今月の詩特選 


『MY DEAR 投稿掲示板』において、

この1ヵ月間の評で、高評価だった作品を再録しております。

優秀作を、あらためて、ゆっくりとご鑑賞下さい。







荻 座 利 守  







 椿の蕾


深く沈む
暗い緑の葉の陰で
微かな吐息のように
膨らみ始めた椿の蕾

この世界に出でることを
躊躇うように

己の姿を顕すことを
恐れるかのように

未だ閉じられている
その萼片の
僅かな隙間より
鮮やかな紅い花弁の色を
そっと覗かせている

暗い緑の葉の陰に
隠れる蕾よ
何も恐れることはない

太古より受け継いだ
その内に息づく
力を信じて
迷うことなく
己の華を咲かしめよ

僅かに膨らみ始めた
小さな蕾よ
何も躊躇うことはない

お前は
この広大な宇宙に
余すところなく遍在する
悠久なる時の流れの
ひとしずく

お前が膨らみ
華開き
散りゆく中に
この世界の意味が宿り
この宇宙に満ちている
使命のひとつが
果たされるのだから

路往く人々は
永久にめぐる
生命の輪を想わせる
お前の秘めたる荘厳さに
思わず
足を止めるだろう





                       〔島 秀生:選〕





 千紫万紅


千紫万紅の
花々が咲き乱れる野原に
独り佇んでいる
夢を見た

遥か霞む地平線にまで
色とりどりの絨毯が
果てしなく続く

それらの花々は
太古より今までの
永い永い年月の間に
散って逝った全ての花々

なぜだかわからないが
乳色の空に溶け込むように
霞む地平線を見て
直感的に
そのことがわかった

そして
その花々の中に独り
佇んでいる私は
野に咲く花々に見送られ
次の世界へと旅立つ

その侘しさや哀しさは
花々がみな吸い取って
己の花色へと換えてゆく

元は己のため
虫を呼ぶため生まれた花も
人と共に咲き
人と共に散ることにより
その哀しみを知り

花を愛でる者の
双眼に宿る
仄かな侘しさをも
己の花色へと昇華させて
路往く人の傍らに
そっと寄り添う

旅立ちの時を独り待つ
夢の中の野原にて

花が散る侘しさも
人が逝く哀しさも
みな千紫万紅の色となり
次の新たな季を
彩ってゆく





                       〔三浦志郎:選〕





 ポインセチアの葉色


美しく煌めく
イルミネーションのもと

洗練された花屋の
ディスプレイを飾る
ポインセチアの

華やかでありながら
暖かい絨毯を思わせる
赤い葉色の内に

微かな
哀しみの色陰をも
観てしまうのは
なぜだろう

おそらくそれは
犠牲となって
流されることを定められた
血の色だから

いにしえの
預言の成就を背負って
生まれてきた
赤子の色だから

今我らが立っている
この大地に染み込んだ
贖いの血の色を

ポインセチアは
ことごとく吸い上げて
己の葉の面に顕し

我らにその色を
思い出させる

なぜならば
大地に染み込んだ血は
今でもなお
涸れてはいないから

今もなお
犠牲の血は
流され続けているから

だがそれは
血の色であると同時に
一粒の麦の死により
もたらされた
大いなる実りの色でもあり

赦しの色
慈しみの色
悦びの色でもあるから

美しく煌めく
イルミネーションのもと

哀しみの上に重ねられた
悦びを顕す
ポインセチアの葉色より
贈られてくる
温もりの深さを

今夜は心の底にまで
染み込ませよう





                       〔雨  音:選〕











山雀 詩人




 パスワード


いつになったら出れるだろう
狭いせまいこの部屋を

実際ここは本当に狭い
早くここから逃げ出したい

でもだめだ
ドアに鍵がかかってて

しかもここの鍵は変わってて
なんと言葉だ パスワードだ

普通パスワードは
英数字と記号で成るが

ここのは漢字 仮名
日本語の文章だ

だから長い ゆうに百桁
こんなの絶対解けっこない

もっとおかしいのが
美的センスが必要なこと

パスワードに美って
もう訳が分からない

でも作る とにかく作る
ここから出たい一心で

するとたまに奇跡が起きる
出来のいいのができあがり

なんと開くのだ 重いドアが
自動ドアのようにすーっと

たかが百余の文字の力で
いやあ 言葉ってすごい

でも哀しいかな
またドアがある

なんてこと
でも作る 再び作る

美的なパスワード
素敵なすてきなパスワード

するとまた奇跡が起こり
ドアがすーっ

でもまた次のドア
その繰り返し

いったい僕は何重に
閉じこめられているのだろう

いつか来るだろうか
すべてのドアを開け放ち

陽のあたる
自由な外へ出れる日が

それを夢見て今夜も作る
夜の夜中にひとりで作る

僕の閉じた心を開く
僕だけのパスワード

さてこれで 開くだろうか





                       〔雨  音:選〕











ゆ   き




 初 雪


散歩をするには寒すぎて
吐く息さえも凍りそうな夜に
家路を急いでいた

今夜は初雪が降るらしい

初めての恋をなくした時も
可愛がってくれた祖父が逝ってしまったのも
こんな夜だった

僕にとってはあまり嬉しくもない季節で
早く過ぎるのを待つばかりだ

鼻先に冷たさを感じてポケットから手を出した
静かに落ちてくる白い綿帽子を
手のひらに乗せて真っ暗な空を見上げた

儚げな
地面に落ちて汚れてしまう前の
清らかな結晶が僕の手のひらで
冷たい水になって流れ
寂しさだけが残った





                       〔三浦志郎:選〕











エ イ ジ




 初冬に咲く野菊


初冬に咲く野菊よ
あなたに道を尋ねよう
道を東に渡る方がいいか
このまままっすぐ南に行こうか
あなたに道を尋ねたい

キンと凍てついた早朝の空気の中で
まだ花弁広げ佇んでいるあなた
散歩の途中でいつもお会いしますね

十月を過ぎてもなお
葉も緑々と生き抜く
芯が強いあなただから
僕の人生の行き先を尋ねたい
まずは僕の散歩の行き先からでも

これからはあなたにも
試練が待っている
冬の寒さという試練が
しかしあなたは無心に咲いて
無心に散っていくのでしょう
嘆くこともせずに

私もあなたのようでありたい
命に限りがあろうとも
無心に精一杯生きて
無心に散って
嘆くこともしないこと
だからそう 今この瞬間を
懸命に生きるのです

初冬に未だ咲く野菊よ
あなたに道を尋ねよう
東に渡る方がいいか
このまままっすぐ南に行こうか
あなたに道を尋ねたい
あなたに教えを乞いたい




                       〔島 秀生:選〕





 木枯らしの舞う頃


君は待っているんだね
冬が来るのを
君は待っているんだね
小雪がちらつくのを

君は待っているんだね
機が熟するのを
あと十年待つかもしれないよ
まだ良い頃合いに……ならないね
そろそろ木枯らしが舞う頃か

毎日メモ帳に向かって
君は文を綴っているね
時に頭を抱えて
時にうんうん唸りながら
寒さを耐え忍んで
時に熱い紅茶を啜りながら
気を落ち着けて机に向かって

今日も一筆重ねていくのか
報われることはなくとも
まず君は君のために書くんだ
よければ僕にも見せてくれ
寂しさを詩っておくれ
嗚呼、優しさを詩っておくれ

君は待っているんだね
今年も冬が来るのを
君は待っているんだね
いつか小雪がちらつくのを





                       〔三浦志郎:選〕





 日 々


今日もやっと夜が明けたようだ
辺りはもう明るい
けど雨降りのせいで太陽を見なかった

朝は一見同じように訪れるけれども
空の色はいつも違って
カラスの羽ばたきもいつも違って
木々の葉の色も毎日変わってゆく

一つの季節が終わろうとする頃
新しく生まれる季節と交差して
もう一つの季節があわいに出来上がる

秋が冬と交差して終わり
冬が秋と交差して始まる
もう一つの季節 秋冬が
あわいに出来上がる

日々 何かが終わり
何かが始まってゆく

さっきの雨が終わったら
晴天が始まった
鳩がもう森に来なくなったら
マガモが池に来るようになった
三階の僕がガムを噛み始めたら
一階のおばさんが病死していた

初冬にもなると日照が短い
一日がもう終わる
僕はふと窓を覗く
昼と夜のあわいに
夕焼けはある

夕焼けも終わり
辺りがすっかり暗くなり
僕が目を閉じる頃
今度は言葉が目を覚まし始めた





                       〔井嶋りゅう:選〕





 冬ざれ


椿の花も風雨で傷つき
森には枯れ野見に行くのみ
もみじはコンクリの道路で水浸し
カラスが一羽 寒空にアァと鳴く

冬ざれた森 静かに人は行き交う
冬ざれた森にあなたの後姿を追う

木の枝で雀はふくら雀
冬将軍早くも来たる
マガモは元の池に帰り
桜紅葉の葉は土に還る

冬ざれた森で雨が霙に変わる時
あなたは薬指の銀の輪をちらつかせて

灰色の雲はたなびき
凍てつくは風の声
団地の角の吹き溜まり
もういくつ寝るとクリスマス

冬ざれた街 賑やかな人波
冬ざれた街にあなたは遠く溶けてゆく
モノクロームの街に夕焼けだけ赤い





                       〔三浦志郎:選〕











妻咲 邦香




 約 束


前の車が急に止まった
しばらく動かなくて、渋滞でもないのに
どうしたんだろう、と思っていたら
降りて来た運転手
車の前でしゃがみ込んだ

子猫だった
たぶん生まれたばかりの
足腰もまだ覚束ない子猫
抱えられ、歩道の脇に置かれた
運転手は済まなそうに手を上げて
後ろの私たちに合図した
そして車に戻って
また走り出した

子猫は生きていた
泣くでもなく
探すでもなく
かといって、怖がるでもなく

もっと世界は優しくなれる
いつか誰かと話してたような
そんな気がする
ふと思い出す

しばらく走ると
道の真ん中
一匹の猫が死んでいた
大人の猫だった
さっきの子猫の母親かもしれない

前の車が避けて通る
私も慌ててハンドルを切る
誰も止まらない
誰も見向きもしなかった

もっと世界は優しく出来る
あなたもそんな約束したの?
私は多分、していない
まだしていないのだろう

もしかしたら
何処かに置き忘れて来たかもしれない
一瞬目を向けるバックミラー
誰も写ってないから
私は少し安心して
アクセルを踏み込んだ





                       〔島 秀生:選〕





 石 畳


狭い入口だった
石畳の階段
座っていると
まるで通せんぼしているようだった

黒い猫と遊んだ
長い髭をたくさん持っているようなので
ひとつ頂戴と言った
猫はくれなかった

「ソゥリー」と言いながら紳士が脇を通り抜けた
知らずにスカートを踏んづけていった
私が邪魔してたから悪い
だけど
これから素敵な所に行く予定なのに
うっすらと足跡が付いた

私は足跡を連れて行くんだと思った
みんなは何と言うだろう
新しい友だちだと紹介しよう
恋人だとからかわれるかもしれない

貴方のことが好きですと
私はいつの日か、告白するのだろうな
そしてゆくゆくは
家庭を持つのだろうな
私は腰を上げた
足跡は幾つも付いていた
どうやら眠ってしまってたらしい

最後に残る思い出は
いつも必ず一つだけ
それでも私には声があり
言葉があり
詩があるから
毎日新しい扉を開ける
たとえ外が寒くても

可愛く生き残れ
拾えなかった声たちよ
明日咲くかもしれない花がある
私の綴る言葉には
どんな未来が待つだろう





                       〔井嶋りゅう:選〕











ま る ま る




 キミに何してあげられるだろう


キミに何も させなかった
お風呂掃除
新聞取り

してもらうのが当たり前では
幸せにしてあげられない
いつか来てくれる お嫁さんを

どうしよう
小さい頃のキミのせいだよ
全てを委ねたあどけない瞳
 お母さんは いつも布団を敷いてくれるね
その笑顔が見たくって
あれにもこれにも手を出した

私の時代はそれでよかった
動きを止めないお母さん
新聞を読むお父さん
毎日はそう過ぎた

時代も家庭も変わり続けて
インターネットに掃除ロボット
お父さんの居る意味も
もう稼いで来るだけじゃない
等身大の一員として
期待の視線が注がれてるよ

育て方間違った
大きくなってしまったキミ
お手伝い させなくちゃ
母は病気で寝込んでみようか
アパート見つけて家から出そうか

さあ どうしよう
取り返しをつけるため
キミに何してあげられるだろう


また手が 出ようとしてる

変われっこない
これじゃあ いつまでも





                       〔齋藤純二:選〕





 今日はやらずにいられない


何もかも 面倒くさい
やりたいこと ひとつもない
夕飯の支度
掃除 片付け
何もない 全部ない
昨日も今日も もう何日も
 好奇心は持ち続けたい
思うだけで できない

直感に 告げられた
面倒くさがりは年のせい
どうしよう
しぼんで行く

仕事を終えて帰宅して
扉を開けた玄関は
いつもと様子が少し違った

 明日は休暇
 片付けよう
 買い物にも行って来よう

晴れ晴れしい 珍しく
この身で確かに感じるのは
何かみなぎって来るもの 底なしに
まだまだ捨てたものじゃない
心ゆくまで味わった

わかっている 本当は
仕事がうまくいったから
帰路は家まで 風切っていた

やる気の芽はそこから伸びた
大事な自分のコンディション
仕事次第で浮き沈み

いや そんなのとても認められない
仕事に支配されたくない
巻かれたくない どうしよう
玄関に立つ 私

やがて
どこ吹く風と心が踊る
じっとしていられないほど
やる気満々

良しとするより仕方がない
今日はやらずに いられない





                       〔三浦志郎:選〕











おおたにあかり




 ひとさしゆび


ひとさしゆび
と口にするとき
ひとさしゆび
をつかうとき

少しだけ
背中がひんやり
するのです

ほら、あの人
と指され弾かれぬよに
先手必勝とばかり
誰かをさしたこと
きっと誰でもあるはずで

しぃー、内緒ね
唇に指あてすこぅし笑い
秘め事抱えたあの時も
ひとさしゆびは憶えている

ひとさしゆび
使い方を間違えないで
なんて陳腐過ぎるけれど
人刺す指よ
サシチガイに要注意

ひとさしゆび
舌先尖らせて舐めてみる
ぴりりと痺れた気がする
ほんのりしょっぱくて

ひとさしゆびって
口にするのも使うのも
やっぱり
ヒヤリとするのです





                       〔島 秀生:選〕











晶  子




 朝日を望む


瘡蓋を無理矢理剥がした
その下のまだ痛々しい
未熟な皮膚のように
ウイルスが運んだ新しい時代は
平和を願って明けた年

それでも
私達は毎年毎年祈り
越えていく

細胞ひとつひとつの
生と死で出来た手を
私達は広げて

蕾を裂き披く
花達は躊躇うことなく

瞳が焼けるような
新しい朝日を迎える

一度も明日を諦めたことがない
時には野蛮にも見える
卑小に見えることもある
命は
登りゆく太陽と同等の強さを持って
朝日を望む

どんなことが起きようとも
私達は夜を越えていく





                       〔三浦志郎:選〕











江里川 丘砥




 十二月、巡る


十二月の朝
白い顔と対面した時
あなたはもう話すことができなかった

ともに生きた二十年
もうすぐ二十歳になる私を見る前に
あなたはあの世へ還っていった

火葬した煙は
冬の青空へ真っ直ぐあがる
体は白い骨となり
石の下で先祖と眠る

十二月に思う
百年生きた体を手放し
永久の眠りについたあなたのことを

この世での長く長い一生も
あの世では光り輝く一瞬の閃光なのでしょうか
魂はありましたか
それならばあの後
どこへ行ったのでしょうか

霞がかった朝の山を見れば
そこに浮いているようで

あなたの好きだったものを見れば
思い出を話せば
そばにいるようで

妙に懐いてくる子を見れば
まるで生まれ変わりのようで

十二月が来るたびに
さようならを言えずとも穏やかに亡くなった
あなたを思う
いつでも
この世の中で私を私以上に
愛していた人が在ったと知る

十二月、思い出す
誰もいつかは永久の眠りに

夢に出てきたあなたは
私に話しかけるでもなく
ただ笑いかけてくるだけでした

十二月、巡る
同じ季節が来るたび
あなたを知らない人がまた増え
時が流れ
それも一瞬に過ぎ
私がとうとう永久の眠りにつく頃
あなたはこの世に再び生まれる

時代の境界線を跨いで

そうしてまた
私はあなたの近くに生まれてみようか、と
繰り返すのです

十二月は巡る





                       〔島 秀生:選〕











埼玉のさっちゃん




 聖地巡礼


雲の流れを目で追いながら
小説片手に聖地巡礼してみる
物語の世界に妄想しながら
主人公の気持ちに浸ってみる
あの時の想いはこうだったのか
その時にとった行動の意味は
きっとそうなのだろう
繋いだ手のぬくもり
涙の理由
そして
雨上がりの虹を見上げ笑顔になった事
さっきからラララと
テーマソングが頭の中で流れだしている
鼻歌交じりに歌ってみたら
何だか心のトゲがなくなった気がする
夜明け前の
凍てつく寒さにふと
心があたたかくなった





                       〔齋藤純二:選〕











朝霧 綾め




 言 霊


私は言霊を 信じている
見えないけれど
話すたび
するりと口から抜けでて
空気中をただようものを

言霊を信じているから
誰かの陰口をきいたとき
少しさびしくなる

ばれることのない嘘をついたとき
何かに
とがめられているような気がする

言霊よ
あなたの姿を
一度でいいからみてみたい
きっとあなたは
持つ意味や音の通りの
衣装をまとっている

たとえば
春、なら
やわらかく あたたかく
浮かぶように流れる姿が

夜、なら
しんと冷えた 
つややかな紺色の姿が

走る、なら
素早い でもまとまりのある
一群の風が

見えないけれども
きっと ある


言霊よ
私の名は
私が自分につけた名は
どんな姿をしているのだろう

朝霧綾め

くっきりしているのか
ぼんやりしているのか
青いか
赤いか
あたたかいか
つめたいか

言霊よ
いつか姿を表しておくれ
私も自分の感じたことを
そのままの言葉で語るから





                       〔三浦志郎:選〕





 涙と袖


泣いた
ちょっと悔しいことがあったから

わたしは泣き虫だ

保育園のとき
ドッチボールでただひとり残って
逃げるのは得意だけど
投げるのは苦手なわたしは
ボールを取ろうともせず
逃げ続けたら
しばらくしてやっぱり 当てられちゃった
その時も泣いた
目をごしごしとこすった
ハンカチのピンク色を覚えている

小学校のとき
得意なはずの教科の
テストの点数が悪かった
悔しかった
好奇心で 隣の仲のいい子の答案を
盗みみたら
わたしよりずっと高い点数で
その時も小さく泣いた
瞬きの回数が増えたのが わからないように
下を向いて
こっそり人差し指で涙をぬぐった


泣き虫の涙は
あんまりきれいじゃない
涙というものは
ふだん元気で明るい子が
ほろりと零すから美しいのに

それでも泣いてしまう
にじむ涙を
袖口で ごしごしとこする
目が赤くなってしまうのは知ってるけど
十年以上続けたやり方は変えられない

それに
昔の人だって袖で涙をふいていた
 あなたを恨む涙に
 袖が濡れて乾くひまもないのよ
という百人一首があった気がする
わたしのやり方は正式 伝統派
千年前にタイムワープして
ロマンチックに泣いてみる

涙でほんの少しずつ重たくなっていく
美しい柄をした着物の袖

ほんとうは
自分の涙が
ちょっと好きだ

泣いてるわたし、かわいいなあ
だから嬉しくなって
ようやくきれいにみえた涙も 
止まってしまう





                       〔雨  音:選〕





 フライパンを火にかけること


フライパンを火にかけること
それは
すべてのお料理のはじまり

そのあと
バターを溶かすか
オリーブオイルを垂らすかは
自分で決められる

玉ねぎを炒めるか
スクランブルエッグを作るかも
私の自由

メソポタミアの宮廷料理人も
アメリカ貴族の台所女も
イタリアンレストランの有名シェフも
ある若い主婦も
手には必ず
フライパンが握りしめられていた

人類のお料理の歴史の真ん中に
この愛らしい単純な道具があった


いま
二十一世紀の私が
フライパンを火にかける
ガスコンロのボタンを押すと
 ボウッ
はじまりの音
青い炎が飛び出す

ようし
腕まくり
エプロンの紐を結びなおす

お料理をするとき
私はいつも
おいしいものを作ろうと緊張する
見えないものと戦っている

みんな戦ってきたのだ
お客さんだったり 
主だったり
子供たちだったりを
喜ばせようと
フライパンの歴史は戦いの歴史

私のお料理で
大きな大きな
人類みんなのフライパンに
また一つ 錆と汚れがくわわる
戦いの美しい傷ができる

中火の青い炎
そろそろあったまってきたかな
今日は何を作ろうか

フライパンを火にかけること
それは
すべてのお料理のはじまり





                       〔三浦志郎:選〕















紫 陽 花




 愛が数値化されるのがとても心配


コンビニのドアに
150、160、170
と印がある
コンビニドアは私の身長を知りたいみたい
今日もそっと背伸びをしてあげましょう

気づけば至る所に防犯カメラ、時計、検温
病院なんかもっと酷い 
私は気分がいいのに
血圧が上が86しかない
しんどいでしょ?だって
いいえちっとも 私のいつもです
しかもご機嫌です
なんでも私を数値化して記録して履歴に残す

そのうち愛なんかも数値化されてしまうかもしれない
AIだとか科学は日々進歩してるんですってね

きっとこんな感じで愛は数字にされていく
ある日CMで素敵な女優さんが
愛は健康寿命を延ばしますなんて微笑む
各家庭に愛測定器をと にこり
町中に愛測定器と女優さんのポスター
それに刷り込まれた素直なあなたは
愛測定器を購入してしまうだろう

ある日帰宅したあなたを見て
私はしゅんとする
新しもの好きのあなたは上機嫌
早速電源入れてWIFI繋いで設定して
動き始める愛測定器
実験にと私の声やら体温やらを入力
ハート型の可愛いボタンを撫でると
相手に対する愛が数字で出てくるようだ
例えばこんな感じ
12月7日8時5分 愛50
でも私は知っている
どんな数値が出ても
あなたはふーん、へえと大していつもと
変わらないリアクションをすることを
だけど私は愛の数字が気になって
毎日100を出そうとあくせくするだろう

私の愛は
いつだって
マックス100なんて
超えてるのに
計りきれないのに

でもきっとあなたも世間も
愛測定値を信じてしまう
そしてそのうち私も
愛測定値にひれ伏してしまう





                       〔齋藤純二:選〕





 私の心の境界線にも笑顔が欲しい


児童クラブの子供達の
最近のお気に入りのゲームは
体育館での中あてだ

私は緑色のビニールテープで
中あての線を引く
早く始めたい子達は剥がれないように
足で引いたビニールテープの上を
踏んでついてくる

早く早く キャーキャーなんて
笑いながら飛び跳ねながら

緑の線の境には笑顔があふれる
ボールがぶつかっても楽しい
今日はいい線を引いたな

いつもは少し違うのだけど
いつもの私はちょっぴり狭い心で
冷たい線を引く
そう コロナ禍の救急病院並みに

ここから先に入らないで下さい

入ろうなんてすると病院関係者が
怖い顔して出てきてつまみ出す

私も同じ
私以外の人間は怖いから
ここから入らないで下さい
ピシッと見えない線を引く

そのうちこの冷たい
差別だとか嫉妬だとかに
まみれた嫌な線に
自分でもつまづいて泣いてるかもしれない
ひとりぼっちになって寂しいって





                       〔井嶋りゅう:選〕











樺里 ゆう




 トイレにて



今日の血は黒い
とっても黒い

ナプキンについた経血を見て
わたしはそう思った

なんでかなあ
いつもは もっと赤いのに

人間がスケルトンだったら
血の色が変わるさまも
変わる理由も
わかるのに

女性型ロボットに
生理って 来ます?

もしあったら
ドラミちゃんも
ボッコちゃんも
ああお腹痛い
頭がボーッとする
ってうめいたり
泣いたりすんだろーね

あれ 急に
人間くさくなるなあ

ああでも ボッコちゃんはともかく
ドラミちゃんはネコ型だから
生理は ないよなあ……

とかなんとか
とりとめもなく
便器に座りながら考えている
生理一日目の夜





                       〔齋藤純二:選〕











理   蝶




 冬を見ている


北風は朝の清潔な
川面を撫で
流れるもの同士の親密さで
互いに挨拶をし
冷え込みを強くする

装甲車のように
着込んだ人々が
体の芯に熱を溜めている
缶コーヒーを拝むように持ちながら
彼らは彼らの場所へ
しまわれてゆく

朝の鳥はどれも
濃い茶色をしている
逆光に透かされた
無駄のないそのフォルムに
やはり彼らは空を飛ぶため
生まれたと感じる

寂れた路地に
横たわる
冷え切ったスチール缶
やがて登る太陽は
その路地を照らすことはなく
表通りから滲んできた
冬晴れの陽気が
微かに漂うのみだ

肩を寄せ、肩をすくめ
人々は語らう
体に溜めた熱は静かに交わり
空に吸われ消えてゆく
代わりに震えと北風が体を埋める

色彩を失いつつある自然に
抗うかの如く
煌めき出す都市
気が早いことに
朝にはもう
陽気な音楽と
発光する電球を
夜に向けて街に
ばら撒き始める

北風が強くなる
面という面をなぶっている
あんなに親密だった川面にも
等しくぶつかっている
川面は怯え泡立っている

北風がさらに強くなる
乱暴に上から吹きつけて
思うが存分凍てつかせてしまえ
そして春が来る頃には
何の未練もなく
消えてしまえ

巨大な冬が
遠い北からやってくるのを
灰の空から降ってくるのを
僕は見ている

僕は澄んだ冬の瞳で
真摯に向かい
心を慰めるものが
景色を掠めるまで待つ
ポケットに手を入れて
いつまでも





                       〔島 秀生:選〕





 還 る


野菜ジュースが血に見えて
吐き出してしまったところで
彼女はもうおしまいだと思う

彼女は海へ向かうことを決める
ありがちだなと口の端を歪める
でももう構わない
通俗だとかそうでないとか
そんな次元にはいない錯乱の中
彼女は海へ還るのである

漣の一つとなるまで
細かく解けて
彼女は大いなる循環に
身を置くのだ

彼女は10年落ちの
青い車へ乗り込み
エンジンをかける
流れていく車窓の中
彼女は彼女の生きたことを
振り返ったり見つめたりする
それに伴うはずの胸の痛みすら
もう彼女には訪れない

いくつかの愛と憎しみは
彼女が残せる数少ないものであるけど
それも波の満ち引きのように
誰かの心で
本当に時折顔を見せたり
2度とは見せなかったりするのである

尾を引く愛や憎しみで
誰かの中に生きていたいだろうか
彼女が生きた意味を
示す物は本当にないのだろうか
そんなことを秋の霧のような頭で考えている

それも全て
海へ還ればわかる
心の答えや魂の在りかも
全てわかる

罪を背負った猿の言い訳を
聞き飽きた地球が
まだ青い水をその体に
とどめているうちに
彼女は音もなく溶けてゆくことにする

さようならなんて言わない
ただ元に戻るだけなのだから
大いなる循環に
形を変えて
加わるだけなのだから

彼女は重たいドアを開け
潮風を浴びる
ここで孤独に錆びて行く
青い車を見る
そして彼女はこの星の誰よりも
丁寧に目を閉じた後
静かに海へ歩き出す





                       〔三浦志郎:選〕











喜 太 郎




 ベンチ


ベンチに腰掛ける老人
隣の落ち葉をはらい僕は腰掛ける
老人は澄んだ青空を眺めている
「あなたの人生に価値はありましたか?」
唐突な質問にも動じる事は無く
空を眺めたまま老人は答える
「終わりの時に 少しでも笑えれば
それで満足じゃないのかね?」
老人は続けた
「名を残したいのかい?
それとも死が怖いのかい?」
僕も空を眺めた
初冬の空はどこまでも青く澄んでいて
寒ささえも季節の肌触りと感じる
笑顔で終わりを迎えられたら......
その為に何を為すべきか考えてみよう
老人は心を読んでいたかのように
「人生に振り回される事なくだよ」と
僕の顔を見て言った
「ハイ」と答える
老人は空に視線を戻し
僕はベンチを去った





                       〔島 秀生:選〕











さくたともみ




 けんけんぱ


けんけんぱ
けんけんぱ

次の貴方もけんけんぱ
知らない君もけんけんぱ

白いチョークで
書き足して
土には枝で書き足して

ずっとずっと、けんけんぱ

今日はまだ帰っちゃいけないから
チャイムが鳴ってもけんけんぱ

少年団のみんなにさようなら
お迎えの来た小さな貴方もさようなら
人が帰り始めると楽しくなる
世界がずっと開けて見えるのだ

焼き魚はどの家の晩ごはん?
赤屋根のお家はカレーみたい
ぐおお、とお腹が蠢いた

夕日の柔らかな光が 冷たい海へ沈んでいく
いつの間にかピアノの音は止んでいた
上手なあの子は何時間も練習しないと酷く叱られるらしい
ブランコに座っていた少女が突然飛び降りた
走り去る足音は遠ざかり
きい、きい、き、
鎖の擦れる音が鳴っていた

けん、けん、ぱっ
書いた丸が見えなくなっても
私はまだまだ続けてる





                       〔井嶋りゅう:選〕











秋   冬




 くしゃみ


くしゃみが
止まらず
困っているのに
うるさい
と怒鳴られた

うるさい
とは何だ
と文句を
言いたいのに
また
くしゃみが
出て
また
うるさい
と怒鳴られる

どう
考えても
くしゃみより
怒鳴り声が
大きいから
うるさい
と怒鳴り返したい
のだけれど
また
くしゃみが
出そうになり
怒鳴り声に
負けるものかと
くしゃみを
頑張ったら
余計に
目くじらを立てて
うるさい うるさい
と更に怒鳴り散らす

まるで
漫才
みたいだ

くしゃみ担当の息子と
怒鳴り担当の父親

でも
オチが
ないから
二人とも
飽きてくる



その時


派手に
くしゃみを
したのは
父親で
うるさい
と怒鳴ろうとした
僕は
またまた
くしゃみを
する


しばらく
顔を見合わせ

た後


二人で
噴き出し
笑い合う

言い争いの
始まりは
くしゃみ
終わりも
くしゃみ

親子は
揃って
鼻炎なのだ

笑ったら
くしゃみが
止まった





                       〔齋藤純二:選〕





 行き先


このバスはどこへ行くのですか? と聞かれて、はじめて私はバス
に乗っていることを知り、私にも分かりませんと答えて、どうして
バスに乗っているのかも分からないのです、と吐き出したら、実は
バスに乗っているのかどうかも分からずに聞いたのです、と更に上
を行かれてしまい、バスではないのかもしれない、という新たな疑
問が増える。周りを見ても、知り合いは誰もおらず、みんな一人ら
しいので、記憶にないだけで一人旅専門ツアーに参加したのかもし
れない、と考えるようにしたのだけれど、そんなものに今まで参加
したこともなく、ツアーだったら一人旅ではないだろうと、一人で
話を拗らせ一人で笑う。何がおかしいのですか? と隣の人が聞く
ので、一人旅専門ツアーの話をしたら、あぁそれなら僕も考えまし
たと苦笑いするので、面白いと思って笑った自分が恥ずかしくなり、
一緒に苦笑いする。何かに乗って揺られていることは分かるが、窓
の外は暗闇で何も見えない。

戻って、お願い
お願いだから、戻って

耳に突き刺さる叫び声と、折れるのではないかと思うほどに握り締
められた手の痛みで、私はベッドに横たわり機械に囲まれた私にす
るりと潜り込む。


久しぶりの旅行で水陸両用バスに乗り込み、あれは三途の川を渡る
水陸両用バスだったのではないかと思いつき、一人頷く。誰に頷い
ているの? 叫び声をあげて手を握ってくれた女が声を掛けてくる。
私は何も言わずにそっと手を重ねる。このバスはどこへ行くのです
か? と聞いた隣の人はどうしたのだろう。私のように呼び戻され
たのか、それともそのまま真っ暗闇に揺られて、光り輝くどこかへ
消えたのか。お花畑の話は聞くけれど、水陸両用バスの話は聞いた
ことがないので、あれは単なる夢だったのかもしれない。遠い昔の
ように思えるが、わずか半年前の出来事である。


このバスはどこへ行くのですか? 手を重ねた女が私に聞くから、
空いている左手で胸ポケットを探すが、チケットは見当たらない。
いったい、私たちはどこへ行くのだろう。





                       〔水無川 渉:選〕





 心躍る夜


クリスマスに
心躍らなくなったのは
いつからだろうか

サンタクロースの役目を
終えた頃から、
かもしれない

息子たちが
眠り込むのを待ちくたびれて
起こさないように
忍び足で枕元へ
プレゼントを置いた
瞬間、
寝返りされて
慌てた聖夜が懐かしい

配達を
終えて
ハイボールを
飲むと
幸せに包まれた


そういえば
妻に
クリスマスプレゼントを
最後に贈ったのは
いつだっただろうか

もう
思い出すことも
できないほど
昔の出来事だ


今冬は
厳しい寒さ
になるらしい

マフラー
もしくは
手袋

センスが
悪いと
怒られるか

何か後ろめたい
ことが
あるのだと
疑われるか

いずれにしても
素直に喜んで
くれそうにないけれど
プレゼントを
考えていたら
心が躍り始めた

今年は
サンタクロースに
なってみようか、な

問題は
クローゼットに眠る
衣装が
入るかどうかだ

正直、
衣装なんて
どうでも
いいのに

ハイボールを
飲みながら
すっかりと
心躍っている
12月23日の夜

外では
雪が
舞い踊っている





                       〔雨  音:選〕