今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







galapa(滝本政博)  







 新米のレジ打ち


アルバイトでドラックストアの清掃の仕事をしていたのだが
今後は清掃の仕事はなくなるという
というわけで俺はレジ打ちとなった
パートのおばちゃんに付いて何時間か実習をした
横に付いてもらい実際にレジを通す

ポイントカードはお持ちですか
マイバックはお持ちですか
同じ商品はリピートを押せ
割引商品の場合は
野菜などを通す時は
豆腐、お肉、線香、化粧品は透明の袋に入れて
ビールは頭が4番のバーコードで読み取る
テープでいいですかの商品
商品券の処理の仕方
レジ袋に入れる時は固い物から柔らかい物へ
ありがとうございましたなにがしのお釣りになります
15番のアナウンスは釣銭切れの時に
クレジットカードの場合
ペイペイなど携帯決済の場合

焦ってパニックになる
なかなか声が出ない
いい歳とって(還暦過ぎだ)心のなかは泣きべそだ

パートのおばちゃんは親切丁寧に教えてくれる
自主レンがしたければ店長にいって
休みの日でも何時間か出てきてくれるそうだ
LINEの交換をした

妻にきょうあったことを話した
大変ですが何とかやってみます

夜、レジ打ちの夢をみた





                       〔三浦志郎:選〕





 怖い夢


目覚めるときだ
目覚めよ
朝 瞼を開ける
ここは何処だ

シリアルを食べ
首輪をして仕事へ行く
わたしは誰だ

アルバイトでレジ打ちをする
そんなことをしても無駄な抵抗なのだが

半年前
火事があった
ああ なんということだ
すべては燃えてしまった
あれも これも それも

これはなんだ
なぞなぞか
人生は怖い夢の続きなのか

あるときはまた
また あるときはまた
降る雨に濡れつづけている

夜 ポルノを見ている午前零時
生臭い息を吐きながら
わたしは誰だ

もう眠るときだ
眠りという日々の死を繰り返す
怖い夢をみながら





                       〔井嶋りゅう:選〕











小林 大鬼




 福岡堰の雨桜


水門の停留所を降りて
小さな焼そば屋は混み合っていた

茨城県百景福岡堰と刻まれた石碑
小貝川が流れる緑の堤に
満開の雨桜の小道が果てしなく続く

こんな雨の中でも
花見に行き交う傘と人々の波

雨に濡れる鮮やかな桜の写真を
撮っても撮っても切りがない

桜の隧道と幾つもの橋を潜り抜けた先に
懐かしき屋台が連なり人々は足を止めていた

聳えたる福岡堰を越えて
雨桜は菜の花の小道に変わる

小貝川が流れる
どこか異国のような田舎道

林の中の小さな伊奈神社が
人知れず佇んでいた

雨桜の華やぐ夢に
酔い痴れたその日に
二人目の甥っ子が生まれたと
母から翌日に電話があった

携帯に送られた写真には
微笑む母親に抱き抱えられた
蕾のような小さな命

子猿のような赤ん坊の
芽生えたての産毛の髪はまだ濡れていた




                       〔齋藤純二:選〕











山 雀 詩 人




 もやもや


プーン
蚊が飛んでいく
パチン
両手で叩く

いや
私は蚊も殺せないたちなので
叩いたのは
となりの人

その人が両手を開く
いた
手のひらに
もう動かない物体が

パチン前=両手+蚊の体+蚊の命
パチン後=両手+蚊の体
何だろう
この差

命はどこへ消えた
プーンと蚊をはばたかせ
体を宙に浮かばせた


おかしい
1が0になるなんて
1は1
不増不減だ

きっといる
まだこの辺に
いない……いない……
……いない……いない……

いた
天井に
何かがもやもや
漂っていた

何とも不思議なその軌道
空中をふわふわと舞い
見ようとすると
ピッと逃げる

へえ、命ってこうなんだ
こんなふうに浮かんでるんだ
もやもやと
まるで遊んでるみたい

窓を見る
空にもたくさんいた
ボウフラみたいなもやもやが
楽しげに儚げに

いや分かってますよ
ええ分かってます
これは単なる飛蚊症
眼球の老化現象

イヤですねえ
老化だなんて
そういや最近あちこち痛い
こうやって年老いて

死ぬんですかね
私もいつか
あの蚊のように
1から0に

いや
違う
1は1
死ぬんじゃない

もやもやになるんでした
もやもやと漂いながら
お空の上で
遊ぶんでした




                       〔島 秀生:選〕











荻 座 利 守




 時の窓


何もない白い空間に
あなたはときどき
時の窓を切り出して
それをじっと
眺めていることがありますね

まるで自分を包む時間が
全てその窓に
吸い込まれてしまったかのように

その微動だにしない
背中に声をかけるとき
私は
凍りついたドアノブを
握ったときの
鋭い剃刀で切りつけられたような
冷たさを感じてしまうのです

まるであなたの発する体温が
全てその窓に
吸い込まれてしまったかのように

その窓は
ときに過ぎ去った過去だったり
ときに未だ到来していない
未来だったりするけれど
どちらにしても
そのときあなたの存在は
窓に取り込まれてしまって
あなたは時間も体温も持たない
脱け殻になってしまっているのです

ですから私は
あなたを閉じ込めている
凍りついた時の窓を融かす
アイスブレイカーとして
たとえ疎まれ嫌われるとしても
煩わしい雑事や
不愉快な出来事となって
あなたの耳元で
大きな鐘を打ち鳴らしましょう

そうすれば私は
時の窓を埋め戻して
あなたを
今という場に還らせることが
できるのですから

あなたを
冷たい脱け殻ではない
充溢した存在へと戻らせることが
できるのですから

私が打ち鳴らす鐘の音に
気づいてください

そこに込められた
今へと導くメッセージを
どうか受け取ってください





                       〔島 秀生:選〕





 眠る種


一粒の種がある

黒く硬い
種皮に包まれた種が

いま深く深く
眠っていた

眠る種は
種であると同時に
時間でもあった

硬い種皮に包まれた
結晶化された
時であった

それ故眠る種は
遠い記憶の海を
漂っていた

種がもし
人の言葉を解したならば
己が種という名で
呼ばれることを
頑なに拒んだであろう

何故なら
種は種であると同時に
芽であり
根であり
葉であり
茎であり
花であり
実でもあるから

それら全ての形相が
結晶化された
時の内に刻まれていて
黒く硬い種皮の
内側に湛えられた
遠い記憶の海を以て
種という名による限定を
超脱していた

だが種は
人の言葉を知らず
いまはただ深く深く
眠るのみであった

そして
その内に秘められた
時の深みが
無辺なる質料の世界へ
遥かなる無限の未来へと
投射される日を
寡黙に待ち続けている





                       〔三浦志郎:選〕





 "Siochain Shuthain"に思う


"Siochain Shuthain"
と題された曲を聴いた

アイルランド・ゲール語で
「永遠の平和」
といった意味らしい

どこかもの悲しい
旋律であった

なぜ平和の曲が
もの悲しいのだろうか

おそらくそれは
平和を想う心は
悲しみからしか
生まれないからなのだろう

外なるものでも
内なるものでも
平和は大元のところで
悲しみによって
支えられている

悲しみは
二度と立ち上がれなくなるほど
人の心を打ち砕いてしまう
こともあるが

遠く離れた人と人とを
強く結びつけることもある

誰もが悲しみを忌み
避けたいと思うだろう
それは当然のことだ

だが
平和を底から支え
人と人とを結びつける
悲しみには
それだけの力がある

心が打ち砕かれそうに
なったとき
その力への想いが
悲しみに耐える強さを
与えてくれるのではないか

もの悲しい旋律を聴いて
そんなことを考えた





                       〔三浦志郎:選〕











秋  冬




 問 い


いったい
なんのために
生きているのか

 コンビニで
 唐揚げ弁当を買い
 おつりを
 募金箱へ捨てる

ぜんたい
なんのために
働いているのか

 募金の
 使い道は
 知らない

いったい
なんのために
半世紀も生きてきたのか

 コンビニの
 駐車場で
 酔って
 大きく笑う
 老人がふたり

ぜんたい
なんのために
遅くまで働いていたのか

 久しく
 笑ったこと
 なんてないと
 気づかされる

いったい
いつまで
生きるのか

 店内に
 戻って
 缶チューハイを
 四本買う

ぜんたい
いつまで
働くのか

 子供みたいに
 はしゃぐ
 ふたりに
 差し入れをする

いったい
いつまで
生きなければならないのか

 募金好きの私は
 時々 募金みたいなことをする

ぜんたい
いつまで
働かなければならないのか
 
 肩を組まれ
 一緒に飲もう
 と言われたが
 飲めないから
 と嘘を吐いて
 蒸し風呂のような
 狭いアパートを目指す

いつから
私は
どうでもいい
ことばかり
考えるように
なったのだろうか

 おにいさん
 いい人だね
 気をつけて
 帰りなよ
 お仕事
 ご苦労さま

いつから
私は
どうにもならない
ことばかり
考えるように
なったのだろうか

 振り返り
 子供みたいな老人と
 手を振り合ったら
 笑いが込み上げる

いつまで
私は
答えのない
問いを
問い続けるのだろうか

 昨晩も
 唐揚げ弁当だった
 ことを思い出して
 小さく笑う

いつまでも
私は
答えのない
問いを
問い続けるのだろうか




                       〔井嶋りゅう:選〕











L i s z t




 ひまわり


 市内のあちこちにバリケードが築かれ、その傍らで避難する人々
がごったがえしていた昨日までとはうってかわって、今日はひっそ
りと人通りの絶えた街路に、北国の短い夏の陽が差し込んでいる。
ときおり、バリケードを補強するために土嚢を運んだり積み上げた
りする兵士の姿を除けば、敵軍が間近に迫っているような気配はど
こにも感じられない。むしろ、のんびりした空気さえ漂っている。
そこかしこに立ち並ぶ教会や修道院の玉ねぎ型のドームは、柔らか
な金色に輝き、その白亜の壁に沿ってマロニエの並木道が続く様子
は、欧州の中でもとりわけ長い歴史を持つ、古い都にふさわしい。
 マヌエルは国立美術館のバルコニーの上に立ち、西に傾いた日の
光を半身に浴びながら、街の彼方、北東に果てしなく広がる平原に
目をやった。明日ともなれば、戦車部隊を中心とする敵軍の主力が
あの沃野を蹂躙して瞬く間に首都に到達し、市街戦が始まるだろう。
空爆も覚悟しなければならない。今、眼前に広がるのどかな光景と、
未来の避けがたい破局との落差に、マヌエルはただ戸惑うばかりで
ある。
 思い起こせば、総選挙の結果、民主派が政権を獲得したあの日、
歓喜に沸く支持者が街路に繰り出し、赤と青の国旗を打ち振り、国
歌を高らかに歌うのを耳にしたのもこのバルコニーではなかった
か?どちらかといえば、自分はあのときお祭り騒ぎから距離をとり、
この美術館が展示する絵画を眺めながら、静かに時を過ごすことを
選んだのである。なぜなら、民主派の主張する改革が急進的なあま
り、東方の大国との間に軋轢が生まれ、早晩、祖国の存立が危機に
さらされる、という不安が、眼前に繰り広げられる市民の熱狂が大
きければ大きいほど、却っていや増すのを感じたからだ。そして自
分が愛してやまない絵画の前に立つことで、少しでも穏やかな気持
ちを取り戻したかったのである。
 あれからわずか三年、懸念は的中してしまった。経済の立て直し
と安全保障の強化をねらって新政権が外交政策を大胆に転換したこ
とが国民の間に対立を引き起こし、それが口実となって他国の侵攻
を招く結果となった。いざ、そのときになって、援助を約束した国々
は躊躇し、今もって直接介入する気配はない。結局、戦闘で血を流
すのは我が国の市民と兵士たちだけだ。美しい国土は荒廃の一途を
たどっている。
 そもそも、我々は知り抜いていたはずではなかったか?革命を求
める人間の希望が必ず出会わなければならない挫折と混乱を。この
一世紀の間、真の自由と独立を目指した数多くの国で繰り返された
悲劇を。大国のエゴの犠牲となり、革命は流産し、共和国の夢は潰
え、粛清の恐怖が夥しい難民を生み出してきた、その幻滅の歴史を。
まるで古ぼけた白黒フィルムの中の出来事が、今、我々の目の前で
繰り返されているかのようだ。
 こんな虚無的な感情にとらわれながらも、マヌエルは共和国の軍
人の一人として戦う意味を必死に見出そうとしていた。そしてたど
り着いたのが、やはりこの美術館だった。
「大尉、ここにおられましたか。所蔵していた絵画と彫刻は、ハヴ
ェル教授のご指示のもと、移送の際に決して損なわれることがない
ように全て厳重に梱包しました。すぐにでも搬出できます」
バルコニーまで報告にやって来た若い兵士を振り返り、わかった、
と頷くとマヌエルは急いで屋内に入って階段を降り、教授の待つ一
階の大きな展示室に向かった。ハヴェルは絵画の修復技術の専門家
であり、政府の文化財保護委員会の座長を務めている。マヌエルと
は旧知の仲だった。
 すでに首都をあとにして西方の国境を目指して移動しつつある数
多くの避難民とともに、祖国の芸術家が残した偉大な遺産は、どれ
一つとして、敵の手に渡すわけにも、また、混乱の中で損なうわけ
にもいかない…そう考えたマヌエルが、ハヴェルに美術品の安全な
梱包と移送を指揮してくれるように依頼したのだ。
 展示室に入ったとき、白髪で痩身のハヴェルはマヌエルと兵士の
方に背を向けて、もはや一つの絵画も掛かっていない大きい真っ白
な壁をじっと見つめていた。その様子は、いつも見慣れた温和な書
斎人としてのハヴェルとはどこかが違う。悲愴な感情をじっとこら
えているように思われた。室内の柔らかな光線に照らされて、いっ
そう背が高く見え、まるでスペインの画家が描いた聖人のようだ。
その様子に一瞬気圧されながらも、マヌエルは語りかけた。
「教授、ご協力とご尽力に感謝します。梱包が完了してお疲れのと
ころ大変恐縮ではありますが、敵軍が間近に迫っています。もはや
一刻の猶予もありません。これらの美術品を直ちに国境に向けて移
送しますので、どうかご同行の上、指揮・監督をお願いいたします」
 ハヴェルは、相変わらず白い壁の前に佇んだまま、すぐには答え
なかった。その沈黙の時間は重たく緊張をはらんだものだった。や
がて老教授は、おもむろにこちらを振り返ると、壁のある一点を指
さしながら口を開いた。
「マヌエル、君は覚えているかね。ちょうどその位置に掛かってい
た、ひまわりの絵を」
「覚えていますとも。一面に咲き誇るひまわり畑の絵ですね。詩人
にして画家のウォルインスキイが描いた、忘れがたい一幅の絵。我
が国の美しい夏をあれほど印象的に描いた作品を他に知りません」
「今さっき、その絵を梱包しているときだったよ…息子の戦死を知
らされてね」
マヌエルは言葉を失った。と同時にすぐさま脳裏に浮かんだのは、
きのう国外へ避難させるために別れたばかりの妻と幼いひとり娘の
姿―「私たちのことは心配しないで」と涙一つ見せず気丈に振る舞
う妻と、これが父との永遠の別れになるかもしれない、などという
ことはわからず、ただただ、あどけない笑顔を浮かべている娘の姿
であった。
「志願兵として前線に行く、と言われたとき、私にはそれを思い止
まらせることができなかった。それもそのはずだ。誠実に生きるよ
うに、常に理想を持って生きるように、と教え育てたのは、この私
だから…。今になって、愛する祖国のために身を捧げようとする我
が子を「命を捨てに行くようなものだ」と言って押し止めようとす
るなら、それこそ甚だしい自己矛盾ではないか?そして、どうだろ
う!今、私はその全ての結果の前に打ちのめされている。あの絵の
ひまわりのように息子の人生が豊かに花開くことを妨げたのは、こ
のわたしではないか?」
 もはやハヴェルの声は苦痛に震えている。マヌエルにも、かける
言葉が見つからない。しかし、再び訪れた沈黙を振り払ったのは、
意外にも教授自身であった。
「すまない、取り乱したところをお見せしてしまって。これから敵
軍に立ち向かおうとしている君に対して恥ずかしい。私も目の前の
任務に全力を尽くそう。それこそ、息子に対して口が酸っぱくなる
ほど教えてきたことだから。今この瞬間も、敵の戦車が我が国のど
こかで、ひまわり畑を踏み潰しているかもしれない。それならば、
せめて絵の中のひまわりだけでも守り抜かなければ…。いつの日か
再び美術館の真っ白な壁に展示して、国民が、その絵の太陽のよう
な明るさから新たな『希望』を汲み取ってくれるように」
ハヴェルはこれだけ言うと、マヌエルに向かって手を差し出した。
二人がお互いの掌を固く握り締めたとき、老人の眼から堰を切った
ように涙が流れ落ちた。
「君、生き抜いてくれたまえ!」それだけ言うと、くるりと背中を
向けて、教授は展示室の出口の方へ歩き出した。その姿は、すでに
この世を離れた存在のように見える。マヌエルは傍らの、まだ少年
の面影を残す兵士を振り返ると、国境への移送の間、教授を精一杯
お助けするように、と命じて、急いで後を追わせた。
 今や広い展示室にひとり残されたマヌエルの耳に、中庭の噴水の
音が聞こえてくる。その静かで単調な調べが、今しがたのハヴェル
の震えがちな声と微かに響き合っている。掌にほのかな温かみが残
っているのに気がついたとき、マヌエルの心に「友愛」という言葉
がごく自然に浮かんできた。
 たとえ、劣勢が明らかではあっても、市街戦を少しでも引き伸ば
し、避難民が全て安全に国境を越えるまで、また、ハヴェルが美術
品を無事に国外へ運び出すまで、とにかく時間を稼ぎたい。虚無感
にとらわれている暇はない。軍人としての役目に徹しよう。
「決して目には見えない『希望』と『友愛』のために戦うことは、
果たして意味のないことだろうか?」
マヌエルは誰に言うともなく呟き、美術館を出て、バリケードの
確認に向かうのだった。





                       〔齋藤純二:選〕











エ イ ジ




 ギター弾きのオーグスティンに捧げる詩


ギターの旋律の向こうに
草むらが見える
木が見える
花も見えると

風を感じる
暑さの中の
涼しい風を感じる
空気が漂うのを感じる

低音の弦が鳴ると
土を感じる
土の柔らかさを感じる
土を踏みしめて行く

またあの公園に行った
すると耳に馴染んだ音が
一人のギター弾きが
公園でギターを弾いていた

公園の椅子に腰かけて
親指で低音を
残りの指で他の弦を
ポーンビオロンビオロン
ザッ ザッ ザザッ ザザ ザザッ

僕は彼の前に立ち止まって
しばらく微笑んで
音を感じていた
ある空梅雨のよく晴れた午後に





                       〔島 秀生:選〕





 旅人かへらず


1993年10月17日
シカゴ、オヘア空港に降り立った
既に3回目のアメリカだった
語学学校のレセプショニスト
ベッキーさんが迎えに来てくれた

1年半の留学だったけど
沢山すぎる思い出が残った

みんなで食べたドミノ・ピザ、サブウェイ、マクドナルド
ビリヤードにボーリングに明け暮れたユニオン
夜遅くまで友達と勉強したクリストファー・センター図書館
ランニングにジムに水泳 汗を流したフィットネス・センター
発音をカセットテープで徹底的に練習したランゲージ・センター
留学生とアメリカ人学生と討論した思い出……

今 僕の第二の故郷として甦る
インディアナは ヴァルパライゾ大学
いつまでもとどまっていたかった
最低4年はいたかった

僕らは留学生 なので
絶対帰らなければならない家がある
断腸の思いで去った……

まだ僕の思いはかの地の
大学のキャンパスを彷徨っている
永劫に彷徨うことだろう
人生の旅人となって
ああ「
幻影の人」よ
旅人かへらず


 
※1 西脇順三郎詩集「旅人かへらず」の序文より
 
※2 西脇順三郎詩集より





                       〔三浦志郎:選〕





 Night Lights


マンションのカーテンを開けると
煌々と輝く灯りが
まばらに見える
まだあのビルには人が働いてるのかなあと
ぼんやり外を眺めている

あー今日も精一杯頑張りました…か
そんな時間だけど
まだ寝たくない
いつもの宵っ張り

ジェリー・マリガンの「Night Lights」を聞こう
マリガンのピアノがそっと鳴る
自分を鼓舞してくれるのもジャズであり
また一日の終わり 疲れた体を横たえる時
自分を慰めてくれるのもジャズである

そんなことを考えているうちに曲は
「カーニヴァルの朝」に
ささやかに響く 小気味良いラテンのリズムが
そっと後ろから僕を支えてくれるようだ

In the Wee Small Hours of the Morning
Prelude in E Minor
Festival Minor
Tell Me When
と聞いているうちに
もう12時を過ぎた

そろそろ疲れたな
寝る準備をするかな
その前に熱帯夜だし
冷えたカルピスソーダを飲んでスカッとしよう

あーうまい
でも飲み物なんて
この一瞬ののど越しで終わりだよな

その後疲れた体を
そっとベッドに横たえた夜





                       〔三浦志郎:選〕











雪 柳 (S. Matsumoto)




 海の記憶


ふるさとを想う時
思い出すのは いつも
海と 浜辺に響く笑い声
毎日のように 渚で潮風に吹かれて
波と 砂と 日暮れまで遊んだ
楽しかった幼い頃
その砂浜が
今は消えてしまっているという
遠い日の幸せとともによみがえる
懐かしい海の風景は
もうないのだ
昔の愉しかった時間もまた
流れ去って戻らない
まるで 夢で見た出来事

この世界に
永遠なものは何もない
生まれ出て うつろい 消えてゆく
皆 そのような存在

過ぎていったものは
もう会うことのないまぼろし
今在るものも 人も
それを映す心も
そのまま留め置く術はなく
存在すること 生きていることは
夕暮れがつくる影のように儚くて
寂しさに
悠久の時の 魔法や奇跡を
思い描いてみたりする

海は 姿を変えながら
それでも 
ずっと波打っているだろう
生まれては消える そんな中の
もうひとりのわたしのような
誰かの記憶にも
きっと 同じ幸福な時間を刻むだろう
いつか未来の 時のどこかで
また会ったねと
懐かしげに
昔語りを聞かせるように
時が繰り返す はるかな物語の中で





                       〔島 秀生:選〕











ま る ま る




 菜箸の威信


水玉模様
縞模様
好みに合った柄付き菜箸
キッチンを少し 華やかに
台所の主婦の 余裕

子どもの頃に
見慣れていたのは
昔ながらの木の菜箸
端から端まで
飾りは 無し

一日に一度は「塩ひとつまみ」
直接指でつまむのをためらう
指に塩が付いちゃうから
ものぐさの私の手は止まる

鍋を混ぜる
昔ながらの菜箸片手に考える
煮汁の箸で 塩は取れない
どうしようかと考える

鍋を混ぜる
昔ながらの菜箸片手に鍋を見てたら

ひらめいた

飾りのないこの木の菜箸は
反対側も菜箸になる
ひっくり返して塩壺に
すっと差し込み 塩ひとつまみ
指と同じに美味しくできて
壺にも馴染む その菜箸

端から端まで木の色の
昔ながらの菜箸は
飾りも気取りも 何もない
キッチンに華ももたらさない

端から端まで木の菜箸は
飾りも気取りも何もない

だけど代わりに
無駄もない





                       〔三浦志郎:選〕











妻咲 邦香




 バナナ


バナナが
バナナでなくて
何だろう

何だろう

黄色い顔して
艶やかで
人を
人間を
斜めに見ている

少し小馬鹿にしたように
鼻でふふんと笑いながら
愛嬌など微塵も見せないで
横目でちらちら
眺めている

舐めるように
人間を
人間のことを
眺めている

私を
私のことを
ながめている

ああ覚えてる
温もりが足りなくて
泣いたこと
愛情が多過ぎて
泣いたこと

ああ
あなたはバナナ
食べられるとも知らないで
美味しいことも知らないで
スマートなのをいいことに
名前の通りの風貌で
「私はバナナ」と言っている

バナナでなくて
何だというのか

バナナだろう
紛れもなく
バナナであろう

いや
バナナであって欲しいと
そう願わずにはいられないほど
あなたはバナナ
バナナ
なのだ

それ以外は考えられず
それ以外は許されない
そんな名前の
あなたは

ああ覚えてる
共に生きたこと
共に歩んだこと
覚えているよ
私のバナナ





                       〔青島江里:選〕











じじいじじい




 こころ


ありがとうっていえるひと
みんなにかんしゃのこころをもっている

ごめんなさいっていえるひと
わるいことをみとめるこころをもっている

がんばれっていえるひと
みんなをみとめるこころをもっている

すきだよっていえるひと
みんなにすきっていわれるこころをもっている

ありがとう ごめんなさい
がんばれ すきだよ
すなおなこころをもっているから
いえるんだよね





                       〔三浦志郎:選〕











秋 さやか




 幼 少


夏草の匂いが
立ち込めて
体じゅうに充満していた

痛そうなほど 
あかあかと滲む
夕暮れの空

皮膚に纏わりつく
生温い風が
自分と世界の境目を
絡めとってしまいそうで

逃げるように走り出せば
生い茂る夏草のなかへ
躊躇う間もなく転倒した

その先へ
放り出される虫かご

体の一部が
分解したような気がしたのは
虫かごを持っていたことを
忘れていたから

いま起きたことも
またすぐ忘れ
なにごともなかったように
立ち上がると

突き刺すような視線を
夕日に向けて
出口を探した

空がゆっくりと
瞼を閉じてゆく途中

どこかから
きこえてくる
遠汽笛

夏草の匂いが
いっそう濃くなる

震える鼓膜
を伝わって
震え出す胸の奥

また
置いて行かれてしまう

最後に見た
母さんの顔は
笑っていただろうか
泣いていただろうか

叫びたい衝動を押し込めて
捕まえたばかりの蝶を 
虫かごから放てば

不器用に羽を
風へ馴染ませながら
風へ帰ってゆく

まだ 
畏れを知らない
膝小僧からは
胸の熱さの逃げ場のように
血が流れ出している

いつか指先の
ほんの小さな ささくれさえも
許されないものに
なってしまうことを
まだ知らずに

無力だけれど
無敵でいられる夏を
膝小僧だけが
正しく
記憶し続けるだろう





                       〔島 秀生:選〕











江里川 丘砥




 不思議な朝


なんの前触れもなく
初恋の人が
夢に出てくるだなんて
不思議な朝だ

もう随分前に別れてから
また会うことはなかった
最近誰かとそんな話をしたわけでもなかった
それなのに突然
あなたはこうして
夢に出てくる

そして
目が覚めて
あの頃のことを
思い返す

あなたはもっと
そばであなたのことを見ていてくれる人が
よかったのかな
だけど
私はあの頃
もっと遠くへ自由に飛んで行きたかった

あれから時は経ち
見る影もなく変わった
世界も
周囲も
私も

ある日を境に飛ばなくなった私を見ても
きっとあの頃のように
困りながらも
「大丈夫」
そう言って
あなたは笑って励ましてくれただろう
笑った顔が好きだった
あなたのことを思い出す

きっとあなたも
どう愛するかなんて分からなかった
だけど
一生懸命に好きでいてくれた
やさしくて明るい心根に惹かれた
あなたのことを思い出す

手を離さなければと思うこともあった
だけどきっと
ずっと一緒にはいられなかったね
そのことも分かってしまうくらい
時は過ぎ
もう会うこともないのだろうけど

その暖かな心が
今もあなたを幸せで包んでいることを願う
どこにいるのかも
わからないけれど
笑っていた顔を
やさしい心根を
「楽しかったね」そう言って別れた
最後に隣にいた時まで
あの笑顔で笑っていてくれたことを

心のどこかに
いつまでもある
初恋を
思い出す

きっと
誰にでもある
不思議な朝だ





                       〔島 秀生:選〕











cofumi




 青いハンカチ


手に握っているのは
小さく折り畳んだ青いハンカチ
何かにすがっていたくて
呼吸を整えるための相棒が欲しくて

手に汗握る瞬間も
手中にある安心感で
ギュッと小さく一握りしたら
飛び出しそうな心臓が落ち着く

通り雨にも
陽射しの攻撃にも
一振りで大きくなって
何の取り柄もない私を
守ってくれる

心が汚れて曇ったら
汗や涙が埃にまみれたら
綺麗に拭うこともできる

昔の映画で見た
黄色いハンカチなら
君への合図にもなるのに
僕のは青いハンカチだ





                       〔井嶋りゅう:選〕











Osada




 アバロン


ボディの色が気に入ったので
エレキギターが欲しくなった
カタログにはメーカーの最上位機種と
色の名前は「アバロン」とある

検索すると「AVALON」がヒットした
イギリスの何処かにある伝説の島だ
美しい林檎が実り 妖精達の歌う楽園
聖剣エクスカリバーはここで作られ
アーサー王の遺体が眠っている

えらく格好いいけど
何でそれがギターの色なんだ?

カタログのカタカナ表記が気になった
この綴りだと「アヴァロン」では?
英語のスペック説明文を読んでみると
Colorは「ABALONE」じゃないか

英和辞典にはメキシコ貝と
それから アワビ?
ずっこけたけど
何故だかますます気に入った

貴婦人の色香が漂うボディライン
明るく枯れたブルーグリーンの下地に
虎の縞模様のような暗緑色の杢目が
びっしりと走るアバロンカラーの電気六弦琴
こいつは暴れてくれそうだ

問題は飛びっ切り高価だってこと
新車が一台買えそうです

気分はアーサー少年なんだけど
引っこ抜けない聖剣エクスカリバー
妖精達の歌声が遠ざかって行く

やっぱりこいつは伝説の島
遥かな沖の岩礁で採れる
アワビでも食って諦めよう





                       〔齋藤純二:選〕











プラネタリウム




 港の恋物語


港町には物語が生まれやすいんだって、誰もが知ってる。コウカイが多いからだって。


最後から7人目の恋人は汐風がよく似合う君。

溶けたアイスを舐めたかったのに、鴎の羽ばたきに驚いて落としてしょげた青空があっ
 たね。地平線を眺めて、手を繋いで夢を語り合った夕焼けだって覚えてる。
冷たい風に君の赤毛が揺れて美しかったのは特に。

「船を見送るのが好き」だと、君は汽笛の音に耳を澄ませて目を閉じる。瞼の裏にどんな
 景色が広がるのか知らないまま、黙って船乗りに手を振った。さっさと出航してしまえ、
 と諦めて帽子のツバをそっと摘んだ。
見ていられないほど真っ直ぐな船出。
「もう行こう」と言ったのはどっちだっけ?

船を送り出し続けた夜の終わり、『また、いつか』と書いた置き手紙を、朝日にそっと残し
 て君は部屋から消え去った。
もう戻らないことはわかっていて、それでも次を期待させる優しさに笑みがこぼれる。周り
 を見れば、君の匂いまでもトランクケースに詰め込んだのだと気が付いたよ。
君らしくて、心底憎い。
もしも本当に『いつか』が部屋のドアを叩いたら、きっと腰を抜かしてしまうから……

二度と帰らないで。


昨日までと同じように、午前7時に路面電車が家の前を通り過ぎて誰かをどこかへ連れて
 いく。楽しげに笑う乗客に、お達者でと合図を送った。

……そうして、波音が耳をくすぐる港町へ降り立ったのは最後から6人目の恋人の貴方。





                       〔齋藤純二:選〕











朝霧 綾め




 夏 至


夏至はいつだろう、あの子の呟きに
いつだろうね、と答える
繊細な感性、敏感な自然観
そう思ってもらう計算も期待もない
私たちはそこまで器用ではないのだから
あの子が夏至のことを聞いたので
私も安心して、
日がどんどん長くなっていくね、と答えた

二日後、校門の前で会って一緒に帰った
小テストのこと、先輩のこと
学生らしい話題のあと
ゆったり訪れた沈黙に
あの子は口を開いて言った
「おととい、夏至の話を、したのだけれど」

学生だらけの道路は暑くてうるさくて、
え、と聞き返すと、
しっかりゆっくり、もう一度言ってくれた
「おととい、した、夏至の話」
私はあちこち走り回ってつかれていて
げし、の意味がわからなかった
それでもあの子は凛として
「家に帰って調べてみたら、その日が夏至だったの」

ようやく思い出して、なぜかうれしくて
じゃあ、あの日の太陽がいちばん高かったんだね、と目をみひらいた
めったに表情を変えないあの子も
小さく笑って、そうだね、と言った

古事記の神さまにちなんでつけられた
その子の名前が美しかった





                       〔島 秀生:選〕





 蛇使い


三年前、本気で
蛇使いになろうと思っていた

楽しげに、笛を吹けば
蛇だって、五体揺らして踊ってくれる
蛇と話せたら
楽しいだろうと思った
私の黒い鞄から
蛇の赤い舌が飛び出していたら
みんな驚くだろうと思った

二年前、本気で
鷹匠になろうと思っていた

藍染の頭巾を被り
革の手袋を嵌め
からすだって何だって
腕にのせてみたかった
誰も構ってくれないなら
鳥でものせて目立ちたかった
水のいっぱい入ったコップを
手首に載せて歩く練習までした

それから二年経ち
私が蛇や鷹など連れてないのに
話しかけてくれる友達ができた
私はかたくなな心を開いた
パンダやコアラが好きな子たちだった
その子たちの誰ひとりとして
蛇や鷹は連れていなかった

今日、本気で
詩人になろうと思った





                       〔三浦志郎:選〕















紫 陽 花




 ミルフィーユ


あなたに笑って欲しくて
嘘をついた

ミルフィーユみたいに何層も何層も
毎日嘘を重ねた

優しくて甘い嘘
今日のミルフィーユもサクッと軽く
できたかな

ほわっと幸せな気持ちだけ残るといいな

だから、今日も私は嘘を重ねる

また、歩けるようになるよって





                       〔井嶋りゅう:選〕





 私は人魚姫


今はまだ この不自由な足が生えてる
特に近頃は左足が動かない

よっこらよっこら 一生懸命掛け声かけて
左足を引きずる

これが水の中ならすいすい動けるのに

どうやら私は人間になる前の魚に戻っていってるようだ
ああ、鉛のように左足が重い
その上 空気が刺さるようにまとわりついてる

ある朝目覚めると、あら右足までパンパンに腫れている
こうなると今日は一歩も歩けない

慌てた家族に病院に連れていかれる
お医者さんは、微笑んで「水が溜まってるだけですよ、このテープを
巻いて様子をみましょう」なんて優しく言ったけど

そんなテープに意味なんてない

これは私が魚に戻っている途中経過
きっと、先生も分かってる

この前 はっきり気づいたのは お風呂の中

浴室まで、ズルズルと足を引きずり
まずは右半身を浴槽によっこらしょ
次にほとんど動かない左足を浴槽の縁にかけて
なんとか左手で左足を少し持ち上げて
ジャボーン!

体全体を水が優しく包み込む
ああ!なんて自由 なんて天国
あの息苦しい空気から解放されて
両足をふうわりと水の中で浮かす
もう、このまま泳げそうなくらい
いつもの顰め面が、これ以上ないほど緩む
今は、まるで聖女の微笑み

やっぱりまずは、可哀そうな左足 
いや 左の尾びれをさする

よしよし 今までたくさん歩いたね 頑張ったね

水が溜まって少し透明がかった薄赤い足は水の中で
それは本当の尾びれのようにユラユラ

あの意地悪な空気達と違って水達はビロードのように
滑らかに私の尾びれを撫でる

早く帰っておいで そんな声が聞こえる

そろそろ私の地上の生活も終わり

私は人魚姫になる





                       〔青島江里:選〕











ピ ロ ッ ト




 老舗の親父


眉間に皺を寄せて
牛の舌を凝視する
赤い炭火 禿げた頭をてからせる
黒縁眼鏡 丸顔の親父

焼き網の上 
太い指に菜箸握り
慣れた手付き
丁寧に 素早く 肉を返してゆく

しわがれ声で お喋りに興じる
出勤前のマダムたち
上司の愚痴に 口角泡飛ばす
会社帰りのサラリーマン

無表情の親父は 客に目もくれず 
ただ黙々と
寸胴鍋のテールスープ
ゆるりゆるり かき混ぜる

暖簾のしみ 黒光りした柱
壁に貼られた 色褪せた切り抜き
親父そっくり 調理衣の初代
人知れず 沈黙の中語られる 老舗の歴史

麦飯 牛たん テールスープ
伝統が培う優しさ 体中の血と共に駆け巡る
旨味 塩梅 言葉も滅する妙なるものの 
滋味深く ほんわか湯気に包まれる

カウンターの前
親父は脇目も振らず 肉を焼く
無愛想な顔に
人情の皺 刻み込んで

みかん色 裸電球の火影は揺れる
「伊達の夢」 盃重ね
穏やかにたゆたう 重たい頭
仙台の夕餉 仙台の夢幻……

客のざわめき 熾火のはぜる音
巨大な飾り駒 「王将」背後に従えて
きらっと 静かに光った 親父の目
そのふくよかな厚い手は 休むことを知らない





                       〔島 秀生:選〕





 葡萄に栗鼠


唐紅に染まったもみじ もみじ
ひっそり 静まり返った境内
燃えるような 赤なのに
漂うあの静謐さは 何だったのか
蒼色の天鵞絨 
苔の吐息だけ響いていた
清らかな冷気に 

伊達家の菩提寺 瑞巌寺
桃山様式の粋尽くし
政宗が 五年かけ完成した
都の典雅さとは異なる美 
孤高な武骨さが刻まれていた

 *

濃紅の落葉の如く
堆く重ねられてゆく 過ぎし月日
寺を訪ねた思い出も 薄れゆく
全ては 落葉の吹き溜まり
遠い潮路を渡る風にかき消される

音もなく心に散る もみじひとひら
赤く灯る 一つの記憶
栗鼠が一匹
複雑に絡まる 山葡萄の蔓
葉陰に身を潜め
たわわに実る葡萄を 見詰めていた

左甚五郎が彫り
欄間の中 閉じ込めた
葡萄に栗鼠 生の表象
武道に律す 伊達の魂

 *

琥珀の中 姿そのままに生きる小さな虫のよう
心の底 黄昏ゆく紅葉
栗鼠は今も じっと息を潜ませている
葡萄の葉陰に
豊かな尾を 蔓と踊らせて

栗鼠は 何かを待っている……

否 
心の中住む栗鼠は 絡まる蔓を器用に渡り
その小さな両手に しっかりと掴む
葡萄一粒
きっと





                       〔三浦志郎:選〕