□ 新作紹介 □





雨   音



 海へ還る


勿忘草色の空は
名残を惜しむ秋からの
贈り物のようで

落ち葉の絨毯を踏みしめながら
まっすぐ浜辺までやってきました

どこまでも交わることのない
海と空が続いているのに
どちらも淡々とお互いを見つめています

ここには
美しいかけらたちが
寄せては返しています
シーグラスも
海鳥たちの声も
日常のさざめきも

色とりどりのステンドグラスのように
喜びに縁取られているようです

 ああ 生きている

 と細胞のひとつひとつが
 小さな気泡を弾くように
 音を立てたときに

 ふと目にしたのです

 その
 15分にも満たない
 ひとときの弔いを

 最後の抱擁を済ませた遺灰は
 サラサラと
 水際にまかれ

 波に溶けていきました

 砂に書かれたメッセージと
 見送る涙と一緒に

 その別れに気づくこともなく
 犬たちはボールを追いかけ
 人々はそれぞれの速度で
 砂の上を歩いていきます

 もしも魂というものが
 あるのならば

 きっと微笑みながら
 海に還っていかれたことでしょう
 
 失われた命を包むのは
 横たわる安寧と
 そして 透き通るような無

 ただ 静けさがあるだけ

 
後悔していますか
後悔できることはありましたか

それが
生きているということでしょうか

たまたまこうして
波音のレクイエムを聴きながら
決めたことがあります

こんな風にわたしも
いつか海に還ろうと





















青 島 江 里



 音 楽


朝一番の窓をあけた
FMラジオの音楽が空へ跳ねた

冷たい水を口に含んだ時よりも
それはそれはさわやかで

なんの変哲もない電線には
五線譜みたいなすずめの群れをみつけた

どこからか
カップとスプーンがぶつかる
小さな音が響いてきた
なんていっているのかわからない
和やかな音がきこえてくる

いちばんにぎやかなのは
いちばんしずかな朝の空気だよ

やるせない長い夜をしのいで
今日の朝を迎えられた
すべての心に祝福を

なんにも言わなくったって
わかっている
真正直に生きてきた
これまでのいのちもこの朝にすんでいる

今すぐ見えるものも
見えないものもあふれくる朝だよ
今すぐきこえるものも
きこえないものもわかちあえる朝だよ

なにげないいのちの全部は
日々のオーケストラ

それはあまりにも音がしないので
インディーズな風のふかみに
紛れてしまう

それは僕たちのなかに積み重ねてきた
それぞれの想いをすこしずつ
重ねあうたびに気づく




















井 嶋 り ゅ う



 誰も居ない青


いつのまにか寝入ってしまった 付けっぱなしだったテレビを消し
て起き上がる ほんの少し動いただけで 世界の秩序が乱れてしま
いそうなくらいの 静寂がおとずれる 部屋のチャイムが鳴ってい
たような気がした こんな時間に? 私は出窓のカーテンを少し開
ける 
まだ夜の中にある歩道の信号機が 窓辺で赤を灯していた 大きな
シャベルがあって 取り壊されたアパートがあって 掘り返された
土があった 長い間眠っていたにおいの横を 通り過ぎた帰り道を
思い出す あの部屋の窓には いつもてるてる坊主がぶら下がって
いた 月明かりのもとで 首をきゅっと締めた形の黒い影 微動だ
にしない願いが吊り下げられていた 晴れてほしかったのは外側だ
っただろうか 裏も表もなくなるようにと 内側へ向けられたもの
ではなかったか 土地の守護神を祀って工事の無事を祈りなさい 
そう言う者は帰り道に居なかったけれど 儀式で清められるものは
本当にあるのか それはどこまでも遡って清められるものなのか 
今日は誰かが誰かを必要としていて どこかで枝分かれして途中に
なったものが 明日は誰かが誰かを裁く そこに ここに この部
屋の午前四時に そっと訪問するのかも知れない という気持ちが
してくるから 私は全身を耳のようにそば立てる
誰も居ない歩道で 信号機が青に変わった カーテンを閉じて 玄
関の鍵が閉められているのを確かめる ふと抱擁されたいような気
持ちになる


















齋 藤 純 二



 暮れる僕


回り過ぎた後の虚しさに
夕陽が落ちて
繰り返しの日々を重ねても
僕はまだ昨日のまま
昨日のそのまた昨日のまま
明日を知らない

乾いた空気が
僕の嫌いな過去を蒸発させ
心が軽くなったのなら
楽しい旅が出来るのだろうか
きっと見られなくなった景色が
恋しくなるのかもしれない
ああ、それすらもない世界に
涙も忘れてしまうんだな

前に後退
後ろに前進するそんな僕に
重たくなる心を逃す
覆い染めてゆく温もり

生きている実感だけを与えて
汚れを清い筆で色づけ
僕をここに存在させている





















澤  一 織



 十七歳


キッチンから
ウェイトレスの笑い声も漏れてくる
月曜日深夜二時のファミレス
太陽から取りこぼされた人のなかに
上下スウェット姿のふたりもいて
漠然と感じる焦燥を
気怠く、しけもくで巻いている
ポケットに突っ込んだ小銭を鳴らして
夜が明けるまで
おしゃべりがつきない十七歳 

大検を取ったばかりの落ちこぼれが
思いがけず受かった心理学部のある大学に
春から通う僕
の心変わりを勝手に想像して心配する彼女
の爪にこびりついた塗料
十五歳で上京して塗装屋で働いていた 
ネイリストになる前のまなざしは
何色に塞がれていたのだろう
ふたつの輪郭がぼやけて映る窓の外 
埃のような雪がちらつく

 まだいたな
 誰も彼も
 この町から離れても
 まだ戻れる距離にいたよな

バンクーバーに留学した友から
月に一度届く 
覚えたての英語が詰まった手紙を
ふたりで読むのが楽しみだった

同封された
異国の香りがする写真
を眺め終えた頃
テーブルの上 
不細工に乾いたおしぼりの横で
十六和音の着信音が流れる

午前三時過ぎの知らせは
いつも忙しない

川越街道から響いてくる
お馴染みのマフラーの重低音が
朧げに舞う粉雪を払いながら
ふたりを迎えにくる

食べ残していた
固いフライドポテトを
彼女と分け合ったら
手袋の代わりに軍手をつけて
羽織ったダウンのフードを深く被る
舌に残る紫煙の苦味を痰に絡めて
凍雨に変わった
闇の向こう側へ吐き捨てる

十七歳の夜は
まだまだ 明けそうもない




















夏   生



 夜更かし


お湯割りのココアを飲む
ミルクはカロリーがあるから
なんてブツブツ言いながら
甘い蜜をたっぷり入れて
甘くない、と顔をしかめる

使い終わった食器が乾きながら
こちらを見ている
動きの余韻を残したままの書類
乱れた薬箱、入れ替え待ちのタオル
げんじつの一時停止

夜更かしは身体に毒
と、わかっていても
張り詰めた空気と引き締まった時間
どこも緩まない、端正な漆黒を
ゆっくり楽しめる時間は一日の中で
ほんのわずか

夜に聴く愛しい音楽は耳から入ると
上機嫌に立ち上がって
踊り出す
心の中に入って、嫌なことを消していく
目の前が輝いて見える
心地よい錯覚は軽いステップを踏む

疲れ弾んだ
指先から流れる言葉は
神妙な真剣な顔をしながら
舌を出している
嘲笑いと慟哭のハーモニーは
一分でも苦しい

苦しいのに
好きな瞳を探しに指先を
弾ませるのは
新手の自傷行為ではないか

寒さに老われた手を
こすりながら
もう寝なさい、と言ってくれた
母の声が
三十年後ろから聞こえてきて
ココアだらけの口をすすいだ





















綴 木  黎



 赤い猫じゃらし


初めて知ったのは
つい最近の事だ

赤く染まった猫じゃらし
草にも紅葉がある事を初めて知り
喜んでいたが
ムラサキエノコログサという
変種があるそうだ

葉っぱから穂先まで
渋い赤色は
風情があって
なんて素敵なの

また見たくなって
自転車に乗りながら
キョロキョロと探してしまう

ついに今日は
帰り道の街灯下で
左手で摘み取ってしまった

根っこに土まで付けて
片手に嬉しそうに
草を持っているのは
もう中年のおばさんだ

初めは恥ずかしかったけれど
すぐに慣れて
自転車から降りては
ノロノロと歩き出し
探し物をしている人になった

数本持ち帰ったが
小さな空き瓶を
捨てなければ良かった
仕方なくペットボトルに
水を入れて差し込んでみる

ちょっとごめん
そんなつもりはないけれど
真っ直ぐに
押し込められたようにも見えた

そっと私の部屋の隅に
置いてみる

しばらくは
探さなくても大丈夫
いつでも
ここから眺められる

明日から
家に帰れば
赤い猫じゃらしが
待っている















 小さな星


久しぶりに
星座を見上げながら
ゆっくりと歩いていた

きっといつか
自分にも輝かしい日々が来ると
信じていた頃が懐かしい

幼い時に
伝え方がわからなくて
いつの間にか
言葉を忘れてしまったようだ

散りばめられている
たくさんの星々は
どれも綺麗で
生まれた時から光っているんだろう

たとえ
どんなに小さな星でも
光り続けるなら

誰かが
見つけてくれる
そう微笑んでみた

今頃だけれど
小さくも
輝いている星が
こんなにあったんだね





















あ さ ぎ



 学びたいです


私は文字を読めません
ですので
人に何が書いてあるのか
教えてもらうことがあります

ときどき
教えてくれたあとに
にやにやする人がいます
私が感謝と共にほほえむと
その人はにやにやを消し
苦いものを間違えて口にしてしまった
そんな顔をします

私は何か間違えているのでしょうか
足りないのでしょうか

文字を学ばなければと思います
それに
人として
欠落している部分があるので
人を学びたいと思います

このことを先生に伝えると
先生は困ったような顔をして
私の頭をなでてくれます
ゆっくりと
ゆっくりと

気持ちがいいです





















かすみ じゅん



 霧寂の過る繊細さと甘さ 折にそこに生けるものの激しい情動と


何処へと
吸い寄せられるよう
すうらりと流れる


朝霧に梳かれ艶剥け
弛い色鉛筆の
スケッチにも似た


かすれた風景のなか
暗色で身を包んだ
自分が佇む



顔前には
節くれ立つ梢がそそと
横疎らに伸びだし


その腹と赤緑の
錆ゆく尖った葉先へ
まるい雫を携え
そっと光らせる


濡れた舗装路に
ずらさず置いた足許から


滑らかに延びゆく
濁り池面の前方には
白銀の踊る風波が



 右手奥で陰掻き
 跳ねる、軽い響きが
 しなやかな
 一輪の波紋を作る


 瞬間が蕩蕩と震える



水面の最外端を
何気に見詰めると
淡枯れ草を
背にのせた長堤


程近い左向こう
なだらかに降る
ぎざつく裾線がくっきりと
くすんだ空に
切れ込みを入れて


その彼方には
毬藻のような
小山がまるで
幽体のように盛りあがる



 じっと眺めていた
 どんな答えも
 求めないまま
 考えてもいた
 思い出せないでいる
 胸底に沈む
 何かをずっと


 目の前にはだけ
 莫と広がる
 乾きながら暮れゆく
 季節の景色より
 あの時
 僕はもっと先を
 続き開ける未来を



湿った空気の匂いが
鼻孔をふうわり逆昇る



 と
 重たい破裂音が
 まるで
 産声のように放たれ


 持ち上がるのに気づき
 眼は素早く
 曲扇形の内脇を視る


 黄いろい胸を
 目一杯に仰け反らせ
 黒い大魚が宙空に


 投げ落とされた
 かのように
 勢いよく飛び上がる



忙しい
群鳥達の目醒めだす
つぶさな声が


静か森から届き出し


南天を高く
視線で辿れば
隠れ陽が空に透け始め
平敷き雲を薄い黄金に
ぽつと
撫ぜ染めていく















 stupid me *


廃れ切った
簾みたいな
隙間だらけの心のなか


空っ風が吹き抜ける


昨日の記憶にも
一昨日の記憶にも


ダサい俺しか
見えては来ない



スッ転がった気分で
天空を見上げたら


ほんのりと
青みがかるだけの


無駄にだだっ広い
胸中の虚しさにそっくりで


「何か馬鹿みたいだ」
そんなことを
ぽかんと思う


いや、真面目に
マジで馬鹿野郎なんだろう


二束三文で
買い取られてしまうような
捨てられない物


何年も後生大事に
し舞い込んでさ



やっぱし
お陽さんが照らすのは
いつも居場所の向こう側


明後日の方角に歩んで
人目を避けて
日陰で暮らす


ドジで間抜け
ゆるキャラみたいな
着ぐるみを纏い


汚し捲っただけ
痛い過去を引き摺り
毎日踏ん張って生きるのさ




 
stupid me
 
(ストゥピット ミイ)…愚かな自分。


















富士伊 真夜



 あたしだから


同じ歳がどうしたの
同じ心の病がどうしたの
初婚していないがどうしたの
つまらないわ
口下手だと言うあなたの
その傾聴は素晴らしいこと
だけどあなたの考えが
さっぱり分からないわ
当たり障りのない返事
話を聞いてくれるのは
いい事だけど
あなたと暮らすと
本当に退屈で生きたくなくなるわ
人は毎日
何か新しい発見があって
それが小さな幸福であって
その積み重ねで
退屈をしのいでいるもの
あたしは
そう思ってる
二階建ての家
充実した家電
テレビ鑑賞が趣味のあなた
ええ、面白くないわ、それ
それが好きだという誰かと
過ごしてね
あたしではないわ















 京都観劇


鬼滅の刃の観劇で京都
二階席とはいえ、ど真ん中
グッズも時間ギリギリで買えた
観劇前
京都駅界隈でモーニング
おばんざいのおかわりし放題
ご飯と味噌汁もおかわりできる
一時間並んでありつけた
もうそれは昼ごはん
観劇は開場時間に行けたが
グッズ買うなら
開場前から並ぶべきだった
長い列で
従業員が
なになにが売り切れたと
待機している列の客に
報告してまわる
従業員が持っているプラカードの
QRコードを読み取ると
グッズのラインナップが見れて
商品をあらかじめ選んで
買い物リストを作っておける
だがおばちゃんたちはわからんらしい
隣に並んだおばちゃんは
口頭で買い物している
大型台風の前日日帰りで
てんやわんやだった
観劇後
遅めのランチでおばんざい食べ放題につられて入る
高速バス往復で
おばんざいつまみに
瓶ビールでいっぱいやっとく
それから
まだ時間があったけど
疲れて
マックに移動
帰りのバスの前
サンキューショップに寄る
心残りは
京都駅の空中経路に
行けなかったこと
だって
疲れてたんだもん
自分のお土産は
おたべ、漬け物
観劇グッズと
まぁこんなもんよね
珍しく
食べ物重視な旅でした
計画立てずに行ったから
少し後悔
完璧には行かないよね
皆さん
精神障碍者も
高速バスで一人旅するもんなんですよ
なかなかいませんけどね















 違う場所違う世界


本来手に入らない価格の
チケット譲り受け
本来とは
違う場所違う世界を
のぞいた
その歌手におぼれる
おばさん達
舞台と歌のショー
半日がかりだ
お金のあるおばさん達の娯楽
底辺で生きる私とは違う
なんにも考えてないでしょうね
こんなところに
精神障碍者が紛れて
複雑な気持ちで
健常者の娯楽を
眺めているなんて
お金はあるところには
あるんだと感じた
精神障碍者の現実を
少しでも
理解され
なんとかならないものかと
思うのは
何故かしらね















 チケット売買アプリ


コンサートには行きたい
だけど
チケット高い
金がない
そんな時チケット売買アプリ
チケット売買は
あやしいものだと思ってた
試しにチャレンジ
一万円のチケットが
二千円
当日だからかなり安い
電子チケットだったけど
偽物でもなかった
味をしめて
二回目チャレンジ
一万七千円のチケット
五千円
前日だからだ
これからは
こういうのも利用していこうかな
日程とお金が合えば















 障碍者用場所


障碍者用場所で
なじんで
障碍者の雰囲気を
かもし出して
自ら
差別を作り出して
平然としている
ほんと平気で
同じ障碍者として
心から反吐が出ます
B型作業所の朝の送迎
一人暮らしの私は
送迎時間に外で
待機しています
グループホームに住むと
玄関までお出迎え
外で待機していません
送迎の職員が玄関先で
ピンポンを鳴らし
それから出てきて
靴箱から靴を出し履いて
出てくる
この差はなんですか
私もアパートの扉を
どんどんして
玄関先まで
お迎えに来て欲しいものです
お昼ごはん
カップ焼きそば
お湯を入れるのは
いいですよ
ソースやふりかけまで
いちいちしてやる必要が
あるのですか
そんなのも
自分で出来ないとは
そもそも作業が
出来ないですよ
ほんと
障碍者用場所で
その扱いになじんで
しまっている仲間達
私はどうして
腹がたつのでしょう
誰か
教えてください




















水 無 川  渉



 出会い


最終電車から降りて
駅前の商店街を抜けると
家までは暗い夜道がつづく

今日はいつになく空気が澄んでいる
冷たいアスファルトからふと目を上げると
雲のない空にはいちめんの星が瞬いていた

ぼくは重い足取りを止めて
しばし星々に注意を向けた

夜空をじっくり眺めるなど何年ぶりだろう
だが子どものころ夢中で覚えた星座たちは
昔と変わらぬ配置でぼくを見返してくれた

かつてはいっぱしの天文少年だったぼくは
天球上の絢爛たる神話絵巻が
美しい偽りであることを知っている
おなじ星座で隣り合わせの星も
ほんとうは遠く離れているのだ

あの赤い光が元の星を出たころ
地球
(ここ)ではベートーヴェン最後の交響曲が初演され
「歓喜の歌」がウィーンの街に鳴り響いていた

こちらの光が生まれたのはさらに昔
人類の遠い祖先が道具を使い始めたころ
それは冷たい虚空を超え
隣の島宇宙からはるばる旅してきた 

だが今夜
まったく異なる故郷をもつ
光のかけらたちが一つになって
ぼくの眼に落ちてくる
かれらは瞳孔を通り抜け
硝子体の中で円舞する

長い長い旅路の果てに
宇宙の片隅の
砂粒のような星の上で
ひそやかに行われる
光の逢瀬

いったいどうやって
かれらは知ったのだろう

たかだか数十年前に
生まれたこのぼくが
この瞬間
溜息をつきながら
夜空を仰ぐことを



















滝 本 政 博



 船乗りの恋唄


   窓は脚を開き
   瞼は脚を開き
   扇に脚を開き
   風に吹かれて
   めくれた絨毯
   抱きしめよう
   夏は脚を開き
   地球はまわる


放り投げてください
あなたの空へ
暗部のないラピズラズリの高みへ
季節が巡り葉が落ちるようにわたしは裸
投げられた小石のようにあなたに溺れる
鏡面に広がる波紋
もう取り返しはつかない
良いことも悪いことも

夜になれば
降り積もる闇から錨を引き上げよう
暗い港を船出する
満ちてくる血潮 光への憧憬
ようそろ 
船はゆく あなたの海を

さらに夜も更ければわたしは眠れないので
ただ海の広がりを感じるだろう
いまは航海する船でありつづけよう















 わたしの仕事


橋の上から川へ
きょうも投げ込んでいる
軽いものから複雑なものまで
簡単なものから重いものまで
小物や大物、柄や奇天烈な形状のもの
多くは汚れ物であり燃えにくいものだ
冬が近づいても作業は終わらない
寒空の下しんどいことだ

いつからこの仕事をしているのか思い出せない
すすんでやりたいようなことではない
仕事のないわたしは藁をもすがりたい気持ちなのだ
僅かなお金と引きかえに労働を提供している

誰かがやらなければいけない仕事だ
と ある人が言った
あなたがやってくれればとても助かるのだと

汚れものは水を吸うかとおもえば
浮いたまましばらく留まったりするので
人どおりのない隙を縫い投げ込む
はやく流れよと願う
川の水嵩は高くたいていのものは流れてゆく
この辺りで川は淀むことはない

何処へ流れてゆくのか正確にはしらない
海へつうじる何処か
かつては美しい場所だったという
そこには花が咲いていたという















 郷 愁


犬がわたしの中を駆けてゆく
わたし・犬は抜きつ抜かれつ走る
砂浜を 禿山を 土の起こされた田んぼを
ときおり立ち止まりおしっこをする
遠い日々の中を駆ける

わたし・犬が吠える 声を揃えて吠える
わたしたちを脅かすすべてのことに
役場の三階から午後五時のオルゴールが鳴ると
熱い物を無理に飲み込んだようで目の前が赤くなった
吠えずにいられなかった
長い遠吠え

わたし・犬は少年だ
冬の子どもだ
霜の降りた道を走る
霜柱をざくざく踏む長靴の中の冷たい足
北風を棲家とする
灰色の毛むくじゃら 
青いマフラーと手袋

犬がわたしの中を駆けてゆく
遠い思い出の中に逃げ込む
鞄を放り投げて日暮れまで遊ぶのだ
女の子たちはゴム飛びをする
夕飯を告げる母の声
わたし・犬は食べる
味噌汁のかかったご飯を 煮干しを 
がぶがぶ水を飲む

わたし・犬は死んでしまった
わたしは片割れである
お前のいない片側に雨が降る
お前の湿った臭いももう忘れてしまった
思い出せないことが多い
わたしが布団で眠るとき
お前は何処で何をしているのだろうか




















紗 野 玲 空



 鏡花のみち…『化鳥』によせて


泉鏡花記念館を後に
暗がり坂を抜け
主計町茶屋街を
ゆるゆる歩く
軒灯に照らされる
紅殻格子の街並み
沿って流れる浅野川
水柔らかき女川
蒼い瀬は 一筆書きの墨絵の如く
たおやかに 柳葉のゆらめきと流れゆく

夕闇にのまれる 白茶けた木の欄干 桁隠し
川明かりに 青銅の擬宝珠は冷たく光る 
ぼうっと浮かぶのは 橋を行き交う人…… 人か?

いえいえ 人ではありませぬ
「愉快(おもしろ)いな
 愉快(おもしろ)いな」
あちらは風変わりな猪 
こちらは稀代なきのこ
そちらは不思議な猿……
人の顔した鳥だの 獣だの
往来は 異形ばかり

泉鏡花の目に映るのは
観音力 鬼神力宿した お化けたち
大いなる超自然力の前 人間は無力
人智は及ばない

人間は万物の霊長にあらず
禽獣も人間も 同じ獣
この世は 人間ばかりのものでない
人間も 鳥獣も 草木も 昆虫も
形こそ違えど 同じもの
人間こそが立ちまさる 立派なもの
斯様に考える傲慢さこそ 恐ろしい
人間とは 弱く小さきものである

お化け行き交う 浅野川に架かる橋
橋の上 あべこべに入り交じる現実と夢幻
縹渺とした神秘と怪奇漂う川辺
ぼんやり見えてくる
妖しくも美しい鏡花の世界

「うむ、魔界かな、これは、はてな、夢か、いや現実だ。──」

宵闇に 澄みゆく川風
見上げた西の空
今宵も夕星は輝く



 
※「愉快いな……」は『化鳥』の冒頭部分、「うむ、……」は『山吹』の末尾部分による(共に泉鏡花著)。



















く   れ



 玄 関


帰って来る
その姿を想像する壺に入れて
十二年間待ってきた

海水の冷たさ、波の荒さ
骨だけの心細さ
ここには発語するものはなく
失語するものばかり

家族会議では頭を抱えたが
全壊した場所に家を建て直した
家族全員の名前は
新しい表札に移し替えた

突然帰ってきても迷わないように
表札以外の周りは
大津波の前の姿に戻した

お墓の中には写真一枚だけだから
風が吹くと
離れた墓地の方から
泣き声が聞こえてくるらしい

魂だけは天上にある
骨が海の深く磨かれている姿は
見てはならない

叔母さんは
身に着けていた物一つでも
玄関の表札を
くぐり抜ける気丈さは持っている

帰って来るものがあれば
嗚咽し、発語し
抱きしめる事ができるのだが

海の中で生活してきた長さは
DNA鑑定に委ねるとしても
涙の量までは、今は考えられない

帰って来る
その姿を想像する壺に入れて
十二年間待ち続けている















  烏


大きな樫の木のてっぺんには
飛行場があるんだよ
と 烏が教えてくれた

登って行く途中には
高さの中を吹き抜ける風の道があるが
気にしないでね

今日の烏は嫌に優しい

この烏は
僕が高所恐怖症だと知っている
雲の飛行場があっても
木のてっぺんには
絶対登れないという自信がある

烏と烏が賭けをしている
何を賭けたのかは分からないが
こんな烏の遊びには
どんぐりの一つでも投げつけたくなる

目を閉じて樫の木を登って行くと
てっぺんの飛行場から
雲が飛び立つ音が聞こえてくる
烏が見せたかったものなのだ

意地悪な烏に戻っているが
どこかに平和を見つけねばならないと
烏は考えていたのだ
だから烏は僕を怒らせて
この飛行場まで登らせたのだろう

飛行場からは
平和の使者として雲が飛び立つ
それだけでいい
戦闘機や爆撃機など
飛び立つ飛行場であってはならない
地上では
落ちたどんぐりが踊っている

烏に教えられた
地球の中の
小さな小さな平和の大切さを
烏の賭けは遊びではなかったのだ
争いのある国の方に向かって
烏は何度も何度も鳴いた

飛行場から
飛び立つ雲は
時間をかけて争いのある国へとたどり着く
この樫の木の周りの
小さな平和を届ける為に
それを 樫の木のてっぺんで
僕は烏と一緒に見送っている























瀬   未



 よるのおくすり


“嫌だ”

残り少ない歯磨きペーストを
ぎゅっと絞り出すような
父の硬い声

甘いシロップだったら
よかったのにね

腕を払われ
手のひらから落ちた一粒を
摘まみあげる

眠りを誘
(いざな)
味気ない白い錠剤

“ちゃんと飲まないと”

噛んで含めるように
しずかに繰り返す
いつもの言葉は

きっと
父にとって
おそろしい呪文なのかもしれない

ネムレネムレネムレ

眠りたくない
眠らせて
父と私
双方の本音が
夜の底で螺旋になって響く

今宵は
どちらが先にたどり着くのだろう
不毛な疲れと諦めに

深夜二時
魔物がひそむというのなら
ララバイ
ひゅるり口笛だって吹きましょう

ネムレネムレネムレ

絆は絆
だけど
家族だから
娘だからといって
何もかも絆
(ほだ)され続ける訳にはいかないの

魔物でも構わない
微睡
(まどろ)みを連れてきて
お願い

互いの理由を
うまく飲み込めない
私たちのために
よるのおくすりを

怖いから
分からないから

必要だから
大切だから

ネムレネムレネムレ

“水をくれ”

あぐらを崩し
乾いた唇が
ようやく
二つめの本音をこぼす

ずっと
やっと
待っていた合言葉に

ゆるゆると
ほどける
握りしめた手のひら
こわばった心

はねのけられた腕を
懲りずに
何度でも
差し出すよ

一杯の水に
“おやすみなさい”を添えて

根比べはもうおしまい
今宵はおあいこ
恨みっこなしよ

(これからだって
  勝つつもりも
 負けるつもりもないけどね)

子守唄の似合わない二人
意地っぱりは
お互い様さ

だって
親子だもん