□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 314号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十七年

 戦後七十七年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さん 既刊詩集。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さん 既刊詩集

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさん 既刊詩集 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさん 既刊詩集

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さん 既刊詩集

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス 』(純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。

 *本詩集と、日頃の雨音さんの女性の生き方像が評価され、
 ★☆★ 祝 ★☆★

   
雨 音さんが、第二回宮尾節子賞 を受賞されました!!


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。




Kazu.さんが新詩集を出版!!

   坂井一則 詩集
    
『 夢の途中 』(コールサック社)

    2021年 11月刊
    ISBN978-4-86435-501-8 C0092
    定価(本体1,800円+税)

 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます




富士伊真夜さんが新詩集を出版!!

  
  富士伊真夜 詩集
      
 長い旅  (純和屋)

  むしろ心を病みそうになってる人こそ、読んで読んでほしい

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



 ★☆★ 祝 ★☆★

●くれさんが新詩集を出版!! 3月11日の震災11年目の日に。

  
木村 孝夫 詩集
  『 十年鍋 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2022年3月11日刊
    ISBN978-4-88330-027-3 C0092
    定価 1,320円(本体1,200円+税)
 販売:らんか社


 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます













 編集雑記


◆第7波の比較及び状況──大阪府・東京都

 

大阪府における新型コロナウィルス第7波の感染状況

(感染者が4000人を再び超えた7/5からを第7波と見て、7/30までの中間集計と分析)

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

19,966

18,995

56,368

54,670

49,575

51,955

37,695

18,637

13,771

8,060

2,526

123

332,341

不明377

構成比

6.0%

5.7%

17.0%

16.4%

14.9%

15.6%

11.3%

5.6%

4.1%

2.4%

0.8%

0.0%

100.0%

除く

第6波における構成比

8.5%

6.5%

16.2%

16.5%

15.1%

14.9%

9.5%

4.7%

3.9%

3.0%

1.1%

0.1%

100.0%

第5波における構成比

4.7%

3.0%

14.6%

27.2%

17.0%

15.5%

10.9%

3.5%

2.0%

1.3%

0.3%

0.0%

100.0%

参考:人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

新規重症者数

4

0

0

4

1

1

10

16

13

16

5

0

70

構成比

5.7%

0.0%

0.0%

5.7%

1.4%

1.4%

14.3%

22.9%

18.6%

22.9%

7.1%

0.0%

100.0%

第6波構成比

1.1%

0.4%

0.5%

1.1%

1.0%

5.1%

8.7%

14.0%

38.3%

24.9%

4.6%

0.4%

100.0%

第5波構成比

0.0%

0.0%

0.3%

2.3%

7.4%

23.6%

32.5%

17.8%

10.7%

5.1%

0.3%

0.0%

100.0%

感染者数に対する重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.1%

0.2%

0.2%

0.0%

0.0%

第6波における重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.2%

1.0%

0.5%

0.8%

0.1%

第5波における重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.5%

2.9%

5.0%

5.2%

3.9%

1.0%

0.0%

1.0%

死亡数

0

0

1

0

8

16

20

46

36

4

131

構成比

0.0%

0.0%

0.8%

0.0%

6.1%

12.2%

15.3%

35.1%

27.5%

3.1%

100.0%

第6波構成比

0.1%

0.0%

0.0%

0.8%

2.0%

4.9%

23.0%

42.5%

25.0%

1.7%

100.0%

第5波構成比

0.4%

0.0%

1.5%

5.0%

10.7%

15.7%

21.8%

32.2%

11.9%

0.8%

100.0%

第4波構成比

0.0%

0.1%

0.4%

1.2%

4.2%

8.7%

28.1%

39.5%

16.9%

0.8%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.1%

0.6%

1.4%

3.3%

0.0%

第6波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

1.6%

3.9%

6.1%

8.5%

0.3%

第5波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

1.2%

3.0%

7.0%

10.4%

12.5%

0.3%

第4波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.9%

3.0%

10.0%

20.4%

28.7%

25.5%

2.8%

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

405,690

287,089

790,777

970,152

1,028,015

1,358,762

1,173,476

991,886

1,140,613

583,416

116,030

3,707

8,849,613

不明22

人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.3%

0.0%

100.0%

除く

人口に対する感染率

4.921%

6.616%

7.128%

5.635%

4.822%

3.824%

3.212%

1.879%

1.207%

1.382%

2.177%

3.318%

3.755%

人口に対する重症化率

0.001%

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.002%

0.001%

0.003%

0.004%

0.000%

0.001%

人口に対する死亡率

0.000%

0.001%

0.002%

0.002%

0.008%

0.031%

0.108%

0.001%

何人に一人感染

20

15

14

18

21

26

31

53

83

72

46

30

27

何人に一人重症化

101,423

242,538

1,028,015

1,358,762

117,348

61,993

87,739

36,464

23,206

126,423

何人に一人死亡

1,028,015

146,685

61,993

57,031

12,683

3,223

927

67,554


 

東京都における新型コロナウィルス第7波の感染状況

(感染者が5000人を超えた7/5からを第7波と見て、7/30までの中間集計と分析)

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

感染者数

53,130

64,449

106,213

89,154

86,491

62,871

27,929

17,598

10,684

3,853

184

522,556

不明141

構成比

 

10.2%

12.3%

20.3%

17.1%

16.6%

12.0%

5.3%

3.4%

2.0%

0.7%

0.0%

100.0%

第6波における構成比

 

15.9%

12.6%

18.7%

17.5%

16.4%

9.3%

4.2%

2.8%

1.9%

0.8%

0.0%

100.0%

第5波における構成比

 

5.6%

9.2%

30.7%

20.4%

16.2%

11.3%

3.4%

1.7%

1.1%

0.3%

0.0%

100.0%

第4波における構成比

 

3.4%

6.8%

28.8%

19.2%

16.1%

12.2%

5.8%

4.2%

2.7%

0.9%

0.0%

100.0%

参考:人口構成比

 

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

死亡数

0

0

1

0

0

4

4

16

30

23

3

81

構成比

0.0%

0.0%

1.2%

0.0%

0.0%

4.9%

4.9%

19.8%

37.0%

28.4%

3.7%

100.0%

第6波構成比

0.1%

0.1%

0.3%

0.7%

0.9%

2.9%

5.6%

17.6%

40.3%

29.1%

2.3%

100.0%

第5波構成比

0.2%

2.7%

5.5%

15.8%

15.0%

21.6%

25.8%

12.5%

0.9%

100.0%

第4波構成比

0.2%

1.5%

4.2%

9.6%

22.1%

41.0%

20.4%

1.0%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

0.6%

1.6%

0.0%

第6波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.7%

2.3%

4.2%

6.4%

0.1%

第5波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.5%

1.4%

4.0%

7.9%

13.6%

14.3%

0.3%

第4波における死亡率

0.1%

0.3%

1.5%

4.8%

13.8%

20.6%

25.0%

0.9%

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90

100

合計

住民基本台帳人口

1,072,483

1,063,410

1,734,162

1,946,838

2,230,657

1,956,885

1,380,304

1,435,212

825,119

191,813

6,641

13,843,524

不明1

人口構成比

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

0.0%

100.0%

人口に対する感染率

 

4.954%

6.061%

6.125%

4.579%

3.877%

3.213%

2.023%

1.226%

1.295%

2.009%

2.771%

3.775%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.004%

0.012%

0.045%

0.001%

何人に一人感染

 

20

17

16

22

26

31

49

82

77

50

36

26

何人に一人死亡

1,734,162

489,221

345,076

89,701

27,504

8,340

2,214

170,908



・感染者数は新規感染者数の累計であって、その後に回復済の人もいるので、現時点における感染者数の数値ではない。
・重症者数は新規重症者数の累計であって、その後に重症状態を脱した人もいるので、現時点における重症者数の数値ではない。
・死亡数は第7波の累計死亡者数である。
・大阪の人口は、202011日時点の住民基本台帳人口であるが、「就学児」は69歳であるので、59歳人口のうち5分の1
 「未就学児」の方に加算する形で按分している。
・東京都の人口は、令和31月住基の5歳区分人口を10歳区分に集計。



 7/30までの感染者数の年齢構成比をまず見て頂くと、
 ①表の大阪府は、第1位10代17.0%、第2位20代16.4%、第3位40代15.6%、第4位30代14.9%の順となっている。
ただ、人口構成比との比較で見てもらうと、第1位の10代は人口構成比8.9%に対しての17.0%で8.1ポイントアップ、第2位20代は人口構成比11.0%に対しての16.4%で5.4ポイントアップなので、実質的には両者の突出が目立つ。
 ②表の東京都では、第1位20代20.3%、第2位30代17.1%、第3位40代16.6%、第4位10代12.3%の順となっている。
人口構成比との比較では、第1位の20代は人口構成比12.5%に対しての20.3%で7.8ポイントアップ、次いで第4位10代が人口構成比7.7%に対しての12.3%で4.6ポイントアップで目立つ。従来、感染の第1位はいつも20代であったが、実質的には大阪・東京とも10代が感染の中心として20代に拮抗し、取って代わる勢いだということだ。なので、10代もワクチン接種を真剣に考えてもらいたいと思う。

 次に感染者合計の実数を見てほしいのだが、7/5~7/30のわずか1ヵ月に満たない期間に、大阪では332.341人、東京では522.556人(どちらも年齢不明をのぞく)と、かつてない急激な増加を示していることだ。これは報道でも伝えられるとおり、医療機関に急激な負荷をかけることとなっている。病床使用率も早や50%を超えた都道府県も多い。
こうした状況なので、①②表の下部、「何人に一人感染(人口対感染者数)」を見て頂くと、大阪では10代で14人1人感染、10歳未満就学児で15人に1人感染、20代で18人に1人感染と、感染確率20人未満が、早くも3つの年代で発生していて、非常に危険な状態だ。東京においても、20代で16人に1人感染、10代で17人に1人感染と、、感染確率20人未満が、2つの年代で発生している。わずか1ヵ月足らずで、もはや佳境にあると言ってよい。


 ●ワクチン接種タイミングとの関係性

 次に大阪の死亡者数の年齢構成比を、第4波~第6波との比較で見てみて欲しい。

 第5波の時、50代、40代の中等症~重症の入院が多かったのを覚えているだろうか。その時、「今回のコロナは若い世代の入院が多い」と、現場の声として、よく報道されたものだ。
 それはワクチン接種とのタイミングでいうと、
 高齢者のワクチン接種はあらかた終わっていた時期だが、まだその下、65未満にはワクチン接種にはまだ全く順番が回ってきてなかった時期だったことと符号する。私は第5波においては、そうしたワクチン接種のタイミングの問題が、50代、40代に感染者や死亡が多かったことと深く関わっていると思っている。

 ちなみに第4波は、ワクチン接種がまだ全く行われていない時期のものである。これが新型コロナの年齢別影響力のデフォルトだと考えてほしい。デフォルトの第4波の死亡の年齢構成比と、ワクチンが一様に行き渡った状態であった第6波の死亡の年齢構成比は、非常に似ている。一律の条件下にあっては、デフォルトの死亡リスク年齢構成比は、今も生きているのだと考えてもらって良いと思う。

 一方、今回の第7波においては、第5波の年齢構成比の方に非常に似ているのがわかるだろうか。これも第5波同様、ワクチン接種とのタイミングでかなり説明できるものがある。4回目のワクチン接種状況は、地域によっては高齢者施設は先行してやっている所があるかもしれないが、高齢者全体のワクチン接種状況でいうと、希望者の過半がまだのように思える。年齢でいうと、65歳以上から70代で4回目の接種が、まだ半数も終わってない状況ではないかと思う。
 そしてこれに次ぐ年代、60~64歳と50代(これまでのデータから、50代は概ね60代の半分程度の重症・死亡の危険性があり、れっきとした予備軍である)もまだであり、危険度が高い。ワクチン接種とのタイミングでいうと、今回第7波では、これらの年代が、通例より今危ない年代に思える。
 下表③にあるように、大阪は東京と比べ、4回目のワクチン接種がかなり遅れていることが絡んでいるのかもしれないが、
現段階の数値ではあるのだが、今回第7波で、60代、50代の死亡が割に高く出ているのが、私は非常に気になる。
 なので、高齢者はもちろんのこと、この年代のワクチン接種が急がれるところである。


 次に第4波における高齢者の死亡率を見てほしい。
 90代以上においては感染者の4人に1人(概ね25%の確率で死亡)、80代においては5人に1人(同20%)、70代においては10人に1人(同10%)、これがワクチンも何もなかった時代の数値である。これが新型コロナのデフォルトだと思っていて欲しい。これが高齢者における危険度の純粋な数値なのである。これを、その後のワクチン等薬の開発や医療現場の努力、治療法の確立等によって、死亡率が低減化されてきたのだ、と解釈すべきである。

 だから極端な話、年金生活の後期高齢者が、3割の自己負担額が理由で、なにも医療を受けなくなったら、またこの数値に戻る。ましてや高度医療なんか受けられるはずもない。助かる命がどんどん助からなくなる。
 新型コロナの2類から5類への変更の議論が盛んだが、それはこういうことをわかって言っているのかと思う。
なにかこちらが2類から5類に変えれば、コロナが勝手に弱くなってくれるとでも思っているのではないだろうか。

 政府や自治体の長の2類から5類への主張には、「『緊急事態宣言』等でこれ以上財政出動したくない。」の本音が見え隠れしている。「本来あるべき方向」を向いて、議論しているのではない気がする。少なくとも、人口が1.6倍ある東京を抜いて、新型コロナ死亡者数累計第1位(下表④)の大阪の長には、それを言う資格はないと思える。それはもっと死亡者数が少なく、ちゃんと管理できてる自治体のみが主張しうることだと思う。第6波だけで大阪は1900人亡くなっているのを、もう忘れたのだろうか。
 第7波においても、大阪は死亡者数が依然多い。東京の81人に対して、大阪は早くも131人を数えている。

 ③

7/19政府公表数値

ワクチン4回目接種率

 

70歳以上人口

4回目接種者数

接種完了率

大阪

1,843,766

289,596

15.7%

東京

2,458,785

751,191

30.6%


 ④

 ★新型コロナ ── 大阪府が、死亡者数も死亡率も累計で全国1位(第1波からの累計:単位は人)

★新型コロナの累計死亡数と累計死亡率(2022.7.30現在)

都道府県

累計死亡者数

累計陽性者数

死亡率

東京都

4,661

2,135,250

0.22%

大阪府

5,342

1,354,667

0.39%

沖縄県

507

354,401

0.14%

●累計死亡数は大阪が全国ワースト1位。死亡率もダントツ!!



 ⑤東京都の第7波感染者におけるワクチン接種区分(②表と同期間:単位は人)

2回以上接種

1回接種

接種なし

不明

総感染者数

322,905

3,928

95,801

100,063

522,697

不明のぞく

76.4%

0.9%

22.7%

 

422,634


 ⑥

 ●3回目ワクチンの年齢階級別接種率(首相官邸 2022.7.25現在)

 

1219

20歳代

30歳代

40歳代

全 国

33.2%

47.4%

51.1%

59.9%

①位

秋田県

51.5%

60.6%

61.7%

71.3%

 

 

 

 

 

東京都

34.5%

46.2%

53.5%

61.6%

 

 

 

 

 

愛知県

29.4%

45.8%

48.7%

57.1%

 

 

 

 

 

ワースト②

大阪府

19.4%

37.2%

41.6%

50.8%

ワースト①

沖縄県

19.6%

28.6%

34.9%

45.7%


大阪府は12~19歳のワクチン3回目接種率で、全国ワースト1位。全国平均より14ポイントも低くなっている。
また、20歳代、30歳代、40歳代においても、全国平均よりほぼ10ポイント低く、全体で、沖縄に次ぐワースト2位となっている。
また、12~19歳代のワクチン接種率が非常に低いことが、大阪の感染者の年齢別構成比おいて、10代が1位となっている主因かもしれない。






 ■ 「初めてだと大変」第7波で再び感染、彼らが感じたこれまでとの違い

かつてない感染規模となっている第7波。今月に入って再び感染した人たち、医療関係者の目に今回の波はどう映っているのでしょうか。
これまでの波との違い、繰り返す逼迫の実態を探ります。



 川崎市に住む会社員の男性(36)は今月10日、39度を超える熱が出た。翌日に発熱外来を受診し、新型コロナウイルスの陽性が判明。感染は第6波の1月以来、2回目だった。
 「外出は都内の会社に週3~4日、通勤するだけ。なのに、こんなに短期間でまた感染するなんて」
 自宅療養中に妻(32)と生後2カ月の長女も発熱などの症状が出た。感染者の家族らに症状が出たら医師が検査をせずに陽性と診断する「みなし陽性」とされた。男性も妻も、昨年末までに2回のワクチン接種は済ませていた。

 1月の感染時には宿泊療養施設に入所。自治体側とは、LINEでの健康観察に加え、1日2回は必ず電話でやりとりしていた。今回は電話の自動音声のみで、連絡はすべてスマホへのショートメールだった。

 ○「この症状で電話していいのか」という戸惑い

 示された療養案内には、息苦しさや意識障害などの症状が出たら神奈川県の専用ダイヤルに電話するよう書いてあった。男性は発熱が長引き、息苦しさも感じたが「自分は当てはまらないかも」と電話しなかった。10日間の療養を終え、「この症状で電話していいのか、自分では判断がつきにくかった」と振り返った。

 都内の50代の女性は3月に3回目のワクチンを接種していたが、19日に2回目の感染が判明した。前回の感染は、第5波の昨年9月。一番の違いは保健所の対応だ。
 前回は陽性がわかった翌日には保健所から電話で1時間ほど自宅療養の説明があった。だが今回はなく、受診から2日経っても健康状態などを自身でアプリに入力する「マイハーシス」の案内が来ず、女性が病院に確認すると「保健所が忙しく連絡は早くても翌日。もっとかかるかもしれない」と説明されたという。

 運送会社で働く川崎市の男性(27)は2月に感染したのに続き、今月21日に通販で取り寄せた抗原検査キットで陽性反応が出た。
 2月の時は最高で39・7度あったが、肺に異常がなく「軽症」扱いで自宅療養に。それでも、体験したことのない高熱が続きうなされた。今回は最高で38・7度にとどまっており、「1度違うだけで前回より多少楽には感じる」。2月は臭覚が鈍り、普段吸っているたばこの香りがわからなくなったが、今回はそういったことはなく、いつも飲んでいるコーンスープの臭いも感じ取れているという。
 ただ、今は病院の診察予約が取りづらく、まだ受診できていない。抗原検査の結果が出た21日に自宅近くの15の病院に電話したが、「予約がいっぱい」とすべて断られた。保健所にも10回ほど電話したがつながらない。22日も同じ状況だという。

 市販の解熱剤で、一時37度台まで下がったものの、上下を繰り返している。実家で家族と暮らすため、自室にこもって過ごす。
「2月の経験があるから、まだ落ち着いていられる。いま、初めて感染した人は大変なのではないか」

 ○発熱外来の医師「見えない災害のよう」

 大阪・ミナミで発熱外来の診療をしている「小畠クリニック」(大阪市中央区)。7月初めから予約の問い合わせが急増し、電話が鳴り続く。朝の受け付け開始から約30分~1時間で、最大15人の予約枠がいっぱいになる。
 患者の年代は、第6波では高齢層が多かった。今回、当初は若年層が多かったが、現在では全年代に広がっているという。

 小畠昭重院長(63)はこれまでの波と比べ、今回の波での患者の症状について「重症者は少なく、倦怠(けんたい)感やせき、咽頭(いんとう)痛、発熱など、症状が比較的軽い患者が多い」と話す。再感染者もおり、「『(第5波で)デルタ株に感染した時はめっちゃしんどかったが、今回は風邪を引いたぐらいのしんどさやわ』と言う受診者もいた」という。

 発熱外来の逼迫はお盆ぐらいまで続くのではないかとみている。

 東京曳舟病院(東京都墨田区)が設けた発熱外来では、予約開始から1~2時間で上限の50枠が埋まる。
 三浦邦久副院長は「街を歩いていてもわからないと思うが、見えない災害が起きているようだ」と話す。医療スタッフにも感染者が出始めて人手が足りなくなっており、受け入れ患者を制限する日もある。
 第7波は「10歳未満の子どもの感染者が多い」という。第6波で5%未満だった10歳未満の受診者が、今は10%ほどに。発熱して受診する10歳未満の子どもがPCR検査で陽性となるのは第6波では3~4割だったが、今は半数以上だ。誰か1人が感染すれば、同居人全員が感染している傾向も強い。

 この病院での陽性者の約8割はワクチン接種が2回以下。三浦副院長は「打てる人はワクチン接種をしてほしい」と呼びかける。

 抗原検査キットなどの資材は「カツカツ」と三浦副院長。今後、資材不足で予約人数を制限する可能性もある。外来の逼迫を防ぐため、検査キットを医療機関外で入手しやすくして受診を控えてもらうことを推奨する議論も専門家の間ではあるが、「ここからは受診が必要、という線引きは難しい」。症状がある人の予約は受け入れざるを得ないという。

 自宅療養者らの診察を担う訪問診療の負荷も急速に上がっている。

 「検査を受けられない人が連絡をしてくる、最後の砦(とりで)のようだ」。東京都大田区を中心に訪問診療をする「ひなた在宅クリニック山王」の田代和馬院長はそう語る。検査は1日10件が限界。21日は30件ほどの問い合わせがあったという。
 第7波は、3回目のワクチン接種が遅れていた第6波より「重症化する人は少ないが感染拡大の速度は上がっている」と感じる。

 「コロナそのものではなく、基礎疾患をこじらせて重症化する人が出てくるかもしれない」。20日には高脂血症の基礎疾患のある70代の感染者が胸の痛みを訴えたが、入院先が見つからず、自宅療養が続いているという。
 感染者急増に対応するため、今月中旬からは第6波で採用した「みなし陽性」を再開。22日からは自宅療養者への健康観察の電話も取りやめたという。ただ、みなし陽性は「白黒判定できる検査より慎重な診断が求められる」といい、「診療と事務作業の限界が近づいている」と話す。

 田代院長は「感染者の急増が続けば再び行動制限などをする必要がある。しないのであれば、病院がコロナ患者の入院を受け入れやすくしなければ医療は崩壊してしまう」と訴える。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル 医療アピタル 2022.7.23 より







 ■ 「世の中はこんなに活発なのに・・・外食禁止、行動制限、守っているのがばかばかしい」追い詰められる医療従事者たち コロナ拡大の沖縄


 新型コロナウイルスの感染拡大に向き合い続ける沖縄県内の医療従事者らは、精神的にも追い詰められている。防護服を何重にも着込む過酷な環境の中、欠員を補うため業務の負担が増える一方、診療制限などで給与が規定通り払われるか不安も抱える。会食や旅行など自由も制限され、使命感で治療に当たる医療従事者は「第7波の医療はこれまでにない、多くの負担がのしかかった自己犠牲の上に成り立っている。いつまで我慢すればいいのか、終わりのない不安・不満が爆発寸前になっている」と吐露する。 

 県内のコロナ治療の一端を担う医療従事者は「N95マスクや手袋、ガウンを2重にした格好で、もはやサウナスーツを着ている気分だが、換気などで室温調整が難しく、熱中症になりそうな環境で仕事をしている」と過酷さを吐露する。

 同居家族が陽性や濃厚接触者になれば仕事を休まざるを得ないものの、保育園に通う子どもがいるスタッフはその繰り返しで年休が底を突くと欠勤となり、収入が減る懸念もある。院内に感染を持ち込まないため、院内規定でここ数年、外食や会食は禁止。一方で「世の中はこんなに活発なのにまともに守っているのがばかばかしくなってくる」とも話し、我慢の連続にストレスを抱える。

 30代の医療従事者の女性は「使命感だけではもうそろそろ、心も体も持たないよ、という感じだ。自己犠牲の上に成り立つ第7波の医療は、非常にもろくて危うい。できる治療が狭まっており、県医療界全体でみても外来や入院制限などをしている時点で、もう崩壊している」と話す。

 医療従事者の精神的な支援に力を入れる病院もある。県内のコロナ治療の中核を担う県立中部病院は病院職員の支援に当たる「メンタルサポートチーム」を2年前に発足。コロナに関わる病棟約200人の看護師全員と個人面談を実施し、ストレスチェックを行った。リーダーの長野宏昭医師(42)は第7波の中で、医療現場に対する社会の理解や応援の機運が薄れていることも、精神的なストレスの高まりにつながると指摘する。「医療に限らず、どの職場でも苦しい人はいると思うが、苦しみを分かってくれる人がいると強くなれる。『大丈夫?』と声を掛け合い、思いやる気持ちが社会に広がってほしい」

 現場の臨床も行う長野医師は「重症患者のほとんどはワクチン未接種者だ」と話し、医療の負担を改善し、周囲の人の命を守るためにもワクチン接種を勧める。また、地域の診療所や、かかりつけ医が症状の軽いコロナ患者を診察するなど仕組みの改善が必要だとも指摘した。



  ───── 以上、 琉球新報 2022.7.31 より







 ■ 行動制限なき第7波、政府の対策に手詰まり感「医療現場との温度差」


 医療の逼迫(ひっぱく)が現実となっている新型コロナウイルスの「第7波」で、政府は29日、新たに都道府県への支援策を打ち出した。行動制限をかけず、社会経済活動を維持する狙いだ。しかし、内容は繰り返し呼びかけてきた基本的対策の羅列にとどまり、手詰まり感が否めない。医療現場からは「第6波以降、政府は必要な準備をしてこなかった」との声が上がる。
 第7波による感染が急拡大してからも、政府は一貫して行動制限を避けている。その姿勢を象徴するように、岸田文雄首相は毎晩、政治家や財界人と会食を重ねている。
 ただ、感染者を減らすための具体策は「打つ手なし」(首相周辺)という状態。さらに、厚生労働省にコロナ対策を助言する専門家組織(アドバイザリーボード)からも「『行動制限は必要ない』と連呼するより、個人での感染対策をやらないといけない」と注文がついていた。




 政府に厳しい目が向けられる中、新たに飛び出したのが「BA.5対策強化宣言」だ。都道府県の知事が宣言を出せば、国が職員の派遣や対策の助言をするという。
 幹部官僚の一人は、その狙いを「知事が対策強化に取り組みやすくするメッセージだ」とする。従来、国が行動制限に踏み切らないと都道府県は対策を強化しづらい面があった。国が「お墨付き」を与えることで、新たな対策を呼びかける際に地元の市町村を説得しやすくなったり、他県の取り組みを採り入れやすくなったりするという。

 ただ、宣言後に住民に要請できる内容として国が示したのは、3密の回避、ワクチン接種の促進、混雑した場所の回避など、すでに何度も国民にお願いしたものばかり。政権内にも「(宣言は)ただの呼びかけで、意義はあまりない」と冷めた見方がある。
 29日には厚労省からも、医療逼迫を避けるための策が発表された。病床の確保、入院対象の絞り込みなど、医療資源を重症患者に集中させるためのものだ。いずれもすでに取り組んでいるが、感染拡大のスピードが速すぎてうまく対応できていない。

 象徴的なのが、発熱外来の負担を軽減するための検査キットの配布だ。
 急激な外来の逼迫を受けて、22日に外来での無料配布を発表したが、その時点でいつ現場にキットが届くかは確定していなかった。さらに、医療現場からは「対応に人手を取られたら診療に支障がでる」と反発の声が相次いだ。結果、当初は「感染の疑いがある人が来るのは無理でしょ」(厚労省幹部)と慎重だったはずの公共施設や薬局での配布を急きょ表明した。ただ、これもいつ配布が始まるかは見通せていない。

 ○「今回は圧倒的に準備不足だ」

 第7波を行動制限なしに乗り切れるのか。オミクロン株の亜系統BA.5が主流になり、ワクチン接種済みや過去に感染した人の感染もみられる。感染は医療現場にも広がり、休職するスタッフも増えている。軽症の受診者を減らし、重症者対応の医療を確保できるか、がかぎになる。
 「行動制限をかけないとする政府の方針は理解しないわけではないが、現時点では医療現場との温度差が非常にある」。埼玉医科大学総合医療センターの岡秀昭教授はそう話す。病院は29日時点で40床中31床が埋まり、重症者は4人で第6波の数を上回った。出勤できないスタッフも多く、病床の稼働は限界に近いという。
 感染症対策の見直しの方向性は理解するとしながらも、「医療従事者への4回目接種や、濃厚接触者の待機短縮など必要な対応をあらかじめ決めなかった。今回は圧倒的に準備不足だ」と話す。

 大阪大の忽那賢志教授(感染制御学)は、今の重症化割合は第6波より低いとみる。だがさらに感染者が増えれば、6波の頃のように全国で1日に200人超が亡くなる事態になる可能性はあると指摘。「1日200人の死者を許容するのか、考える必要がある」と話す。
 忽那教授は「行動制限はしないですむならば、しないほうがよい」としながらも、「長期的には制限緩和に向かうべきだと思うが、そんなにすぐにコロナから自由にはなれない。場合によっては、行動制限をするという選択肢を残しておくべきだ」と語る。型



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル  2022.7.29 より







 ■ 「行動制限も選択肢」 忽那賢志教授が語る、コロナから自由になる日


 新型コロナウイルス感染症の第7波が、拡大を続けています。第6波といまはどう違うのか。政府は行動制限をしない方針を示していますが、制限なしで7波を乗り切れるのか。大阪大の忽那賢志教授に26日、オンラインで話を聞きました。

 ――7波の特徴を教えてください。
 6波までは感染していなかった場面で、うつるケースが増えている印象です。病院の中でも外でも、互いにマスクを着けているなどこれまでは防げた場面でも、感染が成立するようになっています。
 ワクチン接種や過去の新型コロナ感染による免疫から逃れやすい性質を持つ、オミクロン株の亜系統BA.5が主流になり、接種済みや過去に感染した人の再感染もみられます。

 ――7月に新規感染者が急増した理由をどうみていますか。
 BA.5の拡大のほか、行動制限が緩和され、人の動きが増えていること▽ワクチン接種から時間がたち、集団としての感染予防効果が低下していること▽エアコンを使うことによる換気不足――が主な要因でしょう。

 ○増える患者、減る職員

 ――重症者の割合は増えていますか。
 現状は、6波のころよりも低いです。3回のワクチン接種をした高齢者の割合が高いことや、重症化を防ぐ飲み薬など治療の選択肢が増え、軽症時に早期に治療できる診療体制も整ってきたことが影響しているのでしょう。
 大阪大病院でも、重症者向けのコロナ病床はまだ埋まっていません。ただ、本来受けないはずの軽症・中等症の患者が多数入院されています。持病があり治療が必要なのに、転院先が見つからず、うちで診ざるをえません。
 各施設の軽症・中等症病床が埋まる医療逼迫(ひっぱく)は、すでに起きています。発熱外来に受診者が押し寄せ、医療者の手がとられています。
 救急医療のスタッフが不足し、救急車を呼んでも運び先が見つからない「救急搬送困難」がまた起きています。
 加えて、医療機関の職員の感染が相次いでいます。
 患者は増え、働く職員は減る。医療を支えることが難しくなっています。

 ○いっきにでなく、少しずつ

 ――今は重症者も少なく、死者は1日50~60人ほどですが、この先、行動制限なしで乗り切れるでしょうか。
 重症者の数が今後、どれほど増えるのか読めませんが、分母(新規感染者)がさらに増えれば、全国で1日に200~270人ほどが亡くなった6波のような事態になる可能性はあるでしょう。
 そうならないようにすべきですが、なったらどうするのか。1日200人の死者を許容するのか、考える必要があります。
 政府が決断するのでしょうが、世論の影響も大きいでしょう。基本的には、行動制限はしないですむならば、しないほうがよいと思います。長期的には制限緩和に向かうべきであるというのは間違いありません。

 ただ、いっきに進むのではなく、少しずつ進むべきだとも思います。

 ときには3歩進んで2歩下がる。短期的にはいったん下がることをためらうべきではない。そう個人的に思います。
 そんなにすぐにコロナから自由にはなれない。揺り戻しを挟みつつ、長期的に緩和に向かうにはどうしたらいいかを考えるとよいのではないでしょうか。
 場合によっては、行動制限をするという選択肢を残しておくべきだと思います。

 ――制限なしに7波をのりきるかぎは?
 皆さんに医療の状況を知ってもらい、個々人で感染対策をしっかりしていただくことでしょう。
 流行から2年半がたち、感染リスクが高い場面はわかっています。「会食しないで」とは言いませんが、する場合は少ない人数で短時間で。食べていないときはマスクを着けて、大声は出さない、換気のよい場所を選ぶなどに注意してほしいです。

 ○親族に感染が広がらないよう

 ――夏休みシーズン。旅行、帰省を迷う人もいます。
 同居する家族らで旅行することのリスクは高くはないでしょう。移動するだけでは感染は広がりません。
 ただ、ふだん会わない人と会食をすると、感染リスクは生じます。祖父母らに会いに行く場合などは、高齢者は4回、自分たちは3回、お子さんなら2回のワクチン接種をしたうえで会っていただくのがよいと思います。
 大事な親族に感染が広がらないよう、状況を整えてから会うことをすすめます。
 いまは入手が難しいようですが、可能ならば抗原検査キットなどで検査をして陰性を確認するとなおいいでしょう。

 ○変異株とのいたちごっこ

 ――7波で収束するのでしょうか。
 集団の免疫は、一時的にはできます。オミクロン株が流行して多くの人が感染し、一時的にオミクロン株に免疫がある人が増えるわけです。
 ただ、この先、新たな変異株がでてくる可能性は高い。そうなると、オミクロン株がつくった免疫が十分通用しなくなるかもしれません。変異株と人のいたちごっこです。
 感染による免疫獲得への過度な期待は、危険をはらみます。
 ただ、ワクチン接種には確実に重症化を防ぐ効果があり、重症者の割合は減っています。前進はしています。

 ――医療従事者の4回目のワクチン接種がもう少し早ければよかったのに、という声も上がります。
 感染予防効果が限定的なため、4回目を打つべきかは議論があるところです。ただ、4回目接種から1、2カ月は、ある程度の感染予防効果が期待できます。
 これからしばらくは感染者が増え続けるでしょうから、いまから打っても遅くはないと思います。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル 医療アピタル 2022.7.27 より







 ■ コロナ「5類」へ変更なら「医療費かかり入院も困難に」 引き下げ巡る議論、厚労省の見解は


 新型コロナウイルスの感染防止対策について、季節性インフルエンザと同じ「5類」へ引き下げるべきではないかとの意見が、一部の医療関係者や識者から改めて出されるなどして、論議になっている。

 一方で、現場の医師らからは、コロナはインフルと違う未知数な存在で、もし5類に変更すれば、医療費がかかり入院調整も受けられなくなるとの指摘も出た。こうした議論について、厚生労働省はどのように考えているのか、結核感染症課に話を聞いた。


 ○「#コロナを5類以下に」ツイッターでは、こんな投稿が相次ぐが...

 コロナは、すでに第7波に突入したとされ、2022年7月21日は、東京都内で感染者数が初の3万人超えとなり、過去最多も更新した。感染の急拡大で、保健所や指定医療機関のひっ迫が報じられている。

 特に、ワクチン接種率が低い若年層への広がりが懸念されており、各地の小児科では、診察を待つ家族が列を作っているとの報告もツイッターで相次いだ。感染による隔離や自粛などで、社会生活へ多大な影響を及ぼしているとの指摘も多いようだ。

 オミクロン株による重症化率や死亡率が以前のものより低いとされていることから、ネット上では、2類相当とされる現在の「新型インフルエンザ等感染症」から5類へ感染対策を変更するべきではないかとの意見が相次ぐようになった。

 そうすれば、保健所の負担が軽くなり一般医療機関でも受診できるようになる、社会生活や経済活動への影響も少なくすることができる、などの理由からだ。ツイッター上では、「#コロナを5類以下に」などのハッシュタグで、現在の対策からの変更を求める投稿が多数集まっている。

 一方で、5類にすぐ変更することに対して、慎重な見方をする医療関係者も少なくない。

 内科医で小説家でもある知念実希人氏は20日、すぐに5類に引き下げるよう訴えるリプライに対し、「5類に下げたら、熱が出ている子供が減るんですか?」とツイッターで疑問を呈し、次のように説明した。

 ○一部知事が5類変更を促し、東京都医師会も「5類相当」を提言

 「本当に5類、5類言っている人は、5類になったら何が起こると思っているんだろう? 医療費がかかるようになり、 入院調整しなくなるから、重症患者でも入院できなくなるだけなのに......
 人間の都合でウイルスは態度を変えてくれはしませんよ」


 この投稿は、1700件以上リツイートされており、反響を呼んでいる。医療関係者からは、同様に5類への変更に疑問を呈する投稿がいくつかあり、5類にすればすべて解決するというのは誤りだとの指摘も出ていた。

 もっとも、医療関係者からは、段階的に5類へ進むか、5類に近い分類にすべきだとの意見はある。一部の知事からは、5類にすべきだとの内容の意見が出たと報じられており、東京都医師会は6月14日、いきなり5類は難しいとしても「5類相当」にするよう見直すべきとした提言を行った。

 政府内でも見直しの動きはあり、新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は、7月14日の会見で、コロナを日常的な医療に位置付けるため、5類に近い方向を目指すべきとの考え方を示した。

 5類に変更した場合の影響について、厚労省の結核感染症課は7月21日、J-CASTニュースの取材にこう説明した。

 ○「3割自己負担が発生し、都道府県の入院調整もなくなる」

 「入院勧告といった法律上の措置ではなく、普通の医療になりますので、医療費の3割は自己負担になります。都道府県が入院をコントロールしている広域調整もなくなりますので、個別に対処する必要が出てきます。救急現場では、入院の調整はあり、重病で入院はできますが、対応の幅が狭くなるということです」

 ただ、5類にすれば、保健所の負担が疫学調査などに絞られて軽減され、一般の医療機関でどこでも治療を受けられるメリットはあるとした。

 政府の松野博一官房長官は、13日の会見で、5類への変更について、「最大限の警戒局面にある現時点で、変更することは現実的ではない」と述べた。その理由として、「専門家からは、オミクロン株であっても、致死率や重症化率がインフルエンザよりも高く、さらなる変異の可能性もあると指摘されている」ことを挙げている。

 同省の結核感染症課でも、同様な考え方を示したうえで、次のような見通しを取材に話した。

「変異株には、ワクチンがどれだけ効くのかも分からず、重症化リスクも依然として残っています。危険性が高くないのが5類と位置付けられており、難しいとは断言できませんが、慎重に検討する必要があります。現段階で見直す場をつくる予定はなく、それがいつになるかも分かりませんが、可能性があるとすると5類だと考えています」



  ───── 以上、 J-CASTニュース  2022.7.21 より
















◆「人は人を傷つけるけれども、救ってくれるのも、また人なんだ」


 ■ 大阪教育大学附属池田小事件の遺族、本郷由美子さんの言葉


 「人は人を傷つけるけれども、救ってくれるのも、また人なんだ」

 これは、今から21年前に大阪で起きた事件の、被害者の遺族のことばです。

 大阪教育大学附属池田小事件の遺族、本郷由美子さん(56)は、事件後、深い悲しみとともに、長い間憎しみや怒りの感情から抜け出せずに苦しめられてきたと言いますが、人と関わり、ことばをかけてもらう中で、次第に穏やかな気持ちを取り戻していったそうです。

 そして、おととし、自分と同じような思いをしている人たちの“居場所を作りたい”と、東京・台東区の寺に、ある施設をつくりました。
その場所には「傷ついても新たな一歩を踏み出すことができる」という願いと祈りが込められています。

 ○当たり前の日常が突然奪われたあの日

 今から21年前の2001年6月8日。本郷さんの日常は、突然奪われました。

本郷由美子さん
「行ってきますっていって、ただいまって帰ってくるのが当たり前で、その当たり前がいきなりなくなっちゃうってことですから。とても受け止められないんですね」
刃物を持った男が学校に侵入し児童と教員を無差別に切りつけた大阪教育大学附属池田小事件。8人が死亡。15人が重軽傷を負いました。

亡くなった本郷優希ちゃんは、当時小学2年生。



花や歌うことが大好きで、将来の夢は学校の先生でした。


 ○悲しみと憎しみに飲み込まれそうに

 最愛の娘を奪われた本郷さんを襲ったのは、経験したことのない絶望と深い悲しみ。さらに、犯人への怒りや憎しみの感情でした。

 犯人への憎悪の感情で、見えているものすべてが憎く見えたという本郷さん。例えば、学校の前の信号機にさえ「この信号が赤だったら犯人の侵入が遅れて優希は助かっていたかもしれない」と激しく怒りを覚えたそうです。

 やり場のない怒りは自分自身にも向けられ、みずから命を絶とうとしたこともあったといいます。

本郷由美子さん
「言葉では言い表せないほどひどい憎悪の感情で、自死を試みたことがあるんですが、悲しいというだけではなくて、人を憎む感情というのはとてもつらかったんですね。どうしたらこの感情を私は消すことができるか、でもそんなの消せるわけがない、娘が戻ってこないんだからという闘いです」

 ○娘の最後の”68歩”が教えてくれた「生きることの尊さ」

 苦しみからなかなか抜け出せない中で、本郷さんを支え、生きる力に変えていかなければと思わせたきっかけは、2つのことだったといいます。

 1つは、優希ちゃんが亡くなる直前に見せてくれた”生き切る姿”です。

 ○現場検証で分かった優希ちゃんの最期。

 当初は教室で刺され即死とみられていた優希ちゃんですが、実は、致命傷を負いながら、廊下に出て出口に向かって歩いていたのです。
その距離、本郷さんの歩幅で68歩、39メートルありました。


 娘は最期に何を思ったのか。

 本郷さんは、毎日のように廊下に通い、1歩1歩よろけたり、手をつきそうになったりしたことが分かる優希ちゃんの血の跡を辿っていきました。

 そうする中で、やがて「生きることの尊さ」というメッセージを受け取っていきます。

本郷由美子さん
「たどっていくうちに、苦しいとか悲しいとか痛いということもあったかもしれないけど、それだけじゃない。生きたいという気持ちがここに詰まっていると思ったときに、一生懸命、本当に死力を尽くして、この子が伝えようとしたことは、それだけではなくて、生きることの素晴らしさや尊さということを、一歩一歩に伝えているなと私には感じてきて」

 ○“静かな寄り添い”が何よりの心の支えに

 本郷さんが少しでも前を向こうと思ったもう1つのきっかけは、友人や近所の人たちから、まったく知らなかった犯罪被害者の家族まで、多くの人たちから受けた”寄り添い”です。
静かに寄り添ってくれたことで「1人じゃないんだ」と感じたといいます。

 例えば、事件直後に声をかけてくれた、同じように犯罪で家族を奪われた遺族の人たち。

 事件で妻を奪われた岡村勲さんは、「がんばらなくていいんですよ。これ以上がんばれるはずがありませんよ」と声をかけてくれました。




 また、神戸児童連続殺傷事件で次男を奪われた土師守さんは、自身の経験から「残されたお子さんを大事にしてください」と言ってくれたそうです。

本郷由美子さん
「事件後初めて被害者の方に会って、子どもを失った、犯罪にあった立場の人が来てくださって、心が許せるというか話せるというか、一緒にいてもらいたいというか、そういう不思議な気持ちになりました。目で本当に心配しているという眼差しをくださり安心できたというのが記憶に残っています」

 ○友人たちから届いた絵本も“寄り添い”に

 周囲の友人たちから届いた絵本も支えになりました。事件後から、次々と届く絵本。最初は、ショックで文字も目に入らず、ただそばに置いておきました。

 次第に、届けてくれた人のことを思い浮かべながら手に取ってみたところ、絵本のイラストや色彩、文字に引き込まれていったと言います。絵本を通じて様々な感情に触れることで、自分の気持ちと向き合えるようになっていったそうです。



本郷由美子さん
「事件直後は、文字も色も何も感じないんだけれども、届けてくれた人の気持ちが嬉しかったからそばにおいていたんです。そして、”この人が選んでくれたんだな”と思っているうちにふと、目が行く。開いてみると自分の気持ちと重なるところがあり、絵や色に癒やされるというか、心の中で対話ができている気がして、気づいたら読めていました。主人公と気持ちが同一化して、だんだんと自分の気持ちに向き合えるようになっていきました」

 ほかにも、たくさんの人が心配して声をかけてくれました。

 その時は気持ちを受け止めきれずに関係が途絶えてしまったこともあったと言いますが、時間をかけてみんなの思いに気づき、「あのときはごめんね、私はほんとうに余裕がなかった。私のことを心配してくれたんだね」と伝えて、関係が再構築できたこともあったそうです。

本郷由美子さん
「その支えがなかったら、私はたぶん、いま生きていないんです。それは本当に言えることだと思いますね。人の命の力をもらったんだなっていうのは、私の中で確かなことだと思います」

 ○傷ついた人たちに“寄り添える”場所を作りたい

 娘の最後のメッセージと周囲の人たちの寄り添いによって、次第に穏やかな気持ちを取り戻していった本郷さん。

 今度は、”自分と同じように傷ついて悲しんだり苦しんだりしている人たちに寄り添える場所を作りたい”、“悲しんでいる人たちの居場所を作りたい”と、おととし11月、東京・台東区の寺の一角に、ある施設をつくりました。
 グリーフケアライブラリー「ひこばえ」です。グリーフケアとは、「悲しみを癒やす」という意味で、様々な喪失体験をした人に寄り添い、希望を持てるように支えることです。

ひこばえは、「切り株から生える新しい芽」を意味しています。
本郷さんはこの場所に、”再生への願い”を込めました。

予約制で利用は無料。悲しみや死別などをテーマとした約900冊の本が並び、利用者は自分の好きなように過ごしながら、悲しみや苦しみの感情を安心して吐き出すことができます。

本郷由美子さん
「私たちって、周りからみると悲しいこと暗いことマイナスな感情を人に話すことで周りに迷惑をかけちゃうとかそういう気持ちになってしまう。
そういう感情と向き合いながら生きている人たちはほかにもいるということなどを伝えることで、少しでも気持ちが和らいでくれたらいいなと」

 新たに立ち上げた「ひこばえ」には開設から1年半余りで、大切な人と事件や事故、災害、病気などで死別した人や、現在、病気や障害に悩まされる人など、のべ160人以上が訪問。
利用者からは「自分の中の悲しみと心ゆくまで向き合うことができる」「自分はそのままでいいんだよと言ってもらえた気持ちに」といった感想が寄せられています。

 ○”父親の最期に立ち会えなかった” 平間優希さん

 この日「ひこばえ」を訪れた平間優希さん(33)は、大切な家族の最期に立ち会えなかった後悔を抱えていました。
 去年亡くなった平間さんの父親の良雄さんです。
 平間さんは、中学生のとき本郷さんの手記を手にし、亡くなった優希ちゃんと同じ名前であることを知り、本郷さんと文通などで交流してきました。
平間さんは、膵臓がんで余命宣告を受けた良雄さんのもとにかけつけ、それから1年1か月、一緒に暮らしながら身の回りの世話や看病を続けました。

 良雄さんが亡くなった日の早朝、隣の部屋で休んでいたため、最期に立ち会えなかった平間さん。血を吐いて亡くなっている姿を見て、もっと事前にできることがあったのではないかという大きな後悔に襲われました。

平間優希さん
「もうちょっと病院に相談していればよかったなとか、寝る向きを変えていたら変わっていたかなとか、苦しそうではなかったが、服が汚れて亡くなっている姿は、思い出してしまいますね」

 本郷さんが、平間さんに紹介したのは「かぜのでんわ」という絵本。



くまのおじいさんが山の上に置いた「線のつながっていない電話」。うさぎやキツネが、会えなくなった家族と話がしたいとやってきます。
そして、物語の最後は、「みんなの思いが届いた」と結ばれています。

 父親を亡くしてから、心の中で「幸せだった?」と何度も問いかけてきたという平間さん。読み終えて口にしたのは、亡き父への思いでした。

平間優希さん
「私が何を後悔しているって、一番は、本当の最期の最期にいてあげられなかった。いたんですけど、気づけなかったのが、なんでなんでって思っちゃって。そんなこと言ったってしょうがないだろうって言われるんですけど」

 本郷さんも、あの日、ニュースで事件のことを知り学校に駆け付けますが、運ばれた娘の近くまで行っていたものの、大混乱の中で気がつくことができず、最期に立ち会えていませんでした。

 本郷さんは、そのときの気持ちとどう向き合ってきたかを平間さんに伝えました。

本郷由美子さん
「私も優希の運ばれたすぐ近くにいたんだけど会えなかったのね。
そのときに、必死に探せば会えたはずじゃないってすごく責めたの。でもヘリコプターの音とかがひどくて、誰の声も聞こえなくて、誰も確認に行けなかったね。それを後悔したの。

でもね、いろいろな意見を聞いて、いろいろ考えて『ママにそんな顔見せたくなかったかもしれない』という考え方をした。

 本当に揺れ動いた。すぐにはそんな気持ちになれなかったけど、そうだったかもしれないね。でも答えは分からないけど、あなたを愛する気持ちは変わってないということでね、長いことかかった」
長い時間をかけて、悲しみと向き合ってきた本郷さんの言葉に、平間さんは「まだまだ立ち直れていないけど、私なりに今日を生きていこうと思います」と話していました。

平間優希さん
「由美子さんに聞いてもらえて、悲しんでいるのは私だけじゃないし、それぞれ乗り越え方があって、ステップがあって、いまの自分でいいかなって」

 ○”不安がよぎる”という加藤悠記子さん

 3年前、妊娠した子どもを人工死産した経験をもつ加藤悠記子さん(41)は、ふとした時に襲う不安を抱えながら「ひこばえ」にやってきました。

当時、お腹の中にいた赤ちゃんの名前は日向子ちゃん。この写真は、最後の思い出にと、旅行にいったときのものです。医師からは、赤ちゃんは重い横隔膜ヘルニアなどで「産まれても生きられない」と告げられていました。



 悲しいお別れのおよそ1年後、加藤さん夫婦は新しい命を授かりました。
 いまは、夫の洋平さんと新たに授かった大翔(はると)くんとともに穏やかな日々を送る加藤さんですが、この日常が突然奪われるのではないかと不安に襲われることがあるといいます。

加藤悠記子さん
「まさかと思っていたことが起こったからだと思うんですけどね。この子をまた失ったらどうしようとか、失ったときに自分はどうなってしまうんだろうって」

 この日やってきた「ひこばえ」で、大翔くんがたまたま手にした絵本に加藤さんの目が留まりました。

 絵本のタイトルは「もうさみしくないよ」。もともとは知り合いではなかった、奥さんを亡くしたおじいさんと、おばあさんを亡くした女の子が、天国の亡くなった2人のはからいで出会い、久しぶりに手を取り合い笑うという物語です。



読み終えた加藤さんは、ふだん家族にもなかなか口にできない気持ちを話しだしました。

加藤悠記子さん
「今は元気に育っててすごく幸せなんですけど、その幸せなのがいつまで続くのか、すごく怖くなっちゃう時が時々あって」

本郷由美子さん
「そうだよね、まさかということが自分の身に降りかかったもんね」

加藤悠記子さん
「そうなったときに自分が立ち直れないような気がして」

本郷さんは、自分が経験してきたことを話し、加藤さんの思いに共感していました。

本郷由美子さん
「7歳で亡くなったでしょ。(次女は)絶対超えられないて思っていて。その日の夜中の12時を迎えるのがすごく怖くて。

 悲しいけど、グリーフって一生続くし、背負うというよりも大事に抱えて生きていこうっていうふうに考えないと。
それになかなか人に言えないしね。だから今をしっかり見ようって」

 2人は、対話の中で自然と笑顔になっていました。
加藤さんは、「共感してもらえるだけでも気持ちがちがう」と話していました。

加藤悠記子さん
「不安がこみ上げるときってこれからもいっぱいあると思うんですけど、いまを見るしかないと私も思っていて、そうやって生きていくしかないかなって思います」
人は人を傷つけるけれども 救ってくれるのも人なんだ


 最愛の娘を奪われた事件から21年がたちました。

 本郷さんは、これまでに多くの人たちから支えてもらった恩を、これからも、自分がほかの人たちを支えることでつないでいきたいと考えています。

本郷由美子さん
「人ってすごいなって。一人一人生きる力があって、命の力に気づいたときって、生きる力につながったり、人と人とがつながって次にもつながることができる。

 人は人を傷つけるけれども、本当に救ってくれるのも助けてくれるのも人なんだなっていうことを、感じています」



  ───── 以上、 NHK NEWS WEB  2022.7.22 より



                                   (島)