□ 書評/バックナンバー □  






 書評バックナンバー

    *No.158、No.166、No.200は休載です。

No.247  松尾 真由美 さんの詩集 『花章─ディヴェルティメント』

No.246  吉田 博子 さんの詩集 『 母  樹 』

No.245  沢田 敏子 さんの詩集 『 からだかなしむひと 』

No.244  能祖 將夫 さんの詩集 『 あめだま 』

No.243  萩野 なつみ さんの詩集 『 遠  葬 』

No.242  服部  誕 さんの詩集 『おおきな一枚の布』

No.241  木村 孝夫 さんの詩集 『 夢の壺 』

No.240  佐古 祐二 さんの詩集 『丈高い赤いカンナの花よ』

No.239  小松 弘愛 さんの詩集 『眼のない手を合わせて』

No.238  荻  悦子 さんの詩集 『 樫の火 』

No.237  野崎 有以 さんの詩集 『 長崎まで 』

No.236  草野 早苗 さんの詩集 『 夜の聖堂 』

No.235  伊藤 悠子 さんの詩集 『まだ空はじゅうぶん明るいのに』

No.234  高橋 よし子 さんの詩集 『 あの子へ 』

No.233  斎藤 恵子 さんの詩集 『 夜を叩く人 』

No.232  大石 ともみ さんの詩集 『めぐり水のとよのあかり』

No.231  小笠原 茂介 さんの詩集 『 雪灯籠 』

No.230  岩佐 なを さんの詩集 『 パンと、 』

No.229  清岳 こう さんの詩集 『 九十九風 』

No.228  月岡 一治 さんの詩集 『 その池について 』

No.227  坂井 一則 さんの詩集 『グレーテ・ザムザさんへの手紙』

No.226  岬 多可子 さんの詩集 『飛びたたせなかったほうの蝶々』

No.225  木村 孝夫 さんの詩集 『 桜  蛍 』

No.224  神田 さよ さんの詩集 『 傾いた家 』

No.223  林 嗣夫 さんの詩集 『そのようにして』

No.222  向井 千代子 さんの詩集 『ひたひたひた』

No.221  川越 文子 さんの詩集 『ときが風に乗って』

No.220  竹内 新 さんの詩集 『 果 実 集 』

No.219  峯尾 博子 さんの詩集 『 交  信 』

No.218  半田 信和 さんの詩集 『ひかりのうつわ』

No.217  栗木 宏美 さんの詩集 『 立ち上がれ 』

No.216  御庄 博実 さんの詩集 『 ふるさと──岩国 』

No.215  村瀬 和子 さんの詩集 『 花かんざし 』

No.214  水谷 有美 さんの詩集 『 予 感 』

No.213  小山 伸二 さんの詩集 『きみの砦から世界は』

No.212  和田 まさ子 さんの詩集 『なりたい わたし』

No.211  常木 みや子 さんの詩集 『 星の降る夜 』

No.210  武西 良和 さんの詩集 『 てつがくの犬 』

No.209  原 利代子 さんの詩集 『 永遠の食卓 』

No.208  内田 良介 さんの詩集 『 海と書物 』

No.207  藤田 晴央 さんの詩集 『 夕 顔 』

No.206  吉川 彩子 さんの詩集 『ぼくがこんなにつらい旅をしてきたのは』

No.205  渡辺 みえこ さんの詩集 『 空の水没 』

No.204  そらの 珊瑚 さんの詩集 『 う  ず 』

No.203  片桐 英彦 さんの詩集 『四丁目の小さなクリニック』

No.202  木村 孝夫 さんの詩集 『ふくしまという名の舟にのって』

No.201  立川 健一 さんの詩集 『 在野の息吹 』

No.199  阿部 はるみ さんの詩集 『 幻の木の実 』

No.198  藤本 敦子 さんの詩集 『 受けとった雲 』

No.197  斎藤 紘二 さんの詩集 『 挽歌、海に流れて 』

No.196  長谷川 安衛 さんの詩集 『 濡れた馬 』

No.195  蟹澤 奈穂 さんの詩集 『明るい青色の石』

No.194  佐伯 圭子 さんの詩集 『繭玉の中で息をつめて』

No.193  武西 良和 さんの詩集 『  岬  』

No.192  小松 弘愛 さんの詩集 『 ヘチとコッチ 』

No.191  小川 三郎 さんの詩集 『 象とY字路 』

No.190  寺田 美由記 さんの詩集 『 暮れない病 』

No.189  日笠 芙美子 さんの詩集 『 秋の腕 』

No.188  清岳 こうさんの詩集 『 春 みちのく 』

No.187  植村 秋江さんの詩集 『 蝉  坂 』

No.186  壱岐 梢さんの詩集 『 樹念日 』

No.185  柿沼 徹さんの詩集 『もんしろちょうの道順』

No.184  伊藤 悠子さんの詩集 『 ろうそく町 』

No.183  瀬崎 祐さんの詩集 『窓都市、水の在りか』

No.182  池下 和彦さんの詩集 『 母の詩集 』

No.181  鈴木 正樹さんの詩集 『 トーチカで歌う 』

No.180  関 中子さんの詩集 『 愛する町 』

No.179  三宅 節子さんの詩集 『 砦にて 』

No.178  田中 郁子さんの詩集 『 雪物語 』

No.177  八木 昭二郎さんの詩集 『春夏秋冬(はるなつあきふゆ)

No.176  横田 英子さんの詩集 『 川の構図 』

No.175  杉山 平一さんの詩集 『 希 望 』

No.174  清岳 こうさんの詩集 『マグニチュード9.0』

No.173  林 嗣夫さんの詩集 『あなたの前に』

No.172  岬 多可子さんの詩集 『静かに、毀れている庭』

No.171  岩木誠一郎さんの詩集 『流れる雲の速さで』

No.170  原 利代子さんの詩集 『ラッキーガール』

No.169  島田陽子さんの詩集 『わたしが失ったのは』

No.168  葵生川 玲さんの詩集 『歓びの日々』

No.167  宇宿一成さんの詩集 『賑やかな眠り』

No.165  新井啓子さんの詩集 『 遡  上 』

No.164  北爪満喜さんの詩集 『飛手の空、透ける街』

No.163  高木敏次さんの詩集 『 傍らの男 』

No.162  鷲谷みどりさんの詩集 『 紙の魚 』

No.161  高岡 修さんの詩集 『 幻語空間 』

No.160  村田好章さんの詩集 『朝の線香花火』

No.159  片桐英彦さんの詩集 『夜更けの大根』

No.157  北川朱実さんの詩集 『電話ボックスに降る雨』

No.156  川口晴美さんの詩集 『 半島の地図 』

No.155  長嶋南子さんの詩集 『 猫笑う 』

No.154  石井藤雄さんの詩集 『 梨作りの名人 』

No.153  永井ますみさんの詩集 『 愛のかたち 』

No.152  武西良和さんの詩集 『 ねごろ寺 』

No.151  宇宿一成さんの詩集 『 固い薔薇 』

No.150  清岳こうさんの詩集 『 風ふけば風 』

No.149  小松弘愛さんの詩集 『 のうがええ電車 』

No.148  中本百合枝さんの詩集 『 蝶であった日 』

No.147  稲垣瑞雄さんの詩集 『 半裸の日々 』

No.146  左子真由美さんの詩集 『 invisible あんびじぶる 』

No.145  福田万里子さんの詩集 『 福田万里子全詩集 』

No.144  高階杞一さんの詩集 『 雲の映る道 』

No.143  滝 悦子さんの詩集 『 薔薇の耳のラバ 』

No.142  植村秋江さんの詩集 『 滞在許可証 』

No.141  山本倫子さんの詩集 『 秋の蟷螂 』

No.140  宇宿一成さんの詩集 『 光のしっぽ 』

No.139  永井章子さんの詩集 『 時の系譜 』

No.138  永井ますみさんの詩集 『 弥生の昔の物語 』

No.137  菊池唯子さんの詩集 『 すすきの原 なびいて運べ 』

No.136  伊藤阿二子さんの詩集 『 ゆめの往還 』

No.135  奥田春美さんの詩集 『 かめれおんの時間 』

No.134  吉田義昭さんの詩集 『 北半球 』


No.133  塚本敏雄さんの詩集 『 英語の授業 』

No.132  モリグチタカミさんの詩集 『 ベル鳴り 』

No.131  詩誌『 兆 』 代表詩選(137号特別号)


No.130  寺田美由記さんの詩集 『CONTACT 関係』

No.129  岩辺 進さんの詩集 『危険な下り坂』

No.128  新井豊吉さんの詩集 『横丁のマリア』


No.127  大西規子さんの詩集 『ときの雫 ときの錘』

No.126  齋藤恵美子さんの詩集 『ラジオと背中』

No.125  金石 稔さんの詩集 『 星に聴く 』


No.124  北原千代さんの詩集 『スピリトゥス』


No.123  山本純子さんの詩集 『 海の日 』

No.122  森山 恵さんの詩集 『夢の手ざわり』


No.121  近藤久也さんの詩集 『 伝言 』


No.120  斎藤恵子さんの詩集 『 夕区 』

No.119  中本百合枝さんの詩集 『月につるした玉葱』

No.118  鈴木正樹さんの詩集 『 川に沿って 』

No.117  須永紀子さんの詩集 『 中空前夜 』

No.116  月岡一治さんの詩集 『 風の駅 』

No.115  茨木のり子さんの詩集 『 歳 月 』

No.114  神田さよさんの詩集 『 おいしい塩 』

No.113  岬多可子さんの詩集 『 桜病院周辺 』

No.112  村山精二さんの詩集 『 帰郷 』

No.111  武西良和さんの詩集 『 きのかわ 』

No.110  齋藤貢さんの詩集 『モルダウから山振まで』












HOME