□ 新作紹介 □





雨   音



 いろどり


色を探しています
網膜から伝わってきた情報に
ぴったりとくるそんな

 なぜでしょう
 ゆったりと弧を描く
 この川が
 鮮やかな碧色をしているのです
 こんな色だったかしらと
 記憶を探ってみたら
 いつももっと静けさを
 飲み込んだような色で
 楚々と流れているようです

 水面は緑を宿しているのです
 空を映すように
 堤防に生い茂っている
 初々しく伸びやかな草たちを

この小さな日常は
溢れています
名前を持たない色で

そういえば天の川もそうですね
散りばめられた星々が
息をするように瞬いています

そうして美しいものは
できているのかもしれません





















青 島 江 里



 詩人の夜更かし


おそらく
詩人は夜更かし好きが多いのです

しのぎあい
せめぎあって
どうにかやり過ごせた一日

自分の椅子やベッドに
もたれかかり
本当の姿に帰るのです

誰も触れることのできない
宇宙のような胸の内
浮かび上がってくる想いを
掬い上げて言葉にしてゆくのです

宵の口から真夜中になることも忘れて
掬い上げて言葉にしてゆくのです

真昼にたくさんの人に賞賛されたことも
たくさんの人に罵倒されたことも
掬い上げてひとりにしてゆくのです

生きていく道
さいごはみんなひとりになるのだから

誰に褒められてなくても
誰にいじわるされても
きちんとしたひとりになれるように

真昼の自分と真夜中の自分を対峙しながら
確かめるように言葉にしてしまうのです

ときおり
はかりしれない自分の胸の内をはみだして
本当の夜空に言葉はこぼれてしまうのです

名前のある詩人も
名前のない詩人も
詩人なのにまだ詩人と気づいていない詩人も

この世の空の下
暮らしてゆく数えきれない詩人の夜更かしが
もたらしている言葉の星々

ある時はあまのがわ
ある時は流星群
ある時は平凡すぎて見えない小さな星くず

今日も夜は存在しています
あちらこちらで詩人の夜更かしは続くのでしょう
会いたいと想う人が会いたい言葉に出会えますように

そして僕も今夜
はみだしたあなたの想いに出会いたいと思っています




















井 嶋 り ゅ う



 須藤さん


今日もマニュアル通りだ いらっしゃいませ恐れ入りますありがと
うございますと 音量や声色や体の向きあるいは首の角度など変え
ながら 昨日も一昨日も先月も去年も三年前も 毎日毎日レジで本
を購入する客に言っている たまに咳込んだりすると 猫の鳴き声
みたいな音が私の喉の奥から出てくる 二人体制レジの相方である
須藤さんは自称占い師を名乗っていて それは前世の記憶ですので
お気になさらず などと言って澄ました顔をしながら 隣で私を小
さく励ましたりする そんな時の須藤さんは 半袖から伸びる腕が
急にぬらぬらと緑色がかってきて マニュアルの言葉尻には ゲッ
プのような音がわずかに混ざったりする 毎回凝視してしまう私に
須藤さんは つられてしまうのです前世の現象を持っているかたと
居ると そう言って腕をさすった 途端に見慣れた須藤さんの腕に
戻る 水辺には行かないようにしているんです変身してしまいそう
なので と言うまだ澄まし顔のままでいる須藤さんに 昨日の帰り
道鳴いてましたよ と報告すると もう夏ですからね大合唱ですよ
 と言って笑いながらゲップのような音を出した 自称占い師であ
る須藤さんの前世は蛙だったそうだ 人は必ず人に生まれ変わるわ
けではないのだと その理由を三ヶ月前に話してくれたが 須藤さ
んの腰まで伸びる真っ黒な髪を眺めながら マニュアル化されてい
ないものは覚えられないことを 私は密かに内緒にしていることを
思い出す なぜ前世の現象がよみがえるのかを聞きたいご様子です
ね と私の視線を察知したかのような須藤さんに言われ 違うと思
ったが そう言われてみると ずっと聞きたかった質問のような気
がしてきて どうしても今知りたいような気持ちになってきて 私
は須藤さんの整った横顔をじっと見た 不意に顔だけこちらへ向け
た須藤さんは それは前世で大切な人にさよならを言わなかったか
らですよ と小声で言った 急に首根っこをつかまれたように 心
臓のあたりがきゅっとなる どこにも行かれないような どこかへ
連れていかれるような いらっしゃいませ恐れ入りますありがとう
ございますを繰り返しながら 合間合間に マニュアルのように 
さよなら さよなら と呟いてしまう 私はまた咳き込み始め 猫
の鳴き声みたいな音が喉の奥から出てくる もう何度も感じた閉塞
感だが 初めて知った寂寞感のような気もしてきて 本当は何かの
後遺症なのかも知れないと思ったりもするが 病気を患ったことの
ない私は 腕をさすりながらゲップのような音を出す須藤さんに 
それは前世の記憶ですのでお気になさらず などと隣で小さく励ま
される もしかしたら須藤さんは急に居なくなってしまうかも知れ
ない などという考えがふと浮かぶ 本にカバーをかけながら 私
は明日も明後日も 今日と似たような会話を須藤さんとしていたい
と思った


















齋 藤 純 二



 自己愛


偽物の僕なんていないのだから
僕は本物の僕なんだけれど
本物の僕ってどんな僕なんだろう

僕に僕がずっと重なって
自由に自由が重なって
あんまり自由じゃなくなって
僕に僕の不自由が顔を出しながら
生きていることを味わう

怒らないといけない時に笑って
泣かないといけない時に笑って
けっきょく
笑わないといけない時に笑えず
そんな僕がいて

僕が僕に気を遣っている僕がいて
そうしたい僕がいて
本当の僕がどんどん解らなくなるけど
それでも僕が僕を許せている
僕はまだ僕を愛している





















澤  一 織



 高校中退


多くの人たちと歩んでいた道から
離れて
人の少ない対岸の道を歩いてみた

歩む前から
その道は
友人からも 大人からも
あまり良い噂を聞かなかった
けれど 実際のところ 
どうだったのだろう?

確かに
街の色
金の匂い
命の値札も
違うように思えた

でも
星の瞬き
誰かの涙の温かさ
あの子の横顔は
どの道を歩んだとしても
心を揺さぶられたと思う

対岸から見える
向こう岸の世界と向き合って
羨ましいと思ったことはある
疎ましいと思ったこともある

例えば
多くの人たちと同じ道をゆく君に
恋をしたとき
君の親から投げつけられた言葉

「中退ぐらい珍しいことじゃない」
そう言ってくれた知人に
陰で押されていた
落ちこぼれの烙印

だけど 後悔をしたことはない

対岸を歩んだからこそ
素晴らしい出会いもあった

タイムマシンや来世があったとしても
きっと同じ道を選択する
そして 君と出会う


「高校を辞めたい」
 
十五年後 
息子が 
僕や君に打ち明けるかもしれない

その時は
理由を聞かずに
息子の気持ちを受けとめたい

なんて思いつつも
自分のことは棚に置いて
頭ごなしに反対するかもしれない

そして 君に言われるんだ

「あの頃 
あなたがなりたくなかった
大人になっているよ」














 確 信


子育てには
母親にしかできないことがある
という性別で役割分業する言説
は多い

母親にしか母乳はあげられない
とか
父親ができることは誰でもできる
とか

確かに
細やかな気づき
愛情深い声がけ
ひとつ ひとつ
妻には敵わない
と、思い知らされる毎日で
でも それは性差で
分けられるものなのだろうか

七十度のお湯に
粉ミルクを溶かして
水に浸けた哺乳瓶
適温になったのを手首で確かめて
まだ瞼の開かない息子の口にあてる

息子の吸いつく力
生きようとする息遣い
に、僕は一つの言説を緩め
新たな可能性を確信する

また 夜の寝かしつけ
寝つかない息子に泣かれて
焦り
あやしても 
あやしても
泣きやまず
途方に暮れながら
子守唄を口遊んで
やがて 
月明かりの静寂と
息子の穏やかな寝息が
聞こえてきたとき

そんな日々を経て
人見知りをするようになった息子が
妻だけでなく
僕を探して 
膝に抱きついてくるとき

深まる確信

少しずつ 少しずつ
息子と妻に支えられながら
今日も 
育んでゆく





















夏   生



 機 会


話したいことを
袋に詰め込んで
ヨッコイショ、と
持ち上げる

どれから
何から話そう
詰め込んだ袋を
軽く叩いて弾ませる

さあ、今、話したいことを!
と、取り出そうとしたら

ない

確かに入れた
もう何年も前から
想像の中では流れるように
取り出して見せた

時間がわざと過ぎる音を
大きくする
体がかたくなって
動けなくなった

機会が苦笑いしながら
流れてゆくのを
力ばかり入った
目で追う

たしかに入れた
感触も温度も残っている
口の中がかわいて
親指に力が入る

小さくなる機会の後ろ姿
戻らない時間を
頭の中で引き止めては
話したいことを
取り出してみせる
自分の高揚を感じる

機会の後ろ姿が止まった
振り返って
こちらに向かってくる

別の形で会えるよ
と、言って
握手した
あたたかい感触

話したいこと、が戻ってきた





















綴 木  黎



 茶色の花


華やかな花びら達は
日に焼けて
色を変えていった

微かに残る色と
枯れゆく姿に
暫し立ち止まり見つめてしまう

私の中心部に
訴えてくるものがある

花は
今も綺麗だ
きっと
いつの間にか惹かれていたんだ

青や紫も
全部合わせて
紫陽花に変わりはない

ありのままの
君でいい
この色も美しいでしょう

花は
知っている
散るにはまだ早いのよと





















あ さ ぎ



 日 々



雨やんで
セミ鳴いて

草木の葉
公衆電話
ミドリが滴に濡れている

うす桃色の傘
くるくる回る
円い影が真似してる

くるくる回す
水色ワンピース女の子
背中を流れる髪は小川のよう

くるくる回す
草木の葉を通り
公衆電話を通り
桃色が滴をはじく

はじかれ
分解され
流れる髪へと還る

女の子は何も知らない
ただただ
気持ちがよくて
今日はいい日
そんな予感に胸をふくらます


雨やんで
セミ鳴いて
女の子通る

夏のはじまりの一頁
どこかにある一頁
繰り返されないはじまりの一頁
日々の輝き





















かすみ じゅん



 鎮む熱り 途の鳴り頻る その声を無尽に浴び


未だ
梅雨も降りださぬまま
夜闇、
深く静まる
紺色の刻は瞬きもせず
満開に晴れ渡り


  もう 昇りもせず
  暮れもしない火輪は
  明日に目醒めた半球で


  今頃きっと
  厳めしく睨みを利かし
  輝いていることだろう


  茹だる暑さに涼し風
  アンバランスな毎日
  湿った薄明がまた訪る


翌週末
濁白に遮られた天界
から
悲しみを孕む
水粒の注ぎ始めた日

びしょ濡れのまま
この大地に埋もれる
報われず
何処へ失せたもの達の
数多亡骸の上に立つ


瞳を滑り落ちる
鈍く
洗われる場景に
散りばまる
クリアな破線の連続体

その打ち弾ける、
乱れた音階は
頭蓋に喧しく跳ねて
騒がしいまま
いつも重なり合わない


響き止まず
煮えたぎる泡に似た
沸き返す木霊
黒と銀とに分離する
アスファルトの反射
目映さに痛む眼

ショッキングピンク
低い木花は泣き開け
曇ったカーブミラーが
青屋根の倉庫を
異次元へ傾いた
奇妙な角度で映しだす


  下り坂を登る車輌
  に出会うこともなく


  下り坂を下る車輌
  とも擦れ違わない


いつまでも
ただ 通りすがるだけ
賑やかな人影を
薄暗い午後の片隅で
待ち侘びている

いつまでも
記憶の端に引っ掛かり
消えかかる面影を
心のどこかで
待ち望んでいる


  滴り過ぎる雫を見詰め


  いつまでも
  変えられない気持ち
  抱えたまま
  捨て去れないままに


  この場所で傘も差さず


時折、
垂れ込める空を
虚ろな表情で
見上げ
纏わりつくような
孤独に呑まれ

いつまでも
震えながら
このまま
この戻せはしない
行き進む時のなか
今にも歪み
崩れだしそうな、躰を支え















 このままふらっと


薄れだす藍の帷
せせこまし住宅街
涼らと 風だけ吹き通す

目醒めたままの
くしゃくしゃ頭
後ろに反らして

細く開けた屋根間に高く
快夏青天
きらりと重なり

珠には
も少し遠くに行けよ
何て語りかける


草臥れ尽くして
眠るだけ
日々ゆく躰は重いけど

まだまだ
ちょいと
もうひと踏ん張り

そんな気持ち
湧きだして
ゆるい猫背をとんと押す

南に駆けて湾岸へ
夜明かし星でも 
探しにいこうか















 バリ暑に逆上せる心はエスケイプ


あら不思議
こんなことまで
出来ますよ的な
プロバカンダ
どっぷり浸って
豊かな生活 夢に見る


  日に十件は来るPR広告
  悪質な迷惑メール


  全て削除するを
  クリックします


放送終了後三十分
今ならなんと
半額の割引価格
で特別ご奉仕
送料無料
分割手数料無料
安心の
一年間無償
故障修理保証つき
お気に召さなければ
二週間以内に
返品して下さい
全額返金致します
お困りごとには
二十四時間
コールセンター対応します


  じゃないんだってば


未経験歓迎
簡単楽々♪
もくもく作業
時給千三百五十円
社会保険完備
通勤費支給
皆勤、資格、
家族手当て有り
(三ヶ月勤務後ボーナス
十万円支給)
無料食事付き
ワンルーム寮有り
赴任旅費支給
月収三十万円以上可
正社員
登用制度有り


  何か違うかなって
  最近


  ばら蒔かれ続ける
  インスタント・ドリーム


相も変わらず
職場のデスク
しがみつくのが精一杯
そんな本音
のていたらく

ど長閑な田舎
ぶらりと眺む
樹緑快空は呼び広がり
いつかの
油絵みたいで

燃え盛るような
熱気
傾れ込んで
冷まそうと
乱痴気風は吹き荒び

粘こい空気に巻かれ
午後の汗だく
ティータイム
いつにも
増し増して輝くばかり


  放たれっぱなし
  遊び好きな羽虫飛ぶ
  筒抜け窓を横切って


真新しい白艶
くっきりと
斜向かいに伸ばす
下ろし立てのガードレール
ほいさと跨いだ
法面っ原で
すくすく育つ
芒付け草に紛れ

さやさやと並び
揺らいでいます




















富士伊 真夜



 父親は


父親には言いたいこと
たくさんありました
娘想いだとは理解しますが
自分の死後のことまで
考えている
娘想いとは言いながら
自分が安心したいだけですよ
ある意味自分勝手
娘には娘の人生があるんです
父親の所有物ではありません
娘、まだ歳が若い
娘の老後を心配するのもどうかと思いますよ
精神障碍者のグループホームに退院させて娘をね
娘がかなり回復しました
はっきり言って
母親に父親が暴力
母親の障碍の重さ
父親と弟の障碍の理解のない、障碍者の母親と娘の扱いがストレスでした
解放されたら
本人は本来の自分に戻りますよ
それを良くなったと言われるのもどうかと思いますよ
娘として姉として
父親や弟に常に正義があって
障碍者には罪しかない
母親は回復しないため
娘も諦めましたけど
障碍の理解のない、扱いを受けたことは忘れないわけです
約八年前
娘が入院した時
父親、娘と連絡取らなかった
病院から連絡だと電話出るんですよ
娘、退院の連絡に逆ギレしたそうです
グループホームが退所できますと娘に言っても
父親はグループホームから連絡ないと相手にしない
今、娘
父親が入院する病院から近いアパートで暮らす
弟と父親は連絡取れず
娘は複雑です
自分の入院は酷い扱い受けたわけで
親孝行するべきですか















 父親六月上旬現在


父親は五月月末に入院した
頚椎が神経を圧迫し
杖をついて歩く
個人の整形外科から
大病院の脳神経外科へ
紹介状を持参して受診
初診だったが
手術しないと寝たきりと告げられる
一度、家に戻り
後日、受診
入院の準備をしている
そして、
入院
コロナで面会禁止で
ナースステーションの前で
娘は父親と別れた
手術は一週間後の予定
二、三日して
父親から電話
今週土曜日、主治医から
手術の説明が午前中にあるので同席して欲しいという内容
土曜日は友人と午後から映画の予定
父に娘は一時間後に再度電話してと告げる
私は友人にLINEで
予定変更を告げ
午後の現地集合で了解してもらった
父親の電話で、同席すると告げる
先週末、娘は父親の手術の連帯保証人を親戚にサインをもらいに徒歩とバスで動いた
菓子折りも娘が準備した
その日、五年ぶりに実家に戻り
父親と会話した
父親が入院する大病院は
下着の洗濯物の面倒をみないため
娘が洗濯することになる
母親は精神病院に入院中
もう死ぬまでだ
弟は公務員で
父親は連絡が取れないと言う
まさかの精神障碍者の娘の出番である
母親の入院費用は
一年先まで払ってあるらしい
弟には女性の存在が見え隠れする
父親は入院
圧迫した頚椎を削ったりするみたいだ
土曜日の説明で詳しくわかることだが
ひと月はリハビリ
その後は転院し
そこで最長三か月
リハビリ入院
大病院はひと月しかリハビリ入院出来ない
先の長い話に娘は
大事だと悟る
父親の面倒が娘一人にのしかかる
神社にも行けず
まさかのお守りは通販である
手術成功御守
病気平癒御守
その二つを父親に郵便で届いた当日に届ける
娘は眠れない夜が多い
だから詩を書いている
なんとか眠れている日々
お父さん
お父さん
お父さん
病院に入院は母親だけでこりごり
正直な気持ち
父親は
正月は車の運転をしていた
働いていた
六月上旬現在
車無理
介護タクシー
院内は車椅子
で移動
宅配弁当をとる日々
外食が出来ない体
先が見えない
もうすぐ日付が変わる
以前なら寝ていた
この頃
時間が限られるので
予定をよく考えている
ネット通販も利用して
生活を
なんとかこなしている日々
スマホを使いこなす娘が
父親にとって役にたっている現実
まともになんでも買い物に出掛けていては娘の体がもたない
ネット通販と買い物に出掛けるのを使い分ける
娘はメモをとり、考える
考える
考える
百均で買ったスケジュール帳はたくさんの文字で真っ黒だ
それでも間に合わず
当日のスケジュールは
メモ用紙に書き出して行動
忘れ物などする余裕もない
したら大変なほど
余裕はない
時間が限られる
時間が限られる















 精神障害者二人


統合失調症と
双極性障害

無職女性
元サラリーマンパパ

精神病院に入院しなければ
人生が交差することさえ
無かった

小説家を目指し
ひたすら
地元の文芸賞に
投稿を繰り返す日々

大学を卒業後
就職
サラリーマン
結婚一娘のパパ

交差しようのない人生
精神病院で交差する

文筆家をほぼ諦めかけて
家族から見捨てられた

離婚してパパと二人暮らし

入院中出会い
いろいろあった

退院後
携帯電話を交換するに至る

長い友情
短い交際
そして友情に戻る

なんと呼べばいい関係か
本人達は戸惑う

アニメ好きな女
シュルレアリスムが好きな男
いつも話しは平行線だ

文筆家
詩人として
芽を出す女
珍しくて
周りにいないからと
詩人のその素質を
認める男

精神障害者のテーマが多い
その詩人の
詩の話は交差する
交差する















 想像詩で精神障害を語れと


想像詩で精神障害を語れ

他の書き方をしたらと

想像詩をもって
精神障害
を語れと

現実を
何に変換しなさいと
言うのかしら

自分の体験
自分の現実
語るしかできない
そうなんですよね
そういうの嫌いな方からしたら
自分のことばっかり語ってないで
他人を語る
それ
薄っぺらくないですか
他人様の
何を語れると言うのですか
私も
他人を語った詩あります
それで
どうなるの
その人の現実
変わるんですか
私自身さえ
自分のこと語って
それだけで
精一杯なのに
他人の何を語れと
では語ってくださいよ
精神障害者の苦しみ
想像詩で
語ってください
語ってくださいよ
私の詩を読んで
自分のことばっかり語るな
あの
精神障害者のこと
大変ですねの言葉もない
私の言葉がたりないの
詩としか
作品としか
とらえない
心腐ってませんか
人としてどうなんですか
どうして
想像詩で精神障害
語らないのですか
どうして
そういう詩
少ないのですか















 芽衣子の絶望


芽衣子は絶望している
精神障害者である
統合失調症で障害者雇用で大手企業で三年間働いた経験を持つ
健常者から精神障害者に転落した時も自分の境遇に随分絶望したものだ
しかし、他の精神障害者に混じり、かなり、腹が立ち、底辺で生きながら、
這い上がれない訳を持つ仲間達に絶望している
働きながら、障害基礎年金で生きていた過去
自分が働いたら、他のみんなも同じことしないかしら
頑張って生きようとしないかな
希望を持って三年間働いてみたがほとんど皆、
えらいしんどいで働きに出た者などいなかった




















水 無 川  渉



 ホテル・カリフォルニア再訪


長い一日の終わりに
ようやく訪れた独りの時間
自宅のステレオの電源を入れる
近所に音が漏れないように
ヘッドフォンを装着し
CDラックの奥から一枚を取り出す
ディスクをプレーヤーにセットすると
目を閉じて疲れた身体をソファに預ける
 
ヘッドフォンから流れるのは
昔よく聴いた十二弦ギターのイントロ
いつ聴いても新鮮だが
同時に懐かしい音楽だ

心地よいサウンドに耳を傾けながら
目を開け 身を起こして
一枚のシングルレコードを
くたびれた通勤鞄から取り出す
その古いドーナツ盤は
ぼくを過ぎ去りし日々へと誘(いざな)った



一九八〇年代初頭のある日
照りつける真夏の太陽の下
中学生のぼくは
街のレコード屋の前に立っていた
しばしの逡巡の後
意を決して足を踏み入れる

ドアを開けると
そこは音楽のワンダーランドだった
冷房の効いた店内には
賑やかな流行歌が流れ
さまざまなジャンルのレコードが
所狭しと並んでいる

アイドルや演歌のコーナーには目もくれず
洋楽のセクションを探す

当時テレビで流行りの歌番組に
興味が持てなかったぼくは
偶然ラジオで耳にした
英語の歌に心を惹かれた
そこでレコードが欲しくなり
生まれて初めてレコード屋に向かったのだ

アルバムを買う金はない
ポケットの中の所持金では
シングル一枚を買うのが精一杯だ
何を買うべきか
慎重に選ばなければならない

洋楽シングルの棚の前に立つと
期待と緊張に胸を高鳴らせながら
一枚一枚レコードを吟味していった

レコードを繰る手がはたと止まり
一枚のシングルに
ぼくの目は釘づけになった

白地のジャケットに
青いネオンサインを模したタイトルが
英語で書かれている
そしてその上には日本語で
タイトルと演奏者名が印刷されていた

 ホテル・カリフォルニア
 歌・演奏/イーグルス

歌もグループもまったく知らなかったが
なぜかぼくは強く心を惹かれた
値段は六〇〇円
これなら買える

ぼくはレコードを棚から抜き取ると
胸を高鳴らせながらレジへ向かい
ズボンのポケットから
百円玉と五百円札を引っ張り出した

自分の小遣いで買った
初めてのレコードだった



はやる心を抑えながら
たどり着いた我が家は
カリフォルニアとは縁もゆかりもない
日本の小都市のウサギ小屋だった

父親のレコードプレーヤーに
ドーナツ盤をセットし
回転数を四五に合わせる
モーターがかすかな唸り声を上げ
レコードが回転し始めると
その黒い円盤の縁に
慎重に針を落とす

イントロのギターが鳴った瞬間
期待とはまったく違う音楽に驚いた
カリフォルニアというタイトルからは
もっと明るく楽天的なサウンドを想像していた
だが実際にスピーカーから流れてきたのは
何とも言えない哀愁を帯びた音楽だった

中学生の耳には
英語の歌詞もよく聞き取れない
タイトルの「ホテル・カリフォルニア」が
サビで繰り返されるのが分かる程度だ
それに当時の一般的な流行歌と比べて
曲が異常に長かった

後半の長い長いギターソロが
フェードアウトした時
ぼくは放心状態だった
ずいぶん時間が経ってから
再生が終わったレコード針の立てる
ぷつぷつというノイズで
ようやく我に返った

何が何だか分からないけれども
とにかく凄いものを聴いたと思った
当時知っていた流行歌とは
まったく違う音楽だ

ぼくはその虜になった



その夏じゅう
ぼくは「ホテル・カリフォルニア」を
毎日聴いた

持っていたレコードが
その一枚だけということもあった
しかしB面の曲もかけてみたが
タイトル曲ほど印象には残らなかった

レコードのライナーノーツには
英語の歌詞も印刷されていたが
訳はついていなかったので
辞書を引き引き訳してみた
だが当時の語学力ではとても歯が立たず
ほどなく挫折した

しかし その印象的なリズムとメロディには
麻薬のような中毒性があった



それから洋楽を聴き始め
やがて自分のプレーヤーを手に入れた
小遣いを貯めてはレコードを買い
いろいろな音楽との出会いがあったが
いつも戻ってきたのは
「ホテル・カリフォルニア」だった

もちろんイーグルスの他の曲も聴いたし
この曲が収録されている
同名のアルバムも買った
けれども結局いつも聴いていたのは
A面冒頭に収められたタイトル曲だった

英語がそこそこ上達すると
歌詞の意味がだんだん理解できるようになり
ストーリーを思い浮かべながら聴くと
さらに曲の味わいが増した

それでも

 空気を通って立ち上る
 コリタスの温かい匂い

とドン・ヘンリーがハスキーな声で歌う
そのコリタスが何なのかだけは
持っていた辞書を引いても分からず
その単語の下に青鉛筆で線を引いた

ぼくはコリタスの意味を知らないまま
砂漠のエキゾチックな花の
甘い香りを漠然と想像しつつ
歌の世界の中に入っていった



砂漠の中をどこまでも伸びるハイウェイ
疲れた旅人が一夜の宿を探している
空腹と疲労で霞む視界の彼方に
かすかに揺らめく灯が見える

たどり着いたのは
一軒の古びたホテル
彼はそこに滞在することにする
そこには亡霊のような声がこだましていた

 ホテル・カリフォルニアへようこそ
 ここは素晴らしいところ
 ホテル・カリフォルニアには客室がたくさん
 一年中いつでも お泊りいただけます

旅人がホテルで出会ったのは
贅沢に溺れ
うつろな目でパーティーに集う
(スピリット)を失った人々の群れだった

なんとか抜け出そうとする旅人は
諦めるようにと諭される
ここはチェックアウトはできても
決して立ち去ることはできないのだからと



あれから月日は流れ
一枚のレコードに胸を躍らせ
遠い異国を夢見た青臭い日々は去った

夢と希望のバブルは弾け
会社という巨獣に魂を売り渡し
プログラムされた毎日を生きる
(この獣はナイフで刺しても決して死なない)

音楽メディアもCDが主流となり
アナログプレーヤーが壊れたのを機に
持っていたレコード類も売ってしまった
「ホテル・カリフォルニア」のシングルも
LP共々手放して
CDのアルバムに買い替えたが
それを聴くことは滅多になくなった
あんなに好きだったあの曲を

さらに時代は変わり
物理的なディスクは不要になった
きょうびではサイバースペースに浮遊する
無形のデジタル情報が音楽と呼ばれている

だが時代の移り変わりに
ついていくのはもう疲れた
人生の長い長いハイウェイを歩くうちに
ぼくはすっかり年老いてしまった



今日の昼休み
職場近くで空いている食堂を探しながら
かわき切った街を歩いていると
小さな中古レコード屋を見つけた
冷やかしのつもりで足を踏み入れると
棚にはアナログレコードがぎっしり並んでいる
懐かしさが胸に溢れ
色とりどりのジャケットを眺めていった

すると一枚のレコードに
目が吸い寄せられた
「ホテル・カリフォルニア」のシングル盤だ
白いジャケットがやや黄ばんではいるものの
昔持っていたのと同じ あのデザインだった
気がつくとぼくはそのレコードを持って
レジに向かっていた

家に持ち帰っても再生装置はない
ただそのレコードを
モノとして手元に置いておきたい
そんなノスタルジアからの
大人の無駄遣いだった

ランチのことはすっかり忘れていた



そして今 ぼくは自室で
今日買ってきたばかりの中古盤を手に
「ホテル・カリフォルニア」を聴いている

ヘッドフォンから流れるのは
リマスターされたCDのクリアなサウンドだ
だがこの古いアナログ盤を眺めながら聴いていると
そこにないはずの針音が聞こえてくる
若いころ何百回と聴いたレコードの
ぱちぱちというスクラッチノイズが
細かい気泡のように脳内ではぜている

何気なく
レコードのジャケットを
ビニールのカバーから取り出して
裏面のライナーノーツを見ると
歌詞の「コリタス」の下には
青鉛筆の線が引かれていた

ライナーノーツを持つ手が震え
目眩のような感覚に襲われた
その古びた紙片から
コリタスの匂いが
立ち上ってくるようだった

この自分もまた
いくらチェックアウトしても
永遠に立ち去ることのできない一人なのか
だがこれが地獄なのか天国なのか
だれが教えてくれるのだろう

カリフォルニアとは縁もゆかりもない
日本の都会の片隅の
古いアパートの一室で
長い長いギターソロを聴きながら思った

今度の休みには
レコードプレーヤーを買いに行こう


 ホテル・カリフォルニアへようこそ
 ここは 素晴らしいところ




















滝 本 政 博



 わたしはわたしの歌をうたう


本当に上手い奴以外は誰もが音痴なのだ
という屁理屈をでっち上げ
歌ってみたのさ
上手く歌えないから叫んでみたのさ
デタラメのリズムで
声を張り上げて
誰かに何かが少しでも届いてくれるといいな

僕らはときおり
ミスキャストの俳優のようだ
虚しいと感じるその時は
自分の気持ちに合っていない
台詞を言っているからかもしれない
言いたいことを言えばいい
わたしはわたしの歌をうたう
あなたはあなたの歌をうたえばいい

わたしは(あなたは)うたおう
いつか噛み合うハーモニーになりますように
少しの勇気と気遣いで世界は生まれ変わる
のではないでしょうか

おおっぴらに生きていい
悔やんで生きても笑って生きても一日は一日だ
両手を広げて飛び降りてみる
放たれた鳥のように
世界の胸の中へ

埃の舞う部屋の窓を開け放て
拳を開いて手の内を見せよう
わたしはわたしの歌をうたう
これが自由というものだ
わたしの陰影は消え
二つの顔を持つことはできない
誰も止めることはできない

飛び上がり靴を鳴らし
お話を始めよう
昼のページを捲り 巡って行く
曖昧さから遠く離れて
あるがままの肖像へ
シルエットになるまで歌い続けよう




















紗 野 玲 空



 心音  2022.7.8


カーン カーン
工場から漏れる いつもの鉄を打つ音 
規則的 堅固な鉄の響き

蚊が震えるような クーラーの囁き
『罪と罰』 進まぬ活字
気だるい夏 窓に映る真っ白な雲

パーン パーン

突然 鋼を打つ音に重なった
耳を劈くような爆音
ボリュームを絞ったテレビが唸る

視線を移したブラウン管
倒れた男 取り押さえられた男
画面は大きく歪んだ

銃撃という蛮行
テレビ SNS 吹き荒れる言葉の嵐
虚実混交の大波が押し寄せる

 思考停止者に漂う 虚無感
  狂気がもたらす 高揚感
   伝播してゆく 捻じ曲げられた虚偽と真実

 全ての行為 出来事は
  歴史という大河の中 生まれる
   必然的に繰り返す 歴史の因果応報

どれ程 重要なことだろう
萎縮せず 粘り強く
言論による訴えを続けることは

トク トク
再び聴こえることは なかった
男の心音

 心情やイデオロギーより
 生活の場から深く考えよう
 明日は 大切な投票日なのだ

非暴力と不屈の精神によって
憲法のもと 一新せねばならぬ
この国の か・た・ち

擬制と虚構の殻を破り
日本の主権者として
歴史の流れ 未来を見据えねば

ドク ドク ドク……
今こそ復活させよう
日本国民の 強き心音を

カーン カーン カーン……
 ドク ドク ドク……

卑屈なあらゆる権力の前
民主主義を担う鋼の心音は
決して消えない















 夜咄 〜一隅を照らす〜


京都東山 高台寺
闇に包まれる茶室
和蝋燭に 穏やかな火が灯る

震える夜気に 揺れる炎
火影に映る人影
樟脳と練香の 仄かな香

金色の菊と桐浮かぶ 高台寺蒔絵
ゆかりの雅な道具が並び
粛々と 茶事は進みゆく

炭の燃える音
釜の湯の煮える音
茶筅の軽やかな響き

雛のよう 引千切の愛らしさ
ぼてっと温い 漆黒の楽茶碗
茶の香立つ さみどりのお薄 

一服の茶に込められる 一期一会
幻想を呼び覚ます 闇 
真の世界を照らす 灯

 * 

客畳 あなたと私の間
燭台の和蝋燭 一筋の白い炎
じっと見つめる
浮き彫りにされた あなたの横顔

茶碗を包む 大きな手
操縦桿を握り 舵を取る
己にしかできない
偉大な仕事をしている あなた

常に前を見続ける 炎に煌めく瞳
心平らかに 無我となり 
一所懸命 
あなたは己が分を尽している

揺れる灯 静かに照らさるるあなた
自ら輝き 一隅を照らしている
あなたが灯す 一灯の光は
周囲をも 明るく輝かす

 径寸十枚 
 是れ国宝に非ず
 一隅を照らす
 此れ則ち国宝なり
    (『山家学生式』)

夜咄に濯われる心 燃え続ける灯心
煌めくあなたに 照らされて
いつか 一隅を照らせますよう
心に小さな火灯し 言葉紡いで


 
※「引千切」(ひちぎり)は、雛祭りの時期に食される京都の菓子




















く   れ



 母の声


母の声が聞こえてくる
ひまわり大地の先の国から
太陽が声に反射して
僕の眼は黒点となっている
僕は銃の引き金を引いたのだろうか?
近くで人の倒れる声がした
その辺りで ひまわりが
風に何度も何度も揺れている
僕の母の声が少しずつ涙声になってきた
生きているのだろうか?
近くの人も銃を持ったまま
ひまわり畑の上に倒れたままだ
一日が過ぎて二日が過ぎた
僕は生まれ変わったのだろうか?
母さんと声に出してみた
近くの人も
母さんと声にだしている
母は泣きながら
僕の頬をなでているようだ
近くの人の母も
同じように彼の頬をなでている
僕たちはどこかで
仲良く笑い会える日が来るのだろうか
そう思いながら
短い時間だが
ひまわり畑の中で過ごした















 寝 癖


眠りが浅く嫌な夢を見た
川の対岸へと泳ぎ渡ろうとして
溺れてしまった夢だ

夢の中では大きな冒険だった
記憶が曖昧なまま
この世の対岸にたどり着いた

夢の中でも
一つ間違うと見知らぬ対岸へと
泳ぎつく事がある 

この世に運と不運があるように
浅い眠りの中にも
見慣れない運と不運がある

洗面所の鏡を見たら
夢に寝癖がついていた
櫛を入れながら運が良かったね
と 呟く声を聞いた

今夜も眠りは浅い
約束事のように断定できるので
夢の寝癖を丁寧になおしていく

運と不運の形は
何度見ても分からないが
この世の対岸に泳ぎ渡れれば
寝癖など気にする事はない



















藍 音 な な を



 judge


叔母が亡くなった
元気よく明るい
子供のようなところがある
我儘で負けん気の強い人

最後はみんなに囲まれて
見守られながら
あら 呼吸が止まったよと
そんな召され方だった

元の性格と認知症も相まって
言い出したら聞かない所もあったけれど
それでも憎めないキャラクターで
最後まで人に囲まれて
愛情深い
彼女らしい末期だった


父が倒れ
病院に入院することになった

認知症も急に度合いが増して
あっという間に要介護3だ

こちらはと言えば
このご時世を受けて
入院患者の見舞いは禁止
導尿の管を自分で勝手に外すので
帰宅も出来ない

認知症のせいか
甘えが出ているようで
妹には一日二十回以上も
電話がかかってくるらしいが
妹も全て取るわけにもいかず
常時マナーモードにするようになった

妹が出ないからと言って
私には相変わらず胸に一物あるようで
かけて来ないのが救いではある


 家では看られないので
 退院したらそのまま施設希望です

病院の面談のとき
希望を聞かれて
妹も私も同じ気持ちだった

家族のため必死で尽くし
辛い思いをしてきた
母にはできるだけ手を尽くして
恩を返したいけれど
自由奔放で我儘し放題で
家族を愛さない者は
家族に愛されない
愛情の因果応報を知るといいと思う

人生の最後に
その人の生き方が出る
そんな話を聞くけれど
叔母と言い
父と言い
ほんとにそうだなと思う

人を愛して愛される人であるのか
人を愛さず愛されない人であるのか
何も持てなくなった終わりの時
その人の生き方に
人生のジャッジが下る

私は少し離れた場所で
それを見届けようと思う
冷静に
少し離れて























瀬   未



 時間の問題


人の爪を切るのは難しい

いつのまにか
気づかないうちに
また伸びている

もともと固い上に
分厚くなっていて
さらに切りづらい足の親指

そこへおそるおそる
爪切りを差し入れる
父は身じろぎして
なかなかうまくいかない

きっと
こちらの不安が
刃先を通して伝わってしまうのだ

慎重といえば
聞こえがいいけれど
思い切ることができない私

もう
時間の問題だね
人に言われれば
たしかに
そう

日にち薬は
ゆるやかに効くもの
父の忘却のスピードには
とても追いつけない

このまま
世話に慣れ一緒に暮らしていくにも
それなりの時間と覚悟がいる
ましてや
互いの為と決心して人に託すなら
なおさら

あまり先延ばしにはできないけれど
今は今の歩みで
行けるところまで
行ってみよう

そのまま
そのままよ

父の耳もとで言い聞かせて
爪切りを持つ親指に
ぐっと力をこめた

ぱっちん!!

乾いた小気味よい音が響いて
白い欠片が
元気よく跳ねる

ハイ、右足終わり

ひろった欠片を渡すと
お茶目な喜寿は
ドンナモンダイ!
自分の手柄のような顔をして
褒めてもらいたがっている

ハイ、次は左足ね

あと
もう少しだけ

一日延ばし
夏休みの宿題よろしく
今は今だけ
この瞬間を楽しんでいる