□ 新作紹介 □





雨   音



 ブルグミュラー25の練習曲より  Le retour


部屋の片隅で
何年も黙り込んだままの
ピアノの椅子に座ってみます

重い蓋をそろそろと開くと
そこには慎ましやかに並んだ
白と黒の鍵盤たちが

 ずいぶんと口を噤んだまま
 ここから窓の外を
 眺めていたのね

よそよそしい横顔が
こちらを振り向くのを
少しだけ待って
そっと伸ばした指先は
滑らかで冷たい輪郭に
身じろぎも忘れたようです

 ぽろ ぽろろん

震えたのは空気なのか
それとも記憶なのか

セピア色をしたブルグミュラーの
ページを捲って
昔々の物語を
ゆったりと辿っていきます

音符の声が
静かに重なって

 ねえ 思い出したの
 仕舞い込んだままの
 約束を

目の前に広がる
黒鏡面に映った空には
雲が浮かんでいます

 ぽろろん 
 ぽろん ぽろん

約束は

五線譜が虹のような
弧を描きながら
届けたところです

いま
あの雲に



 
*「 Le Retour 」──「再会」の意。





















青 島 江 里



 冬毛になりました


やせっぽちの野良猫
最近太ったみたい

ちがうよ
それはきっと
冬毛になったからだよ

厳しい寒さがはじまった

凍える日々からまもられるために
生まれた時からそなわっていた
生き抜いてゆくためのすべ

冬毛になりました

やせっぽちの体をつつんでくれる
天然のすべにまもられる冬の日々

それでも足りないときは
素のまま
歩みより
寄り添いあえたら

冬毛になりました

まもってくれるものを引き寄せあい
温めあいながら
もっと暖かい場所をみつけるために
いっしょに歩いてゆけたら

冬空の町の電柱のつらなりのように
ひとつひとつ
夜に明かりをともしながら生きてゆく

僕たちはさみしい生き物だ
寄り添いあえば温かい
たとえ泣きながら眠ったとしても




















井 嶋 り ゅ う



 とんぼ壁


とんぼが壁一面にとまっている
家の外壁に
数えきれないほどとまっている
半ズボンを履いている私は
夕暮れの眩しい橙色の中で
採集したくて仕方がないのに
姉はとんぼで覆われた外壁を背に立ち
私を抱きしめている

父の悪口や母の悪口と合わせて
姉と私の悪口も
口々に口にしながら笑い合う同級生が
私の背中の向こうにずらりと並んでいるのだ
決闘、という言葉の意味を知らず
私は姉に強く抱きしめられながら
とんぼを数えたりしている
とんぼが剥き出しにする鋭い歯を思い出した
あれは人間が少しの悪意で持って悪戯した時に
噛み付くときの行為で
防衛本能の一種なのだとぼんやりと思う
虫籠いっぱいにとんぼを捕まえなければと
私は考えている

姉の腕が一層強く私を抱きしめると
今まで聞いたこともない
一際大きな声で 
うるさい!
と叫んだ
とんぼが数匹飛んでいく
逃げろ!
と私の背後で誰かが叫んでいる
姉が私を前から後ろへ移動させながら
じりじりと後ずさる
ここに居れ、という掛け声と共に
砂利を蹴る姉の靴音が聞こえた
壁のとんぼが
橙色の中へ一斉に飛び立っていった














 七月の中学生


夏の裏側で 商店街が息を潜めている 黒い回廊のような通路の左
右にシャッターが下りている 町を活性化する市長の応援ポスター
が 何枚も落ちていた 立ち止まる私の足元にもそれは落ちていて
 光と影が 丁度半分ずつの割合でポスターを染め こちらとあち
らを分断している 
七月の中学生が数名 私の横を笑いながら駆けていった 少しよろ
めきながら 暗闇に消えていく制服のスカートに 私は目を凝らす 
めっちゃん と背後から名前を呼ばれた 振り返ると真っ白な陽射
しが視線を刺して 思わず目をつぶる こっちこっち とまた背後
から聞こえて振り返る そっちじゃないよ と頭上から言われ 商
店街の屋根を見上げると 何やってんの早く と鞄を前へ引っ張ら
れる 視線を動かすたび 黒い穴のような映像がまとわりついてく
る 砂に塗れたポスターをヒールで踏むと 私の右足が黒く染まっ
て また一歩左足も染まって もう一歩腕も胸も また一歩顔も背
も染まっていく ころころと笑う声が耳元で響く 早く行こう早く
早く先生に見つかっちゃうからあの子が言いつけちゃうから早く早
くめっちゃん早く! 間もなく夏休みを迎えるのだ 商店街の突き
当たりにはソフトクリーム屋があって 店員が渦巻き状のクリーム
を完成させるのを友人たちと眺めるのだ 笑い合いながらもたれ合
いながら 本当は誰かに欠けて欲しかったのだと思い返す あの子
に欠けて欲しい今日欠けて欲しいこのタイミングで欠けて欲しいじ
ゃんけんぽん 輪になって目配せし合って あいこでしょ ひとつ
のソフトクリームを奪い合い舐め合う めっちゃんの負け食べちゃ
だめ じゃれ合いながら 誰かが欠けたら成り立たなかったはずの
均衡の中で 見せびらかしながら 欠けなければならなかったあの
夏の中学生には 視線を動かすたび 黒い穴のような映像がまとわ
りついてくる 交互に見渡す顔には穴が空いていて 声だけを認識
している 
自転車のベルが私の横を通り過ぎた 先程の中学生を追いかけるよ
うに暗闇へ消えていく もうずっと誰も居ないのだ 随分前からこ
こにもあそこにも 私が居た場所にはもう誰かが居て誰も居なかっ
たのだ 振り返ると夏の出口のような明るさがあった いやあれは
商店街の入口だと 剥がれ落ちた市長の応援ポスターを踏みつけて
いたことを思い出す 砂に塗れた夏の裏側で わずかに蝉の声が聞
こえる





















澤  一 織



 水天彷彿(すいてんほうふつ)


僕が
見つめている
水天彷彿


かもしれない

かもしれない
まぼろし
かもしれないし
天国
かもしれない

境界が分からない
と感じる自分を
僕はいつまで 
抱きしめて あげられるだろう

 あれは海というんだよ
 あれは空のはずだよ

 世間では
 一般的には
 普通はね

誰かが
僕を
僕の気持ちを
僕ではない何かに
変えようとする時
僕もまた
誰かを
誰かの気持ちを
変えようとしている
のではないか

漠然とした不安を感じながら
砂浜に
靴跡を残してゆく

遠くに見える
空でも
海でも
なんて名づけても
名づけなくてもいい
朝の、その色が
愛おしくて

いつか 誰かが好きだと
打ち明けてくれた
乳白色
今日の僕も
そう 名づけることに決めた

払ったスニーカーの砂を
潮風に乗せながら
渚を背に
足跡をつけてゆく














 なにしてんだろう


今頃
あなたはなにしてんだろ?
目覚めてすぐに考えてしまう
それって いわゆる例の感情なんだろ?

スマホを覗いても
あなたからの連絡は当然ないよ

向き合うことは怖いくせに
となりに並べる日を動悸に乗せて
窓の向こう 冬の澄んだ空に
浮かべたりするわけだ

これからあなたは
誰となにをするのだろう?
急に落ち着かなくなって
冷蔵庫から取り出した
飲みかけのミネラルウォーターを
一気に飲み干す
日曜日の朝から
まったく なにしてんだろう

ソファで二度寝をする前に
スマホを覗くと
あなたからの連絡が来ていて
にわかに信じがたい言葉に
パジャマのまま
玄関の外 飛び出したくなった
ほんと 日曜日の朝から
なにしてんだろう





















夏   生



 漂 流


じわじわと
ゆっくりと
笑うから
気づかなかった

沈むときは
音はないものです

専門家の言葉が
横一直線に走っていった

まさか
ありえない
とんでもない
うそだ
そんなはずはない

弾けて飛び散る断末魔

塞がれた口から
悔しさが垂れていく
枯れた拳は震えて
何も掴めない

道しるべのない旗が
靡いている
宙に指で小さな丸を描いた
明日を
望めることが幸福だなんて
誰も教えてくれなかった





















綴 木  黎



 準備は出来た?(上手く言えないけれど)


ひとつ
ひとつずつ
丁寧にしていこう
大事にしよう

時間を惜しんで
中途半端では
後悔がほら
ひとつ増えてしまうから

どれもこれも
大事だから
丁寧にしていこう

そうね時間も
大切ですけれど
私には
ちょっとばかり難しい

いい加減な私ですが
それに合わせていたら
小さくも
後悔して気が付くでしょう

それはひとつでも
少ない方が良くって
無くなったら
なお良いけれどね

とにかく
どれもこれも
大事にしようと
そう決めたのです

その為に
必要な事は何かを
自転車に乗って考えていたのです





















あ さ ぎ



 きれいな形


どうしてどうして

瓶の中が蜜で満たされていくように
ゆっくりと
確実に
溜まっていく

どうしてどうしてという
不満不満
日々抱いて
確実に溜まる
ゆっくりと


気づくと不満が形をもった
咲いていた青い花
瓶の中
暗い青から明るい青へ
幾層ものグラデーションを成した
花びらたち
花びらの先端は
透けるような水
真ん中は底が知れない

きれいね

人は言う
どうして
そんなことを言うの
抱くだけで
私は言えない
泣きたいのに
泣けない





















かすみ じゅん



 looking back


薄い残照が
緩やかな稜線を縁どる
遠退く夕空

冬の通り雨
ばさばさ
と、短く降り弾け
そして途絶え

七色を超えて
高角度の
巨大な虹が昇る


 (これは予兆なのか
 (偶然の悪戯なのか

 色濃い印象が
 脳裏に焼き付いたまま
 場は見送られ


星屑の瞬きだす
夜の帷に橙の
焔の玉が妖しく過り

人影途切れた
寒風吹き抜く
闇坂に寂しさを覚え

ふいに
振り向いた眼球の上端
真っ白な
斜星が閃く


 僕らはいつも
 時に急かされ
 時に追われ
 時に妥協し
 時に慰められ
 時に癒され
 時と戯れて
 時に微睡み
 時に流される


経過してゆく
この身体も
この積み重ねられる
出来事も
やがては
遊離していき
放れゆくまま
戻れない過去という海原に辿り着き
散り散りに融け
霧消して
追憶の枯葉に
姿を変える

何事もなかった
かのように
時代は移り
置き去りにされる
この意識の一枚
何処へ
この地球に
忘れ去られるまで
何処まで
漂ようままに

透き通るだけ
果てのない
時という枠組みの
狭間に
在り続けていくのだろうかこの飽くなき
望みと信念は

それとも
消え去ってしまう
だけなのだろうか、何れ
この生きているという
確かな感触

それとも
幾億もの思想に
合成された
雑多な幻に
翻弄されているだけなのか

何も
その細やかな
欠片でさえも
残されは
しないのだろうか


だからこそ

唯一無二の
この己が実存する無限の
可能性を
秘めた世界に

pave the way.




 ※looking back
  (ルッキング バック)…振り返る道のり。

 ※pave the way.
  (ペイブ ザ ウェイ)…道を切り開く。



















富士伊 真夜



 クリスマスイブ前と前後三日間


クリスマスイブ前と前後三日間
予定が詰まった
ふしだらと言うか
肉体関係はもうない
元彼達と過ごす
二十二日飲み会
二十四日クリスマスイブランチ
これは別々の元彼と過ごす
友人達だ
なぜかしらね
別れても友人してるわけですよ
きっぱり別れる人は別れるらしいのね
とんでもないやつだときっぱりするんだけど
友人としてOKなら友人になるんですよ
二十二日飲み会は
わざと二十三、二十四日を外したわけです
どこでも混雑しそうからです
ふしだらか
ぶっちゃけ二十二日
泊まりで
宿をとるのに旅行支援使えたので
割引で平日で
クーポン六千円がつき
宿代の元がとれてしまった
飲みが好きな女友人から聞いたおすすめの店に一軒目
白子三百三十円
安いらしい
元彼は二回おかわりしている
それをつまみに
生中でご満悦だ
二軒目
クーポンが使える
すし居酒屋へ
こちらでは
白子が九百八十円で
店の格が違う
一軒目より
落ち着いてるし静かだし
落ち着くけど高い
ここで六千円飲食である
彼に任せておけないので私が計算しておく
注文六千円越えたと思ったらストップをかけた
お釣りは出ないので
使い切った方がよい
会計約六千六百円
元彼が安いなと言うので
烏龍茶おかわり控えたもんと私が言うと
一言、悪かったなと言われた
三軒目はカラオケ居酒屋である
飲み放題歌い放題の店定額制だ
酒だと四千円
ソフトドリンクだと
三千円
夜七時から深夜二時までその値段だ
三時間で退室
元彼が自称アナログ人間でAndroidのスマホの更新を二回もしてなくて、
ホテルでするためもある
ホテルはWiFi付き、YouTubeが見れる部屋をキープした
宿屋で
ビートルズファンの彼は
セルターブというコピーバンドのファンで
会話がない
YouTubeセルターブに夢中である
スマホの更新は忘れてないが
自宅にWiFiが彼にはないのだ
私はあるが
彼は言う
家にWiFiがあったら
セルターブばかり見てやばいと
ふうんと思いながら私は
YouTubeはあんまり好きでないのでわからんと答えた
私はSwitchやプレステ5のゲーム関連
スマホの動画配信アプリだけどYouTubeは除くでWiFiを必要としている
二十四日
本日クリスマスイブランチ
先月マイナンバーカードをマイナポイント欲しさに申し込みして
二十二日にもらったばかり
複雑なやり方を理解しポイント手続きはした
そのポイントで
ゲームソフトや
本を買う予定
それらの予約に行く
クリスマスイブランチの前に
明日は今日の元彼と
予定したケーキを食べる
元旦はこの元彼と
福袋をマイナポイントで買う予定
以上















 十二月二十四、二十五日


十二月二十四、二十五日の過ごし方
元彼の一人と
約三千円で
クリスマスイブランチ
写真を添えられないのが残念だが
美味しいイタリアンである
昼も夜もこの日は予約で満席だそうだ
ケーキの予約は
こっちが二十五日にしてしまったので
ケーキは明日ねとこの日は別れる
翌日開店前に行けばケーキ屋さん並んでいる
予約してあったのでスムーズに受け取る
グループホームの元彼は
包丁やら皿やスプーンを用意して
救急外来で食べようと電話をしたら提案してきた
世話人がまだいるらしい
精神病院の救急外来でクリスマスケーキを食べるやからも珍しいだろう
前日、シャンメリーは買ってくれていて元彼がね
シャンメリーで約二千円のホールケーキを半分こ
シャトレーゼであるので美味しいです
休日の精神病院
静かに休日の受付はしていてたまに来客がある
B棟の何何に入院している誰々の母です。お小遣いを入れに来ました
と受付に初老の女性
聞いた患者の名前からして男性の母親だ
お小遣いの入金額が大きいので一年分ではと思ってしまう
酷な言い方だが
精神病院に預けて
なかなか来ないのではと思った
コロナで面会もままならないのもあるかもしれないが
金は払うが放置が多い
小遣いとは
患者が入院中に売店でお菓子や洗剤や歯磨き粉など入院生活で使う経費で
入院費とはまた別である
管理能力がないとこのように病院に家族が金を預け病院が管理する
毎日おろす人と毎週おろす人など様々だ
毎日おろす人は管理能力低くて毎週おろす人はそれより管理能力があると
思われている訳である
私はそのどちらも経験済みである
通帳を取り上げられ金を病院に管理され
入院中一日五百円のお小遣いからスタートした
その日々からもう八年以上は経つ
年を数えるのもしんどいので止めた
クリスマスケーキを食べ終える
買い物をしてまた昼前に集合ねと一旦別れる
マイナポイントでコンビニで昼ごはんを買う予定だ
たまには贅沢もあっていいと思った















 十二月二十六日


十二月二十六日
朝起きて
二度寝する
二十九日映画の約束があったのでネットでチケットをとる
障碍者手帳割がきくので有難い
三日前から取れる
当日チケット発券かと思えば進化していてQRコードで入場できるという
そういえばこの前映画館に行った時そんなお知らせ見たなと思い出す
ついに導入らしい
二枚チケットを取り
どうやって二つのQRコードを分配するのと一瞬悩んだもののスクショを撮ってLINEで送っとく
向こうは私よりこういうのに苦手意識があり、当日説明しますとメッセージを添えておく
向こうは向こうでその写真を読み取り機械にかざすと入場できる仕組みだろうと思うんだけどね
コンサートで経験済みですので















 十二月二十六日その二


十二月二十六日その二である
わりかしこの日は予定がなくて院内を平日ふらふらできた
年末年始は病院も休みになるのでキャッシュコーナーがあるがそれも使えない
余分にお金を下ろす
ロビーでスマホ片手にこんな詩を書きながらくつろいでいる
マイナポイントで買い物も行ってきた
昨日、クリスマスケーキを食べてアパートに戻ったが
別の元彼と電話してマイナンバーカードを申し込むという話になった
アナログ人間を自称し彼は、ネットで申し込みした私と違い、郵送にすると言う
外出した際写真機で写真を撮ったと説明しそれも用意したらしい
もう一人の元彼はマイナポイントをゲットした
できなくて、こっちに電話が来て、出前出張して、手続きを私がした
この元彼のスマホはお財布ケータイであり指紋認証でロック解除という
私が付き添って選んだスマホである
三万円くらいだがこの二点は譲れなかったのである
昨日、この元彼はお財布ケータイだからできたのよと私が言ってやると
それは何と不思議な顔をしていた
とにもかくにもお財布ケータイでないとマイナンバーカードを読み取らないので
マイナポイント欲しかったら役所へ行けと言う話である
私のスマホでできなくはないだろう
私のスマホだって最近変えたばかりだが三万円くらいで
指紋認証とお財布ケータイは備えている
最低ラインである
元彼が二人でややこしいがマイナンバーカードを今回申請する方はおじさん初心者スマホで
携帯屋さんに問い合わせたらお財布ケータイでない
これは役所に行けである
私のスマホで何とかなるだろうが
電子マネーはWAONにするとそれは用意したのね、二人とも
二万ポイントもらえるが現金ではないわけです
電子マネーよ
二人の元彼にそこから説明会を始めなければならかった
電子マネーなど使ったことない持ったことないこの二人
ええ、電子マネーカードを作るのは簡単
マイナンバーカード作ったら勝手に入るんやろと言うので否定する
WAONステーションで手続きですので
マイナポイント入れて多分、それからWAONポイントに変換です
この二人、分からんらしいのね
一方は保険証の紐付けをしてきたが口座の紐付けが分からんと来たもんだ
アプリをマイナポータルというアプリダウンロードして、ログインできないと電話
で、出前出張した訳ですわ
私の報酬はひつまぶしです
美味しかったです
保険証と口座の紐付け
これで一万五千ポイント
残りの五千ポイントの話の説明で二万円現金チャージよと言ってやると
大概、なんじゃそれはになる
私もそう思ったけどね














 過去の十二月二十二日


過去の十二月二十二日
午前中マイナンバーカードを取りに行った
電話して空きがあり当日取りに行った
応対は年上の女性で
私でさえ、元彼達を通して、マイナポイントのゲット方法を
ネットで調べて勉強したのに、御年配に分かるわけないのな
一万五千ポイントまではたどり着くらしい
残り五千ポイントがつかないと苦情もあるらしい
二万円チャージの過程である
現金入れろと言ったらこれも苦情ではないだろうか
問い合わせの役所も混雑してましてねと応対の女性
私は帰宅後、すべてネットで済ませた
で、マイナポイントのおかげもありで無事に年越し出来るわけである
何事も勉強かよ
二万ポイント分は勉強しましてよ、ええ
それな























水 無 川  渉



 いいね


今だってそれは
人を幸せにする力も
持っているのだ

けれども近頃では
人は殺すために
この言葉を使う

「いいね」自体は
良くも悪くもない
「何」が「いい」のか
それが問題だ

それは使い手の価値観と
品性を映す鏡
白は白に
グレーはグレーに
そして黒は黒に

一粒の悪意の種
そのままでは一粒のままだが
暗い電子の土壌に蒔いて
「いいね」をたっぷりと注げば
それは芽を出し葉を茂らせ
青空を遮る巨木となり
有毒の果実をたわわにつける

誹謗中傷に いいね
弱い者いじめに いいね
差別やヘイトに いいね いいね

悪への「いいね」は
自らのうちに同じ悪が
巣食っていることを暴露する
共犯者の証印

冷たいスクリーンに
軽く触れるだけで放たれる
ひとつの「いいね」は
標的が世界中どこにいても
瞬時に心に傷をつけることができる
自らは姿を隠したまま

一つひとつは浅い傷
だがペーパーカットも
何度も繰り返されると
いのちの深みまで切り裂くことができる
小さな悪意が何万倍にも濃縮され
その毒はやがて致死量に達する

「おまえなんか消えてしまえ」
いいね いいね いいね いいね いいね いいね
いいね いいね いいね いいね いいね いいね
いいね いいね いいね いいね いいね いいね!



きょう 騒がしい世界の片隅で
自らを消去したいのちがある
死因は「いいね」

それがニュースになると
たくさんの「いいね」がついた
遅まきながら棺
(ひつぎ)を飾る
白々しい花のように



















滝 本 政 博



 また会おうね


眠っている君の背中に
何層にも雪が降りつもる
思い出なら沢山ある
春になったらまた会おうね

いつか会おうね
冷たい雪がいま降っている
愛の上に愛を重ねるように
冷たい雪が降っている
いまは静かにおやすみなさい

空のてっぺんの深いところから
雪は煤けた街に舞い降りる
砲弾が齧り取った壁や瓦礫を白く染めて
そして銃弾に倒れた君の背中にも
雪はその形に合わせて積もってゆく

君の声を返してほしい
君の世界返してほしい

銃声が鳴り響いている
途絶えることなく痛みはつづいている
今日も何処かで君が倒れる

思い出なら沢山ある
春になったらまた会おうね  
雪が解けて花が咲いたら
君は駆けてくる
君は走る子
頬を染めて風をきって
君は笑う子
君は歌う子
麗らかな声
晴れやかな空の下















 流されてゆく


十月の海に一脚の椅子が浮かんでいる
わたしがイメージのなかで海に投げ込んだ椅子
わたしはポエジーを欲しているのだ
白い衣装を纏った海鳥が空で輪を描く
ふらここ ふらここ ふらここ
座る人のない椅子は流れてゆく

十月の海にわたしも浮かべてみようか
波は冷たくわたしは溺れぎみだ
海の中では上下左右がわからない
わたしはでたらめに騒がしく腕や足で藻掻く 
どかどか五月蝿い楽隊だ 
どかどか海水を飲んでいる
沈みかけて椅子にしがみつく
なんとかバランスをとって座ってみる
椅子は水没し わたしは上半身で流れてゆく

ふらここ ふらここ ふらここ
わたしと椅子は一心同体
大波小波をやりすごして
はてさて
何処に流れつくものやら

もし生きてここから抜け出すとこができたなら
わたしは恋をしよう 
いい娘をみつけよう
宝くじに当たって家を買おう
小高い丘のアトリエで暮らそう
そこで一枚の絵をかくのさ
十月の海に椅子が一脚浮かんでいる
ふらここ ふらここ ふらここ















 あっかんべえ


躓いて 
転んで 
両手をついて
四つん這い
歩いて行く  
この歳になっても
嫌いな人  
苦手な人がいて
心の中では
舌を出して
あっかんべえ   

父は地方銀行で働き
母は和裁をして家計を助けた
生まれた俺は髭面のこわもて
頭はもう禿げかけている
俺は雑種である
若いころは働いたが
今はあまり働かない
労働など
あっかんべえだ

したがってとても貧乏だ
わずかな収入も
病気の薬代で飛んで行く
まあ知ったことか
妻が働いてくれて
何とかなっている
駄目な奴なんだ俺は
きちんと聞くのが怖い
知らないことばかりだ

白内障で目は見えない
去勢していて金玉は無い
以前に大きな手術をして生き延びた
今は十七歳で心臓が悪い
元気を出せよ
寝てばかりである
咳をする
下痢である
俺の犬は死にかけているのでとても臭い
あっかんべえ 

食欲がないのか
市販のカリカリや缶詰は食べない
妻がいろいろ工夫して食べさす
毎日獣医に連れてゆき点滴をしたので
状態を持ち直した
一日の二錠心臓の薬を飲む
よろよろ歩き
俺の部屋でウンチをする

躓いて
転んで
両手をついて
四つん這い
歩いて行く
あっかんべえ




















紗 野 玲 空



 天から送られた手紙


悴んだ手
冷たい耳に押し当てる
ごうごうと
耳の奥に響く
冬の叫び声

寒雲立ちこめる 鉛色の空
眼前に広がる柴⼭潟は 紺青に震え
凍えた風は 水面を叩き 吹き荒ぶ
冬濤は 縮れた雪を連れてくる

「雪は天から送られた手紙である」

踊り狂いながら 舞い散る六花
中谷宇吉郎のメッセージと共に
てのひらに受けとめる
星屑のかけらのよう
細氷の針は重なり
きらきら煌めく 

天からの手紙
読んでみる
恐らく
気温は−10℃くらい
水蒸気は少なめ
だったのかしら

見上げる鈍色の空
あの空の中 
寒さに震える水蒸気は 
氷の粒となり
地上に向かい 旅をする
羊歯状 樹枝状 六花状……
結晶は美しく装いながら
舞い落ちてくる

 てのひらの中
 繊細な結晶は
 小さな透明の滴になった

小雪はやまない
白い手紙は
果てしなく届けられる















 黒 帯


月涼し 障子を開ける
眼下には 黒き流れ
街の灯りが滲んでいる

風に当たりながら
「黒帯」の盃 傾ける
露を帯びた常磐草
九谷の緑の釉が 鮮やかに浮かぶ
香り高き若水のよう 燗あがりの粋な酒
悠々たる時を味わう 
藻塩を少々
のどぐろの炙りをつまむ

有段者の為の酒「黒帯」
命名は 英文学者・吉田健一
杜氏の苦心の結実は
何の衒いもない ただの酒
だからこそ
徹底した「黒帯」となる

白山の雪解け水は
この川にも注がれる
名酒を生み
金沢のまちを潤す

色とりどりの灯
九谷の五彩を溶かしたような
犀川の流れは
テムズ河に繋がっている

日本と英国
日本語と英語を自由に行き来し
日本と西洋のあわいを
吉田健一は楽しんだ

甘美な酒に酔い 浸り
現実と幻想のあわいをたゆたう
口腹の楽しみの如く 
「文学の楽み」はある

句読点少なき息の長い文
美酒に酔うように
悠然とした川の流れのように
吉田健一の文学も流れる

川辺りの柳が揺れている
いい気分に揺れている
美味しい酒 食べ物 楽しむように
文学も楽しもうではないか

黒帯の徳利 覗き込む
「お銚子もう一本!」
ワンピースの白ベルト
引き締める















 尾山神社


「槍の又左」の名の如く
馬に跨り 長い槍を高く掲げ
鎧の背には 母衣を担ぐ
勇ましき 赤母衣衆筆頭の利家像
隣には 正室まつが佇む

加賀藩の礎を築いた二人を祀り
明治六年に創建された 尾山神社
車窓に映った 竜宮城の如き建物
心奪われ バスを降りた

石の鳥居 潜り抜け
現れた竜宮城の正体は
重要文化財 「神門」 
オランダ人による設計という
和漢洋折衷の
神社らしからぬ洒落た門

煉瓦と木材の三層構造 
石造りのアーチの上
ちょこんと天守閣が乗っているかのようだ
屋根の上には
刀で青天を突き刺すかの如く
日本最古の避雷針が伸びている

一際目を引くのは
最上階 高欄の奥
窓枠に嵌め込まれた ステンドグラス
黄 緑 赤 青 紫
五色のギヤマンは
沈みゆくオレンジ色の陽光を浴び
ノスタルジックな光を湛え
金沢の街を見下ろしている

伝統を守りながらも
新しいものを取り入れ
雅やかな文化を発展させてきた金沢

前田家ゆかりの神社は
金沢のシンボルとして
海辺の灯台の如く
五色に輝く目を見張っている



















く   れ



 原点回帰


朝刊のある記事の表題は
「原点回帰、埋まる外堀」

汚染土を除染土に
汚染水を処理水に
帰還困難区域を復興再生拠点と
白地地区に
呼び名が変って来た

いちえふの廃炉に
四十年から五十年と言ったものの
百年と修正できないでいる
そう思っていたら
原発政策が見直しされるらしい
運転期間が
四十年から六十年に
停止期間は含まれない

驚く事に
廃炉を
次世代型原発に建て替えると言う
原子力発電所を誘致すると
原子力発電所は
大きな事故が発生しても
永久にそこに存在する

国民との議論などはなく
審議会のメンバーが
国に寄り添った形の骨格を作り上げて
これで どうだと言う
マジックのような素早さと
目くらまし

いちえふの復興は
まだ道半ば
廃炉技術の進歩を待ち続けていたが
この記事に あっと驚いた
原点回帰の裏表を探る
安定したエネルギー政策なのだと
国が微笑む

国民が裏を見極める前に
外堀が埋められ
素早く原発の原点回帰に向かっていく
国民目線から遠く離れた
霞が関の知恵者たち

朝刊記事の表題の
「原点回帰、埋まる外堀」に
頬を叩きながら目覚めていたものが
驚きの上に正座している















 汚染土の再利用


フレコンバッグを思い出している
除染するたびに
放射能が含まれた汚染土をそのバッグに入れ
被災地の田畑や山林などに
隠すように保管していた

あの黒い袋が
山のように積み重なっている姿は異様だった
途中から青い色の袋も
風景の中に混じり始めた
台風により川に流されたときは
新聞などが大騒ぎをした

中間貯蔵施設の入り口で
一万ベクレル以下の汚染土はふるい落とされる
飯館村で唯一の帰還困難区域の長泥地区で
作物や花々に
そのふるい落とされた汚染土を再利用する
実証実験が大分前に始まった

中間貯蔵施設の埋設量を出来るだけ少なくし
移設時の負担を大幅に軽減すると言う
中間貯蔵施設の受け入れに
手を挙げている県はまだないが
法律で二〇四五年までに福島県外に移される

汚染土を再利用した作物や花々の安全性が
確認できたと新聞報道された
汚染土は除染土と呼ばれるようになった

除染土として再利用された
これらの作物や花々がスーパーに並んでも
道路や公園などに使われても
「除染土再利用」とは表示されないから
除染土の汚染の深さを知る事はない

フレコンバッグを思い出している
除染するたびに
放射能が含まれた汚染土をそのバッグに入れ
被災地の田畑や山林などに
隠すように保管していた
あの日から十二年になる


 *中間貯蔵施設とは汚染土壌使用済核燃料などの
  放射性廃棄物を最終処分や再利用するまで一定
  期間保管する施設























瀬   未



 おかえり


“帰りたい”

夜になると父は
そう呟くようになった

“どこに帰るというの”
尋ねても答えはない

ただ
“帰りたい”の一点張り

“どうして”と問うても
“どうしても”と返されて
堂々巡り

駄々をこねる
幼子の目をして
父は

“此処じゃない! 
とにかく帰る 
早く早く”

不穏さを隠しきれず
とうとう声を荒げる

“おうちは此処だよ”
いくら言い聞かせても

青と白のしまもよう
パジャマのまま
摺り足で
部屋のなかを彷徨う

“そうね
じゃあ一緒に帰ろうか”

“疲れちゃうから
やすみやすみ行こう”

六畳の
ベッドの周り
ぐるぐる
心ゆくまで

いろいろ質問をしていても
けっきょく
私の聞きたい事は一つだ

(まだ一緒にいてもいい?)

時よ止まれ
願っても 
景色も人も移ろっていく

めまぐるしくも
かけがえのない日々が
道となって

いつか
私もどこかへ
たまらなく
帰りたくなるのかな

ようやく
座り込んだ父の傍らで

“着いたよ
おかえりなさい”

今日もお決まりの
嘘をつく

ぼおーん ぼおーん

柱時計が鳴って振り返る
飾り棚の家族写真
ピースサインで笑う父と目が合った

帰して
返してよ

叶わぬ願い

私は
あの頃に戻りたい