□ Thanks □


私は5年間絶筆していました。もう詩も書かず、詩の世界には戻らんつもりでおりました。
そんな或る日、
「なんにもしてないんだったら、またおれと一緒にやろうぜ」
と、親友の池野が声をかけてきました。
池野は私より4つ年上で、私の詩の一番の理解者でしたから、私は池野を、実の兄のように慕っておりました。
彼は、今度HPを始めるから、学生時代のように私に相棒をしないかと誘ってきたのです。
でも私はもう何も書かないつもりでいましたから、心は頑ななままで、それでずっと知らん顔をしておりました。
でも、それからほんの2ヶ月して、彼は急逝してしまった。
枕元に駆けつけて、なにか遺言はないかとパソコンを覗いていたら、作りかけのHPが出てきました。
私はひどく後悔しました。
私は彼の遺志を継ぐ決心をしました。  それでまた、私は詩が書けるようになりました。
このサイト「MY DEAR」ができたのは、そんないきさつです。
「MY DEAR」は、池野と、私と、本の装丁をやってくれている田口の3人が中心になって、
昔やっていた同人誌の名をそのまま冠したものです。

「またおれと一緒にやろうぜ」
私が聞いた、彼の最後の言葉はこれです。
だから、
ここにはもう一人、いつも私と共にいるスタッフがおります。



池野 幸

『ネットの中の詩人たち』 より

A DAY IN THE LIFE

いつものようにいつもの時間に
仕事から帰ってきて
今日は何を作って食べようかと
思うのもいつもの事だが
思い浮かばぬままに近所のマーケットに行き
キャベツやらピーマンやらの他に
クッキーチョコレート
いろいろ買い込んでしまい
そんなつもりじゃなかった大きな紙ぶくろを
かかえて外に出るとあたりはもううす暗い
何も急ぐ事はないさ
このまま帰ることはないさと
ふらりと道を反対の方に歩きだしたのは
この町に来て実ははじめてだったのだが
見当を付けて何度か角をまがって
そろそろアパートの裏手に出る頃だと
思ったとたん思いがけず公園があった
公園と言ってもそれはちいさな公園で
子供が元気に走りまわるにはせますぎる
いびつな三角形のかなあみのさくの内に
砂場とぶらんこかたすみにベンチがひとつ
その間をぬうように
うば車か自転車の
車輪のあとが残っている
僕は公園の中に入り
ベンチに紙包みをおろし
こしをかけて
ポケットの煙草をさがし
煙草はやめたのを思い出した
公園には誰もいない
それともいつだって誰もいないのか知ら
かなあみの向こうを
足ばやの会社員や奥さんの
横顔と足音笑い声が
右から左へ左から右へと通りすぎていく
その向こうには
幾つもならんだアパートや工場の屋根
灯りのともった窓
カーテンの窓
それらみんなとともに
あかりひとつないこの公園も
夜になった分だけ
僕をなかに置いたまま暗くなってゆく
僕のアパートのすぐ裏に
こんな公園があったなんて知らなかった
買ったばかりのクッキーをふくろから出して
かじりながら
これはすてきな公園だ
これからは毎日夕方に
散歩がてら寄ってみようなどと
どうせ本気ではないけれど
しゃれたことを思いついたみたいなうれしさで
にこにこ思ってみては
すこしづつ冷たくなる空気の中に
まるで写真にうつされているところみたいに
ポーズをとって
まだながいことベンチにこしかけていたのだ