今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







荻 座 利 守  







 あなたの記憶は


あなたの記憶は
わたしたちの記憶

あなたの苦しみは
わたしたちの苦しみ

永い年月を貫き
数多の世代を経て
わたしたちは
あなたの心の奥底と
つながっていて

あなたの根底は
積層した
わたしたちの生の痕跡から
成っているのです

あなたが
あなたの生で出逢い
味わう苦しみと

あなたが
あなたの生で集積する
辛い記憶は

どれもみな
わたしたちの流した
涙の残照であって

どれもみな
あなたがこの世に
生を受けたときに引き継いだ
遺産でもあるのですから

あなたにはその
辛い記憶と苦しみを
きちんと味わい
見つめてほしいのです

それを成し遂げることが
あなたがこの世に
生まれてきたことの意味であり

わたしたちから
遥か遠い未来に生まれた
あなたという存在の意味が

あなたから
遥か遠い過去に生きた
わたしたちという存在の
意味を映し出すのですから

あなたが出逢う苦しみの内に
わたしたちの涙の跡形を
感じ取ってください

そこからでしか
あなたは
未来に光をわたすことが
できないのですから

あなたの生の光は
わたしたちの
生の残照でもあることを
どうか忘れないでいてください





                       〔島 秀生:選〕





 張りぼての牛


商業ビルの
屋上に造られた
大きな張りぼての牛は

降りしきる
雨にうたれ続け
虚しいほほえみを
うかべながら
両の眼から涙を流して

造られたものが
またたく間に消え去るような
つくも神のいなくなった
この世界を
独り寂しく見おろしている

人により
造られたものどもの
朧な魂は
蒸発する今という時の
下がりゆく沸点に
追いたてられるように

巷間の雨風に流されて
永遠に忘却される過去へと
その影を薄めながら
拡散してゆく

人生という時の一部
命のひとかけらが費やされて
造られたものどもに込められた
造り手たちのあえかな魂は
触れる間もなく消えゆく
雪のひとひらのよう

つくも神の
いなくなったこの世界で
ほほえみながら涙する
張りぼての牛

その虚しい瞳は
造られたものの儚さとともに
造り手たちの命の儚さをも
見つめているかのようだった





                       〔三浦志郎:選〕





 白い枯木


峰々が連なる
山あいの深い谷間

どこまでも澄みきった湖の
石灰質の底に横たわる
白い枯木の魂は
何処へとゆくのか

雪のような石灰華の
白い衣をまとい
朽ちることもなく
その形を保ったまま
水の底に沈む倒木は

朽ちぬが故に
めぐる生命の輪から
弾かれて

己の魂は
誰が引き継ぐのかと
その白い衣を
愁いで染めてゆく

だが白い枯木よ
決して嘆くことはない

お前は
その美しさ故に
数多の人を惹きつけて

雪白なる枯高の姿を
見に訪れた人々の
瞳と心に
お前の魂は
確かに引き継がれて

また違う形で
広いこの世界を
めぐりゆくのだから

山間の深い谷間
どこまでも澄みきった
鏡の如き水を湛える
段丘の湖

純白に析出された魂の
旅立つところ





                       〔三浦志郎:選〕











L i s z t




 時 計


駅前のコーヒーショップから
何とはなしにロータリーを眺めてた

強弱を繰り返す噴水も
舞い立ち舞い降りる鳩の群れも
行き交う人々も
果てしなく繰り返される波のリズムのよう…
いつしかわたしは心うばわれて
風景に溶け込んでいた

それなのに ふと
ロータリーの時計塔に気がついたとたん
あえなく引き戻されてしまった
現実のわたしに―
いつの間に
こんなに針が進んでいたのだろう

永遠に変わらないように見える
のんびりした風景の中で
おまえだけが素知らぬ顔をして
せわしなく時を刻んでいく
周りにお構いなしに
味気なく
無情なほどに

そういえば隣の席の老夫婦も
気がつかないうちに
若いカップルに代わってる
目の前のコーヒーも残りわずか
さあ急いで次の客先へ行かなければ……





                       〔齋藤純二:選〕











ゆ   き




 干し柿


早朝の冷たい風が
当たり前になってくる頃

散歩の途中で見かけた柿の枝に
たわわに実った黄色い実を
そっと触ってみた

すべすべで冷たい感触
美味しそうなのにまだ渋柿で
固くて食べられない

皮を剥いて最後まで丁寧に
愛情をかけてやらないと
丁度良い塩梅に甘くならない と
祖母が言っていた

もうすぐ皮を剥かれて
無防備な柿の実がカーテンのように
軒先に規則正しく吊るされ

昔ながらの光景が
道行く人達を楽しませてくれる

しばらく経って飴色になる頃には
僕はいつも畳間に寝転がって
家の中から眺めていた

外から見るのとは違って
太陽の光の間から見える萎んだ柿の実が
とても特別なものに思えて
白い粉が吹いてくるのが待ち遠しかった

この時期になると何故かセンチメンタルな
気持ちになってくる

少し腰が曲がった祖母は
今年も干し柿を作るだろう

まだ暖かい陽だまりの中
また柿の皮剥きを手伝いに
久しぶりに帰ってみようか





                       〔齋藤純二:選〕





 早く目が覚めた朝に


暖かく包んでくれる大きな手を
いつからか探すようになっていた

空っぽの心が騒ぎ出して
困るから気づいていないふりをしていただけ

癒されたいと思うのに
卑しいプライドが顔を出して来る

いつもより早く目が覚めた朝に
湿った空気を吸いながら

まだ夜には別れを告げられない
薄暗い空に手を伸ばしてみる





                       〔三浦志郎:選〕











エ イ ジ




  山


そこに一つの険しい山があった
標高三千メートルと言われている
万年雪 降り積もる山

人は僕にその山を越えろという
僕には到底無理に思えた
麓からは頂上は見えず
山は暗雲の中へとそびえ立っている
まるで無明の頂き

僕は登山靴の紐を固く結び
トレッキングポールを突いて
登っていくことにした
ザクッ ザクッ ザクッ
リュックを背負って
砂利道を踏みしめて行く
ただ淡々と登っていくしかない

しばらく登ると
ペトリコールの匂いがしてきた
「夜雨だ」
ボツ ボツ ボツ ボツ
足場が悪くなる中
それでも一歩一歩進んでいく

すると崖に突き当った
急な崖に這いつくばって登っていく
一段一段 足元を確かめながら
靴だけでなく
手も夜雨に濡れて

深夜になり
体力も限界に感じてきた
その時 崖で足を踏み外した!
ボロロ…ボロロ…
足元の崖の一部が崩れた
しばらくじっとその場で休んで
落ち着きを取り戻すと
また上へ上へ登っていく

明け方近くに
頂上に着いた
はぁはぁ ぜぃぜぃ
体力は限界を超えていたが
日の出が僕を祝福してくれてるようだった

嬉しい気持ちも束の間
その山の向こうに
もっと高い山がそびえ立っている
人はその山も僕に越えて行けという

人生には次から次へと
登らねばならぬ山があって
生きている限り
その歩を休めることはできない
最後は死という名の
越えられない山に
僕は突き当るのだ

それがいつなのか
足元で確かめながら
次の山を越えるところだ




                       〔島 秀生:選〕





 ガットギターの孤独


深く沁み入る
ガットギターの音
君は君の孤独を
その音色で埋め合わせているんだね

僕の心に響くのは
君が作ったギターの小品
日本人離れした音の影
君はひっそり弾いている

僕に浴びせておくれ
ギターの音色を
君の孤独を包むがいい
朗々と歌い上げておくれ
君の孤独を受け止めてあげよう

最後の煙草を吸い終える夜
君のガットギターがなぜか
妙に心に沁みる夜
君は君の孤独を
僕は僕の孤独を
その音色で埋め合わせている





                       〔三浦志郎:選〕





 寂 寥


夜十時にもなると
家族は寝床につく
僕は独り部屋にこもり
その日あった嫌なこと
思い巡らし 反芻し
自分が見た現実に悩まされる
短編映画のように甦る
今日あった嫌なこと

僕も眠らなければならぬ
眠りは一種の死だと思う
そう思うと眠りたくない
でも疲れた 休まねばならぬ
そう考え始めた時
僕は哀しい時計番になり
12時も過ぎると
布団に入らなければと思うのだが

身体を横たえるのが怖い
棺桶の中の死体のようだ
布団の上にじっとして
見えない棺に閉じ込められる
眠りは仮想の死だ

ふらふらになった身体で
まるで疲れた狼のように
のそりのそりと家中を歩き回る
気分転換にベランダへ出てみた

見上げると星々が瞬く中に月が
雲間から覗いたり隠れたりしている
ああ 空はなんて神秘的なんだ
僕は漂う空気を思い切り吸い込んだ
ひと時の解放感に浸り 僕はこう呟いた

「これで何の悔いもなく死ねる」





                       〔井嶋りゅう:選〕





 心の公園


生ぬるい風がまだ吹き荒れる
そんな寝苦しい夜は
僕は心の中の公園に行く
入るのは簡単
脳の波長を合わせればいい
いつも公園は心の中に

公園で何をしようが自由さ
僕が好きなのはパフォーマンス
お気に入りのメンバー揃えて
みんなで騒ぎ立てる
僕は歪んだ音のギターを持って
みんなで楽器を持って
自由に騒ぎ立てる

入るのは簡単さ
自分のモードを変えればいい
公園は心の中

公園で何をしようか
今日は花を見つけたい
一重咲きの虹色の花を
心の公園でしか咲かない珍しい花を
黙って僕の後を付いてきてごらん
心で咲く花はきっとある
二人の心に花を添えようよ

公園に入るのは簡単
ただ信じていればいい
僕があり続ける限り
公園は心の中に





                       〔三浦志郎:選〕











妻咲 邦香




 ベテラン


もう何十年と生きているのだから
ベテランである筈なのだ
ところが傾いた開き戸ひとつ直せない

突然訪れる感情にも戸惑い
思うように言葉が出て来ない
枯れ草を焼いて、灰を畑に鋤き込む
まだ足りないが今日はここまでだ
蜜蜂の巣箱はもう三年も空で
遠くの景色だけが変わらないまま
景色こそがベテランだ

来客が遅れて来ると連絡があった
空いた時間でさて何をしようか
考える
また考える
ベテランだ
考えることに於いて私はベテランなのだ

友との便りも途切れがちで
冬眠前の蛙が一際高く鳴いている
最後の一鳴きか
どうせ明日も鳴くだろうことはわかっている
ベテランだ
ベテランは欺くことにかけては天才なのだ

彼等の目を見るといい
何と多くの詩情が拾われることもなく
土に染み込み消えていったことか
まだ足りないとぼやきながらも
突然にこと切れる
返す言葉も術もない
そして、そんな時が訪れるのを
ただひたすらに待っている

ベテランだ
あるべきベテランの姿なのだ





                       〔島 秀生:選〕





  耳


貴方の耳を掃除している
これが初めてではない
これが最後でもない筈で
その姿、形、色までも愛しいと思うまでに
どれ程の日々を過ごしただろう

それは既に私の一部で
私の身体の一部
だから特別なことは何もしない
丁寧なことも
もうしない

外は夜
なのにこの部屋は暖かい
眩しいくらいにあたたかく
やるせないほど憎らしい

私は耳を掃除している
私の耳を掃除している
私と同じようで違う
何もかもが違うのに
私のものになってくれる
そんな耳に
「ねえ、そうでしょ?」と囁くように
掃除をしている





                       〔雨  音:選〕





  文


一筋の道が与えられた
細く頼り無い道具を握り
だが実際その手にしたものは何か
幸いにもそれを前にして
私は思い悩むことが出来る

月日は流れても、形にしたものは変わらない
想いはそのままの姿で
瞼の裏で走り続ける
だから私は立ち止まるのです
この手をすり抜けなかった強い気持ちの前で
誰かを壊してしまわぬように
貴方に溺れてしまわぬように

何を伝えるか
何を選び、また何を綴れるか
消えては現れ、現れては消え
朝を待って
美しかった思い出に幕を引く
真っ白な海に向かい
翼を広げる
乗る風は偽ることを知らず
喜びを以て、喜びを真似る
最後は声に従い
何もかも、許してしまう

ありがとうと一言
結んで
また一人





                       〔三浦志郎:選〕











江里川 丘砥




 無常の風


無常の風
吹き抜けるとき
時は待たない
死ぬことは
どの人にも必ず来る

遠くへ行ってしまったあなたは
どこにいるのか
この目に見えないだけなのか

そばにいた時
私たちには時間があった
いくらでもあると思っていた

幾人もの人が
今にも消えていきそうな世で
私はまだここにいる

あなたはどこかへ行ってしまった
私をおいて
見えない彼方の
彼岸へ渡る

無常の風は
どの人にも必ず吹く

いずれ私にも吹く風が
先にあなたに吹いた
いずれ誰にも来る時が
あなたには今日だった
それだけのこと

だけどそれだけのことが
とてつもない大きさで
一瞬で
全てを変えてしまう

数えきれない思い出と何気ない日常に
もうあなたはいないのだという
哀しみが
寂しさが
どこまでもどこまでも
止めどなく喪失を溢れさせて
あなたの残していった優しさや温もりを
強くして

「さようなら」まで
良いも悪いもひっくるめて
「それでも愛していた」まで
残された者を連れていく

無常の風
吹き抜けて
時は待たない
さようなら
きっとまた
会えるまで





                       〔島 秀生:選〕











cofumi




  鏡


君は僕の中に
何を見つけたいんだい?
じっと奥のそのまた奥
そう真っ暗なトンネルの先を
見るような目つきで
じっと ただじっと
僕が写せるのは 今の君だ
寝癖ではねた髪
歯磨き粉が残ってる口の端
一週間は着てるパジャマのままで
突っ立ってる君の姿

「どうして」と 大粒の涙をこぼし
クシャクシャの顔を
手で覆い膝を抱える
冷えかかる心で
部屋を灰色に染めながら

外から聞こえる
少女の可憐な笑い声は
君には聞こえないようだ

インスタントコーヒーを
喉に流し込んだら
君はため息みたいな埃を
被ったままの革靴を履くんだ
諦めたようにドアを閉めながら

「仕事はどうだい?」
そんな問いかけをしてみる
鞄を投げるようにソファに置き
誰も居ない天井を睨みながら
うまくいかない事に
自分を失いつつある君

笑顔の君を僕は覚えている
子供の頃から大事にしている
ブリキの車がある事
スマホを見ながら
ワクワクした顔をして
誰かに電話をしていた事も知っている

君は不幸じゃなくて
幸せを味わってる途中なんだ
全てがマロンケーキみたいに
甘いわけじゃない
レモンのような酸っぱさも
唐辛子のような辛さも
幸せの味だ

僕は君の笑った時の歯が好きだ
いつも丁寧に磨いてる
その歯を明日は見せてくれ





                       〔三浦志郎:選〕





 奇 跡


「隣に座ってもいいですか?
ねぇ噴水は綺麗ですね
水しぶきが幸せの弧を描いています。
風や雨で形やリズムが崩れるけど
そんな歪みは私達にもあるよね。

公園でお弁当を食べると
なんだか三つ星レストランよりも
ご飯が美味しく感じるの。
特にこの漬物は祖母からの直伝で、
毎朝ぬか床に話しかけながら
少しずつ頂くの。
ねぇ、食べてみて。

不思議よね、コリコリって音に
何だか涙が流れてしまう。
祖母がよく言ってたの
手は自分のことを
全部知ってるって。
だから、ぬか床は自分の
人生の味がするんだって。
どうかな?

日本の人口は、1億2550万2千人
地球には、79億5,400万人の人が
住んでるんだって
だから、ねぇ出会えた事って
奇跡だよね。
奇跡って私には
縁がないと思っていたけれど、
こんな近くにあったんだね。
誰にでも奇跡は、
起きていたんだね。」





                       〔井嶋りゅう:選〕











水野 耕助




 (仮)付きの人生を生きて



体験している
すべてのことが
かりそめのようで

しっかりと
掴みとれぬまま
今日が
また
過ぎ去りゆくだけ

昨日、今日、明日
どこにも
居場所は見つからず
どこにいるにも
心許ない

この命、人生のすべてが
(仮)付きで

人生の本番は
果たしていつで
本物の自分は
一体 どこに
いるのだろうか?

幼い頃に
正しい生き方を
忘れてきてしまって

取り戻すことのできぬ
あの時を悔やみながら

間違った方法でも
このまま
かりそめの
毎日の中を
進んでいく他はない

どのような人生で
あったとしても
命あるかぎり それは
止まることなく
続いていくのだから





                       〔島 秀生:選〕











O s a d a




 熱気球試乗会


 1

森林公園の広場に
熱気球が繋がれている

カラフルなパターン模様に
アルファベットのロゴマーク
ビジュアル系の巨大坊主だ

家族連れの長い行列が
ゴンドラの前から
私とみーちゃんのいるこちらへと続き
試乗の順番が来るのを待っている

子ども達は風船で遊んだり
追いかけっこをしたり
紙ヒコーキを飛ばしたり
風ぐるまを回して走ったり
おとなしく待っていられない

シャボン玉のひと群れが
青空に散らばって‥‥

 2

のるのいや!
のるのいや!
い! や!

ええーっ!?

あんなに楽しみにしていたのに
早起きして並んでいるのに
そういうことを言い出すのか?

風が熱気球のゴンドラを揺らし
乗っていた子ども達とお母さんが
悲鳴を上げたのを見てしまったのだ

やっぱり女の子 怖くなったのか
でも せっかくの熱気球試乗会
「料金の 元を取るまで 帰らない」
七五調で呟いている場合ではない
どうやって乗せてやろうか

やがて私達の順番が来た
皆の笑いを背後に感じながら
ひたすら拝むように説得して
地上に降りて来たゴンドラに
半ば無理やり押し込んだ

スタッフのお兄さんが
繋留ロープを解く

その瞬間
あらふしぎ
ゴンドラが足元から
ふわーっと浮かんだ

「熱気球 ふわりみーちゃんが 笑った」

俳句もどきをひねり出しながら
ホッとしている秋の日曜日

 3

ゴォーッ!
ゴォーッ!
頭上でいきなり音がした
見上げるみーちゃんと私

バーナー噴射の青とオレンジ色の炎
球皮の内部に熱が送り込まれ
熱気球が青空に向かって
ゆっくりと上昇して行く

地上から男の子が歓声を上げながら
ゴンドラの私達に手を振ってくる
その横ではお母さんが額に手を翳して
眩しそうに見上げている

ゴンドラの高度が
樹々のてっぺんを超えて
いま 森の向こう側が見えた
遥か遠くに薄色の山々
見上げると
陽光を内部に透かした球皮が
青空をまあるく隠している

さあ みーちゃん
オーイ!
オーイ!

地上のみんなに手を振ろう
ヤッホー!
ヤッホー!

遠くの空にも
「熱気球 きのうの空に 手を振って」

あっちの空にも
「熱気球 あしたの空へ 流れ着け」

遠いあしたの空の下で
いずれはきみも
何処かへ旅立って行くのかも知れないけれど
きょうは一緒に

しばらくの間
私達は空を漂っていた





                       〔齋藤純二:選〕











朝霧 綾め




 やさしい言葉


引き出しから
昔の手紙を出し
幾通も 幾通も
読んでいく

遠くに住む友だちからもらった手紙
両親からの誕生日カード
むかし出したファンレターの返事

一通 読むたびに
そのときの小さな私の姿が
浮かび上がる
手紙の中には やさしい言葉だけがあって
私も送り主も
幸せそうに 手を振っているように見える

昔の私の姿は少しずつ大きくなり
今の私に近づく

手紙の日付が
ようやく最近のものになったとき
私は戸惑う

現実は
これほどやさしくはなかったことを
思い出すのだ

あれだけ喧嘩していたのに
あれだけ叱られていたのに
ここには
やさしい言葉しか書かれていない

手紙は会話とは違って
文字に残る

相手の机の中に
何年もしまわれると思えば
厳しい言葉なんて書きたくない
きれいな切手を貼ってまで
議論をしたいと思う人はいない

やさしくない言葉を
贈りあえるような人は
できるだろうか
相手を想う気持ちから
たとえ厳しい言葉でも
自分の言いたいことを 言えるだろうか

やさしい言葉は
素敵な言葉
厳しい言葉も
素敵と受け止められるようになるまで
あと何年かかるだろう

やさしい言葉を書くときと同じように
厳しい言葉を 愛情こめて
書いてみたい





                       〔島 秀生:選〕





 夜景ネイルアート


夜になった
その街では
高層ビルのてっぺんや
細い鉄塔のあちこちで
ぽつりぽつりと
光が瞬く

この きれいな夜景を盗んで
小さくして私の爪に閉じこめ
ネイルアートにすることは
できないかしら

刷毛を
濃紺の夜空に浸して
たっぷりと色を吸い込ませ
それを爪に塗り
紺色の
下地をつくるのだ

今度は 光を 配置しなきゃ

鉄塔の赤い光
イルミネーションの白い光
観覧車の紫色の光
港の青い光
教会の橙色の光

そうっと
指先でつまみあげる
落とさないよう丁寧に
爪の上の夜に乗せる

色とりどりの光が瞬き
こうして
夜景ネイルアートは完成する

街中の灯りが
私の爪に
閉じこめられてしまったから
人々は困っているだろう

それでも
盗まれた夜景は
私の爪の中で
芸術作品になって
悪気なく きらきら輝いている





                       〔雨  音:選〕















紫 陽 花




 夢を見た


何だかその昔河童の国と日本に国交があった
河童の国はそれはそれは貧しかった
世界の水辺が汚れてしまい 魚が捕れなくなったから
食べることに困った河童達は日本に出稼ぎに来るようになった
ある地方の河童達は美しかった だから悪い大人達はこの美しさで儲けようと考えた

ショーパブで
河童達に歌を踊りを覚えさせた
星をちりばめたような眩しい衣装も用意して

開店時間は夜8時
今日はお店に新しい河童が入った
初めて日本に来たらしい
まだ河童語しか話せない
エメラルドのような透き通る肌 吸い込まれそうな大きな瞳、それは深い泉を覗き込んだ時
 のように神秘的な緑
鼻は爪楊枝で軽くつついたようなドット 少し大きめの嘴が何故か調和してる魅力的な顔
ミラーボールに当たる無限の色の照明の下河童の表情は艷めく
まだ善悪がよく分からない産まれたての赤ちゃんのような眼差しで
円卓のソファに腰掛けている新河童

その隣でふいに心の奥にしまっておいた何か大切な重いものが弾けてしまったお姉さん河童
泣き出してしまった(たまにこんなことがある、けど滅多にないこと)
さっきまでにこやかに常連さんに新河童の紹介をしていたのに
急に両手で顔を覆ってわーっと
大きな声で人目も憚らず泣き出した

こんな時常連さんはいつもより優しい
厨房にあれを頼んでくれる
河童達が河童の国で毎日食べていたあの川魚
河童料理のお店から魚は調達するという
常連さんは温かい眼差しをして
ずっとお姉さん河童の頭を優しく黙って撫でている
今は場違いなBGMだけが騒々しく響き

ようやく焼き魚が運ばれてきた
お姉さん河童が少し気持ちを落ち着けようと頑張っている
その横で新河童はキラキラした目で魚を見つめティと発音し始めた
これはティという大好物の魚
今まで緊張して固まっていた体をBGMに合わせて楽しそうに揺らし始める

夜はどんどん更けていく
もう誰も泣かない
またすぐそこに明日が来てるから
故郷に残してきた家族のことを思い出してる河童にも
家と仕事の重みでまだ帰りたくないお客さんにも
みんな同じに朝がくる
夜は今日のみんなの心を キラキラ星にして夜空に留める
そしてほーっと一息ついてから 朝にどうぞと空を譲っている
そこに目覚まし時計の音が混ざってきた

私は河童のショーガールになった夢を見ていた





                       〔齋藤純二:選〕











暗  沢




 偸 盗


カガミのヤツは掏摸(すり)なんだ
あいつら 執拗で抜目がない
豪勢な三面鏡にでも
お高く留まってくれりゃ良いんだが

ほんの一瞬だ 気は抜けない
列車の窓やショーウィンドウ
つるつるした面の上なら何にでも
バッチリ間の抜けた相貌を見せつけてくる
目を逸らす他に抵抗があるかい?

全く持って行かれた気分になる
懐を押さえてもお構いなしだ
どんな年期の入った掏摸よりも
あいつらの手並みは鮮やかなのだ

可笑しいだろうか 
いや どうか気を付けて
実の話をしておこう と言うのもだ
ぼくはぬけぬけと餌食となった!
ごっそりと持っていかれちまったのだ

くれてやると痩せ我慢したこの始末
その証拠 ぼくはもう自分の顔が見えない
姿見でも写真でも映し出されるのは
特筆する所もない後頭部ばかり
本当さ

合わせ鏡ももう駄目らしい ぼくは
れきれきとつらなり映る像を前に
延々と後頭部を見続けているんだ

いや どうしてくれようか
ごっそりと持っていかれちまったのだ
ぼく自身の 鏡像を





                       〔齋藤純二:選〕





 青蜜柑


青蜜柑 結ぶ枝より
ひともぎり

鼻孔を抜く 柑橘の香り
にがく しょっぱかろう
未だに硬い皮の下は

赤味な季節の頓狂な青さに
思わず雀躍したもので
狂い花めいたこの色は
過ぎた季節の忘れ形見のよう

滲む黄色は青皮の
幾百千の油胞が包む
幾百千の真夏の陽が
弾け油へと融けていき
引火し拡がるようである
延焼の果て黄と甘味を痕に
青を悉皆焼き払うその有様
聞こえないか今や朧げな返照の
「甘くあれ」という阿る(おもねる)囁きを

聞くな 聞くな青蜜柑 既に斜に構えた陽光の
太陽と称する事すらも 甚だ疑わしきことよ

熟れるな 染まるな青蜜柑
阿る陽には迎合せずに
御身のままに青くあれ

滲むな 染まるな青蜜柑
まだ鴉には啄まれずに
いまはしょっぱくあればよい

今なき青き季節を纏い 苦いままであればよい
過ぎ行くしょっぱさを今暫くは 包んでいてよ
青蜜柑





                       〔青島江里:選〕











理   蝶




 摩 耗


もう飽き飽きだよね?
時代の隙間に逃げ込もうか
片親の眉間に穴を開けようか
黒い波間に溶けてしまおうか
ねぇ、どうしようかしら。

流行り歌にも
私の明日を諭されるの
誰にも何にも
私に触れないで、な夜

高嶺の花の生えるという山の
麓の村に
生まれたのよ私

あなたは待ってなさい
って言われて
生きてきたの私

言葉はね、言葉だけはね
私を救うと思ってたの

でもね、言葉はね
体からはどうしても
離れられないの
こびりついてるの
それを言った人の
香り、罪、親の影、
そんなものまでもね
全部がね
こびりついているの

あぁ、パブロフでも政府でも
何の犬でもいいから
私を冷たく飼い慣らして
私に明日を言いつけて

さもなくば私
みんなわかってるけど
言わなかったこと
みんなに触れて回るんだから

そうしてみんなの苦い顔見て
思いっきり笑ってやってから
都会の藻屑になってやるのよ

もう飽き飽きだよね?
時代の隙間に逃げ込もうか
片親の眉間に穴を開けようか
あなたの夜逃げの邪魔をしようか
ねぇ、そうしようかしら。





                       〔三浦志郎:選〕





 車窓は語る


朝露に濡れた選挙ポスターは
嘘がばれて
冷や汗をかいているよう

神との和解を
黒地に黄色で迫る板
それはブロック塀で
静かな怒りを湛えている

赤茶けた喫茶店の軒先に
枯れた花と爛れた看板
忘れられた店先を
前衛的に覆う蔦

中身だけは入れ替わり続ける
00年代を依然背負うスーパーマーケット 
それは植物人間の悲しさに似ている

セイウチのように太った老婆や
水色のランドセル背負う少女
バス停にて彼女達は手を振り
しばしの別れを告げる

景色を微かにセピア色にして
切なくさせるのは
窓に張った10年物の土埃

ヒビだらけのアスファルトと
その上をがなりながら走るバス

薄汚れたそして薄ら寒い
見慣れたもう見尽くした
その車窓に
私は人のため息の2つの意味を知るのだ





                       〔青島江里:選〕











秋   冬




 夫 婦


本当に
 苛々する
  どうして
   お前は
    そんなに愚図なんだ

背中を丸め
カートを押す夫に
背筋真っ直ぐな妻が
怒鳴り散らす

三十年後の自分を
思い浮かべる

体力が衰え
妻に怒鳴られる
なんて
まっぴらごめんだ

メモ書きを
頼りに
買い物をする日曜日の午後

老夫婦の
周りから
人は自然と消える

関わりたくない
見たくない
でも
ちらちらと
見てしまう

夫は
怒鳴られても
表情は優しく
言い返す気力もないようだ


本当に
 苛々する
  どうして
   お前は
    そんなに愚図なんだ

レジに並んでも
老婆の怒声は
変わらず続く

セルフレジで
あんな風には
なりたくない
と思いながら
マイバッグに
黙々と詰める

頼まれた食材から
夕飯は
餃子だと分かる

餡は妻が作り
包むのは私の担当だ


家に戻ると
妻は
リビングで
韓国ドラマを
出掛ける前と同じ姿勢で
見ている

 おじいさんは
  山へ柴刈りに
   おばあさんは
    川へ洗濯に

 おとうさんは
  スーパーへ買い物に
   おかあさんは
    ソファでドラマ見る

見ず知らずの
人々の前で
怒鳴られるくらいなら
買い物を言いつけられるくらい
何とも思わない

よほど
ドラマが面白いのか
ただいまと言っても
聞こえないようだ

私は
食材を
冷蔵庫へ入れて
ソファでスポーツ新聞を読む


餃子の餡を
包みながら
老夫婦の話をする

 あぁ、もちろん知っているわよ
 奥さんが認知症で
 旦那さんが介護しているんだって
 偉いわよねぇ
 隠すこともせず
 施設にも入れず
 一人で
 面倒を見ているんだから

私は
覚えてしまった台詞を
諳んじる

本当に
 苛々する
  どうして
   お前は
    そんなに愚図なんだ

 あぁ、それはね
 旦那さんが
 奥さんを
 しょっちゅう怒鳴っていたんだけど
 認知症になったら
 奥さんが同じことを言うらしいのよ

私は
浅はかさを恥じる

夫は
過去に
懺悔していたのだ

言い返せないのではなくて
すべて受け入れていた
ということか


好きとか
嫌いとか
良いとか
悪いとか
幸せとか
不幸せとか
そういうモノサシで測れない
切っても切れない縁を
夫婦と呼ぶのだとして

いつか
その日が来たら
私たちはできるだろうか?





                       〔島 秀生:選〕





 2022年11月3日の午後


太ったね
と言われることが
多かったのに
痩せたね
と言われることが
最近増えた

必死に
痩せようと
していた頃が
懐かしく
もっと
食べておけば良かった
と後悔する

まさか
食べたくても
食べられなくなるなんて

食欲がなくなったのではなく
食が細くなったのだ


変わらないね
と言われることが
多かったのに
変わったね
と言われることが
最近増えた

必死に
変わろうと
していた頃が
懐かしく
もっと
自分らしくいれば良かった
と後悔する

どんなに
変わりたくないと思っても
変わってしまうのだ

自分らしさを見失って
自分が消えていく

内も
外も


老人ではないが
若者でもない

枯れもせず
瑞々しさもなく
熟した訳でもない

すべてが
中途半端な
わたしは
これから
どうしたらいいのだろうか?

デスクチェアにもたれ
腕を組み
ひとり
悩んだふりをする自分に
自分らしさを見つけ
久しぶりに
ホッとする





                       〔青島江里:選〕