スター、心配するな。きっと戻る」

 「リトル・スター」は幼い頃、ミヒロフさんが親につけられた愛称で、親以外にそれを知っているのは夫だけだった。

 夫は生きている。ただ、夫は肩と脚にけがを負い、製鉄所内に設けられた「病院」で治療中という。

 ミヒロフさんは選別キャンプに送り込まれる前、夫のことを尋問で聞かれても、身の安全を考えて「船乗り」と答えようと思っていた。

 でも、それは無駄な考えだったと思い知らされた。


 ○兵士がスマホで本人になりすまし、母親にメッセージ送信

 親ロ派の兵士による尋問は終わりが見えなかった。

 夫の写真を見せられた後、兵士は3人の名前を挙げた。

 どれも夫ではない。4人目で「お前の夫はアンドリーだろう」と言われた。

 どうやら、ミヒロフさんのことを知る人がロシア側に協力し、情報を流していたようだった。

 兵士たちの言葉遣いは、だんだんと汚くなっていった。

 「お前の夫は今どこだ?」

 自分が知りたいぐらいだった。答えられないでいると、兵士はミヒロフさんのスマホで本人になりすまし、母親にアプリでメッセージを送った。母親は一緒に製鉄所から逃れ、この時、別の所にいた。

 「ママ、アンドリーはどこ?」

 母親は異変を察したのだろう。返信は来なかった。

 その後も、怒鳴りつけられた。

 「夫はお前なんか裏切る」

 「ウクライナ軍なんて悪いヤツだらけ」

 「こちらに協力すれば夫は半年後に自由だ。ただし、何も言わなければ問題になる」

 解放されたのは、翌日午前0時半だった。

 尋問を受けたテントとは別のテントで眠るよう言われた。自分のテントの前にだけ親ロ派の兵士3~4人が常に立っていた。警戒されているのがよく分かった。

 5月8日、選別キャンプから解放された。バスに乗せられ、西部ブコベルのホテルへ。ウクライナ政府の援助により、1カ月間滞在できることになった。

 ブコベルは、緑が豊かな山あいに広がるスキーリゾートだった。

 鳥のさえずりで朝を迎え、新鮮な空気をたっぷり吸う。長男のイワン君は、山頂に少し雪が残る芝生の上を笑顔で駆け回り、はしゃいでいる。

 閉ざされた地下の空間で爆撃におびえることはなくなった。

 飲み水にも困らず、温かい料理も食べられる。

 シャワーに、ふかふかのベッドもある。


山々を望む高台で、長男のイワン君にキスされ、笑顔を見せるアナスタシア・ミヒロフさん

 避難者が身を寄せるホテルで取材に応じたミヒロフさんは、「それでも……」と表情を暗くした。

 頭の中は夫アンドリーさんのことでいっぱいで、少しも安心できない。

 ○「なんで、パパは戻って来ないの?」

 5月16日、製鉄所にいたウクライナ兵の退避が始まり、ロシア側に引き渡されることになった。

 その2日後、同じ国境警備隊員の夫を持つ友人から、急に連絡が入った。

 「アンドリーさんが映っているよ」

 その友人は、ウクライナ兵の退避に関するロシアのニュース映像を見ていたらしい。送ってもらった映像を見ると、確かに夫の姿が映っていた。

 親ロ派の兵士に指示され、退避する時の様子だろう。

 夫は他の兵士9人ぐらいと1列に並び、歩かされていた。

 黒っぽい上着に、茶系の迷彩柄のズボン。松葉杖をついている人もいる。

 夫は右足を引きずっているようにも見えるが、それでも自分で歩いていた。

 「生きていたんだ」

 涙があふれ出た。

 それでも、生きていることが分かっただけだった。

 ロシア側はウクライナ兵を尋問する方針を示す。不安は膨らむばかりだ。

 製鉄所から退避したあと、長男イワン君に尋ねられた質問に、まだ答えられていない。

 「ママ、戦いはいつ終わるの?」

 「私たちの戦争は終わったよ」

 「じゃあ、なんで、パパは戻って来ないの?」

 夫は私たちを救ってくれたのに、私たちは何もできない。

 彼を思うと、涙が止まらない。


製鉄所内で治療していた夫アンドリーさんが書いたメモを手にするアナスタシア・ミヒロフさん。治療中は会えず、1回だけメモの交換ができた。選別キャンプでロシア側の兵士に見つからないよう、靴下の中にしのばせていた



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.5.28 より







 ■ ひき続き掲載 なぜ「ロシアもウクライナも両方悪い」という議論が適切ではないのか

  ─── 細谷雄一教授の連続ツイート


なぜ「ロシアもウクライナも両方悪い」という議論が適切ではないのか。それは国際社会にもルールや規範があるから。ロシアの行動は、国連憲章2条4項の国際紛争解決のための武力行使を禁ずる国際法違反。ウクライナの行動は、同51条の個別的自衛権行使に基づくもの。国連総会も日本政府も、それに賛同。

ウクライナにネオナチがいるとかゼレンスキー大統領に問題があるとか、そういったプーチンや反米親露のメディアや知識人の主張に耳を傾ける前に(基本的に武力行使禁止の免責条項にはならない)、まずは国際法上違法性の高いロシアの武力攻撃が、どういう論理で合法性の担保が可能か考えるべきでは。

あらゆる戦争が悪であると述べることは、正しいようでありながらも、20世紀の国際法と国際的規範の歩みを全否定すること。道徳的な高みになって、「あらゆる戦争は悪であってどちらが正しいというわけではない」と論じることは、20世紀の平和への努力を蹂躙すること。

国際法を無視した侵略的な武力攻撃、さらには無差別な一般市民の殺戮は悪であるが、そのような侵略から国民の生命を守るために自衛的措置をとる行動は、合法であり正当な行動であるということを理解してほしい。だからウクライナの行動が国際的に支持され、国際社会から支援されている。

これらの前提を知らずしてか、無視してか、「ロシアもウクライナも、戦争をしているのはどちらも悪いのであって、片方を支持するべきではない」というのは、国際的には全く共感されず、単なる国際法の無知とされてしまう。

もちろんより重大な問題として、常任理事国が拒否権を持ち、ロシアの妨害で国連安保理決議が採択されないこと。だからこそ、ゼレンスキー大統領は日本での演説で、国連改革の必要を解き、イギリス政府は国連安保理からのロシアの除外を求めている。現状の国際社会は完璧ではないが、法と規範も存在。

とはいえ、もちろん、国際法は「白と黒」で分かれているのではなく、多くのグレーゾーンがある。また、冷戦後の30年間で、アメリカが国際法や国際的な規範を踏み躙るような行動を幾度もこない、アメリカへの不信感や、国際法の信頼性が大きく後退したのも事実だと思う。その隙間をついたのがプーチン。

なので今回のロシアの行動を放置すると、国際法や国際的規範に基づいた国際秩序が瓦解すると思う。そうなれば、「法の支配」ではなくて核兵器の数によって国際紛争が解決される時代へ。アメリカ、ロシア、中国がこれまで以上優位に立ち、日本の主張は悉く無視され主権と利益が侵害されるはず。

言い換えれば、アメリカもロシアも中国も自らの圧倒的な数の核戦力に基づく軍事力で自国の主権や利益を守れるが、そうでない中小国はウクライナの例のように、自国の主権や利益を守れなくなる。そうなれば、世界中が核開発競争になる。そして平和国家の日本の主権と利益は蹂躙され続けるだろう。

結論。なので私は、情緒的及び感覚的に「戦争はどちらも悪い」と論じることは適切ではないと考えている。また、テレビなどのメディアに携わる方、発信する方も、そのような国際法上の武力行使の合法性をぜひ理解した上で主張してほしいと思う。言論の自由のある日本では多様な主張が可能だが。



  ───── 以上、 ハフポスト日本版  2022.3.30 より






 ■ ひき続き掲載 ロシアに1万5千人の住民が強制連行され、極東送りの情報も…ウクライナ側が非難


 ウクライナに侵攻しているロシア軍が、包囲と攻撃を続ける南東部マリウポリの住民を強制連行しているとウクライナ側が非難している。マリウポリ市議会は約1万5000人が連行されたと説明している。最終的に露極東サハリンなどに送られ、ロシアからの出国を2年間禁じられるという。

 ウクライナ外務省は24日の声明で、住民約6000人がウクライナ旅券を没収され、親露派武装集団が実効支配する東部ドネツク州にある「選別収容所」に送られたとの「信頼できる情報がある」と指摘した。強制連行は、明白な国際法違反だと強調した。
 ウクライナ側によると、選別収容所では、露情報機関の要員らが、住民を尋問したり、携帯電話の交信内容などを確認したりし、今後の処遇を決めているという。ロシアでも経済的に困窮している地域に送られ、「就職」も提示されるとしている。

 ウクライナ最高会議の人権オンブズマンは、ロシアによる強制連行について、第2次世界大戦でのナチス・ドイツと「同様のことをしている」と批判した。ロシアの前身、旧ソ連の独裁者スターリンは、少数民族などを「敵性民族」や「危険分子」と認定し、大規模な強制移住を行っていた。



  ───── 以上、 読売オンライン  2022.3.26 より








 ★<ひき続き掲載 プーチンの嘘の数々 ①ウクライナを非ナチ化する>



 ■ ナチス持ち出すプーチン氏「まるでスターリン」 ソ連史研究者が語る

   ───実際には違うのに、他人を『ナチス』『ファシスト』と言いがかりをつけて攻撃するのは、スターリンの手法そのもの。


 ロシアのプーチン大統領はウクライナへ侵攻する理由として「非武装化」「非ナチ化」を挙げました。なぜ、「ナチ」という言葉が出るのか、プーチン氏にとってどういう意味があるのか。ソ連とロシアの歴史に詳しい米ウィスコンシン大のフランシーヌ・ハーシュ教授は、かつての指導者スターリンとプーチン氏の類似点を指摘します。

「世界は分かってくれない」という感情
 ――プーチン氏の「非ナチ化」という言葉は、どう受け止めるべきですか

 「プーチン氏は、この言葉をシニカルに使っています。彼はウクライナがナチスによって乗っ取られ、ロシア人に対するジェノサイド(集団殺害)が起きているという、事実と異なる主張を繰り返すことで、この軍事侵攻を正当化しようとしています」

 「もちろん、これはウソです。プーチン氏は現実を逆さまにしています。ウクライナ政府にネオナチがいるわけではなく、ロシア人のジェノサイドも起きていません。ウクライナのゼレンスキー大統領はユダヤ教徒でもあります」

 「プーチン氏がウクライナに関連してナチスを持ち出すのは初めてではありません。2014年にクリミア半島を併合した際にも、ロシア語を話す人たちを、ウクライナ政府のネオナチから守らなければならないと主張をしました。ただ、ウクライナへの侵攻で異なる段階に進みました」

 ――ロシアにとって、「ナチス」はどういう意味合いがありますか

 「プーチン氏は、第2次世界大戦をめぐる、ロシアの深い感情を利用しています。ソ連は第2次世界大戦で2700万人の人が亡くなりました。文字どおり、生存をかけた戦いで、ドイツによるロシア領の占拠や市民への爆撃、文化の喪失はソ連を形成する出来事でした。現在も、対ドイツ戦の戦勝記念日はロシア最大の祝日です」

 「一方、ロシア人は、自分たちがいかに犠牲を払ったのか、他国の人たちが十分に理解していないと感じる傾向にあります。国営メディアもこの数年間、『世界は分かってくれない』という感情をあおっています。戦後75年の際、ロシア政府はナチスの戦争犯罪についての文書を大量に発表しました。昨年の戦勝記念日の演説ではプーチン氏が『ロシアへの嫌悪の復活』と『ナチズムの復興』について演説したのも、一連の流れです」

 ○ スターリンとの類似点

 ――プーチン氏がナチスを持ち出すのは、過去のソ連やロシアの指導者と異なるのですか

 「エリツィンやゴルバチョフら、過去の指導者とは異なります。ただ、似ているのはスターリンです。実際には違うのに、他人を『ナチス』『ファシスト』と言いがかりをつけて攻撃するのは、スターリンの手法そのものです。戦後は、この手法で多くの人を攻撃しました」

 ――ロシアは、第2次世界大戦の記憶についての法律も制定しています

 「ロシア国会は21年、第2次世界大戦において、ソ連とナチスドイツの行動を比較することや、ファシズムとの戦いの勝利でソ連の人々が果たした決定的な役割を否定することを禁じる法律を制定しました。さらに、ウクライナ侵攻の2日前には罰則を設けました。第2次世界大戦が国内でどのように語られるのかコントロールをしつつ、愛国心を現在の侵攻に利用しようとしています」

 「法律は『祖国を守った英雄たちの記憶が侮辱されることを防ぐためだ』とされています。では、何について語られるのが困るのでしょうか。例えば、1939年の独ソ不可侵条約の秘密条項で、スターリンとヒトラーがポーランドの分割に合意したことです。あるいは、ソ連が『ドイツの侵攻からロシア人を守る』としてポーランドに侵攻したことや、バルト諸国への侵攻です。愛国心を鼓舞するために、汚点のない戦争にする必要があるのです」

 「ソ連によるポーランドやバルト諸国への侵攻と、現在のロシアのウクライナ侵攻は重なります。プーチンはスターリンと同様、地政学的な力のバランスを変えようとし、以前に帝国の一部だった領土を奪おうとしています。そして、同様に市民を助ける名目の『特別軍事作戦』と称して軍事侵攻をしています」

 ――法律は何を根拠にしているのですか

 「ロシアの幹部は、ドイツの戦争犯罪を裁いたニュルンベルク国際軍事法廷の判決に根拠があるとしています。ニュルンベルク裁判は、ナチスだけに責任があると判断し、ソ連は戦勝国として責任を問われませんでした。だから、ロシアは好んで引用します」

 「ニュルンベルク裁判の研究をして、印象的だったのは、政治も司法もシステムが異なる四つの国(米国、英国、フランス、ソ連)が協力をして裁判を行ったことでした。例えば、『平和に対する罪』という概念は、ソ連の法律家の提起から生まれました。戦後の国際法の土台を構築することにもつながりました」

 「ニュルンベルク裁判の限界もあります。枢軸国の犯罪に集中したため、裁かれなかった問題があります。冷戦に入ってからは、ソ連の役割に触れたくなかった西側諸国でも裁判のとらえ方が一面的になりました。プーチン氏は今後も、ニュルンベルク裁判を盾に、自分の歴史観が正しいと主張するでしょう」

 「ただ、ニュルンベルク裁判の限界や問題点を認めたうえで、大切な理念を評価することに意義があります。プーチン氏やその側近は、ウクライナに侵攻し、平和に対する罪や人道に対する罪を犯しています。世界はそのことを追及し、責任を取らせる必要があります」



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.3.7より








 ★<ひき続き掲載 プーチンの嘘の数々 ②ウクライナは核兵器を開発>



 ■ ウクライナは核放棄した国


 ソ連が1991年に崩壊すると、ウクライナは期せずして米露に次ぐ核大国になった。ソ連がウクライナ国内に大量の核兵器を置いていたためだ。ウクライナにあった核弾頭は当時1240発。英国が冷戦期に保有していた「核」の2倍以上だ。

 それでもウクライナは核保有の道を選ばなかった。チェルノブイリ原発事故の影響から、国民に核アレルギーがあった。ウクライナ議会はソ連崩壊の前年、「受け入れない、作らない、手に入れない」の非核三原則を宣言している。ただ、政府や軍には「核を手放して、自国の安全を守れるか」との懸念もあった。

 ソ連崩壊で、核の拡散を懸念する米英露はウクライナに放棄を求めた。ブダペストで94年、全欧安保協力会議の首脳会議が開かれる。ここで米英露は「ウクライナの領土的統一と国境の不可侵を保証する」という覚書を交わす。ウクライナが全ての核をロシアに移送したのは96年である。

 冷戦終結(89年)で、欧州がウクライナを敵視する可能性は低い。ロシアとは歴史的、民族的に結びつきが強く、軍事的脅威とはならない。そう信じたウクライナは、経済再建を優先し軍縮を急いだ。戦略爆撃機や中距離重爆撃機のほとんどをロシアに売却するか、国内で解体している。

 覚書から20年。軍縮を進めたウクライナをあざ笑うかのように、プーチン露政権は2014年、ウクライナ領クリミアを軍事力で強制編入した。米英は覚書に反すると批判したが、ロシアは意に介さなかった。そして今回の軍事侵攻である。

 プーチン大統領はウクライナの主権を踏みにじりながら、核抑止部隊に特別態勢を取るよう命じた。「核」による脅しである。この状況を北朝鮮やイランはどう見るだろう。「やはり核兵器は必要だ」と考えても不思議はない。


 南アフリカは90年代初頭、核兵器を廃棄している。ソ連の支援を受けたキューバ軍がアンゴラから撤退を決め、南アにとってソ連は脅威でなくなった。

 軍の反対を押し切り、核を廃棄したデクラーク大統領(当時)は後日、こう語っている。「核兵器を所持したままでは、万が一ロシアに侵攻された時、国際社会に助けてもらえないと思ったのです」。国際社会の支援を信じ、核を放棄したのだ。

 ウクライナも欧米、そしてロシアを信じて、非核保有国となった。そんなウクライナの人たちを、私たちは絶対に見捨ててはならない。



  ───── 以上、 毎日新聞 「金言」  2022.3.4より






 ■ 「ウクライナ核武装阻止」主張 侵攻正当化のロシア


 プーチン氏はウクライナ侵攻を表明した2月24日の演説で、ウクライナのゼレンスキー政権が「核兵器保有を要求している」と決め付け、「われわれはこれを容認しない」と主張。北大西洋条約機構(NATO)の支援を受けたウクライナの「民族主義者」たちと「ロシアの衝突は避けられない」と述べ、攻撃を正当化した。

 ロシアのラブロフ外相も今月1日のジュネーブ軍縮会議の演説で「ウクライナのゼレンスキー政権は核兵器保有計画という危険なゲームを始め、周辺国や国際安全保障に脅威をもたらす恐れが大きく高まっている」と発言。ロシアは「国際社会の責任ある一員」であり「ウクライナに核兵器が現れるのを阻止するべく必要なあらゆる手段を講じている」と述べ、「ウクライナはソ連の核技術を今も持っている」とまくし立てた。

 国際社会はこうした主張に耳を傾けなかったようだ。ラブロフ氏の演説の録画が会場に流れると、外交団の多くは立ち去り、議場はほぼ空席になった。ラブロフ氏は3日のオンライン記者会見でも「核戦争が常に頭の中にあるのは欧米の政治家であって、ロシアではない」と強弁した。

 旧ソ連構成国のウクライナには1991年のソ連崩壊後に多くの核弾頭が残された。ウクライナは核放棄の代わりに、ウクライナの安全と領土の一体性を保障する「ブダペスト覚書」を94年に米英やロシアとの間で結んだ。ロシアは2014年のクリミア併合や今回の侵攻でこの合意をほごにした。



  ───── 以上、 時事ドットコム  2022.3.4より






 ■ 世界を脅す原発攻撃、プーチン氏の狙い


 ウクライナに侵攻したロシア軍は、原子力発電所や核関連施設まで攻撃の対象としました。国際社会から厳しい批判を浴びながら、侵攻の手を緩めないプーチン大統領の狙いはどこにあるのか。安全保障論が専門の小谷哲男・明海大教授に聞きました。

 ――ロシア軍は侵攻の初日にウクライナ北部のチェルノブイリ原発を占拠しました。何が狙いだったのでしょうか?

 プーチン氏は侵攻の理由の一つとして、「ウクライナが旧ソ連の技術を使って核開発をしている」と主張しました。まずはこのフィクションをつくり出す必要があったのです。
 チェルノブイリ原発を占拠した後、ロシアはウクライナが放射性物質を含む「ダーティーボム(汚い爆弾)」を開発している、と言い始めました。
 自分たちのウクライナ侵攻の正当性を訴えようとしたのでしょう。

 ――続いて南部のザポリージャ原発を攻撃し、占拠しましたが、そこにはどんな狙いがあったのでしょうか?

 稼働している原発を狙ったのは、電力供給源を押さえることで、ウクライナからさらなる譲歩を迫るためだと思います。同原発への砲撃と言われたものの多くは照明弾で、火災が起きたのも訓練施設でした。当初から原発自体を攻撃するつもりはなく、制圧するのが目的だったと思います。また、ロシア軍は南ウクライナ原発の制圧も目指しているとも言われています。電力供給はウクライナにとって大きな問題です。今後、停戦交渉をしていくうえで、有利な材料になってくるとロシアは計算しているのでしょう。

 ――原発を攻撃する一方で、ロシア軍は核物質を扱う研究施設も攻撃しました。電力供給とは関係ないように見えるのですが。

 ここは旧ソ連時代、初めて核兵器を開発した研究所です。プーチン氏が「ウクライナが旧ソ連の技術を使って」と言ったのは、この研究所を指しているのだと思います。旧ソ連時代の核弾頭は解体済みですが、ソ連から引き継いだ核物質がまだ研究所内に残っています。
 おそらくそれらを押さえ、ウクライナの核開発を捏造(ねつぞう)することを狙っているのでしょう。

 ただ、核兵器開発に関しては国際原子力機関(IAEA)が完全に否定しています。ロシアが何を言おうと、ロシア側の言い分が通るとは思えません。

 ――言い分が通りそうにないのに、ロシアが主張を続けようとするのはなぜなのでしょうか?

 この情報操作の主な対象は国外ではなく、ロシア国内向けです。ウクライナへの侵攻を正当化するうえで、「ウクライナが核開発をしていた」「だからやるしかなかった」と説明する必要があるのだと思います。

 ――原発や核関連施設への攻撃は周辺国にも影響が及ぶのでしょうか?

 原発に対する攻撃は、原子力事故という恐怖を引き起こします。チェルノブイリ原発事故を経験している地域にとって、心理的な影響も大きい。また今後、ロシアの原油、天然ガスを欧米などが禁輸する方向になった場合、いま以上に原発の重要性が増します。一方で、今回のような原発への見せかけの攻撃であったとしても、こうしたことが起きれば国際的な反原発運動を刺激することになります。プーチン氏はそうなれば、「国際社会はロシアへのエネルギー依存を簡単には断ち切れない」というところまで考えている可能性があります。

 ――ロシアの原発への攻撃は国際社会から強い批判を受けました。それを承知で行動に出るのはなぜでしょうか?

 そもそも、ウクライナへの侵攻自体が大きな国際法違反です。民間人、民間施設に対する攻撃も、れっきとした国際法違反。いまプーチン氏には、国際法を守るということは二の次、三の次であり、自らの目標達成に向かってなりふり構わずやっているんだと思います。

 ――原発や核関連施設への攻撃は想定されていたのでしょうか?

 こうした攻撃は国際法違反にあたる可能性が高く、攻撃した側にも被害が及ぶ可能性があります。ロシアはチェルノブイリ原発の事故でも被害を受けていますから、多くの人が「原発への攻撃はしない」と考えていたと思います。そもそも、ウクライナへの侵攻も合理的ではないだろうと考えていた人も多いはずです。

 しかし、プーチン氏にとってはウクライナ侵攻も、原発に手を出すのも、経済制裁を受けてでも侵略をするのも、すべて「合理的」なんだと思います。そこを、我々の基準で考えてはいけなかった。この先も、プーチン氏の行動を我々の尺度で測らないことが大事だと思います。

 ――さらなる原発への攻撃も予測されるなか、国際社会はどう対処していくべきでしょうか?

 ウクライナの電力の半分を原発が占めており、すでに最大のザポリージャ原発を押さえられていることから、ウクライナは相当に厳しい状況にあります。また、ウクライナの原発は国内の電力をまかなうだけでなく、近隣諸国にも供給されています。ロシアへの経済制裁への参加で、近隣諸国のエネルギー事情も今後、厳しくなっていきます。さらにはロシアから、核兵器使用の脅しにもさらされています。いまは欧米諸国の団結が保たれていますが、これがいつまで耐えられるのか。逆に言えば、プーチン氏の脅しに乗らず、厳しい制裁や外交的な取り組みをどこまで続けられるのかにかかっています。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.3.8より








 ★<プーチンの嘘の数々 ③ロシアは一般市民を攻撃していない。ウクライナが、ジェノサイドをしている>



 ■ 「近付くと殺す」墓地に埋葬すら許されず…遺体には“残虐行為”の痕 ブチャで何が起きていたのか



 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が始まってから5月24日で3カ月となった。南東部マリウポリの製鉄所でウクライナ兵が投降する一方、第2の都市ハルキウをウクライナ軍が奪還するなど日々刻々と戦況が変化するなか、ロシア軍が撤退した後のキーウ近郊で記者が目にしたのは、ロシア軍による残虐な戦争犯罪の爪痕だった。

 ○墓地に埋葬すら許されず…

キーウ近郊のブチャは、軍事侵攻が始まった直後からロシア軍が占拠し、逃げる市民を後ろから拳銃で殺害したり、処刑と称して手を後ろ手に縛った状態で銃殺するなどの行為が行われたとされる場所だ。ロシア軍が市内を占拠していたため、殺害された人たちの遺体は回収されることなく何日も路上に放置されていた。

私がブチャを訪れたのは4月。市内にある教会の敷地内では、地面の大きな穴から、黒い袋に包まれた数多くの遺体が次々に掘り出されていた。これらの遺体はロシア軍によって埋められたものではない。病院関係者らが路上に放置されていた遺体を回収し墓地に埋めようとしたところ、ロシア軍から「墓地に近付くと殺す」と脅され、やむなく教会敷地内に埋めたのだ。

病院関係者らは、ロシア軍は残忍な方法で市民を殺したばかりか、墓地に埋葬することすら許さなかったと話す。

病院責任者:
病院の遺体安置所にはもう場所がなく、病院の周りでは多くの人が射殺されていました。私たちはこれらの遺体を一カ所に集めました。しかし当時、市内はロシア軍に占拠され、私たちは遺体を墓地に埋めることが許されませんでした。

教会の大司教:
ここに眠る人たちの大半は、地雷や砲撃で亡くなったのではありません。偶発的な原因で犠牲になったのではなく、射殺された人たちです。私が知っている限りここには100人以上の遺体があります。

ロシア軍撤退を受けてようやく遺体は掘り起こされ、身元確認と検視が行われた。多くの遺体には残忍な方法で殺害された痕が残っていた。こうした残酷な現実を、多くの市民が目撃していた。


 ○少女が語った母親たちの証言

4月下旬のある日、ポーランドにあるウクライナとの国境近くの駅・プシェミシルで取材していた時、私はブチャ出身の17歳の少女に出会った。

アナスタシア・コロツコさんは、他の学生たちと共に集団でイタリアに避難するところだった。ロシア軍がブチャに侵攻した際、アナスタシアさん自身は別の町にいたが、母親は侵攻から3週間近くブチャで生活し、ロシア軍の蛮行を目の当たりにしてきたという。

アナスタシア・クロツコさん:
最初に来た兵士はそれほど残酷ではなかったが、その後に来た兵士たちは非人間的でした。ロシア人は(アナスタシアさんの家の)隣人を殺しました。親しい友人たちは、ロシア人が来る前にブチャから逃げることができましたが、学校の何人かはロシア人によって殺されました。また、ロシア人が住宅を全て壊して、何もかも盗んでいったと聞きました。私の家は、父親が取り付けた鉄の扉のおかげで壊されることはありませんでした。

町を占拠した上、一般市民を殺害して、住宅を破壊し中のものを盗み出す。さらにロシア兵の横暴な振る舞いは続いたという。

アナスタシア・クロツコさん:
ロシア兵は、避難所となっている一つの建物を見つけ占拠しました。彼らはそこに居座り、避難者たちは3日間地下室に拘束されたのです。3日後、女性と子どもは解放されましたが、男性はそのまま残されました。やがて、その男性たちの死体が隣りの森で見つかりました。彼らは全員処刑されたのです。地下室に拘留されていた女性の一人が、私の隣人でした。彼女は解放されましたが、彼女の夫は処刑され、その前に拷問を受けたと言われています。彼の脚には銃創があったのです。


 ○酒瓶が散乱、ゴミの異臭…ロシア兵が占拠した建物内部

耳を疑うようなむごたらしい行為が行われたというその建物を私たちも取材していた。工場の表に建てられた事務所のような建物は、ブチャ市民が砲撃を逃れるために地下シェルターとして使用していた場所で、約100人が避難していたとされる。そこをロシア兵が占拠したのだ。

1階の玄関を入ると、中は小さなホールになっている。テーブルや床に散乱したものを見ると、ロシア兵が居座っていたことが分かる。例えば、星のマークのついた食べ物が入った袋。これはロシア兵が軍から支給され携行していたものだ。ロシアのたばこもある。そして何より目立つのが、そこら中に散乱する酒瓶の多さだ。ロシア兵が酒を飲みながら拷問や処刑などの残虐な行為をしていたのだろうか。この戦争で起きている恐ろしい蛮行に、改めて激しい戦慄と怒りを覚えた。

当時、建物に避難していた女性は「ここは戦車に囲まれ、地下に人々が閉じ込まれていました。みんな、このシェルターにいて人質に取られたのです。地下室に行って自分で見てください」と話し、当時の辛い経験を思い出したのか、それ以上語らずその場を去った。

地下室に下りると、並べられた椅子の上に毛布や枕が置かれていた。食べ終わった皿やスプーン、そして数え切れないほどのゴミ袋は異臭を放っていた。避難者の生活の痕跡なのだろうか。

また、ここにも星のマークが付いたロシア軍のクッキーや薬などがあった。ロシア兵が市民を解放した後にこの場所で寝泊まりしていたのは確かだ。3月終わりに撤退する直前まで、彼らはここを拠点に、極悪非道な行為を繰り返していたとみられる。



  ───── 以上、 FNNプライムオンライン  2022.5.24より






 ■ 「ここは地獄だ」 問答無用で射殺、連日レイプ ブチャ市民らの証言


 ロシアのウクライナ侵攻によって、民間人を中心に400人以上が殺害されたとみられる首都キーウ(キエフ)近郊のブチャ市。無抵抗の男性への銃撃、少女への性暴力、水や食料の不足による衰弱死――。あらゆる形の「犯罪」が、住民の証言から浮かび上がる。露軍の撤退から1カ月。閑静なベッドタウンだった町の復興は少しずつ進むが、生き残った人々は癒えない傷を抱えている。

 ○ 「人間と思えない」数々の行為

 ブチャの墓地には真新しい墓がいくつも並び、犠牲者の多さを物語っていた。「ここにどれだけの墓があり、どれだけの悲しみがあるか想像してください。プーチン(露大統領)は自分の子供たちを埋葬してみたらいい。そうすれば、どれほどの悲しみをもたらしているか理解できるかもしれない」



 マリヤ・コノワロワさん(74)は、ブチャを占拠していた露軍兵士によって3月4日に三男ドミトリーさん(当時41歳)を射殺された。その殺害から約2カ月を経た5月2日、検視を終えた遺体を改めて埋葬するため、到着をぽつんと一人で待っていた。

 ドミトリーさんは人助けが好きな性格で、侵攻してきた露軍から逃げてきた女性や子供たちを自宅地下にある家電品修理の仕事場に避難させていた。その日、たばこを吸おうと地下から階段で外へ出たところを、通りかかった兵士2人にいきなり撃たれた。銃撃の直前、後ろにいた少年が「戻ろう。銃を持った人たちが歩いているよ」と声をかけたのに対し、「これまで誰からも逃げたことなんてないよ」と答えていたという。そのやりとりを兵士に聞かれたのかは不明だが、問答無用の殺害だった。


 同じ墓地では、タチヤナさん(57)が86歳で死去した父親を親族らと埋葬していた。「父は第二次大戦を体験していました。病気も克服して、この戦争さえなければもっと長生きしていたでしょう」。露軍の攻撃によってブチャでは電気、水道、ガスの供給が止まった。タチヤナさんとは別の家で暮らしていた父親は、寒さと脱水症状によって死亡した。直接の殺害以外にも、露軍占拠下の厳しい生活で亡くなった弱者は少なくないとみられる。

 タチヤナさん自身は3月中旬に開かれた「人道回廊」を通ってブチャからキーウへ避難した。それ以前に車で逃げようとして露軍に射殺された知人男性もいる。


 プーチン露政権はブチャでの民間人大量殺害に対し、露軍の関与を全面否定している。だが、タチヤナさんは「露軍部隊は2月末には市内におり、3月6日に私の家にも取り調べに押し入った。ここで起きたことは全て彼らがやったことです」と強調した。友人のセルゲイさん(62)も「住民は水を求めて家の外へ出ただけで脚を狙撃され、遺体の回収も許されなかった。彼ら(露軍兵士)は人間とは思えない」と憤った。

 ○ 「ロシア軍はならず者集団だ」

 ブチャ中心部にある病院の敷地内では、遺体安置所のほかに冷蔵トレーラー3台も利用し、キーウ州各地から運ばれてくる犠牲者の遺体を一時保管している。5月2日には、身元確認に訪れたとみられる初老女性が泣き崩れる姿もあった。

 露軍の侵攻開始後、この病院は野戦病院さながらの状況に置かれた。外科医のミコラ・クリスチャノフさん(54)によると、医師や看護師は泊まり込みで、昼夜を問わず近隣市町からも運ばれる多数の負傷者の治療に当たった。手術中に露軍によると思われる攻撃で部屋の壁や窓が揺れることもあったという。

 民間人やウクライナ側の負傷兵だけでなく、露軍兵たちも搬送されてきたが、「医師の使命」として手当てした。そして、「仕事に集中していたので周囲で何が起きていたのか分からなかった」と振り返る。3月中旬にキーウへ避難した後に大量殺害を知り、「女性や子供、高齢者を攻撃したロシア軍はならず者集団だ」と嘆いた。

 こうした犠牲者の中には、プーチン氏が「ウクライナのネオナチから助け出す」と主張してきたロシア系の住民も含まれる。病院の看護師アッラ・アレクセーエワさん(51)は3月5日ごろ、元警察幹部の夫ユーリーさん(当時48歳)を路上で射殺された。詳しい状況は不明だが、頭部を6発撃たれていたという。

 夫婦共に父親がロシア人、母親がウクライナ人で、ロシア語を第1言語としてきた。だが、ロシアに暮らす親族に夫の死を伝えると「自分たちが悪いんだろうが」と言い放たれた。彼らはプーチン政権のプロパガンダを信じているためだ。

 ブチャの教会では5月3日、犠牲者を追悼するコンサートが開かれ、百数十人が参列した。教会の敷地は多くの遺体の一時埋葬場所となった経緯がある。アンドレイ・ガロビン神父(49)は取材に対し、「この町では他地域と比べると激しい戦闘はなく、犠牲者のほとんどが民間人だった。占領下での虐殺行為だ」と断言した。

 ○ 露軍兵士による犯罪とみられる行為

 ブチャの近郊でも、露軍兵士による明らかな犯罪とみられるケースが出ている。「忘れたくても、忘れられないことがたくさんある」。現地で人道支援に携わるコンスタンティン・グダウスカスさん(38)は深いため息をついた。

 ブチャの隣町ボルゼリで食料の配給をしていた3月中旬。グダウスカスさんが車に戻ると、座席の間に15歳の少女が隠れていた。「私を助けて、お願い」。少女の目の周囲には激しい暴行を受けた痕があった。

 少女は3月上旬に町が占拠された後、露軍が拠点を置く一軒家の地下室に母親と共に連行された。20代に満たない複数の若い兵士は、酒を飲みながら少女を脅迫し、連日レイプしたという。兵士は「ウクライナ人は生まれてくるべきではない」とも言い放った。兵士を止めようとした母親は銃撃され、その傷が原因で2日後に死亡した。


侵攻したロシア軍が一時拠点としたマンションの地下に残されたゴミ。星印が付いたロシアの軍用糧食の紙箱(手前)も落ちていた=キーウ近郊ブチャで2022年5月2日

 拘束されてから10日後、兵士は部屋を出る際、少女の両手を縛ることを忘れた。少女はそのすきを見て脱出。近くの森に隠れた後、グダウスカスさんの車を見つけて乗り込んだ。車の鍵がかかっていなかったのが幸いだった。グダウスカスさんは少女をキーウの病院へ連れて行き、被害を当局に通報した。

 少女は現在、ある欧州の国で治療を受けている。捜査当局は、露軍兵士による戦争犯罪の可能性が高いとみて、少女から事情を聴いた。露軍が撤退した4月上旬、監禁されていた地下室からは少女の証言通り、母親と別の14歳の少年の遺体が見つかった。

 ボルゼリの高級住宅街にある家の地下室からは、衰弱した女性(78)も発見された。女性の救出に関わったグダウスカスさんによると、女性と夫はロシア兵にウクライナ語を話していることをとがめられ、近くの地下室に連行されたという。ロシア兵は地下室で夫を射殺した後、夫の遺体と一緒に女性を部屋に閉じ込めた。水だけは与えたが、食料は渡さなかったという。嫌がらせのためか、煙幕弾も数日ごとに地下室で放たれた。発見された女性は動くことができず、視力も失っていた。今は、ウクライナ西部の病院に入院しているが、視力の回復は難しいという。

 グダウスカスさんはロシアの占領下にあったブチャ近郊で軍と交渉し、民間人200人以上の避難に携わってきたが、150人以上に暴行などの形跡があったという。「ここは地獄だ。地獄というのはこの世にあるんだよ」。そう言って、声を詰まらせた。

 ブチャでは後ろ手に縛られたまま、射殺された遺体が複数見つかっており、露軍兵士による拷問もあったとされる。ウクライナのゼレンスキー大統領は「ジェノサイド(大量虐殺)と呼ぶべき戦争犯罪があった」と主張。国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)は4月に戦争犯罪の有無を調べるための捜査を始めており、欧州諸国は捜査チームを現地に派遣している。一方、プーチン大統領は4月18日、ブチャを攻略した露軍の「英雄行為」をたたえ、名誉称号を与えた。



  ───── 以上、 毎日新聞  2022.5.5より








 ★<停戦への道はあるか?>



 ■ プーチン氏失脚ありうるのか ウクライナ軍関係者が語る終戦シナリオ ── 軍は強気???


 ロシアのウクライナ侵攻が始まって3カ月が過ぎました。両軍の激しい攻防が続く中、戦争終結の見込みはあるのでしょうか。ロシアが併合したウクライナ南部クリミア半島の奪還までをウクライナ軍は目指すのか、それとも2月の侵攻直前の位置までロシア軍を押し戻すのが最終目標なのか。ウクライナ軍参謀本部での勤務経験もある予備役大佐、オレフ・ジダーノフ氏に、どんな終戦のシナリオが考えられるのか聞きました。

 ――ウクライナのゼレンスキー大統領は5月21日のテレビ番組で、ロシア軍を2月の侵攻直前の位置まで押し戻せば「勝利」との認識を示しています。一方、5月中旬の世論調査では、82%の人が「たとえ戦争が長引いたとしても領土を手放してはならない」と答えています。戦争終結のシナリオをどう考えればいいのでしょうか。

 私もこの82%の一人です。私たちにとっての「勝利のライン」とは、1991年、旧ソ連の崩壊に伴って各国が承認したウクライナの国境のことです。ウクライナの人々は(親ロシア派武装勢力が支配する東部の都市)ドネツク、ルハンスクやクリミア半島までを戦って取り戻す決意でいます。

 ――ゼレンスキー氏は5月24日のNHKのインタビューで、「領土を2月24日以前の状態に戻したうえで、ロシアとの交渉のテーブルにつく」とも述べています。ドネツク、ルハンスク両州からなるドンバス地方の親ロ派支配地域や、ロシア側が支配するクリミア半島を取り戻すまでは戦いをやめるつもりはないということですか。

 いいえ。大統領が言うように、中間的な状態があり得ます。2月の侵攻前の地点にロシア軍を押し戻した上で、ロシアに交渉を提案します。ここで、国境の外に軍を撤退させることを要求します。ドンバス地方や、クリミア半島からも出ていってもらいます。もしロシアが同意しないなら、戦いを続けます。


 ○プーチン氏支える権力構造 少しずつ亀裂

 ――しかし、交渉によってロシア軍に出て行ってもらうというのは、本当にリアリティーのある話でしょうか。

 もちろんあります。プーチン大統領とロシアを分けて考える必要があります。プーチン氏を相手にする場合はこうした交渉は不可能ですが、ロシアという国を相手にすると考えれば、交渉はそれほど難しくありません。プーチン氏はあと半年も権力を維持できるかどうか、わからない状態だからです。

 ――プーチン政権の内部に動揺が見え始めているということでしょうか。5月23日には、スイスにいるロシアの外交官が侵攻に抗議して辞職したことが明らかになっています。3月には、ウクライナ情勢に関する誤った情報を伝えたとして、ロシアの連邦保安局(FSB)幹部が自宅軟禁されたとの報道もありました。

 FSBだけでなく、軍の将軍や司令官の間でも停職や解任が行われ、「シロビキ」と呼ばれる治安・国防関係機関の中で不満が高まっています。(欧米の経済制裁の影響で)ロシアの億万長者や富裕層が全てを失い、困窮状態に陥っているという情報もあります。大統領を支える権力構造に少しずつ亀裂が入り始めているのです。

 プーチン氏は健康状態が悪いともいわれ、側近たちに解任される可能性もあります。こうしたことはかつてロシア帝国で「宮廷クーデター」と呼ばれていました。人々が街頭に出て抗議行動をすれば、それが引き金になるかもしれません。

 クーデターはクレムリンの壁の内側で静かに行われ、市民には公式情報しか知らされないでしょう。西側諸国は側近たちの財産を保全したり、口座凍結や不動産の差し押さえを解除したりして、彼らがプーチン氏の排除に動くよう背中を押すこともできます。

 プーチン氏に国の方針を変更するつもりはなく、ロシアは新たなリーダーの下でなければ、政治的方向性を変えることはできません。今後半年の間にロシアは内部から不安定になり、政権を担うエリートが交代する可能性があります。

 ――つまり、ロシアで政権交代が起こってプーチン氏が去り、新たなロシアの政権が生まれる。新政権の下でならば、ロシア軍がドンバス地方やクリミア半島から撤退することも可能になるということでしょうか。

 そうです。新政権が誕生すれば、欧米に制裁を解除してもらうための譲歩として、ウクライナ領内から全てのロシア軍を撤退させる用意をするだろうと考えています。ロシア軍が撤退した後で、両国の平和共存などを定めた条約に調印します。この調印をもって、戦争の終結ということになります。その後、西側諸国が少しずつロシアへの制裁を解除するという流れです。

 ――プーチン氏が権力の座にとどまるうちは、戦争が終わる見込みはないということになりますか。

 全くその通りです。プーチン氏はウクライナを独立国と認めたがらず、民族としてのウクライナ人を滅ぼそうとしています。ロシア国営メディアの記事にも、ウクライナ人に対するジェノサイド(集団殺害)のプログラムが書かれていました。殺し、あるいは監獄に入れ、あるいはロシア極東に放逐すると。


 ○仮に終戦してもロシアと和解は「あり得ない」

 ――プーチン氏が大統領でいる間、どのようにロシアと戦うのですか。

 91年時点のロシアとの国境まで到達することを目指しつつ、ロシア軍にできる限り多くの打撃を与え続けます。その打撃が、プーチン氏の失脚を促すことにもなりますから。ゼレンスキー大統領も、心の中では軍事手段によってドンバス地方とクリミア半島を取り戻す決意があると思います。なぜなら、国民の圧倒的多数がそれを望んでいるからです。国境に達した後、私たちがそれ以上進むことはありません。

 ――仮に平和条約が結ばれて戦争が終わったとして、その後、ロシアとの関係を修復する可能性というのはあるでしょうか。

 いいえ、それは不可能です。まず第一に、ロシアは戦争の賠償金を支払わなければなりません。少なくとも私たちの次の、そのまた次の世代くらいにならなければ、和解の可能性があるかどうかを考えることはできないと思います。私の世代は絶対に許さない。もっと若い世代は、(ロシア軍の)略奪や殺人、残虐行為を許せないという思いがさらに強いです。今後数十年間、和解することは確実にあり得ません。

 ――賠償金は損害に対する完全な補償を要求しますか。第1次世界大戦に敗北したドイツは巨額の賠償金を課せられ、これへの不満が後にナチスが台頭する一因になったともいわれています。

 完全な賠償を求めます。ロシア軍の手で殺されたり、負傷したりした人やその家族に対する支払いを含め、戦争がもたらした損害全てについて補償が必要です。ドイツも、21世紀に入ってからにはなりましたが、第1次大戦の賠償金を(2010年に)完済しています。

 賠償金の完全な支払いは、ロシアとの平和条約でも明記しなければなりません。条約に入れなければいけない内容は第一に、91年時点のウクライナの国境を侵害しないとロシアが保証すること。第二に、完全な損害賠償です。


 ○兵器を欧米製に切り替え ロシア軍の優位に立つ

 ――今後の戦況を考える上では、ウクライナ軍の使う兵器の性能も重要な要素です。今は旧ソ連製の兵器を使っていますね。

 基本的にはそうですが、欧米製の兵器への切り替えを今、進めているところです。使い方にも習熟しつつある。ウクライナ軍の兵士が欧州の国に渡って兵器の使い方を教わり、帰国してからほかの兵士に教えています。

 たとえば、対戦車ミサイル「ジャベリン」の使い方にはすでに慣れていて、戦争の初日から使っています。今、私たちが学ばなければならないのは、西側諸国製の大砲や戦車、対空ミサイルなどの使い方です。戦争が終わるころには、旧ソ連製の兵器は影も形も残らない。そう期待しています。

 戦闘機も、今は旧ソ連製の「ミグ」を使っていますが、(米国からの兵器の貸与を容易にする)レンドリース法により、今後はF15やF16を使えるようになることを期待しています。パイロットの訓練に少なくとも半年かかってしまうのですが、いずれにせよ欧米製の航空機に切り替えていくでしょう。

 ――欧米製と旧ソ連製の兵器というのは、どのくらい性能が違うと感じますか。

 建物の1階と2階の違いはわかりますか? 今、私たちが受け取っている西側諸国の兵器と旧ソ連製の兵器には、それほど圧倒的な違いがあります。これにより、ロシア軍に対して優位に立つことができます。ロシアの占領者たちに対して戦い続けるため、私たちはより多くの兵器を必要としています。

 ――日本はウクライナにどんな支援ができるでしょうか。

 日本に憲法上の制限があることはわかっています。人道分野や食料、医療などに関連した支援を期待したいですね。ウクライナ軍にとっては車両や機械なども役立つと思います。武器は除くとして、それ以外の支援は全て受け入れることが可能です。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル   2022.5.29より








 ■ 「ロシアは明らかに兵力消耗」米分析 侵攻100日、東部制圧に集中 ── ロシアの攻勢続く。実際の戦況は厳しく。


 戦争は、いつまで続くのか。ロシアがウクライナに侵攻して100日目を迎えたが、東部を中心になお激しい戦闘が続く。欧米では、いかに戦争を終わらせるかをめぐり、考え方の違いも露呈している。妥協なしに領土の奪還は可能か。多数の犠牲者を出しているウクライナも、厳しい局面に立たされている。

 ロシアがウクライナに軍事侵攻を始めて、3日で100日となった。ロシアは緒戦で首都キーウ(キエフ)攻略に失敗した後、4月以降は東部と南部の攻撃に注力してきた。その後も支配地域の広がりはわずかだが、東部支配に成功すれば、再びキーウ攻撃に踏み切るとの見方も出ている。

 「私たちの領土の約20%が占領者の支配下にある。戦闘の前線は1千キロを超える」。ウクライナのゼレンスキー大統領は2日、ルクセンブルク議会にオンラインで参加して演説した。「私たちは占領者によって殺された人たちの正確な数さえ知らない」と、厳しい表情で語った。

 ○東部ドンバス地方の完全支配めざすロシア軍

 ロシア軍はいま、東部ドンバス地方(ドネツク州、ルハンスク州)の完全支配をめざしている。ロシアのラブロフ外相はドンバス地方の「解放」を「絶対的な優先事項」と述べている。

 すでに90%以上を支配するルハンスク州で残った拠点都市セベロドネツクの攻略のため、ロシア軍は戦力を集中。同州のハイダイ知事によると、同市の約80%は支配された。市内には1万人以上の市民が残り、化学工場の地下に約800人が避難しているという。

 ゼレンスキー氏は2日夜のビデオ演説でセベロドネツクについて「戦闘でいくつか成果があったが、詳細を語るには早すぎる。状態は最も厳しい」と述べた。

 ロシア軍が同市と西隣のリシチャンスクを落とせば、ルハンスク州全域を押さえることになる。英国防省は3日、「今後2週間で支配を完了する可能性が高い」との分析を公表した。

 ロシア軍はさらに西をめざし、ドネツク州での攻撃を強めるとみられる。同州の拠点都市スラビャンスクやクラマトルスク周辺での攻防に焦点は移っていきそうだ。

 2月24日からの侵攻の第1段階で、東部、南部とともに首都キーウ(キエフ)制圧をめざしたロシア軍はウクライナ軍の反撃に遭い、3月末にはキーウ周辺から撤退を強いられた。態勢を立て直し、4月以降に攻撃を集中したのがドンバス地方だ。

 重要拠点と位置づけられていた南東部の港湾都市マリウポリで、ウクライナ軍は製鉄所に立てこもって抵抗を続けたが、5月17日には撤退。この間、ロシア軍はマリウポリ攻めの部隊も北上させ、ドンバス地方の制圧に力を注いだ。

 だが、ウクライナ軍の抵抗は根強く、方針転換後も、ドンバス地方や南部でロシア軍の支配地域はそれほど広がっていない。逆にウクライナ軍は反撃に転じ、北東部ハルキウ州で失地の一部を回復。ロシア軍が支配する南部ヘルソン州や西隣のミコライウ州でも、支配地域との境界で反撃が続いている模様だ。

 米シンクタンクの戦争研究所(ISW)は、セベロドネツク攻略にはロシア軍が戦力を集中させるのに見合う利点が少ないと指摘。他の地域で進軍が滞っているため、「ロシア軍は明らかに兵力と物資の消耗が続いている」と分析する。

 ドイツのシンクタンク外交関係評議会(DGAP)のクリスティアン・メリング研究部長は、東部でロシア軍の戦線がこのまま伸びた場合、「打撃を受けた部隊の立て直しと補給などのため、作戦のペースを大幅に遅くする必要があるかもしれない」と指摘する。

 ISWは、ウクライナ軍が厳しい戦いのなかでも「ロシアの侵攻を阻止し、逆転する機会はまだ残っている」とみている。欧米諸国の追加の武器供給も後押しとなりそうだ。

 米国はウクライナに対し、新たに高機動ロケット砲システムを供与する方針を決定。英国も同様のロケットシステムを送る方針で、ドイツも最新鋭の防空システムの提供を公表した。ただ、こうした武器が現地に届き、活用されるまでには一定の時間が必要となる。

 今後、仮にロシア軍が東部掌握に成功すれば、一定の「成果」とみなす可能性はある。だが、ロシア系独立メディア「メドゥーザ」は5月27日、プーチン政権は「キーウ奪取」を諦めていないとの見方を伝えた。なお、ゼレンスキー政権打倒をめざすべきだとの強硬論が政府内にはあるという。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル 2022.6.3 より








 ■ 抗戦か停戦か、揺れるウクライナ市民 侵攻100日

     ──
ウクライナが世界に忘れられないことが最も大切なこと


 ロシアがウクライナに侵攻してから3日で100日を迎えた。欧米の支援も受け、ウクライナは圧倒的な戦力を持つロシアの攻撃に耐えるが、戦況は膠着(こうちゃく)状態で戦争の長期化は避けられない。欧米メディアではウクライナの譲歩で停戦をはかるしかないとの見方も出るなか、国内の世論調査では8割以上がロシアへの妥協を拒否した。だが、犠牲者が増え続ける現状に、一人ひとりの思いは複雑だ。

 ○「世界に忘れられないことが大切」

 首都キーウ(キエフ)では、ロシア軍が周辺地域から撤退し、4月2日にキーウ州全域の解放が宣言された。それ以降、徐々に住民が戻り始めている。

 飲食店も営業を始めるところが増え、テラス席で食事を楽しむ市民の姿も見られるようになった。

 通訳業のアンナ・ボルコワさん(46)も、避難先の隣国モルドバから6歳の娘、義母とともに、5月7日にキーウに戻ってきた。

 2月24日にロシア軍の侵攻が始まると、どう行動していいのか、わからなかった。

 夫に促されて2日後にキーウ南西の田舎町に退避。だが、近郊の石油貯蔵施設が攻撃を受けて炎と黒煙が舞い上がり、気が休まることはなかった。3月6日にモルドバに向かった。

 現地での支援はあったが、慣れない暮らしと家賃の支払いは、やはり精神的な負担となった。

 キーウに戻り、ほっとしてはいるが、「いつまたロシア軍が攻め込んでくるかわからない」という恐怖は常に付きまとう。ボルコワさんは「ウクライナ軍を信頼している」と祈るように言った。とにかく、勝つことだけを願っている。

 ボルコワさんは「領土が奪われることは絶対に許せない」と考え、2014年に占領されたクリミア半島や、東部で8年間、親ロシア派が占拠してきた地域も取り戻すべきだと主張する。

 市民の犠牲が今以上に増えても、どれだけ戦争が長引いても、領土を奪還するべきなのか――。そんな議論があることは知っているが、「これ以上の占領を認めてしまえば、数年おきにロシアは同じことを繰り返す」と語気を強める。

 最終的にウクライナという国、文化、市民がすべて消滅してしまうのではないかという恐れがその根底にあるのだという。ロシアの統治になれば、自由も民主主義もなくなる。

 ただ、「完勝」が容易でないともわかっている。「だからこそ、国際社会にはロシアへのさらなる圧力と制裁を期待している」と話し、こう付け加えた。「これから先、ウクライナが世界に忘れられないことが最も大切なのです」


 ○「とにかく暴力を止めるべき」

 多くの国内避難民が暮らす西部リビウ。東部ドネツク州クラホベ出身のイエホル・キリチェクさん(20)は3月17日に移り住んだ。

 ロシアがウクライナから撤退するまで戦うか、停戦か。気持ちは揺れ動く。

 「ロシアに奪われた領土はもちろん、できる限り取り返すべきです。でも、人命がこれ以上失われるのは耐えられません」

 地元の専門学校の同級生のうち2人はいま、ウクライナ軍の兵士として、前線で戦闘に加わっている。

 故郷の東25キロには国境でもないのに検問所がある。その向こうは親ロシア派が「ドネツク人民共和国」と呼称する地域。境界線をまたぐにはパスポートの提示や所持品の検査がいる。

 そんな「外国」のような親ロ派支配地域に、いまも父方の祖父母や親戚が暮らす。紛争は14年に始まり、1年後に停戦合意が成立しても緊張は年々高まり、簡単に行き来できなくなった。

 キリチェクさんの両親は一時、モルドバ国境に近い地域に避難したが、キリチェクさんが反対したにもかかわらず、5月下旬、地元に戻った。「誰もが戦争を憎んでいます。ロシアの体制にそもそもの問題があると思います」

 広告デザイナーとして生計を立てるキリチェクさんは、リビウでの新生活が軌道に乗ってきた。侵攻当初に覆われた暗く悲観的な雰囲気は、やや薄らいできたようにも感じる。

 それでも、犠牲者は増え続け、数多くの人たちが住む家を追われた。男性は国外への移動が制限されている。「そんな毎日が続くのはおかしい。とにかく暴力を止めるべきです」。憤りや落胆は募るばかりだ。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.6.3








 ■ 消息不明のロシア兵急増 「母の会」の困惑と願い


 キーウ近郊の町ブチャの虐殺や、戦場での略奪などを犯したロシア兵に弁護の余地がないことは言うまでもない。一方、意に反して戦場へ送られ、恐怖の中で死に、路上に屍をさらしたままになっている兵士たちがいることも確かだ。
4月3日の記事「前線へ送られるロシア兵士の現実」では、徴集兵の実態と、それでも立ち上がることを期待できないロシア社会の閉塞状態について「兵士の母の会」のワレンチナ・メリニコワ会長のインタビューを紹介した。
いま、メリニコワ会長は、ウクライナ侵攻が始まってから日を追うごとに増える戦死者の数と、消息不明者の数の多さに困惑しているという。
今回、メリニコワ会長はロシアのウェブチャンネル Vsya takaya Mongayt (5月7日)と西側のメディアThe Insider( 5月6日)のインタビューに応じ、それぞれ「消息不明兵」の現状、そして「ロシアで戦場に送られるのを回避するにはどうしたらいいのか」という問いに答えている。


 ○「ロシア軍にこんなに多くの戦死者が出たことはない」

メリニコワ会長によれば、現在もっとも困難なのは、戦死したか捕虜になったかわからない、消息不明のロシア兵の問題だと言う。

「ロシア側のシステムは貧弱だ。国防省は秘密裏に戦死者のリストを作っていて、電話で名前を明かして質問すれば、リストにあるかないかは答えてくれるが・・・」

これに対して、ウクライナ側は戦時捕虜の扱いを定めた国際条約であるジュネーブ条約に全面的に則っていて、ロシア兵の捕虜全員をリスト化し、戦死者も可能な限りリスト化しているという。
「兵士の母の会」が問い合わせれば、捕虜に関してはほぼ確実に情報を知ることができるだけでなく、後日、ウクライナ側から連絡をしてくることもあるようだ。

「兵士の母の会」が当初懸念していたのは、捕虜の交換が行われるかどうかだった。
「はじめのうちはロシア側の情報がまったく整わず、捕虜の交換が行われるかどうかもわからなかったが、幸いにして交換は実現している」

しかし、ロシア兵の消息不明者については絶望的だと言う。
「消息不明者については恐ろしい状況だ。特定不可能な遺体の場合でも、戦闘中、砲弾が命中し、炎上して戦死したが、遺体の特定はできない、と軍から家族宛に連絡がいく場合もまれにある。しかし、負傷したのか死んだのかもわからない消息不明者の場合は、どうしようもない」

旧ソ連時代の1989年から活動を続けてきた「兵士の母の会」の歴史でも、今回のウクライナ侵攻ほど多くの戦死者、消息不明者が出たことはないからだ、と言う。
「第一次チェチェン紛争でも、ロシア軍にこんなに多くの戦死者は出なかった。(ウクライナに隣接する)ロストフのDNA研究所は稼働しているのだが、書類の記入方法など国防省の厳格な規則があって、それが戦死者の特定作業を阻んでいる」


 ○戦死者に冷淡なロシア政府 「耐えがたい」

息子や夫が消息不明になったままの家族の苦しみについて、メリニコワ会長はこう語る。
「2カ月間、自分の家族が生きているのか死んだのかもわからないままなのは恐ろしいことだ。こんな状況は家族にとっては拷問のようなものだ。
ロシアでも戦死者のうち2千人分は文書化され、遺体も家族の元に戻って埋葬されたようだが、そのほかの家族は苦しみの中に置かれている」

長年、捕虜の交換や戦死者を家族の元に届ける活動を続けてきたメリニコワ会長が耐えがたいのは、戦場で倒れた戦死者に対するロシア政府の冷淡な態度だという。

「やりきれないのは、ロシア側が戦場の兵士の遺体を埋葬したり、冷凍庫をつかって保管したりしようとしていないことだ。本来、両国間の協議で遺体の交換、あるいは引き渡しについても話し合われるべきなのに、協議した形跡がない。
遺体についても人道回廊などの措置が決定されるべきだ。どこの村にどんな名前の将兵を葬ったか、証人がいるうちにやらないと、あとになればなるほど誰がどこに葬られたのかわからなくなる。
ウクライナ側は地図に記して保管しているのだが」

そしてこう付け加えた。
「ロシアでは戦死した将兵の扱いをどうするか、話もできない。1995年に下院で話し合われたことがあったが、そんなことを法律に書きこむのはけしからん、となったままだ。しかし、わたしは死者に対する礼儀だと思う。せめて人間らしく葬ってあげたい」。



  ───── 以上、 テレ朝news  2022.5.14


*ロシア政府は、ロシアの「兵士の母の会」からの問い合わせに対し、「消息不明」でずっとごまかし続けている。
英国防省発表のロシア兵の死者15000人の報道を知らない。ロシア政府の「消息不明」は、死亡と見て間違いないのだということを知ってもらうとともに、それがプーチン独断による全く必要のない戦争によるものだということを知ってもらうことが重要だ。
あなたの息子はもう帰ってこない。「兵士の母の会」の人々がその事実を実感し、悲痛な抗議行動を起こすことこそが、ロシアの何かを変えるのではないかと、願わずにはいられない。




                                   (島)