□ 編集雑記 / スタッフからのご案内 □

 318号 雑記 




★★『 ネットの中の詩人たち 7 』 好評発売中★★


    『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
     定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
     ISBN 978-4-8120-1850-7 C0092

全国の書店、ネットショップから、お取寄せできます。



◆お取り寄せについて

①流通はトーハン、日販、大阪屋とも流れていますから、お近くの書店のどこからでもお取り寄せができます。
書名、著者名、出版社名、定価など、下記内容をおっしゃって頼んで下さい。

  『 ネットの中の詩人たち 7 』  編著:島 秀生
    定価(本体1,400円+税) 土曜美術社出版販売
    ISBN 978-4-8120-1850-7  C0092


②各ネットショップからもオーダーできます。
 Amazon、HMV&BOOKS、紀伊國屋ウェブストアなど、いずれも宅配してくれます。



●戦後七十七年

 戦後七十七年。ご高齢になるまで、ずっと口を閉ざしてきたこと。戦地で起こった本当の惨状を、ようやく語ってくれた
方々の想いに、あらためて耳を傾け、心に刻みつけておきたい。
 決して忘れてはならないもの。下記サイトの記録は、日本人の財産と言っていい。ここに、リンクを残しておきたい。


    ●「戦争証言アーカイブス」●



●MY DEAR公式ツイッター 「MY DEAR 詩の仲間たち」(担当:齋藤純二)

「MY DEAR 詩の仲間たち」
https://mobile.twitter.com/mydear2000s



●三浦志郎さん 既刊詩集。

  『海からの言葉』三浦志郎:著 (文芸社)

    2017年10月刊
    ISBN978-4-286-18737-2 C0093
    定価(本体600円+税)


●Kazu.さん 既刊詩集

  坂井一則 詩集
  『世界で一番不味いスープ』(コールサック社)


    2018年 3月刊
    ISBN978-4-86435-332-8 C1092
    定価(本体1,500円+税)


●くれさん 既刊詩集 初版完売
重版おめでとう!!

  木村孝夫 詩集
 『私は考える人でありたい』 (しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>
 

   2018年 8月刊  756円

  *140文字のツイッターに書いた短い作品66作を収録。


●くれさん 既刊詩集

  
木村孝夫 詩集
 『 六号線 』 ((しろねこ社:
<しろねこ旅の本シリーズ>


  ―― 140文字と+&の世界 ――

           700円+税


Kazu.さん 既刊詩集

  
坂井一則 詩集
  
『 ウロボロスの夢 』(コールサック社)


    2019年 11月刊
    ISBN978-4-86435-416-5 C1092
    定価(本体1,800円+税)



くれさん、こと、木村孝夫さん

 
白鳥省吾賞で優秀賞を受賞されました!!



●くれさんが新詩集を出版!!

  
木村 孝夫 詩集
  『 福島の涙 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2020年6月1日刊
    ISBN978-4-88330-020-4 C0092
    定価(本体1,200円+税)
 販売:らんか社



くれさん、こと、木村孝夫さんが受賞!!

 
「第35回国民文化祭・みやざき2020 & 第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」の、
  文芸ジャンル、「詩の祭典」への応募において、

   木村孝夫さんの作品「原発大地」が、

「第35回国民文化祭宮崎県実行委員会、第20回全国障害者芸術・文化祭実行委員会会長賞」
 を、受賞されました。






三浦志郎さんが新詩集を出版!!

   三浦志郎 詩集
    
 時の使者 (文化企画 アオサギ)


    2020年 12月刊
    ISBN978-4-909980-16-8 C0092
    定価(本体1,500円+税)

 * 
amazonから注文できます。




藍音ななをさんが新詩集を出版!!

   藍音ななを 詩集
    
 おいしいは愛しい 』(純和屋)


 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



雨 音さんが新詩集を出版!!

   雨 音 詩集
    
 ドロップス 』(純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。

 *本詩集と、日頃の雨音さんの女性の生き方像が評価され、
 ★☆★ 祝 ★☆★

   
雨 音さんが、第二回宮尾節子賞 を受賞されました!!


青島江里さんが新詩集を出版!!

  
 青島江里 詩集
    
 無数の橋 ─ きみへのエール  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



木村孝夫さん(くれさん)さんが新詩集を出版!!

 震災から9年間の名詩ピックアップと、
 震災10年目の新作からなる、木村孝夫さん集大成の詩集です。


  
 木村孝夫 詩集
    
 言 霊  (純和屋)

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。




Kazu.さんが新詩集を出版!!

   坂井一則 詩集
    
『 夢の途中 』(コールサック社)

    2021年 11月刊
    ISBN978-4-86435-501-8 C0092
    定価(本体1,800円+税)

 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます




富士伊真夜さんが新詩集を出版!!

  
  富士伊真夜 詩集
      
 長い旅  (純和屋)

  むしろ心を病みそうになってる人こそ、読んで読んでほしい

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。



 ★☆★ 祝 ★☆★

●くれさんが新詩集を出版!! 3月11日の震災11年目の日に。

  
木村 孝夫 詩集
  『 十年鍋 』(モノクローム・プロジェクト)


    
2022年3月11日刊
    ISBN978-4-88330-027-3 C0092
    定価 1,320円(本体1,200円+税)
 販売:らんか社


 *全国の書店(取り寄せ)や、ネットショップで注文できます



 ★☆★ 祝 ★☆★

綴木 黎さんが新詩集を出版!!

  
 綴木 黎 詩集
    
 自転車に乗って  (純和屋) ¥800

 *メルカリの「純和屋」もしくは齋藤純二さんにメールして購入して下さい。














 編集雑記


◆第7波の比較及び状況──大阪府・東京都

 

大阪府における新型コロナウィルス第7波の感染状況

(感染者が4000人を再び超えた7/5からを第7波と見て、11/19までの中間集計と分析)

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90代以上

合計

感染者数

81,808

55,569

165,753

194,737

184,652

190,850

153,922

77,210

58,773

37,590

12,251

1,213,115

不明1053

構成比

6.7%

4.6%

13.7%

16.1%

15.2%

15.7%

12.7%

6.4%

4.8%

3.1%

1.0%

100.0%

除く

第6波における構成比

8.5%

6.5%

16.2%

16.5%

15.1%

14.9%

9.5%

4.7%

3.9%

3.0%

1.2%

100.0%

第5波における構成比

4.7%

3.0%

14.6%

27.2%

17.0%

15.5%

10.9%

3.5%

2.0%

1.3%

0.3%

100.0%

参考:人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.4%

100.0%

新規重症者数

12

7

5

14

6

17

49

60

123

136

16

445

構成比

2.7%

1.6%

1.1%

3.1%

1.3%

3.8%

11.0%

13.5%

27.6%

30.6%

3.6%

100.0%

第6波構成比

1.1%

0.4%

0.5%

1.1%

1.0%

5.1%

8.7%

14.0%

38.3%

24.9%

4.9%

100.0%

第5波構成比

0.0%

0.0%

0.3%

2.3%

7.4%

23.6%

32.5%

17.8%

10.7%

5.1%

0.3%

100.0%

感染者数に対する重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.4%

0.1%

0.0%

第6波における重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.2%

1.0%

0.5%

0.1%

第5波における重症化率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.5%

2.9%

5.0%

5.2%

3.9%

1.0%

1.0%

死亡数

3

3

4

14

48

101

288

615

407

1,483

構成比

0.2%

0.2%

0.3%

0.9%

3.2%

6.8%

19.4%

41.5%

27.4%

100.0%

第6波構成比

0.1%

0.0%

0.0%

0.8%

2.0%

4.9%

23.0%

42.5%

26.7%

100.0%

第5波構成比

0.4%

0.0%

1.5%

5.0%

10.7%

15.7%

21.8%

32.2%

12.6%

100.0%

第4波構成比

0.0%

0.1%

0.4%

1.2%

4.2%

8.7%

28.1%

39.5%

17.7%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.5%

1.6%

3.3%

0.12%

第6波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

1.6%

3.9%

6.3%

0.28%

第5波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.3%

1.2%

3.0%

7.0%

10.5%

0.28%

第4波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.2%

0.9%

3.0%

10.0%

20.4%

28.6%

2.78%

未就学児

就学児

10

20

30

40

50

60

70

80

90代以上

合計

住民基本台帳人口

405,690

287,089

790,777

970,152

1,028,015

1,358,762

1,173,476

991,886

1,140,613

583,416

119,737

8,849,613

不明22

人口構成比

4.6%

3.2%

8.9%

11.0%

11.6%

15.4%

13.3%

11.2%

12.9%

6.6%

1.4%

100.0%

除く

人口に対する感染率

20.165%

19.356%

20.961%

20.073%

17.962%

14.046%

13.117%

7.784%

5.153%

6.443%

10.232%

13.708%

人口に対する重症化率

0.003%

0.002%

0.001%

0.001%

0.001%

0.001%

0.004%

0.006%

0.011%

0.023%

0.013%

0.005%

人口に対する死亡率

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.004%

0.010%

0.025%

0.105%

0.340%

0.017%

何人に一人感染

5

5

5

5

6

7

8

13

19

16

10

7

何人に一人重症化

33,808

41,013

158,155

69,297

171,336

79,927

23,948

16,531

9,273

4,290

7,484

19,887

何人に一人死亡

263,592

323,384

257,004

97,054

24,447

9,821

3,960

949

294

5,967

 

東京都における新型コロナウィルス第7波の感染状況

(感染者が5000人を超えた7/5からを第7波と見て、11/19までの中間集計と分析)

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90代以上

合計

感染者数

185,387

199,773

330,891

309,631

309,002

232,452

104,492

67,857

42,853

16,430

1,798,768

不明393

構成比

 

10.3%

11.1%

18.4%

17.2%

17.2%

12.9%

5.8%

3.8%

2.4%

0.9%

100.0%

第6波における構成比

 

15.9%

12.6%

18.7%

17.5%

16.4%

9.3%

4.2%

2.8%

1.9%

0.8%

100.0%

第5波における構成比

 

5.6%

9.2%

30.7%

20.4%

16.2%

11.3%

3.4%

1.7%

1.1%

0.3%

100.0%

第4波における構成比

 

3.4%

6.8%

28.8%

19.2%

16.1%

12.2%

5.8%

4.2%

2.7%

0.9%

100.0%

参考:人口構成比

 

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

100.0%

死亡数

9

1

7

8

25

52

76

262

599

483

1,522

構成比

0.6%

0.1%

0.5%

0.5%

1.6%

3.4%

5.0%

17.2%

39.4%

31.7%

100.0%

第6波構成比

0.1%

0.1%

0.3%

0.7%

0.9%

2.9%

5.6%

17.6%

40.3%

31.4%

100.0%

第5波構成比

0.2%

2.7%

5.5%

15.8%

15.0%

21.6%

25.8%

13.4%

100.0%

第4波構成比

0.2%

1.5%

4.2%

9.6%

22.1%

41.0%

21.4%

100.0%

感染者数に対する死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.4%

1.4%

2.9%

0.08%

第6波における死亡率

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.0%

0.1%

0.7%

2.3%

4.3%

0.11%

第5波における死亡率

0.0%

0.0%

0.1%

0.5%

1.4%

4.0%

7.9%

13.6%

0.32%

第4波における死亡率

0.1%

0.3%

1.5%

4.8%

13.8%

20.8%

0.91%

10歳未満

10

20

30

40

50

60

70

80

90代以上

合計

住民基本台帳人口

1,072,483

1,063,410

1,734,162

1,946,838

2,230,657

1,956,885

1,380,304

1,435,212

825,119

198,454

13,843,524

不明1

人口構成比

7.7%

7.7%

12.5%

14.1%

16.1%

14.1%

10.0%

10.4%

6.0%

1.4%

100.0%

人口に対する感染率

 

17.286%

18.786%

19.081%

15.904%

13.853%

11.879%

7.570%

4.728%

5.194%

8.279%

12.994%

人口に対する死亡率

0.001%

0.000%

0.000%

0.000%

0.001%

0.003%

0.006%

0.018%

0.073%

0.243%

0.011%

何人に一人感染

 

6

5

5

6

7

8

13

21

19

12

8

何人に一人死亡

119,165

1,063,410

247,737

243,355

89,226

37,632

18,162

5,478

1,377

411

9,096



・感染者数は新規感染者数の累計であって、その後に回復済の人もいるので、現時点における感染者数の数値ではない。
・重症者数は新規重症者数の累計であって、その後に重症状態を脱した人もいるので、現時点における重症者数の数値ではない。
・死亡数は第7波の累計死亡者数である。
・大阪の人口は、202011日時点の住民基本台帳人口であるが、「就学児」は69歳であるので、59歳人口のうち5分の1
 「未就学児」の方に加算する形で按分している。
・東京都の人口は、令和31月住基の5歳区分人口を10歳区分に集計。
・なお全数把握の廃止により、9/27より東京・大阪とも集計方法が変わったが、これまでの年齢区分と合わせるため、必要箇所を結合している。




 全国の新たな集計方法では90代以上が一本化され、100歳以上を区分しなくなったので、私の方の集計も、今回からこれに合わせている。過去の第4波~第6波のデータについても、100歳以上を90代と統合して、再度計算をし直している。

 11/19までの感染者数の年齢構成比をまず見て頂くと、
 1表の大阪府は、第1位20代16.1%、第2位40代15.7%、第3位30代15.2%、の順となっている。7/30時点でトップだった10代17.0%は→8/27集計時点で13.4%へと低減し、これは夏休みによる接触機会の減少が良い方に影響したと見られるが、10代はその後またじりじりと増加傾向で、今回11/19集計では13.7%となっている。

 大阪の一番下、住民基本台帳人口との比較表の中の、人口に対する感染率でみると、対人口で感染率が最も高いのは10代、未就学児、20代で、これらは共に20%以上の人が第7波感染者及び感染経験者となっている。次いで10歳未満の就学児が、19%以上第7波感染者及び感染経験者となっている。
これを逆に「何人に1人感染」かに言い換えると、今申し上げた10代、20代、10歳未満(未就学児・就学児とも)の全てにおいて、5人に1人が第7波の感染経験者、次いで30代でも6人に1人が感染経験者である。
 これまでの第6波までの例において、最頻年代において5人に1人の割合まで来ると、飽和状態となるらしく、収束してくる傾向にあったのだが、今回においては増加傾向が再燃し、4人に1人の割合へと向かっていると言える。若い人全般に増えているが、特に多いのは10代の増加である。

 同じ部分、2表の東京についても先に見てみると、
 東京における感染者の年齢構成比は、第1位は20代で18.4%、第2位は30代と40代で、ともに17.2%となっている。10代については大阪ほど極端ではないが、こちらも7/30時点で10代の12.3%が→8/27集計段階で10.7%へ急激な減少を示しており、これは夏休みによる接触機会の減少が良い方に奏功したと見られるが、その後またじりじりと増加傾向で、11/19集計段階では11.1%となっている。

 東京の一番下、住民基本台帳人口との比較表の中の、人口に対する感染率でみると、対人口で最も感染率が高いのは20代であり、19%以上が第7波感染者及び感染経験者である。次いで10代が18%後半、10代未満が17%、30代が16%の、第7波感染経験者率となっている。
 これを逆に「何人に1人感染」かに言い換えると、今申し上げた20代、10代において、5人に1人が第7波の感染経験者、次いで10代未満と30代において、6人に1人が第7波の感染経験者となっている。
これまでの第6波までの例において、最頻年代において5人に1人の割合まで来ると、飽和状態となるらしく、収束してくる傾向にあったのだが、大阪が「4人に1人」のレベルにまで向かっているので、東京もまだしばらく新規感染者が多い状態が続くと見られる。


 次に死亡について着目したい。
 大阪の第7波死亡数は11/19時点で1483人で、そのうち1310人、率にして88.3%までを70代以上死亡者が占めている。同じ部分、東京では、第7波死亡数1522人で、そのうち1344人、率にして88.3%までが70代以上死亡者で占めている。死亡者はやはり高齢者に集中している。
 オミクロン株は事前情報では、感染力の強さについての指摘があったものの、重症化についてはデルタ株ほどの話はなかったが、結果的に高齢者にとっては、前情報とはなんら関係なく、デルタ株同様の危険度だったと言えるのではないだろうか。前回記事で書いたが、オミクロン株においては、重症からの→死亡ではなく、中等症からの→死亡が圧倒的に多かったので、「オミクロン株は重症化度が高い」という言い方は違うのかもしれないが、「高齢者死亡の危険度が高い」という点ではデルタ株と同等だったと申し上げておきたい。

 続いて、「感染者に対する死亡率」を見てほしい。
 まず死亡率合計を時系列でみると、大阪は第6波の0.28%から→今回第7波では0.12%へと大きく改善が見られ、医療関係者の努力が偲ばれるところである。また東京においても第6波の0.11%から→0.08%へと更なる改善が行なわれている。いずれも医療関係者にあらためて感謝を申し上げたい。
 ただ、高齢者の死亡率は下がったとはいえ、まだ高い水準になるので、この年代は警戒感があるのだが、元々死亡率が低かった40代以下については、さらに低くなったことで、率的に微少になり、警戒感が希薄になってきている気がする。いくら死亡率を低下させたところで、全体の感染者数が拡大すれば、実数としての死者数は増える。
 例えば、医療関係者の努力で死亡率を2分の1に低下させたとしても、感染者数自体が4倍に増えれば、実数としての死者数は2倍になる。感染者数自体を野放図に増やしていては、実数としての死亡者数の低減は絶対にない。そしてそのしわ寄せが死亡率の高い高齢者に全部くる。第7波が全国として死者数が最大になったのは、そういう構造に根ざしている。だから、40代以下もきちんと感染対策を守って欲しいと思う。

 さて現時点の高齢者の死亡率だが、医療関係者の努力により、率としては時系列で下がっていっているのだが、とはいえ現時点の死亡率を見ると、大阪では90代以上3.3%、80代1.6%、70代0.5%となっている。同じ部分東京では、90代以上2.9%、80代1.4%、70代0.4%となっている。
 両方を総合して言うと、つまり90代以上は3%以上(当然ながら、感染者100人中3人以上が死ぬという意です)、80代は1.5%(感染者100人中1.5人)、70代0.5%(感染者100人中0.5人)が亡くなるというのが、現時点においても結果であるので、これら死亡率の高い高齢者に感染させてはいけない点は、これからも変わらない。
また死亡に至らないまでも、高齢者の場合、コロナによる入院をきっかけに、寝たきりになったり、認知症が進んでしまったりするので、入院させてしまうことそのものが良くないということも知っておいてほしい。



 ◎新たなファクターがあるとすれば

 感染者のほとんどがBA5である以上、私は第7波の続きだという見解だ。ただ、新たなファクターがないかといえば、ないことはない。「前提となる日本の環境が違う」。新型コロナ流行以来、過去これほどに感染対策に緩みがあったことはない。今が一番緩んでると思う。だから、前提となる環境が違う。もし計算してる人がいるとしたら、計算式使用の環境が以前と違うと申し上げておきたい。もしもこの状態を計算式に含むとしたら、数量化Ⅰ類の考え方が必要だ。行動抑制度合いを(1、2、3)の3段階で評価していれるか、行動制限のあるなしを(1,or 0)で入れるか、そこを変数に入れ込まないと合わないだろう。現状の感染者数増が、納得できないことだろう。
 簡単にいうと、通常であれば、感染の中心年代において年代別人口の「5人に1人」の割合までくると、これまでは1つの飽和状態を示し、感染は沈静化に向かったが、感染対策が緩い今の環境下にあっては、「4人に1人」もしくは「3人に1人」レベルまで行かないと、飽和状態を示さないかもしれない、ということだ。
ファクターがあるとすれば、「経済との両輪」、行動制限しないという、今の環境が新たなファクターだろう。
 具体的な特記事項としては、ともかくこの秋は全国の秋祭りも、全国のイベントも、全く制限なく実施され、出演者は仕方ないとして、観客までノーマスク状態でまさにお祭り騒ぎだったので、これはまあ、感染者が増えるのは当然かな状態だったと言える。今の感染者増はそこからの2次感染、3次感染で広がってる状態ではないかと思っている。家庭内感染を防ぐことは基本的に困難であるから、誰かが感染すれば、世帯人数分は倍数になって表れる。
具体的には私はそこが大きかったと思っている。
 ともかく高齢者は、デルタ株だろうが、オミクロン株だろうが、関係なく死亡危険度は同じ状態なので(数値が示している)、高齢者にうつすのは絶対厳禁だ。
また、本当に次の変異株の流行がやって来る前に、今のBA5感染者数はいったん底まで下げておきたいものだと思う。
ワクチン接種はきちんと受けてほしいし、できる感染対策はきちんとやるべきだと思う。


 ◎概念としての重症者(死に近い意味)と、コロナ医療体制としての重症者は違う。

 人工呼吸器を使う、もしくはエクモを使うなど、主として肺炎の重篤度を基準とした新型コロナ医療基準としての「重症者」と、一般人が思う概念のとしての「重症者」は違う。よくオミクロン株は重症者が少ないと、油断した言い方をされる人がいるが、現実として死者は日本全体で過去最大である(注・大阪だけは過去にもっと多くの死者数が出した記録があるので、今回については最大ではない)。「重症が少ない=死に至らない」、という意味では全くない。医療基準的には、下記グラフが示すとおり、今回は中等症から死に至る人が圧倒的であるが、それは医療基準的に「中等症」分類だというだけで、一般概念でいうところの重症(死に近い状態)にならないという意味では全くないのである。
 現実的には過去最大の死者数であり、その意味で言うなら、死の淵にあった人は最も多いのである。その一般概念にだけ即して言うなら、重症者はむしろ過去最大だと思ってもらってもよいくらいだ。
われわれ一般人はそこを間違えないで欲しいと思う。医療関係者が言う「重症」と、一般人が考える「重症」は違うのだ。現実に多数が亡くなっているのだから、死に近い状態になることは変わらずあるのだ。











 ■ 楽観一転「打つ手ない」 政権が試みた行動制限ない7波 死者は最多






 この夏、新型コロナウイルスの「第7波」は、行動制限がないなか急拡大し、死者は過去最多を記録した。「8月上旬にピークアウト」という政府内の予測は外れ、第6波の教訓も生かされなかった。
 「社会経済が回らないから、むしろ緩和していく」。新型コロナの感染者数が爆発的に増え続けていた7月下旬、岸田文雄首相周辺にはこんな声があった。
 全国の新規感染者数が過去最多となっていた7月22日の講演で、岸田首相も「社会経済活動の回復に向けた取り組みを段階的に進めていく」と述べ、「現時点で新たな行動制限を考えていない」と語った。結局、第7波の期間中に、まん延防止等重点措置などの行動制限は見送られた。
 昨年10月に誕生した岸田政権。直後に迎えた第6波では緩和傾向だった水際対策を転換し、外国人の新規入国を全面禁止。さらに36都道府県にまん延防止等重点措置を適用し、「安全運転」に徹したと評された。
 今回、経済重視を打ち出した背景には政権が置かれた厳しい状況があった。ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギー高や物価高。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題に、安倍晋三元首相国葬をめぐる逆風。経済対策で浮揚したい政権にとり、コロナ対応が足を引っ張る事態は避けたかった。
「危機感ない」から死者急増、搬送困難も
 政府内には楽観論もあった。政府が感染状況の判断として重視した重症病床の使用率は、第7波まっただ中の7月下旬でもほとんどの都道府県で10%未満。当時、コロナ対策部署の幹部は取材に「危機感は全くない」と話していた。さらに「8月2日ごろピークアウトする」という予測もあり、従来の対策の延長で乗り越えられるという見方もあった。
 だが、8月に入っても感染者数は高止まりした。120万~150万人超の感染者が毎週確認され、死者数も同23日に過去最多の343人に。救急搬送困難事案も急増し、官邸では「打つ手がない」という声も漏れた。結果的に、感染者数はお盆明けまで増え続けた。
 10月5日の衆議院本会議。立憲民主党の泉健太代表は「行動制限を出さなかっただけで、総理が掲げた医療難民ゼロは崩壊をしていたと思う。いかがか」と問いただした。
 質問に正面から答えず、首相は全国平均の病床使用率が重症病床で最大35%、コロナ病床全体でも最大62%だったことを挙げ、こう言った。「必要な入院医療を提供することができたと考えている」
 今後懸念されるインフルエンザとの同時流行では、政府は1日の最大患者数をインフルエンザと合わせて計75万人と想定。オミクロン株と同程度の感染力なら、新たな行動制限はしない方針だ。
 だが、これだけ患者が増えれば、軽症が大半でも医療が逼迫(ひっぱく)し、社会経済に深刻な影響を及ぼすおそれもある。その際、「行動制限を含む実効性の高い強力な感染拡大防止措置」も選択肢とするが、具体的にどのような手段がとれるのかは白紙に近い状況だ。
 政府のコロナ対策分科会の尾身茂会長は10月13日の対策分科会で「緊急事態宣言や重点措置を出すオプションがだんだんなくなっている中でどんな選択肢がありうるのか、なるべく早く検討する」と話した。(阿部彰芳)
死者最多だった第7波 外来やキットの対応は後手に
 厚生労働省のデータによると、第7波(7~9月)の3カ月間で、新型コロナの新規感染者数は約1196万人、死者は約1万3500人。第6波(1~6月)は6カ月間で感染者約732万人、死者約1万2900人だったが、いずれも上回った。
 国立国際医療研究センターの大曲貴夫医師らが全国約700施設の死亡例を分析すると、第5波の死者の42%は人工呼吸器やエクモ(体外式膜型人工肺)を必要とした重症者だったが、第6、7波ではこの割合は13%に減った。
 大曲さんは「心臓や腎臓などに持病がある高齢者が感染し、衰弱して亡くなるケースが増えた。肺炎が少なくなったのは、ワクチン3、4回目の接種が進んだ影響が大きい」と語る。7波を振り返り、「大流行になったことが大元の問題だ。結果的にハイリスクの高齢者らに多くの死者が出るとわかった」と言う。
 第7波では、入院前の段階である発熱外来も逼迫した。厚労省は拡充を求め、1月末の約3万5千カ所から、7月頭には約4千カ所増えたが、それでも受診できず、必要性が低いのに救急車を呼ぶ人も出た。
 軽症者の受診を減らすため、抗原検査キットで自己検査してもらうという対策もつまずいた。
 キットは第6波で在庫が不足したため、政府はメーカーに増産を依頼。国内に約1億8千万個あり「安定的に流通が可能な量を確保している」(当時の後藤茂之厚労相)はずだった。
 だが、濃厚接触者の待機期間の短縮にもキットを使うことにしたため需要が急増。薬局で売り切れ状態が続いた。数はあったものの、一部のキットに仕入れが集中して流通が滞ったことが原因で、厚労省幹部は「薬局などの振る舞いを読み間違えた」と振り返る。
 政府の規制改革推進会議は1年前からインターネットで買えるよう規制の見直しを求めたが、解禁が決まり、販売が始まったのは感染ピークが過ぎた8月末だった。



  ───── 以上、 朝日新聞デジタル アピタル 2022.11.2 より







 ■ 国内コロナ年間死者、3万人超 昨年比で倍増、新規感染は4万人


 国内で新たに144人の新型コロナウイルス感染者の死亡が報告され、今年に入ってからの死者数が計3万人を超えたことが共同通信の集計で21日、分かった。これまで最多だった昨年の1万4909人から倍増し、年別の最多記録を更新した。
 21日に全国で新たに確認された感染者数は4万1449人。1週間前より5千人近く多く、感染者数、死者数ともに増加傾向が続く恐れがある。 コロナ第8波、年内にもピークか 重症者、死者が増加傾向

 厚生労働省の専門家組織が17日に出した分析では、全国的に病床使用率が上昇傾向にあり、4割以上が使われている地域も多い。21日に多くの死者が報告された長野県では病床使用率が60%を超え、北海道は50%近い。



  ───── 以上、 共同通信社 2022.11.21 より







 ■ 新型コロナ “第8波”感染のピークは 対策は わかってきたこと


 “新型コロナの「第8波」に入ったのではないか”

今週、1日の感染者数はおよそ2か月ぶりに、東京都で1万人を超え、全国でも10万人を超えました。北海道では連日、過去最多を更新。新たな変異ウイルスも徐々に増えています。

専門家や医師からも「新しい波に入りつつある」「新たな波が始まった」という声が。

“第8波”の感染ピークはいつになると予測されるのか、そしてどんな対策が求められるのか、取材しました。(11月18日時点)
各地で感染拡大 “第8波”か
11月15日、新型コロナの1日の新規感染者数は東京都で1万1196人、全国では10万2829人と、9月14日以来の水準となりました。



北海道では、11月16日には1万1112人となるなど、すでに第7波のピークを超えていて、過去最多の更新が続いています。

政府分科会の尾身茂会長は11月10日に「全国的にみてスピードの差はありつつも感染は拡大傾向にある。新しい波に入りつつあると言ってもいいんじゃないか」と述べ、第8波に入りつつあるという認識を示しました。

その後、16日には日本医師会の釜萢敏常務理事が「新たな波が始まったと捉えざるをえないのではないか。医療提供体制をできるだけ急いで整えなければならないという危機感を持っている」と述べ、第8波が始まったという認識を示しました。

そして、17日、厚生労働省の専門家会合は「今後も新規感染者数の増加が予想され、ことし夏の『第7波』のような感染拡大となる可能性もある」と指摘しました。
なぜいま“第8波”? 「BA.5」が北から再燃
いま、なぜ、感染拡大が起きているのか。

その手がかりの1つとして、専門家が注目しているのが、感染拡大が大都市部ではないところから始まっていることです。

これまで、感染拡大は人口の多い首都圏などから始まり、移動に伴って各地に広がることが多かったのが、今回は北海道や東北地方などから始まっています。

そしていまも、ことし夏の「第7波」以降主流になったオミクロン株の「BA.5」が最も多い状況が続いています。

17日の専門家会合では、「第7波」で「BA.5」に感染した人が多かった地域では免疫を持つ人の割合が高い一方、感染者が少なかった地域では免疫を持つ人の割合が低く、感染者数が増加しているという見方が示されました。

厚生労働省専門家会合の脇田隆字 座長は、専門家会合のあとの記者会見で「沖縄では夏に非常に大きな拡大があったが、いま感染者数は非常に低いレベルにある。多くの人が『BA.5』への免疫を獲得し、『BA.5』の流行への耐性がある。一方、夏にそれほど拡大がなかった地域で、感染拡大が大きくなっているという認識だ。北海道や東北、北陸では感染者数が多い」と述べました。

また、海外の状況を含めた感染症に詳しい東京医科大学の濱田篤郎特任教授は「今の流行は『第7波』の『BA.5』の残り火が再燃している状況だと見られる。大都市圏も増えているが、むしろ地方都市で顕著に増えている。『第7波』で比較的感染者数が少なく、感染による免疫の獲得が少なかった地域で、残り火が再燃していると考えるのが妥当だろう」と話しています。

「BA.5」による感染の再拡大は、ヨーロッパでも10月ごろに起きています。

イギリス・オックスフォード大学の研究者などが運営するサイト「アワ・ワールド・イン・データ」によりますと、100万人あたりの新規感染者数(1週間平均の1日あたり)はドイツでは10月中旬におよそ1300人と、ことし7月のピークを超え、フランスでも10月中旬におよそ840人と、7月以来の水準となりました。

17日の専門家会合のあと脇田座長は、「BA.5」による今後の感染のピークは年内にも訪れるのではないかという見方を示しました。

また、数理疫学が専門の京都大学の西浦博教授は会合のあと「北海道で見られるように、地域的に広がりながら感染拡大が進んでいるので、(『BA.5』の感染拡大がピークを迎えたとしても)減少は緩やかとなり、時間をかけてくすぶるものと思う」とコメントしました。
さらに…新たな変異ウイルスの増加も
今後さらに懸念されるのが、いずれもオミクロン株の1つ、「BQ.1」系統などの変異ウイルスが増えることです。

これらの変異ウイルスは、これまでに感染したことやワクチンを接種したことで得た免疫を逃れる可能性が高いとみられています。

アメリカでは「BA.5」に代わって増えてきています。

CDC=疾病対策センターによりますと、11月12日までの1週間で検出された変異ウイルスは▽「BA.5」が29.7%、▽「BQ.1.1」が24.1%、▽「BQ.1」が20.1%、▽「BF.7」が7.8%、▽「BA.4.6」が5.5%などとなっています。

日本国内でも、これらの新たな変異ウイルスが確認されています。



11月17日に東京都のモニタリング会議に出された資料によりますと、10月に変異ウイルスの検出された割合は▽「BA.5」が90.5%と圧倒的ですが、▽「BA.2.75」が2.5%、▽「BQ.1.1」が2.4%、▽「BF.7」が2%、▽「BQ.1」が0.7%、▽「XBB」が0.7%などと徐々に増えてきています。

「BA.5」は9月には98.4%を占めていたので減少傾向となっています。

「BQ.1」系統のウイルスは「BA.5」がさらに変異が加わったウイルスです。

「BA.2.75.2」はアメリカやインド、ヨーロッパ各国などで検出されていて、「BA.2」が変異を重ねた「BA.2.75」にさらに3つの変異が加わっています。

「XBB」は「BA.2」から派生した変異ウイルスと「BA.2.75」から派生した変異ウイルスが組み合わさった「組み換え体」と呼ばれるタイプのウイルスです。

東京医科大学の濱田特任教授は、こうした新たな変異ウイルスが日本でも広がると、「第8波」が大きくなる可能性があると指摘しています。

東京医科大学 濱田篤郎 特任教授
「いま注目されている変異ウイルスは『XBB』と『BQ.1』系統の2つだが、『XBB』は世界的にはあまり拡大していない。『BQ.1』は欧米で『BA.5』から置き換わりが進んでいる。欧米では感染者数そのものは急増している状況ではないが、今後、新たな変異ウイルスが日本にも多く入ってきた場合に、『第8波』が大きくなる可能性がある。12月に入ると、そのような状況になるのではないか。経過を見ていく必要がある」
AI予測 変異ウイルス次第で“第7波”超えも
今後、感染はどの程度拡大するのか。

名古屋工業大学の平田晃正教授のグループは、AI=人工知能を使って、11月10日までの感染者数の推移のほか、ワクチンの効果、それに人の移動といったデータをもとに、「BQ.1」などの新たな変異ウイルスが増える前提で、今後の感染状況を予測しました。



それによりますと、東京都では11月中旬から下旬にかけて感染者数が本格的に増え始めると見られます。

そして、「BQ.1」などの感染力が「BA.5」の1.2倍で、これまでに感染したことによる免疫の効果がないという想定では、東京都での1週間平均での1日あたりの感染者数が、12月半ばにおよそ3万人、2023年1月中旬には「第7波」のピークを超えるおよそ3万6000人に上るという予測になりました。

この想定では、2023年1月中旬から2月下旬には、東京都内でコロナで亡くなる人は、1日に20人余りになるとしています。

また、「BQ.1」などの感染力がこれまでと変わらず、免疫の効果がある程度保たれるという想定では、感染者数のピークは2023年1月中旬におよそ2万5000人になるという予測になりました。

名古屋工業大学 平田晃正教授
「『BQ.1』など変異ウイルスの影響を想定すると、近いうちに感染者数が急増し始める可能性がある。人々の活動も戻り、気温も下がり、感染者数が下がる要因はほぼない。変異ウイルスの特徴はまだよく分かっていないが、感染力が強く、免疫回避が強かった場合には、年末にかけてかなり感染者数が増えることが予測される」
今後、ワールドカップの影響も
これから年末年始にかけて、人と人との接触機会が増えることが予想されます。

これに加えて、東京医科大学の濱田特任教授は、水際対策が緩和されている今、海外の感染状況にも注視が必要だとしています。

ここ1週間では、日本だけでなく韓国、インドネシア、マレーシアといった東アジアや東南アジアでの感染拡大が目立っているということですが、11月下旬に感謝祭を控えるアメリカでの感染拡大、それにサッカーのワールドカップ、カタール大会の開催による影響にも目を向けるべきだとしています。

濱田特任教授は「これまでも、アメリカでは感謝祭の日を境に新型コロナの感染が拡大している。この時期に多くの家族が集まって食事をするので接触機会も増える。また、サッカーのワールドカップでは、世界中からおよそ120万人がカタールを訪れると言われている。これまで、東京オリンピック・パラリンピックや北京オリンピック・パラリンピックでは、いずれもかなり厳重な感染対策のもとで開催されたが、今回は対策がかなり緩和された中での開催になる。ワールドカップの期間中に感染が広がり、帰国後にそれぞれの母国で感染が広がるということも、想定する必要がある」と話しています。
インフルエンザとの同時流行は
冬に向けて、新型コロナとインフルエンザの同時流行にも備えるべきだという指摘も出されてきました。

いま、インフルエンザの患者数はコロナ前と比べると低い水準で、1医療機関あたりの患者数は11月13日までの1週間で「0.08人」と、流行入りの目安とされる「1」を大きく下回っています。

しかし、ほぼ患者がいなかった去年とおととしに比べると多く、17日の新型コロナウイルス対策の厚生労働省の専門家会合では「関西で定点あたりの患者数や、休校、学年閉鎖、学級閉鎖の施設数が増加傾向にあり、注視が必要だ」と指摘があったということです。

インフルエンザは、日本とは季節が逆の南半球のオーストラリアで、ことし5月から6月にかけて感染者数が急増し、コロナ前の大規模な流行を超える拡大となりました。

また、WHO=世界保健機関の報告によりますと、ここ数週間でアメリカやカナダで増加傾向になったほか、ヨーロッパでも、低い水準ながら増加傾向にあるとしています。

京都大学の西浦教授は「インフルエンザはいま、増えるスピードは非常にゆっくりで、早くても最大の感染者数になるのは、年始の学校再開後かと推察される。そのため、第8波とインフルエンザのピークは少なくともずれる見込みだ」とコメントしています。

東京医科大学の濱田特任教授は「日本でも一部の地域では子どもの感染が増えて、学級閉鎖も行われてきている。今後、冬の流行は起こると考えておいたほうがいい。新型コロナのワクチンと同時に接種することもできるので、インフルエンザのワクチンをぜひ今のうちに受けていただきたい」と話しています。
専門家はワクチン接種を呼びかけ
感染者数を抑え、入院患者を減らし、医療がひっ迫する事態を避けるにはどうすればいいのでしょうか。

専門家は、まずはワクチン接種を呼びかけています。

厚生労働省の専門家会合では、初回接種を完了した12歳以上の人には、年内にオミクロン株対応のワクチン接種を完了すること、そして、乳幼児や小学生の年代の子どもたちにも接種を進めることを呼びかけています。

専門家会合の脇田座長は「ワクチンは副反応への懸念もあるし、感染しても重症化するケースは少ないこともあるが、感染すると重症化することが全くないわけではないし、若い人でも、後遺症も少なからずあると言われている。しっかり接種して感染を避けることが重要だ。接種によって自分が感染しない、重症化を抑えるメリットがあるし、自分の家族を守り、流行を抑え医療への負荷を下げるメリットもある」と話しています。

また、東京医科大学の濱田特任教授は「新たな変異ウイルスは免疫を逃避すると言われているので、ワクチンを接種しても効果がないのではないかと思う人もいるかもしれないが、決してそうではない。いま接種が進んでいるオミクロン株に対応したワクチンは、今後広がる可能性のある『BQ.1』や『XBB』にも効果があると考えられる。年内、特に11月中にワクチンを接種しておいて、冬の『第8波』に備えてほしい」と話しています。
とるべき対策は変わらない
これから忘年会などのシーズンを迎えるにあたり、大切なのが基本的な対策の再確認です。



▽発熱などの症状がある場合は学校や仕事には行かず、ほかの人との接触を極力避ける。休養が重要。
▽手指の消毒、屋内で人と近い距離で会話する場面などではマスクを着用する。
▽飲食店などでは換気を徹底する。

濱田特任教授は「マスクや手洗い、密を避けるといった対策は今後も続けてほしい。これから忘年会や新年会、里帰りのシーズンになってくる。今後の流行状況によってはキャンセルしなければならないこともあるかもしれない。感染状況をよく見ながら行動することが大切だ」と話しています。



  ───── 以上、 NHK NEWS WEB 2022.11.18 より














◆誕生日ケーキが買えない


 絵で描いたケーキでお祝いする家庭があります。


 ■ 誕生日ケーキが買えない──大切な日までも


 「紙に描いたケーキの絵を渡し、買ってあげられないことが悔しくて悲しくて」

 「誕生日プレゼントは“だっこ”でした」

私たちの取材で聞いた、幼い子を持つ親の声です。長引くコロナ禍に物価高が追い打ちをかけ、子どもの誕生日のお祝いも十分にできないといいます。

NPOのアンケート調査では、経済的に困窮する家庭の2割で誕生日ケーキが買えていないという実態が見えてきました。

こうしたなか、子どもたちにケーキを贈ろうというプロジェクトが始まりました。


 ○ 夫の急死で…

 3姉妹の子育てに奔走する、シングルマザーのマイさん(仮名・38)です。

この日は長女の誕生会。

支援団体からホールのフルーツケーキを受け取り、みんなでお祝いしました。



最後に夫の拓大さんと祝った誕生日

マイさんの夫・拓大さんは、おととし脳出血で倒れ、50歳で帰らぬ人となりました。

三女はまだ生後3か月。

育児と目の前の現実との間で、突き落とされたような絶望を感じたといいます。

 マイさん
「夫が亡くなってから、毎日が必死で、記憶がありません。絶望だったけれど、『子どもが元気なら幸せ』と考えるようになり、自分の体力のことを考えて、できる限りのことをするしかないと思っています」

正社員で働いていましたが、子育てと両立させるため、勤め先を辞め、この秋からは近くの保育園でパート勤務をしています。

収入は共働きの頃に比べて大きく落ち込み、日々の生活の中で、さまざまなことを切り詰めるようになりました。

小学1年生になった長女の遠足では、マイさん自身が子どものときに使っていた30年前のリュックサックと弁当箱を持たせました。


マイさんが子どものときに使っていたリュックサックと弁当箱


フードバンクを利用して食料品を手に入れているほか、近くの子ども食堂も活用。

成長が早い子どもたちに着せる服は、民生委員の助けを借りておさがりを集めています。

去年の長女の誕生日には、親族を頼ってケーキを買ってもらいましたが、プレゼントはマイさんの「だっこ」でした。

 マイさん
「ことしもプレゼントは我慢してもらいましたが、親としては、誕生日ケーキは用意してあげたい。子どもが3人いる1人親なので、ふだんは長女に時間をかけられず、お手伝いを頼むことばかりです。誕生日には『この子のために』と時間を作ることは大事だと思っています。夫と死別してから本当にいろんなことがあったけれど、親になれて良かったと、子どもの誕生日に強く感じます」


 ○ 経済的に厳しい家庭の2割 “子どもの誕生日が「切ない」”


誕生日ケーキを送るプロジェクトを始めたのは、NPO「チャリティーサンタ」です。

活動を進めるきっかけのひとつは、去年行ったアンケート調査でした。

支援の対象にしてきた主に2歳から10歳の子どもがいる家庭を対象に、インターネットを通じてアンケートをとりました。

その結果、経済的に困窮している家庭の切実な状況が分かったといいます。



Q.子どもの誕生日に準備したものは?
・ケーキ…81% 
・プレゼント…66%

経済的に厳しくても、8割の家庭でケーキを準備しようとしていました。

一方で、残る2割はケーキの購入を、3割余りがプレゼントをそれぞれ諦めているとみられています。

さらに、保護者を対象に、子どもの誕生日にどのような感情になったかを聞きました。



Q.子どもの誕生日を前にどんな感情に?
・楽しい…65%
・切ない…21%

大切な日に十分なお祝いを諦めざるを得ず、親がつらい気持ちで過ごしている実情も見えてきました。


 ○ ケーキがなく子どもの目に涙、紙に描いたケーキも

NPOに寄せられた声です。
「1歳のお誕生日に、食パンにヨーグルトを塗ってサツマイモを飾ったケーキを用意したが、ほかのきょうだいの分のケーキがなくて、上の子が静かに泣いていた」

「毎年、安いシュークリームでお祝いしています。もちろん、プレゼントなんて、買ってあげられていません」

「絵で描いたケーキを渡し、喜んでくれていますが、なんでお友達の家は本当のケーキが出てくるのにうちには無いの?と聞かれ、悔しくて悲しくて」
最近では、長引くコロナ禍に物価高の影響を受けているという声も。
「物価高で、食べたい物が買えない」

「なんとか生活していたが、コロナ禍に物価高で、いつか生活ができなくなるのではないか」
「大切な日ですら満足に過ごせていない家庭は多い」

こうした状況について、NPOは。

 NPOチャリティーサンタ清輔夏輝 代表理事
「保護者が最も大切に考えている子どもの誕生日ですら満足に過ごせていない家庭が、思ってる以上に多いです。ただでさえ削っていた食費をこれ以上削れない、じゃあ何を削るんだというときに、あったらいいけれど、なくてもごまかせるような、『非日常』のことを諦めている状況」

NPOでは、去年から一部の地域で試験的に活動を開始。

現在は、寄付を募りながら、洋菓子店などの協力を仰いで10月から誕生日ケーキを届けるプロジェクトをスタートさせています。


 ○ 今年は諦めかけていたところ…

去年とは違う誕生日を実感したという人もいました。

6歳になるハヤトくんと、母親のカオリ(仮名・37)さんです。

離婚して、今は1人で働きながらハヤトくんと暮らしています。

ハヤトくんの去年の誕生日は、ひと切れのロールケーキに100円ショップで買ったろうそくを立てました。

着ている服もフリーマーケットで購入しました。

 カオリさん
「節約しても節約しても値上げが続き、もう少し自分の中で削れるところを日々探している状態。『自力でなんとかしないと』と、思っていますが、このまま頑張り続けて疲弊していくのは怖いです」
住んでいるマンションのプロパンガスは1年で3回も値上がりしました。

さらにことしは小麦粉の値段が高騰。

誕生日ケーキを諦めかけていたところ、支援団体の活動を知り、すぐに応募しました。





 ○ 指折り数えて待つ「6歳」

実はカオリさん、ことしはこれまで以上にハヤトくんの誕生日を特別にお祝いしたい気持ちがありました。

発達障害があるハヤトくん。

誕生日など、年齢が変わるわかりやすい節目を大切にしてきたと言います。

6歳の目標を、自ら立てていました。
 ハヤトくん
「5歳は虫が怖かったけれど、6歳になれば大丈夫になる」

 カオリさん
「『あと何日寝たら6歳だよ』と、6歳になるのを毎日指折り数えて楽しみにしていました。ハヤトのことしの楽しみ方は1年前とは違うんですよね。自分はそれを知っているからこそ、より感慨深い。どんな経済状況だったとしても、この子が生まれてきてくれたことが嬉しいことだし、一つずつ年齢を重ねていけるのは、とても喜ばしい」


 ○ 1か月で応募300件 365日を頑張る「特別な1日を」

 募集を始めて1か月で300件の応募が寄せられた、このプロジェクト。
今は、届ける家庭を抽選で決めていますが、今後、寄付を集めながら応募の枠を拡大できるよう検討しています。



協力しているケーキ会社は。

 Cake.jp 松尾慎治 執行役員
「誕生日を『祝う、祝わない』『誕生日ケーキがある、ない』というのは、いろんな考え方があっていいと思いますが、子どもが年に1度、主役になれる日です。営利企業ができることとして、こうしたプロジェクトが短命、単発で終わらないよう継続的に実行できる仕組み作りに貢献したい」

 NPOチャリティーサンタ 清輔夏輝 代表理事
「1年の中でも特別なこの機会を支援しながら、もしかしたら365日分の1日かもしれないけど、その1日が、実は365日をすごく頑張るためのきっかけの日になるのではないか。本来子どもであれば、自然にできるようなことが、家庭環境に関わらず経験できるような社会にしていきたい」


 ○ “子どもの情緒”にも配慮した支援が必要

子どもの成長を祝う誕生日。

ケーキはぜいたく品という意見もあるかもしれませんが、みんなでワイワイ囲んでお祝いすると思い出に残ります。

子どもの貧困に詳しい教育経済学が専門の慶應義塾大学 中室牧子教授は、子ども時代の経験が、今後の成長に影響するという研究もあると指摘します。

 慶應義塾大学 中室牧子教授
「子どものころの体験は、その後の『自己肯定感』や『モチベーション』といった、いわゆる『非認知能力』に影響するという先行研究があり、特に幼少期は非常に効果が高いといわれています。日常の中にある普通のことができなくなってしまう、その経済的な困窮のサポートをしっかりと考えていかなければいけない。最低限の暮らしができればいいというだけではなく、安定的な生活は子どもの情緒に与える影響は大きく、困窮している子育て世帯に対しては、もっと手厚く、もっとスピーディーな支援が必要です」

取材を受けてくれたカオリさんは、「スーパーで売られているスイーツでも、一番安いロールケーキでも、『おめでとう』と喜び合う気持ちが一番大事」と話してくれました。

誕生日は子ども自らが「1つ大きくなった」と、成長を実感する大切な時間です。

7人に1人と言われている、日本の子どもの貧困。

ケーキの大きさや、プレゼントがあるかないかに関わらず、一番近くで見守ってきた保護者が「切ない」と感じ、精神的にも追い詰められてしまう社会は、変えていく必要があると思います。



  ───── 以上、 NHK NEWS WEB   2022.10.31 より














◆赤ちゃん寝かしつけ 科学で導き出したコツ


 
泣いている赤ちゃんの「寝かしつけのコツ」に、科学で挑んだのは、4人の子どもを育てる研究者でした。
 これ、永久保存版だと思いますよ。 ああ、これをもっと早く知っておけば!!と思った人も多いはず。


 ■ 赤ちゃん寝かしつけ “背中スイッチ”覆る 科学で導き出すコツ


 「今夜も寝てくれない」「いつ泣きやむのか」「こっちも泣きたい」...

どうすれば赤ちゃんを上手に寝かしつけられるのか。

これまで明確な答えがなかった問いに、4人の子どもを育てる研究者が科学で答えを出そうと挑みました。

すると、あの通説“背中スイッチ”を覆す驚きの発見も。寝かしつけや夜泣きに悩む親たちにぜひ知ってもらいたい研究の成果です。

後段に「寝かしつけのコツ」をまとめています。


 ○ 研究者自身の子育ての苦労が出発点

泣いている赤ちゃんの「寝かしつけのコツ」に科学で挑んだのは、理化学研究所脳神経科学研究センターの黒田公美チームリーダーの研究グループです。

4人の男の子の母親でもある黒田さん。

今回の研究テーマは、初めての子どもを育てたときの苦労が出発点になっているといいます。
「夫も私も、子育ての経験が初めてだったので、どうして泣いているかがわからないというのが本当に大変でした。永遠に泣き続けるのではないかと感じ、体におかしなことが起きているのではないかと心配になったこともあります。夜になっても寝てくれないこともあって、何が赤ちゃんの泣きやみや寝かしつけに効果があるのかはずっと知りたいと思っていました」。



赤ちゃんを泣きやませる方法は、おんぶやだっこのほか、ゆりかごを使った方法や、赤ちゃんを布でくるむ「スワドリング」という方法など、地域や文化、それに家庭によっても効果があるとされているものが異なります。

黒田さんは、効果を直感や通説ではなく、科学的に示すことができれば、子育てに悩む親たちの役に立てると考えました。

「自分には正しいと思える方法でも、ほかの親には正しいかわからないし、そもそも効果があるというのも思い込みかもしれない。それならば、何が赤ちゃんの寝かしつけに効果のある方法なのか、確からしい事実を科学的に調べてみようと思いました。どの親も1人目のときの育児は大変なので」。


 ○ もしかして…運ぶとおとなしくなる?

親が子どもを守り育てたり、子が親を慕ったりといった、親子間の強い感情を研究対象にしている黒田さん。

初めての子どもとなった長男の子育て経験から、赤ちゃんが泣きやむのには「だっこ歩き」が効果的ではないかと漠然と感じていましたが、研究室でのふとしたことをきっかけに、謎に迫る着想を得ました。
「実験で使うマウスのケージを掃除するときに、マウスの赤ちゃんを移し替える必要があります。マウスは跳ね回ってつかまえるのが大変なのですが、背中をつかんで運ぶとおとなしくなるのを見たときに、人間の赤ちゃんでも同じではないかとひらめきました。先行研究を調べてもほとんど誰も研究していないので、それならばと、自分で研究することにしました」。

その後、黒田さんは赤ちゃんが「だっこ歩き」などで運ばれているときにおとなしくなる現象を発見し、9年前に「輸送反応」と名付けて発表しました。



この反応は、ヒト以外でもネコ、ライオンなどほかの哺乳類でも見られるといいます。

野生動物の子どもは外敵が迫っているときに親にくわえられるなどして運ばれることが多くあるため、おとなしくして危険を高めることがないように身につけた本能ではないかと黒田さんは考えています。

「だっこ歩き」に効果があることがわかった黒田さん。

さらに、赤ちゃんが泣きやむには、どういう条件のもとで行えば効果的なのか、状況や時間を変えて調べてみることにしました。


 ○ わが子も実験に参加 だっこしたりベビーカーに乗せてみたり…




黒田さんたちのグループが行った実験です。

「輸送反応」を調べる実験と並行して10年余り前にスタートしました。

実験では生後7か月以下の赤ちゃんとその母親21組に
▽「だっこして歩く」、
▽「ベビーカーに乗せて動かす」、
▽「だっこして座る」、
▽「ベッドに寝かせる」という4種類の動作を組み合わせて数十分間行ってもらいます。

30秒単位で動作を記録し、泣いているかどうかなどそのときの赤ちゃんの状態を観察して、それぞれの動作が泣くことや眠ることに与える影響を調べました。

実験には、黒田さんも、生まれたばかりの次男と三男と一緒に参加しました。



「次男を妊娠していたときから赤ちゃんの心電図をとる機器を買って使い方を練習し、生まれたらすぐに実験ができるように準備をしていました。研究成果はわが子の助けなくしては導き出せなかったと思っています」。


 ○ 泣きやむには「運ばれていること」が重要

三男ははじめは泣いていましたが、黒田さんが「だっこ歩き」を続けると、次第に泣きやみます。

黒田さんたちの実験の結果、赤ちゃんが泣きやむのに効果があったのは、
▽「だっこして歩く」と
▽「ベビーカーに乗せて動かす」という2つの動作でした。

一方で、
▽「だっこして座る」と
▽「ベッドに寝かせる」という2つの動作では、ほとんど効果はみられなかったということです。

実験の結果、黒田さんは、赤ちゃんが泣きやむのに効果があったのは「運ばれていること」だと確信を強めました。

しかし、泣きやんだとしても、親には「寝かしつけ」というもう一つの壁が立ちはだかります。

せっかく泣きやんだ赤ちゃんは、どうすればスムーズに眠るのでしょうか。


 ○ 寝かしつけのコツは“よけいなことは考えず5分間のだっこ歩き”

そこで、黒田さんは最も効果があった「だっこ歩き」をどのくらいの時間続ければ、赤ちゃんが眠るのかさらに検証を進めました。

前の実験のなかで激しく泣いていた赤ちゃん11人に注目して、より詳しく調べました。

すると、それぞれの母親が5分間「だっこ歩き」を続けていたときは、赤ちゃんは11人全員が泣き止み、このうち5人は眠ったということです。

黒田さんは、実験の結果を発表した論文では、7か月の赤ちゃんまでのデータでまとめていますが、実際にはもう少し大きくなった赤ちゃんでも実験はしていて、効果は期待できるといいます。

一方で、実験では正確なデータが取れなかった生後1か月以内の赤ちゃんや、体に心配がある赤ちゃんには行わないでほしいと話しています。

そのうえで、重要なコツは、よけいなことを考えずに「だっこ歩き」を続けることだとアドバイスします。
「赤ちゃんが自然に眠れるように、とにかく無になって歩く、これがベストです。用事があるような気持ちで部屋の中を止まらずに周回するなど淡々とだっこ歩きを続けてください。赤ちゃんは親の視線が向くと気になってしまうので、見ないこともポイントです。抱き方も、赤ちゃんのおなか、胸、頭までを体にぴったりとくっつけて、頭がぐらつかないようにしてください。5分から10分たっても泣きやまないときは、いつもと違ったことがないか観察するという気持ちでいればいいと思います。私も最初の子どもを育て始めたときにこのコツがわかっていればよかったのですが」。


 ○ まだ”背中スイッチ現象”がある ここで研究は終われない




とはいえ、「そろそろ寝たかな…」と思ってベッドに寝かせた瞬間、赤ちゃんが目を覚まして泣き出すという現象を経験した人は多いのではないでしょうか。

「背中スイッチ」とも呼ばれているこの現象。

まさに背中にスイッチが付いているかのようで、スイッチがオンになったら、寝かしつけは1からやり直さなければなりません。

今回の実験でも、いったん眠った赤ちゃんをベッドに寝かせると、およそ3分の1が起きてしまいました。

ここで研究は終われない。

黒田さんたちは、起きてしまった赤ちゃんと、起きなかった赤ちゃんに、どのような違いがあったかを調べました。



起きてしまった赤ちゃんはベッドに寝かされる前に平均3分間眠っていた一方で、眠り続けた赤ちゃんは平均8分間眠っていました。

また、眠り続けた赤ちゃんのうち、ベッドに寝かされる前に眠っていた時間が5分に満たない赤ちゃんは、途中で目を開けるなど起きそうになる様子が確認されたということです。

ベッドに寝かされる前にどのくらいの時間眠っていたのかが、寝かしつけの成功に影響を与えることがわかったのです。

黒田さんは、赤ちゃんが「だっこ歩き」で眠ったあと、5分から8分程度だっこを続けてからベッドに寝かせると、目を覚ましにくくなるのではないかと考えています。

「5分間の『だっこ歩き』で赤ちゃんが眠ってくれたら、すぐにベッドに寝かせたい気持ちをグッとこらえてください。ベッドに寝かせる前にいすやベッドに座るなどして5分から8分を目安に待ちましょう。そうすると、赤ちゃんの眠りがより深い段階に入るので、寝かせたときに少し目覚めかけても、眠りに戻ってくれることが多くなります」。


 ○ 「背中スイッチ」 ポイントは背中じゃなかった!

さらに、黒田さんは心電図を使って赤ちゃんがベッドに寝かされるときの心拍数を測定し、緊張や興奮の状態を解析しました。

そして、赤ちゃんをベッドにそっと下ろしたり、素早く下ろしたりして速さを変えてみたほか、最初にベッドに体が触れる部分を頭からにしたり、お尻からにしたりして目を覚ましにくい寝かせ方を探りました。

その結果、寝かせ方で差は出ませんでしたが、予期せぬ発見がありました。

赤ちゃんの心拍数が増えて目覚めやすくなるのは、背中がベッドにつくときではなく、それより前の赤ちゃんのおなかが親から離れ始めるときだったのです。

赤ちゃんは寝ているように見えても、親の微妙な行動の変化を常に敏感に感じ取っているといいます。

霊長類の赤ちゃんは常に親の体にしがみついているため、ヒトの赤ちゃんもおなかが親から離れると、落下の危険を感じて目が覚めてしまうのではないかと黒田さんは考えています。

「背中スイッチ」の“通説”は覆り、さらに赤ちゃんを起こしにくい寝かし方も科学が明らかにしてくれました。

「『背中スイッチ』を科学的に調べたら、実はスイッチがあるのは親と接しているおなかで、赤ちゃんは『分離センサー』を持っていると言えるのかもしれません。赤ちゃんをベッドに寝かせるときは、この『分離センサー』が働かないように、手で下ろすのではなく、おなかを密着させながら、自分の体ごと下ろすようにするのがお勧めです」。


 ○ 母親でも父親でも血縁関係がない人でも効果があるかも!?

今回の実験、黒田さんは母親を対象に行いましたが、父親や祖父母、それに血縁関係のない人でも同様の効果があると考え、効果を検証する研究を続けています。

まだ最終的な結果は出ていませんが、人見知りになる前の赤ちゃんには母親以外の人でも十分な効果が伺われるデータが出ているということで、黒田さんは「ぜひ父親に試してもらい、効果を確かめてもらいたい」と話しています。


 ○ 科学的な寝かしつけの“コツ” おさらい



黒田さんたちの研究が導き出した「泣く赤ちゃんの寝かしつけのコツ」を改めて確認します。

【1】同じペースで淡々と5分間の「だっこ歩き」。

【2】眠ったと思っても、さらに座るなどして5分から8分程度だっこを続ける。

【3】ベッドに寝かせるときは、おなかを密着しながら自分の体ごと下ろす。
科学で育児が楽しくなる未来



こうした研究成果を役立ててもらおうと、黒田さんは育児をサポートするアプリの開発を目指しています。

スマートウォッチなどで赤ちゃんの心拍を測って、そのときの睡眠の状態を予測し、寝かしつけに最適な行動を親にアドバイスしようというのです。

黒田さんが見据えるのは、新たな科学の技術を使って育児が楽しくなる未来です。

「『夜泣き』のようにはっきりした対処法がないことで育児につまづくこともあると思いますが、技術を応用すれば、ことばが話せない赤ちゃんの状態をもっと鋭敏に知ることができるようになると思っています。科学で子育てを支援する方法をもっと見つけて、育児を楽しくできるようにしていきたいです」。



  ───── 以上、 NHK NEWS WEB   2022.11.8 より




                               (島)